持病のある猫でも入れるペット保険ってある?猫のペット保険

糖尿病の治療中の猫が入れるペット保険はある?

猫の糖尿病の症状や原因とは? 糖尿病とは、すい臓で分泌されるインスリンが減って、血液に含まれる糖分つまり血糖値が高くなってしまう病気です。 猫が糖尿病になると普段より元気がなくなり、吐き気が出たり餌を食べなくなったりして、体重が減ります。その代わり血液中の糖分を薄めようとして水をたくさん飲むので、尿の量が増えてしまいます。 猫が糖尿病になる原因は、インスリンを作るすい臓が炎症を起こすケースが多く見られます。他にも、体重が増え過ぎたり高齢になったり、ストレスを感じたりすることで糖尿病を発症する場合もあります。 ただし、猫は興奮しただけでも血糖値が上がってしまいます。経験豊富な獣医さんに診てもらっても本当に糖尿病かどうかを簡単に診断することは出来ません。 もし万が一、単に興奮して血糖値が上がっているだけの猫にインスリンを投与してしまったら、血糖値が急激に下がり過ぎてしまって命にかかわる恐れもあるのです。 血糖値の上昇が一時的なものなのか糖尿病によるものかを見極めるには、数日間入院をして血糖値や尿の数値の変化を観察する必要があります。 愛猫が糖尿病になったらどんな治療をするの? 猫の糖尿病の主な治療は、人間と同じように注射でインスリンを投与します。 ただし、糖尿病にかかった全ての猫にインスリンの投与が必要になるわけではなく、中には食事療法だけで血糖値を正常に保つことが出来る場合もあります。 例えば、体重の増え過ぎによる糖尿病は、食事制限や運動をすることによって正常値に戻せる可能性が高いです。 それ以外の原因で糖尿病を発症していてインスリンの投与が必要という診断が下された場合は、毎日注射をして血糖値の上昇を抑える必要があります。 注射をするために毎日通院するわけにもいきませんので、実際には飼い主さんが注射のやり方をマスターして自宅で行うというのが一般的です。 インスリンは毎日決まった時間に正しい方法で注射をしなくてはいけないため、忙しい飼い主さんにとってはかなり大変な治療になります。 猫の糖尿病の治療費ってどれくらいかかるの? まずは猫が糖尿病にかかっているかどうかを診断する検査入院の費用がかかります。病院によって料金設定は異なりますが、血液検査や尿検査に7,000円~15,000円ほどかかります。 入院費用は1日3,000円~6,000円ほどなので、例えば5日間入院した場合、検査費用と合わせて22,000円~45,000円かかる計算になります。 猫の症状によって点滴やインスリン投与などが必要になれば、この他に治療費が加算されます。 検査の結果、継続的なインスリンの投与が必要だと診断されると、自宅で使う注射器やインスリン、注射針などが必要になります。注射器はある程度の期間は繰り返し使えますが、注射針はその都度変えなくてはいけません。 また在宅治療だけでなく、定期的に通院をして血糖値の検査を受ける必要もあります。これらを合わせると、月々の治療費は30,000円~50,000円ほどかかります。 インスリンの投与は血糖値が正常に戻るまで続けなければならないので、もしペット保険に加入していないとかなり高額な医療費を負担することになってしまいます。 糖尿病の治療中でもペット保険に加入できるの? 愛猫がすでに糖尿病と診断され治療を始めている場合、残念ながら加入出来るペット保険はほとんどありません。 ペット保険は既往歴があると加入出来ない病気をいくつか指定していて、多くのペット保険が糖尿病を指定しているのです。 先ほどご紹介しましたように糖尿病は長期的な治療が必要で医療費が高額なため、ペット保険の支払い対象にすると、保険会社が赤字になってしまう可能性が高いからです。 愛猫に糖尿病の予兆がある場合はペット保険に加入できるの? 中には、愛猫に糖尿病と似たような症状が出始めていて「うちの猫はもしかしたら糖尿病かもしれないけど、ペット保険に加入できるのかな?」と思っている飼い主さんもいらっしゃると思います。 検査をする前で、病院で正式な病名を診断されていないのであれば、ペット保険に加入することはできます。 ただし、保険会社によって保険の申し込みをしてから契約が完了するまでの間や、契約が済んだ後にも待機期間を定めて補償の対象外にしているところもありますので、注意が必要です。 また、ペット保険は基本的に健康なペットに対しては保険金がおりません。検査を受けてみたものの何も異常がなかった場合は、補償の対象外になってしまいます。 とはいえ、 ペット保険は糖尿病などの慢性的な病気にかかってからでは加入できなくなるため、やはり猫ちゃんが健康なうちに加入しておくのがオススメです。 ペット保険には手術に特化したプランや、治療費の補償割合が多いプランなどさまざまな種類があります。 猫の糖尿病に関しては手術が必要になるケースは少ないため、手術よりも通院の医療費補償が充実したペット保険を選ぶと良いでしょう。 まとめ 愛猫が糖尿病になってしまうと、医療費だけでなく飼い主さんの負担もかなり大きくなります。 まずは、日常生活の中で太り過ぎや運動不足、ストレスなどに気をつけて糖尿病にならないように注意しましょう。そしていざという時に困らないために、早めに良いペット保険を見つけて加入しておきましょう。

【厳選】 大型犬におすすめなペット保険を比較!!犬のペット保険

【厳選】 大型犬におすすめなペット保険を比較!!

そろそろ、私のわんちゃんもペット保険の加入を考えようかな?
インターネットで検索しても、ペット保険の会社やプランがたくさんあってわからない!自分のわんちゃんにピッタリなペット保険って何だろう?この記事では、どのペット保険に加入するか悩んでいる飼い主さんのために、大型犬が加入できるペット保険12社を比較しおすすめを厳選しています!

ペット貯金するより猫のペット保険に入るほうがお得ってホント?猫のペット保険

ペット貯金するより猫のペット保険に入るほうがお得ってホント?

猫の病気や怪我に備えたい場合、多くの飼い主はペット保険に加入するか、猫のために貯金をするかを選択します。では、ペット保険 の加入と貯金は、どちらを選ぶぼがお得なのでしょうか。ここでは、ペット保険と貯金のメリットとデメリットをご紹介します。

【厳選】小型犬におすすめなペット保険を比較!!犬のペット保険

【厳選】小型犬におすすめなペット保険を比較!!

ペット保険の加入を検討された飼い主さん!自分の愛犬の万が一のために、ペット保険に加入し、安心したいですよね。
ただ、ペット保険は保険会社やプランがたくさんあり、どれにしたらわからない!!!そんな飼い主さんのために、わんちゃんの大きさ別におすすめのペット保険をご紹介します!