犬にニラを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にニラを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にニラをあげても大丈夫? ニラレバ炒めや餃子など、我々が普段食べている食べ物の中にも含まれ、人間の場合は免疫力の向上やがん予防にも効果があるとされているニラですが、愛犬に与えても同じような効果を得られるのでしょうか。 答えは「NG」です。 玉ねぎなどのネギ類やチョコレートのように、ニラに含まれる成分が犬にとっては非常に相性が悪く、命に係わる重篤な症状を引き起こす可能性があります。 では、どうしてニラを犬に与えてはいけないのか調べていきましょう。 なぜ、犬にニラを与えてはいけないの? ニラは犬に与えてはいけないと前述しましたが、具体的な理由として、ニラに含まれている「有機チオ硫酸化物」という成分が原因とされています。 ニラは緑黄色野菜の一種で、βカロテンやカリウムなど豊富な栄養素を含んだ野菜ですが、その豊富な成分の中に含まれる有機チオ硫酸化物という成分を摂取すると、赤血球を破壊し、重度の貧血を起こす危険性があるほか、最悪の場合、破壊された赤血球からカリウムが流れ出し、高カリウム血症になって死に至ります。 長い間、ニラに含まれている中毒成分はアリルプロピルジスルフィドという成分だと言われていましたが、これは正しい情報ではないといわれています。アリルプロピルジスルフィドは物質の吸収を早める成分であり、中毒の直接の原因ではないということが明らかになってきました。 しかし、アリルプロピルジスルフィドが含まれているとアリルプロピルジスルフィドの吸収が早まってしまうため、中毒とは間接的に関係しています。 そしてこれらの物質は加熱しても効果を失わないほか、液体に溶ける性質があるので、ニラの入ったスープも犬にとっては危険な物質が含まれるものとなり得ます。 犬がニラを食べるとどんな症状がでる? ニラも他の食品同様に食べた直後に症状が出る訳ではありません。早くて1日、通常であらえば3~4日ほど経過してから症状が出てくるといわれています。そのため、愛犬が仮にニラを食べて1日や2日経っても症状が出ないといっても油断はできません。 また、ニラ中毒になると以下のような症状がみられるといいます。 元気がなくなる ニラ中毒を発症すると、元気がなくなり、足元がふらついたりします。これはニラ中毒で引き起こされる貧血によるもので一番わかりやすい初期症状といえます。 ちなみに、貧血はニラを食べた翌日から数日続くこともあり、典型的な症状は歯茎や舌などの粘膜の色が白くなってくるという点です。 強い嘔吐や下痢 こちらの症状は食べた後すぐに起こる症状とは限りませんが、食べてから数時間後、または数日後に始まることもあります 血尿・血便 ニラ中毒では溶血したヘモグロビンが尿や便として排出される場合があります。そして、これらの 症状は1~2日以内に症いることが多いといわれています。 黄疸 ヘモグロビンは黄疸の黄色い色素の原料でもあります。そのため、重度のニラ中毒の場合、黄疸が引き起こされることもあります。 しかし、犬の表皮は毛で覆われているため、皮膚を見ようとしても黄疸を見つけることは困難といえます。その場合、犬の目の白目部分を確認することで黄疸の発生を目視できるでしょう。 肝機能の低下 継続的にニラを摂取していると、慢性症状として肝機能jの低下が引き起こされる場合があります。 アレルギー反応 犬がニラを食べてしまうと、ニラ自体のアレルギー反応が起こってしまうことがあります。その際、嘔吐や下痢、痒がったり発疹が見られた場合はニラアレルギーを疑った方がいいかもしれません。 犬がニラを食べてしまった!危険な量とは? ニラの中毒は個体差が大きいため、危険な量についてはこれという量が定められていません。 犬によってはごく少量のニラを食べた場合でも中毒症状を起こす可能性がありますし、中毒症状が出る量は犬の体重と比例するため、体重が軽い小型犬の場合は大型犬と比較してかなり少量でも発症する可能性があるので注意が必要です。 犬がニラを食べてしまった時の対処方法! 愛犬がもし誤ってニラを食べてしまった場合、動物病院の診察時間でしたらすぐに口の中のニラを取り出して病院へ連れて行きましょう。 余裕がある場合、病院へ行く前にガーゼなどの布を水で濡らして歯や口内を拭いてニラエキスを取り除けると良い応急処置になります。 動物病院では「食 べたニラの量」や「食べてからの時間」、「現在の症状」などを説明できるようになるべく細かに記録しておきましょう。これらの情報を獣医師に伝えることで、診断や治療を素早く正確に行うことができます。 病院では、ニラを誤飲してから1時間以内であれば吐かせる処置を行います。 その後、血液検査を行い、溶血が起こっているかどうか診断をし、溶血が起こっている場合は抗酸化剤やステロイド剤などを投与して赤血球の破壊を止める治療を行います。そして、ビタミン剤、強心剤、利尿剤を投与して対症療法を行う場合もありますが、ニラ中毒に特効薬が無いという理由があるほか、利尿剤を投与する理由は、尿で毒素を排出する必要があるからです。 更に、ニラ中毒が重度活緊急性があるものだった場合、抗酸化剤やステロイド剤では赤血球の破壊を止められないため、入院しての輸血が必要になります。こうなってしまった場合、命の危険も覚悟しなくてはなりません。 また、ニラを大量に食べさせていない状態かつ深夜の診察時間外であった場合、翌日まで待って動物病院へ連れていくようにしましょう。無理に吐かせようとして症状を悪化させるよりもその方が安全です。 大量に食べてしまっていた場合、オキシドールを利用した催吐方法もありますが、吐瀉物が詰に喉まってしまい窒息してしまう可能性も十分に考えられるため、この方法はあまりオススメはされません。 自宅で処置をするよりは、動物病院で適切な対応を求める方がより安全に治療を受けられるため、可能な限り動物病院へ連れて行くようにしましょう。 犬の手の届くところにニラを置いておいた場合、飼い主が知らぬ間に愛犬がニラを食べてしまう可能性も十分にあります。 食事について悩んでしまうことはありますが、栄養価について考えるのであれば、市販のドッグフードやペット用サプリメントなどで十分な栄養を取ることが出来ます。 そして、愛犬が欲しがっても、こちらが我慢をすることで守れる健康もあるため、犬の健康を守れるのは飼い主だけである自覚をもち、責任をもって健康的な食生活も管理してあげましょう。

犬にタコを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にタコを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にタコをあげても大丈夫? タコ焼きやカルパッチョなど、我々の生活の中も身近な料理として有名なタコですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか? 結論から言いますと「熱を通したタコであれば与えても大丈夫」です。 タコ自体にはたんぱく質が多く含まれるため、たんぱく質源としては有用といえます。 また、ビタミンB12 やビタミンEなども含まれているため、貧血予防や抗酸化作用なども期待できるようです。 では、タコを食べてはいけない状況とはどのようなものを指すのでしょうか。 なぜ、犬にタコを与えてはいけないの? 基本的にタコは食べられないことはない食べ物ではあります。 しかし、生でタコを犬に与えた場合、タコに含まれるチアミナーゼによる「ビタミンB1 欠乏症」や、タコの血液中に含まれる銅が体外に排出されず蓄積することで発症する「銅蓄積症」などになる可能性があるからです。 その他にも危険な要素はいくつかありますが、基本的にタコに関しては熱を通せば食べられる食べものとされています。 しかし、アレルギー症状が現れる犬もいるため、一概に与えても大丈夫とは言い切れないのが現状です。 犬がタコを食べるとどんな症状がでる? 犬がタコを食べて受ける影響の良い点と注意したい点を紹介していきます。 タコの良い点 ・たんぱく質 たんぱく質は三大栄養素の一つであり、生きていくうえで重要な栄養素です。血液や筋肉な土の体を作る主要な成分であり、体内で酸素などの生命維持に欠かせない物質にも変換されます。そして、エネルギー現になることもあります。 ・ビタミンB12 ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球の中に含まれているヘモグロビンを造るのに役立つ成分です。また、脳からの指令を体全体に伝える神経を正常に保つ効果もあります。 ・ビタミンE ビタミンEには抗酸化作用があります。抗酸化作用により、様々な病気が予防されます。 ・亜鉛 亜鉛は体内で作り出すことができないため、食事で摂取する必要があります。 この亜鉛には様々な働きをサポートして正常に保つ役割があり、具体的にあげると「味覚を正常に保つ」、「免疫力を向上する」、「新陳代謝を活性化する」、「毛並みや肌の健康を保つ」、「抗酸化作用を活性化させる」などの効果があります。 ・タウリン タウリンの一番の働きは肝臓の働きを活発化させることです。また、他にも血液中のコレステロールや中性脂肪を減らしたり、血圧を正しく保ったり、肝臓の解毒能力を強化する効果もあります。 タコの注意点 ・アレルギーに注意 タコは甲殻類の一種であり、甲殻類は比較的アレルゲンになりやすいとさえている食材です。そのため、タコの場合もアレルギーに注意が必要となります。 もしタコを初めて与える場合は、少量から与えましょう。 そして嘔吐や下痢、痒み、発疹などのアレルギー反応と思われる症状が出た場合には、甲殻類アレルギーを疑った方が良いです。 また、一度食べてみて大丈夫そうであったとしても、二度目にアレルギーを発症してしまう場合もあるため、注意したいのと、甲殻類アレルギーは重篤なアナフェラキシーショックを起こしやすいの要注意が必要になります。 ・与えすぎに注意 犬は魚介類の消化が苦手なため、タコを与えすぎてしまうと消化不良になり、下痢や嘔吐の原因になってしまう可能性があるので注意が必要です。 ・生のタコに注意 生のタコ、イカ、カニなどや魚類にはチアミナーゼというビタミンB1 分解酵素が含まれています。そのため、チアミナーゼを多く摂取するとビタミンB1 欠乏症になってしまう可能性があるため、生のタコを犬に与えるんは注意が必要です。 ですが、このチアミナーゼは加熱することで効果を失うため、生でなければ問題ありません。 ・味付きのタコに注意 タコ焼き、酢の物、カルパッチョ、おでんなどの味付きのタコが含まれている料理は多くありますが、これらは塩分の取り過ぎになってしまうので与えるのはできれば避けたいものです。 塩分の摂り過ぎになると、心臓や腎臓に負担がかかってしまうほか、様々な病気の原因になる可能性があります。また、肥満や歯周病、糖尿病の原因にもなるといわれているため、注意が必要です。 ・銅蓄積症に注意 人の血にはヘモグロビンが含まれている鉄分の影響で赤くなってますが、タコの血液は青くなっています。 これはタコの血液中に赤血球が存在せず、鉄ではなく銅が含まれているからで、銅が血液中で酸素と結びつくことで変色して青くなっているからです。 そして、この銅を含んだタコを食べて体内に銅がたまってしまい、代謝できなくなってしまうと「銅蓄積症」になってしまいます。 銅蓄積症は発症しない犬もいますが、遺伝体に発症しやすい犬種もおり、具体的にベドリントンテリアとウエストハイランドホワイトテリアがあげられます。特にベドリントンテリアについては50%が銅蓄積症の危険因子を持っており、25%がすでに発症しているといわれています。 また、ドーベルマンやコッカースパニエル、スカイテリア、ワイアーフォックステリア、エアデールテリア、ダルメシアン、ケリーブルーテリアなども銅との関係性は明確になってはいませんが、肝障害が起こりやすい犬種のため、これらの犬を飼っている飼い主は特に銅蓄積症に注意が必要です。 ・胃腸の弱い犬や体調の悪い犬には不適 タコは犬にとって、消化しにくい食べ物の一つです。そのため、消化器官が弱っていると少量でも下痢や嘔吐をしてしまう可能性があります。 そのため、胃腸が弱い犬や体調の悪い犬にタコを与えるのはできるだけ避けましょう。 ・加工品に注意 タコの加工品の中には与えるのに注意が必要なものがいくつかあります。 ≪タコ焼き≫…

犬にアルコールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にアルコールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にアルコールをあげても大丈夫? ペットを飼っている方の中にもお酒が好きな方はもちろんいらっしゃると思います。 自宅で飲んでいる時、目を離した隙に愛犬が…という可能性は無いとは言い切れません。 犬にお酒を飲ませても大丈夫なのでしょうか。 答えは「NO」です。 犬にアルコールを与えてはいけないということは有名ではありますが、具体的にどうして与えていけないのか調べていきましょう。 なぜ、犬にアルコールを与えてはいけないの? 犬にアルコールを与えてはいけない理由を単刀直入に説明すると「犬の体にはアルコールを分解する酵素が無く、急性アルコール中毒になってしまうため」です。 アルコールを分解する流れについて、人の体内で分解される仕組みから紹介していきます。 人間の場合、体内にアルコールが入ってくると、まず胃や腸で吸収され、血中内に入ってきます。 その際、肝臓でアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドという物質に変化しますが、このアセトアルデヒドという物質はアルコールよりも毒性の強い物質で、お酒を飲んだ時に顔が赤くなったり、動悸や吐き気、頭痛が引き起こされるのはこのアセトアルデヒドが原因とされています。 また、このアセトアルデヒドが分解されないまま翌日になってしまった状態を二日酔いといいます。 ここで犬の話に戻りますが、犬はそもそもアルコールを分解する酵素を持っていません。そのため、犬がアルコールを摂取してしまうとアルコールが無害化されず、長期間にわたって体内を循環してしまい、犬の体に悪影響を与えてしまいます。 具体的にいうと、脳幹の機能が抑制され、重度のアルコール中毒によって命を落とす危険性もあるのです。 しかし、犬は嗅覚の優れた生き物のため、アルコールの刺激臭がくしゃみの原因になる場合があります。そのため、アルコールを摂取した飼い主が犬と遊ぼうとすると犬がストレスを感じてしまう可能性もあるので注意してください。 犬がアルコールを飲むとどんな症状がでる? 犬がアルコール中毒に陥った場合の症状は人間の急性アルコール中毒とそう大差ありません。 具体的に下記のような症状が見られます。 意識が朦朧とする 昏睡状態になる 心肺機能が低下する 嘔吐物する など。 また、嘔吐した際、嘔吐物が喉に詰まってしまうと窒息や最悪の場合、死に至る可能性もあります。十分に注意しましょう。 犬がアルコールを飲んでしまった!危険な量とは? 犬は人間に比べて体が小さいので、アルコールの摂取許容量もかなりの少量に限られてきます。 一般的にアルコールでの致死量は体重1kgに対して5.6 mlであるといわれています。 下記表にアルコールの種類と致死量についてまとめたのでご確認ください。   アルコール度数 犬の体重と致死量 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg ビール 5.0% 110 ml 220 ml 330 ml 440 ml 550 ml 660 ml ワイン 14.0% 39…

犬にきのこを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にきのこを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にきのこをあげても大丈夫? 炒め物や鍋など、我々の生活の中でも食材として食べる機会が多いきのこですが、もし愛犬が欲しがった場合、与えることは可能なのでしょうか。 結論から言いますと、我々が普段食べている食用のきのこに関しては与えて問題はありません。 しかし、我々同様に一般的に毒のあるきのこを与えることは危険だとされています。 では具体的にどのようなことがダメなのか、調べていきましょう。 なぜ、犬にきのこを与えてはいけないの? まず、きのこを与えるメリットと危険性についてから知っていきましょう。 犬に食べられるきのこを与えて得られるメリットはその栄養素にあります。 与えるメリット ・β-グルカン 「β‐グルカン」はきのこや酵母、大麦に含まれている食物繊維の一種です。きのこの種類ではシイタケ、マイタケ、スエヒロタケ等に含まれています。 また、「β-グルカン」はリンパ球などの免疫細胞を活性化させる免疫賦活(めんえきふかつ)成分として注目されている成分でもあります。 ※免疫賦活とは 動物や人の体が病気の原因になる細菌やウイルスに接触した際、それらを排除したり殺す機能(自然免疫)を活性化して、抵抗力を増強する物質のこと。 ・ビタミンB1 「ビタミンB1」は、別名チアミンとも呼ばれ、炭水化物を糖質に変換する際に必要な水溶性の必須ビタミンです。 ビタミンB1は神経機能を正常に保つ働きがあり、欠乏した場合は食欲不振・嘔吐・発育障害などに陥ります。 また、症状が進行すると歩行困難になったり痙攣を起こしたりなどの症状が見られますが、ドッグフードを食べている限りは欠乏症になる心配はありません。 ・ビタミンB2 「ビタミンB2」は、別名リボフラビンとも呼ばれており、皮膚の健康維持および被毛の質を高める効果のほか、死亡からのエネルギー生成やアミノ酸の異化、細胞内のエネルギー製造所の活動などの多くの生化学反応に関与する水溶性の必須ビタミンです。 欠乏すると眼の周囲や腹部の皮膚・被毛に限局した乾皮症や、光線過敏症などが引き起ります。 ・ビタミンD 「ビタミンD」はカルシウムやリンの代謝の調節をする上で重要な役割を果たす栄養素です。 イワシやマグロなどの脂肪分の多い魚やレバーに多く含まれており、肉類や野菜にはほとんど含まれていません。 人や草食動物は、紫外線を浴びることでビタミンDを生合成することができますが、犬や猫ではこれができないため、食事からでしかビタミンDを補給することはできません。 また、腸管におけるカルシウムやリンの吸収を促進するほか、尿中への排泄を減少させ、骨から血中へカルシウムの放出を促進して血中のカルシウム濃度を高める効果もあります。 ・食物繊維 食物繊維は消化されないため、体内で栄養にはなりませんが、整腸作用を持つ栄養素です。 適量の食物繊維をバランスよく含むことで、腸内通過時間が適度に保たれますが、この通過時間が遅すぎると便秘を起こしてしまいます。 また、食物繊維にも様々な種類があるため、その整腸作用のメカニズムや働きは様々です。 犬の場合、人ほど沢山の量が必要になることはありませんが、ある程度の食物繊維は必要とされるので、きのこなどである程度摂取できれば適量といえるでしょう。 また、犬に与えて良いとされるきのこは下記になります。 ・舞茸(まいたけ) 舞茸のβ‐グルカンの量は他のきのこに比べ、圧倒的な量を誇っています。さらにリンパ球などの免疫細胞を活性化する作用上がると報告されており、期待される成分として注目を集めています。 ・しめじ しめじはβ‐グルカンやビタミンB群などを豊富に含んでおり、食物繊維はさつまいもと同じ量であるといわれています。 また、紫外線を浴びることで、ビタミンDに変化する「エルゴステロール」という成分も含んでいます。 ・椎茸(しいたけ) 人が食べるきのこの中でも最もポピュラーな種類のきのこであり、ビタミンDや食物繊維が豊富に含まれています。 ・なめこ 独特なぬるぬる成分から犬に与えることができるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、なめこのぬるぬるの正体は「ムチン」という糖たんぱく質の一種なので問題なく与えることが可能です。 ・マッシュルーム マッシュルームには食物繊維やビタミンB2、パントテン酸やカリウムなど様々な栄養成分が含まれており、きのこのうまみ成分である「グアニル酸」は椎茸の3倍の量含まれています。 ・エリンギ エリンギには「ナイアシン」と呼ばれる皮膚や粘膜の炎症を抑え、代謝に深く関わる成分が含まれているほか、きのこ類の中でもエリンギには食物繊維が多く含まれているため、便秘の犬にはおすすめのきのこです。 ・松茸(まつたけ) 高級なきのことして有名ですが、栄養価については他のきのこと大差ありません。人においては松茸の香りは食欲を向上したり消化の手助けをするといわれていますが、犬においてその効果は確認されていない状況です。 ・木耳(きくらげ) 木耳は色によって白木耳と黒木耳の2種類に分類され、白木耳は稀少価値が高く、水溶性の食物繊維が豊富で便秘に効果的だといわれています。 また、黒木耳は鉄分を多く含んでいるため、貧血予防に効果的であると考えられています。 「黒木耳(くろきくらげ)」には、ビタミンDやカルシウム、食物繊維が多いので便秘に悩んでいる愛犬に食べさせたいきのこの種類のひとつです。 次に、きのこを与える危険性についてです。 与えすぎに注意 犬の食事は基本的に、炭水化物とたんぱく質がメインです。 人の食べる主食やおかずなどの考え方とは摂取する量が異なるため、与える際には適量を与えるようにしましょう。…

犬にコーヒーを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にコーヒーを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にコーヒーをあげても大丈夫? 嗜好品として普段から愛飲している方も多いコーヒーですが、ふとした瞬間に愛犬が誤飲してしまう可能性もないとは言い切れません。 しかし結論から言うと、犬にコーヒーを飲ませるのは「NG」です。 コーヒーにはカフェインが含まれていることは皆さんもご存知かと思いますが、この成分が犬にとっては危険であり、可能な限り摂取は控えさせたいものなのです。 では具体的にどのように危険で注意すべきなのか調べていきましょう。 なぜ、犬にコーヒーを与えてはいけないの? 具体的な理由としてコーヒーに含まれる「カフェイン」によって引き起こされる中毒症状があります。 カフェインとは コーヒーの中に含まれており、このカフェインには興奮作用があり精神刺激薬の一つとされているほか、「アデノシン」という鎮静作用を持つ化合物に似た構造を持っており、カフェインはこのアデノシンと結合する細胞であるアデノシン受容体に取り付くことでその結合を阻害してしまいます。 これにより、本来アデノシンが担っていた鎮静作用が阻害され、結果的に覚醒が起こるのですが、そのほかに解熱鎮痛作用、利尿作用も示します。犬がカフェインを摂取すると心筋と中枢神経系を刺激されます。 コーヒーは液体のため、食べ物よりも体内に吸収されるのが早く、一般的に1~2時間程度で中毒症状が現れるといわれています。 しかし、飲んですぐに症状が出るわけではなく、チョコレートなどと同様に大幅に摂取しない限り中毒症状に陥ることはないといわれてはいますが、与えるメリットもない上に摂取することで伴うリスクを考慮すると、最初から誤飲をしないように気を付けてあげる方がよいでしょう。 また、カフェインを含む飲料や食材はコーヒーだけではありません。 紅茶や緑茶、ココアやコーラなどの飲料にもカフェインが含まれているほか、カフェモカの材料として混ぜられるエスプレッソにカフェインが多く含まれており、チョコレート(カカオ成分)にも入っているため、要注意となります。 他にもコーヒー味のアイスクリームやクッキー、ケーキなどにもカフェインが含まれているため気を付ける必要があります。 犬がコーヒーを飲むとどんな症状がでる? 犬がもし許容量を超えるコーヒーを摂取してしまった場合、主に下記のような症状がみられるようになります。 落ち着きを失う 尿失禁・頻尿 嘔吐・下痢 頻脈・高熱 けいれん発作 など。 これらの中毒症状はコーヒーを摂取してから約1~2時間後ほどで見られるようになり、段々と落ち着きを失ってくるようになるほか、光や音に対して敏感になり、少しの刺激に対しても大きく反応するようになります。 また、重症化すると異常な興奮状態が治まらなくなり、やがて痙攣、筋硬直、呼吸不全、昏睡などを起こして最悪の場合、死に至ることになるのです。 犬がコーヒーを飲んでしまった!危険な量とは? 犬がカフェインを摂取した場合の致死量については、体重1㎏あたりにつきカフェイン100mg~200mgといわれており、体重5kgほどの小型犬の場合ですと、500mgのカフェインが致死量となります。 しかし、コーヒー1杯杯(200ml)に含まれるカフェインの量は、インスタントコーヒーのレギュラーサイズで120mg程なので、体重5kgの小型犬においては、コーヒーカップ4杯飲んでも死に至ることはないという計算になります。 ですが、だからといって安心かといえばそうではありません。 上記の数値はあくまで致死量であるため、中毒症状を発生させる量はこの数値より少ない量になります。 また、中毒症状には個体差があり、大量のカフェインを摂取しても全く症状が出ない犬もいれば、稀に微量のカフェインを摂取しただけで中毒症状を引き起こしてしまう犬もいるので、数についてはあくまで参考程度に考えておくことをオススメ致します。 下記は飲料の中に含まれているカフェイン量になりますので、参考程度にご覧ください。 カフェイン含有量(100mlあたり) 玉露 160mg(茶葉10gに60℃の湯60mlを加え2.5分浸出) エスプレッソコーヒー 140mg ドリップコーヒー 135mg インスタントコーヒー 60mg(インスタントコーヒー粉末2gを熱湯140mlに溶かす) 栄養ドリンク 50mg ココア 45mg 紅茶、抹茶 30mg 煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶 20mg コーラ 10mg 犬がコーヒーを飲んでしまった時の対処方法! 犬コーヒーを飲んでしまった場合、少量出会った場合、まずは慌てずに落ち着いて注意深く愛犬の様子を見ましょう。 カフェインを含むコーヒーは、少量では緊急に重篤な中毒症状を起こす危険性は低いのですが、念のため、動物病院へ連絡をして獣医師に相談をするようにしてください。 その際には、…

犬ににんにくを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬ににんにくを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬ににんにくをあげても大丈夫? 我々の生活の中でも、健康食品として知られている「にんにく」ですが、愛犬が欲しがった場合、与えても良いものなのでしょうか? 結論から言うと、「少量ならば問題ないものの、大量に食べることは危険である」といえます。 一言に危険といっても何が良くないのかイメージがしづらいかと思います。 具体的に、どういう点が犬にとって危険であるか、調べていきましょう。 なぜ、犬ににんにくを与えてはいけないの? どうしてにんにくを犬に与えることが危険なのでしょうか。 まず、危険だると言える理由の一つがにんにくの種類に関連します。 にんにくは「ユリ科ネギ類」に属する食材で、たまねぎと同じ仲間になります。 玉ねぎには「硫化アリル」という中毒の原因となる成分が含まれています。 この硫化アリルは、犬の体内に入ると「ヘモグロビン」を酸化させて「溶血性貧血」を引き起こします。 ただ、にんにくに含まれている硫化アリルの量は玉ねぎに含まれている量よりずっと少なく、犬がひとかけら程度のにんにくを食べるの分にはさほど問題はないとわれています。 しかし、硫化アリル自体が含まれていることには変わりがないので、食べ過ぎてしまうと中毒症状を起こしてしまうため、与える量には最新の注意が必要になります。 特に、小型犬は許容量が中型犬や大型犬よりも少ないため、一層の注意が必要となります。 犬がにんにくを食べるとどんな症状がでる? にんにくを食べた際に起こる中毒症状については、血液中の赤血球が破壊されることによって下記のような症状が見られるようになります。 貧血 下痢 嘔吐 胃痛 腹痛 頻脈 血尿 血便 食欲減退 衰弱 皮膚炎 痙攣 発作 など。 上記一覧のほかに最悪の場合は死に至るケースもあります。子犬や貧血の症状が見られる犬には与えないように注意をしましょう。 また、致死量についても個体差があるため、一概には言えませんが適した量を超える量は与えないようにしましょう。犬の体調によっていつもと同じ量を与えても体調を崩す危険性があります。犬にどうしても与えたい場合は、適量より少なめに与えるか与えない方が良いでしょう。 犬がにんにくを食べてしまった!危険な量とは? 犬が中毒症状を起こす可能性がある目安量にいては、犬の体質や健康状態によっても変わってくるため、一概に「これ」という量を提示するのは難しいといえます。というのも、一度に多量のにんにくを食べて何の症状も起こさない犬もいれば、少し口にしただけですぐに体調不良になってしまった犬もいるためです。 症状が発症するまでに至る量は、犬によって様々で、多くの犬は少量ならば問題ないとされていますが、少しでも影響を及ぼす恐れがあるというものを与える必要は正直無いのではないかと思われます。 また、大型犬のようにある程度体格の良い大きな犬については多少中型犬や小型犬に比べて多めに摂取しても構わないという説もありますが、不確かな情報ではないほか、腸小型犬においては下痢をしただけでも衰弱してしまう可能性もあるため、更に最新の注意が必要です。 犬がにんにくを食べてしまった時の対処方法! 犬がもしにんにくを誤って摂取してしまった場合、どのような対処をしたらよいのか紹介していきます。 動物病院へ連れて行く にんにくを食べてしまった場合、まずはでき限り早く動物病院へ連れていくことをオススメします。 玉ねぎほど中毒を起こす可能性は低いものの、玉ねぎの仲間である以上、深刻な症状に陥る前に病院で適切な処置を行うことが最良だといえます。 また、大量ににんにくを口にしてしまったとしてもすぐに病院で処置を行えるのであれば、消化される前に吐き出させる催吐療法が施される可能性があります。どうしても行けない理由が無い限りは、適切な治療を受けられる動物病院へ向かい、獣医師の処置を受けるように心がけましょう。 食べた物を吐かせる応急処置 距離や時間、交通手段などどうしても動物病院へ向かうのが困難な場合、素人が行うのはあまりにリスクがありますが自宅で催吐療法を行うことも可能です。 しかし、前置きとして催吐をさせるにあたり、吐瀉物が喉に詰まるなどして窒息の恐れなどがあることはあらかじめ注意をしておかなくてはいけません。 できれば獣医師に電話をしてから指示を仰ぐことが最善と言えますが、そうはいかない状況であるならば以下の方法を試してみましょう。 1.3%オキシドールを、体重5kgに対して11mlをスポイトやシリンダーを使って犬の舌の奥の方へ流し込む 2.15分ほど待ち吐いたなら応急処置は完了なので、動物病院へ連れて行く。もし吐かなければ20分ほど空けて、再度オキシドールを飲ませます。 これは緊急時の対処法なので、体調不良になる危険性や気管支を傷つけるリスクを考えて本当に緊急の時以外では絶対に行わないでださい。 いかがでしたでしょうか。 玉ねぎよりは危険な成分の含まれる量が少ないとはいえ、中毒症状を起こす可能性のある食べ物には変わりありません。 犬の健康のために食べさせる、という点で考えると体調不良になるリスクをはらんでいるのであれば無理に食べさせる必要は無いといえます。 もしどうしてもにんにくを食べさせたい場合は、現在であれば犬用のサプリメントなどもあります。 無理に生のものを食べさせて中毒に陥る危険性を上げてしまうよりは、こういったサプリメントをドッグフードに混ぜて与えることで犬が食べられるように調整されたものを与えた方が、安心して食べさせられるのでおすすめです。

犬にアボカドを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にアボカドを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にアボカドをあげても大丈夫? 「森のバター」とも呼ばれ、度々話題に上がり我々の食生活にも馴染みの深いアボカド、人間にとっても様々なプラス効果をもたらしてくれる食べ物ではありますが、犬に与えることは可能なのでしょうか? 結論からいうと「食べさせることはあまりお勧めはできない」食材です。 アボカドにも犬に対して毒性がはたらく成分が含まれおり、安易に与えると犬の身体に危険が及ぶ可能性があるります。 では、具体的にどのような理由で犬にアボカドを与えてはいけないのでしょうか。その理由を紹介していきます。 なぜ、犬にアボカドを与えてはいけないの? 何故犬にアボカドを与えるのが危険なのでしょうか。 実は、ぶどうやチョコレートのようにすぐ重篤な症状に陥る危険性があるわけではありませんが、アボカドの中に含まれている「ペルシン」という成分が犬にとっては危険を及ぼす可能性があるため、与えることは避けた方が良いとされています。 ペルシンとは アボカドに含まれる殺菌作用のある毒素で、人が摂取する分には無害ですが、他の動物が摂取をすると危険な成分です。アボカドの葉や種皮、種に多く含まれており。未成熟の果実にも含まれているようですが、熟していく内に果実に含まれる量は減少していくようです。 このペルシンを摂取した際に起こる症状は、嘔吐や下痢、呼吸困難、うっ血、心臓組織周辺の体液貯留から死に至ることすらあるとされています。鳥類は特にペルシンに対して敏感にで、この症状を起こしやすいようです。 致死量については現在も研究中のため、未だに詳しくは解明されていません。 また、犬がアボカドを摂取した際、稀にラテックスアレルギー症候群によってアレルギー反応が引き起こされてしまうこともあるようです。 ラテックスアレルギーとは天然ゴムに含まれているラテックスたんぱく質が原因で発症してしまうアレルギーです。 食べ物であるアボカドによって何故引き起こされてしまうのかという理由については、アボカドやバナナ、キウイに含まれるたんぱく質がラテックスのたんぱく質成分に似ているために起こる「交差反応」が原因で、これによって食べ物であるアボカドを摂取した場合にもラテックスアレルギーを引き起こしてしまうのです。 犬がアボカドを食べるとどんな症状がでる? 犬がアボカドを食べてしまった場合、どんな症状が出るのでしょうか。 主にペルシンを摂取した際の中毒症状によるものが多く、摂取する量が多ければ多いほどに症状を引き起こす可能性が増えていきます。 さらに、ペルシン中毒症状によって急激に昏睡状態に陥ることはめったにありませんが、多量を摂取した場合は命にかかわるん場合もあるので注意が必要になります。 そのため、犬がアボカドを食べてしまった場合、中毒症状が出ないからと放置せず、注意深く状態を確認する必要があります。 アボカド摂取してしまった場合、下記のような症状がみられます。 嘔吐・下痢 軟便 呼吸困難 痙攣 うっ血 胃腸の炎症 心臓疾患 また、アボカドを食べた際に交差反応として引き起こされるラテックスアレルギーいの症状は普通のアレルギーとあまり変わりません。 具体的には、蕁麻疹、呼吸器症状がメインで、稀にアナフェラキシーショックなどの重篤な症状を引き起こす場合もあるので注意が必要です。 犬がアボカドを食べてしまった!危険な量とは? 実は、具体的にこの鞍の量を食べると危険である、という量はまだわかっていません。 というのも、中毒症状が出る犬にも個体差があるため、5g程度ならば食べさせてもなんともないという犬もいれば、一つまみ食べただけで中毒症状が出てしまう犬もいるほか、体格や犬種などにも多少の影響はある場合もあるため、一概にこの量を食べさせてはいけないとは言い難いのが現状です。 また、アボカド自体の栄養素が大変多く、もし食べられる犬でも食べさせ過ぎると肥満に繋がってしまうという点も考慮すべき内容であるため、リスクを多く伴ってしまうと考えると与えること自体控える方が良いでしょう。 犬がアボカドを食べてしまった時の対処方法! アボカドを万が一食べてしまった場合、約10~12時間ほど経過してから症状が起こり始めるということもあるので、アボカドを食べてすぐに中毒を発症しないこともあります。 そのため、与えたばかりの時は元気そうなので大丈夫だと安心していても、暫くしてからから発症していまうこともあるので、注意が必要になります。 そのため、「食べてしまったかも」とわかった時点でかかりつけの動物病院に連絡を入れるようにしてください。 連絡を入れることで、獣医さんから現在の様子を伝えることで様子をみるかどうか、連れていくべきかどうかの指示を仰ぐことができます。 もし動物病院へ連れていくことになった際、発症するまでの間に排便を行っていた場合はその状態を確認するため、出来る限りその時の便も持っていくようにしましょう。 動物病院で診てもらうことが一番ですが、どうしても動物病院へ連れていけない場合はやむを得なく自宅で催吐療法を施すことになるかもしれません。その場合、適量のオキシドールを飲ませて吐かせることになりますが、犬にとって負担が大きく、吐瀉物が喉に詰まって最悪窒息する可能性もあるためオススメはできません。 可能な限り動物病院での処置を優先し、診察時間外であった時のためにも予め夜間診察もしている動物病院も控えておくとベストです。 犬がアボカドを食べてしまったときの対処法のまとめ アボカドを本当に食べたことの確認 動物病院に連絡して指示を受ける 様子見の場合は気を抜かず変わったことがあれば即病院へつれていけるように暫く待機、来院の場合は即連れていく ◆注意点 アボカドの種や種皮、葉などのペルシンを多く含む部分を食べている場合は病院へ必ず連れていく 家庭内でむりやり吐かせるような処置は行わないこと。行う際は獣医の指示に従って行う。 いかがでしたでしょうか。 前述してはいますが、アボカドも犬の健康に必要な成分が入っていると思いきや、犬にとって毒性の強い成分が含まれている気を付けたい食べ物の一つです。 個人差はあれど、与えてメリットがあるかといえばリスクの方が多いといえる果物であるため、もし愛犬が物欲しそうに見ていたとしても、こちらが与えるのを控えることで、引き起こされるかもしれない中毒症状などのリスクを減らしてあげられると考えると最初から与えない方が愛犬にとっても良いでしょう。 ペットの健康や成長に必要な栄養については、市販のドッグフードがその点を考えられて作られているので、もし不安なことがある場合は動物病院などで相談してみるのも良いかもしれません。

犬にさくらんぼを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にさくらんぼを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にさくらんぼをあげても大丈夫? 季節の果物としてスーパーやコンビニでも売っているさくらんぼですが、我々は食べられても愛犬の場合は食べても良いのでしょうか。 結論から言うと、犬にさくらんぼを食べさせること自体は問題ありませんが、食べさせても良い部分と悪い部分があるので気を付けなくてはいけません。 気を付けるといっても、具体的にどのように気を付けたらよいのか、犬とさくらんぼについて具体的に調べていきましょう。 なぜ、犬にさくらんぼを与えてはいけないの? 犬にさくらんぼは厳密には食べさせても構わないのですが、与えてはいけない部分と理由があります。 それはさくらんぼの葉や花に含まれている「クマリン」という成分に由来します。 「クマリン」とは クマリンとは桜餅の葉の香りでおなじみの成分です。人間は桜餅の葉まで食べる人もいますが、実は肝毒性(肝臓に対して毒性を保有しており有害であること)を持っています。そのため、犬に与えることは好ましくないのです。 与える量と肥満に注意 さくらんぼは犬にとって栄養面で特筆すべき利点はありません。ですが、食欲がない犬や特別なおやつとして与えるには有効といえるでしょう。ですが、さくらんぼだったら果物だから大丈夫だろうと沢山与えてしまうと肥満の原因になります。さくらんぼの平均的な重さは5gほどで、犬に与えていいとされている量は15gほどだといわれています。神経質にピッタリの数値で与える必要はありませんが、与えすぎは肥満に繋がり、一度に何粒も与えてしまうと癖になってしまいたくさん食べても良いものと覚えてしまうため、気を付けてあげましょう。 種や未成熟な身は与えない さくらんぼを犬に与える際、気を付けなくてはならないのは葉や花だけではありません。実の中にある種にも注意が必要です。 種には「アミグダリン」という青酸配糖体(シアン配糖体)が含まれていて、嚙み砕かれた種が体内で分解されることによって青酸毒が発生し、中毒症状を引き起こしてしまいます。症状としては呼吸困難や虚脱、チック症状を招く可能性があり、最悪の場合死に至ることもあります。 また、未成熟な実にも「アミグダリン」は含まれているのですが、基本的にお店で販売されているものは成熟しているので心配はいりません。アミグダリンは人間にとっても有害な成分なので、もしさくらんぼ狩りなどに行くことがあれば農家さんの話をしっかりと聞き、犬にさくらんぼを与える場合は必ず種を抜き、実だけの状態で与えるように気を付けましょう。 さくらんぼ含まれる成分 アミグダリンについてはご説明しましたが、その他にもさくらんぼに含まれる成分には犬にとって注意すべきものがあります。 「ソルビトール」という成分は過剰摂取をすることで犬の下痢を引き起こしかねない成分です。栄養分の吸収をブロックすることも考えられ、さくらんぼを多量に食べると犬にとって好ましくない影響を及ぼす可能性の原因の一つとしてこの成分が挙げられます。 一方で、その作用をうまく利用することができるのが、便秘気味の犬に与えることで便通をよくするという方法です。そのため、便秘気味の犬には少量のさくらんぼがプラスに働くことが期待できます。 「βカロテン」はさくらんぼに多量に含まれている栄養素です。犬にとって必須の栄養素であり、適量取り入れることは必要ではありますが、過剰に摂取すると中毒症状が出やすい成分でもあります。 そのため、犬がこのβカロテンを過剰に摂らないように食べさせる量をコントロールしてあげなくてはなりません。 犬がさくらんぼを食べるとどんな症状がでる? 摂取すると危険なものに沿って大まかに症状については前述してきましたが、具体的にどのような症状が引き起こされるのでしょうか。 「アミグダリン」 アミダグリンはさくらんぼの種に含まれる有毒物質で、別名「レートリル」と呼ばれています。さくらんぼのほかに梅やすもも、桃やアーモンド、ビワといったものの種に含まれる青酸配糖体です。 この青酸配糖体は、犬の腸内細菌のβ-グルコシダーゼ酵素によって加水分解されるとシアン化水素(青酸)を発生させます。シアン化水素は殺虫剤にも使用されている猛毒で、致死性がある危険な物質です。 これによる中毒症状は 嘔吐 ふらふらする 肝障害 神経障害 歩行障害 意識混濁 死亡 など様々です。 「クマリン」 クマリンはさくらんぼの花や葉に含まれる成分で、この成分を犬が摂取すると肝障害が誘発される恐れがあります。 人が摂取する場合、アンチエイジング効果やリラックス効果があるといわれておりますが、クマリンは殺鼠剤にも使われる強い成分で特徴として血が止まらなくなることが挙げられます。犬が大量に摂取した場合、1~3日程度で発症することが多いため、要注意が必要です。 アレルギー症状 アレルギー体質の犬にはさくらんぼを与えるのは控えましょう。全てのアレルギーとはいきませんが、アレルギーの種類によっては交差反応(構造が似たたんぱく質に対しても免疫細胞が間違って異物とみなしてアレルギー症状を起こしてしまうこと)を示してしまう可能性があります。 また、もしアレルギーが生じてしまった場合、多くは皮膚に現れるため、「目の周り」、「耳」、「口の周り」、「肢の先」、「鼠径部」などに赤みや激しい痒みが現れるとされています。 犬がさくらんぼを食べてしまった!危険な量とは? 基本的には前述したように、少量であれば問題はありません。 こちらも既に記述してますが、さくらんぼの実は一粒およそ5gほどで、1日に犬に与えて良い量は15gほどといわれているため、1日3粒が適量とされています。 なので、それ以上の摂取が危険というよりは健康を害する可能性があると考えておきましょう。 犬がさくらんぼを食べてしまった時の対処方法! もし、犬がさくらんぼを許容量より多く食べてしまった場合の対処法についてご紹介していきます。 動物病院へ もし、食べてはいけないものを食べてしまったときは、必ず動物病院に行きましょう。 動物病院へ向う際、「何を」、「どれくらい」、「どのくらい前に」、食べてしまったのかをしっかりと伝えることが大切になります。 食べた量によっては、催吐処置や胃洗浄、レントゲンや点滴などの処置を行おうこともありますが、アレルギー反応などで重篤な症状が出ている場合には入院となる可能性もあります。 早急にに連れていきましょう。 吐き出させる どうしても動物病院へ行けない場合の方法としては、犬が食べた物を消化吸収する前に吐かせることで症状が軽く済むことがあります。 犬に吐かせるためには、オキシドールを使用してシリンダーなどで口に流し込むことを2~3回繰り返します。…

犬にイカを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にイカを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にイカをあげても大丈夫? おつまみから料理まで幅広く扱われ、親しんでいるイカですが、自宅で食べていると物欲しそうにしている愛犬につい…ということはありませんか? 犬にイカを与えても良いのかどうか、結論から言うと「少量なら与えても良いが、問題点もある」です。 具体的に与えても良い量、そして問題点はどのような点なのか調べてみましょう。 なぜ、犬にイカを与えてはいけないの? 基本的にはOKですが、犬にイカを与えてはいけない理由とは、まず犬にとって必要な栄養について知ることが必要になります。 犬には炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、水の6大栄養素が必要とされていて、ドッグフードにはこれらの栄養素が上手く入っています。 その中に含まれている炭水化物を糖質に変えて、エネルギーとして使うときに必要な「ビタミンB1」」が犬にとって大切な栄養素であり、体内で重要な役割を果たします。 しかし、この大切なビタミンB1ですが、生の状態のイカを食べすることによって分解してしまう危険性があるのです。 生のイカの危険性 生のイカに含まれる「チアミナーゼ」という酵素は、ビタミンB1を分解する働きを持っており、このチアミナーゼの働きによってビタミンB1が分解されてしまうと犬は「ビタミンB1欠乏症」になってしまいます。 そのため、炭水化物を糖質に変えることが出来なくなり、様々な症状を引き起こすようになってしまいます。 また、犬などの哺乳類は自身の体内でビタミンB1を作ることはできず、摂取をしても毎日尿として排泄されてしまいます。この大事な栄養素のビタミンB1をチアミナーゼは分解してしまうため、イカでも生のイカは与えることは危険とされています。 寄生虫の存在 生のイカにはビタミンB1を分解してしまうチアミナーゼの危険性があると前述しましたが、ほかにも注意点があります。 それは、寄生虫の「アニキサス」が潜んでいる可能性があるということです。 このアニキサスを万が一犬が摂取をした場合、胃や腸壁に侵入し、数時間後に激しい腹痛を起こします。 ◆アニキサスとは アニキサスはオールシーズン現れる出現率の高さと、人間が生きたまま食べた場合でも激しい腹痛や嘔吐などの症状を引き起こす厄介な魚類寄生虫です。主にサバ、ララ、サケ、スルメイカなどには高い確率で寄生しており、これらの魚類は通常魚屋では加熱用として販売されています。 アニキサスは内臓表面に寄生しているので下処理の段階で大部分はでき除去ますが、時間が経つにつれて筋肉部分へと移動していくので、これを見つけるのはなかなか難儀となり、実際にアニキサスの被害を恐れてこれらの魚の刺身販売をやめる魚屋も出てくるほどでした。 犬がイカを食べるとどんな症状がでる? 万が一、犬が生のイカを食べてしまった場合、どのような症状が引き起こされるのでしょうか。 「ビタミンB1欠乏症」 生のイカを食べるとチアミナーゼの影響よりビタミンB1欠乏症が起きると述べましたが、その具体的な症状として「運動失調」や「神経伝達の異常」などが起こります。 具体的にどのような症状が見られるかというと、しっかり歩いているのにふらついていたり、同じ場所をウロウロと旋回している。また、痴呆のような症状がみられることもあります。さらに症状が進むと脚が立たずに歩行困難になったり、瞳孔が開くなどの症状も見られるようになります。 しかし、これらの症状が引き起こされるのは生のイカを大量に摂取した時なので、誤って犬が一口ほど食べることですぐに障害が出ることはないので焦らず対処しましょう。 「消化不良」「胃腸が詰まる」 生のイカに限らず、イカ自体が消化に時間のかかる食材なので、犬の胃腸にはかなりの負担をかけていまうことが考えられます。犬によっては個人差がありますが、消化不良が原因で、下痢や嘔吐を引き起こす恐れもあります。 また、スルメなどは弾力があり、大きい状態のまま飲み込んでしまうと胃腸が詰まってしまうおそれもあります。諸説がありますが飲み込んだ後に胃腸で消化液を吸って大きく膨らんでしまう危険性も指摘されており、最悪の場合、胃腸閉塞などを引き起こして手術を行わなければならないケースも考えられます。 「中毒症状」を引き起こす イカには「アニキサス」という寄生虫が寄生している可能性があると前述しましたが、このアニキサスを誤って誤飲してしまった場合、中毒症状を引き起こし、激しい腹痛や嘔吐などの症状がみられるようになります。 「塩分過多」 生でなくとも、乾物であるスルメは多くの塩分を含むため、犬にとっては大量に摂取すると人以上に危険です。これはスルメに限られたことではありませんが、濃い味付けの食べ物を犬に与えすぎるのは注意しましょう。 犬がイカを食べてしまった!危険な量とは? 基本的に生のイカや乾物のイカもそうですが、犬の個体差はあれど少量ではればそこまで問題ではありません。 しかし、前述しておりますが食べ過ぎればスルメであれば塩分過多で様々な病気を誘発しますし、生でもそうでなくても大量に与えてしまえば食べ過ぎで消化不良や胃腸閉塞を引き起こす原因になり、それが生であればビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性もあるのです。 また、少量であってもその生のイカにアニキサスが含まれていた場合、アニキサス症を引き起こしてしまうことも、具体的無いとは言い切れないため、この量を食べることで危険や安全ということはないですが、接取するイカの状態で量は考えるとよいでしょう。 犬がイカを食べてしまった時の対処方法! もし犬が誤ってイカを食べてしまった場合はどのように対処したらよいのでしょうか。 様子を見る もし摂取した量が少量であれば、チアミナーゼの影響を極端に心配する必要はないでしょう。まずは慌てず、愛犬の様子をしっかりと観察することが大切になります。また、加熱したイカは多少リスクがありますが、絶対に食べてはいけない食べ物ではありません。というのも、イカは加熱することによりチアミナーゼが失活するといわれています。しかし、焼いたイカだからといって絶対安全とは言えないので、もし食べてしまった場合は落ち着いて様子を見るようにしましょう。 症状が現れたら動物病院へ 犬がイカを摂取後、ふらつきや歩行障害、嘔吐などの症状がみられるようになった場合、一刻も早く動物病院へ連れて行くようにしてください。 その際、愛犬の吐瀉物や便などを捨てずに持っていくと、治療に必要な詳しい情報として手助けになることもあるので、なるべく持参するようにしましょう。 いかがでしたでしょうか。 焼いたイカであれば乾物のイカや生のイカよりはビタミンB1欠乏症やアニキサス症などのリスクは減るものの、用心のため、犬にとって必要な栄養素を含んでいるものでもないので無理に食べさせる必要はないでしょう。 ただ、絶対に食べさせてはいけないという食べ物でもないので与える際は加熱処理をし、細かく身を切ってから与えることをおすすめします。 ですが、基本的には犬にとって必要な栄養素は市販のドッグフードで大体事足りてしまうため、リスクのある食事をわざわざする必要があるか考えてみると、与えない方が愛犬の健康を脅かす危険性はだいぶ減るかと思われます。 日々の食事についてもしっかりと考えて与えるようにしましょう。

犬にトマトを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にトマトを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にトマトをあげても大丈夫? 私たち人間が普段サラダとしてだけでなくスープなど様々な形でなんとなく食べている野菜である「トマト」ですが、実は犬に与えても特に問題は無いとされています。 トマトはもともと中南米が原産のナス科の野菜で、品種が非所に多く、世界中に何千種類物トマトが存在しています。また、トマトは「βカロテン」「リコピン」「ビタミンC」「ミネラル」などの栄養素も豊富な我々人間にとってはメリットのある成分を多く含んだ野菜です。 しかし、犬に与えて良いとされるトマトは「完熟している赤いトマト」に限ります。 その理由はなぜなのでしょうか。 なぜ、犬にトマトを与えてはいけないの? 犬に与えるトマトは「完熟している赤いトマト」に限る理由については、未熟なトマトに含まれる「トマチン」という成分に注意が必要だからです。 この未熟な緑のトマトに含まれる「トマチン」は、アルカロイドという有機化合物の一種で、ジャガイモの芽に含まれるソラニンにも同様の成分が含まれています。このトマチンには毒性があり、犬にとって相性が悪いとされているので、未熟な緑のトマトは犬に与えない方が良いということです。 また、このトマチンは未熟なトマトの実だけでなく、トマトの花や葉、茎にも含まれています。植物はこのような毒性を持つことで虫から身を守っているのです。 このことから、犬に与えても良いとされるトマトは完熟している赤いトマトだけで、その他の未熟な緑のトマトや花や葉や茎部分などは中毒症状を引き起こす引き金になりかねないので与えないようにしてください。 犬がトマトを食べるとどんな症状がでる? 栄養もあり、犬も食べることが出来るトマトですが、稀にアレルギー症状を起こす犬もいるようです。 特に、ブタクサやスギなどのアレルギーを持っている犬は、トマトに交差反応を起こしてしまう場合があるのでそこは注意点となります。 交差反応アレルゲンとは? ある種の動物たんぱく質に反応を示す場合、主の近い動植物のたんぱく質にもアレルギー反応を示すことをいいます。たとえば、ブタクサのアトピーを持つ犬に対して交差性のあるアレルギーはリンゴやバナナ、メロンやトマトです。ブタクサのアトピーを持つ犬がリンゴを食べたからと言って必ずしもアレルギー症状を起こすわけではないのですが、アレルゲンレベルを上げてしまうことになります。 下痢 嘔吐 震え 体のかゆみや腫れ など もし、上記のような症状が見られたらトマトを与えるのはやめて、しばらく様子を見ても様子がおかしいままの場合は即刻かかりつけの動物病院で診てもらうようにしましょう。 また、ヒトがトマチン中毒を発症した場合、赤血球が破壊され、「頭痛」、「嘔吐」、「下痢」などの症状を発症することがあります。そもそも、犬が緑のトマトを好んで食べることがまず少ないのですが、念のために緑のトマトを与えることは避け、完熟した赤いトマトを食べさせてあげるようにしましょう。 犬がトマトを食べてしまった!危険な量とは? 緑の未熟なトマトに含まれるとトマチンの毒性については、マウスの腹腔内に投与した時の半致死量(LD50)が32㎎/kgであり、これを単純に50㎏のヒトに換算すると、半致死量は1600㎎(1.6g)になります。(※マウスとヒトで効果が同じかは明確に出ていません。) この量の完熟果実では4000kg(4トン)、熟した青い果実では33kg、未熟果実では3.4kgに相当します。中ぐらいのサイズのトマトは約100gなので、未熟果実でも34個を一挙に食べないと半致死量には達することはありません。通常そのような場合はまず考えられないようです。 また、通常の赤いトマトの場合の犬に与えても良い適正量は、1日の食事の10%ほどの量までだとされています。これはドッグフード以外のプラスする食材全て合わせた分量です。そのため、1日にの食事量が150gであれば、トマトの適正量は15gになりますが、ほかにレタスを10g加えるとするならばレタス10gでトマト5gという配分になります。 犬がトマトを食べてしまった時の対処方法! もし誤って愛犬がトマトを食べて体調を崩してしまった場合、前述したトマチンなどの有害な成分の摂取か、アレルギー、初めて食したなど、様々な原因が考えられます。そのため、動物病院へ連絡し、「何を」、「どの程度」、「いつ食べたのか」をきちんと説明しましょう。 食べてからの時間にもよりますが、病院ではまず吐かせる処置を行います。胃洗浄を行うこともあるかもしれませんが、毒素を吸着させるための吸着単を与えたり、失ってしまった分の水分補給(点滴)をします。 もしすぐに受診ができない環境の場合、自宅で吐かせる手段として、「オキシドール」を使います。 市販されているものは大体3%溶液のオキシドールだと思いますが、念のため確認をしましょう。 また、自発的には飲み込んでくれないので、犬の体重1㎏あたり1~2mlのオキシドールを口の端からスポイトやシリンジで注ぎ、口先をつかんで上を向かせる方法で飲み込ませます。 オキシドールを飲んですぐ吐くこともありますが「、10~15分ほど経つとよだれが出てきて吐くようなしぐさをしますが、それでも誤飲したものが出てこなければ、再度オキシドールを飲ませます。 これを2~3回繰り返しても吐かない時は、処置を中断して病院へ連れて行きましょう。 いかがでしたでしょうか。 赤い熟したトマトについては特に問題なく犬に与えても良さそうではありますが、緑の未熟なトマトについては与えるのは控えた方が良いでしょう。 栄養価もあるため、与えて損をするということはありませんが、犬の健康的な食事については市販のドッグフードを与えることで普段の生活や成長に必要な栄養は十分であったりします。 なので、必要な食べ物では無いということを念頭に置いて、あくまでたまに適量を犬の身体に無理のなく健康を維持できる量を与える程度にしておくと良いでしょう。

犬にぶどうを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にぶどうを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にぶどうをあげても大丈夫? チョコレートやネギなどは犬に与えると良くないとご存知の方も多いかと思いますが、私たちが普段食べている果物のぶどうも実は犬に与え過ぎるのは良くないといわれています。 ぶどうにもチョコレートやネギ同様に与え過ぎると中毒症状を起こす成分が含まれているということががわかってきており、犬に与えすぎると最悪の場合、命の危険に関わる食べ物として注意が必要になってきました。 ではぶどうはどのように犬の身に危険が及ぼすのでしょうか。 なぜ、犬にぶどうを与えてはいけないの? 犬にぶどうを与え過ぎてはいけない理由は、含まれる成分によって与えすぎると腎不全を起こし、重症化が進むと死亡してしまうという危険性にあります。 特にぶどうの中でも成分が濃縮されている「干しぶどう(レーズン)」には要注意です。 一粒の量が小さいため、大量に食べてしまうリスクが強く、動物病院に運ばれてくるぶどう中毒の症状の犬の診断をしするとその原因がレーズンを食べたことによる中毒症状だったということが稀にあります。 しかし、実のところ現在の研究成果ではぶどうのどの成分が急性腎不全や腎不全を起こすのかそのメカニズムが明らかにされていない状況です。 現在の研究成果では、ぶどうの何の成分が急性腎不全や腎不全を起こすのか、そのメカニズムはまだ明らかになっていません。 具体的に症状が発症しやすいぶどうの種類や差などは確認されておらず、危険性の高さも具体的な結果は得られていない状況ですが、実際にぶどうを食べて症状を発症した報告がされているのは事実です。ぶどうやレーズンをむやみに与え過ぎるようなことはチョコレートやネギなどを与えるのと同じくらい危険なことだと認識しておきましょう。 犬がぶどうを食べるとどんな症状がでる? もし犬がぶどう中毒になってしまった場合、ぶどうを接種してから2~3時間程で以下の症状が現れるといいます。 嘔吐 下痢 食欲減退 ぐったりする 元気がない また、ぶどうを食べて急性腎不全を引き起こしたという例もあり、この病気は腎機能が急激に低下することで尿が出なくなり、体の中の老廃物を体外に出すことができなくなるため、「高血圧」「だるさ」「すぐ疲れる」などの症状も起こってきます。 そして、急性腎不全は数時間から数日といった短期間で急激に悪化することも特徴の大変危険な秒でもあります。 急性腎不全の症状 嘔吐 下痢 尿の量が減少、または尿が出ない 腎臓の痛みによって背中が丸くなる など 急性腎不全が疑われる場合は早急に動物病院での適切な治療が必要となり、もしも対処が遅れてしまうと命に係わることも大いに考えられるので、どのような症状が引き起こされるのか把握しておくとよいでしょう。 また、急性腎不全の初期段階はあまり症状が出ないことがあるようですが、急性腎不全が引き起こさ絵た時点ですでに腎臓機能の75%が失われている深刻な状態となっているので大変危険です。 更に、発症してから少し時間が経つと下記のような症状も見られるようになります。 水を多量に飲む 排尿頻度が増える 嘔吐 食欲不振 など 上記の症状に加え、深刻になると痙攣、昏睡状態となることもあります。 このように深刻な症状がみられるようになるため、愛犬がぶどうを食べてしまった場合は急性腎不全の可能性を考慮しておくことも大切になります。 犬がぶどうを食べてしまった!危険な量とは? 前述しておりますが、ぶどうやレーズンを誤って食べてしまった際のはっきりとした許容量はわかっていない状況です。 これまでに中毒症状や急性腎不全などを起こしたと報告されているぶどうの量は、体重1㎏あたり3~57gと範囲がかなり幅広くなっています。また同じように干しぶどうでは体重1㎏あたり11~30gで症状が現れたとの報告もあります。 いくつか表にまとめたので参考にしていただけたらと思います。 ◆ぶどうのグラム数表 ぶどうの種類 中毒発症の可能性がある摂取量 レーズン・干しぶどう(1粒約0.6g) 約11〜30g(18粒~) 巨峰(1粒約17g) 体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~) デラウェア(1粒約2g) 体重1㎏あたり約3〜57g(2粒~) マスカット(1粒約6g) 体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~) ※平均体重を発症最小量の3g/1kgで試算 ◆犬種別許容量一覧表 犬種・体重 中毒発症の可能性がある摂取量…

犬にナッツを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にナッツを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にナッツをあげても大丈夫? 人が普段おやつやダイエットなどで食べている様々なナッツ類、犬にももちろん食べさせられるものもありますが、基本的にはあまりオススメできません。 というのも、ナッツ自体にも脂質が多く含まれているという点もありますが、中には中毒症症状を引き起こしてしまうものもあるためです。 ではどのようなものが特に食べさせることを控えたいナッツなのか見ていきましょう。 なぜ、犬にナッツを与えてはいけないの? 犬にナッツ類を与えることがオススメ出来ない理由について、まずナッツ自体に多くの脂質が含まれているため、与えすぎてしまうと肥満の原因になるという点があります。 また、更に危険な症状として中毒症状を起こし、下痢や嘔吐などの症状が見られる危険性もあるほか、ピスタチオや落花生などは殻を誤って食べてしまった場合「腸閉塞」になってしまう可能性もあります。 殻の誤飲については自分が食べるものの管理をしっかりとしておくことで誤飲のリスクを減らせますが、軽い気持ちで与えたナッツで中毒症状を起こしてしまった場合、苦しむのは愛犬である上、いくら必ず発症するわけでない症状であっても発症しないという可能性は無いとは断言できません。 危険を未然に防ぐことができるのであれば、与える必要が無いといえるものはなるべく与えないようにする方が良いといえます。 犬がナッツを食べるとどんな症状がでる? 犬が食べて症状が起きるといわれているナッツの種類は「マカダミアナッツ」だといわれています。 マカダミアナッツの何で中毒症状が出ているのか詳しい原因は解明されていませんが、マカダミアナッツを大量に摂取することで起こり得る症状としては、 嘔吐 震え 腹痛 脱力感 横たわる 発熱 痙攣 などが見られます。 上記のような症状は個体差によるので食べても問題ない犬もいれば、食べてから大体12時間以内に発症してしまう犬もいます。また、ナッツの形状的な特徴から腸に詰まってしまうケースもあるようです。 大体1日~2日で自然に中毒症状が治まり、自然に回復していくことが多いとされています。 犬がナッツを食べてしまった!危険な量とは? 危険性についてふれてきましたが、具体的にどの程度食べてしまったら危険なのでしょうか。 上記で紹介した危険性が高いとされる「マカダミアナッツ」の場合、体重1㎏あたり2.2gとされています。 これは体重が3㎏程の小型犬の場合、マカダミアナッツ1粒を2.2gとすると、マカダミアナッツ約3粒ほどで症状が出る計算になります。 他にも代表的なナッツから食べ方や症状などを確認していきましょう。 比較的与えても安全なナッツ ◆ピーナッツ ナッツ類の中でも犬に与えて最も安全性が高いと考えられるナッツです。 しかし、消化は良くないため、少量であれば良いですが大量に与えると下痢や嘔吐の原因となり、場合によっては膵炎(すいえん)を引き起こすこともあるので注意してください。 また、ピーナッツの皮は消化できないため、必ず皮を向くことと、塩分過剰になるので塩味が付いたピーナッツは与えるのを避けましょう。 ◆カシューナッツ カシューナッツも比較的与えても安全と考えられているナッツの一つです。 しかし、与える場合は必ずローストされたものや炒ったものを与えるようにしましょう。生のカシューナッツは犬にとって毒性のある成分が含まれるた注意が必要です。 また、カリウムが豊富に含まれているので、腎臓病やホルモン疾患の犬に与える際には注意が必要となります。 ◆ヘーゼルナッツ ヘーゼルナッツも犬に対しての毒性がないといわれてるナッツです。 ヘーゼルナッツを与えるうえで注意が必要なことは、サイズで、ほかのナッツに比べて大きいために丸飲みをしてしまうと食道や腸が詰まってしまう可能性があります。与える場合は細かく砕いて与えるようにしましょう。 ◆栗 栗は脂肪分も少なく、消化もそれほど悪くないため、犬に比較的与えやすく、安全なナッツといえます。 とはいえ、与え過ぎると消化不良を起こしたり、糖質が多いので血糖値が上がりやすく肥満の原因にもつながるため、与える量は考えないといけません。 また、栗きんとんなどの加工した栗は糖質が非常に多い為、犬に与えるのはおすすめできません。 栗を与える場合は、加熱して皮を向いた状態の味がついていない栗を与えるようにしましょう。 与えない方が良いナッツ ◆アーモンド アーモンドはナッツの中でも消化が悪いので、少量でも食べると下痢をしてしまう犬も少なくはありません。 食べさせてはいけないわけではありませんが、飼い犬の便の調子を観察し、消化不良を起こしそうな様子なら与えない方が良いでしょう。 ◆くるみ くるみも消化に悪いナッツの一つです。 また、古いくるみにはカビの毒である「マイコトキシン」が含まれることもあるとの報告もあるため、中毒になるリスクもあります。 特に海外製のくるみや古くなったくるみは犬に与えないようにしましょう。 ◆ジャイアントコーン ジャイアントコーンは成分的にはトウモロコシに近い、ナッツです。 トウモロコシと考えると犬に与えても問題ないものなのではないかと思いがちですが、日本で流通しているジャイアントコーンは既に塩味が付いていることが多く、塩分の過剰摂取になってしまうこともあります。…

犬にキシリトールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にキシリトールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にキシリトールをあげても大丈夫? 虫歯予防などで普段から嗜んでいるガムなどに含まれているキシリトール、我々の体には害が無いとされていますが愛犬に与えてしまった場合、実は命に係わる危険性があることをご存知でしょうか。 この記事ではキシリトールが愛犬にとってどのように危険なのかをご紹介していきたいと思います。 犬にキシリトールを与えても良いのか、結論から言いますとオススメすることはできません。 一口食べただけで危険という訳ではありませんが、キシリトールを過剰に摂取すると場合によっては死に至ることがあるのです。 ではどのような理由でその危険な可能性に及んでしまうのでしょうか。その内容について調べていきましょう。 なぜ、犬にキシリトールを与えてはいけないの? キシリトールが犬にオススメできない理由とはどのようなものなのでしょう。 その理由は、犬が多量にキシリトールを接種してしまった場合、重い中毒症状を引き起こすか可能性があり、 時にそのまま命を落としてしまう危険性があるからです。 キシリトールとは? キシリトールは糖アルコールの一種の天然の甘味料や虫歯予防として用いられている成分で、砂糖と同じくらいの甘さを持ちながらカロリーが4割程度低いのが特徴です。 日本ではキシリトールガムやタブレット、歯磨き粉としてよく使われています。 犬がこのキシリトールを接種するとインスリンの過剰分泌によって低血糖に陥ってしまったり、肝機能の低下が引き起こされることが分かってるため、危険視されているのです。 犬がキシリトールを食べるとどんな症状がでる? キシリトールを食べた際に出る症状についてはまず、どのように引き起こされるのか説明をしなくてはなりません。 人と犬とではキシリトールを摂取した時の反応が違います。 人や動物は食べ物を食べるとそれらを消化吸収し、ブドウ糖として体内に取り込みますが、この時体内のブドウ糖、特に血中のブドウ糖濃度(血糖)が高くなり過ぎないように、体は「インスリン」というホルモンを出してその量を調節します。 人の場合、キシリトールはこのインスリンを放出させるほどではないため、糖尿病の患者用の甘味料として活用されていますが、犬の場合は人と違い、キシリトールはインスリンを放出させる力を強く持っています。そのため、放出されたインスリンは血糖値を低下させ、血糖値の低下はその程度にもよりますが、意識の低下や昏睡、酷ければ肝障害を起こす可能性を引き起こします。 犬にとってキシリトールが毒性を持つ理由はこの低血糖を引き起こすということなのです。 低血糖の主な症状として下記のような状態が見られます。 嘔吐 下痢 ふらつき(歩行困難) 発作 昏睡 など。 また、命を落とす危険がある理由の一つとして「急性肝不全」を起こすということもあります。 「急性肝不全」とは、肝臓に重度の障害が起こり、肝機能が停止してしまう病気です。 一般的に、肝臓の機能は20%以上稼働していれば問題ないといわれています。ですが、肝不全になると、肝機能の動きが20%以下になり、体の中に入ってしまった毒素を解毒する機能を始め、栄養素の貯蔵や代謝、血液の循環機能がすべて使えなくなります。 そのため、肝不全になるということは命の危険に直結するのです。 犬がキシリトールを食べてしまった!危険な量とは? 一般的に、10㎏の犬に対し1gの摂取でも危険とされています。 我々にとって身近にコンビニなどでも売っているキシリトール入りのガムには1粒約0.5gのキシリトールが配合されています。これを小柄な小型犬が接種した場合、たった1粒のガムを噛んだだけでも中毒症状を起こす可能性があるのです。 キシリトールが含まれるもの ◆キャンディ・ガム・ミント・タブレット 「シュガーフリー」と記載されたガムやミント、キャンディーやタブレットのほとんどにはキシリトールが含まれています。犬が誤って食べないような場所での保管をするようにしましょう。 ◆パッケージ菓子 パッケージされた菓子パンやケーキ、お菓子、アイスクリームやヨーグルトにもキシリトールが含まれているものはあります。安全を期するのであれば、中に何が入っているかわからない食べ物は愛犬に与えない方が良いでしょう。 ◆ジャム・シロップ・ピーナッツバター ジャムやシロップにもキシリトールが含まれている商品があります。食品では色素やビタミンCの安定化、練り製品の変質防止などを目的にキシリトールが使用され、はちみつやはちみつ漬けの梅干しにも使用されていることもあります。アメリカほど馴染みは無いかもしれませんが、ピーナッツバターにも含まれている場合があります。 ◆プロテインバーや健康食品 ダイエットに効果的だとうたわれるプロテインバーやダイエットフードなどの健康食品には、カロリーを抑えて甘みを不可するためにキシリトールが使用されていることが多いです。 ◆フレーバーウォーターやドリンクパウダー スーパーやコンビニなどにも置かれるようになったフレーバーウォーターも美容やダイエットなどにピッタリといううたい文句で掲げられるだけあってその甘みにキシリトールが使用されている場合があります。 ◆チョコレート チョコレートについては元々与えること自体オススメしづらいものだとご存知な方もいらっしゃるかと思いますが、チョコレートにも甘み成分としてキシリトールを使用している場合があります。危険な要素が二つも重なっているのであれば、与えた場合の危険度も膨らむと考え、与えるのは控えたいところです。 ◆人用デンタルケア商品 虫歯予防のガムにも含まれているので、もちろんですが歯磨き粉などにもキシリトールは含まれています。虫歯予防臨床実験のデータの中にも歯磨き粉の中にキシリトールを入れることで10~12%虫歯の発生が少なくなったというデータも残っているようです。 虫歯の原因にならず、虫歯の発生を防ぐ甘味料なので、当然のようにデンタルケア用品の多くに使用されています。「犬には犬用のデンタルケア商品を使いましょう」といわれる理由はここにあります。 ◆野菜・果物 キシリトールの甘味成分は、天然食品にも存在しています。 イエロープラム、いちご、カリフラワー、ラズベリー、ナスなどがそれに該当しますが、理論上の話で仮にいちごで犬がキシリトール中毒になるには、体重1㎏あたりいちご1パック食べる必要があります。 一般的な小型犬の体重が大体3㎏だとして、一度にいちごを3パックも食べるかというと、少し現実味がないといえます。食べ合わせの際に注意したいものとして気に留めておくとよいでしょう。 もし上記の食べ物を誤食誤飲をしてしまった場合は食べてしまった量を把握し、症状が出ていなくても速やかに動物病院に連絡をとりましょう。…

犬に玉ねぎを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬に玉ねぎを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬に玉ねぎをあげても大丈夫? 人間が食べる料理の中に玉ねぎが含まれる料理は多々あります。 愛犬と暮らしていると、「自分も食べたい」と言わんばかりの視線を感じてつい自分が食べているものをあげてしまったりした経験はありませんか? しかし、この行為は場合によっては愛犬の健康を害することになりかねないのです。 結論からいうと、犬に玉ねぎを与えることはオススメできません。 理由としては、人にとっては体に良い成分を含んだ玉ねぎですが、犬が接種すると最悪死を招きかねない成分を含んでいるからです。 では、どのような成分が犬の身に危険を招くのか調べていきましょう。 なぜ、犬に玉ねぎを与えてはいけないの? 犬に玉ねぎを与えてはいけないことは前述しましたが、具体的にはどのような成分が原因なのでしょうか。 それは玉ねぎに含まれる「有機チオ硫酸化合物」が原因とされています。 有機チオ硫酸化合物とは 有機チオ硫酸化合物とは、玉ねぎに含まれる成分の一つで、人間に対しては抗ガン作用や血栓症予防、免疫力向上などの効果が期待できるものですが、犬にとっては大変有毒となる物質です。 玉ねぎには少なくとも有機チオ硫酸化合が3種類は含まれており、これらは加熱をしても失われることのない成分です。 この有機チオ硫酸化合物が犬にとって有毒である理由は、犬にはこの物質を消化する酵素を体内に持ち合わせておらず、接種をしても対処ができないとうい点があげられます。この特徴は犬だけではなく、猫にも同じことがいえるため、注意が必要です。 ではこの「有機チオ硫酸化合物」を接種してしまった場合、どのような危険性や症状が出てくるのでしょうか、次でその内容についてご説明します。 犬が玉ねぎを食べるとどんな症状がでる? 犬が玉ねぎを食べ、「有機チオ硫酸化合物」を体内に入ると、酸化酵素を持ったこの成分が赤血球中のヘモグロビンを酸化させるだけでなく、赤血球内に「ハインツ小体」とう病変を作ってしまう原因となります。 ハインツ小体とは ハインツ小体を持った赤血球は血管の中で破裂しやすく、溶血を引き起こします。そして溶血が繰り返されると赤血球の数が減るため、最終的に「溶血性貧血」や「ハインツ小体性貧血」などを引き起こす要因となります。 つまり犬が玉ねぎを食べると、体内で分解できなかった成分によって赤血球が破壊されて重症の貧血になる危険性がある上に、ひどい時には命を落とす危険性もあるため、貧血といえど危険症状であることには変わらず侮れないのです。 また、破裂した赤血球のヘモグロビンがそのまま腎臓へ流れることもあります。すると尿に血が混ざるため、血尿を引き起こす原因となるのです。 その他にも玉ねぎを食べて貧血に陥った場合、犬は下記のような様子を見せることがあります。 元気がない ふらつく 食欲不振 呼吸や脈が速くなる 嘔吐 下痢 歯茎が白くなる(可視粘膜蒼白) 黄疸 痙攣または震え 血便 吐血 など。 上記症状が現れるタイミングは、犬によってすぐ出るケースと暫くしてから出るケースなど様々な固体差による違いが現れますが、玉ねぎによるこれらの中毒症状は時間が経つにつれてどんどん症状がひどくなり、場合によっては死に至るケースもあるのです。 犬が玉ねぎを食べてしまった!危険な量とは? 犬の個体差にもよりますが、一般的な犬の体重1㎏に対して20g以上が致死量ではないかといわれています。 何故致死量について曖昧なのかというと、玉ねぎを致死量だといわれている玉ねぎを1個まるまる食べて平気であった犬もいれば、一切れのネギや玉ねぎで玉ねぎ中毒になったケースも多々報告されているので明確にこの量が致死量であると摂取を禁止しづらいのです。 また、HK型イヌ赤血球という玉ねぎ中毒にかかりやすい犬種も存在しています。(柴犬が有名な犬種です) このような犬種が玉ねぎ中毒に陥った場合は、赤血球内のカリウムが血液中に流出することで起こる「高カリウム血症」になり、死亡の危険が高まるとの見解が1975年に北海道大学の家畜病院で報告されています。 ドッグフードが無かった時代、玉ねぎが入った味噌汁や肉じゃがの残り物をご飯にかけた「残飯」を食べていた犬を知っている人の中には、玉ねぎを食べても問題ないだろうという考えの人もいらっしゃいますが、それはたまたまその犬がその時だけ平気であった場合も考えられます。 急性の「玉ねぎ中毒」の症状を起こさなかったとしても、玉ねぎの慢性的な常食は、潜在的な貧血や肝機能低下を誘発することがわかっているため、可能な限り犬の食事の中に玉ねぎが混じらないように配慮をしておきたいところです。 犬が玉ねぎを食べてしまった時の対処方法! もし愛犬が玉ねぎを食べてしまった場合は、まず慌てずに状況の確認を行いましょう。 玉ねぎを食べて2時間までの間に症状が出るケースや数時間から数日経った後に症状が出るケースもあるため、明らかに玉ねぎを食べていることがわかっている場合は夜間に症状が出る可能性も考え、速やかに動物病院へ連絡するか獣医の診療を受けることをお勧めします。 また、自宅で行える方法を2つほど紹介していきます。 口の中に残っている場合は取り出す 犬が玉ねぎや玉ねぎを使用した食品を食べている現場を目撃したばかりの場合、まだ口の中にある食べ物は噛まれないように注意をしながら犬の口の中に手を入れて玉ねぎを取り出します。さらに、目撃した現場で玉ねぎをどえくらい食べたのか、致死量以上食べているのかきちんと確認をする必要があります。 オキシドールを使った応急処置 薬局などで手に入るオキシドールをを水で2倍に薄め、ティースプーン1~2杯分の口に入れて飲ませます。 これを吐くまで3回ほど続けます。 ただし、胃が弱ってる時、玉ねぎを食べてから1時間以上が経過しているときにこの方法はオススメできません。その場合は速やかに動物病院へ連れて行くようにしましょう。 ここまで玉ねぎを食べることによって引き起こされる症状や対策についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 玉ねぎ中毒については沢山の報告があるため、情報の真偽を正しく判断することが非常に難しいといえます。 しかし、事前に防ごうとした場合、食べてもメリットが無い食べ物を無理に食べさせる必要があるとはいえないため、玉ねぎについても愛犬に食べさせたい食べ物ではないといえるでしょう。…

犬にチョコレートを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にチョコレートを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にチョコレートをあげても大丈夫? 犬は甘い食べ物を好む生き物とされています。 しかし、結論からいうと「犬にチョコレートを与えることはオススメできません」。 人間が食べられるからといって犬にも、とチョコレートを与える行為は場合によっては死を招く可能性があります。 その理由はチョコレートに含まれる成分によって犬がチョコレート中毒と呼ばれる中毒症状に陥るからといわれています。 では具体的に、犬にチョコレートを与える危険性の実態を知っていきましょう。 なぜ、犬にチョコレートを与えてはいけないの? 犬にチョコレートを与えてはいけない大まかな理由を前述しましたが、詳しくはチョコレートの主成分であるカカオに含まれる「テオブロミン」というアルカロイドの一種である成分が中枢神経や心臓へと作用し、犬はこのデオブロミンの代謝が著しく遅いため、時に重篤な中毒症状を引き起こしてしまうことから与えることは推奨できないとされています。 しかし、犬の感受性にも個体差があるため、一口舐めただけで症状が現れるてしまう犬もいれば、それ以上に接種しないと症状が現れない犬もいます。 ですが、基本的に症状の重さ軽さに関係なく、中毒症状に陥るという点で危険に変わりは無いので、チョコレートを与え過ぎることは絶対にしないようにしましょう。 犬がチョコレートを食べるとどんな症状がでる? 犬がチョコレートを食べた場合、どのような症状が出てしまうのでしょうか。 チョコを食べてから何らかの症状が出始めるまで1~4時間といわれており、下記のような症状が見られたらすぐにかかりつけの動物病院へ診療を受けるようにしましょう。 嘔吐(おうと) 下痢(げり) 喘ぎ(あえぎ) 失禁 動悸 神経過敏 興奮 頻脈 心臓のリズム障害 昏睡(こんすい) 痙攣(まひ) など。 デオブロミンは、犬の大脳興奮作用や呼吸の興奮作用を起こすといわれていますが、中でも一番強いとされる症状は心臓の鼓動が激しくなる心悸亢進作用(しんきこうしんさよう)です。 大量に摂取した場合、精神不安状態や、痙攣および最終的には昏睡状態になるなどの中枢神経興奮症状が見られます。また、パンティングや尿失禁が起こる可能性もあるほか、酷い場合は約6~24時間以内に死に至る可能性もあります。 数日間以上の慢性的な接触では、心不全になって死に至ることが多いです。 犬がチョコレートを食べてしまった!危険な量とは? 犬がチョコレートを食べてしまった場合、危険に陥る量とは具体的にどのくらいなのでしょう。 基本的には、犬の体重1㎏あたりにつき100㎎前後のテオブロミンを摂取すると毒性が発生するといわれています。 テオブロミンの含有量はチョコレートの種類によって異なりますが、例えばホワイトチョコレートにはテオブロミンがふくまれておらず、一方でミルクチョコレートや特にブラックチョコレートにはテオブロミンが多く含まれています。 最近では高カカオのチョコレートが数多く販売されてますが、これらは普通のチョコレートの2.5~4倍のテオブロミンが含まれているため、特に注意が必要となります。 チョコレートの種類別にテオブロミンの含まれる量を表にしたので、ご参照ください。 種類 / 分量 テオブロミン含有量 無糖ココアパウダー 大さじ1 142mg 製菓用無糖チョコレート 50g 650mg カカオ70~85%ダークチョコレート 50g 400mg カカオ60~69%ダークチョコレート 50g 316mg カカオ45~59%ダークチョコレート 50g 250mg セミスイートチョコレートチップ(製菓用) 245mg ミルクチョコレート…

ペット保険の待機期間について徹底解説!即日補償は受けられないってホント?ペット保険の豆知識

ペット保険の待機期間を徹底解説!即日補償は受けられないってホント?

ペット保険に加入してもすぐには補償が受けられないということをご存知ですか? 今回は、「明日ペット保険に加入して、すぐに補償が受けられる?」「待機期間ってなに?」というような疑問を抱いている方向けに、待機期間について詳しく説明していきます。 待機期間って何? 待機期間とは保険金が支払われない期間のことを指します。 ペット保険は加入してすぐに補償が開始されるわけではありません。契約成立日から数日間は病気になっても補償されないのです。 ペット保険の申込から補償開始までの流れは以下のとおりです。 ・申込→保険会社で審査→契約成立→待機期間→補償開始 例えば1月1日に申込をしたとします。約2週間ほど保険会社にて審査が行われ、1月15日に契約が成立しました。その後、約1ヶ月の待機期間を経て、2月15日にようやく補償開始となります。 このように、契約が成立してから補償が開始されるまで、一定の期間が必要になるのです。多くの保険は待機期間が約1ヶ月となっています。ケガに関しては待機期間を設けていない保険会社もあります。ガンに関しては、多くの保険会社が比較的長めの待機期間を設けています。約3ヶ月もの待機期間を設定している保険会社もあります。 「ペット保険契約成立後すぐに補償が受けられればいいのに…」と思う方も多いでしょう。では、なぜ待機期間が必要なのでしょうか。 一つ目の理由として挙げられるのが、加入前にかかっていた病気の潜伏期間を考慮するためです。 保険に加入するための条件として、ペットが健康である必要があります。そのため、ペット保険加入前に発症はしていないものの、潜伏している可能性があることを考慮して、待機期間を設けているのです。 二つ目の理由として挙げられるのが、ケガや病気を発症してから保険に加入しようとする人を防ぐためです。 ペット保険は原則として、加入前の病気やケガは補償対象外となっています。 病気やケガを患ってから、保険に加入し、保険金を受け取ろうと不正を行う人を防止するために待機期間というものがあります。 以上の2つがペット保険に待機期間が設けられている理由です。 待機期間がない保険ってあるの? 待機期間がない保険というものは原則として存在しません。 ケガの場合には待機期間がなく、契約成立後すぐに補償が開始される保険もありますが、ごく少数です。また、中には待機期間がないとうたっている保険会社もありますが、それらの保険会社も成立後すぐに補償が開始されるわけではありません(これについては下で詳しく説明します)。したがって、全ての保険に待機期間が設定されていると言えるでしょう。 待機期間の長さは保険会社によってバラツキがあります。中には契約成立から補償期間まで最短で3週間ほどの保険会社もあれば、契約成立から補償期間まで最短で2ヶ月もかかる保険会社もあります。 詳しくは各保険会社のサイト等で確認してみてください。 待機期間の注意点! 待機期間には2つの注意点があります。よく確認しておいてください。 ・申込から補償開始までの期間が決められている 上で、「待機期間がないとうたっている保険会社もあるが、それらの保険会社も成立後すぐに補償が開始されるわけではない」ということを書きました。 これらの保険会社は確かに「待機期間」は設定されていません。これらの保険会社では待機期間が設定されていない代わりに、申込日から何日後に補償が開始されるのかが設定されています。ここに勘違いしやすいポイントが潜んでいるのです。 例えば、申込日から1ヵ月後に補償が開始されると決められているとします。1月1日に申込を行い、1月15日に契約が成立したとします。しかし、補償が開始されるのは2月1日となります。待機期間は定められていないとしても、補償開始が始まるのは契約成立日から約2週間後となってしまうのです。 待機期間がないとしても、結局は待機期間と同じような仕組みになっているということです。 ・待機期間中にも保険料は支払わなければならない 保険金が支払われない待機期間中ですが、保険料は契約成立後から払い始めなければいけません。少し損をしたような気分になるかもしれませんね。 ・待機期間があけてすぐの病気は補償されないことが多い 待機期間中に病気になり、待機期間があけてから病院に行った場合、その病気の治療費は補償対象外になります。 待機期間があけてすぐの病気は、補償開始前に発症した病気と認識され、保険金が支払われないことが多いようです。 保険は早めに加入しよう! 加入してすぐに補償が開始される保険は存在しないという事がわかりました。病気やケガになる前に、できるだけ早くペット保険に加入してリスクに備えておきたいですね。 待機期間が影響してくるのは保険に新規加入した1年目のみです。そのため、ペット保険を選ぶ際は、待機期間の長さよりも補償内容を重視したほうがいいかもしれません。

ペット保険の割引制度はお得?必見!保険料割引の心得ペット保険の豆知識

ペット保険の割引制度はお得?必見!保険料割引の心得

ペット保険に加入しようとした時に、「少しでもお得に加入したい!」と思ったことはありませんか? そこで、ここでは少しでもお得にペット保険の加入できる可能性をお探しの飼い主さん必見の「割引」についてご紹介します! ペット保険の割引とは ペット保険には様々な保険料の割引制度が設けられています。 ものすごく安くなるというものではありませんが、通常加入するよりも多少金額が引かれるので、お得であることには変わりありません。 しかし、全ての保険会社が設けている訳でない上、保険会社によってはプランごとに対応している割引を用意している場合もあるので、加入する際に受けられる割引については確認する必要があります。 どのような割引があるの ペット保険加入時にできる割引、どのようなものがあるのでしょう? 割引制度の種類について紹介していきます! 割引の種類 説明 ネット申し込み割引 インターネットでの契約をすると保険料が割引される制度です。 多くは初年度だけである場合が多いですが、紙媒体での契約より手早く安く行うことができるのでネットが普及し、親しみやすい現代ならではの割引といえるかもしれません。 マイクロチップ割引 ペットショップでペットを購入した場合、既にマイクロチップを入れているということもありますが、マイクロチップを入れていると保険料を割り引いてくれる保険会社は少なくはありません。 マイクロチップがあれば首輪が外れて脱走した際、迷子やケガを負って動けなくなった時などの最後の命綱になることもあるので、マイクロチップを入れておいても損はないでしょう。 多頭割引 加入するペットが二頭目から割引になる割引制度です。 保険会社によっては、二頭とも同じプランに加入していなくてはならないなどの制限がある場合もあるので各社プランの確認が必要になりますが、基本的に複数のペットを通常のプランで加入させるよりはお得といえます。 無事故割引 加入してから保険金の支払いが一定期間無かった場合、翌年の保険料が割り引かれたり、金額が少し返金されることがあります。基本的には支払いなしで継続した場合などに適用されます。 健康割増引 健康診断を年に一度でも受けることで割引を受けることができる場所もあります。 健康に気を遣い、なるべく保険金の支払いを増やさないようにする取り組みです。 福祉割引 飼い主を含めた家族内で障碍者手帳を持っている人がいる場合に、保険料を割り引かれる制度です。 避妊去勢割引 飼っているペットを事前に避妊・去勢手術を受けていた場合に受けられる割引制度です。 生殖器の病気を未然に防ぐことができるほか、多くの保険会社では避妊・去勢の手術に保険が下りることがないのでこういった割引は活用できるでしょう。 予防割引 混合ワクチンを打っている場合に割り引かれる制度です。この制度が無い場合でもワクチンを打っていたら防げた病気は補償の対象外になるケースが多いため、割引の有無関係なく打っておくことをおすすめします。 年払い割引 年間の保険料を一括で支払うことで割り引かれる制です。 月額よりも多少安くなるほか、払い忘れなどを防ぐことができるため、支払いに無理が無い場合はおすすめです。 ◆ペット保険の割引を受けるには? ペット保険の割引を受けるには、基本的に先述した種類の条件を満たしている必要があります。 例えば、「インターネット割引の場合は、インターネットから加入をする」、「多頭割りの場合は2頭以上で加入をする」などの条件を満たした上での加入が必要になるのです。 また、割引される保険料の割合は各社によって違うため、適用された割引によって最終的に支払う金額はどのくらい変わるのかということは抑えておくようにしましょう。 補償内容に加え、支払う費用も材料としておけば、より自分の理想のペット保険比較をして納得のいくものを選ぶ手助けになるはずです。 ペット保険の割引 ここまでペット保険の割引の種類などご紹介してきましたが、具体的にどうお得なのか、またその逆で注意すべき点は何かということも知っておきたいですね。 ペット保険の割引のメリットと注意点について触れていきましょう。 メリット ただ加入をするだけの場合よりも、割引を付けて加入をした方が支払う金額は断然少なくて済みます。 また、割引にも前述通り様々な種類があるので、全ての保険会社に紹介した割引制度が該当する訳ではありません。しかし、去勢・避妊手術などの住んでいる市町村次第では受けることを求められる場合のある手術が適用される割引制度や、インターネット割りのような比較的割引を受けやすいものもあるため、加入の際に割引が1つもできないという状況にはなりづらいでしょう。 注意点 様々な割引制度を設けているペット保険は、割引される金額も大きくなることが多いので一見お得だと思いがちですが、実は基本料金が少し高めに設定されているという可能性もあります。 その場合は、他の保険会社と比較してみることも大切で、A社の割引前の金額とB者の割引後の金額は同じかどうかなどの金額の違いだけでなく、一番大切な補償の内容もきちんと確認しておく必要があるので注意して確認しましょう。 また、金額が安くても補償の内容がおざなりになってしまうと本末転倒となってしまいますので、きちんと補償内容を確認し、望む内容であるかも判断した上で適用されて割引される最終的な金額を検討するとよいでしょう。 まとめ ここまでペット保険の割引について紹介をしてきましたが、一度おさらいしておきましょう。 ペット保険の割引とは ペット保険を加入する際、特定の条件を満たしていた場合に適応される割引制度のことです。 どのような割引があるの…

ペット保険の豆知識

ペット保険の免責って何?免責事項と免責金額と免責期間を解説!

ペット保険を調べていると「免責」という言葉を目にすることがありますよね。聞きなれない言葉かも知れませんが、「免責」はペット保険の補償内容でとても重要なポイントとなってきます。しっかりと理解しておきましょう。 ペット保険の免責って何? 免責とは、簡単に言うと、「保険金が支払われない条件」のことです。 免責は大きく分けて3種類に分類されます。「免責事項」、「免責金額」、「免責期間(待機期間)」です。 以下でそれぞれについて詳しく説明していきます。 免責事項 免責事項とは、特定の理由・原因による物事に対して保険金を支払わないというものです。つまり、この免責事項に当てはまったものは全額自己負担ということになります。 免責事項の具体例は以下の通りです。しかし、以下で示すものはあくまでも例です。保険会社によって免責事項が異なりますので、詳細は保険会社の資料等で確認してください。 飼い主および家族による影響にて発生した疾病・傷病 飼い主や家族の故意または重大な過失が原因となって生じた傷病、餌や水を与えないために生じた傷病、動物愛護および管理に関する法律・法令に反する不適切な飼育により生じた傷病など。 自然災害およびその影響下のもとで発生した災害、人災、政変・事変により発生した傷病 地震や津波などの自然災害が原因の傷病、核燃料物質などの放射性・爆発性などにより生じた傷病など。 妊娠や出産に関わるもの 避妊や去勢を目的とした手術、妊娠や出産時における処置や手術、繁殖に関する費用など。 予防や検査の費用 往診、滞在診療、早朝・夜間・休日などの時間外診療、予約外診療費用、医薬品処方のみの診療(医薬品を配達する場合、当該料金も含む)、カウンセリングおよび相談・指導、紹介料、保険金請求に必要な文書作成(電話・郵便などの通信費も含む)、ペットの移送費・保管費・宿泊費、飼い主・家族など受診時に付き添った方の交通費など付随する費用、ペットの介助・介護にかかる費用など。 予防やそのほかの処置 予防注射(ワクチン接種など)、ノミ・マダニの駆虫、人工透析、健康診断、外部専門機関における検査、解剖検査、安楽死、遺体処置、マイクロチップ埋込、耳掃除、爪切りなど。 ワクチン接種で予防可能な病気 狂犬病・アデノウイルス・コロナウイルス・ジステンパー・パラインフルエンザ・フィラリア・レプトスピラ・パルボウイルス・猫汎白血球減少ウイルス(猫パルボウイルス)・猫カリシウイルス・猫ウイルス性鼻気管炎など。 健康食品や医薬部外品 療法食、健康食品、サプリメント・ビタミン剤などの栄養補助食品、自宅にて使用するシャンプー剤・イヤークリーナー・スキンコンディショナーなど。 代替的措置による医療行為 中国医学(漢方・鍼灸など)、インド医学、温泉療法、酸素療法、免疫療法、理学療法、アロマセラピー、ハーブ療法など。 遺伝性・先天性異常による発達異常を原因とする傷病 ウォブラー症候群(椎骨、靭帯の変形に伴う頚髄の圧迫)、肘関節形成不全、股関節形成不全、レッグペルテス病(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼(パテラ)・股関節脱臼・膝関節脱臼、眼瞼外反、眼瞼内反、進行性網膜萎縮、動脈管開存症など。(※保険会社によっては、保険加入後に初めて発症した場合のみ補償対象となることがありますので、詳しくは保険会社の資料等で確認してみてください。) 「遺伝性・先天性異常による発達異常を原因とする傷病」については、保険会社によって大きく差があります。気になることがある際は、資料でしっかり確認しましょう。 また、持病や先天性疾患があると保険自体に加入できなくなることがあります。その点に関しては以下の記事を参考にしてみてください。 持病・既往症や治療中の病気があってもペット保険に加入できる? 免責金額 免責金額とは、補償対象の病気やケガであっても、必ず自己負担しなければならない一定金額のことです。 例えば、免責金額が2万円の場合、治療費が2万円未満だった際には保険金が支払われません。全額自己負担ということになります。 免責金額の計算方法には2種類あります。どちらの計算方法をとっているかで自己負担額が変わってきますので、必ず確認しておきましょう。 ①免責金額を超えると、治療費の全額が補償対象になる場合  条件:補償割合70%、免責金額2万円、治療費4万円  4万円×70%=28,000円が保険金として返金される。 ②免責金額を超えた分の治療費のみ補償対象となる場合  条件:補償割合70%、免責金額2万円、治療費4万円  (4万円-2万円)×70%=14,000円が保険金として返金される。 同じ補償割合、免責金額だとしても、保険金はこのように変わってきます。ペット保険会社のサイトなどで詳細を確認しましょう。 免責期間(待機期間) 免責期間はペット保険業界においては待機期間と呼ばれています。待機期間とは保険金が支払われない期間のことを指します。 ペット保険は加入してすぐに補償が開始されるわけではありません。契約成立日から数日間は病気になっても補償されないのです。 例えば、1月1日に契約が成立したとします。その後、1ヶ月間の待機期間があり、2月1日から補償開始となります。2月1日以前に患った病気は補償されません。 この待機期間の長さは保険会社によって変わってきます。保険会社の資料などで確認しましょう。 免責なしの保険ってある? 免責があると保険金が支払われなくなってしまうので困りますよね。では、免責事項や免責金額、免責期間(待機期間)がない保険というものはあるのでしょうか。 まず、免責事項についてです。 残念ながら免責事項がない保険というものはありません。すべての保険会社で免責事項は定められています。 次に、免責金額についてです。 免責金額のない保険はあります。保険会社によっては全てのプランで免責金額が設定されていることもありますが、補償割合の高いプランにのみ免責金額が設定されていることが多いです。また、全てのプランにおいて免責金額を設けていない保険会社もあります。 最後に免責期間(待機期間)についてです。 免責期間(待機期間)のない保険というものは原則として存在しません。ただ、ケガに関しては保険契約成立日から補償が受けられることがあります。 免責期間(待機期間)が影響してくるのは保険に新規加入した1年目のみです。そのため、免責期間(待機期間)自体が大きなデメリットになるとは考えにくいと言えるでしょう。 免責金額がある保険の特徴!…

犬のワクチン予防接種を解説!種類・値段・時期はどうする?犬の感染症の病気

犬のワクチン予防接種を解説!種類・値段・時期はどうする?

犬のワクチンってなに? 犬が病気に感染するのは、ウイルスや細菌などの病原体が体内に侵入して増殖するためです。 感染症にかかると体の中で抗体が作られ、外部から新たに侵入してきた異物の病原体を攻撃します。この仕組みは免疫と呼ばれます。ワクチンは、この免疫の仕組みを活用します。 通常、抗体が体内に作られるためには、その病気に一度かかる必要があります。しかし、抗体を作るためといっても、意図的に病気にかかってしまっては本末転倒です。わざと病気にかかって、愛犬が苦しむ姿は見たくありませんよね。 そのため、ワクチンが活用されます。 体内にワクチン接種することで、ウイルスや細菌といった病原体に対する免疫を作り出します。つまり、実際に病気にならなくても、体内に抗体を作ることができます。これが病気に対する抵抗力となり、病気になりにくくなるのです。また病気になってしまったとしても、軽症で済むこともメリットです。 ただし、ワクチン接種をすると必ず病気を避けられるというわけではないので、絶対に安心というわけではないところにだけ注意しておきましょう。 犬のワクチンって本当に必要なの? 子犬は生まれてすぐに母犬の母乳を飲みますが、その母乳を通して、母犬が持っている免疫力が子犬に引き継がれます。ところが、その効果はほんの2~3カ月ほどしか続きません。その後は免疫力が薄れ、病気にかかりやすくなってしまいます。 子犬の状態からワクチン接種していくことで、病気にかかりにくくなり、長生きする可能性が高くなります。人と比較すると、ただでさえ寿命が短い犬です。愛犬とは長く楽しく過ごしていきたいですよね。そこでワクチンについて学んでいきましょう。ワクチン接種を検討する手助けになれば幸いです。 犬のワクチンって何種類あるの? 犬のワクチンは、狂犬病ワクチンと混合ワクチンの2種類に分けられます。 狂犬病ワクチン 狂犬病は脂肪率がほぼ100%の恐ろしい感染症です。人獣共通感染症のひとつで、犬から人へ感染することもあります。 日本では年に1度の狂犬病ワクチンの接種が法律により義務付けられています。そのため、1956年以降は狂犬病の発症が確認されていません。ですが、海外からのペット輸入などを通して、いつ日本国内で発生するか分からないため、今後も接種を継続することが重要です。 混合ワクチン 混合ワクチンは、対応する感染症の数によって下記の9種類存在しています。 犬ジステンパー 犬パルボウイルス感染症 ここまでが2種混合ワクチンです。 犬アデノウイルスⅠ型感染症 犬アデノウイルスⅡ型感染症 犬パラインフルエンザ ここまでが5種混合ワクチンです。 犬コロナウイルス感染症 ここまでが6種混合ワクチンです。 犬レプトスピラ病黄疸出血型 犬レプトスピラ病カニコーラ型 犬レプトスピラ病へブドマディス ここまでが9種混合ワクチンです。レプトスピラは狂犬病と同じく、人獣共通感染症のひとつで、人にも感染する病気です。野生動物が感染源となり、命に関わる重度な症状を引き起こすことがあります。 死に至ることがあり、感染しやすい、人獣共通感染症であるなどの恐ろしい病気に対するワクチンは「コアワクチン」と呼ばれます。コアワクチンは、犬の居住環境に関わらず、全ての犬が接種すべきと言われているワクチンです。具体的には、ジステンパーウイルス、アデノウイルス、パルボウイルスⅠ型・Ⅱ型、狂犬病ウイルスに対するワクチンです。 これらのウイルスが起因する病気を防ぐためにも、コアワクチンの接種は検討していきましょう。 犬のワクチンで予防できる病気 ワクチンで予防できる病気はこちらです。どれも恐ろしい病気ですので、ワクチン接種を検討するようにしましょう。 狂犬病 犬ジステンパー 犬パルボウイルス感染症 犬伝染性肝炎 犬コロナウイルス感染症 ケンネルコフ レプトスピラ感染症 犬のワクチン接種時期・間隔・回数 ワクチン接種の時期はいつがいいのか。どのくらいの感覚で接種すればよいのか。何回接種すればよいのか。 そのような疑問が生じていると思います。ここでは、一般的な接種時期などをご紹介します。 ただしワクチン接種の最適な時期・間隔・回数には様々な議論があるので、獣医師の先生と相談の上、決めるようにしてください。 犬のワクチン接種の時期は?子犬はいつ受ければよい? 世界小動物獣医師会(WSAVA)が定めているワクチンガイドラインというものがあります。基本的にはそこに記載されている時期に沿って、ワクチン接種されることが多いです。 1回目の接種:生後8週間後 2回目の接種:生後12週間後 3回目の接種:生後16週間後 4回目の接種:3回目の接種から1年後 これは犬の体内で生成される抗体の変化に合わせて、最適だと考えられている接種タイミングです。子犬には、このスケジュールに沿って、接種することを検討しましょう。 ワクチン接種の間隔・回数は?毎年受ける必要があるの? 5回目以降の接種については、1年に1回の間隔が基本といわれています。ところが、海外では3年に1回が適しているとの議論も生まれてきており、頻繁に接種することの問題点も挙げられ始めています。 日本と海外では、飼育環境やワクチン接種率などがことなるため、単純比較できないとの声もあります。また近年では、犬の体内にある抗体が残っているかを調べてから、ワクチン接種を検討できる動物病院も出てきています。すでに体内に抗体があれば、新たにワクチンを打つ必要はないという考え方です。…

ペットの健康診断は必要?ペット保険加入のギモン解説!ペット保険の豆知識

ペットの健康診断は必要?ペット保険加入のギモン解説!

ペット保険に加入している方も、これから加入を考えている方もペットの「健康診断」について一度は考えたことがある、もしくは受けようと考えているのではないでしょうか。 ここでは、ペットの健康診断について紹介をしていきたいと思います! ペットの健康診断 ペットにも人間同様に健康診断があり、先進国アメリカではかかりつけの動物病院に、健康診断をお願いするのはごく当たり前の習慣で、日本でも徐々にその習慣が浸透しつつあります。 主な診断項目には「身体検査」や「血液検査」、「心電図」などがあり、「簡易検査」「一般検査」「精密検査」のような3段階に分けられた検査を行えるケースもあるようです。 健康診断は動物病院で受けることができるので、愛犬や愛猫にとってどの検査を受けることが望ましいか、かかりつけの動物病院とよく相談して決めるようにしましょう。 健康診断書がないとペット保険に入れない? 将来、ペットが万が一のケガや病気をした時に備えてペット保険の加入を考える方は多いかと思いますが、加入時に保険会社に告知しなくてはならない重要事項として「ペットの健康状態」があります。 この時、ペットの健康状態を正確に保険会社に伝える手段の1つとして、健康診断書があるとスムーズに保険加入の手続きを済ませることができるので、出来れば事前に診断をしておきたいですね。 また、ペット保険加入時に健康診断書を提出することは、全ての保険会社に義務づけられているわけではありませんが、中には提出を義務付けている保険会社もあるため、加入したい保険会社の要項をよく読み、可能な限り加入前に健康診断を済ませ、健康診断書を発行した状態での加入手続きをすることをおすすめします。 健康診断はペット保険の補償対象? ペット保険の加入時に健康診断書があれば加入がスムーズに行いやすくなるとご紹介しましたが、はたして加入前に受けた健康診断の費用はペット保険の補償の対象になるのでしょうか。 基本的にはどこのペット保険会社の補償プランでも、健康体のペットに行われた健康診断などの検査はペット保険の補償対象外となり、かかった費用は支払われることはありません。 また、健康診断後に症状や原因、または診断名が確定した場合も、その検査費用は補償の対象外となります。 しかし、検査後に判明した傷病に対して、追加で行う検査や治療は補償対象となる場合がありますので、加入する保険会社の補償の内容をよく読んで確認をしましょう。 ペットの健康診断の費用はどのくらい? ペットの健康診断とそれ際して発行してもらえる健康診断書の活用できる場を少しずつでも把握できましたでしょうか? 次はいざ健康診断を行うにあたり、どのくらいの費用が掛かるのか具体的な金額を例にご紹介していきます。 ◆犬の場合 犬の健康診断の一般的な検査と内容、費用は下記になります。 検査の項目 検査の内容 平均金額 基本身体検査 肥満度、心音の雑音、皮膚の炎症、リンパ節・関節の異常、耳垢、歯肉炎・歯石付着 などの確認・発見 - 便検査 消化管の炎症や原虫類・寄生虫の卵・細菌の有無 約700円 尿検査 腎臓機能、尿路のチェック 採尿:約1,0000円、検査:約1,500円 血液一般検査 赤血球などの量を量り正常値と比べて病気を早期発見 採血:約700円、CBC1:約,800円 血液生化科検査 血中のたんぱく質、糖質の量から内臓の状態を診る 約5,000円 レントゲン検査 骨・関節の状態、臓器の大きさ・形、腹水・胸水の有無、消化器内の異物 約3,500円 心電図 不整脈などの異常を診ることで心臓病などの病気を発見 約2,500円 胸部エコー検査 心臓の状態観察 約3,700円 腹部エコー検査 腹部の臓器全般の状態観察 約3,000円 上記が犬の一般的な検査とその内容、そして費用になります。 診断の内容によっては、精密検査が必要になる場合もありますが、ある部位に特化した検診(心臓や眼など)ではより正確な診断が期待できるでしょう。 また、一般的な健診とは別に「ドッグドック」を実施している病院もあり、人間ドックと同様に、健診の全項目を詳細に行ってくれるものになりますが、完全予約制で朝から夕方まで半日かかり、当日朝は絶食と人間のもの同様に本格的になります。 なお、健康診断(1日ドック)全体の平均金額は約14,000円ほどですが、受ける際は予め複数の病院に問い合わせて検査内容や費用を尋ねておくようにしましょう。…

ペット保険の豆知識

ペット保険の補償内容解説!補償割合と補償範囲って?初心者必見!

「ペット保険に加入したいけど、どのような補償を受けられるのかよく分からない。」「プランが色々あるけど、どう違うの?」「ペット保険の選び方が分からない。」といった疑問を抱くペット保険初心者の方が多いのではないでしょうか。 そのような方々のために、ペット保険の補償内容について詳しく解説していきたいと思います。 ペット保険は何を補償してくれるの? ペット保険とは、ペットが「病気」と「ケガ」をした時の治療費を補償してくれるものです。 つまり、動物病院で治療を受けた際、治療費の一定割合を保険金として受け取ることができるというものです。 何%の治療費が返金されるかは、加入した保険プランによって変わってきます。 補償割合ってなに?50%プラン・70%プランって? ペット保険会社のサイトを見てみると「50%プラン」や「70%プラン」などの文字を目にすることが多いですよね。これらの数字は補償割合を表しています。 プラン名に数字が入っていない保険会社もありますが、その場合は「補償割合」という項目を見ればパーセンテージが書いてあると思います。 補償割合は50%や70%が一般的ですが、中には90%や100%といった、高い補償割合のものもあります。 では、補償割合とは一体何なのでしょうか。 「補償割合」とは、動物病院でかかった治療費のうち、何%が保険金としてかえってくるのかを示す数字です。 例えば骨折で15万円の治療費がかかった場合、 50%補償プラン (15万円×50%=)75,000円が保険金として返金される。 70%補償プラン (15万円×70%=)105,000円が保険金として返金される。 90%補償プラン (15万円×90%=)135,000円が保険金として返金される。 このように補償割合によって、受け取れる保険金の金額が変わってきます。 「受け取れる金額が多いなら、補償割合が高いプランを選んだほうがいいじゃん!」と思った方もいるでしょう。 しかし、補償割合が高くなると、その分月々の保険料は割高になっていきます。そのため、補償割合と保険料のバランスが重要になってくるのです。 「手術」「入院」「通院」どこまでが補償範囲? ペット保険はペットの「病気」と「ケガ」の治療費を補償してくれるものだということは上でも述べました。では「手術」「入院」「通院」のどこまでを補償してくれるのでしょうか。 答えは、「保険のプランによって変わってくる」ということになります。 ペット保険には主に手術、入院、通院の全てを補償してくれる保険と、手術を重点的に補償してくれる保険、通院を重点的に補償してくれる保険があります。 手術、入院、通院の全てを補償してくれる保険 一番スタンダードなのが、このフルカバータイプの保険です。補償範囲が最も広いプランとなっています。「全てを補償してくれる保険じゃないと不安だ!」と思う方にはおすすめの保険です。 手術を重点的に補償してくれる保険 頻度は少ないが一回あたりの治療費が高い「手術」を重点的に補償するタイプの保険です。 手術に伴う入院も補償してくれるタイプがあります。 通院は補償対象外となっているため、通院治療費が高額になるような慢性疾患を患ってしまうと少し大変かもしれません。 詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。 手術のみ対応ペット保険を徹底比較!手術特化型保険はおすすめ? 通院を重点的に補償してくれる保険 一回あたりの治療費は安いが、頻度の多い「通院」を重点的に補償するタイプの保険です。 保険金請求の約9割が通院による治療費だといわれていることから、通院の頻度は手術などに比べると多いことが分かります。そのため通院補償は重要です。その点を考慮すると通院重視型の保険はとても魅力的です。 しかし、一回あたりの治療がかなり高額になる手術は補償対象外であるため、もしも手術が必要になったときには全額自己負担する必要があります。 詳しくはこちらの記事を参考にしてみてください。 通院のみ補償するペット保険!通院補償の重要性って? 手術を重点的に補償してくれる保険と通院を重点的に補償してくれる保険は、全てを補償するフルカバータイプの保険と比べて月々の保険料が安くなっています。補償範囲が狭くなる分、保険料が安くなるということです。 それぞれのプランにメリット・デメリットがあります。自分の納得のいく保険を選べるよう、さまざまな視点で比較検討を行ってみてください。 注意が必要!補償対象外になるのもの! ペット保険には補償対象外となるものがあります。保険に入ってから「保険金がもらえないなんて知らなかった!」とならないためにも、しっかり確認しておく必要があります。 以下で補償対象外となる具体例を紹介していきます。しかし、以下で示すものはあくまでも例です。補償対象外となるものは保険会社によって異なりますので、詳細は保険会社の資料等で確認してください。 飼い主および家族による影響にて発生した疾病・傷病 飼い主や家族の故意または重大な過失が原因となって生じた傷病、餌や水を与えないために生じた傷病、動物愛護および管理に関する法律・法令に反する不適切な飼育により生じた傷病など。 自然災害およびその影響下のもとで発生した災害、人災、政変・事変により発生した傷病 地震や津波などの自然災害が原因の傷病、核燃料物質などの放射性・爆発性などにより生じた傷病など。 妊娠や出産に関わるもの 避妊や去勢を目的とした手術、妊娠や出産時における処置や手術、繁殖に関する費用など。 予防や検査の費用 往診、滞在診療、早朝・夜間・休日などの時間外診療、予約外診療費用、医薬品処方のみの診療(医薬品を配達する場合、当該料金も含む)、カウンセリングおよび相談・指導、紹介料、保険金請求に必要な文書作成(電話・郵便などの通信費も含む)、ペットの移送費・保管費・宿泊費、飼い主・家族など受診時に付き添った方の交通費など付随する費用、ペットの介助・介護にかかる費用など。 予防やそのほかの処置 予防注射(ワクチン接種など)、ノミ・マダニの駆虫、人工透析、健康診断、外部専門機関における検査、解剖検査、安楽死、遺体処置、マイクロチップ埋込、耳掃除、爪切りなど。…

ペット保険の特約?人気のペット賠償責任特約など紹介!ペット保険の豆知識

ペット保険の特約?人気のペット賠償責任特約など紹介!

ペット保険に加入しようと考え、いざ補償内容を確認してみると説明の中に「特約」という文字を見つけて首を傾げたことはありませんか? ここではペット保険に関する「特約」についてご紹介していきます! ペット保険の特約とは ペット保険の特約とは、簡単に説明するとペット保険に付属する、またはさせることの出来るオプションです。 保険の主な補償(入院・手術・通院)の補償以外の部分で何かお金のかかる補助を受けたい時に付けられるもので、1か月あたりおよそ数百円ほどで付与することができる場合があります。(支払い方法はペット保険各社の方法に基づくため年間の支払いの場合と月間での支払いの場合があります。) 保険会社によって特約の種類や内容は異なりますが、基本的には同じような内容も多く、中には一部の会社しか取り扱いのない特殊な特約もあるので、加入前に確認しておきたい項目の1つでもあります。 どのような種類があるのか では、具体的にどのような特約があるのでしょう? 一般的な保険会社が用意している特約の種類の例にご紹介します。 特約の種類 特約の説明 メリット ペット賠償責任特約 他人や物に損害を与えるなど、法律上の賠償責任が生じたときに所定の保険金が支払われます。 保険によっては1,000万円単位まで補償されることもあり、保険料の上乗せ金額も大体年1,000円程で済みます。 高度後遺障害保険金特約 (ペット用車イス費用特約) 病気や事故などで生じた障害によってペット用車椅子などの移動補助器具を購入した際、所定の保険金が支払われます。 一般的なペット用車イスならばほぼ5万円以内に収まるので、受け取る保険料とほぼ同額で補助器具購入費用をカバーできます。 葬祭保険金特約 (セレモニー費用特約、火葬費用特約) ペットが死亡して火葬や埋葬をしたり、供養のための仏具を購入した際に所定の保険金が支払われます。 保険金の上限は大体3万円前後が相場となるので、一般的な葬儀などにかかる費用1万円台をカバーできます。 診断書費用保険金特約 保険金を請求するために診断書の作成をする費用がかかった際、所定の金額の保険金が支払われます。 保険金の請求に伴い、診断書の発行はほぼ確実に必要になるため金額をカバーできます。 ガン手術保険金特約 ガンで手術を受けた際、通常の手術給付金に上乗せする形で決められた金額の保険金が支払われます。 全ての保険がガンに対応している訳ではないため、その穴を埋めることができます。 ※保険会社によって用意されている特約やその内容は異なります。 . 上記以外にも、各保険会社特有の特約を設けていることもあるので是非契約前に確認をしてみてください。 ペット保険の特約の付与方法 基本的には補償プランの中に既に付与されているか、加入の際に選んだプランに自分で付与することが可能です。 大概は付与の際に月額、または年額を払う形で付与できますが、保険会社のプランによっては補償プランの月額や年額の中にその特約の金額が含まれているという場所もあるので、確認が必要となります。 また、加入時に自動で付与される場合もあるようです。 特約は必ずつけた方が良いのか? 必ずつけるべきかというと、必ずはつける必要はありません。 基本的には加入する保険の補償プランの内容を重視し、必要だと思えば付与するような形で良いと思います。 しかし、オプションとして補償内容に対し痒いところに手が届く内容が多いのは事実ですし、ペット保険自体も将来的に起こるかもしれない病気やケガへの保証として入るものなので、特約は付けておいて損はないといえます。 特に、ペット賠償責任特約などは各社で人気が高く、ペットが誰かをケガさせたり物を壊すなどの損害が起きてしまった際の補償としては非常に良い内容になっていることが多いのでオススメではあります。 しかし、補償の内容に満足しており、特に付与する必要が無いと感じている場合や見積り金額が予算額よりも上回ってしまうために厳しいという場合は、あくまで備えたい不安に対する付属の補償なので必要だと感じたならば付けるようにしましょう。 まとめ ここまで特約について紹介をしてきましたが、改めて内容をおさらいしていきましょう。 ペット保険の特約とは ペット保険の特約とは、簡単に説明するとペット保険に付属する、またはさせることの出来るオプションのことです。 どのような種類があるのか 一般的な保険会社にある特約の種類としては、 ペット賠償責任特約 高度後遺障害保険金特約(ペット用車イス費用特約) 葬祭保険金特約(セレモニー費用特約、火葬費用特約) 診断書費用保険金特約 ガン手術保険金特約 などがあります。 ペット保険の特約の付与方法…

ペット保険に告知義務?加入に必要なことを知ろう!ペット保険の豆知識

ペット保険に告知義務?加入に必要なことを知ろう!

ペット保険に加入しようと思い、いざ申請の準備を進めていくと様々な必要項目の入力や記入が必要になってきますよね。 ここでは申請の際に必要になる、ある項目について紹介していきたいと思います! ペット保険の加入に必要なこと ペット保険への加入手続きを進める際、愛犬愛猫の名前や種類など、様々な項目を記入していきますね。 これらは「告知」といわれ、どのペット保険に加入する際にも必要になる工程になります。 これら告知事項は、ペット保険に加入する際に必ず必要になる事項であり、加入者は保険会社にこれらの情報について告知をする義務があります。 では、告知する義務とはどのようなものなのでしょうか? 次の項目で告知義務について説明をしていきたいと思います。 ペット保険の告知義務とは 告知義務とは、保険加入者が保険契約を結ぶ際に保険会社に対して事実を隠すことなく告げなくてはならない義務のことをいいます。 加入の際には必ず必要になるため、避けては通れない道ですが、ここからは告知義務については紹介していきます。 告知義務が必要な理由 いくら必要であると言われても、その重要性は聞いただけではイマイチイメージしづらいですよね。 何故、加入するにあたってペットの情報を詳しく深刻しなくてはならないのでしょうか。 ペット保険とは人間の保険と同様に、加入者が出し合った保険料でお互いを扶助する制度になります。 そのため、「健康状態が悪い」「病気で弱っている」「高齢で病気にかかりやすい」といったペットも保険に加入できるようにしてしまうと、加入者間で公平性を保つことができなくなり、保険としての制度が成り立たなくなってしまいます。 保険会社は保険金の支払いが増えることで最悪破綻してしまうことも…。 ペット保険はあくまで、健康なペットが将来的に万が一の病気やケガに備えるために加入するものであり、このような不公平を防ぐ為にも、加入者が契約を行う際に、ペットの健康状態や過去の病歴などを正確に申告することを求められています。 告知義務を怠ると…? 義務化されるほどなので、正確に申告をする必要があります。 では、もし虚偽の内容や違う内容について告知をしてしまった場合はどうなるのでしょうか。 誤った内容や嘘の内容を告知した場合、「契約の解除」や「保険金の支払いが行われない」という可能性が発生するようです。 例え悪気が無くても、告知内容に相違が生じた場合はこのようなことになることがあるため、保険加入時には告知事項を確認し、事実に沿って正しく答えるようにしましょう。 嘘の告知を行った場合ですが、保険会社によっては直接動物病院に問い合わせをして確認をすることもあるようなので、後々に嘘がバレてしまうことを考えると最初から正直に伝える方が賢明でしょう。 また、告知義務違反を避けるためにペット保険の会社によっては加入時に獣医師の診断書の提出を義務付けているところもあります。 一定の年齢までは必要が無くても、ある年齢を超えると獣医師の発行する診断書の提出が必要になる場合があるので、獣医師の診断書の提出の必要性の有無についても加入前に確認するようにしましょう。 ペット保険の告知する内容 告知義務の事項はどのようなものなのがあるのでしょうか。 内容について確認していきましょう。 主な申告内容 加入の際に告知する事項は、契約する保険会社によって異なりますが、申し込んだ時点でのペットの健康状態や病気の既往歴などは主に確認されます。 また、具体的な告知事項の例は下記になります。 【ペットの基本情報】 ペットの生年月日 ペットの体重 ペットの種類(大型犬・中型犬・小型犬・猫) ペットの品種 【ペットの健康状態や病歴・他のペット保険加入状況など】 混合ワクチンの接種状況 他社ペット保険の契約状況 既往症(これまでに患った病気について) 過去3ヶ月以内に病気やケガで治療を受けた内容(傷病名・治療内容・治療期間・動物病院名) 上記項目はあくまで例なので、全ての保険会社で確認される内容ではありませんし、場合によってはもっと記入内容が少ない会社や逆に記入内容が多いという保険会社もあります。 告知対象期間はいつから? 告知をしなくてはならない病気やケガの時期は、その種類によって異なります。保険自体への加入ができないような重篤な病気については、時期を問わずこれまでに一度でもかかったことがあれば告知しなければなりません。直近に症状がなくても、先天性異常や既往歴と判断されて契約に支障が出ることもあります。この点が、人間を対象にした保険とは大きく異なってきます。 これに対し、特定の病気や部位にのみ補償の対象外とするような病気・ケガの一部は、過去3ヵ月から6ヵ月以内に限って、該当したかどうか問われるものもあります。ただし、ペット保険は1年更新なので、加入の際に補償から外された病気やケガがあっても、更新するときに完治していれば、再告知をすることで補償対象になる可能性もあります。ダメだったからと諦めず、申請をして確認をしましょう。 加入できない可能性がある病気 加入できない可能性がある病気やケガについて、多くの保険会社は審査基準を公表していません。 ただ、一般的に次の病気やケガにかかったことがある場合、契約が難しいようです。 悪性腫瘍(がん) 糖尿病 肝硬変 甲状腺疾患 脳・神経疾患 フィラリア感染症…

ペット保険の豆知識

通院のみ補償するペット保険!通院補償の重要性って?

ペット保険には通院を重点的に補償してくれる通院重視型プランというものがあります。 今回は、通院重視型ペット保険のメリット・デメリットや通院補償の重要性を確認していきたいと思います。 ペット保険にはどのような種類があるの? ペット保険には4種類の区分けがあるということをご存知ですか? 「医療保険」、「手術保険」、「通院保険」、「損害保険」といった種類があります。それぞれどのような違いがあるのか比較してみましょう。 医療保険 補償対象 病気・ケガによる通院、入院、手術 特徴 スタンダードであり、もっとも補償範囲が広いタイプの保険です。補償範囲が広いので、他の保険よりは保険料が高くなります。 手術保険 補償対象 病気・ケガによる手術(に伴う入院) 特徴 手術のみを補償する保険です。なかには手術に伴う入院までを補償することもあります。医療保険よりは安いです。 通院保険 補償対象 病気・ケガによる通院 特徴 通院のみを補償する保険です。医療保険よりは安いです。 損害保険 補償対象 ケガによる通院、入院、手術 特徴 ケガによる通院、入院、手術のみを補償する保険です。病気に関しては補償対象外です。医療保険よりは安いです。 そもそも通院費用っていくらかかるの? 通院保険が重点的に補償してくれる通院費用ですが、通院費用は具体的にどのくらいかかるのでしょうか。以下では「通院でかかる治療費ってどれくらいなんだろう?」と思う方のために、犬・猫がかかりやすい病気・ケガの通院治療費を紹介します。 ・異物誤飲 5~10万円 ・下痢 2~10万円 ・外耳炎 4~20万円 ・皮膚炎 4~25万円 ・嘔吐 2~15万円 ・膀胱炎 5~15万円 ・骨折 10~20万円 以上が通院での治療費の具体例となっています。想像よりも高いと感じる方が多いのではないでしょうか。通院1回あたりの治療費は平均で8,000円ほどですが、完治まで何回も通う必要があるので高額になってしまうのです。 症状が重い場合、通院回数が増えるため上記の金額よりも高額になってしまったという経験者の方もいます。 通院重視型ペット保険のメリット・デメリットって? 高額になる可能性のある通院費用を重点的に補償してくれるのは、飼い主さんからしたらとても安心ですよね。 しかし、通院重視型ペット保険にはデメリットも存在します。メリット・デメリットのそれぞれを見比べていきましょう。 メリット 保険料が安い 手術が補償対象外となっているため保険料が安くなっています。 最も利用頻度の高い通院を手厚く補償してくれる 保険金の請求は約90%が通院によるものだというデータがあります。それほど通院の頻度は高いのです。 手術費用は1日あたり10万円以上しますが、それほど頻繁に手術するわけではありません。一方で、通院費用は1日あたり平均8,000円ほどとなっていますが、複数回通う必要があります。 例えば、慢性疾患によって週に1回、1年間通院した場合 8,000円×48日=384,000円 一日あたりの通院費用は安いですが、1年間通った場合には40万円近くなるという、かなり高額な治療費になることがあるのです。 このように高額になる通院費用を重点的に補償してくれるのは大きなメリットだと言えます。 デメリット 手術が補償対象外である 手術は、頻度は高くないにしても、1回あたりの治療費がかなり莫大になります。 ・ガン 約3~30万円 ・白内障 約20~30万円 ・胃腸炎 約10~20万円…

多頭飼いでペット保険は難しい?知りたい多頭飼いのペット保険加入策!ペット保険の豆知識

多頭飼いでペット保険は難しい?知りたい多頭飼いのペット保険加入策!

多頭飼いという言葉は聞いたことがあるという方や、これから多頭飼いをしてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 ここでは多頭飼いとそのペット保険について紹介していきたいと思います! 多頭飼いとは 多頭飼い(多頭飼育)とは、文字通り複数の生き物を同時に飼育することをいい、昨今、留守番が多い家庭では愛犬や愛猫が1頭だけでは寂しいかと思い2頭目の購入を決める飼い主さんも多くいるといわれています。 もうすでに多頭飼いをされている方もいらっしゃると思いますが、これから多頭飼いをしてみたいと検討している方に多頭飼いの良い点と注意したい点について触れていきたいと思います。 多頭飼いの良い点 多頭飼いをする上で良いといえる点を紹介すると、年の近い犬同士の場合は留守番の間お互いが遊び相手になれるので運動不足やストレスの解消に繋がるという点があります。 また、先輩犬がしつけやトイレトレーニングをきちんとこなせている場合は、後輩犬が自然にトイレトレーニングをこなせるようになることもあるようです。 ほかの犬との接点が多い生活は社会性を学ぶ良い機会になるため、子犬の内から多頭飼いをすれば社会性のある付き合いやすい犬への成長が期待できるでしょう。 ただし、後輩犬と先輩犬の順列はきちんと守ることが大切になりますので、先輩犬を立たせた上でお世話をしてあげるようにするのが大切になります。 多頭飼いの注意する点 犬を飼うと1頭でも結構な金額がかかります。餌代やシーツ代、狂犬病などのワクチン摂取やフィラリアなどの定期的にかかる費用などを含めると結構な金額になりますし、もし病気やケガをした場合はもっと高額なお金がかかるとういことも念頭に入れておく必要があります。 また、世話をする生き物が増えるので単純に餌の用意、排泄物の片づけ、散歩などの手間は2頭ならば2倍、3頭ならば3倍になります。 さらに犬同士にも人と同じように相性があるので、同居させる犬との相性が良い時もあれば悪い時もあります。良い場合は一緒に生活することが可能ですが、悪かった場合は犬同士がストレスを溜めないように別々のスペースに住まわせるなどの配慮も必要になります。 多頭飼いでも保険に入ったほうがいいのか 多頭飼いについてご紹介しましたが、ここからは多頭飼いをした場合の保険加入についてご紹介していきたいと思います。 多頭飼いで加入すると良い点 多頭飼いの状態であれば、飼っている犬猫の数だけ飼育費用がかかる為、それから更にその数だけの保険料もとなると一見大変ではありますが、その数の犬猫たちが一気に病院にかかることになった場合を考えると更に高額の病院費用が掛かってしまうことになります。一緒の空間にいるからこそ感染症などは同じタイミングで発症しやすく、また、同い年のペット同士なら高齢による問題が同タイミングで起こる可能性もあります。すべて自費で賄うとなるとかなりの金額を支払うことになると考えると念のため全員加入をさせておくことをお勧めします。 保険会社によっては、ペット保険に割引制度を設けている場所も少なくない上、多頭飼いの場合に適用される「多頭割引」がある保険会社もあります。 多頭飼いならではの割引のほかにも、様々な割引を設けている保険会社もあるので、加入前によく割引制度を確認しておくことが大事です。 多頭飼いで加入する際に注意したい点 前述していますが、飼っている頭数分だけ加入すればその分の保険料がかかるため、金額が嵩んでしまうという点があります。 必ずしも全頭が感染症にかかるわけではないということや、これは多頭飼いだけに限りませんが、ペット保険の補償内容によっては主要の病気以外は補償対象外になることもあるので、保険選びの際にはきちんと補償される傷病の内容を確認して加入をすることが大切になります。 多頭飼いのペット保険の決め方 多頭飼いのオススメプランを紹介している保険会社はいくつかありますが、正直説明を読んでもイメージしづらく選ぶのが難しいと感じることが多いかもしれません。そういう場合、多頭飼いをしているからこそできる決め方というのが、「1頭ずつ別々の保険会社のペット保険に加入させてみる」というやり方になります。 実際にその保険を利用してることで、見えてくるものや実感などもあるので、迷った時は保険会社の担当者さんに会って相談をすることで雰囲気を感じて見たり、補償内容や制度などをわかりやすく説明してもらうことで納得したならばそこの保険会社に全員移行するということもできる可能性があります。 「入りたいな」と考えている内に、加入のタイミングを逃してしまい、ペットが高齢になってからペット保険への加入が更に難しい状況になるリスクを考えると、加入に際して気になる待機期間や詳しい補償の内容について理解も深まるというメリットもあるので試してみる価値はあるでしょう。 まとめ 多頭飼いとそのペット保険について紹介してきましたが、一度おさらいしていきましょう。 多頭飼いとは 複数の生き物を同時飼育することで、昨今ではペットを複数で飼う家庭も増えているようです。 多頭飼いの良い点 「留守の多い家庭では遊び相手が増える為、運動不足やストレス解消になること」、「ほかの犬との接点が持てるため、社会性が付けられること」という点が挙げられます。 多頭飼いの注意する点 「餌や生活用品、ワクチン費用などが飼っている頭数分かかってしまうこと」、「食事や散歩などの世話をするのも頭数の数だけ手間がかかてってしまう」、「犬同士にも相性があることを考慮しないといけない」という点が挙げられます。 多頭飼いでも保険に入ったほうがいいのか 多頭飼いで加入すると良い点 「飼っているペットが複数感染症にかかってしまった際の通院や治療費などが補償される」、「多頭割引を行っている会社もいくつかある」という点が挙げられます。 多頭飼いで加入する際に注意したい点 「加入する頭数だけ支払う保険料が高くなってしまう」という点が挙げられます。 多頭飼いのペット保険の決め方 頭数の数だけ別々の保険会社に加入をし、比較をして良いと感じた保険会社に全頭移行してみるという方法があります。 以上がこのページで紹介した内容になります。 多頭飼いは1頭分の飼育費用を飼育したい頭数の数だけ倍にした費用が掛かるので、少し気押されしてしまうかもしれませんが、費用がかかるだけではなくその分ペットや飼い主にとってのメリットも十分に見込めるので、すぐに諦めてしまうのは少し早いかもしれません。しかし、1頭でも手いっぱいだと感じた場合は命を扱っているとうことを念頭に置いて諦めることも必要になるかと思います。 また、多頭飼いでの保険加入について不安を感じていたという方も様々な加入方法があるので、紹介した方法を取ってみたり、直接保険会社に問い合わせをすることで別の納得いくお得な補償や割引を見つけることが可能になるかもしれません。 多頭飼いをしている方、多頭飼いをしたい方が理想のペット保険を探し、見つけられる手助けになれれば幸いです。

ペット保険の複数掛け持ちで理想の保険が作れる?補償の組み合わせ紹介!ペット保険の豆知識

ペット保険の複数掛け持ちで理想の保険が作れる?補償の組み合わせ紹介!

ペット保険に加入していて「手厚い補償を受けたいけど、今のままでは少し物足りない…」と思ったことはありませんか? 様々なプランがあるといえど、なかなか1つのプランだけでは理想の補償内容とはいえないかもしれませんし、 中には「今の補償を受けながら別の補償も受けられたら」なんて考える方も少なくはないでしょう。 そこで、保険や補償を少しでも理想に近いものにしていく近道を紹介していきたいと思います! ペット保険の加入は1つのみか 初めに現在ペット保険に入っている、これからペット保険に入るという方もまず知っておきたいことは「加入できるペット保険は飼っている愛犬や愛猫1頭につき1つだけなのかどうか」という点だと思います。 実はペット保険は1頭につき1つということはなく、複数の加入が可能なのです。 基本的には複数加入をしても問題は無いのですが、保険会社によっては条件を設けて複数加入を認めているという会社もあるので、まずは加入したい保険会社に確認を取ることが必要になるでしょう。 手間ではありますが、これによって理想の補償がついたペット保険が作れる可能性は大いに広がるため、欠かさないようにしたいところです。 ペット保険の掛け持ちをすることで生じる利点や注意点については次の項目でご説明いたします。 ペット保険の複数加入 ここではペット保険の複数加入について説明していきたいと思います。 複数加入の種類 ペット保険の複数加入にも「会社間での複数契約」と「同一会社での複数プラン契約」による掛け持ちの2通りがありますが、どちらもペット保険の掛け持ちには変わりありません。 しかし、後者の同一会社で複数プラン契約についても契約が可能な保険会社とそうでない保険会社があるので、加入の際に複数プランでの契約が可能かどうかは加入する保険会社に予め確認をすることが必要になります。 複数加入の利点 ペット保険を会社間で掛け持ちして加入をすることで生じるポイントについて触れていきたいと思います。 よく考えて組み合わせていきましょう。 ◆ 100%補償が可能になる 複数加入をするメリットは100%補償が可能になるという点が大きいようです。 ペットの治療費のうち何%が保険金として支払われるかは、契約している保険会社のプランに定められた補償割合によって決まります。補償割合は商品によって異なり、「50%」「70%」などのいずれかに設定されている事が多いです。 例えば、補償割合50%の保険に加入していた場合、治療に10万円がかかれば、半額5万円が保険金として支払われる計算です。これに対して、補償割合50%のペット保険へ同時に二つ加入していれば、補償割合は合わせて100%となり、治療費10万円が補償されることになります。 複数加入の注意点 ◆ 2社以上加入すればその分保険料も上がる 複数加入をすれば、保険会社を二重で契約するので複数契約などの割引は発生しません。 そして、保険料は契約した分だけ当然ですが高くなりますので、その点は覚悟しておきましょう。 下手にペット保険を掛け持ちしてしまうと、ただ保険料が高くなっただけで、補償の手厚さは何も変わらないままということにもなりかねません。 この点は、掛け持ちをする際に上手くメリットで補えるようにしていきましょう。 ◆ 貰える保険金はかかった治療費を超えることはない 複数加入をする際、1社目を補償割合50%で2社目を補償割合70%にした場合、100%を超えた分も受け取りが可能なのかと考えてしまいますが、答えは支払われることはありません。 ペット保険はあくまでも、治療費を超えて給付されることはなく、治療費に10万円がかかったら、10万円までしか補償されないので、そこはきちんと理解しておきましょう。 また、保険会社が審査をして保険金額を決定するので、審査内容によっては満額補償がされない可能性もあります。 ペット保険に複数加入をすることで補償割合が100%になっていたとしても、必ず治療費が満額補償されるわけではないということ念頭に入れておきましょう。 また、これは同一会社でのプラン加入による掛け持ちでも同じことが言えるので注意が必要です。 ◆ 掛け持ちができない保険会社もあるため、加入時に告知をする必要がある ペット保険会社によっては、掛け持ち自体が出来ない場合もあります。 また、掛け持ちが可能な場合でも、ペット保険に複数加入するときは必ず告知が必要になります。 新しく加入する2社目にも、すでに加入をしている1社目のペット保険会社にも複数契約している旨を告知する義務があるのです。 この告知は加入者の義務ですので、もし告知をしなかった場合は契約を解除されたり、保険金を支払われなくなる可能性があります。 告知を忘れず、複数加入をする際にはしっかり告知義務を守るようにしましょう。 ペット保険の複数加入のおすすめ 利点と注意点について説明をしてきましたが、ここからは複数加入をする上でどのように組み合わせることが上手く複数加入のメリットを引き出せるかというアドバイスに移りたいと思います。 元々、理想の補償に近づけるために複数加入をすることで自分にマッチした補償を受けようという希望があるので、各社のプランの補償内容をしっかり確認しながら組み合わせていきましょう。 さて、ペット保険は補償の範囲によって、大まかに「「通院」「入院」「手術」全てを補償するもの」、「手術を重視して補償するもの」、「通院を重視して補償するもの」の3種類に分けられます。 これらの組み合わせによって、王道の4つのパターンが考えらます。 全てを補償するもの+全てを補償するもの 「通院」「入院」「手術」を補償する保険同士の組み合わせで、保険料が手頃な50%保証プランに二重で加入することで補償割合100%を実現できる組み合わせになります。 「通院」「入院」「手術」全てをカバーするペット保険を二重で契約するので、手厚い補償を受けられますが、その代わりに保険料がかなりの高額になり補償内容によってはオーバースペックになってしまう恐れもあります。 全てを補償するもの+手術重視 「通院」「入院」「手術」を幅広くカバーするペット保険と手術を重視するペット保険の組み合わせになります。 保険料が手頃な「通院」「入院」「手術」50%補償プランで通院や入院費をまかないつつ、万が一高額な手術費が必要になったら補償割合の高い手術重視型のペット保険でまかなうという方法になります。…

大型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~ペット保険の豆知識

大型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~

大型犬を飼っていて保険に加入しようといざ調べてみても、どこも「保険料は高い」と出てきて加入を迷っている飼い主さんはいらっしゃいませんか? また、保険に加入したくて様々な保険会社の規約を見てみたら「サイズ」によって掛金の違いがあるうえ、各社バラバラでうちの子はどこに属するんだろう?などの疑問を抱いたりしたこともあるかと思います。 ここでは、一般的に「大型犬」と呼ばれる犬種について紹介していきます! 大型犬とは 犬のサイズは、大型犬・中型犬・小型犬と大きく分けて3種類に分類することが出来ます。 大型犬とは、成犬体重25㎏以上の大きな体に力強さと優しさを兼ね備え、多少のことでは動じないおとなしい性格のものも多い犬種です。※大型犬の中でも特に成犬体重40㎏以上ある犬種は超大型犬と呼ばれています。 その中でも、一般的に家庭で飼われている頭数の多く、保険会社でも多く取り扱われている大型犬をご紹介します。 ラブラドール・レトリーバー ゴールデン・レトリーバー (※リンク先は犬種の紹介ページに飛びます) 大型犬が入れるペット保険 基本的には「大型犬専用」といった保険は無く、どの保険会社のプランでも加入対象として取り扱われています。 また、どこも共通して大型犬・中型犬・大型犬の三種のサイズ区分がされており、そのサイズ区分やペットの年齢によって保険料の支払い額が変わってくるのも特徴の一つです。 大型犬で保険に入った場合の他犬種との違い プラン自体に大きな違いがあるわけではないですが、比較的大型犬の方が小型犬や中型犬に比べて掛金が高くなっているという点があります。 一般的に大型犬の方が治療に際して小型犬や中型犬に比べ、薬品などの使用量が多くなりがちであることと、寿命が短い傾向であるために月々の保険料が高くなってしまうようです。 具体的にどの程度高くなっているかは保険会社の料金表などで確認をすることができるので、事前に確認をすることをおすすめします。 また、自分の飼っている愛犬の犬種については保険加入時に記入が必要となる上、保険会社によってサイズ区分が変わってくる犬種もいるので、きちんと犬種と加入したい保険会社のサイズ区分を確認しておくと良いでしょう。 ※ミックス(雑種)の場合は成犬時の体重によることがあります。 大型犬におすすめしたい特約 小型犬や中型犬に比べ、比較的屋外での運動を必要とするケースが多い大型犬には可能であれば「ペット賠償責任特約」が付帯している保険に入ることをおすすめします。 特約は保険に付ける(付く)オプションのようなもので、「ペット賠償責任特約」はペットが他人にケガをさせたり何かを壊してしまったりした時に備えるための特約で、治療費や修繕費など経済的に責任を取る際、保険が適用され一定の範囲内で保険会社から保険金が支払われるというものです。 絶対に必要という訳ではありませんが、保険はもしもの時に備えるものでもあるので、不安要素を補うという点ではおすすめしたい特約です。しかし、どこの保険会社にも必ずある訳ではないので、加入前にきちんと調べておく必要があります。 大型犬が気を付けたい病気・ケガ 保険に入る際、一つ頭に入れておたいことは愛犬がかかる可能性がある病気やケガについてです。 理由は、一般的に病気やケガを補償してくれる保険といえど全ての病気やケガに対応しているわけではないという点があります。 例えば、加入を考える際に「自分が飼っている犬の犬種がかかりやすい病気やケガ」、「大型犬が一般的にかかりやすいといわれている病気やケガ」を知っていれば、あらかじめ保険の補償内容の中でその病気が補償の範疇にあるかどうかを調べるなどの判断材料を増やすことに繋げられる利点があります。 下記で大型犬がかかりやすい病気やケガについて紹介していきますので、是非保険選びの材料としてご活用してください。 注意したい病気 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) (※リンク先は各病気・ケガの紹介ページに飛びます) まとめ ここまで大型犬についての紹介をしてきましたが、一通りおさらいをしていきましょう。 大型犬とは 大型犬とは、成犬体重25㎏以上の大きな体に力強さと優しさを兼ね備え、多少のことでは動じないおとなしい性格の犬種が多いです。 代表的な犬種はラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバーなどが挙げられます。 大型犬が入れる保険 基本的にどの保険会社のプランにも加入可能対象とされているので加入は可能です。 大型犬でプランに入った場合、他犬種よりも多少月々の掛金が高くなる傾向があります。 「ペット賠償責任特約」というペットによって他人にケガを負わせたり物を壊してしまった際に払う金額の一定の範囲内で保険会社から保険金が支払われる制度もありますが、どこの保険にもある訳ではありません。 大型犬が気を付けたい病気・ケガ 注意したい病気は、股関節形成不全、拡張型心筋症、胃拡張・胃捻転などで一般的な大型犬に多い病気になります。 紹介した病気の中にも、保険会社によっては補償対象外の可能性があります。 以上が紹介してきた内容になります。 大型犬の飼い主さんが保険選ぶ際の手助けになれば幸いですが、保険選びの基準としてかかりやすい病気やケガの他にも、誰かや何やかに危害を加えてしまった際の心配についてのサポートについても同時に考えたい部分になってくるため、保険選びに少し時間がかかってしまうかもしれません。 しかし、どの保険会社でも補償の内容や特約などの情報は最低限紹介されている場合が多いので、それを見て判断をしつつ、もう少し詳しく知りたいと思ったのなら直接電話をして確認をしたり、資料請求をしてみるのも良いでしょう。 是非、自分や愛犬にとって最適だと思える保険を見つけてみてください!

小型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~ペット保険の豆知識

小型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~

ペットを飼っていると色々な場面で保険という言葉を耳にすることがあると思います。 大切な家族である愛犬のために、今後起こるかもしれないケガや病気へのリスクを踏まえるとペット保険への加入を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。 いざ保険に入ってみようと思い、加入条件を調べてみると「大きさ」での分類に戸惑ったことはございませんか? ここではその大きさの中でも「小型犬」についてフォーカスを当ててご紹介していきたいと思います。 小型犬とは 犬のサイズは、大型犬・中型犬・小型犬と大まかに分けて3種類に分けることが出来ます。 小型犬とは、成犬体重10㎏未満の小さな体で可愛らしく、マンションなどでも飼いやすいことから人気のある犬種です。※小型犬の中でも特に小柄な犬種は超小型犬と呼ばれています。 その中でも、一般的に家庭で飼われている頭数の多さや、保険会社でも多く取り扱われている小型犬の種類をいくつかご紹介します。 チワワ トイ・プードル ミニチュア・ダックスフンド パピヨン ポメラニアン マルチーズ シーズー ヨークシャー・テリア (※リンク先は犬種の紹介ページに飛びます) 小型犬が入れるペット保険 基本的には小型犬専用といった保険は無く、どの保険会社のプランでも加入対象として取り扱われています。 また、どこも共通して大型犬・中型犬・小型犬の三種のサイズ区分がされており、そのサイズ区分やペットの年齢によって掛金の支払い額が変わってくるのも特徴の一つです。 小型犬でプランに入った場合の他犬種との違い 小型犬として保険のプランに加入した場合、月々支払う保険料の金額が大型犬や中型犬とは異なり、具体的な金額は各社の設定されている金額によって変動するため、加入前に確認をする必要があります。 自分の飼っている愛犬の犬種については保険加入時に記入が必要となる上、保険会社によってサイズ区分が変わってくる犬種もいるので、きちんと犬種と加入したい保険会社のサイズ区分を確認しておくと良いでしょう。 ※ミックス(雑種)の場合は成犬時の体重によることがあります。 小型犬が気を付けたい病気・ケガ 保険に入る際の大事な判断材料になるのが愛犬がかかるかもしれない病気やケガについてです。 というのも、保険といえど全ての病気やケガに対応しているわけではないという点があります。 例えば、加入する際に「自分が飼っている犬の犬種がかかりやすい病気やケガ」や「一般的な小型犬がかかりやすい病気やケガ」などを知っていれば、それらが補償される保険を選んで加入することができるため、ふわっと「加入しておいた方がいいのかな」という曖昧な状態で保険選びをしなくて済むという利点があります。 下記で小型犬がかかりやすい病気やケガについて紹介していきますので、是非保険選びの材料としてご活用してください。 注意したい病気 ケンネルコフ アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) 外耳炎(がいじえん) 膝蓋骨脱臼(パテラ) レッグ・ペルテス病 てんかん 気管虚脱(きかんきょだつ) 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 注意したいケガ 骨折(こっせつ) (※リンク先は各病気・ケガの紹介ページに飛びます) まとめ ここまで小型犬についての紹介をしてきましたが、一通りおさらいをしていきましょう。 小型犬とは 成犬体重10㎏未満の小さな体の犬種を指し、代表的な犬種はチワワ、トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンドなどが挙げられます。 小型犬が入れる保険 基本的にどの保険会社のプランにも加入対象とされているので加入は可能です。 小型犬でプランに入った場合の他犬種との違いは月々支払う保険料が他犬種と異なります。 小型犬が気を付けたい病気・ケガ 注意したい一般的な小型犬の代表的な病気は胃腸炎やケンネルコフ、アレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患です。 注意したいケガについては骨折が一番多く、散歩時や室内でも気を付けたいケガです。 紹介した病気の中にも、保険会社によっては補償対象外の可能性があります。 以上が紹介してきた内容になります。 小型犬を飼っていてこれから保険に加入しようと考えている方の保険選びの手助けになれば幸いですが、かかりやすい病気やケガなどを基準で探す場合は記述した通り会社によっては補償の対象でない可能性があるので十分注意をして選ぶようにしましょう。 早めの加入が後々の病気やケガによる費用をカバーし、生活のサポートをしてくれるので、自分が一番良いと思える保険を見つけられるよう、様々な保険会社のプランなどを参考にしつつ、資料請求をしてみることもおすすめします。 

ペット保険の豆知識

ペット保険は必要か?必要性に悩む方のために治療費の現状も紹介!

「ペット保険に入る必要性って?」、「ペット保険のメリット・デメリットが知りたい!」、「そもそもペットの治療費ってどのくらいかかるんだろう?」 ペット保険の加入を検討したとき、このような疑問を持つ方が多いのではないでしょうか。 今回はそれらの疑問に一つ一つ答えていきたいと思います! ペットの治療費ってどのくらいかかるの? ペットは人間でいう健康保険制度というものがありません。そのため、動物病院でかかった治療費はすべて自己負担で払う必要があります。 病状次第では、手術が必要となったり、通院しなければならないこともあるかと思われます。では、ペットの治療費はいったいどのくらいかかるのでしょうか。 ここでは、犬と猫がかかりやすい病気・ケガの治療費を具体例として紹介します。 誤飲事故 17,000円~130,000円 骨折 58,000円~267,840円 膝蓋骨脱臼 45,000円~175,000円 ガン 10,000円~400,000円 白内障・緑内障 52,000円~200,000円 椎間板ヘルニア 50,000円~383,000円 値段に大きな幅がありますが、これは入院や手術の有無で変わってくるためです。もし入院や手術をした場合、高額な治療費を請求をされる可能性があります。 実際に、犬・猫を飼っている人がこれまでに払った最大の治療費はいくらなのでしょうか。下のグラフは犬・猫を飼っている約3000人の方に行ったアンケート結果を示しています。 出典:日本獣医師会(2015)「家庭飼育動物(犬・猫)の飼育者意識調査」より筆者作成。 全体の平均は58,993円という結果になりました。 特筆すべき点は、約20%もの人が20万円以上の高額治療費を経験しているという点です。これは、5人に1人が高額治療費を経験したということになります。 このようにペットの治療費は決して安いとは言えないことが分かりました。 では、「一回の治療費が高いとしても、そもそも病気にならない可能性もあるよね?」と考えた方もいるでしょう。 下のグラフは犬・猫を飼っている約3000人に、最近一年間の動物病院の利用頻度をアンケートしたものです。 出典:日本獣医師会(2015)「家庭飼育動物(犬・猫)の飼育者意識調査」より筆者作成。 全体の平均は1年間で7.4回という結果になりました。 動物病院の利用頻度で最も多かったのは「半年に1回程度」です。また、ここでポイントとなるのは、2~3ヶ月に1回以上動物病院へ行く人の割合が25%いるということです。これは、4人に1人が高い頻度で動物病院を利用しているということになります。 以上のことから、ペットには意外にも治療費がかかり、動物病院の利用頻度も高いということがわかりました。 ペット保険のメリット・デメリットって? ペットには治療費がかかり、動物病院の利用頻度も高いという状況のなか、ペット保険に加入することによってどのようなメリットがあるのでしょうか。また、デメリットは何なのでしょうか。それぞれ比べてみましょう。 メリット 高額治療費にも耐えられる ペット保険に加入していれば、通院や手術にかかった数十万円以上の高額治療費を、保険金によってある程度カバーすることが可能です。 手術などでかかった高額治療費、通院でかさんだ費用なども補償してくれます。 また、金額を気にしすぎる必要がなくなるため、ペットに十分な治療を行うことができます。 早期発見・早期治療につながる ペット保険に加入することで、治療費を気にしすぎることなく動物病院に行くことができます。 「病気かな…?」と思った段階で動物病院に行くことができるため、早期発見・早期治療につながります。 デメリット 病気・ケガをしなかった場合は保険料が無駄になる ペットが健康でいてくれるのはとても嬉しいことですが、病気もケガもしなかったという場合には払った保険料は無駄になってしまいます。 ペット保険は掛け捨てなので、払った保険料は戻ってきません。 ペット保険にはデメリットもあるため加入の際は、さまざまなことを考慮して決断する必要があります。 しかし、上記で述べたとおり、ペットには高額治療費がかかる可能性があり、動物病院の利用頻度も高いということがわかっています。この状況を踏まえると、ペット保険に加入する価値はあると言えるのではないでしょうか。 ペット保険に入らなかったら?貯蓄でなんとかできる? 「ペット保険に入ったつもりで毎月貯金していれば、掛け捨てで損しなくて済むし、高額治療費にも耐えられるんじゃない?」と思ったかたもいるでしょう。 しかし、もし貯金が十分ではない状態でペットが病気になったらどうなるでしょうか。「貯金が足りなくて十分な治療を受けさせてあげられなかった…」なんていうことにもなりかねません。 ペットがいつ大きな病気・ケガになってしまうかは分かりません。まだ若いから大丈夫だという保証もありません。 ペット保険とは、そのような「もしもの場合」に備えるためにあるのです。 高額請求が…そんな時ペット保険で備えておけば安心! ペットには高額な医療費がかかる可能性があり、動物病院に通う頻度も高いということが分かりました。 また、犬・猫のかかりやすい病気には、30万円を超える治療費が必要になるものもあります。 「ペットが病気になって高額な治療費を請求された…」そんな時でも、ペット保険に加入しておけば安心です。ペットがいつ大きな病気・ケガになったとしても十分な治療を受けられるよう、ペット保険の加入を考えてみてはいかがでしょうか。 ペット保険を検討する際に役立つ記事はこちらです。あわせて参考にしてみてください。 ペット保険の選び方!どこがいいかを初心者でも簡単に選べるポイントは?

犬や猫の去勢・避妊手術は必要?ペット保険の補償対象になるの?ペット保険の豆知識

犬や猫の去勢・避妊手術はペット保険の補償対象になるの?

犬や猫を飼うにあたり、去勢や避妊などの手術について一度は耳にしたことがあると思います。 なんとなく把握していても、行った方が良い理由や手術費用、手術を受けるにあたって知っておいた方が良い情報などはすぐにはわかりませんよね。 そこで、ここでは去勢・避妊手術について知っておきたい情報をご紹介していきます! 去勢・避妊の必要性 多くの動物病院などで推奨されている去勢・避妊手術ですが、なぜ必要だと言われるのでしょうか? その理由から少しずつ知っていきましょう。 去勢・避妊手術をする理由 去勢・避妊手術をする理由については主に3つの理由があります。 行動上の理由 発情が始まると、犬の場合でメスは外陰部からの出血があり、オスは遠吠えをしたり飼い主さんの指示を無視して逃亡やほかの犬とケンカをしたりします。猫の場合も大きな声で鳴き続け、外出したがったり、マーキングとしてどこかしこに尿をかけたりするなどの行動が見られるようになります。発情に伴うケンカや交通事故など、思わぬ事故は犬猫ともに後を絶ちません。 これらの行動の変化はすべて、発情に伴う性ホルモンに支配されたもので、ペットたちを責めることが出来ません。手術を行い、発情をなくすことで、発情に伴ったストレスやトラブルから大切なペットを守ることができるということが推奨される理由の一つです。 病気上の理由 生殖器(卵巣・子宮・精巣・前立腺など)の病気の発生は、年齢とともに増加していきます。中には子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう)や生殖器の悪性腫瘍のように緊急に手術を行わなくてはならないケースも沢山あり、交尾行動によって感染する犬の可移植性性器肉腫(かいしょくせいせいきにくしゅ)や猫のエイズ感染症や細菌感染よる病気などになるリスクも高まります。 これらの病気は、去勢・避妊手術を行うことにより生殖器自体が無くなるため、病気の症状及びその病気になる不安を自体を減らすことが可能となります。近年、メス猫の場合、最初の発情前に避妊手術を行うことで、悪性の乳腺腫瘍になる確率がほとんどなくなるともいわれているようです。 繁殖上の理由 育てることが出来ないなどの理由から飼い主から見捨てられ、野良犬や野良猫として生きていくもの、捨てられたまま死んでいくもの、保健所に連れていかれ処分されるものなど、捨てられる仔犬や仔猫たちは後を絶ちません。 例えば、完全室内飼いではない猫を飼っていた場合、避妊手術を行っていない猫が外出したことで、ある日突然仔猫を生んでしまった、或いはその逆もしかりで仔猫を生ませてしまったなど、去勢・避妊手術を行っていない場合には、起こってもおかしくない話なのです。 「動物にとって交尾のない発情は単なるストレスやトラブルの原因に過ぎない」といわれることもあるように、繁殖を考えているのでなければこういった不幸な動物を増やすことを回避するという意味でも、去勢・避妊手術が推奨される理由の一つとなっています。 去勢・避妊手術をすることのメリットや注意点 去勢・避妊手術をする理由について触れましたが、ここでは改めてそのメリットと注意点について確認していきましょう。 【去勢・避妊をするメリット】 ▼オス犬の場合 生殖器疾患の予防(精巣腫瘍、前立腺肥大、会陰ヘルニアなど) 性的欲求によるストレスからの解放 ストレス軽減による長寿化(1.5年ほど) 攻撃性・支配性・縄張り意識の軽減 オスを去勢させる最大のメリットは「攻撃性・支配性・縄張り意識」の軽減です。 また、「吠える・噛む・マウンティング・マーキング」などの行動も抑えることができるようです。 ▼メス犬の場合 望まない妊娠を防げる 生殖器疾患の予防(子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、乳腺腫瘍など) 発情期(ヒート期)のストレスからの解放 ヒート中の飼い主の手間が減る(オス犬を避ける、生理中の血の処理など) メスの避妊はオスに去勢を行った場合よりも効果が小さいものの、発情期(ヒート期)の生理の血の処理や、他のオス犬を刺激しないようにドッグランやカフェなどを控えたりするなどの行動の制限がなくなる点はメリットといえるでしょう。 【去勢・避妊をする際の注意点】 手術が失敗するリスクがある 太りやすくなる 繁殖が出来なくなる 精神的に幼さが残る可能性がある 去勢・避妊手術が失敗する確率は約0.1%と言われ、約1000頭に1頭の確率だとされていますが、死亡率としては高いとは言えないものの、念頭に入れておきたい事項ではあります。 また、性衝動によるストレスがなくなることによってホルモンバランスが崩れて太りやすくなることもありますが、こちらは食事量の調整などで食事管理を行えばそこまで問題視する点ではないでしょう。 当然ですが、去勢や避妊手術をすれば生殖器を摘出するので繁殖はできなくなります。また犬の場合も高齢になれば精神的に落ち着いてくるものですが、手術を行うことで精神的に幼さが残る場合もあるようです。 メリットや注意点をまとめましたが、基本的には先述したように、繁殖を考えていない場合は手術をしておいた方がメリットが多いと考えられます。 去勢・避妊手術にかかる費用は? 基本的に動物病院の診療は自由診療となっているので、費用に関しては動物病院毎に異なっています。 その為に安価な病院もあれば高額な病院もあるということを踏まえておく必要があります。 下記に大体の費用についてまとめたので確認していきましょう。 手術の種類・平均金額 猫 去勢 平均 約13,000円 犬 去勢 平均…

チワワにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

チワワにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チワワに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 チワワがなりやすい病気・ケガ チワワがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 水頭症(すいとうしょう) 気管虚脱(きかんきょだつ) 角膜炎(かくまくえん) 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 低血糖症(ていけっとうしょう) 口蓋裂(こうがいれつ) 骨折(こっせつ) チワワの特徴 チワワの歴史 チワワは、メキシコ北部チワワ州原産の犬種で、北アメリカでは最も古い犬種といわれています。世界最小犬種としても知られています。日本では、1970年代から家庭で飼われるようになりました。 チワワの大きさ・見た目 チワワは、体高が15~23cm、体重3kg未満と、小型犬に分類され、世界最小犬種です。 その体の小ささから、日本の住宅でも広さを気にする必要がなく、ペット可のマンションなどで飼う方が多くなっています。 チワワには主に「スムースコートチワワ」と「ロングコートチワワ」の2種類おり、特に毛が長めのロングコートチワワは絶大な人気を誇っています。 大きな瞳に立ち耳が特徴的な犬種で、額は丸みを帯びているため、その形状から「アップルドーム」と呼ばれています。 チワワの性格 チワワはマイペースな性格で、素っ気ない様子を見せているかと思えば、ときには猫のように飼い主に甘えます。 また臆病で繊細な面も持ち合わせていて、少しの物音にも驚いてしまいます。そのため散歩中に他の犬とバッタリ出会うと怖さのあまり吠えてしまったり、飼い主に怒られないように常に気をつかったりしています。 飼い主の方は、チワワに頼れる存在になるように、守ってあげるようにしてください。 一方で独立心があり独りの状況でも耐えられるので、お留守番を任せても平気な犬種でもあります。むしろ独りの時間もしっかり確保して、安心してくつろげる環境を提供してあげることも重要です。 基本的には、勇敢で忠実な性格も持ち合わせており、飼い主に対して深い愛情を示してくれます。 ただしチワワは小さい体に比べて脳が発達している賢い犬種であり、誰でも構わず愛情を振りまくわけではありません。飼い主の方はしつけを通して、信頼関係を育めるように生活していきましょう。 チワワを飼うときの注意点 チワワが体が小さく骨が細いため、少しのきっかけで骨折することがあります。椅子をきちんとしまうなど、段差を極力つくらないように意識しましょう。 寒さにも弱いので、冬はエネルギーを増やすために食事量を少し増やしてカロリー摂取量を多くしたり、日当たりのいい場所にいられるようにしましょう。 ロングコートチワワの場合は、フサフサの被毛も多く生えており毛も多く抜けます。ブラッシングを定期的に行い、抜け毛を取るようにしてください。週に2~3回程度が目安です。 ブラッシングをすることで皮膚病のリスクも下がりますし、チワワとのコミュニケーションも十分に保つこともできます。 チワワにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、チワワにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

おすすめペット保険の選び方!~飼い主必見!初心者でもカンタンポイントまとめ~ペット保険の豆知識

ペット保険はどこがいいの?ペット保険の選び方を徹底解説!

ペット保険と一口にいっても、近年増え続けているペット保険の中から、どこがいいのかを一つ選んで決めるのはなかなか難しいですよね。 「ペット保険の名前は知ってるけど、そもそもどういうものなんだろう?」と悩む方や、ペット保険はどうやって選んだら良いのか考える方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、ペット保険とは何か?ペット保険選びで後悔をしないためにどう選んだらよいのか?ペット保険の魅力やメリット・デメリットなどをまとめました。その内容をこの記事では紹介していきたいと思います。 まずはペット保険について少しずつ知っていきましょう! ペット保険とは? 早速、ペット保険とはどういうものなのかを知っていきましょう! ペットの食事内容や飼育環境の向上や獣医医療の高度化によって、ペットたちも長生きするようになり、ペットの高齢化が進んでいるといいます。 しかし、ペットも人のように高齢化が進むと体が弱くなりガンや糖尿病などの大病にかかるリスクが増えていきます。 そして、それらの病気の治療に必要な入院や手術、継続的な治療などによる高額な医療費が必要になる時、ペット保険に加入していると動物病院などの医療サービスを受けたときに、その治療費や手術代、入院費などの一定金額が保険によって支払ってもらうことができます。 ペット保険を扱う会社によって支払う保険金の額や補償内容も変わってくるので、加入したいと考えているのなら、自身のペットの種類や自分のライフスタイルに合ったものを各保険会社から選ぶとよいでしょう。 ペット保険の加入のメリットは? 加入することで得られるメリットについて紹介していきます! 早期発見・治療の可能性がある 保険に加入することで、病院代を都度気にせずに済むため病院に通いやすくなり、病気が早期に見つけやすくなります。しかし、病院代を気にしなくても済むとはいえ、まだ窓口精算ができる保険会社はそう多くはありません。一度全額を支払った後、その領収証などを保険会社に送り、加入しているプランの割合に応じた返金を受け取る形になることが多いため、その点はあらかじめ注意しておきましょう。保険会社と提携している動物病院であれば窓口精算も可能という場合もありますので、該当する動物病院と保険を探してみるのも良いでしょう。 自己負担額が少なくて済む 加入した保険の割合に応じて治療費の一部、またはほとんど全額が補償されるので、自己負担額が少なくて済みます。補償割合は各社30%~100%と幅広くありますが、100%補償をしてくれる保険に加入した場合、自己負担額は限りなく0円に近くなります。ただし、補償割合が高いプランは、その分の掛け金はもちろん高くなりますし、月単位か年単位かの支払いを仕切れるかどうかについても、きちんと確認をしたうえで、加入をするようにしましょう。 行える治療の選択肢増える それまでは治療費の面で検討できなかった治療も、ペットの状態によっては行えるようになる可能性があります。高額で試すことが出来なかった薬や、出来なかった検査をすることが出来れば、それだけ治る可能性が高まりますので希望が持てますね。 人や物に危害を与えてしまった場合に対応をしてもらえることもある 必ずではありませんが、基本の補償にプラスして特約というものが付けられる保険があります。その中でも「ペット賠償責任特約」という特約は、契約しているペットが人や物に被害を与えて法律上の損害賠償責任が生じた際に、1事故につき最大1,000万円まで補償してもらえるというもので、保険会社によっては示談交渉が付く保険会社もあります。前述しましたが、必ず付いているものではないので、この特約を受けたい場合、付属しているプランを扱う保険会社を探す必要があります。 ペット保険はどうやって選ぶといいの? 保険会社やメリットについてさっと確認していきましたが、次はいよいよ選び方について確認していきたいと思います。 大きく分けて4項目ありますので少しずつ詳しく見ていきましょう! ①加入条件 いざ保険に入ろうと思っても、加入条件に該当していなければ入ることはできません。 各保険会社のプランの加入条件をしっかり確認し、加入が可能かどうかを確認してから手続きをしたいのですが、どんな条件があるのか想像がつきませんよね。 そこで多くの保険会社で設けられている大まかな加入条件を紹介していきます。 加入できるペットの種類 多くの保険会社では犬・猫をメインに扱っています。保険会社によっては鳥やうさぎ、ハリネズミやハムスター、爬虫類などの加入も可能な場合があります。 犬種区分 小型犬・中型犬・大型犬の区分のある会社と区分の無い会社があります。また、猫や小動物については特に区分分けはされていない状況です。 加入対象の年齢 保険会社によって異なってきますが、高齢になると加入できないケースもあります。 加入時の健康診断 診断の要不要についても保険会社によって差があります。また健康診断を各社指定の動物病院で受けると保険料割引になる保険会社などもあるのでよく確認してみましょう。 加入ができないケース 過去に重病を患っている(加入予定の保険会社が指定している特定疾病罹患歴がある場合)と、ペット保険への加入ができない場合があります。加入前に各保険会社に確認をしましょう。 ②保険料 ペット保険の保険料は、ペットの種類や品種(もしくは体重)、年齢などによってプランごとに異なってきます。 中でも犬の場合は、年齢のほかに犬種や体重で保険料が細分化されているプランがほとんどで、猫やその他のペットでは、年齢のみで保険料が変わるのが一般的です。 具体的にどのような要素で変わってくるのか、保険料体系について、確認していきましょう。 動物の種類 保険会社によって取り扱ってる動物の種類は異なりますが、犬や猫を中心に、ハムスターやウサギ、鳥や爬虫類などもあります。 品種 猫やその他の小動物が該当することはありませんが、犬の場合は犬種によって変わってきます。また、小型犬・中型犬・大型犬といったサイズによる体重も保険料が決まる要素になります。 補償割合 補償割合は補償プランにおいて、通院・入院・手術などの費用を補償する際に、全体から保険金として引かれる金額の割合になります。保険会社によってラインナップは異なってきます。 (例えば、50%・70%・100%のプランに加入していた場合、 入院日数:4日間 費用:10,000円 通院日数:8日間 費用:5,000円 であれば、 入院費[4日間×10,000円/日]+通院費[8日間×5,000円/日]=治療費合計80,000円 となり、費用が80,000円かかります。 補償割合別の保険料の支払額は、 補償割合50%→80,000円×50%=40,000円…

トンキニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

トンキニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

トンキニーズに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 トンキニーズがなりやすい病気・ケガ トンキニーズがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) 低カルシウム血症ポリミオパチー(ていかるしうむけっしょうぽりみおぱちー) 猫口腔顔面痛症候群(FOPS)(ねここうくうがんめんつうしょうこうぐん) 皮膚疾患(ひふしっかん) 尿路結石(にょうろけっせき) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 腎不全(じんふぜん) トンキニーズの特徴 トンキニーズの歴史 トンキニーズはシャム猫とバーミーズのハイブリッド種ですが、やや込み入った歴史があります。 そもそもバーミーズ自体がシャムの異種交配から生まれた猫種であり、これに「戻し交配」という繁殖技術が加わって、わかりにくい成り立ちになってしまいました。 トンキニーズの成り立ちを説明するためには、その親猫と兄弟猫の説明からしなくてはなりません。 1930年、アメリカの軍人であり、猫愛好家で繁殖の研究を行っていたトンプソン氏が、ミャンマーからアメリカに1頭の猫を持ち帰りました。この猫は、美しいチョコレート色の被毛を持つメス猫で、「ウォン・マウ」と名付けられます。この猫は自らが生んだ子猫により、トンプソン氏と共に猫種の歴史に名を残すことになりました。 トンプソン氏は最初に、ウォン・マウをシャム猫と交配させました。ウォン・マウには元々シャム猫の血が入っているとされていたので、これが1度目の戻し交配にあたります。 さらにトンプソン氏は、ここまで生まれた子猫を母猫のウォン・マウと交配させ、これが2度目の戻し交配となりますが、この時に生まれた子猫は3つのタイプになりました。 1匹目は祖父猫と同じシャム猫の特徴が強いポイントがあるもの。2匹目は全体が濃いブラウン単色のもので、この猫はその後にバーミーズとして育種されることとなりました。3匹目は母猫であるウォン・マウと同様に、美しい茶色い被毛にさらに濃いポイントを持ち、母猫ウォン・マウとこの猫が最初のトンキニーズとなりました。 バーミーズとトンキニーズはシャム猫を媒介にした、兄弟猫であり、いとこ猫でもあったのです。 バーミーズはその後の繁殖計画と選択交配により、基礎猫のシャムとは異なる特徴が際立ち、新しい猫種として公認を得ることとなりましたが、一方トンキニーズは、当初ウォン・マウとその子猫のように美しいチョコレートブラウンのポイント毛色や、さらにその子世代ではゴールデンシャムと呼ばれるほど美しい毛色が際立っていましたが、交配で世代が進むにつれ毛色は淡色化して特徴を失い始めました。猫の血統登録団体は近親交配への懸念から、新しい猫種としてトンキニーズの公認を見送るようになりました。そこでトンキニーズを愛好する繁殖家たちはトンキニーズ協会を設立し、独自のスタンダードを制定しました。そして、遺伝性疾患の多いシャムとバーミーズから健康な個体を選んで選択繁殖を続け、トンキニーズを確立しました。 こうした努力の結果、1974年にカナダで初の新猫種登録を受けると、1979年にCFAとTICAに公認され、2001年からは混血種分類から純血種分類に変わっています。 なお、オランダで生まれたセミロングヘアータイプのトンキニーズは、時に「チベタン(Tibetan)」と呼ばれることもあります。 名前の由来については元々、「South Pacific」というミュージカルに登場する「Tonkanese(トンカニーズ)」という島にちなんで「トンカニーズ」と呼ばれていましたが、シャムやバーミーズ同様、「発祥の地にちなんで名づけたのだろうという誤った認識が流布し、次第に「Tonkinese」というつづりに変化し、それに呼応して読み方も「トンキニーズ」に変わっていったようです。 トンキニーズの大きさ・見た目 トンキニーズは筋肉質でがっちりした体格を持つ、中型のセミフォーリンタイプです。 ゆるやかなくさび型の頭部に少し離れた耳、アーモンド形で少しつり上がった目をしています。 トンキニーズはシャム猫を基礎に作出したために、同様のシールポイントを持つ個体が多くありますが、全体的にシャムよりも丸みを帯びたラインで、しなやかで重量感のある体と美しい被毛の手触りから、抱き上げたときに「ミンクのコートを抱えたようだ」と形容されることもしばしばあります。 毛色はポイントを含む固有のコートパターンと、チョコレート、ライラック、ブルーグレー、シャンパンなどの毛色があり、ホワイトは認められていません。 体重2.7~5.5㎏、平均寿命は12歳~16歳ほどです。 トンキニーズの性格 トンキニーズは活発で好奇心が強く、なんにでも興味を示して行動するという大胆な面もある性格です。 家族に親しみ、子どもの相手も上手にこなし、人間や他の猫、犬などのペットとも仲良くできます。 人見知りの少ない無邪気な性格で、いつまでも子猫のような懐っこさがあります。 トンキニーズを飼うときの注意点 事故に注意 好奇心旺盛で活発なトンキニーズは、運動量の多い猫なので、走り回れる環境やキャットタワーなどで運動不足にならないようにしてあげることが大切です。 しかし、飼い主がいない時、室内飼いであっても思わぬ事故に遭遇してしまうことが多々あります。 例えば、水に興味を示して、お風呂場やトイレに侵入し、溺れてしまうケースも少なくないため、十分に注意しましょう。 また、強い好奇心から一度脱走をしてしまうと帰ってこなくなる可能性が非常に高いため、脱走防止用の柵を用意したり、戸や窓を開けっ放しにしないようにして気を付けましょう。 空調管理が大切 トンキニーズは寒さに弱い猫種なので、冬場は暖房を、また夏場クーラーを使用する際は、体が冷え過ぎてしまうこともあるので、室温は28℃前後で保つようにしましょう。 手入れはほどほどに トンキニーズは短毛種のシングルコートなので、手入れはかなり楽だといえます。ですが、ブラッシングはきちんとしてあげるようにしましょう。 ブラッシングの頻度は1日1回程度で、被毛の光沢感が明らかに見られなくなってきたとき、月に1回ほどの頻度でシャンプーをしてあげるのもオススメです。 その際、人間用のシャンプーを使用すると猫に合わない成分から中毒症状に陥ってしまう恐れがあるので、必ず猫用のシャンプーを使用するようにしてください。 トンキニーズにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、トンキニーズにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット…

シャルトリューにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

シャルトリューにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シャルトリューに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シャルトリューがなりやすい病気・ケガ シャルトリューがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 右房室弁の形成不全(うしんしつべんのけいせいふぜん) 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 肥大型心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) シャルトリューの特徴 シャルトリューの歴史 シャルトリューの名前はフランスとイタリアの国境地域にある名前であり、その他にはキリスト教の一派としてシャルトリューズ修道院があります。さらにリキュールの名前にもなったシャルトリューズというものがあり、猫のシャルトリューの起源と関連付けられたエピソードもいくつかあります。 例えば、シャルトリュー派の修道士が来たアフリカから連れ帰り、修道院で飼育していた猫の子孫という説や十字軍が連れ帰った猫であるという説、またリキュールと関連しているという説など様々で、確定的なことはわかりません。 しかし、16世紀以降は文献や絵画にその姿が描かれるようになり、18世紀になると博物学者ビュフォンにより「フェエリス・カートゥス・コエルレウス(Felis catus coeruleus/ラテン語で『鋭い声をもって鳴く暗青色の猫』という意味)」という学術名を与えられたため、少なくともこの時期には猫種として存在していたことが伺えます。 さらに時代が進み、世界が戦乱の時代に入るとシャルトリューも他の純血猫と同様に、激減していきました。 その理由は、多くの人たちにとって生活の負担からペットを飼育することが難しくなったこと、その上、シャルトリューの美しい被毛と大きな体が、毛皮として使いやすく人気があったという悲しいものでした。 戦禍の中、愛好家を中心に細々と飼われていたシャルトリューたちですが、戦後は個体数が少なく純粋猫種として復活させることが難しいため、異種交配により育種が再開されることになりました。この時、この活動に尽力したのがブルターニュで猫の繁殖を行っていたレジェ姉妹で、交配の相手に選んだのはペルシャ猫とブリティッシュブルーでした。 そして20世紀半ば以降、個体数の増えたシャルトリューはアメリカ他海外に輸出されることになりましたが、復興のいきさつから当初はブリティッシュブルーとシャルトリューを同じ猫種として混同する動きがあったようです。 その後、シャルトリューはアメリカの純血猫登録団体TICA、CFAや国際的な登録団体FIFeなどにも認められ、現在も世界で愛されています。 青みがかった銀色の被毛で、ロシアンブルー、コラットとともに「ブルー御三家」と呼ばれるシャルトリューは、フランス原産の猫で、元フランス大統領シャルル・ド・ゴールドやフランスの女流作家コレットなどの著名人に愛された猫としても知られ、フランスの宝とも称されています。 また、シャルトリューには長毛種もいますが、この種類は「ベネディクティン(Benedictine)」と呼ばれています。 シャルトリューの大きさ・見た目 シャルトリューは、肩幅が広く胸の厚い、がっしりした体格で堂々とした風貌をしています。 手足や首は短めで、体のわりに細い四肢をしており、頭は丸く、鼻先に向けて細くなっており、微笑んだように見える口元から「微笑み猫」と呼ばれることもあります。目の色はゴールド、オレンジ、カッパー(銅色)になります。 体格は大型のセミコビータイプでメスよりもオスの方が大きくなるようです。 毛色はブルーが主な色で、シルバーのティッピングがあります。 体重2.5~6.5㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 シャルトリューの性格 穏やかで賢く、洞察力があり、よく人を見ています。 甘えるのも好きですが、嫉妬深いというほどのことはなく、さりげなく人のそばにいるような猫です。 シャルトリューを飼うときの注意点 運動不足に注意を 健康な猫種ですが、脚を脱臼しやすい個体もまれにいるので注意が必要になります。運動や遊ぶことが好きなので、よく運動ができる環境を作り、1日数分からでも遊んであげるようにして運動不足にならないようにしましょう。 シャルトリューはよく運動する猫なので、餌もその運動量に合わせて高たんぱくなものを与えると良いでしょう。 また、キャットタワーや階段などの運動ができる環境を整えつつ、ボールや猫じゃらしなどのおもちゃを用意してあげると良く、とくにキャットタワーは運動と休息場の役割も果たしてくれるため、オススメです。 人が好きな猫なので、シャルトリューと1日のうちの時間を長く過ごせる人が飼うのに向いているでしょう。 手入れはほどほどに シャルトリューは短毛種ですが、被毛がダブルコートなので換毛期には多く毛が抜けます。 ブラッシングは毎日の必要はありませんが、1週間に1~2回は必ず行ってあげるようにしましょう。様子を見て、コームでとかしてあげたりすることで、グルーミングをした際に飲み込んだ毛がお腹に溜まってしまう病気を予防することに繋がります。 また、シャンプーは頻繁に行う必要はありませんが、被毛が汚れてしまった際に行う程度で良いでしょう。 しつけを教えやすい シャルトリューは賢い猫なので、しつけに困るとはほとんどないでしょう。 トイレや爪とぎなどに関してしっかりと教えてあげればちゃんと自分でできるようになります。 時々ちょっとしたいたずらをすることもありますが、その時には「ダメ」とはっきり言いましょう。 しかし、きつく叱ってしまうと怯えて敵だと認識して近寄ってくれなくなってしまうため、愛情をかけて根気よく教えてあげるようにしましょう。 シャルトリューにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シャルトリューにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット…

シンガプーラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

シンガプーラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シンガプーラに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シンガプーラがなりやすい病気・ケガ シンガプーラがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症間(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 皮膚疾患(ひふしっかん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) シンガプーラの特徴 シンガプーラの歴史 シンガプーラは1968年前後にCFA、TICAに登録を受理された比較的新しい猫種です。当初は、シンガポールの下水溝で暮らしている猫として、現地で発見された土着の猫とされていました。 しかし、育種のいきさつから、自然発生腫であるかどうかの議論に決着がついていないとして登録を見送っている団体もあります。 1970年代初めころ、メドゥ夫妻は夫ハルの赴任する東南アジアで、現地の動物保護団体SPCAのティックド・タビーの小さな猫を引き取り、「シンガプーラ」と名付けてほかの猫たちと共に暮らしていました。1975年、彼らが任期を終えて帰国することになった際、今まで飼っていた5頭の猫たちを連れてアメリカに戻ることにしました。 シンガプーラは成猫であっても他の猫に比べて大変小さく、独特のセピア色のティックド・タビーという美しい毛色が他の猫にない個性としてありました。猫らしくない人懐っこさも魅力的で、わずかな間に人々はシンガプーラに心を奪われてしまします。メドゥ夫妻がアメリカに帰国するとシンガプーラの育種を始めますが、わずか6~7年という異例の早さでCFA、TICAという大きな血統登録団体に猫種として公認登録されることとなりました。さらに1979年にはTICAの、1988年にはCFAのチャンピオンシップにも登録されることになります。 1987年にあると、メドゥ夫妻から早くにシンガプーラを譲り受けた繁殖家ジェリー・メイスもシンガポールを訪れ、新たに基礎猫を輸入して、アメリカへ連れ帰りました。この時、メイスはメドゥ夫妻によって、アビシニアンがシンガポールに持ち込まれた記録を発見してしまいます。アビシニアンはシンガプーラとよく似た猫であり、交雑が行われていたとすれば、土着の純血猫ではなくハイブリッドである可能性が出てきます。 メドゥ夫妻には先住猫としてバーミーズとアビシニアンがいたことから、シンガプーラは土着の純血猫ではなくバーミーズとアビシニアンが交雑したのではないかという疑問を持たれたことで、今もなお決着していない議論になってしまったのです。 この件を調査したCFAは、バーミーズあるいはアビシニアンが交雑されていたとしても、メドゥ夫妻がシンガポールの捨て猫を譲り受けて交配したことは間違いのない事実として、シンガプーラの登録を取り消すことはありませんでした。 アジアでは野生種においても様々な動物が比較的小さく、アメリカでは大きくなる傾向があります。世界一小さな猫として人気上昇中のシンガプーラですが、アメリカで育種されたシンガプーラたちは、近年サイズが大きくなってしまう個体が増えているようです。 シンガプーラは世界のイエネコの中でも最も小さく、メスは成猫でも2㎏ほどで、その様子から「小さな妖精」などとも形容されます。しかし、野性の猫であった頃は、魚をあさり、雨の時は排水管で暮らしていたため、「ドレインキャット(下水猫)」などと呼ばれていた時期もありました。 近年では、地元シンガポールで観光マスコットに認定され、「Kucinta」(マレー語でkucingは猫、cintaは愛を意味する)という愛称で親しまれているようです。 シンガプーラの大きさ・見た目 シンガプーラは、現存する純血種の猫としては世界一小さいといわれており、標準体重は2~3㎏とされている猫です。 小さいながらに筋肉質で、しっかりした体に先走りの長めの尾があるセミコビータイプです。 丸い頭の両端に付け根の広い耳がついており、アイラインの強いアーモンド形の眼を持っています。 シンガプーラの毛色はアグーチセピアと呼ばれる淡い茶色のティックド・タビーに限ります。 体重2.3~5㎏、平均寿命は11歳~15歳ほどです。 シンガプーラの性格 シンガプーラは大変な甘えん坊で、人間が大好きな猫です。好奇心が強く、飼い主の様々な行動に興味をもってちょっかいを出したり、肩や膝に乗ろうとして読書やパソコンの邪魔をすることもよくあります。 他の猫やペットに対して嫉妬することもあり、基本的には自分を一番かわいがってほしいという様子を見せる愛らしい猫です。 シンガプーラを飼うときの注意点 家具や家電に注意 シンガプーラは好奇心旺盛で活発、いたずら好きな面もあります。 体が小さいので室内飼いをオススメしますが、家の中といえど猫にとって危険な場所が沢山あります。「冷蔵庫」や「乾燥機」、「オーブン」などドアのついた閉じ込められる危険性のある家電や、火のつくコンロなども使用中または使用後に触れると火傷をしてしまう可能性あるうえ、浴槽やトイレも蓋を閉めないと落ちてしまう可能性があります。そのほかにも漏電しないように家電のコードをガードするなど、あらかじめシンガプーラに及ぶ可能性がある危険を回避するために家の中を点検し、注意しましょう。 家寝すぎていても大丈夫 シンガプーラの平均睡眠時間は約15時間と他の猫より少し長めです。1日の7割近くは眠っていることになりますが、習性の1つなのでそっと寝かしてあげましょう。 時には20時間以上眠ることもあるようです。 運動や遊びが好き 先述しましたが、シンガプーラは好奇心旺盛で活発な猫です。 おもちゃを使ったりして遊んであげると非常に喜んで遊びます。 シンガプーラは孤独が苦手で、孤独な時間が長ければ長いほどストレスを溜めてしまいがちです。ストレスは皮膚病やそのほかの病気の原因となり得るため、可能な限り孤独な時間を作らないようにしつつ、一緒にいられる時間は遊んであげるなどしてあげるとよいでしょう。 室内飼いの際少し長めの廊下がある家庭では、物を置かずにシンガプーラが走り回れるスペースを確保してあげると理想的といえます。 また、登ったりジャンプすることも好きなので少し高さのあるキャットタワーを設置してあげると喜んで遊んでくれます。 しつけは気長に シンガプーラは賢い猫種なので、しつけに困ることはさほど少ないといわれています。 運動量が多く、活発でいたずら好きな面があるため、ダメなことはきちんとダメと教える必要があります。 例えば、シンガプーラは高いところが好きなので、飼い主の肩に勢いよく飛び乗ってくることがありますが、この際に両者が怪我をしないよう、きちんと「ダメなこと」ということを教えてあげるようにしましょう。 しつけには困らないといっても、犬ほどの覚えの良さがあるわけではないので、きつく叱るばかりではなく、時には褒めて気長に向き合っていくことが大切になります。 シンガプーラにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シンガプーラにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア…

ラガマフィンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ラガマフィンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ラガマフィンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ラガマフィンがなりやすい病気・ケガ ラガマフィンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 尿結石(にょうけっせき) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) ラガマフィンの特徴 ラガマフィンの歴史 ラガマフィンの直系祖先はラグドールですが、この2種類の猫は相似点が多いため、有力な血統登録団体でも公認していない団体があります。 存在は古く、登録は新しい猫といわれるラガマフィンですが、こうなった事情は少々特別なものがあります。 ラガマフィン作出の経緯が複雑になった理由は、毛色や遺伝疾患のような猫そのものの問題ではなく、人間の問題、繁殖ビジネスと愛好家の確執からでした。 1960年頃のこと、アメリカ・カリフォルニアに住んでいたペルシャ猫の繁殖家ベイカーは、自分の飼っていた白いペルシャと地域に住んでいた猫を交雑させて、シールポイントのある長毛の猫を作りました。この時の雑種猫はバーマンがその雑種であったと推定され、さらに生まれた子猫にはバーミーズが交配されたようですが、正確な記録は残っていません。 こうして生まれたラグドールは、ベイカーが厳しく血統の管理を行い、既存の猫血統登録団体ではなく自らの設立した血統団体で管理を行うと同時に、繁殖を希望する人とはフランチャイズ契約を行うというビジネスを展開しました。商品価値のために猫の品種名を商標登録し、許可のない相手には使わせないことにしたほか、生まれた子猫の代金の数パーセントをベイカーの団体に支払うという契約もあったとされています。 ベイカーの管理するラグドールのスタンダードや、猫を介在させるフランチャイズビジネスに疑問を持ったラグドールの愛好家は、ベイカーから離れていきますが、最初に離れた人たちはラグドールとう名を使うことにより、基礎を起こされるなど複雑な問題に巻き込まれることになりました。 1990年ごろ、ラグドールをめぐる様々な状況を踏まえて、後からベイカーのもとを離れた人たちは仲間を作って愛好家団体を設立し、ラグドールのスタンダードを変更すると同時に新しい名前を付けて、この大きな愛らしい猫の育種を続けたいと考えました。 そうして生まれたのがラガマフィンです。 ラガマフィンの名前は「いたずらっ子」という意味と同時に「ぼろ服をまとった人」という意味があります。ラガマフィンの愛好家団体では、当初この名前を冗談半分でつけたそうですが、登録後の変更が不可とされたため、、結局この名前に落ち着いたとされています。 また、現在ラガマフィンを公認していない主な団体はTICAですが、一切の異種交配を認めない団体があります。遺伝子プールを広げる目的のため、当初は特定の他の猫種との交配が認められていましたが、現在はほとんどの団体がペルシャやバーミーズなどほかの猫種との交雑を禁じています。 ラガマフィンの大きさ・見た目 ラガマフィンはラグドール同様に、毛色にポイントが入る顔や手足などに特徴的な斑が入り、被毛はミディアムロングの猫です。大きめの猫にややつり上がった青い目、丸い顔をしています。 大きな体に筋肉質のしっかりした体を持つロング&サブスタンシャルタイプです。 毛色はラグドールが毛色を限定しているのに対して、ラガマフィンは遺伝学的に発生可能な毛色であれば、どのような毛色も認められています。ポイントの入り方が完全でない場合や、ポイントの上にスポットが入ってしまうことも認められているようです。 体重4.9~9㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 ラガマフィンの性格 ラガマフィンは甘えん坊で温和、人のそばにいたり抱っこされるのが大好きな人懐っこい性格です。 ほかのペットや家族の中にいても自分が1番愛されたいという猫らしい一面もありますが、ほかの猫やペット、子どもとも上手に付き合えるので愛情をめぐる闘争心はありません。むしろ先住のペットや子どもに自らすりよる面があります。 ラガマフィンを飼うときの注意点 肥満に注意 ラガマフィンの体格は他の猫より大きく、骨格や筋肉がしっかりとしています。その体を維持するためには、それに見合うだけのカロリーやたんぱく質が必要となるため、食事は他の猫種に比べて高カロリー・高たんぱく質のものが必要となります。 しかし、室内飼いでおとなしい性格の場合はあまり動こうとせず、肥満になってしまう可能性もあります。肥満は糖尿病などを引き起こす原因にもなりますので、十分に注意しましょう。 猫の性格や活動を見ながら食事のバランスを考え、適量の餌を与えるようにして肥満を予防していきましょう。 運動も欠かさず 好奇心旺盛で遊び好きな性格ですが、活発といえるほど動き回る猫でもないため、興味が向いた時に自由に遊べるキャットタワーやおもちゃなどをあらかじめ用意しておくとよいでしょう。 また、その際に用意するタワーもあまり高いものではなく、低めのものを用意すると良いほか、おもちゃは小さめで飼い主と遊べるようなものを好むので一緒に遊んであげると喜んでくれます。 手入れも怠らず ラガマフィンは長毛種なので、手入れには手間がかかります。 毛が絡まってしまうと毛球症という病気を発症するリスクが高まってしまい、この病気は猫が自分で毛づくろいをした際に毛玉を飲み込んでしまうことで、吐くことも排泄することもできなくなる病気で最悪命に関わります。 この病気を防ぐという意味でも、ブラッシングは1日2回は行うようにし、特に抜けが多くなる換毛期には2週間に1回はシャンプーを行って抜け毛を洗い流してあげるなどしましょう。シャンプーは猫用のシャンプーを使うようにしましょう。 しつけは優しく 賢く穏やかなラガマフィンは、臆病で用心深い面も持っています。毎日怒鳴ってしまうと飼い主を敵だと認識して近寄ってくれなくなる可能性があるので、失敗をしても怒鳴らないようにすることを心がけましょう。 とくに、トイレのしつけはどんな猫でも大切ですが、不慣れなうちはトイレ砂の上まで抱っこして連れていき、トイレ砂の上で排泄を成功させることを認識させましょう。ラガマフィンは自分の排泄物の臭いがする場所をトイレと理解するので、次からはトイレに排泄するようになります。 もし失敗してしまっても怒鳴らず、粗相した部分に臭いなどが残らないよう綺麗に掃除し、次こそ成功できるよう根気よく教えてあげましょう。 ラガマフィンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ラガマフィンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー…

エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

エキゾチックショートヘアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 エキゾチックショートヘアがなりやすい病気・ケガ エキゾチックショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 流涙症(りゅうるいしょう) 水頭症(すいとうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) シュウ酸カルシウム結石(しゅうさんかるしうむけっせき) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) エキゾチックショートヘアの特徴 エキゾチックショートヘアの歴史 エキゾチックショートヘアは、作出が始まってから60年程度という、比較的新しい猫種です。 1950年に、2つの異なる目的において、繁殖が始まりました。その1つはペルシャにアメリカンショートヘアの毛色を与えようという計画でした。 この異種交配はなかなかうまくいかず、アメリカの繁殖家ジェーン・マーティンは、ペルシャとアメリカンショートヘアのあいだに生まれた短毛の子猫たちの魅力に着目して、新しい猫種として登録されるように働きかけ、1966年CFA(アメリカン・キャットファンシャーズ協会)に登録されました。 当初は銀の毛色のみにするとして「スターリング」という名前が付けられていましたが、ほかの毛色も生まれることから、エキゾチックショートヘアという名前に変更されました。 もう1つ、同じ時期のアメリカで、キャロライン・バッセイという繁殖家が、茶色い毛のペルシャを作出しようと計画して、ペルシャとバーミーズを交配させていました。生まれた子猫は黒っぽ毛色ばかりでこの計画は失敗に終わりましたが、短毛に潰れた丸い顔のその子猫たちの予想外の可愛らしさに、バッセイはもしかしたらこの個性が多くの人に愛されるのではないかと考えていました。 この時代、ペルシャの短毛化やアメリカンショートヘアとの交配で銀の毛色を作出する目的で、多くのブリーダーが異種交配を試みていましたが、好ましくない繁殖や血統書の事実と異なる交配相手による作出など、不実な繁殖が横行していたともいわれています。 バッセイは新しく生まれた子猫たちを、倫理的にも正当に新しい品種として登録したいと考え、エキゾチックショートヘアとしては、バーミーズとペルシャから生まれた子にアメリカンショートヘアを掛け合わせること以外は認められないと考えて広めました。 こうして1975年まで、エキゾチックショートヘアは、この猫種を品種として確立させながら、同時に多様な遺伝子を保存することができました。 作出が始まって比較的新しい猫種であり、現在もまだ劣性遺伝子同士の交配で長毛のエキゾチックが生まれてしまうことがありますが、この場合は「エキゾチックロングヘア」とする団体や、ペルシャとして認定する団体など、血統登録団体により規定が異なっています。 エキゾチックショートヘアの大きさ・見た目 丸くて大きい目と低い鼻、耳が離れていて丸い頭をしています。また、短くてしっかりした脚、短めの丸い尻尾を持ち、やや大きめのコビーで、筋肉質でずんぐりむっくりしています。これはペルシャの特徴そのものですが、エキゾチックショートヘアは名前の通り短毛のダブルコートです。 毛色はホワイト、ブルー、クリーム、レッド、各色のタビー、バイカラーやキャリコ(三毛)、スモークなど、あらゆる毛色があります。 体重2.5~6.5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 エキゾチックショートヘアの性格 エキゾチックショートヘアの性格はペルシャ譲りで、基本的には穏やかで落ち着いていますが、アメリカンショートヘアの影響でペルシャよりも活発な面が見られます。ペルシャがあまりしないハンティングを、不器用ながらも精力的に行おうとするのはアメリカンショートヘアの影響のためだといわれています。 家族が好きで、常にそばにいたがり、抱かれるのも大好きです。甘えん坊ではありますが、そこまで依存心が強くないため、くどくない性格です。 他の猫や犬などのペットとも上手に付き合っていけます。 エキゾチックショートヘアを飼うときの注意点 スキンシップで信頼関係を エキゾチックショートヘアは臆病な面もあるので、警戒心を抱いてしまうこともあります。しかし、信頼関係が出来上がってくれば甘えてくることも多い猫です。甘えてきたときや構ってほしいと感じた際は、コミュニケーションをとるような飼い方をしましょう。遊びを取り入れつつ、スキンシップをするのもいいです。健康管理にも繋がり、寿命を延ばすこともあるので、少々忙しくてもエキゾチックショートヘアとの時間は大切にするように心掛けましょう。 手入れはほどよく エキゾチックショートヘアは短毛種なのでブラッシングは1週間に1~2回で大丈夫です。年に2回の換毛期には、シャンプーをして抜けた毛を取り除いてあげると良いでしょう。エキゾチックショートヘアはシャンプーも嫌がらない穏やかな性格の子が多いので、一般的な猫よりは手入れがしやすいといえます。 もちろん個体差があるので、嫌がる猫は無理にお風呂に入れる必要はありません。シャンプー後はきちんとドライヤーで乾かすことで毛の絡まりなどを防いであげつつ、温風による火傷には十分気を付けながら行いましょう。 洗顔は優しく エキゾチックショートヘアのような短頭種は、鼻や涙がつまりやすいため、毎日優しく、洗顔してあげましょう。濡らしたコットンや猫用のウェットティッシュで、こすらないよう、優しく拭き取ります。 室内環境を整えて エキゾチックショートヘアは短毛ですが、筋肉質な体と被毛自体がとても密集しているため、暑さにはとても弱いです。 室内にいても熱中症になってしまうので、人が快適に過ごせる温度、冷房を使って普段から室温管理に注意するようにし、室温は27℃前後に設定しておくと良いですが、猫が休む環境を季節ごとに見直すようにしましょう。 また、エアコンが停電などで切れてしまった時のために冷感マットなどを敷いて涼む場所を作ってあげるのもよいでしょう。 鼻が短いエキゾチックショートヘアにとって、熱中症や呼吸の乱れは命の危険につながります。温度管理には十分に気を付けると同時に猫は室温が下がりすぎることも苦手とするので慣れてもらうためにも徐々に温度を下げるなどして合わせてあげましょう。 肥満に気を付ける エキゾチックショートヘアは太りやすい体質なので食事には気を付ける必要があります。 元々が小食なのでガツガツ食べるということはありませんが、運動が得意でないという面も相まって食事管理が悪いとあっという間に肥満になってしまいます。 キャットフードはライフステージに合ったものを与え、同時にカロリーコントロールもしてあげるようにしましょう。 エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア…

チンチラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

チンチラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チンチラに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 チンチラがなりやすい病気・ケガ チンチラがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえ) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) 流涙症・短頭種気道症候群(りゅうるいしょう・たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう) 肥満(ひまん) 水頭症(すいとうしょう) 眼瞼内反(がんけんないはんしょ) α-マンノシドーシス(あるふぁまんのしどーしす) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) チンチラの特徴 チンチラの歴史 チンチラはペルシャの毛色のバリエーションの一種で、シューデッドカラーうち、ゴールドまたはシルバーの毛色で青もしくは緑の目を持つ猫をチンチラペルシャやチンチラと呼んでいます。 欧米の一部の国でこの毛色のペルシャをチンチラという品種として独立させようという動きがありましたが、これを認めているのは南アフリカなどのごく一部の血統管理団体のみとなっています。 ペルシャの起源は古く、純血種の中では最古の品種の一つとされていますが、その後の交雑により様々な毛色が導入されることになりました。ペルシャはキャットショーの歴史において最初に登場する猫種のひとつでもあり、その優雅で美しい容姿は早くから多くの熱烈な愛好家を引き寄せてきました。 そんな中、チンチラが作出されたのは、1882年のイギリスで、ブルーのペルシャと雑種猫の交配により生まれた「チニー」をシルバータビーのペルシャと交配させて生まれた子猫たちの中に「銀の子羊」と名付けられたシルバースモークの毛色のオスがおり、このオス猫がチンチラの基礎になったとされています。 美しいペルシャの中でもひときわ目立つシルバースモークの猫は、輸出されたアメリカでも熱狂的な愛好家を生み出しました。 愛好家たちはチンチラをペルシャから独立させようと、アメリカ最大の猫血統団体であるCFAに申請しましたが、ペルシャと分けるのは毛色以外の特性が無いことから、CFAはこれを見送りました。その代わり、キャットショーではペルシャの毛色のバリエーションの一つとして、チンチラ部門を設けてショーを行っています。 名前の由来は、被毛の柔らかさがげっ歯類の「チンチラ」のようだったため、チンチラと名付けられたといわれています。 チンチラの大きさ・見た目 チンチラの特徴はペルシャとほとんど差はありませんが、チンチラの方がペルシャよりやや毛質が軽いとされています。 短めの脚、ドールフェイスと呼ばれる丸い目と低い鼻、耳の間が離れており、ペルシャと異なる特徴として、目の色が緑または青系統でアイラインがより強くくっきりと描かれていることなどが挙げられます。 また、毛先に入るシェードの分量が、ペルシャでは毛の3分の1まであるのに対して、チンチラでは8分の1までともされ、ペルシャよりも明るい色合いが特徴です。 中型コビータイプで体長は短く丸い体型です。 主な毛色はシルバー、ゴールデン、ブルー、ブルーゴールデンの4種類で、チンチラを代表するシルバーの毛色は、アンダーコートも白くなければいけません。背中と脇腹、尾と頭はわずかな黒のシェードが入ります。チンチラブルーの場合は、黒のシェードの代わりにブルーのシェードが入ります。 また、チンチラゴールデンの場合は、アンダーコートはアプリコットまたはより明るい色でなくてなならず、毛先のシェードは黒が入ります。ブルーゴールデンの場合は、アンダーコートは更に青白く明るい色であり、毛先のシェードはブルーになります。 体重3.0~5.5㎏、平均寿命は15際~20歳ほどです。 チンチラの性格 チンチラの性格は上品で落ち着いており、マイペースでゆったりとした性格です。 大変静かで、発情期のオスでさえ鳴いたり騒いだりということが少ないとされ、活発に運動するよりはリラックスして過ごすことを好み、成猫になると遊びを要求することが滅多になくなるほどおとなしくなります。 しかし、人間は好きで、自立心が強いわけでもないので、程よい距離感を保ちながら暮らすのが好きな猫であるといえます。子どもの相手もしますが、しつこくされると距離を置くなどの対処をしたりします。 チンチラを飼うときの注意点 環境管理はこまめに チンチラは日本の湿気を伴う暑さには弱いため、夏場などはエアコンなどで温度管理をしっかりと行い、夏の暑い日には外に出さないようにしましょう。 ストレス解消や肥満予防にも運動は必要ですが、あまり運動が好きではない猫なので、室内飼いの場合でもそこまで大きなキャットタワーではなく低めのタワーを設置したり、動き回るスペースもそこまで広く作る必要はありません。 猫が遊びたそうにした時はおもちゃなどで遊んであげつつ、疲れた素振りを見せたときはのんびりさせてあげるなど、ちょっとした遊びと休憩をはさみながら相手をしてあげると良いでしょう。 肥満に注意し適量を チンチラはがっちりとした骨格と体型なので、体の成長が止まる1~1.5歳くらいまでは、高たんぱくな餌でしっかりとした体づくりのサポートをしてあげる必要があります。 しかしチンチラは運動不足になりやすいため、消化・吸収の良い、高資質のキャットフードがオススメです。 猫にとってエネルギーに変えやすい20%前後含まれるフードを選んであげるようにしましょう。 また、成長が止まった後は芋類が使われている餌がよいでしょう。 チンチラの柔らかな毛は美しいですが、毛を体内にため込みやすく、毛球症の心配が出てきます。そのため、芋類の中にバランスよく含まれる水溶性繊維と不溶性繊維が便秘にもなりにくく、腸にも優しく毛玉をサポートしてくれるため、オススメです。 手入れはこまめに チンチラは長毛種のダブルコートなので、こまめな被毛ケアが必要になります。 毎日1回、できれば毎日朝晩2回は行いたいところで、特に耳の後ろ・脇は毛玉ができやすい箇所なのでマメにブラッシングしてあげるようにしましょう。 毛が絡まってしまってるようなら、スリッカーブラシで根元を抑えながら絡まりを解き、コームで毛の流れを整えてあげましょう。 また、猫が嫌がらない場合は1ヵ月に1回はシャンプーをしてあげるのも毛並みや皮膚の清潔を保つのにオススメです。 こうして抜け毛を除去してあげることで皮膚病や毛球症の予防にもなるため、被毛のケアはこまめにしてあげるようにしましょう。…

アビシニアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

アビシニアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アビシニアンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アビシニアンがなりやすい病気・ケガ アビシニアンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 細菌性尿路感染(さいきんせいにょうろかんせん) マイコバクテリア症(まいこばくてりあしょう) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 杆体錐体異形成(かんたいすいたいいけいせい) 腎アミロイドーシス(かんあみろいどーしす) 重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) 網膜変性症(もうまくへんいしょう) アビシニアンの特徴 アビシニアンの歴史 アビシニアンの起源には諸説あり、原産国もエジプト、エチオピア、イギリスとされることがしばしばあります。 しかし、信憑性はともかく、約4000年前に古代エジプトの出土品や壁画に描かれていた猫の特徴がアビシニアンに似ていることから、エジプト原産という説が立てられました。 アビシニアンという名前の由来にもなったとされる説として、1868年のイギリス・エチオピア(旧アビシニア)戦争から帰還したイギリス兵たちが持ち帰ったとするものがあります。この時に祖先猫とされたのは「ズーラ(Zula)」という名前のメスの猫だったという話も伝わっており、長い間信じられてきましたが、近年この説にも模擬的な見方が増えてきているようです。 近年の遺伝子分析研究では、インド大陸ベンガル湾周辺の土着猫が祖先である可能性が指摘されており、オランダのライデンにあるナチュラリス生命多様性センター(自然史博物館)には、アビシニアンに大変よく似ている猫の剥製が保存されていますが、その猫は1830年代中頃にインドから来たものと説明されています。 さらには外観上の類似点から、イエネコの祖先であるリビアヤマネコとも血縁が近い可能性もあるとされています。 起源はさておき、アビシニアンはイギリスに入ってから改良され、1870年頃にはキャットショーにデビューしました。イギリスの猫血統管理団体であるGCCFに品種登録された後、1927年頃にはフランスでも本格的な繁殖が始まり、さらに1935年頃からはアメリカで繁殖が開始されたのちにデンマーク、スウェーデン、オランダ、オーストラリア、そして日本に渡り、世界中で沢山の人々に愛される猫種となりました。 アビシニアンの大きさ・見た目 ティックド・タビーの細かい縞パターンに包まれた、シャープで筋肉質の体格を持つ、やや小さめの中型猫です。 小さなくさび型の頭に大きな耳、アーモンド形の大きな目はグリーンまたはゴールド(琥珀色)に輝き、尾は長く、脚は細長い筋肉質のフォーリンタイプの猫です。 毛質は短毛ですがダブルコートで、主な毛色はルディー、レッド、ブルーおよびフォーンです。 アビシニアンの毛色はソリッドにみえますが実はタビーで1本の毛に色合い変化がある毛の集合体です。これをティックド・タビーと呼び、子猫の頃は尾や手足に、よりタビーらしい縞が浮き出ることがありますが、多くは成猫になるにしたがって、非常に細かいティックドになっていくようです。 体重2.5~4.5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 アビシニアンの性格 アビシニアンは好奇心が強く、とても活発で、非常に甘えん坊です。 人間と遊ぶことが大好きで、ボールを投げれば取ってきたり、遠くから呼べばやってきたり、犬と同じようにお手を覚えたりなど犬のような性格の猫だといわれています。 また、声がきれいなことでも知られていますが、大きな声で鳴くことはあまりありません。 初対面の人間や他の猫、またはペットとも仲良くでき、人間の子供に対しても上手に相手をします。 ほかにもイタズラ好きで気が付いたら高い場所に登っていたり、壁を駆け上がるなどの活発な姿を見せるなど、いろいろな面を見せてくれる猫です。 アビシニアンを飼うときの注意点 脱走防止対策をする 外の危険から守るためにも、完全室内飼いをオススメします。室内飼いにするとことで、アビシニアンの寿命を延ばすことにもつながるので、是非行いたい飼い方です。 ですが、活発なアビシニアンなので、外に興味を持ち、脱走をしてしまう可能性もあります。なので、窓や網戸をロックするなどの脱走に対する防止対策をしておく必要があります。 運動のできるものを用意する アビシニアンは運動量が多いため、キャットタワーの設置をオススメします。グルーミングタワーなどもオススメです。 頭が良く、狩野能力も高いので、おやつと遊びを組み合わせたおもちゃなども喜んで遊びます。ねこじゃらしなどのおもちゃも大好きなので遊びに活用していきましょう。 トイレは清潔に アビシニアンに限りませんが、猫はトイレの汚れにこだわるほどの綺麗好きなので、トイレの掃除はこまめに行いましょう。トイレが汚れたままだと、ほかの場所に粗相をしてしまう可能性があるので、清潔な環境を維持できるように努めましょう。 手入れはこまめに アビシニアンは短毛ですが、コミュニケーションにもなるので、積極的にブラッシングはしてあげるようにしましょう。また、ダブルコートですが短毛なので、1日1回のブラッシングで十分です。 シャンプーは月に1度くらいを目安に洗ってあげると良いでしょう。 また、活発に動くアビシニアンはカーテンによじ登るなどしばしば行いますが、その際に爪が伸びすぎていたために何かに引っ掛かって起こる事故などを考え、爪を切っておく必須があります。基本的には2週間に1度程度行いますが、子猫の頃から爪切りに慣れさせておくと切る際に暴れることもないのでオススメです。 肥満に気を付ける 運動量が多いため、食欲も旺盛な面が見られます。 食べ過ぎると当然ですが、肥満になってしまうため、与える餌の量はきちんと適量で与えるようにしましょう。その際に与える量に迷ってしまう場合は、獣医さんに飼い方を含めて相談をしてみるとよいでしょう。 アビシニアンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アビシニアンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン…

ミヌエットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ミヌエットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ミヌエットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ミヌエットがなりやすい病気・ケガ ミヌエットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) 腎機能低下(じんきのうていか) 肥満(ひまん) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 角膜炎(かくまくえん) ミヌエットの特徴 ミヌエットの歴史 ミヌエットは、以前「ナポレオン」と呼ばれていた猫で、2015年5月に名称が「ミヌエット」へとへ変わりました。猫種の起源も新しく、最初の子猫が作出されたのは1996年のことです。 作出者のジョセフ・スミスは、猫ではなく犬のブリーダーで、バセットハウンドの繁殖やドッグショーでのジャッジメントを務めるなど、脚の短い犬の熱烈な愛好者でした。 前年の1995年6月、ジョセフは米国の新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事で脚の短い猫マンチカンのことを知り、マンチカンに夢中になったジョセフは、猫にも短足の遺伝子があること、そして育種のプロセスで避けられない、脚が長くなってしまったマンチカン(のような猫)が捨てられて多くの保護センターに収容されていることを知りました。ジョセフには収容されていた猫がどれもマンチカンであったかどうかの確信はなかったものの、「足が長くなるために捨てられる」例があってはいけないと考え、自らの手で短足猫の固定化を試みたのです。 ジョセフは最初に、猫種として固定しているペルシャをマンチカンと交配させました。その子猫をヒマラヤンやエキゾチックショートヘアなどペルシャ系の長毛種と掛け合わせて生まれたのがミヌエットでした。 ペルシャ以外の猫を血統に入れたのは、呼吸器系の疾病にかかりやすいペルシャの「鼻ぺちゃ(peke-nose)」を取り除くと同時に、旧来の凛々しいペルシャ像を好む人々にアピールするという目的があったようです。 ジョセフはミヌエットを新猫種とするため、2001年に猫の血統登録団体TICAで予備登録を受けました。その後もジョセフは研究と育種を続けましたが、彼の考える理想のミヌエットになかなか近づくことができず、2008年にはこの育種計画を降りてしまいました。 鼻が低すぎない、脚が短いことを共通点に長毛と短毛のあらゆる毛色が生まれることから、一見して固定した猫種とわかりにくいため、猫の血統登録団体ではミヌエットを新猫種として認めない団体もあります。そのため、キャットショーに出展される機会も少なく、日本でも認知度が低い希少種となっています。 ミヌエットの大きさ・見た目 丸みのある体に短い四肢、骨格はしっかりしていて、太い首と丸い頭をしています。しかし、ペルシャほどマズルが低くないことが条件で、ミヌエットの育種の過程でペルシャ系でみられる短頭種に起因する呼吸器疾患を避ける方針であるからとされています。また、前脚がO脚になるのも好ましくないとされています。 小さい耳は先端が丸く、鼻先にはストップがあります。 毛質は短毛と長毛があり、被毛はダブルコートで抜け毛が多く、毛色は様々な色が認められています。 体重は2~4㎏、平均寿命は12歳~14歳ほどです。 ミヌエットの性格 ペルシャの甘えん坊とマンチカンの好奇心の強さと活発さを兼ね備えた性格をしています。 大変人懐っこく、警戒心が少ないので来訪者にもすぐ懐きます。 しかし、引っ越した時などの新しい環境に対しては慎重になりがちなので警戒心が強まる時もあります。 基本的には温厚で、遊び好きの愛らしい面の目立つ猫です。 ミヌエットを飼うときの注意点 肥満に注意 小さい体ですが、筋肉質な体型のミヌエットは、日頃からの食事管理を行わないとすぐに太ってしまい肥満体になる可能性があります。 そのため、適度な運動が必要となりますが、遊ぶことが大好きな性格なのでしっかりと運動できる環境さえ整えてあげれば自然と肥満を回避することができます。動くおもちゃや上下運動が可能なキャットタワーなどがオススメです。 また、飼い主が遊んであげることでストレス軽減にもなるので、できる限りコミュニケーションをとるためにも猫と楽しく遊んであげるようにしましょう。 留守番は少しずつ慣れさせて 甘えん坊でありながらマイペースな面もあるミヌエットは、自分から甘えたがるのに人からしつこくされると嫌がる面があります。 自立心があるため、一匹でも留守番をすることは可能ですが、いきなり長時間の留守番は甘えん坊のミヌエットには不安が強めます。はじめの留守番は時間を短めにしてあげるようにし、徐々に留守番する回数や時間を増やしていくことで一人でお留守番ができるよう慣れさせてあげましょう。 いたずらが得意なので注意 ミヌエットは穏やかな性格ですが、遊ぶことも大好きなので、一緒に遊んであげる時間は作ってあげるようにしましょう。 また、ミヌエットはあまり鳴きませんが、鳴くことで猫の要求が通った場合は、賢い性格なので「鳴くことで要求が通る」と覚えてしまうことがあります。そうなると頻繁に鳴くようになるので、誤ったことをおぼえさせないよう、きちんとしつけをするようにしましょう。 手入れはこまめに ミヌエットは長毛のダブルコートなので、抜け毛が多いうえ、長毛の場合は毛玉ができやすいことから、毎日のブラッシングとコーミングが欠かせません。 長毛のミヌエットはブラッシングだけでは十分に毛が梳かせず、コームを使ったブラシのコーミングが必要になります、コーミングは抜け毛取りと同時に、毛玉をほぐすこともできるため、コーミングブラシの粗目と細目を使い分けてコーミングすることで綺麗な毛並みを維持することができます。 ブラッシングを嫌がる猫もいるので、そういう時はクリッカートレーニングなどを行うと嫌がらずにブラッシングをすることができます。短毛種の場合は週1~2回のブラッシングが必要になります。 ミヌエットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ミヌエットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

アメリカンカールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

アメリカンカールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アメリカンカールに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アメリカンカールがなりやすい病気・ケガ アメリカンカールがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 毛球症(もうきゅうしょう) 軟骨形成不全(なんこつけいせいふぜん) コロナウイルス(ころなういるす) 外耳炎(がいじえん) アメリカンカールの特徴 アメリカンカールの歴史 アメリカンカールは猫の純血種の中でも新しく、繁殖の基礎となった猫が発見されたのは1981年6月のことした。 カリフォルニア州レイクウッドに住んでいたジョン・ルーガ/グレース・ルーガ夫妻が、自宅玄関で見つけた黒く美しい長毛の若猫は、外側に反り返った形の耳を持ち、人懐っこく愛らしい様子からルーガ夫妻のもとに迎えられ、「シュラミス(黒い美人)」という名前を与えられました。 その半年後の1981年12月にシュラミスは子猫を出産し、その4頭の子猫のうち、2頭はシュラミスと同じ形の耳を持っていたのです。 シュラミスの耳の形は当初、一部の猫愛好家や遺伝学者などの議論に留まっていましたが、この出産により、耳の形が遺伝することが判明しました。 1983年には、猫愛好家や繁殖家によって品種として作成される計画が立てられ、繁殖が始まりました。 なお、シュラミスから生まれた子猫のうち「メルセデス」と名付けられた一匹を譲り受けたオレゴン州のナンシー・キースターは、この「メルセデス」から、短毛種である「アメリカンカール・ショートヘア」を作出しています。 猫の遺伝を研究していたイギリスの学者ロイ・ロビンソンは、アメリカンカールの繁殖者と協力して、81頭の母猫から生まれた合計383頭の子猫を調査分析した結果、耳の形の遺伝子は突然変異で起きた独特のものであり、奇形ではないこと、慢性遺伝子であることを確認しました。さらにロビンソンは、1989年の発表で、この耳の形は遺伝疾患を伴わないとしました。 耳の形が前に垂れているスコティッシュフォールドは体の弱い個体が多いことで知られていますが、アメリカンカールの場合は、健康な猫の突然変異が固定化したものと考えられており、シュラミスの親猫がそうであったように、もとが土着の猫だったアメリカンカールは多様な遺伝子を持つため、純血猫としては大変頑健であるとされています。 アメリカンカールは繁殖が始まってから30年程度しか経っていないことから、遺伝子の多様性をはかり健全な品種とするために、2014年現在は雑種猫との交配を認めている団体があります。また、アメリカンカールの正しい血統書がついていても、耳が巻かないタイプの個体もいます。 心身共に健康な猫種を育成するためにこれらはどうしても必要な存在であり、長い時間をかけてアメリカンカールという猫種を作り上げていく経過でもあります。 アメリカンカールを求めるときは、このような状況も踏まえて、しっかりと検討しましょう。 アメリカンカールの大きさ・見た目 アメリカンカールは筋肉質で小型のスリムなセミ・フォーリンです。 脚は中くらいの長さで、尾は長く、くさび型の頭部にクルミのような形の目、特徴的な耳は後方外側に巻いています。 被毛には長毛と短毛があり、長毛タイプはシルキーなシングルコートまたは非常に少なく短いアンダーコートが生えており、短毛タイプはダブルコートが多いようです。基礎となった猫は長毛タイプでしたが、現在は短毛タイプも存在しています。両親が短毛タイプでも長毛タイプが生まれることがあるようです。 アメリカンカール独特の耳の形をする子猫の出現は50%なので、耳が巻いていない個体もいます。 生まれたときにはどの子猫もまっすぐな耳をしていますが、およそ1週間程度で後方に巻き始めます。さらに3~4ヵ月程度でしっかりと後方外巻きに巻かれ、成猫になるに従ってきっちい巻かれた耳が緩いカーブに変わっていくことも多いようです。 巻き具合には個体差があり、少し後ろに沿っている程度のものから、180度以上巻いているものもいます。 毛色は長毛と短毛どちらにもあらゆる色が存在し、認められています。 体重2.5~4.5㎏、平均寿命は13歳~16歳ほどです。 アメリカンカールの性格 アメリカンカールは好奇心が強く、大変活発で明るい性格をしています。 人懐っこく、人見知りも少ない、退屈しのぎなのか唐突に人にちょっかいを出すなどの一面も見られます。 犬や他のペット、子どもとも仲良くでき、親しんでいこうとするため、比較的飼いやすいでしょう。 また、家族に対する愛情が深く、時に飼い主に付きまとうほどで、犬のような愛情表現をするともいわれています。 甘えん坊でいつまでも子猫でいるような面もあり、「猫のピーターパン」という愛称で親しまれています。 アメリカンカールを飼うときの注意点 耳を触りすぎないこと 先述しましたが、アメリカンカールは生まれて間もないころには耳が巻いていません。 生後間もないころは耳の扱いに注意が必要となります。興味本位で触りすぎてしまうと、耳の内側にある軟骨を傷つけてしまう恐れがあるからです。カールが完成するまで必要以上に触れることは避けましょう。 外耳炎に注意 特徴的なカールした耳ですが、ほかの猫種よりも固いため、外耳炎になりやすいといわれています。早期発見をして、治療薬を塗れば治りは早いですが、いつまでも放置してしまうと中耳炎や内耳炎といった病気になってしまう可能性が高いので注意が必要となります。 手入れはこまめに 短毛種と長毛種がいるため、毛種に合わせたブラッシングをしてあげましょう。 短毛種の場合は1日に1回程度のブラッシングで大丈夫ですが、長毛種の場合は毛量の多さゆえ、1日に2回ほどブラッシングすることが必要となります。 運動できる環境を整える 遊ぶことが大好きで、沢山走り回れることも考えて、十分な広さの部屋で飼うことがベストです。 キャットタワーやおもちゃなどを用意し、遊んであげたりすることでストレス解消にもなるため、準備してあげるとよいでしょう。 餌は高タンパクがオススメ アメリカンカールは他の猫よりも運動量が多いため、キャットフードは高タンパク・高カロリーのものが望ましいとされます。 しかし、餌の与えすぎは肥満に繋がりますので、適量を与えるようにし、体重の管理にも気を配りましょう。 しつけもしっかりと アメリカンカールは穏やかで人懐っこい性格ですが賢く、しつけもしやすい猫といわれています。 しかし、甘えん坊なためによくいたずらをして家族の気を引こうとする面もあるため、子猫のうちからきちんといたずらへのしつけをしておく必要があります。 いたずらをしてしまったその時に「だめ」だと注意をし、優しくルールを教えてあげましょう。 アメリカンカールにおすすめのペット保険…

ソマリにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ソマリにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ソマリに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ソマリがなりやすい病気・ケガ ソマリがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) ビリルビン胆石症(びりるびんたんせきしょう) 腫瘍(しゅよう) アビシニアン関連疾患(あびしにあんかんれんしっかん) 毛球症(もうきゅうしょう) ソマリの特徴 ソマリの歴史 ソマリはアビシニアンの長毛種ですが、現れ始めたのは1950年頃からと言われています。 古い起源を持つ、アビシニアンは19世紀後半から純血種としての繁殖がはじまり、20世紀初頭には世界中の猫血統管理団体に登録されていました。 第二次世界大戦までに世界中の純血種のペットたちが激減し、戦後は種の復活のために様々な異種交配が行われていた時期がありましたが、アビシニアンの長毛種もその経過として生まれたものと考えられていたため、繁殖者のあいだでは長毛のアビシニアンが生まれることは純血の育成に反するものとして否定的でした。アビシニアンから生まれた長毛の猫は、ペルシャのような一般的な長毛種より被毛が短く、セミロングよりもやや短いというあまりない長さの被毛であることも、中途半端な印象を与えていたようです。 アビシニアンの繁殖をするブリーダーは、長毛タイプが生まれるとショーに出せないと考え、ペットとして一般の飼い主に譲ることが多くありました。1963年、カナダの血統登録団体CCAが主催するキャットショーで、繁殖者メアリー・メリングはちょっとし悪戯を思いつき、価値の低いと考えられていた長毛種を審査用のケージに入れて、ほかのショーキャットたちのケージと混ぜておきました。 これを発見した審判員ケン・マッギルが感嘆の大きな声をあげたため、アビシニアンのブリーダーたちは面白がっていましたが、マッギルはこの長毛のアビシニアンの魅力に驚いて声をあげており、メリングに長毛のアビシニアンをオーダーし、ソマリの育種が始まったとされています。 ソマリの育種には、もう一つ逸話が残っています。 カナダでケン・マッギルが長毛のアビシニアンを見初めたその頃、アメリカでは繁殖家のイブリン・メイグが長毛の遺伝子を持つ2頭のアビシニアンをそうとは知らずに交配していました。生まれた子猫「ジョージ」をメイグは友人を通じて、ペットとして一般の飼育者に譲渡しましたが、譲渡した相手は猫アレルギーのために飼い続けることができなくなり、猫を保護施設に譲り渡していました。メイグは繁殖をしながら猫の保護活動も行っており、持ち込まれた長毛のアビシニアンを見てその美しさに驚きましたが、その猫が自ら繁殖し譲ったジョージだと知ると大変ショックを受けました。 ジョージを取り戻したメイグは、自分の繁殖していたアビシニアンたちとの評価の差に悲しみ、やがてジョージと同じロングヘアのアビシニアンを猫愛好家に受け入れてもらうべく決意して、育種を始めたのでした。 なお、近年の遺伝子解析による研究や繁殖者の経験から、ソマリが長毛になったのは異種交配が原因ではなく、突然変異であることがわかり、ソマリは現在、カナダやアメリカ以外の世界中で猫種として登録され、アビシニアン同様に世界中で愛されています。 ちなみに「ソマリ」という名の由来は、アフリカのエチオピア(旧アビシニア)の隣国「ソマリア」からきていますが、血統とソマリアとは直接の関係はありません。 ソマリの大きさ・見た目 ソマリは小さく緩やかなV字型の頭に大きな耳がついていて、アーモンド形の大きな目をしています。 目はアビシニアン同様にグリーンまたはゴールド(琥珀色)で、尾は長く、体の被毛よりも長めの毛でおおわれてふさふさとしているため、愛好家からは「キツネのような猫」と呼ばれることもあります。やや小さめで、筋肉質のフォーリンタイプです。 毛色はルディー、レッド、ブルーおよびフォーンで、アビシニアン同様にティックドタビーです。 体重は2.5~5.5㎏、平均寿命は12歳前後といわれています。 ソマリの性格 ソマリはアビシニアン同様、好奇心が強く、活発で甘えん坊です。 賢く洞察力があり、好奇心の強さも相まって、人間のすることをよく見ています。 犬のような猫といわれるほどにコミュニケーションが取りやすく、しつけが入りやすい猫です。 ソマリを飼うときの注意点 温度調節をしっかり ソマリは長毛種なので、夏の暑さが苦手です。日本の夏の暑さには湿度が高いこともあり、熱中症にも気を付けなくてはなりません。 個体差はありますが、暑がる様子や寒がる様子があれば、その都度注意して室温を設定するようにしましょう。熱中症予防は大切ですが、冷えすぎると体調を崩してしまうため、設定温度は低くし過ぎないようにするとよいでしょう。 万が一、停電などによってエアコンが消えてしまった時のために、冷房マットなどを敷いて体を冷やせる場所を作っておくのもオススメです。 また、冬は寒さを防ぐために暖房を使って室温管理をすることも大切ですが、部屋の乾燥にも気を付けましょう。 ヒーターなどを使う場合は火傷に気を付けたり、コンセントによる事故に十分注意し、こまめに掃除をして衛生面にも注意しましょう。 運動環境を整える ソマリは元気いっぱいで遊び好きなので室内でも活発に走り回ったり、大ジャンプをすることがあります。その際、何かの拍子に滑って関節を傷めたり、骨折の原因となってしまうことがあるので注意が必要です。 床がフローリングの場合、滑りやすさが高くなるので可能な限りカーペットやマットなどを敷いて滑りにくい環境を整えるようにし、リビングなどでも家具を上手く配置して運動ができるようにスペースを設けましょう。 キャットタワーなどを設置する場合には突っ張り棒タイプのものを選び、思いっきりかけ上ることができるようにしておくと安心です。 また、運動の他にも爪とぎの設置も欠かせません。爪とぎの設置をしないと猫が床や壁を傷つけてしまう可能性があるため、いくつか爪とぎのスペースを作り、設置をするとよいでしょう。 手入れは欠かさず ソマリは長毛種ですが、比較的手入れは楽な方だといわれています。 オーバーコートとアンダーコートの上毛と下毛のダブルコートで、長さはセミロングなのでブラッシング時に引っ掛かりに痛がったり、切れ毛も本とんど無いようです。 ブラッシングは1日に1回、コミュニケーションとしてコーミングなども一緒に行うことで部屋を舞う抜け毛に悩まされることはほぼ無くなり、信頼関係も築くことができるので行っていきましょう。 シャンプーは2ヵ月に1度程度が理想的だといわれています。ソマリの毛は脂っぽい方なのでシャンプー前にしっかりと脂落としを行うなどの手間は多少かかります。特に、背中から尾にかけて脂っぽさが濃くなりがちなので丁寧にケアしてあげましょう。 また、シャンプー後はきちんとドライ作業を行うことで、毛玉に苦労することがだいぶ減ります。 肥満に注意 ソマリの祖先であるアビシニアンは食いしん坊が多いようで、食べ物への執着心が強く出る個体も多くいるようです。 必ずしもソマリにその要素が出るわけではありませんが、暴飲暴食は肥満に繋がるため、きちんと食べ物の管理や一回の食事の際に与える食べ物の量を把握して与えるようにしましょう。 しつけは子猫の時からコツコツ 飼い主に従順な性格なので、しつけは比較的簡単で、覚えも早いといわれています。ですが、大人になってからではなかなか習慣化されないので、子猫のうちからしっかり覚えさせてあげましょう。 トイレのしつけに関しては、ほかの猫同様にそわそわしたりもじもじしたりとトイレに行きたそうな様子が見られたら連れて行ってあげるようにしましょう。 また、ソマリは綺麗好きで神経質な面があるので、トイレは静かな場所に設置し、こまめに片づけたり、砂を変えたりすることを怠らないようにしましょう。…

セルカークレックスにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

セルカークレックスにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

セルカークレックスに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 セルカークレックスがなりやすい病気・ケガ セルカークレックスがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 真菌症(しんきんしょう) 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん) 外耳炎(がいじえん) セルカークレックスの特徴 セルカークレックスの歴史 セルカークレックスは「奇跡の猫」という別名を持っています。その理由は、この猫が発見された経緯に由来しています。 1987年、アメリカ・モンタナ州の動物保護施設に5頭の子猫がいました。そのうちの1頭に巻き毛の被毛をもつ子猫がおり、この子猫を引き取ったのがペルシャ猫の繁殖をしていた、ジェリー・ニューマンという女性でした。この時の巻き毛の子猫がセルカークレックスの祖先猫となります。 巻き毛の猫を引き取った繁殖家のジェリー・ニューマンは、巻き毛の猫に「ペスト」と名づけることにしました。ペストが拾われた地域周辺においてコーニッシュレックスやデボンレックス、ラパーマのような巻き毛の猫が生息していなかったこと、またペストの兄弟は皆直毛であったことから、ニューマンはペストが突然変異で巻き毛になったのではないかという仮説を立てました。 そこで、ニューマンは自分の飼っていた黒いペルシャ猫とペストとの交配を行います。そのようにして生まれた6頭の子猫のうち、3頭が巻き毛を持って生まれてきました。このことから、この毛質が遺伝であると確信したニューマンは、ほかの繁殖家とともに新しい巻き毛の猫の育種を始めました。 そして生まれたのがセルカークレックスという猫種です。人懐こさと長毛の毛質のためにペルシャ猫、忍耐強さのためにブリティッシュショートヘア、朗らかな性格のためにエキゾチックショートヘアなど他の猫との交配を進めることによりセルカークレックスは誕生しました。ペットとしてふさわしい容姿と性格を持つ、新しい猫種として誕生したのです。 名称のもととなったセルカークは、ペストが発見された動物保護施設のあるモンタナ州の山の名前だと言われていましたが、後にジュリー・ニューマンの義父の名前からとったものだと言うことが明らかになっています。 TICAは1990年に経過観察を開始し、1992年にはTICAで、1998年にはCFAやほかの団体で、新しい猫種として認定登録されることになりました。 セルカークレックスの祖先にあたるペストは最初に動物保護施設で保護されていたため、もし殺処分されていたり、繁殖家のジュリー・ニューマンに出会っていなかったりしていた場合、セルカークという猫種はこの世界には存在していません。そのためセルカークレックスは別名「奇跡の猫」と呼ばれているのです。 セルカークレックスの大きさ・見た目 平均体重はメスが3kg〜4.5kg、オスが5kg〜6.5kgとされています。かなり個体差が激しいと言われています。 セルカークレックス最大の特徴は巻き毛です。首まわりやしっぽの毛は特に厚くボリュームがあります。巻き毛の猫はほかにコーニッシュレックスやデボンレックス、ラパーマがいますが、最もボリュームがあるのがセルカークレックスです。 丸い頭、まん丸の目、短めの鼻という愛嬌のある顔つきをしています。 セルカークレックスには、短毛と長毛のどちらも存在しており、どの長さの猫でも毛はカールしています。短毛の場合、体や尻尾の被毛の長さが同じです。長毛の場合は首回りがの毛がより長く、顔の輪郭が際立ちます。 毛色はチョコレート、レッド、ホワイト、ブラック、ブルー、ラベンダー、クリームなどがあります。目の色はサファイアブルー、カッパー、ブルー、オレンジ、ヘーゼル、アクア、ゴールド、グリーン、イエローなどです。オッドアイの猫もいるようです。 セルカークレックスの性格 甘えん坊で人懐っこい性格をしています。飼い主のひざに乗ることが好きで、静かで落ち着いたところを好みます。 寂しがりやな面もあります。長時間構ってあげないことがあった時には、寂しさからストレスを溜めてしまうことがあるでしょう。 穏やかな性格ですので、子供がいる家庭やほかのペットがいる家庭でも比較的飼いやすい猫種だといえます。 セルカークレックスを飼うときの注意点 セルカークレックスは抜け毛が多い猫種です。短毛の場合、週2~3回、長毛なら毎日1回はブラッシングしてあげましょう。また、巻き毛は皮脂がたまりやすい傾向にあります。皮脂がたまると抜けた毛が皮膚に残りやすく皮膚病が起こりやすくなりますので、定期的なシャンプーが必要です。 また、鼻が短めで流涙症になりやすいので、こまめに目のまわりを拭いてあげましょう。 さびしがりやな性格ですので、お留守番には向いていません。ストレスが溜まってしまう可能性が高いです。 体重が重いので、キャットタワーなどを買うときはしっかりしたものを買うようにしてください。 セルカークレックスにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、セルカークレックスにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ヒマラヤンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ヒマラヤンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ヒマラヤンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ヒマラヤンがなりやすい病気・ケガ ヒマラヤンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 流涙症(りゅうるいしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) ヒマラヤンの特徴 ヒマラヤンの歴史 スウェーデン人の研究者が、シャム猫のポイントカラー(耳、顔、足の先端、しっぽだけが濃い毛色)とペルシャ猫の長毛といった二つの特徴をもつ猫を作出しよう考え、その際に作出された猫がヒマラヤンだと言われています。 しかし、この交雑は思ったようにはいかず、ペルシャ猫のような体系にならない、目の色がきれいに出ないなどイメージ通りの猫が生まれてくることはありませんでした。交雑がここまで困難であった理由は、ペルシャの長毛とシャムのポイントカラーの遺伝子は両方とも劣性遺伝だったためです。そのことを聞いたイギリスとアメリカの愛好家や繁殖家たちは、自らの国でそれぞれ育種を手がけることとなります。 そして作出されたのが、丸々とした体型、つぶれた顔、ふさふさの長毛に温和な性格をペルシャから受け継ぎ、シャムからはその特徴的なポイントを受け継いだヒマラヤンです。ヒマラヤンが作出されるまでにおよそ30年の月日がかかったとされています。 イギリスでは、比較的早いうちからシャムとペルシャの交雑猫が作出されており、「クメール」という名前で呼ばれていたようです。ただ新しい猫種として本格的に育種されるようになったのは遅く、GCCFに登録されたのは1955年になってからのことでした。 アメリカでは、ペルシャの純血ではない長毛のクロネコとシャムを交配させ、さらにペルシャ、シャムとの交雑を行うことで育種が進められました。その結果、1957年にヒマラヤンのような理想的な猫が誕生し、「デビュタント」と名付けられました。これが現在のヒマラヤンの基礎猫となります。デビュタントは、1957年にTICA、CFAに公認されました。しかしこの当時は、ヒマラヤンという独立した品種ではなく、ペルシャのバラエティのひとつという分け方になっていました。なぜならCFAでは、独立した猫種とするには同じ特徴の子孫が少なくとも3世代に続いて確認できることを条件としていたからです。毛色はポイントが入るようになったものの、顔立ちがシャム寄りでペルシャよりも鼻が高いなど、独立した猫種として安定していませんでした。 このような課題を踏まえて改善を重ねることにより、ペルシャにより近い容姿となり、1970年代になってようやく理想に近いスタイルとなりました。 ヒマラヤンは1957年以降、CFAだけで34万頭以上が登録され、長年にわたってキャットショーで数々の賞を獲得するような人気猫種なります。 しかし現在もCFAではヒマラヤンを「ヒマラヤン・ペルシャ」と名づけており、いまだにペルシャ猫の一種とみなされています。ヒマラヤンはいまでも愛好家や繁殖家によって改良が続けられている猫種なのです。 ヒマラヤンの大きさ・見た目 平均体重は、オスが4.0kg~6.1kg、メスが3.2kg~5.0kgとなっています。 ペルシャ猫のような短い首、短い足、丸い体系、長い被毛を持つ中型の猫です。一見ぽっちゃりしているように見えますが、筋肉質でがっちりとした体型です。 顔・耳・四肢・尻尾にはシャム猫の特徴であるポイントカラーを持っています。ヒマラヤンのポイントカラーは、ポインテッドカテゴリーの全ディビジョン・全カラーが認められています。毛のカラーにはシール、ブルー、ライラック、チョコレート、クリームなどがあります。 ヒマラヤンの顔には2種類のタイプがあります。ひとつは「トラディショナル」です。トラディショナルは一般的な猫と同じような顔立ちで、鼻筋が通っています。もうひとつは「エクストリームフェイス」です。エクストリームフェイスは、つぶれた鼻が特徴的な顔立ちをしています。 ヒマラヤンの性格 ヒマラヤンの性格はペルシャ猫に似て、温和でおっとりしていると言われています。基本的にはとてもマイペースな猫種です。 人間だけでなく、ほかのペットとも仲良くできるような友好的な面があります。 運動はあまり得意ではありませんので、激しく動き回るようなことは好きではありません。お気に入りの場所でのんびり床を転げるような、おとなしい遊び方を好みます。 めったに鳴くことがなく、おとなしい猫種です。マンションなどの集合住宅向きと言えるでしょう。 ヒマラヤンはペルシャ猫のおっとりとした性格と、シャム猫の友好的な性格を併せ持っている猫種です。そのため初心者の方でも飼いやすい猫種だといえます。 ヒマラヤンを飼うときの注意点 ヒマラヤンの大きな特徴のひとつである、長くてふわふわな被毛にはこまめなお手入れが必要不可欠です。朝晩2回のブラッシングは欠かせません。さらに、2〜3週間に一度はシャンプーしてあげるとなおいいでしょう。 毛が繊細なのでもつれやすく、もつれると切るほかありません。しっかり丁寧にお手入れをする必要があります。 また、ふさふさで長い被毛であるがゆえに体温調節が苦手です。室温調節には気をつけてください。冬場の乾燥にも注意が必要です。乾燥のせいで静電気が起こり被毛がもつれたり、感染症にかかりやすくなったりします。 ヒマラヤンはお気に入りの場所でゆっくり休むことが多いので、夏はお気に入りの場所に冷感マットを敷いてあげたり、冬はペット用カーペットなどを敷いて温かく過ごせるようにしてあげましょう。 ヒマラヤンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ヒマラヤンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

シャム猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

シャム猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シャム猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シャム猫がなりやすい病気・ケガ シャム猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 眼球振盪(がんきゅうしんとう) 角膜黒色壊死症(かくまくこくてんえししょう) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 先天性難聴(せんてんせいなんちょう) シャム猫の特徴 シャム猫の歴史 「シャム」というのはもともとタイ王国の呼び名です。詳細な原産地は解明されていませんが、タイに古代から伝わる猫だとされています。 シャムネコを買うことが許されていたのは富裕層や支配階級、寺院のみで、庶民には飼うことが許されていない猫でした。 18世紀、タイでは「Tamra Maew」という名前の猫の詩集が記されています。当時から紀元1300年頃までに遡って存在した23種類の猫たちの詩を集めたものです。その中でシャム猫は「”幸運を呼ぶ猫”ウィンチアンマート」として紹介されています。この詩集で紹介された猫のうち、現存するのはシャム猫などの5頭のみで、ほかの猫については絶滅していると考えられています。 シャムという名前で呼んでいるのは日本だけで、海外ではサイアミーズ(Siamese)と呼ばれています。地元のタイでは「Wichien-maat」と呼ばれており、これは「月のダイヤモンド」を意味しています。 タイから西欧にシャムが渡ったのは1878年、タイ・バンコクのアメリカ領事から当時のアメリカ大統領ヘイズに贈られたものが最初とされています。 また、シャム猫がタイ国外で広く知られることとなったのは1885年のことです。タイ・バンコクのイギリス総領事館に勤めていたエドワード・ゴールドが帰国する際に、「フォー」と「ミア」という名前のつがいのシャム猫を購入しました。イギリスに渡ったシャム猫は、翌年の1885年に開催されたキャットショーで数々の賞を総なめにし、一躍人気の猫種となりました。 その当時のシャム猫は、ブルーポイントの毛色だったと伝えられています。その美しい毛色と透き通った瞳から、猫愛好家の間で大変人気となりました。 そして1890年代になると、イギリスではシャム猫の繁殖が行われるようになり、海外へと輸出されていきます。 第1次・第2次世界大戦の時代になると、食糧難などの影響もあり、絶滅の危機に瀕してしまいます。ペルシャ猫の人気が増えていたこともシャム猫減少に拍車をかけることとなりました。 戦後、絶滅の危機に瀕していたシャム猫を復活させるため、交雑が行われました。この交雑の結果、シャム猫は大きく2つのタイプに分かれることとなります。V字型の頭と細身の体というプロポーションが以前よりもより一層協調されたものをモダンスタイル、交雑前の丸みを帯びたプロポーションに近いものをトラッド(オールド)スタイルと呼びます。 キャットショーではモダンスタイルばかりが評価される時代がありましたが、その状況に危機感を持った繁殖家たちがトラッドスタイルの繁殖も行うようになりました。これは1980年ごろから始まります。熱心な繁殖家たちにより、オールドスタイルのシャム猫は「タイ」という新しい名前で、2009年にTICA(猫の世界最大の血統登録機関)に登録されることになりました。 シャム猫の大きさ・見た目 体重は2.5~5kgが標準とされています。 手足や尻尾は細く、洗練された美しさを持つオリエンタルタイプです。 シャム猫の一番の特徴は顔・耳・手足・尻尾の色が濃くなっているポインテッドカラーとサファイヤブルーの瞳です。高貴で優雅な美しさが感じられます。 被毛は短毛で、毛色はシール・ブルー・チョコレート・ライラックの4色が認められています。 シャム猫の性格 一見クールに見えるシャム猫ですが、実際は社交的で甘えん坊の猫種です。信頼関係を築きあげることができれば、甘えん坊な面を見せてくれるでしょう。 一方で、警戒心が強く、わがままな性格の持ち主でもあります。飼い主さんには甘えていても、初対面の相手には警戒心をむき出しにすることがあります。また、自分がほしいタイミングで餌をくれなかった、遊んでほしいときに遊んでくれなかった、長時間の留守番が寂しかったなどの理由で拗ねてしまい、飼い主さんの言うことを聞かなくなることがあります。そんな時には、しかるのではなく愛情を持ってたくさん構ってあげてください。 いたずら好きな面もあります。壁や家具をひっかいたり、めがねを隠したりします。かわいらしいイタズラもありますが、中には困ったイタズラをするときがあるので、その際はしっかりとしつけを行いましょう。 猫の中でも特に運動が大好きな猫種です。部屋中を駆け回ったり、高いところに上ったりと非常に活発です。してはいけないことや入ってはいけないところなどはしっかり教えましょう。 シャム猫を飼うときの注意点 シャム猫の平均寿命は10~13歳と一般的な猫の寿命である15歳と比べると少し短いです。また、シャム猫は病気になりやすい猫種でもあります。元気で長生きできるよう、健康管理や体調管理には気をつけましょう。 先ほども述べた通り、イタズラ好きで運動大好きな猫種です。そのため、怪我をすることが多くなります。遊び場の家具の配置を変更するなど、配慮が必要です。 シャム猫は短毛種であるため、そこまでブラッシングに熱心にならなくても問題はありません。1日1回程度ブラッシングしてあげるだけで十分でしょう。 シャム猫は甘えん坊で可愛らしい性格ではありますが、気難しい面も持ち合わせています。そのため、初心者向けの猫種というよりは、どちらかというと中・上級者向けの猫種だと言えるでしょう。 シャム猫におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シャム猫におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ペルシャ猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ペルシャ猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ペルシャ猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ペルシャ猫がなりやすい病気・ケガ ペルシャ猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえ) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) 流涙症・短頭種気道症候群(りゅうるいしょう・たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう) 肥満(ひまん) 水頭症(すいとうしょう) 眼瞼内反(がんけんないはんしょ) α-マンノシドーシス(あるふぁまんのしどーしす) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) ペルシャ猫の特徴 ペルシャ猫の歴史 ペルシャは、様々な純血種の猫の中でも最も古い品種の一つとされており、はっきりとした起源は判明していません。 象形文字で書かれた古代の文書にさえ、ペルシャを想像させる長毛猫の記述があるほどで、16世紀頃にはトルコ経由でイタリアに入った長毛の猫があり、これがペルシャまたはターキッシュアンゴラであると考えられてきました。 ペルシャの祖先として文献上に登場する猫は2頭おり、1頭は1620年、ピエトロ・デラ・ヴァレという人物がペルシャからイタリアに持ち込んだ猫で、もう1頭は同じ時期にニコラス・クリード・ファブリ・ド・ペイレスクという人物がアンゴラ(現在のアンカラ)からフランスに持ち込んだとされる猫です。 前者の猫が灰色だったのに対し、後者の猫は白かったと文献には残っており、これらの猫とアフガニスタン、ビルマ、中国、ロシアなどから輸入された長毛の猫とが交配し、今のペルシャの原型が作られたと考えられています。 1871年にロンドンで開かれたキャットショーに初登場してから品種改良が重ねられ、現在では「猫の王様」という異名を持つほど人気を博しています。 18世紀頃にはヨーロッパ各地の上流家庭で飼育される人気のペットとなり、イギリスで初めて行われたキャットショーに出陳され、19世紀にはアメリカに輸出されることになりました。 19世紀以降、長い間にわたって、安定した人気を得ていたペルシャですが、20世紀以降、より鼻が短くなることを目的にした選択交配がされました。特に、犬のペキニーズを真似てレッド系の毛色を使って短頭化したものは「peke-face(ペキフェイス)」と呼ばれ、一部に愛好家がいましたが、1958年から1995年までわずかに98頭が登録されただけとなり、原因は極端な短頭で涙道が短くなり常に涙があふれる、また鼻腔狭窄により呼吸困難になるなど、健康上の問題がクリアできなかったものと考えられています。 欧米の一部では、鼻の低いエクストリームタイプがキャットショーなどで好まれていますが、家庭では健康上の問題がより少ないトラディショナルタイプのペルシャに人気があるようです。 ペルシャは他の様々な猫種の基礎となり、あるいは近親交配による弊害を避けるための異種交配の相手としても使われてきました。ペルシャが基礎となった猫種としては、シャムとペルシャの交配で生まれたヒマラヤンや、ブリティッシュショートヘアとの交配で生まれたエキゾチックショートヘア、特定の顔立ちと毛色の傾向を選択交配したチンチラなどが知られています。 ペルシャ猫の大きさ・見た目 ペルシャ猫は全身を豊かな長毛に覆われ、脚は短く、金銅色の大きくて丸い目と低い鼻、耳の間が離れているという特徴があります。 短い体長に筋肉もしっかりついている中型コビータイプの代表的な猫です。 潰れた鼻の高さによって、古くからのタイプであるトラディショナルと、より鼻がつぶれているエクストリームの2つのタイプが存在します。 毛色は単色ならばホワイト、クリーム、ブルー、レッド、各色のタビー、またはバイカラーやキャリコ、スモークなどがいます。また、ヒマラヤンを単猫種として認めていない団体では、ヒマラヤンのカラーパターンもペルシャとして認めているようです。 体重3.2~6.5㎏、平均寿命は12歳~17歳ほどです。 ペルシャ猫の性格 ペルシャは穏やかで落ち着きのある性格で、上品という表現がふさわしいほど、人との距離を取るのが上手な猫です。 甘え過ぎず、神経質でもなく、我が強いわけでもない、子ども相手に撫でられるのは許すものの、一緒に遊ぶのは拒否したりします。 足が短いこともあり、高い場所に登りたがったり、大きな声で鳴いたりすることもほとんどないので、いるかいないのかわからないほどの静かさもまた、品の良さを感じさせてくれます。 ペルシャはゆったりとくつろぐことが好きで、あまり興奮することもありません。 留守番をしていても寂しがることはありませんが、家族のことはきちんと認識している賢い猫です。 ペルシャ猫を飼うときの注意点 きつく叱らない 温厚で争いごとを好まない性格の猫なので、何か失敗をしてしまった時やイタズラをしてしまった際に、きつく怒ってしまうと、飼い主を敵とみなして怖がってしまうことがあります。強く起こりすぎないようにしましょう。 環境の管理は大切 ペルシャはつぶれた鼻が特徴的な猫ですが、犬のパグやブルドッグ同様に短頭種は呼吸がしづらい鼻の形をしているため、夏の暑さに弱く、運動後も熱が体内にこもりやすく呼吸がしづらくなりやすいです。暑くなり過ぎない環境にするため、温度管理はしっかりとしましょう。 また、ペルシャは眠るのが好きな猫で、1日16時間は眠っているといわれています。少し長い気もしますが、これは病気というわけではないのでそっと寝かせてあげましょう。眠っているペルシャがゆっくり休めるような環境を作ってあげると良いです。 どの猫にもいえますが、トイレの場所を覚えるまでいろんなところで粗相をしてしまいます。トイレに行きたいサインが見えたら、ペルシャを抱っこしてトイレまで連れていき、そこがトイレだと覚えるまで繰り返し教えましょう。また、その際に粗相をした場所を綺麗に掃除せず臭いが残ってしまうと、その場所をトイレだと勘違いしてまた粗相を繰り返してしまいかねないので、後始末はきちんとするようにしましょう。 肥満に気を付ける食事 美しい被毛を保つために栄養バランスの良い食事は重要となりますが、ペルシャは運動を好まない猫なので食事量に気を付けないとすぐに肥満になってしまいます。 餌の与えすぎをしないよう、適量を与えるようにしましょう。 運動は適度に ペルシャはあまり運動を好まないうえ、マイペースな猫なので、構いすぎもストレスに繋がってしまいます。ペルシャの方からかまってほしそうな行動をとらない限りは放っておくようにし、遊びたがった場合は相手をしてあげるような程よい感覚で遊んであげるようにしましょう。 また、通常のキャットタワーは上下運動をしてストレス解消のために用意するものですが、ペルシャは寝ることを好む猫なので運動用というよりは低めで快適に眠れるようなものを選んで設置するとペルシャも喜んで使ってくれるでしょう。 手入れはしっかりと ペルシャは毛並みだけでなく、様々な手入れが必要になります。 ペルシャの被毛は上毛と下毛のダブルコートで毛量も多く、長さもあるのでもつれやすくなっています。そのため、手入れを怠るとすぐに毛玉になってしまうので、ブラッシングとコーミングは1日1回、換毛期は1日2回はするようにし、シャンプーは月1~2回の頻度でしてあげましょう。 ぺちゃ鼻が特徴であるペルシャは鼻に関する病気になりやすいため、鼻も定期的にお手入れしてあげると良いでしょう。濡れたガーゼで鼻の穴やその周辺を優しく拭き取ってあげることで清潔に保つようにします。 ペルシャの鼻の構造上、目と鼻を繋ぐ鼻涙管という涙が通るための管が曲がってしまっているため、常に涙や目ヤニが出ている状態です。なので、こまめに目のあたりを拭いてあげないと涙やけになり、被毛が変色してしまうこともあるので、清潔に保つようにしましょう。…

ベンガル猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ベンガル猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ベンガル猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ベンガル猫がなりやすい病気・ケガ ベンガル猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう) ベンガル網膜症(べんがるもうまくしょう) 多発ニューロパチー(たはつにゅーろーばちー) 白内障(はくないしょう) 胸壁の奇形(きょうへきのきけい) ベンガル猫の特徴 ベンガル猫の歴史 ベンガルはイエネコとヤマネコの交配によって誕生した品種です。 それは、1963年にアメリカ人繁殖家ジーン・サグデン・ミルズの一つの試みから始まりました。 ミルズは一頭のヤマネコ、アジアン・レパード・キャットを手に入れ、自らの黒毛のオス猫と交雑を行いました。交配が成功して生まれた子猫(F1世代)は最初のうちはヤマネコ同様の柄があったものの、成猫になると父猫の黒毛に覆われてしまいました。ところが、黒毛のメスの子猫(F1世代)が産んだ猫たち(F2世代)は、ヤマネコのようなスポットを持っていたとされています。 しかし、事情によりミルズは、F3世代を見ることなく、繁殖を一時中止することになりました。 その後、1970年代になると同じカリフォルニアのロマ・リンダ大学のウィラード・センターウォール医師は、猫白血病に対して先天的な免疫力を持つヤマネコ(アジアン・レパード・キャット)の研究をし、ワクチンを作るために野生のヤマネコとイエネコのハイブリッド種を育成していました。この時生まれた生まれた子猫は育種を再開したミルズに渡され、このF1世代を基礎に改めて繁殖と育種の途につくことになりました。 1983年に、ミルズはTICAにベンガルの登録を申請し、予備登録が認められて、育種のために観察期間が開始されました。2年後の1985年、初めてキャットショーに出陳されたベンガルたちは、猫好きの飼い主や繁殖家たちから大絶賛を受け、野性的な美しさと個性に魅了された繁殖家が次々と交配に乗り出し、アビシニアン、アメリカンショートヘア、エジプシャンマウ、シャムや世界各地の短毛の土着ネコなどと育種を進めました。この時の交雑により、ベンガルは十分な遺伝子プールを持つことができたため、純血の猫種として確立することになりました。 21世紀の現代では、ベンガルを基礎にオシキャットやシャムなどを交配し、新しい猫種の作出も行われるようになりました。 TICAでは今日までに6万頭以上のベンガルを登録しています。イギリスの団体であるGCCFもベンガルの登録を受け付けてます。しかし、野生ネコの交雑を禁じているCFAではベンガルの登録を認めていません。 TICAでは3世代の中にアジアン・レパード・キャットがいる時は、その子猫のショーへの出陳を禁じています。F1やF2など祖先に近いほど野性味が強く、家庭で飼いやすくなるのは4世代目のF4以降と言われています。 なお、現在はアジアン・レパード・キャットの輸出や飼育は、法律の制限により難しくなっています。 ベンガルにはロングヘアが生まれることがしばしばあります。ロングヘアの種は別猫種として登録をするため、一部の血統登録団体で予備登録が行われています。また、そのロングヘアのベンガルは「カシミア(Cashmere)」と呼ばれることもあります。 ベンガル猫の大きさ・見た目 やや幅の広いくさび型の頭で幅の広い鼻筋、ややつり目のアーモンド形の目をマスカラと呼ばれるアイラインが縁取っています。 イエネコより背骨が一節多いベンガルは胴体が長く、がっちりとした筋肉質で、中型からやや大きめのロング&サブスタンシャルタイプです。 ベンガルの毛色はブラウン、シルバー、ホワイトの3色の毛色に、2つの模様の組み合わせが基本となります。模様は、ロゼットと呼ばれる特徴的なヒョウ柄以外に、タビーやマーブルような縞があり、シルバーにはスモークが出ている場合と、公認色ではありませんが、ブルーやブラックも存在しています。 体重は3.5~8㎏、平均寿命は14歳~16歳ほどです。 ベンガル猫の性格 ベンガルは野性的な見た目からは想像できないですが、温和で甘えん坊な性格です。運動量が多く、遊び好き、ハンティングも好きで、猫としては珍しく水遊びも好きな性格をしています。 視覚や聴覚、嗅覚が発達しており、敏感に反応を示しますが、神経質なわけではありません。 また、ベンガルはこちらが話しかけると応えるように鳴いたり、かまってほしい時やごはんが欲しい時に鳴くなど、会話をしているように鳴く、言葉でのコミュニケーションが取れる猫です。 ベンガル猫を飼うときの注意点 動き回る場所の確保 ベンガルはとにかくよく動く猫です。そのため、走り回るための十分なスペースが必要となり、狭い場所での飼育は運動量が多いベンガルにとってストレスになってしまいます。しかし、走り回れる広さがあってもぶつかって怪我をしてしまうようなものがあっては危険ですので、なるべく角を保護して怪我をさせないような工夫をしましょう。 また、ジャンプで上下運動ができるようにすると運動量も増えるので、高さのあるキャットタワーの設置がベンガルの飼育には必要になります。ベンガルは色んな所にジャンプしたがるので、壊れると困るものやイタズラされたくないものは出しっぱなしにせず、しまっておくようにしてください。 一緒に遊ぶ時間を作る 遊び好きのベンガルは人に遊んでもらうのも大好きです。できる限り飼い主がたくさん遊び相手になってあげることが必要になります。 遊ぶ時間が足らずに運動不足になると、ストレスが溜まってしまう上、ストレスから病気になるリスクを高まります。その予防のためにも遊び相手になってあげましょう。 また、忙しくて一緒に遊ぶ時間がとれない飼い主は、猫の多頭飼いをオススメします。ベンガルは社交的な猫なので、ひとりで留守番をするよりは複数の遊び相手がいる環境の方がストレスを感じにくいため、可能であれば検討しましょう。 しかし、家で過ごせる時間がある場合は、ベンガルと一緒に遊んでコミュニケーションを取るようにしましょう。ベンガルと遊ぶことは運動不足の解消に繋がるだけでなく、猫と飼い主の関係をより深くしますので、積極的に遊んであげるようにしましょう。 手入れはほどほどで十分 ベンガルはシングルコートの短毛種なので、抜け毛が少なく、手入れがしやすい猫です。 普段のお手入れは毎日する必要はなく、ブラッシングを週に1~2回してあげる程度で十分です。ブラッシングはベンガルとのコミュニケーションにも繋がるので、お手入れ目的だけでなく、積極的にしてあげるようにしましょう。 また、室内飼いの場合は被毛が汚れることも少ないはずなので、シャンプーの目安も年に1~2回程度で問題ありません。しかし、外に出していて泥が付いて戻ってきたり、室内での別の要因で汚れてしまった場合などはシャンプーをしてあげましょう。 ベンガル猫におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ベンガル猫におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン…

ロシアンブルーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ロシアンブルーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ロシアンブルーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ロシアンブルーがなりやすい病気・ケガ ロシアンブルーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 肥満(ひまん) 腎不全(じんふぜん) ロシアンブルーの特徴 ロシアンブルーの歴史 ロシアンブルーはロシアに土着していた猫が祖先と言われ、北極圏に近いロシアのアルハンゲル(Archangel)島の原産という説もありますが、定かではありません。 彼らがイギリスに入ったころは、「アルハンゲルキャット(Archangel Cat)」と呼ばれ、英語読みの「アークエンジェルキャット」という名前で1880年代からイギリスのキャットショーに出陳されていました。ロシア皇帝やイギリスのビクトリア女王の寵愛を受けた猫とされ、高貴で美しい要旨は猫愛好家の心を捉えて繁殖が盛んになり、1912年にはフォーリンブルー(外国の青猫)という名前で独立したクラスになりました。 19世紀後半から20世紀前半、戦争の時代は世界中の食糧難であり、ペットの猫たちも個体数が少なくなっていきました。ロシアンブルーも例外ではなく、純血を維持できないほど激減してしまいます。そのため、ロシアンブルーを復活させるために、異種交配の試みが始められることになりました。 美しいブルーの毛並みを求める繁殖家はブリティッシュショートヘアなどの猫種と、小さな頭と大きな耳を持つ頭部から方へのシルエットを求める繁殖家はシャムと、それぞれ交配を行い、最終的にはこれらもひとつの血統に結合されていくことになりました。ちなみに、この時交雑に使われたシャムはブルーポイントの毛色でしたが、劣性遺伝子のため、通常ロシアンブルーの交配で生まれることはあまりありません。しかし、両親ともシャムの毛色の遺伝子を持っているロシアンブルーを交配に使うと、21世紀の現代でもあってもシャムの毛色の子猫が生まれることがあります。戦後、シャムとの交雑が行われて数世代の頃はさらに出現頻度が多かったことからロシアンブルーの人気は加熱することなく、落ち着くことになりました。 20世紀初期にはアメリカに渡りましたが、アメリカの繁殖家はイギリスで交雑が行われていたロシアンブルーと、スカンジナビアに残っていたロシアンブルーを輸入して、これらの交配により育種を行ったといわれています。 また、オーストラリアのブリーダーが白一色の「ロシアン・ホワイト」や黒一色の「ロシアン・ブラック」なる猫を作出しましたが、アメリカではいまだ品種として認定されていません。なお、「ロシアンショートヘア」という表現は、ロシアンブルーをはじめ、ロシアンピーチ、ロシアングラック、ロシアンホワイト、ロシアンカラーポイントなどを総称するときに用いられます。 ロシアンブルーの大きさ・見た目 ロシアンブルーは楔形の小さな頭にエメラルドグリーンの大きな目、先がとがった耳は離れてピンと立っています。頭をすっと持ち上げたような首の姿勢ではコブラ・ヘッドとも呼ばれ、小さな顔に切れ上がった口元は微笑んでいるように見えることから、「ロシアン・スマイル」とも呼ばれています。 被毛は短毛のダブルコートで、細かく滑らかな毛に覆われています。 尾は長く、手足は引き締まっており、細い体に無駄のない筋肉をまとった、中型のフォーリンタイプです。 体重は2.2~5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 ロシアンブルーの性格 飼い主に忠実で、犬のような性格と評される猫ともいわれる猫種ですが、プライドが高く気まぐれで、自分が親しんだ相手が他の猫に情をかけると猛烈に嫉妬するなど、猫らしい面も十分あります。 性格的には気難しい面があり、べたべたしすぎても、優しさが足らなくてもよい関係が結べません。そんな猫なので、絶対的な信頼関係を結んだ相手を独占したがるのでしょう。 誰にでも懐くということはあまりなく、家族の中でも好む相手を選びます。 近年の繁殖家は「このような神経質な傾向の個体を繁殖に使わないようにして、性格の改良を図っているようです。 また、あまり鳴かない猫としても知られており、「ボイスレス・キャット」と呼ばれるほど静かな面を持っています。 ロシアンブルーを飼うときの注意点 ストレスを溜めないようする 人好きですが、人見知りで神経質なため、自分のテリトリーに家族以外の人間やペットが入ってくることに対して敏感な面があります。 できる限り、知らない人の出入りを少なくし、ロシアンブルーと飼い主がゆったりくつろげる穏やかな空間を作ってあげられるようにすることで、恐怖心や警戒心から起こる「噛み付く」「訴えるように鳴く」などの行動を抑えられます。 ブラッシングは子猫の時から ロシアンブルーは短毛種ですが、ダブルコートなのでブラッシングは必要になります。ですが、神経質な性格なので嫌なことは絶対にさせてくれません。小さなころからブラッシングに慣れさせれば警戒心をなくせるので、子猫の内から慣れさせていきましょう。 運動できる空間を確保する 遊び好きで、比較的運動量が多いので、キャットタワーを設置したり、上下運動ができるように段差のある家具の配置などの工夫が必要です。 また、おもちゃなどで遊んであげると喜ぶので、遊んでほしそうな時にはしっかりと遊んであげましょう。 賢いロシアンブルーは、子猫の時から丁寧にしつければ、とても飼いやすい猫になりますが、その反面、プライドも高いので、しつけの際は毅然とした態度で挑みましょう。また、猫が落ち着いてくらせるよう、できるだけ穏やかに過ごせる環境を作ってあげるようにしましょう。 ロシアンブルーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ロシアンブルーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ラグドールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ラグドールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ラグドールに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ラグドールがなりやすい病気・ケガ ラグドールがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 コロナウイルス(ころなういるす) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 熱中症(ねっちゅうしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ラグドールの特徴 ラグドールの歴史 ラグドールは、1960年当時、アメリカ・カリフォルニアに住んでいた女性ブリーダーのアン・ベイカーが「ジョセフィーヌ(Josephine)」という名の白い猫をを元にペルシャとバーマン、更にバーミーズなどを交配させて誕生しました。 彼女は、この猫の魅力に自信を持ち、新しい品種として育成することをビジネスと結びつけて計画しました。ラグドールの品種名は、登録商標でもあり、既存の猫血統登録団体には登録せず、新しいIRCAを設立、ラグドールの血統管理と個体管理をフランチャイズビジネスの本部として行おうと考えていました。 しかし、1975年になると、このような仕組みに疑問を持ったデニー・デイトンを中心としたグループがベイカーと袂を分かち、ラグドールをもっと世に知らしめるべく、独自の活動を始めます。 そして、1970年代以降、固定化したラグドールは、初期の作出者以外の繁殖者によって、有力な血統管理団体CFAやGCCF、FIFeに登録することができました。 また、1994年には、あまりに厳密なブリーディング規則に嫌気がさしたグループがIRCAから独立し、後にラグドールの血統から「ラガマフィン」という別品種を作り出します。 猫名は英語で「(布製の)ぬいぐるみ」を意味する「ragdoll(ラグドール)」からで、抱き上げるとまるでぬいぐるみのようにおとなしくして身を任せてくれるところから着想を得たようです。 ラグドールの大きさ・見た目 ラグドールは、顔や手足などに特徴的な斑の入る毛色の、ミディアムロングの被毛を持つ猫です。 体型はロング&サブスタンシャルタイプで、大きめの頭にややつり上がった青い目、丸い顔をしています。 尾と体長は同じくらいの長さで、筋肉質で重量感のある体格です。 ラグドールの毛色はシール、ブルー、レッド、クリーム、ライラックのポイント、これらのタビーポイント、バイカラー、トーティ(サビ)などがあります。 ラグドールは、毛色だけではなく斑の入り方にも特徴があり、顔や手足、尾などにアクセントが入る「ポイント」、四足に手袋や靴下を履かせたような「ミテッド」、2色混合しているのがトーティ、2色が分かれているのがバイカラーになります。 また、生まれたときはほぼ全身が白く、成長にしたがって毛色が発生していきますが、完全に発色するまで2年近くかかることもあります。 体重は4.5~9㎏、平均寿命は14歳~16歳ほどです。 ラグドールの性格 人懐っこく穏やかな性格で、抱っこされてもその名の通りぬいぐるみのようにおとなしくしている温厚な猫です。 子どもや他の動物とも物怖じせずに仲良くできるので、家庭で飼いやすい社交的な猫でしょう。 また、とても従順で物静かな性格なのでしつけがしやすく、無駄鳴きが少ないです。 帰巣本能が強く、模様替えや引っ越しなどの自分を取り巻く環境が変わるような変化が起きるとストレスを感じてしまうことがあります。 家庭内では、ほかの猫やペットより人間に関心を持ち、常にさりげなくそばにいるような猫です。 ラグドールを飼うときの注意点 室内飼いを徹底する おっとりして穏やかな性格なので、外での危険に素早く反応することができません。外飼いはラグドールの寿命を短くしていしまう可能性が高いので、完全室内飼いを徹底しましょう。しかし、室内であっても、高いところに重いものを置いて落ちてきたりしないようにするなどの注意は必要になります。 肥満に気を付ける 運動にあまり関心を持たないため、肥満になりやすい傾向があります。 しかし、ラグドールも猫なので遊ぶことは大好きですので、適度な運動をさせるために飼い主がおもちゃで遊ぶなどして肥満を予防いましょう。ラグドールは体が大きいので遊ぶときは広いスペースを確保しましょう。 キャットタワーなどもあると良いですが、あまり高すぎると登ってくれないこともあるため、少し低めのものや登りやすいものにすると良いでしょう。 安心できる場所の作る 帰巣本能が強いので、初めて来た家や新しく引っ越す家に来たばかりの時は神経質になりがちな性格をしてるため、新しい環境に慣れるまではあまり構わず、ハウスやケージなど安心して過ごせる場所を作って、猫の方から自主的に動き出すまでそっと見守りましょうう。 グルーミングは忘れずに ラグドールの分厚い被毛は、ブラッシングやコーミングを怠るとあっという間に回復不能な毛玉になります。穏やかな性格なので毎日の習慣にして慣れてしまえばブラッシングやコーミングを嫌がることもありません。日々の習慣として必ず行いましょう。 閉じ込め事故に注意 ラグドールは声が小さいので、ベランダやトイレ、クローゼットなどに入ってしまって戸が閉まっても声が聞こえないまま閉じ込められてしまうことが度々あるようです。首輪に鈴をつけてどこにいるか音でわかりやすくするなどの工夫が必要になります。 ラグドールにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ラグドールにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア…

メインクーンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

メインクーンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

メインクーンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 メインクーンがなりやすい病気・ケガ メインクーンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) コロナウイルス(ころなういるす) 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう) 大腿骨頭すべり症(だいたいこっとうすべりしょう) 股関節形成不全症(こかんせつけいせいふぜんしょう) 腹膜心膜横隔膜ヘルニア(ふくまくしんまくおうかくまくへるにあ) 家族性心筋症(かぞくせいしんきんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) メインクーンの特徴 メインクーンの歴史 メインクーンは北アメリカでもっとも古い猫の一つですが、その起源は諸説あります。 最も知られているユニークなものはメインクーンはアライグマと猫の交雑によって生まれたという説です。実際には不可能な組み合わせですが、メインクーンの身体の大きさと毛色、被毛の特徴から生まれた伝説と考えられています。 また、数ある逸話の中で最も現実的な説としては、北欧の猫がバイキングまたは交易ルートで北米に入り、土着の猫と交雑して生まれたというものです。メインクーンはノルウェージャンフォレストキャットとの類似点が多数あることからも、非常に有力な説だと考えられています。 アメリカでは早くからキャットショーに出陳された人気の猫種で、1895年にはマディソンスクエアガーデンでのキャットショーで最高賞を受賞しました。 しかし、1900年代に入ってからは、ペルシャ猫に人気を奪われてしまい、人々の関心がメインクーンから離れたことで、血統の登録は先走りになりました。そこで、メインクーンの繁殖家と愛好家たちが、1968年メインクーンの専門クラブ「MCBFA(メインクーン・ブリーダー・ファンシャーズ・アソシエイション)」を設立すると、少しずつ人気が回復していきました。 また、1980年までに、TICA、CFAほかすべての血統登録団体に猫種として登録されました。 名前の由来については、メイン州の「Maine」とアライグマを意味する「Racoon」を合わせたもので、今ではメイン州の「州猫(State Cat)」に定められており、またの名を「アメリカンロングヘアー(American Longhair)」と呼ばれて親しまれています。 メインクーンの大きさ・見た目 メインクーンはがっちりとした骨格と広い胸幅に立派な飾り毛を持ち、胴長でまるでヤマネコのように大きな体を持った猫です。 ノルウェージャンフォレストキャットと似ているとされていますが、ノルウェージャンフォレストキャットの横顔が直線的なのに対し、メインクーンの横顔の鼻筋は柔らかい曲線を描いているという違いがあります。 四角い顔立ちにとがった耳があり、耳には多くの毛が生えています。 全身は冬の寒さに耐えられるダブルコートの厚い被毛に包まれ、尻尾が長くふさふさとしており、雪の中でも滑らないように肉球の間にも毛が生えやすくなっています。 毛色はブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリーム、タビー、ブラウン、シルバーなどが知られていますが、バイカラーやキャリコ(三毛)なども存在します。 また、「世界一尾が長い猫」「世界一ひげの長い猫」などの記録がギネスブックに登録されています。 体重は4~9㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 メインクーンの性格 メインクーンの性格は明るくお茶目で、愛情深い性格です。人が好きで室内では家族に付きまとうのに、べたべたすることはあまりないうえ、犬やほかのペット、子どもとも仲良くでき、来客にも愛想よく接することができます。 メインクーンは猫の中でも知性が高く、人間のすることに興味を持ったり、投げたボールを取ってきたりなど、犬のような訓練ができます。 また、体の大きさに似合わず高く可愛らしい声で鳴き、いつまでも子猫のようなしぐさをみせたりなど愛らしい一面も魅力の一つです。 メインクーンを飼うときの注意点 運動スペースを確保する 遊ぶのも大好きなメインクーンは、運動量が足りないとストレスが溜まってしまいます。遊ぶときは他の猫と同じく走ったりジャンプをしたり、高いところも好きなので、それなりの遊ぶスペースが必要になります。また、メインクーンはその体の大きさから低めのテーブルなどには簡単に手が届くこもいるので、家具の配置などに考慮しつつ、運動不足にならないような内装を作りましょう。 餌の量に気を付けて メインクーンは体が大きいので、食べる量も他の猫よりも多いのが特徴です。当然、かかる食費も高くなりますが、なにより健康のために、餌を食べ過ぎないように食事管理をすることが大切になります。 肥満になってしまうと、糖尿病や他の病気を誘発してしまうため、与える量をしっかりと把握して、餌をあげましょう。 手入れはこまめに メインクーンは長毛種ですが、毛並みは滑らかなうえ、毛玉になりにくいと言われています。ですが、放っておけばフェルト状になってしまうため、定期的にグルーミングが必要になってきます。 日頃の手入れとして、1日1回スリッカーブラシで全身を梳いた後、仕上げにコームで毛の流れを整え、春と秋に来る換毛期にはさらに抜け毛が多くなるため、1日2回ほどはブラッシングしてあげましょう。 シャンプーは月に1~2回を目安に入れてあげましょう。シャンプーの前後にも丁寧にブラッシングをし、毛玉の原因になるので濡れた毛はしっかり乾かしてあげましょう。 長毛種は夏の暑さが苦手な猫が多いため、夏の間だけサマーカットにしてしまうのも一つの手です。毛を刈ることで抜け毛や暑さの対策にもなりますが、バリカンは音の出る道具なうえ、必要以上に他人に触れられることが苦手な猫もいるので、嫌がる素振りを見せた場合はストレスにならないよう大人しく諦めましょう。 メインクーンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、メインクーンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン…

サイベリアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

サイベリアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

サイベリアンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 サイベリアンがなりやすい病気・ケガ サイベリアンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肥大型心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) 尿路疾患(にょうろしっかん) 多発性のう胞腎(たはつせいのうほうじん) サイベリアンの特徴 サイベリアンの歴史 サイベリアンはロシアで生まれた猫とされていますが、その起源は確かではありません。 人工的ではなく、自然発生したサイベリアンは1000年以上も前から生息しており、姿もあまり変化していないだろうといわれています。 近年行われた遺伝子解析によると、ペルシャやアンゴラを含めた全ての長毛種の祖先ではないかとも考えられています。 サイベリアンとはシベリアを指しますが、極寒のシベリアは野生ネコの存在する北限地域です。この地域で生き延びるための身体的な特徴や生活行動がサイベリアンには見られます。そのひとつに「ビヤ樽型」と呼ばれる体型があります。ビヤ樽型とはビア樽のように丸くなった体系を表しています。また「トリプルコート」と呼ばれる珍しい被毛の個体が多く存在していることも特徴です。猫の被毛はふつうシングルコートかダブルコートだとされています。しかし、サイベリアンは「トリプルコート」と呼ばれる三重構造の被毛をまとっています。「ガードヘア」と呼ばれる脂分の多い被毛が外側に生えていることで、水分をはじいたり、乾燥から身を守っています。 長毛でサイズも大きいことからノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンとも比較的近い血縁であると考えられていますが、上記のような「ビヤ樽型」、「トリプルコート」といった特徴はサイベリアン特有のものです。 サイベリアンは、1871年にイギリスで初めて開催されたキャットショーに出陣され人気を得ることとなりました。しかし、その後ロシアではソビエト連邦が成立し、ソビエト連邦政府は他国との交流や交易を制限したため、ペットも輸出入が禁止されます。そのため、海外ではサイベリアンは入手が非常に難しい猫として知られていました。 また、当時のソビエトでは食料不安からペットの飼育が禁止され、野生での交配のみで血筋は保たれているという状況でした。 1980年代に入り、愛好家たちによってようやくサイベリアンの育種が開始されます。そして、ロシア国外に輸出されるようになったのは1987年以降のことでした。当初は、ポーランドやドイツなど政治的に近い国やスカンジナビア3国のように地理的に近い国に限られて輸出が行われていました。 ロシアとの冷戦時代であったアメリカに輸出されたのは1990年になってからのことでした。文化交流プログラムを通じて、数頭がアメリカの繁殖者に贈られました。 1992年にTICA(猫の世界最大の血統登録機関)が新猫種の予備登録を行い、1996年には正式に猫種として登録されることになりました。 ソビエト連邦崩壊後は広い地域への輸出が可能となり、サイベリアンは世界中へ広がり始めました。 現在でもサイベリアンはロシアを代表する猫として、世界中で愛されています。 サイベリアンの大きさ・見た目 平均体重は4~9kgで、オスの場合は10kgを超えることもあります。骨の量が多く、骨格はがっちりとしており、筋肉もしっかりついています。 被毛はやや硬めで長毛、色はソリッドカラー、タビー、バイカラーなどさまざまな色が存在しています。 体だけでなく、耳や尻尾の毛までふわふわしています。 サイベリアンの性格 サイベリアンは温和で従順です。また賢い面もあるため、犬のようだといわれることもあるようです。しつけもしやすいといわれています。 また、愛情深い性格でもあります。しかし、テリトリー意識が強く、仲間と認めていない相手には冷淡な一面を見せることもあります。 そのため、家族以外には冷たいといったこともあるかもしれません。 もともと寒い地域で生活していた猫であるため、忍耐強いという特徴もあります。 また、個体差はありますが、水を怖がらない性質も持っています。 サイベリアンを飼うときの注意点 極寒の荒地で暮らすこともあったサイベリアンは大型犬の中では例外的なほどの跳躍力を持っています。キャットタワーは、体重に耐えられるようなしっかりとしたものを選びましょう。 水を怖がらないという特徴があるため、風呂や洗濯機に入り込んでしまう恐れがあります。留守にする際などは、忘れずに風呂や洗濯機のふたを閉めてください。 また、鑑賞魚をかっている場合にも、サイベリアンのおもちゃとなってしまうことがあるので注意が必要です。 サイベリアンは猫アレルギーを起こしにくいといわれていますが、必ずしもアレルギーを起こさないというわけではありません。猫アレルギーの方が飼育する際は十分注意してください。 サイベリアンは3年くらいの年月をかけて、ゆっくり成長していきます。その間はバランスよく食事をとり、適度に運動させましょう。肥満にならないよう気をつけてください。 被毛は長毛であるため、こまめなお手入れが必要です。1日に1回はブラッシングやコーミングを行いましょう。できた毛玉を放置すると、皮膚疾患の原因になってしまいます。 サイベリアンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、サイベリアンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

オシキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

オシキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

オシキャットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 オシキャットがなりやすい病気・ケガ オシキャットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膀胱炎(ぼうこうえん) 皮膚疾患(ひふしっかん) 脱毛(だつもう) 尿路疾患(にょうろしっかん) オシキャットの特徴 オシキャットの歴史 1964年、アメリカ、ミシガン州バークレーのブリーダーであるヴァージニア・ダリーがアビシニアンの毛色にシャムの模様を持つ猫を作ろうと考え、アビシニアンとシャムの交配を行いました。この交配で生まれた1代目の子猫たちは、全員がアビシニアンと同じ毛色を持っており、シャムの模様はありませんでした。その後、この1代目の子猫たちを交配させてみたところ、生まれてきた2代目の子猫たちにはダリーが求めていた模様がついていました。 その2代目の子猫たちの中に少し変わった斑点模様の子猫がいました。ベージュの地色に茶色の細かい斑点を持つこの猫はトンガと名付けられました。ダリーの娘は、トンガを新しい猫種だと考え、トンガの模様がオセロットというヤマネコに似ていることから「オシキャット」と呼ぶことにしました。これが現在のオシキャットの源流となっています。 しかし、ダリーとってこのトンガの模様は目的とは違うものであったため、トンガの去勢をしてしまいます。 その後ダリーは、有名な遺伝学者のクライド・キーラー博士が、トンガによく似た猫種を作出しようとしているということを知ります。ダリーはキーラー博士に連絡を取り、トンガの存在を話しました。トンガはすでに去勢済みであったため、トンガの両親を使って何度か交配を試みます。そしてトンガとよく似たオス猫を生み出すことに成功し、その猫はドットソンと名づけられました。 その後、別のブリーダーも加わってこの血統の改良が行われ、斑点を持つネコは、アメリカンショートヘアとの交配から、がっしりした体型になり、現在のオシキャットの姿になりました。また、アメリカンショートヘアとの交配により、シルバーの毛色も誕生しました。 こうしてオシキャットは、新しい猫種として1966年にCFAに登録を申請しましたが、この時は受理されず、予備登録されることになりました。 そして、オシキャットに魅了された他の繁殖家の努力により、1978年にCFAにようやく公認登録されることになりました。 1998年にはイギリスのGCCFにも登録されています。 斑点のある美しい被毛と、賢くて人懐っこい性格から、今では世界中で愛されている猫種となっています。 オシキャットの大きさ・見た目 体重は3.5~6kg、中型~大型のセミフォーリンタイプです。体は筋肉質でしっかりしています。 全身に斑点模様があることが大きな特徴です。被毛は短めでつやがあります。尻尾は細長いです。 毛色は、代表的なものでブラウンスポットのあるタウニー、その他にはシルバー、ブルー、チョコレート、ラベンダー、シナモンなど、全部で12種類が認められています。 目の色はグリーン、ヘーゼル、イエローなどがあります。 オシキャットの性格 オシキャットは大変人懐っこく、甘えん坊な性格です。 そのため、留守番は少し苦手な傾向があります。 一方、繊細で臆病なところもありますので、人に慣れるまでに少し時間がかかります。時間をかけてコミュニケーションをとるようにしましょう。 また、頭がいいという特徴もあります。 芸をすぐに覚えるという点から「猫の皮をかぶった犬」といわれることもあります。 名前を呼べばこちらへ来たり、ボールを投げれば取って来たり、お座りをすることができたり、ハーネスやリードを使って散歩ができることがあります。しつけは比較的しやすいです。 オシキャットを飼うときの注意点 甘えん坊な性格であるため、留守番は苦手です。 どうしても飼い主さんの留守が多くなるようでしたら、ほかのペットと一緒に飼育することも検討したほうがいいかもしれません。 しかし、弱気で依存心があるため、猫同士の戦いで負けてしまうとかなりのストレスがかかります。そのため、家で飼う際には相性のいいペットと飼育をする必要があります。 また、活発で遊ぶことが大好きな猫種でもあります。 キャットタワーを置くなど、のびのび遊べる環境を用意してあげましょう。 ストレスをためやすい性格でもあるため、環境の変化などには十分に気を使ってあげましょう。 抜け毛はそこまで多くはありませんが、季節の変わり目には抜けることがあります。毛の手入れはこまめに行うようにしましょう。 オシキャットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、オシキャットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

キンカロー(マンチカール)におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

キンカロー(マンチカール)におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

キンカローに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 キンカローがなりやすい病気・ケガ キンカローがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 毛球症(もうきゅうしょう) 糖尿病(とうにょうびょう) 皮膚病(ひふびょう) キンカローの特徴 キンカローの歴史 キンカローは20世紀末、マンチカンの短い足と、アメリカンカールの巻いた耳の両方の出現を目的に、アメリカ人テリー・ハリスにより作出されました。 キンカローという名前は日本ではあまり聞きなれないものだと思われます。 実は、日本では、キンカローではなく「マンチカール」という名前で呼ばれることが多いのです。マンチカンとアメリカンカールを略して「マンチカール」です。 一方のキンカローとは、縮んでいることを表す「kinky」と、短い足という意味の「lowlegs」をあわせてできたものです。 日本では「マンチカール」という名前が一般的ですが、海外では「キンカロー」という名前のほうが一般的です。 キンカローのように人為的に作出された短足の遺伝子には、骨格の異常を引き起こしやすくなるというリスクがあります。これは猫だけでなく犬にも当てはまることです。猫の場合には、耳の形状異常が全身の骨格異常に大きく影響を及ぼすため、アメリカンカールやスコティッシュフォールドの交配には厳しいモラルが求められています。 キンカローの場合、マンチカンの短足で小型な体格とアメリカンカールの耳の形状を引き継ぐために、無理な交配を行うことで、半身不随や死産が多くなるといわれています。 繁殖者たちはキンカローに関して、骨格異常を引き起こすリスクはダックスフンドなどの小型犬と比べると低いと主張していますが、品種としての歴史がまだ浅いことからはっきりとしたことはわかっていません。遺伝的な病気の発症確立や平均寿命などについてはこれからの統計を待つ必要があります。 歴史が浅いということもあり、猫種としての登録にはまだ検討の時間が必要であるということから、TICAにおいてキンカローは「Experimental Breed」(実験種)として認定されています。つまり、確立された猫種ではなく、実験的な猫種として扱われているのです。 これまでの研究の結果、アメリカンカールとマンチカンの交配による1代目のキンカローでは、75%の子猫で耳がカールしており、25%の子猫が短足で生まれるとされています。そのため、耳はカールしているけれど足が短くない個体や、耳もカールしておらず足も短くないといった個体が生まれる可能性があります。 キンカローが今後、どのように繁殖されるのか、将来的には健全な猫種として確立できるのかなどについて、TICAや猫登録団体、研究者や動物福祉団体などによる研究や検討が続いています。 また、今後さらに健全な猫種として確立するために、ほかの猫種との交配が試みられ、それによって現在の標準となっている外見が変化していく可能性もあります。 キンカローを飼育する際には、このような状況を把握しておく必要があるでしょう。 キンカローの大きさ・見た目 キンカローは体重3~5kgと小ぶりな猫が多い傾向にあります。マンチカンから受け継いだ短い足とアメリカンカールから受け継いだ折れた耳が特徴的です。アメリカンカールと同様に、生後直後は直立耳で、生後2週間頃からカールを始めます。 足も短いですが、体長が短いという特徴もあります。体長よりも尻尾のほうが長い子もいます。 体は小さいですが、筋肉はしっかりとついているため安定感があります。 被毛はシルキーなさわり心地が魅力的です。 色はクリーム、オレンジ、グレー、タビー、ブラックなどさまざまです。 キンカローの性格 キンカローはよく犬のような性格だと形容される猫です。 社交的で人懐っこい性格ですので、子供やほかのペットとも仲良くできます。 また、来客の際にも人見知りすることが少ないといわれています。 犬のように賢いという面もあり、しつけをすれば投げたおもちゃを取ってきたり、芸を覚えてくれることもあります。 遊びが大好きな猫でもあります。構ってほしいという気持ちが強いので、たくさん遊んであげましょう。 構ってもらえないと寂しがることが多いです。留守が多い家庭では寂しい思いをさせてしまうことがありますので、配慮が必要です。 キンカローを飼うときの注意点 活発な猫種であるため、高さのある遊び場やおもちゃをたくさん用意してあげましょう。 飼い主さんと遊ぶことも大好きなので1日に1回は思いっきり遊んであげましょう。 中毛のことが多いので、被毛は週に1回程度ブラッシングし、猫草や毛玉を吐きやすくするフードで毛球症予防をしましょう。 また、キンカローは顎の下に分泌物が溜まりやすいため、小まめに拭いて清潔にする必要があります。 キンカローは誰かと一緒にいることを好むので、留守が多くなりがちな家庭では他のペットを買うことをおすすめします。 キンカローにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、キンカローにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ウィペットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ウィペットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ウィペットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ウィペットがなりやすい病気・ケガ ウィペットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 緑内障(りょくないしょう) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) 脂漏症(しろうしょう) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 口蓋裂(こうがいれつ) ウィペットの特徴 ウィペットの歴史 1700年代のイギリスでは、森の中で猟をする際、グレーハウンドを猟犬として用いていました。 しかし、グレーハウンドのなかでも体の小さなものたちは猟に向かないとされ、繁殖者のもとへ返却されてしまうということが頻繁に起こりました。 繁殖者たちは、この返されたウィペットと小型の犬を交配し、畑を荒らすウサギなどの小動物を追うための犬種を育てはじめました。こうして誕生したのが「ミニチュアグレイハウンド」であるウィペットです。 また、このころイギリスではブル・ベイティング(複数の犬で牛を倒す見世物)や闘犬が流行していました。これらは賭博として工業地域へも広がりました。 しかし、1835年、動物愛護という観点によりブル・ベイティングや闘犬が禁止され始めます。そして、それらの代わりとして流行し始めたのが、犬同士を競争させるドッグレースです。 富裕層は、大型のグレーハウンドや馬を競わせて競争を楽しんでいましたが、それら動物の飼育には多くの資金が必要となるため、庶民には手が出せないものでした。 そこで、庶民の間では小さなサイズの犬を競わせるレースが娯楽として流行するようになりました。このレースで人気になったのが俊足なウィペットです。 ウィペットは「貧乏人の競争馬」とまで呼ばれるようになりました。 それに関連して、ウィペットの名前の由来は「鞭で飛ばす=whipped up」からきているという説まであります。 1891年、ウィペットはイギリスケンネルクラブに登録されることとなります。 ドッグショーに出始めると、その外貌の美しさが評価されはじめます。 そして家庭犬として人気になり、世界中に愛好家を持つようになりました。 ウィペットの大きさ・見た目 ウィペットはオスの場合、体高が47~51cm、体重が約15kg、メスの場合、体高が44~47cm、体重が約9kgとなっています。 引き締まった筋肉や折りたたまれた耳からは、空気抵抗の少ない機能的な美しさを感じることができます。 前足と後ろ足を揃えて、全身をしならせて走る走り方が特徴的です。 被毛はきめが細かく滑らかな短毛で、カラーは「グレー」、「ブリンドル」、「ホワイト」などがあります。 ウィペットの性格 従順で、大変落ち着きがあるため、しつけがしやすい犬種です。 また愛情深い犬種でもあるので、子供がいる家庭でも飼うことができます。家庭犬として理想的だといえるでしょう。 一方で、運動が大好きという面もあります。屋外では思い切り走らせてあげましょう。 散歩は最低でも一日1時間は確保する必要があります。 もともとはレースで活躍していたということもあり、高い集中力の持ち主でもありますのでアジリティなども向いています。 感受性が高い犬種ですので、しつけをする際にはしかることだけでなく、ほめることを中心に行いましょう。 ウィペットを飼うときの注意点 ウィペットは毎日大量の運動量が必要です。 走ることが好きなため、毎日の散歩ではジョギングなども交えて行えるといいでしょう。 ただし、寒さに大変弱い犬種でもあります。 屋外に出る際には、ドッグウェアを着せてあげましょう。 また、屋外での飼育はできません。 ウィペットは頭が小さいため、首輪が抜けやすくなります。さらにウィペットは足の速い犬種であるため、逃げると追いつくことが困難です。 逃走事故を防ぐためにも、柔らかく幅が広い首輪や、胴に巻きつくタイプの胴輪の利用を検討しましょう。 さきほども述べたようにウィペットは大変感受性の強い犬種です。 しつけの際に叱りすぎると信頼関係を築き上げるのが難しくなってしまいます。 しつけはほめること中心で行いましょう。 被毛はスムースコートで体臭も少ないため、たまに蒸しタオルなどで体を拭けば十分に清潔を保つことができます。 普段は、ラバーブラシなどでブラッシングしてあげましょう。 ウィペットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ウィペットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ…

ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ブリティッシュショートヘアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ブリティッシュショートヘアがなりやすい病気・ケガ ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肥満(ひまん) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) 新生子溶血(しんせいしとけつ) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) ブリティッシュショートヘアの特徴 ブリティッシュショートヘアの歴史 ブリティッシュショートヘアはイギリス原産の猫で、イギリスでは最も古い猫種のひとつされています。 それはローマ帝国のイギリス襲撃の際に連れていた猫と推測され、エジプト由来の短毛猫と考えられています。 イギリスに入ってから1世紀近くの間を、ほとんど変わらない外見のまま繁殖していたようですが、19世紀の中頃、ネズミ捕りにおいて優秀な固体を選択して繁殖させていたことから、改良が始まりました。 この当時から、ペルシャなど長毛の猫との異種交配も行われて長毛タイプも生まれており、第一次世界大戦前は長毛タイプの方が人気があったようです。その後、短毛タイプはブリティッシュショートヘアの品種改良に、長毛タイプはペルシャの改良にと分けて交配に使われるようになりました。 しかし、原産国イギリスの猫血統登録団体であるBCFFは、ペルシャとの交雑に反対していました。そのため、第一次世界大戦後はペルシャとの交配種は第3世代(孫)以降のみブリティッシュショートヘアとみとめられることとなったため、個体数が激減することとなります。 第二次世界大戦の頃には、食糧不足から各家庭でも猫の飼育が難しくなり、品種存続の危機とされるほど少なくなってしまいましたが、その結果、繁殖家のあいだでも、ロシアンブルー、土着の短毛猫、ペルシャなどと交配相手が混乱することとなりました。 戦後になると人気が上がり、1979年にはキャットショー参加資格を得ることになりましたが、ショートヘアと名付けられながら時々生まれるロングヘアのため、品種の確率には手間取ったようです。 また、長毛タイプはブリティッシュロングヘアー、またはブリタニカと呼ばれ一定の人気を得て、2009年から別の品種としてキャットショーに参加しています。 ブリティッシュショートヘアは1620年代、アメリカへの移民の際にメイフラワー号に乗っていた猫とされ、アメリカンショートヘアの基礎となったと考えられています。容姿はよく似ていますが、フレンドリーなアメリカンショートヘアに対してブリティッシュショートヘアはやや気難しい面があることから、この気質と、威厳のある立ち振る舞いにより、イギリスでは時に「猫界のウィンストン・チャーチル」と呼ばれることがあるほどです。 また、ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫は、ブリティッシュショートヘアがモデルとされています。 ブリティッシュショートヘアの大きさ・見た目 ブリティッシュショートヘアは胸が厚く、脚ががっしりしていてやや短めで中ぐらいの長さの尾を持つ中型からやや大型のセミコビーです。 頭は丸く、頬も目も丸く、鼻は短めで密生した短い被毛が特徴です。 毛色は独特の灰色の「ブリティッシュブルー」が有名ですが、異種交配の過程でいろいろな毛色を取り込んだため、あらゆる色が発現します。 体重は3~6㎏、平均寿命は14歳~17歳ほどです。 ブリティッシュショートヘアの性格 ブリティッシュショートヘアは子猫から若猫の頃まで甘えん坊のようですが、基本的には自立心が高く、抱っこされたり撫でられたりすることを好まない性格です。 また、猫らしいプライドの高さと威厳があり、賢さもあります。 非常に落ち着いた性格の猫なので、人の膝の上よりもソファなどの上で過ごすことを好み、留守番なども1頭でこなすことができます。 ブリティッシュショートヘアを飼うときの注意点 運動スペースを確保する ブリティッシュショートヘアは見た目はずんぐりとして丸みを帯びた姿をしていますが、筋肉質でがっしりしています。のんびり屋で穏やかな面もあるため、あまり活発に運動しないと思われがちですが、見かけによらず身体能力がある運動好きな猫です。 動き回れるほどの広いスペースがあると良いですが、どうしてもスペースがない場合はキャットタワーを用意して1人でも遊べる空間を設けるようにしましょう。また、おもちゃなども用意してあげることで、運動不足のストレスがたまらないように配慮してあげましょう。 肥満に注意 意外と筋肉質な猫なので、食事にも注意が必要になります。高タンパク質、高カロリーの食事が筋肉質な身体を作ってくれていますが、ただ食事を与えるだけでは餌の栄養を接種するだけなので肥満になってしまいます。食事の量はしっかりと守り、太らせないように気を付けましょう。 静かな場所で過ごさせる ブリティッシュショートヘアは穏やかな性格ですが、騒々しい場所が苦手です。大通りや電車の線路が近い場所など、騒音が激しい環境での飼育はストレスに繋がるので注意が必要です。 できる限り、静かで安心していられるような環境での飼育が望ましいです。 メリハリのあるしつけ ブリティッシュショートヘアは賢いのでしつけやすいとも言われています。褒められることが好きなので、上手に遊べた時などは沢山褒めてあげましょう。 遊ぶことの楽しさを知ることで、成猫になった時に運動量が減ったとしても、遊びながら運動不足を解消することができるようになります。また、運動で肥満を予防することも重要なので、楽しさを身につけさせれば肥満や病気予防に役立てることも可能です。 他の猫に比べ、飼い主の言うことを理解して聞くので、叱ったり褒めたり、メリハリのついたしつけを行いましょう。 叱るときはしっかりと叱ることで二度としなくなります。また、褒めるときは、ブリティッシュショートヘアは抱っこされることが苦手なので、頭や体を優しくなでてあげましょう。トイレのしつけの失敗が少なく、すぐに覚えてくれるので、賢く飼いやすい猫といえます。 ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー…

ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ノルウェージャンフォレストキャットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットがなりやすい病気・ケガ ノルウェージャンフォレストキャットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) 毛球症(もうきゅうしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) グリコーゲン貯蔵症(ぐりこーげんちょぞうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 尿路結石症(にょうろけっせきしょう) ノルウェージャンフォレストキャットの特徴 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史 ノルウェージャンフォレストは、その名の通り、ノルウェーの森林地帯で自然交配によって生まれた猫種です。その歴史は4000年前にも遡るといわれますが、正確にはわかっていません。 北欧神話にも登場し、雷神トールでも持ち上げることのできなかった猫や、女神フレイヤが車を牽かせるために二頭の猫を用いたという話が残っており、これらの猫のモデルがこの猫種であったとされています。 「スコグカット」と呼ばれ地元で長く愛されてきたねこですが、育種の動きが始まったのは1930年代のことで、ノルウェーの愛猫家たちが、国を代表する猫ととしてこのスコグカットを保護、育成する活動を始めました。 しかし、第二次世界大戦が始まるとその活動は中断され、一時は絶滅寸前にまで追い込まれましたが、1963年、ノルウェー国立純血猫協会が設立されると、続いて1975年にはノルウェージャンフォレストキャット専門のサークルが設立され、本格的な育種と保存が再開されることとなりました。また、1977年にはヨーロッパの猫種登録機関に品種として登録されました。 1979年には、ノルウェージャンフォレストキャットのペアが初めてアメリカに輸入され、1981年にアメリカ初のノルウェージャンフォレストキャットの子猫が生まれ、話題となっていました。 現在、ノルウェージャンフォレストキャットはTICAをはじめ、ACFAやCFAなど多数の団体で認められています。 ノルウェージャンフォレストキャットの大きさ・見た目 ノルウェージャンフォレストキャットはサブスタンシャルな大型の猫種です。胴体はがっしりとしていて腹部はかなり奥行きがあります。 ノルウェーの厳冬に対応するため、非常に豊かな被毛を持ち、とくに首から胸にかけてのラフと呼ばれる襟巻のようなふさふさの毛が特徴です。毛質は水や雪をはじきやすいよう、硬くて長いオーバーコートと、柔らかくて保温性のあるアンダーコートのダブルコートになっています。 ノルウェージャンフォレストキャットの被毛について、TICA(The International Cat Association)では、トラディショナルカテゴリーの全ディビジョン(毛色による色分け)と全カラーが認められていますが、セピア、ポインテッド、ミンクのカテゴリーは認められていません。また他の団体ではシナモン、ライラック、フォーン、チョコレートのカラーは認められていません。 体重は3.5~6㎏で大きいものは10㎏の個体も存在し、平均寿命は14歳~16歳ほどです。 ノルウェージャンフォレストキャットの性格 ノルウェージャンフォレストキャットは穏やかで我慢強く、優しくて温厚な性格で、甘えん坊ですが過剰なスキンシップを好まない面も持っています。 また、人に対しては比較的人懐っこく、ほかの猫や動物とも社交的に接することができます。 ノルウェージャンフォレストキャットを飼うときの注意点 怪我に注意 ノルウェージャンフォレストキャットは穏やかで我慢強い性格ですが、いたずらが好きな面もあります。好奇心が旺盛なので気になったものにはつい手を出してしまい、夢中になっているうちに怪我をする可能性があります。そのため、危ないもは極力ノルウェージャンフォレストキャットの移動範囲内に置かないようにしましょう。 運動環境を整えておく 運動能力も高く、特に高い場所へ登ることが好きなうえ、大型で骨太、そして筋肉質なので通常の遊びとしての運動も多く必要になります。 運動不足に陥るとストレスになってしまうので、よく運動ができる環境を作ってあげましょう。 肥満に注意 ノルウェージャンフォレストキャットは体が筋肉質のため、多くの栄養を必要としますが、与えすぎは肥満にさせてしまうので与える量には注意が必要です。 良質な栄養を与えることで、毛質や体つきの綺麗な子に育てることができるので、しっかり栄養管理をしてあげましょう。 ブラッシングは毎日 ノルウェージャンフォレストキャットは綺麗好きな猫でもあります。歯磨きをしたり目や耳が汚れていた場合はコットンなどで優しく拭き取ってあげることも必要になります。 また、この猫種は体が大きいうえに被毛が長く多いため、手入れには少々手間がかかります。 ブラッシングの頻度は1日に1回は行うのが理想といえます。換毛期は抜け毛が目立つので、1日2回を目安にブラッシングを行い、ブラッシングは被毛の管理だけでなく猫と飼い主とのコミュニケーションにも繋がるので、積極的に行いましょう。 シャンプーをすると楽に抜け毛を取り除くことができるのですが、毛の特性状水を弾いてしまうので、全身を濡らすのには苦労しますが根気よく洗い流してあげましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

マンチカンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

マンチカンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

マンチカンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 マンチカンがなりやすい病気・ケガ マンチカンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) 毛球症(もうきゅうしょう) 外耳炎(がいじえん) 漏斗胸(ろうときょう) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう) マンチカンの特徴 マンチカンの歴史 ダックスフンドのような短足の猫の存在は、1944年にイギリスのジョーンズ博士によって、初めて報告されたといわれています。 突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦の頃には姿を消してしまい、暫くは存在を確認できない状態でしたが、1953年になると、ロシアからも同じように足の短い猫の報告があり、1964年にはアメリカのニューヨークで、1970年にはニューイングランドでも短足猫の存在が報告されていました。 各地で報告された短足猫の存在を確立する決定的な出来事は、1983年にアメリカのルイジアナ州で発見された、トラックの下にいた野良猫だといわれています。ブルドッグに追われてトラックの下に逃げ込んだ猫を見つけたのは当時音楽教師だったリンダという女性でした。彼女は猫を保護し「ブラックベリー(Blackberry)」と名付けます。 やがてブラックベリーは子猫を生みますが、そのうちの半数は短足で、その短足猫のうちの一匹を友人だった繁殖家であるケイ・ラ・フランスという女性に譲り、彼女は譲り受けたそのオス猫を「トゥールーズ」と名づけ、育種を始めるにあたり近親交配による将来の遺伝子疾患のリスクを減らすために異種交配が行われました。 育種されたマンチカンは、ニューヨークで開かれた1991年のキャットショーで初めて展示されることになりました。 しかし、短足で小さなマンチカンの姿は、様々な立場からの論争を引き起こすことになり、一方では遺伝疾患や免疫力の弱さを懸念する人たち、もう一方はこの猫の愛くるしい姿に魅了され、その健全性を信じようとする人たち両者の間で起こった争いでした。 この時のキャットショー以降の評判では、「結局は単なる突然変異」と結論付けて終わったものの、後にこの短足猫はアメリカのいろいろな場所で見つかり、彼らもまた育種のために使われるようになりました。こうした近親交配のリスクが低下することで、猫の国際的な血統登録団体でらうTICAは、、1995年にスタンダードを作成し、新しい猫種として認定することになりました。 マンチカンの育種については猫愛好家や遺伝学者など、様々な立場から違った倫理的見解があり、国際的な猫血統登録団体であるCFA(アメリカ)、GCCF(イギリス)、FIFe(フランス)は2014年に至っても、マンチカンを猫種として公認はしておらず、純血種としての育種が開始されえて20数年しか経ていないため、今後はさらに時間をかけて、マンチカンの健全化と固定化がまたれるところです。 マンチカンという名前は、英語で「小さい人・子ども」を意味する「munchkin(マンチキン)」からなぞらえてついた名だといわれています。 マンチカンの大きさ・見た目 マンチカンには短足だけでなく、普通の猫と同じ足の長さのタイプも多く存在し、短足のマンチカンは実は全体の2割程度ともいわれています。 短足タイプは、体長よりやや短いものの長めの尾があり、小型のセミコビーで体高は猫種の中でもっとも小さく、2014年にカナダで繁殖された体高13.6cmのマンチカンは世界一小さな体高の猫としてギネスブックに登録されています。 マンチカンは作出の歴史において様々な猫と交配されてきたため、要望や毛色が非常に多彩ですが、交配による弱体化を防ぐため、TICAは他の純血猫との交配を禁じたことから、スコティッシュフォールドのような折れ耳やアメリカンカールのような巻耳など、ほかの猫種の特徴が発現したマンチカンは公認されず、血統書が発行されることはありません。 体重は2~4㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 マンチカンの性格 マンチカンは穏やかで大人しく、利口で人によく懐く甘えん坊な面のある一方、臆病な部分もある性格をしています。 活発ではありますが、大人しさもあるので、初めて猫を飼うという方にもおすすめな猫種です。 マンチカンを飼うときの注意点 マンチカンは人によく懐き、落ち着きのある性格なので初めて猫を飼おうという人にも飼いやすく、向いている猫といえます。 トイレの場所を覚えさせる 他の猫同様に、トイレの場所はしっかりと教えてあげましょう。ご飯を食べて排泄しようとうろうろし始めたら、トイレまで連れて行ってあげるようにし、トイレの場所は静かで落ち着けるようなところに配置してマンチカンがトイレをする際に邪魔にならないようにしましょう。 大きな声で叱りつけない 始めこそ粗相やいたずらをしてしまうことが多いと思いますが、大きな声で叱ってしまうと怯えてしまい、信頼関係に悪影響を及ぼすことがあります。粗相をしてしまった場合は黙って綺麗にし、消臭をした後に根気よく正しいことを教えていきましょう。うまくトイレをすることができたときはその場でたくさん褒めてあげることでしつけが入りやすくなります。 ブラッシングは週2~3回ほど 被毛の手入れもそこまで頻繁に行わなければならないということはありません。週2~3回ほどで十分です。 また、マンチカンは室外飼育には向いていないため、室内で飼うようにしましょう。体もあまり汚れないので、気になった時以外はシャンプーの必要はありません。 マンチカンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、マンチカンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アメリカンショートヘアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アメリカンショートヘアがなりやすい病気・ケガ アメリカンショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 流涙賞(りゅうるいしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 糖尿病(とうにょうびょう) 関節疾患(かんせつしっかん) 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) 急性腎不全(きゅうせいじんふぜん) アメリカンショートヘアの特徴 アメリカンショートヘアの歴史 日本でも大変人気のあるアメリカンショートヘアは、イギリスのブリティッシュショートヘアが直径の祖先猫です。ブリティッシュショートヘアは大変古い歴史の猫で、ヨーロッパヤマネコがイギリスでスコットランドヤマネコとなり、変化したものと考えられています。 今からおよそ400年前、ピューリタンがイギリスからアメリカに渡るために乗ったメイフラワー号に同乗し、アメリカ大陸に共に渡った短毛の猫がアメリカンショートヘアの土台となったといわれています。 この時の彼らはペットとして入ってきたわけではなく、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われており、ペット向きではない強い面がありますが、ハンターとしては大変優秀で、多くの農場や家庭で求められました。彼らの子孫は交雑があったにも関わらず、50ドルから100ドルで売られていたと言われています。 この時代はまだ、愛玩目的の純血種として求められていなかったため、行われていた異種猫との交雑により、アメリカンショートヘアは遺伝疾患の少ない頑健な体を得ることができたと考えられています。 アメリカの農業が大規模化し、穀物管理の手法が発展すると、ハンターとしての猫たちは引退を余儀なくされましたが、特徴的な銀灰色のクラシックタビーの美しさに魅せられた愛好家の手によって、品種確立を目指して育種されることになりました。 アメリカでは1895年のキャットショーでデビューしましたが、この時のカタログには1000ドルの値段がつき、さらに翌年の1896年のショーでは2500ドルの値が付くほど人気が上昇していったとされています。 アメリカの愛猫団体であるCFAは、1906年創設時に登録した5猫種のひとつとして採用しましたが、この時の名前は単に「ショートヘア」とされ、他の短毛猫とひとくくりにされていたようです。その後、愛好家によって性能・容姿・性格において選択交配により改良が続けられた結果、1966年にはアメリカンショートヘアへと改名されました。 日本に入ってきたのは1980年以降とされていますが、日本猫とは違うパターンのタビーや気質、丈夫な体質に熱心な愛好家が増え続けています。1966年、単猫種愛好家クラブとしてアメリカンショートヘアクラブジャパンがCFAに認可されるまでになり、今日も親しまれ続けています。 また、日本では「アメショー」と略されていますが、英語圏では「マウサー(mouser/ネズミ捕り動物)」という異名を持っています。 アメリカンショートヘアの大きさ・見た目 アメリカンショートヘアは中型のセミコビー型で、脚が大きくがっちりとした体格です。ややスクエアな顔立ちで、尾は長く、短毛ですが厚い被毛に覆われています。 一般的な毛色は銀灰色のクラシックタビーが有名ですが、黒、白、銀、クリーム、赤、茶、青など非常に多くの毛色があり、タビーでないソリッドカラーや、ホワイトとのバイカラーの個体もいます。 体重は3.5~6.5㎏、平均寿命は12歳~13歳ほどです。 アメリカンショートヘアの性格 基本的に明るく、賢い性格ですが、やや慎重で家族以外の人間には警戒心を出すことも多いようです。自立心の強い祖先猫のブリティッシュショートヘアの影響が強い個体もいますがいますが、その場合は家族からもベタベタと触れられることを嫌がる傾向にあります。 鼠狩りを行っていた過去をもつため、好奇心旺盛で特に動くものに大変興味を持ちやすいです。 また、人見知りをせず友好的な性格のため、他の動物と一緒に飼ったり多頭飼いをしても安心できる性格です。 アメリカンショートヘアを飼うときの注意点 暑がりなので温度調節を 本来寒がりな動物なのですが、アメリカンショートヘアは寒いイギリスでネズミ捕りをしていきてきたので、多少は寒さに強い傾向がありますが、その反面で暑さには弱いので、夏場は熱中症にならないよう冷房をかけて温度調節をしてあげる必要があります。 適度なブラッシング アメリカンショートヘアは、短毛種なので入念なブラッシングはそこまで必要ないですが、飼い主とのスキンシップとして定期的に行ってあげることで、毛玉予防にもなるため可能な時はしてあげましょう。 食事の量には気を付けて アメリカンショートヘアは太りやすい体質のため、食事に気を付けないと肥満になり、そこから糖尿病を患ってしまう可能性があります。アメリカンショートヘア飼う際、キャットフードのあげ過ぎには十分注意し、太りすぎていないか定期的に確認をするようにしましょう。 体を動かす環境をつくる 猟猫として働いていた猫なので、運動量が多く、活発です。ストレスを抱えないようたっぷり運動できる環境を整えましょう。 縦・横の移動はもちろん、おもちゃを使ったハンティング遊びも必要となります。 運動や遊びが足らなくなるとストレスが溜まり、いたずらが増えたり家具を傷めたりなどの問題行動が出てくるので、毎日たっぷり遊んでストレス解消してあげましょう。 可能であればキャットタワーやキャットウォークなどの導入はもちろん、自由に走り回れる広い空間や、猫が隠れられるほどの障害物があると猫はハンティング遊びが楽しくなります。 ほかのペットがいる場合は、猫が静かに休める場所を確保してあげましょう。猫は寝床を複数つくる動物なので、休める場所は数か所作ると良いでしょう。 アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

日本猫におすすめのペットに保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

日本猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

日本猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 日本猫がなりやすい病気・ケガ 日本猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう) 尿路結石(にょうろけっせき) 膀胱炎(ぼうこうえん) FIP(猫伝染性腹膜炎)(ねこでんせんせいふくまくえん) アトピー性皮膚炎病(あとぴーせいひふえん) 日本猫の特徴 日本猫の歴史 日本猫の歴史は古く、弥生時代の遺跡である長崎県壱岐市に所在するカラカミ遺跡からイエネコの遺骨の出土事例があったことから、紀元前から日本に猫が存在していた可能性が考えられています。 一般的には、奈良時代頃に、経典などの大事な書物をネズミから守る益獣として、中国から輸入されたことが日本猫の始まりとも言われており、本物のネコの描写が記録として現れるのは899年の宇多天皇による黒猫の飼育日記でした。 そこには「唐土渡来の黒猫」と断り書きがあり、それに加えてそれからおおよそ100年後、花山天皇が三條の皇太后に猫を贈った際、その猫を「唐猫」と詠んでいることから見ても、舶来でない在来の猫が当時の日本に既に存在していたことが伺えます。平安時代の様々な和歌や物語に登場し、人々に親しまれていましたが、その後も中国と交易するたびに猫が日本を訪れ、戦国時代にはシャム(タイ)などの東南アジアとも交易したことから、これらの猫とも関係ができたと考えられています。 現在の日本の猫の形は江戸時代に固定されたもので、日光東照宮の「眠り猫」(伝・左甚五郎作)は、日本猫の姿をよく表す好例とされています。 日本に伝来してから長きにわたり、猫は貴重な愛玩動物として扱われていましたが、鼠害防止の益獣としての使用は限定され、猫は繋いで飼育する動物であったともいわれており、絵巻物などには魔除けの猿同様に紐・綱等で繋げて逃げないように飼育されている猫の様子が多数描かれていました。そのため、鼠害対策として1602年には、洛中の猫の綱を解き放つことを命じる高札が出されたという名内容が、西洞院時慶の日記である「時慶記」に記録されています。禁制はかなりの効果があり、鼠害が激減したと言われています。 一方、日本猫は元々愛玩用ではなく鼠狩りの益獣として輸入されたため、家で飼われるより外で暮らす方が多かったという見解もあり、室町時代の幸若舞には京都で猫が自由に外を徘徊している模様が記述されていましたが、猫が広く繁殖するまでには至っておらず、江戸時代には鼠を駆除するための呪具として猫絵を描いて養蚕農家に売り歩く者もいたとされています。 日本猫の種の揺籃は1945年頃まで安静に続いてたものの、第二次世界大戦が終結した頃から進駐軍など外国人の手によって外来種が日本国内に大量に持ち込まれるようになり、特に日本国内に巻き起こったシャム猫の流行期を過ぎてからは、外来種との混血が急速に進み、20世紀も後半を迎えた頃には絶滅寸前と言われるまでの状況になりました。これに危機感を抱いたことから1971年、「日本猫の標準」の試案を作成したうえで「日本猫」の保存を平岩米吉が呼びかけていったことにより、今日の日本猫という種の存続に繋げていくことに成功しました。 日本猫の大きさ・見た目 顔の特徴として、額が広く鼻筋がしっかり通っていること、体を覆う被毛はそれほど長くなく、耳の毛は短いです。 毛は独特な配色をしていて、白、黒、ぶち、三毛猫、トラ、サビなどにわかれ、尻尾は細長いものと短いものがおり、尾が短い事は世界中他の猫と比べても大きな日本猫の特徴とされています。 体重はオス4.3㎏~5.5㎏、メス3.1~4.2㎏、平均寿命は13歳~16歳ほどです。 日本猫の性格 初対面の相手に対しては警戒心を見せますが、気を許すと愛嬌ある仕草を見せます。 毛色によっての個体差はいくらかありますが、白猫は気難しく向こうから寄ってくることはありませんが、飼い主に対する独占欲が強く、ほかの人や猫が近づくと敵意を見せて追い払おうとするいじらしさがあり、黒猫は慣れれば穏やかで飼い主思いで気持ちを察してくれる賢さがあり、茶トラは明るくフレンドリーかつ甘えん坊なのでとても飼いやすく、キジトラは活発で警戒心が強いために特定の相手にしか気を許さず、サバトラは陽気で人懐っこいか警戒心が強く神経質かの両極端なものがおり、ブチ猫は優しくて我慢強さがある反面、人懐こく陽気かと思えば孤独を好む二面性があり、サビ猫はマイペースで穏やかですが構いすぎると嫌がる短気な面があり、三毛猫はプライドが高く独立心が強いうえに気まぐれさが目立つなど、毛色によっても性格が異なるといわれています。 日本猫を飼うときの注意点 食事は一日に何度か小分けに 毎日の餌は栄養バランスなどを考え、キャットフードなどが無難だといえます。ドライフードと缶詰がありますが、ドライフードは扱いやすく猫が歯周病になりにくいという特徴がありますが、缶詰は猫が好むのでよく食べますが、水分が多いことから泌尿器科の病気になりにくい良さがあるため一長一短です。ただし、餌はあげ過ぎると太ってしまうため、注意しましょう。 しつけは叱りつけない 犬のように叱られたからといって誤った行動をやめるというわけではないので、むやみに叱るのではなく、環境を整えつつそれができないような状況を整えるのがになりま大切す。 室内で飼う場合はトイレの場所を覚えさえることが必須になりますので、その猫自体の排泄物をトイレにあらかじめ置いておくなど猫が自分の場所だと認識できるようにしておくと習慣化できます。 信頼関係は距離感を大切に できるだけ猫の目線に合わせて様子を見て、甘えたそうな時には構い、ほっといて欲しそうな時にはそっとしておくなど、猫に合わせると信頼関係が徐々に築かれていきます。 最初の内こそはもどかしいかもしれませんが、根気よく向き合っていきましょう。 運動のできるスペースを 室内飼いだと運動不足にならないような工夫が必要になります。猫は駆け回る以外にも高い場所へよじ登ろうとするので、キャットタワーやキャットウォークなどを設置してあげるとよいでしょう。 気が向いた時にいつでも高いところへ登り、歩くなどの移動ができるので運動不足になりにくいほか、おもちゃも用意してあげると飼い主も一緒に遊べるうえに猫がストレスを溜めにくい環境づくりができます。 日本猫におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、日本猫におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

スコティッシュフォールドに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 スコティッシュフォールドがなりやすい病気・ケガ スコティッシュフォールドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 骨軟骨異形成(こつなんこついけいせい) 尿管結石(にょうかんけっせき) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) コロナウイルス(ころなういるす) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 眼瞼内内反症(がんけんないはんしょう) スコティッシュフォールドの特徴 スコティッシュフォールドの歴史 世界中で広く飼われているスコティッシュフォールドの歴史は、1頭の白い猫に遡ります。 イギリス・スコットランド地域の農村にいた折れ耳のメス猫で、1961年に羊飼いのウィリアム・ロスが発見しました。ロスは猫の住んでいた納屋の持ち主に猫を譲り受け、「スージー」と名付けて飼育を始めました。 しっかりした体格で真っ白な被毛、、人懐っこく賢く愛らしい気質で、不思議な形の折れ耳をしたスージーは、ロスの手により交配され子猫を生みました。その中にスージー同様の折れ耳の子猫がいたことから、ロスは折れ耳猫の繁殖を始めることにしました。 1966年、ロスはGCCF(イギリスの猫種血統登録団体)に登録し、スージーの生んだ白いメス猫を土台に、折れ耳猫の品種確立を目指して本格的に繁殖を始めました。そして、遺伝学の研究者であるパット・ターナーの助力を得て、繁殖を進めていました。 GCCFは当初、スコティッシュフォールドの品種確立に協力的でしたが、骨格と聴力の異常が続発したことから、1971年には1度、この猫種の登録と繁殖を中止する決定を下しました。 イギリスで繁殖を中止することになったスコティッシュフォールドは、アメリカで輸出されて繁殖を続けられることになりました。 スコティッシュフォールドの遺伝疾患と品種確立の研究はアメリカでも続けられ、1970年代後半までに、交配の際にブリティッシュフョートヘアもしくはアメリカンショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、スコティッシュフォールドの個性を維持しつつ、遺伝疾患の影響を小さくできると結論付けました。 そして1977年、CFA(アメリカ猫愛好家協会)、猫種として登録が認められることになりました。 歴史が浅く、遺伝性疾患のおこりやすいスコティッシュフォールドは、現在でも各国の猫登録団体でブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアとの交配が認められているケースが多くあります。 スコティッシュフォールドの大きさ・見た目 スコティッシュフォールドはがっしりした体格で、長毛と短毛の2種がいます。 丸い目と丸い顔に折れ曲がった耳が印象的な中型のセミコビータイプです。 その尚の通り、折れ(fold)耳が特徴的ですが、スコティッシュフォールドは生まれたときはどの子猫もまっすぐな耳をしています。生後3週間から1ヵ月程度で耳が折れ始めます。遺伝的に折れ耳になるのは3割強くらいという説と、極端な差が無く誕生するという説がありますが、現在の研究でこの耳は偶然できた突然変異であるとされています。 折れ耳タイプの頭の形から「ふくろう」「テディベア」「帽子を被っている」など、ユニークな別名がつけられていますが、折れ耳にならなかった立ち耳の猫はスコティッシュストレートと呼ばれ、一般の猫より小さい、三角形の耳を持ちます。 スコティッシュフォールドは、腰を抜かしたような独特の座り方をすることがあります。スコ座りとも呼ばれる姿勢ですが、腰や股関節の形成不全のためこのような座り方ができるとされています。一般の猫がするような両手両足をたたんだ香箱座りを苦手とするスコティッシュフォールドも多くいるようです。 スコティッシュフォールドの性格 スコティッシュフォールドは家庭的な性格で、子どもや同居動物との相性も良く、環境の変化にもあまり動じません。 賢く、好奇心が強いうえ、遊び好きで家族と共にいることを好みます。 また、スコティッシュフォールドは鳴き声が小さいことも知られています。 短毛・長毛ともに被毛は密生していて弾力があり、シルキーな手触りで、毛色は多くのパターンがありますが、単色では白、黒、レッド、クリーム、ブルー、およびこれらのシェイデッドやタビー、またこれらの毛色とホワイトの組み合わせなどがあります。 体重2.5~6㎏、平均寿命は10~13年ほどです。 スコティッシュフォールドを飼うときの注意点 スコティッシュフォールドはお手入れが総じて大変な猫種ではありませんが、いくつか抑えたい点はあります。 鼻が低く鼻血を出すことも スコティッシュフォール度は鼻が低いため、くしゃみをすることが多いです。このくしゃみによって、鼻の中を圧迫し、鼻血を出してしまうことがあります。この場合は、鼻の中に血が残らないように拭き取ることが必要です。心配な場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。 歯磨きは1~3日おきに 猫は3歳ほどになると歯周病が増えてきます。歯垢を取らずに放っておくと歯石になり、歯周病になってしまうことがあります。歯周病の原因については実ははっきりとわかっていませんが、歯石だけが原因でないこともあります。子猫の頃のウイルス感染などでも歯周病を患う可能性がありますので、歯磨きはなるべくこまめに行ってあげましょう。できれば、毎日食後にしてあげられればベストですが、難しい場合は歯垢が史跡になる前に、1~3日に1度は行ってあげると良いでしょう。 耳はこまめにチェックして耳掃除はやさしく 立ち耳のスコティッシュフォールドであれば、汚れていたらコットンにイヤークリーナーを含ませて軽く拭う程度で大丈夫ですが、折れ耳のスコティッシュフォールドは湿気が溜まりやすく、外耳炎などになりやすいので注意が必要となります。まめに耳の中を確認し、汚れがついていた際には耳掃除をしてあげましょう。ただし、耳の中の皮膚はデリケートなので、あくまでやさしく、こすらないように丁寧に掃除してあげましょう。 爪切りをする 爪の先端が尖ってきたらカットすることにより、スコティッシュフォールドが爪をなにかに引っ掛けて怪我をしたり、飼い主が引っ掻かれて怪我をするという事態を防ぐことができます。爪を切る際のポイントは、嫌がったらすぐに開放してあげることです。全部の爪を一気に切る必要はないので、なるべくスコティッシュフォールドに負担が無いように行いましょう。無理に押さえつけるなどして行うと、信頼関係を崩してしまう恐れがあります。一度に済ませてしまいたい気持ちを抑え、根気よくスコティッシュフォールドの気持ちに合わせて行うことが大事です。 ブラッシングは1日1~2回 短毛と長毛によりブラッシングの頻度は異なりますが、短毛種の場合は1日1回、長毛種は1日に2回ほどしてあげましょう。そこまで神経質にブラッシングをする必要はありません。スコティッシュフォールドの抜け毛を取り、毛玉になるのを防いであげれば十分ですが、コミュニケーションに繋がるので積極的に行っていきましょう。 スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン…