おすすめペット保険の選び方!~飼い主必見!初心者でもカンタンポイントまとめ~ペット保険の豆知識

おすすめペット保険の選び方!~飼い主必見!初心者でもカンタンポイントまとめ~

「ペット保険」と一口に言われても、近年増え続けているペット保険の中から一つ選んで決めるのはなかなか難しいですよね。 「名前は知ってるけど、そもそもどういうものなんだろう?」と悩む方や、どう選んだら良いのか考える方もいらっしゃるのではないでしょうか? そこで、保険とは何か?保険選びで後悔をしないためにどう選んだらよいのか?保険の魅力やメリットデメリットなど、この記事では紹介していきたいと思います。 まずはペット保険について少しずつ知っていきましょう! ペット保険とは? 早速ですが、ペット保険とはどういうものなのかどんどん知っていきましょう! ペットの食事内容や飼育環境の向上や獣医医療の高度化によって、ペットたちも長生きするようになり、ペットの高齢化が進んでいるといいます。 しかし、ペットも人のように高齢化が進むと体が弱くなりガンや糖尿病などの大病にかかるリスクが増えていきます。 そして、それらの病気の治療に必要な入院や手術、継続的な治療などによる高額な医療費が必要になる時、ペット保険に加入していると動物病院などの医療サービスを受けたときに、その治療費や手術代、入院費などの一定金額が保険によって支払ってもらうことができます。 ペット保険を扱う会社によって支払う保険金の額や補償内容も変わってくるので、加入したいと考えているのなら、自身のペットの種類や自分のライフスタイルに合ったものを各保険会社から選ぶとよいでしょう。 ペット保険の加入のメリットは? 加入することで得られるメリットについて紹介していきます! 早期発見・治療の可能性がある 保険に加入することで、病院代を都度気にせずに済むため病院に通いやすくなり、病気が早期に見つけやすくなります。しかし、病院代を気にしなくても済むとはいえ、まだ窓口精算ができる保険会社はそう多くはありません。一度全額を支払った後、その領収証などを保険会社に送り、加入しているプランの割合に応じた返金を受け取る形になることが多いため、その点はあらかじめ注意しておきましょう。保険会社と提携している動物病院であれば窓口精算も可能という場合もありますので、該当する動物病院と保険を探してみるのも良いでしょう。 自己負担額が少なくて済む 加入した保険の割合に応じて治療費の一部、またはほとんど全額が補償されるので、自己負担額が少なくて済みます。補償割合は各社30%~100%と幅広くありますが、100%補償をしてくれる保険に加入した場合、自己負担額は限りなく0円に近くなります。ただし、補償割合が高いプランは、その分の掛け金はもちろん高くなりますし、月単位か年単位かの支払いを仕切れるかどうかについても、きちんと確認をしたうえで、加入をするようにしましょう。 行える治療の選択肢増える それまでは治療費の面で検討できなかった治療も、ペットの状態によっては行えるようになる可能性があります。高額で試すことが出来なかった薬や、出来なかった検査をすることが出来れば、それだけ治る可能性が高まりますので希望が持てますね。 人や物に危害を与えてしまった場合に対応をしてもらえることもある 必ずではありませんが、基本の補償にプラスして特約というものが付けられる保険があります。その中でも「ペット賠償責任特約」という特約は、契約しているペットが人や物に被害を与えて法律上の損害賠償責任が生じた際に、1事故につき最大1000万円まで補償してもらえるというもので、保険会社によっては示談交渉が付く保険会社もあります。前述しましたが、必ず付いているものではないので、この特約を受けたい場合、付属しているプランを扱う保険会社を探す必要があります。 ペット保険はどうやって選ぶといいの? 保険会社やメリットについてさっと確認していきましたが、次はいよいよ選び方について確認していきたいと思います。 大きく分けて4項目ありますので少しずつ詳しく見ていきましょう! ①加入条件 いざ保険に入ろうと思っても、加入条件に該当していなければ入ることはできません。 各保険会社のプランの加入条件をしっかり確認し、加入が可能かどうか確認をしてから手続きをしたいのですが、どんな条件があるのか想像がつきませんよね。 多くの保険会社で設けられている大まかな加入条件を紹介していきます。 加入できるペットの種類 多くの保険会社では犬・猫をメインに扱っています。保険会社によっては鳥やうさぎ、ハリネズミやハムスター、爬虫類などの加入も可能な場合があります。 犬種区分 小型犬・中型犬・大型犬の区分のある会社と区分の無い会社があります。また、猫や小動物については特に区分分けはされていない状況です。 加入対象の年齢 保険会社によって異なってきますが、高齢になると加入できないケースもあります。 加入時の健康診断 診断の要不要についても保険会社によって差があります。また健康診断を各社指定の動物病院で受けると保険料割引になる保険会社などもあるのでよく確認してみましょう。 加入ができないケース 過去に重病を患っている(加入予定の保険会社が指定している特定疾病罹患歴がある場合)と、ペット保険への加入ができない場合があります。加入前に各保険会社に確認をしましょう。 ②保険料 ペット保険の保険料は、ペットの種類や品種(もしくは体重)、年齢などによってプランごとに異なってきます。 中でも犬の場合は、年齢のほかに犬種や体重で保険料が細分化されているプランがほとんどで、猫やその他のペットでは、年齢のみで保険料が変わるのが一般的です。 具体的にどのような要素で変わってくるのか、保険料体系について、確認していきましょう。 動物の種類 保険会社によって取り扱ってる動物の種類は異なりますが、犬や猫を中心に、ハムスターやウサギ、鳥や爬虫類などもあります。 品種 猫やその他の小動物が該当することはありませんが、犬の場合は犬種によって変わってきます。また、小型犬・中型犬・大型犬といったサイズによる体重も保険料が決まる要素になります。 補償割合 補償割合は補償プランにおいて、通院・入院・手術などの費用を補償する際に、全体から保険金として引かれる金額の割合になります。保険会社によってラインナップは異なってきます。 (例えば、50%・70%・100%のプランに加入していた場合、 入院日数:4日間 費用:10,000円 通院日数:8日間 費用:5,000円 であれば、 入院費[4日間×10,000円/日]+通院費[8日間×5,000円/日]=治療費合計80,000円 となり、費用が80,000円かかります。 補償割合別の保険料の支払額は、 補償割合50%→80,000円×50%=40,000円…

治療中の病気や持病があってもペット保険に加入できる?加入できない場合って?ペット保険の豆知識

治療中の病気や持病があってもペット保険に加入できる?加入できない場合って?

ペット保険加入の際に気になるのは、「持病があったり、病歴があっても保険に入れるの?」「現在すでに治療中の病気があるんだけど、保険に入れば補償が受けられる?」「保険に加入できないのはどんなとき?」といった点ではないでしょうか。 今回はそれらペット保険の疑問点について、詳しく調べていきたいと思います。 いま治療中の病気やケガがあるんだけど、それって保険に入れば補償されるの? 「ペットが病気になった…」「ケガをしてしまった…」 そうなって初めてペット保険の加入を考えたという方もいるのではないでしょうか。 動物病院で手術や入院をしたところ、かなり高額な診療費を請求されて驚いたという方も少なくないでしょう。そんな時、「ペット保険に入っておけばもう少し安く済んだのに…」と後悔することもあるかと思います。 そこで気になるのが、病気やケガになった後に保険に加入しても、その病気やケガは補償対象になるの?ということだと思います。病気になった後やケガをしてしまった後に保険に加入し、補償が受けられたらいいですよね。 しかし、答えは残念ながら「補償されない」ということになります。現在治療中の病気やケガは自己負担で治療するほかありません。 ペット保険は原則として、保険に加入した後に患った病気やケガの補償をしてくれるものです。 保険というのは加入者同士が助け合うことで成り立っています。もしも保険加入前の病気に対して補償を受ける人が多数いた場合、保険そのものが成り立たなくなる可能性があるのです。 それを防ぐために、保険加入の際には厳しい審査が存在します。 ペット保険に入る際には「告知義務」というものがあります。告知義務とは、ペットの健康状態を正確に保険会社に伝えなえればならない義務のことです。この中には現在治療中の病気やケガも含まれています。 これは義務ですので、例えば、現在治療中の病気やケガを隠して、保険加入後に保険金を受け取ろうとした場合には、法律で罰せられる可能性があります。 持病や病歴があってもペット保険に入れるの? 告知義務ではペットが過去に患った病気や生まれながらに持っている持病を告知する必要があります。 過去に患ったことのある病気は既往症、生まれながらに持っている持病は先天性疾患と呼ばれています。 ペット保険の加入は基本的に健康であることが原則です。そのため、既往症や先天性疾患があった場合には、保険に加入できないことがあります。 ただし、既往症や先天性疾患にも「一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気」と「条件付で保険に加入できる可能性がある病気」という2種類分けることができます。 つまり、持病や病歴があっても条件付で入れる保険があるということです。 どんな病気・病歴を持っていると保険加入が難しいの? では、「一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気」と「条件付で保険に加入できる可能性がある病気」にはどのようなものがあるのでしょうか。 「一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気」は主に死に至る可能性のある重度の疾患や他の病気を併発しやすいホルモン分泌系の病気になります。例えば悪性腫瘍や糖尿病などです。 「条件付で保険加入できる可能性のある病気」には、再発性の高い病気やワクチンで防止できる病気などが主に当てはまります。例えば、膝蓋骨脱臼(パテラ)や犬糸状虫症(フィラリア)などです。 ただし、保険会社によって審査基準というものは異なってくるため、上記の「条件付で保険に加入できる可能性がある病気」に当てはまる病気でも保険に加入できないことがあります。 持病や病歴があっても入りやすい保険って?保険会社7社を比較! それでは、ペット保険7社の加入条件などを比較していきます。 アイペット損害保険株式会社 一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気 心疾患(心不全、弁膜症、心筋症、狭心症、心内膜炎、先天性心疾患、不整脈、心肥大・拡大、心雑音など)、腎疾患(腎不全、腎結石、水腎症、腎のう胞、腎炎(腎う腎炎)、ネフローゼ、先天性腎疾患(腎低形成)など)、副腎疾患(副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング症)など)、肝胆疾患(肝不全、肝硬変、肝機能障害、肝炎、胆のう炎、胆肝炎、胆泥症、胆石症、胆のう粘液嚢腫など)、糖尿病(糖尿病、糖尿病性ケトアシドーシスなど)、フィラリア感染症(フィラリア症、大静脈症候群など)、悪性腫瘍(癌、腫瘍(良性を除く)など)、脳・神経系疾患(脳炎、髄膜炎、脳梗塞、前庭疾患、椎間板脊椎炎、変性性脊髄症、肝性脳症、先天性脳、神経疾患(水頭症、キアリ様奇形)、神経症状など)、甲状腺疾患(甲状腺機能低下症・亢進症、上皮小体機能低下症・亢進症など)、ホルネル症候群、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ、FIV)、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)、バベシア症、ヘモプラズマ症(旧:ヘモバルトネラ) 条件付で保険に加入できる可能性がある病気 皮膚炎(アレルギー性皮膚炎、アトピー性皮膚炎、細菌性皮膚炎、膿皮症、マラセチア性皮膚炎、皮膚糸状菌症、脂漏症、乾皮症など)、外耳炎(細菌性外耳炎、マラセチア性外耳炎、ミミダニ感染)、良性腫瘍(脂肪腫、乳頭腫(イボ)、組織球腫、皮膚腺腫など)、歯周病(歯肉炎、歯周病、歯石、歯槽膿漏、歯根膿瘍など)、尿石症・膀胱炎(尿路結石、膀胱結石、尿道結石、ストラバイト結晶、シュウ酸カルシウム結晶、猫下部尿路疾患(FLUTD)など)、眼科疾患(白内障、緑内障、角結膜炎、角膜潰瘍(目の傷)、チェリーアイ、乾性角結膜炎(ドライアイ)、水晶体脱臼、網膜剥離、膵疾患(膵炎、膵膿瘍、膵外分泌不全など)、自己免疫疾患(免疫介在性血小板減少症、免疫介在性溶血性貧血、免疫機構の障害、リウマチ、全身性エリテマトーデス、後天性重症筋無力症、免疫介在性筋炎など)、血液検査数値の異常(肝数値の異常(ALP、ALT、ASTなど)、腎数値の異常(BUN、Creなど)、血糖値の異常など)、てんかん(てんかん発作、突発性てんかん、症候性てんかんなど)、椎間板ヘルニア(頚・胸・腰部)、環軸不安定症(環椎軸不安定症、環軸亜脱臼など)、先天性異常(股関節形成不全、先天性網膜萎縮症、奇形、口蓋裂など)、膝蓋骨脱臼(パテラ)(膝蓋骨内方脱臼、膝蓋骨外方脱臼など)、門脈シャント(門脈シャント(肝内、肝外)、門脈体循環シャント、奇静脈シャントなど) au損害保険株式会社 一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気 心疾患(僧帽弁閉鎖不全症など)、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、免疫介在性血小板減少症、巨大食道症、膵外分泌不全、肝硬変、門脈シャント、腎疾患(腎不全など)、脳神経疾患(水頭症を含む)、てんかん様発作・けいれん発作、椎間板ヘルニア、甲状腺機能低下症、甲状腺機能亢進症、糖尿病、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング病)、フィラリア症、猫後天性免疫不全症候群(FIV)、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫白血病(FeLV)、悪性腫瘍 条件付で保険に加入できる可能性がある病気 股関節形成不全、レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、膝蓋骨脱臼(パテラ)、緑内障、白内障、尿石症(尿結晶)、膀胱炎、アレルギー性・アトピー性皮膚炎、再発性または慢性の皮膚疾患、外耳炎、乾性角結膜炎(ドライアイ)、気管虚脱、胆泥症、胆石症、巨大結腸症 SBIいきいき少額短期保険株式会社 一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気 悪性腫瘍、心疾患、腎不全、糖尿病、肝不全、肝硬変、緑内障、白内障、巨大結腸症、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング病)、甲状腺機能低下症・亢進症、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、自己免疫性疾患、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全(EPI)、犬糸状虫症(フィラリア症)、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫白血病ウィルス感染症(FeLV)、猫免疫不全ウィルス感染症(猫エイズ)、てんかん(突発性てんかんを含む)、水頭症、脳炎 条件付で保険に加入できる可能性がある病気 股関節形成不全、レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、妊娠、良性腫瘍・腫瘤(皮膚のできものなど。現在消失しているものを除く)、再発性または慢性外耳炎、再発性または慢性皮膚疾患、アレルギー性疾患、ドライアイ(乾性角結膜炎)、チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出)、横隔膜ヘルニア、その他のヘルニア(鼠径ヘルニア、臍ヘルニアを除く)、気管虚脱、膀胱炎、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石)、猫下部尿路疾患(FLUTD)、骨折、猫コロナウイルス感染症 日本アニマル倶楽部株式会社 一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気 てんかん、水頭症、ジステンバー、小脳障害、前庭疾患、その他の脳の疾患、免疫介在性溶血性貧血、心不全、僧帽弁閉鎖不全、心雑音、心肥大、動脈管開存症、その他の心臓の疾患、変形性脊椎症、リューマチ性関節炎、靭帯断裂、ヘモバルトネラ症、バベシア症、猫エイズウイルス感染症、猫白血病ウイルス感染症、アリューシャン病、肝不全、慢性肝炎、膵炎、膵外分泌不全、巨大食道症、巨大結腸症、門脈体循環シャント、インスリノーマ、気管虚脱、肺水腫、肺気腫、気胸、軟口蓋過長、慢性腎不全、慢性腎炎、糖尿病、尿崩症、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)、甲状腺機能低下症、悪性腫瘍(ガン)、膝蓋骨打球、股関節脱臼、股関節形成不全、レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、椎間板ヘルニア、臍ヘルニア、そけいヘルニア、会陰ヘルニア、四肢や臓器の欠損または身体の一部に障害や後遺症がある場合 条件付で保険に加入できる可能性がある病気 記載なし。 ペットメディカルサポート株式会社(PS保険) 一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気 心疾患、犬糸状虫症(フィラリア症)、気管虚脱、横隔膜ヘルニア、巨大結腸症、巨大食道症、炎症性腸疾患(原因問わずリンパ球形質細胞性腸炎、淡白漏出性腸症などを含む)、肝不全(肝硬変、肝繊維症を含む)、慢性肝炎、門脈シャント、門脈低形成、膵外分泌不全、慢性膵炎、腎不全、尿路結石症、尿結晶症、水頭症、脳炎、脳神経炎、てんかん(突発性てんかんを含む)、緑内障、白内障、免疫介在性溶血性貧血、免疫介在性血小板減少症、甲状腺疾患、副腎皮質機能亢進症(クッシング症)、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、糖尿病、猫白血病ウイルス感染症、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ、FIV)、猫伝染性腹膜炎(FIP)、悪性腫瘍(肥満細胞腫を含む)、自己免疫性疾患(多発性関節炎、リウマチ、天疱瘡、全身性エリテマトーデスなど) 条件付で保険に加入できる可能性がある病気 膝蓋骨脱臼(「膝が外れやすい、ゆるい」などと獣医師から言われた場合も含む)、股関節形成不全、その他の骨格・関節の疾病、レッグペルテス(大腿骨頭壊死症)、椎間板ヘルニア、ドライアイ、チェリーアイ、停留睾丸、良性腫瘍・腫瘤(できもの・しこり)、アレルギー性疾患、再発性または慢性の外耳炎、再発性または慢性の皮膚疾患、そけいヘルニア、臍ヘルニア、会陰ヘルニア、その他のヘルニア ペット&ファミリー少額短期保険株式会社 一度でもかかったことがあると保険に加入できなくなる病気 悪性腫瘍(ガン)、腎不全、糖尿病、肝不全、肝硬変、副腎皮質機能低下症(アジソン病)、副腎皮質機能亢進症(クッシング症)、甲状腺機能低下症・亢進症、免疫介在性溶血性貧血(IMHA)、巨大食道症(食道拡張症)、膵外分泌不全(EPI)、猫伝染性腹膜炎(FIP)、猫白血病ウイルス感染症(FeLV)、猫免疫不全ウイルス感染症(猫エイズ)、特発性てんかん、水頭症 条件付で保険に加入できる可能性がある病気…

トンキニーズにおすすめのペット保険は?トンキニーズの病気や特徴も解説猫種別の保険

トンキニーズにおすすめのペット保険は?トンキニーズの病気や特徴も解説

トンキニーズの特徴 トンキニーズの歴史 トンキニーズはシャム猫とバーミーズのハイブリッド種ですが、やや込み入った歴史があります。 そもそもバーミーズ自体がシャムの異種交配から生まれた猫種であり、これに「戻し交配」という繁殖技術が加わって、わかりにくい成り立ちになってしまいました。 トンキニーズの成り立ちを説明するためには、その親猫と兄弟猫の説明からしなくてはなりません。 1930年、アメリカの軍人であり、猫愛好家で繁殖の研究を行っていたトンプソン氏が、ミャンマーからアメリカに1頭の猫を持ち帰りました。この猫は、美しいチョコレート色の被毛を持つメス猫で、「ウォン・マウ」と名付けられます。この猫は自らが生んだ子猫により、トンプソン氏と共に猫種の歴史に名を残すことになりました。 トンプソン氏は最初に、ウォン・マウをシャム猫と交配させました。ウォン・マウには元々シャム猫の血が入っているとされていたので、これが1度目の戻し交配にあたります。 さらにトンプソン氏は、ここまで生まれた子猫を母猫のウォン・マウと交配させ、これが2度目の戻し交配となりますが、この時に生まれた子猫は3つのタイプになりました。 1匹目は祖父猫と同じシャム猫の特徴が強いポイントがあるもの。2匹目は全体が濃いブラウン単色のもので、この猫はその後にバーミーズとして育種されることとなりました。3匹目は母猫であるウォン・マウと同様に、美しい茶色い被毛にさらに濃いポイントを持ち、母猫ウォン・マウとこの猫が最初のトンキニーズとなりました。 バーミーズとトンキニーズはシャム猫を媒介にした、兄弟猫であり、いとこ猫でもあったのです。 バーミーズはその後の繁殖計画と選択交配により、基礎猫のシャムとは異なる特徴が際立ち、新しい猫種として公認を得ることとなりましたが、一方トンキニーズは、当初ウォン・マウとその子猫のように美しいチョコレートブラウンのポイント毛色や、さらにその子世代ではゴールデンシャムと呼ばれるほど美しい毛色が際立っていましたが、交配で世代が進むにつれ毛色は淡色化して特徴を失い始めました。猫の血統登録団体は近親交配への懸念から、新しい猫種としてトンキニーズの公認を見送るようになりました。そこでトンキニーズを愛好する繁殖家たちはトンキニーズ協会を設立し、独自のスタンダードを制定しました。そして、遺伝性疾患の多いシャムとバーミーズから健康な個体を選んで選択繁殖を続け、トンキニーズを確立しました。 こうした努力の結果、1974年にカナダで初の新猫種登録を受けると、1979年にCFAとTICAに公認され、2001年からは混血種分類から純血種分類に変わっています。 なお、オランダで生まれたセミロングヘアータイプのトンキニーズは、時に「チベタン(Tibetan)」と呼ばれることもあります。 名前の由来については元々、「South Pacific」というミュージカルに登場する「Tonkanese(トンカニーズ)」という島にちなんで「トンカニーズ」と呼ばれていましたが、シャムやバーミーズ同様、「発祥の地にちなんで名づけたのだろうという誤った認識が流布し、次第に「Tonkinese」というつづりに変化し、それに呼応して読み方も「トンキニーズ」に変わっていったようです。 トンキニーズの大きさ・見た目 トンキニーズは筋肉質でがっちりした体格を持つ、中型のセミフォーリンタイプです。 ゆるやかなくさび型の頭部に少し離れた耳、アーモンド形で少しつり上がった目をしています。 トンキニーズはシャム猫を基礎に作出したために、同様のシールポイントを持つ個体が多くありますが、全体的にシャムよりも丸みを帯びたラインで、しなやかで重量感のある体と美しい被毛の手触りから、抱き上げたときに「ミンクのコートを抱えたようだ」と形容されることもしばしばあります。 毛色はポイントを含む固有のコートパターンと、チョコレート、ライラック、ブルーグレー、シャンパンなどの毛色があり、ホワイトは認められていません。 体重2.7~5.5㎏、平均寿命は12歳~16歳ほどです。 トンキニーズの性格 トンキニーズは活発で好奇心が強く、なんにでも興味を示して行動するという大胆な面もある性格です。 家族に親しみ、子どもの相手も上手にこなし、人間や他の猫、犬などのペットとも仲良くできます。 人見知りの少ない無邪気な性格で、いつまでも子猫のような懐っこさがあります。 トンキニーズがなりやすい病気・ケガ トンキニーズがかかりやすい病気はこちらです。 糖尿病(とうにょうびょう) 低カルシウム血症ポリミオパチー(ていかるしうむけっしょうぽりみおぱちー) 猫口腔顔面痛症候群(FOPS)(ねここうくうがんめんつうしょうこうぐん) 皮膚疾患(ひふしっかん) 尿路結石(にょうろけっせき) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 腎不全(じんふぜん) トンキニーズを飼うときの注意点 事故に注意 好奇心旺盛で活発なトンキニーズは、運動量の多い猫なので、走り回れる環境やキャットタワーなどで運動不足にならないようにしてあげることが大切です。 しかし、飼い主がいない時、室内飼いであっても思わぬ事故に遭遇してしまうことが多々あります。 例えば、水に興味を示して、お風呂場やトイレに侵入し、溺れてしまうケースも少なくないため、十分に注意しましょう。 また、強い好奇心から一度脱走をしてしまうと帰ってこなくなる可能性が非常に高いため、脱走防止用の柵を用意したり、戸や窓を開けっ放しにしないようにして気を付けましょう。 空調管理が大切 トンキニーズは寒さに弱い猫種なので、冬場は暖房を、また夏場クーラーを使用する際は、体が冷え過ぎてしまうこともあるので、室温は28℃前後で保つようにしましょう。 手入れはほどほどに トンキニーズは短毛種のシングルコートなので、手入れはかなり楽だといえます。ですが、ブラッシングはきちんとしてあげるようにしましょう。 ブラッシングの頻度は1日1回程度で、被毛の光沢感が明らかに見られなくなってきたとき、月に1回ほどの頻度でシャンプーをしてあげるのもオススメです。 その際、人間用のシャンプーを使用すると猫に合わない成分から中毒症状に陥ってしまう恐れがあるので、必ず猫用のシャンプーを使用するようにしてください。 トンキニーズにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、トンキニーズにおすすめのペット保険を紹介する予定です。

シャルトリューにおすすめのペット保険は?シャルトリューの病気や特徴も解説猫種別の保険

シャルトリューにおすすめのペット保険は?シャルトリューの病気や特徴も解説

シャルトリューの特徴 シャルトリューの歴史 シャルトリューの名前はフランスとイタリアの国境地域にある名前であり、その他にはキリスト教の一派としてシャルトリューズ修道院があります。さらにリキュールの名前にもなったシャルトリューズというものがあり、猫のシャルトリューの起源と関連付けられたエピソードもいくつかあります。 例えば、シャルトリュー派の修道士が来たアフリカから連れ帰り、修道院で飼育していた猫の子孫という説や十字軍が連れ帰った猫であるという説、またリキュールと関連しているという説など様々で、確定的なことはわかりません。 しかし、16世紀以降は文献や絵画にその姿が描かれるようになり、18世紀になると博物学者ビュフォンにより「フェエリス・カートゥス・コエルレウス(Felis catus coeruleus/ラテン語で『鋭い声をもって鳴く暗青色の猫』という意味)」という学術名を与えられたため、少なくともこの時期には猫種として存在していたことが伺えます。 さらに時代が進み、世界が戦乱の時代に入るとシャルトリューも他の純血猫と同様に、激減していきました。 その理由は、多くの人たちにとって生活の負担からペットを飼育することが難しくなったこと、その上、シャルトリューの美しい被毛と大きな体が、毛皮として使いやすく人気があったという悲しいものでした。 戦禍の中、愛好家を中心に細々と飼われていたシャルトリューたちですが、戦後は個体数が少なく純粋猫種として復活させることが難しいため、異種交配により育種が再開されることになりました。この時、この活動に尽力したのがブルターニュで猫の繁殖を行っていたレジェ姉妹で、交配の相手に選んだのはペルシャ猫とブリティッシュブルーでした。 そして20世紀半ば以降、個体数の増えたシャルトリューはアメリカ他海外に輸出されることになりましたが、復興のいきさつから当初はブリティッシュブルーとシャルトリューを同じ猫種として混同する動きがあったようです。 その後、シャルトリューはアメリカの純血猫登録団体TICA、CFAや国際的な登録団体FIFeなどにも認められ、現在も世界で愛されています。 青みがかった銀色の被毛で、ロシアンブルー、コラットとともに「ブルー御三家」と呼ばれるシャルトリューは、フランス原産の猫で、元フランス大統領シャルル・ド・ゴールドやフランスの女流作家コレットなどの著名人に愛された猫としても知られ、フランスの宝とも称されています。 また、シャルトリューには長毛種もいますが、この種類は「ベネディクティン(Benedictine)」と呼ばれています。 シャルトリューの大きさ・見た目 シャルトリューは、肩幅が広く胸の厚い、がっしりした体格で堂々とした風貌をしています。 手足や首は短めで、体のわりに細い四肢をしており、頭は丸く、鼻先に向けて細くなっており、微笑んだように見える口元から「微笑み猫」と呼ばれることもあります。目の色はゴールド、オレンジ、カッパー(銅色)になります。 体格は大型のセミコビータイプでメスよりもオスの方が大きくなるようです。 毛色はブルーが主な色で、シルバーのティッピングがあります。 体重2.5~6.5㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 シャルトリューの性格 穏やかで賢く、洞察力があり、よく人を見ています。 甘えるのも好きですが、嫉妬深いというほどのことはなく、さりげなく人のそばにいるような猫です。 シャルトリューがなりやすい病気・ケガ シャルトリューがかかりやすい病気はこちらです。 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 右房室弁の形成不全(うしんしつべんのけいせいふぜん) 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 肥大型心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) シャルトリューを飼うときの注意点 運動不足に注意を 健康な猫種ですが、脚を脱臼しやすい個体もまれにいるので注意が必要になります。運動や遊ぶことが好きなので、よく運動ができる環境を作り、1日数分からでも遊んであげるようにして運動不足にならないようにしましょう。 シャルトリューはよく運動する猫なので、餌もその運動量に合わせて高たんぱくなものを与えると良いでしょう。 また、キャットタワーや階段などの運動ができる環境を整えつつ、ボールや猫じゃらしなどのおもちゃを用意してあげると良く、とくにキャットタワーは運動と休息場の役割も果たしてくれるため、オススメです。 人が好きな猫なので、シャルトリューと1日のうちの時間を長く過ごせる人が飼うのに向いているでしょう。 手入れはほどほどに シャルトリューは短毛種ですが、被毛がダブルコートなので換毛期には多く毛が抜けます。 ブラッシングは毎日の必要はありませんが、1週間に1~2回は必ず行ってあげるようにしましょう。様子を見て、コームでとかしてあげたりすることで、グルーミングをした際に飲み込んだ毛がお腹に溜まってしまう病気を予防することに繋がります。 また、シャンプーは頻繁に行う必要はありませんが、被毛が汚れてしまった際に行う程度で良いでしょう。 しつけを教えやすい シャルトリューは賢い猫なので、しつけに困るとはほとんどないでしょう。 トイレや爪とぎなどに関してしっかりと教えてあげればちゃんと自分でできるようになります。 時々ちょっとしたいたずらをすることもありますが、その時には「ダメ」とはっきり言いましょう。 しかし、きつく叱ってしまうと怯えて敵だと認識して近寄ってくれなくなってしまうため、愛情をかけて根気よく教えてあげるようにしましょう。 シャルトリューにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シャルトリューにおすすめのペット保険を紹介する予定です。

シンガプーラにおすすめのペット保険は?シンガプーラの病気や特徴も解説猫種別の保険

シンガプーラにおすすめのペット保険は?シンガプーラの病気や特徴も解説

シンガプーラの特徴 シンガプーラの歴史 シンガプーラは19680年前後にCFA、TICAに登録を受理された比較的新しい猫種です。当初は、シンガポールの下水溝で暮らしている猫として、現地で発見された土着の猫とされていました。 しかし、育種のいきさつから、自然発生腫であるかどうかの議論に決着がついていないとして登録を見送っている団体もあります。 1970年代初めころ、メドゥ夫妻は夫ハルの赴任する東南アジアで、現地の動物保護団体SPCAのティックド・タビーの小さな猫を引き取り、「シンガプーラ」と名付けてほかの猫たちと共に暮らしていました。1975年、彼らが任期を終えて帰国することになった際、今まで飼っていた5頭の猫たちを連れてアメリカに戻ることにしました。 シンガプーラは成猫であっても他の猫に比べて大変小さく、独特のセピア色のティックド・タビーという美しい毛色が他の猫にない個性としてありました。猫らしくない人懐っこさも魅力的で、わずかな間に人々はシンガプーラに心を奪われてしまします。メドゥ夫妻がアメリカに帰国するとシンガプーラの育種を始めますが、わずか6~7年という異例の早さでCFA、TICAという大きな血統登録団体に猫種として公認登録されることとなりました。さらに1979年にはTICAの、1988年にはCFAのチャンピオンシップにも登録されることになります。 1987年にあると、メドゥ夫妻から早くにシンガプーラを譲り受けた繁殖家ジェリー・メイスもシンガポールを訪れ、新たに基礎猫を輸入して、アメリカへ連れ帰りました。この時、メイスはメドゥ夫妻によって、アビシニアンがシンガポールに持ち込まれた記録を発見してしまいます。アビシニアンはシンガプーラとよく似た猫であり、交雑が行われていたとすれば、土着の純血猫ではなくハイブリッドである可能性が出てきます。 メドゥ夫妻には先住猫としてバーミーズとアビシニアンがいたことから、シンガプーラは土着の純血猫ではなくバーミーズとアビシニアンが交雑したのではないかという疑問を持たれたことで、今もなお決着していない議論になってしまったのです。 この件を調査したCFAは、バーミーズあるいはアビシニアンが交雑されていたとしても、メドゥ夫妻がシンガポールの捨て猫を譲り受けて交配したことは間違いのない事実として、シンガプーラの登録を取り消すことはありませんでした。 アジアでは野生種においても様々な動物が比較的小さく、アメリカでは大きくなる傾向があります。世界一小さな猫として人気上昇中のシンガプーラですが、アメリカで育種されたシンガプーラたちは、近年サイズが大きくなってしまう個体が増えているようです。 シンガプーラは世界のイエネコの中でも最も小さく、メスは成猫でも2㎏ほどで、その様子から「小さな妖精」などとも形容されます。しかし、野性の猫であった頃は、魚をあさり、雨の時は排水管で暮らしていたため、「ドレインキャット(下水猫)」などと呼ばれていた時期もありました。 近年では、地元シンガポールで観光マスコットに認定され、「Kucinta」(マレー語でkucingは猫、cintaは愛を意味する)という愛称で親しまれているようです。 シンガプーラの大きさ・見た目 シンガプーラは、現存する純血種の猫としては世界一小さいといわれており、標準体重は2~3㎏とされている猫です。 小さいんながらに筋肉質で、しっかりした体に先走りの長めの尾があるセミコビータイプです。 丸い頭の両端に付け根の広い耳がついており、アイラインの強いアーモンド形の眼を持っています。 シンガプーラの毛色はアグーチセピアと呼ばれる淡い茶色のティックド・タビーに限ります。 体重2.3~5㎏、平均寿命は11歳~15歳ほどです。 シンガプーラの性格 シンガプーラは大変な甘えん坊で、人間が大好きな猫です。好奇心が強く、飼い主の様々な行動に興味をもってちょっかいを出したり、肩や膝に乗ろうとして読書やパソコンの邪魔をすることもよくあります。 他の猫やペットに対して嫉妬することもあり、基本的には自分を一番かわいがってほしいという様子を見せる愛らしい猫です。 シンガプーラがなりやすい病気・ケガ シンガプーラがかかりやすい病気はこちらです。 ピルビン酸キナーゼ欠損症間(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 皮膚疾患(ひふしっかん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) シンガプーラを飼うときの注意点 家具や家電に注意 シンガプーラは好奇心旺盛で活発、いたずら好きな面もあります。 体が小さいので室内飼いをオススメしますが、家の中といえど猫にとって危険な場所が沢山あります。「冷蔵庫」や「乾燥機」、「オーブン」などドアのついた閉じ込められる危険性のある家電や、火のつくコンロなども使用中または使用後に触れると火傷をしてしまう可能性あるうえ、浴槽やトイレも蓋を閉めないと落ちてしまう可能性があります。そのほかにも漏電しないように家電のコードをガードするなど、あらかじめシンガプーラに及ぶ可能性がある危険を回避するために家の中を点検し、注意しましょう。 家寝すぎていても大丈夫 シンガプーラの平均睡眠時間は約15時間と他の猫より少し長めです。1日の7割近くは眠っていることになりますが、習性の1つなのでそっと寝かしてあげましょう。 時には20時間以上眠ることもあるようです。 運動や遊びが好き 先述しましたが、シンガプーラは好奇心旺盛で活発な猫です。 おもちゃを使ったりして遊んであげると非常に喜んで遊びます。 シンガプーラは孤独が苦手で、孤独な時間が長ければ長いほどストレスを溜めてしまいがちです。ストレスは皮膚病やそのほかの病気の原因となり得るため、可能な限り孤独な時間を作らないようにしつつ、一緒にいられる時間は遊んであげるなどしてあげるとよいでしょう。 室内飼いの際少し長めの廊下がある家庭では、物を置かずにシンガプーラが走り回れるスペースを確保してあげると理想的といえます。 また、登ったりジャンプすることも好きなので少し高さのあるキャットタワーを設置してあげると喜んで遊んでくれます。 しつけは気長に シンガプーラは賢い猫種なので、しつけに困ることはさほど少ないといわれています。 運動量が多く、活発でいたずら好きな面があるため、ダメなことはきちんとダメと教える必要があります。 例えば、シンガプーラは高いところが好きなので、飼い主の肩に勢いよく飛び乗ってくることがありますが、この際に両者が怪我をしないよう、きちんと「ダメなこと」ということを教えてあげるようにしましょう。 しつけには困らないといっても、犬ほどの覚えの良さがあるわけではないので、きつく叱るばかりではなく、時には褒めて気長に向き合っていくことが大切になります。 シンガプーラにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シンガプーラにおすすめのペット保険を紹介する予定です。

ラガマフィンにおすすめのペット保険は?ラガマフィンの病気や特徴も解説猫種別の保険

ラガマフィンにおすすめのペット保険は?ラガマフィンの病気や特徴も解説

ラガマフィンの特徴 ラガマフィンの歴史 ラガマフィンの直系祖先はラグドールですが、この2種類の猫は相似点が多いため、有力な血統登録団体でも公認していない団体があります。 存在は古く、登録は新しい猫といわれるラガマフィンですが、こうなった事情は少々特別なものがあります。 ラガマフィン作出の経緯が複雑になった理由は、毛色や遺伝疾患のような猫そのものの問題ではなく、人間の問題、繁殖ビジネスと愛好家の確執からでした。 1960年頃のこと、アメリカ・カリフォルニアに住んでいたペルシャ猫の繁殖家ベイカーは、自分の飼っていた白いペルシャと地域に住んでいた猫を交雑させて、シールポイントのある長毛の猫を作りました。この時の雑種猫はバーマンがその雑種であったと推定され、さらに生まれた子猫にはバーミーズが交配されたようですが、正確な記録は残っていません。 こうして生まれたラグドールは、ベイカーが厳しく血統の管理を行い、既存の猫血統登録団体ではなく自らの設立した血統団体で管理を行うと同時に、繁殖を希望する人とはフランチャイズ契約を行うというビジネスを展開しました。商品価値のために猫の品種名を商標登録し、許可のない相手には使わせないことにしたほか、生まれた子猫の代金の数パーセントをベイカーの団体に支払うという契約もあったとされています。 ベイカーの管理するラグドールのスタンダードや、猫を介在させるフランチャイズビジネスに疑問を持ったラグドールの愛好家は、ベイカーから離れていきますが、最初に離れた人たちはラグドールとう名を使うことにより、基礎を起こされるなど複雑な問題に巻き込まれることになりました。 1990年ごろ、ラグドールをめぐる様々な状況を踏まえて、後からベイカーのもとを離れた人たちは仲間を作って愛好家団体を設立し、ラグドールのスタンダードを変更すると同時に新しい名前を付けて、この大きな愛らしい猫の育種を続けたいと考えました。 そうして生まれたのがラガマフィンです。 ラガマフィンの名前は「いたずらっ子」という意味と同時に「ぼろ服をまとった人」という意味があります。ラガマフィンの愛好家団体では、当初この名前を冗談半分でつけたそうですが、登録後の変更が不可とされたため、、結局この名前に落ち着いたとされています。 また、現在ラガマフィンを公認していない主な団体はTICAですが、一切の異種交配を認めない団体があります。遺伝子プールを広げる目的のため、当初は特定の他の猫種との交配が認められていましたが、現在はほとんどの団体がペルシャやバーミーズなどほかの猫種との交雑を禁じています。 ラガマフィンの大きさ・見た目 ラガマフィンはラグドール同様に、毛色にポイントが入る顔や手足などに特徴的な斑が入り、被毛はミディアムロングの猫です。大きめの猫にややつり上がった青い目、丸い顔をしています。 大きな体に筋肉質のしっかりした体を持つロング&サブスタンシャルタイプです。 毛色はラグドールが毛色を限定しているのに対して、ラガマフィンは遺伝学的に発生可能な毛色であれば、どのような毛色も認められています。ポイントの入り方が完全でない場合や、ポイントの上にスポットが入ってしまうことも認められているようです。 体重4.9~9㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 ラガマフィンの性格 ラガマフィンは甘えん坊で温和、人のそばにいたり抱っこされるのが大好きな人懐っこい性格です。 ほかのペットや家族の中にいても自分が1番愛されたいという猫らしい一面もありますが、ほかの猫やペット、子どもとも上手に付き合えるので愛情をめぐる闘争心はありません。むしろ先住のペットや子どもに自らすりよる面があります。 ラガマフィンがなりやすい病気・ケガ ラガマフィンがかかりやすい病気はこちらです。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 尿結石(にょうけっせき) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) ラガマフィンを飼うときの注意点 肥満に注意 ラガマフィンの体格は他の猫より大きく、骨格や筋肉がしっかりとしています。その体を維持するためには、それに見合うだけのカロリーやたんぱく質が必要となるため、食事は他の猫種に比べて高カロリー・高たんぱく質のものが必要となります。 しかし、室内飼いでおとなしい性格の場合はあまり動こうとせず、肥満になってしまう可能性もあります。肥満は糖尿病などを引き起こす原因にもなりますので、十分に注意しましょう。 猫の性格や活動を見ながら食事のバランスを考え、適量の餌を与えるようにして肥満を予防していきましょう。 運動も欠かさず 好奇心旺盛で遊び好きな性格ですが、活発といえるほど動き回る猫でもないため、興味が向いた時に自由に遊べるキャットタワーやおもちゃなどをあらかじめ用意しておくとよいでしょう。 また、その際に用意するタワーもあまり高いものではなく、低めのものを用意すると良いほか、おもちゃは小さめで飼い主と遊べるようなものを好むので一緒に遊んであげると喜んでくれます。 手入れも怠らず ラガマフィンは長毛種なので、手入れには手間がかかります。 毛が絡まってしまうと毛球症という病気を発症するリスクが高まってしまい、この病気は猫が自分で毛づくろいをした際に毛玉を飲み込んでしまうことで、吐くことも排泄することもできなくなる病気で最悪命に関わります。 この病気を防ぐという意味でも、ブラッシングは1日2回は行うようにし、特に抜けが多くなる換毛期には2週間に1回はシャンプーを行って抜け毛を洗い流してあげるなどしましょう。シャンプーは猫用のシャンプーを使うようにしましょう。 しつけは優しく 賢く穏やかなラガマフィンは、臆病で用心深い面も持っています。毎日怒鳴ってしまうと飼い主を敵だと認識して近寄ってくれなくなる可能性があるので、失敗をしても怒鳴らないようにすることを心がけましょう。 とくに、トイレのしつけはどんな猫でも大切ですが、不慣れなうちはトイレ砂の上まで抱っこして連れていき、トイレ砂の上で排泄を成功させることを認識させましょう。ラガマフィンは自分の排泄物の臭いがする場所をトイレと理解するので、次からはトイレに排泄するようになります。 もし失敗してしまっても怒鳴らず、粗相した部分に臭いなどが残らないよう綺麗に掃除し、次こそ成功できるよう根気よく教えてあげましょう。 ラガマフィンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ラガマフィンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。

エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険は?エキゾチックショートヘアの病気や特徴も解説猫種別の保険

エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険は?エキゾチックショートヘアの病気や特徴も解説

エキゾチックショートヘアの特徴 エキゾチックショートヘアの歴史 エキゾチックショートヘアは、作出が始まってから60年程度という、比較的新しい猫種です。 1950年に、2つの異なる目的において、繁殖が始まりました。その1つはペルシャにアメリカンショートヘアの毛色を与えようという計画でした。 この異種交配はなかなかうまくいかず、アメリカの繁殖家ジェーン・マーティンは、ペルシャとアメリカンショートヘアのあいだに生まれた短毛の子猫たちの魅力に着目して、新しい猫種として登録されるように働きかけ、1966年CFA(アメリカン・キャットファンシャーズ協会)に登録されました。 当初は銀の毛色のみにするとして「スターリング」という名前が付けられていましたが、ほかの毛色も生まれることから、エキゾチックショートヘアという名前に変更されました。 もう1つ、同じ時期のアメリカで、キャロライン・バッセイという繁殖家が、茶色い毛のペルシャを作出しようと計画して、ペルシャとバーミーズを交配させていました。生まれた子猫は黒っぽ毛色ばかりでこの計画は失敗に終わりましたが、短毛に潰れた丸い顔のその子猫たちの予想外の可愛らしさに、バッセイはもしかしたらこの個性が多くの人に愛されるのではないかと考えていました。 この時代、ペルシャの短毛化やアメリカンショートヘアとの交配で銀の毛色を作出する目的で、多くのブリーダーが異種交配を試みていましたが、好ましくない繁殖や血統書の事実と異なる交配相手による作出など、不実な繁殖が横行していたともいわれています。 バッセイは新しく生まれた子猫たちを、倫理的にも正当に新しい品種として登録したいと考え、エキゾチックショートヘアとしては、バーミーズとペルシャから生まれた子にアメリカンショートヘアを掛け合わせること以外は認められないと考えて広めました。 こうして1975年まで、エキゾチックショートヘアは、この猫種を品種として確立させながら、同時に多様な遺伝子を保存することができました。 作出が始まって比較的新しい猫種であり、現在もまだ劣性遺伝子同士の交配で長毛のエキゾチックが生まれてしまうことがありますが、この場合は「エキゾチックロングヘア」とする団体や、ペルシャとして認定する団体など、血統登録団体により規定が異なっています。 エキゾチックショートヘアの大きさ・見た目 丸くて大きい目と低い鼻、耳が離れていて丸い頭をしています。また、短くてしっかりした脚、短めの丸い尻尾を持ち、やや大きめのコビーで、筋肉質でずんぐりむっくりしています。これはペルシャの特徴そのものですが、エキゾチックショートヘアは名前の通り短毛のダブルコートです。 毛色はホワイト、ブルー、クリーム、レッド、各色のタビー、バイカラーやキャリコ(三毛)、スモークなど、あらゆる毛色があります。 体重2.5~6.5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 エキゾチックショートヘアの性格 エキゾチックショートヘアの性格はペルシャ譲りで、基本的には穏やかで落ち着いていますが、アメリカンショートヘアの影響でペルシャよりも活発な面が見られます。ペルシャがあまりしないハンティングを、不器用ながらも精力的に行おうとするのはアメリカンショートヘアの影響のためだといわれています。 家族が好きで、常にそばにいたがり、抱かれるのも大好きです。甘えん坊ではありますが、そこまで依存心が強くないため、くどくない性格です。 他の猫や犬などのペットとも上手に付き合っていけます。 エキゾチックショートヘアがなりやすい病気・ケガ エキゾチックショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 流涙症(りゅうるいしょう) 水頭症(すいとうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) シュウ酸カルシウム結石(しゅうさんかるしうむけっせき) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) エキゾチックショートヘアを飼うときの注意点 スキンシップで信頼関係を エキゾチックショートヘアは臆病な面もあるので、警戒心を抱いてしまうこともあります。しかし、信頼関係が出来上がってくれば甘えてくることも多い猫です。甘えてきたときや構ってほしいと感じた際は、コミュニケーションをとるような飼い方をしましょう。遊びを取り入れつつ、スキンシップをするのもいいです。健康管理にも繋がり、寿命を延ばすこともあるので、少々忙しくてもエキゾチックショートヘアとの時間は大切にするように心掛けましょう。 手入れはほどよく エキゾチックショートヘアは短毛種なのでブラッシングは1週間に1~2回で大丈夫です。年に2回の換毛期には、シャンプーをして抜けた毛を取り除いてあげると良いでしょう。エキゾチックショートヘアはシャンプーも嫌がらない穏やかな性格の子が多いので、一般的な猫よりは手入れがしやすいといえます。 もちろん個体差があるので、嫌がる猫は無理にお風呂に入れる必要はありません。シャンプー後はきちんとドライヤーで乾かすことで毛の絡まりなどを防いであげつつ、温風による火傷には十分気を付けながら行いましょう。 洗顔は優しく エキゾチックショートヘアのような短頭種は、鼻や涙がつまりやすいため、毎日優しく、洗顔してあげましょう。濡らしたコットンや猫用のウェットティッシュで、こすらないよう、優しく拭き取ります。 室内環境を整えて エキゾチックショートヘアは短毛ですが、筋肉質な体と被毛自体がとても密集しているため、暑さにはとても弱いです。 室内にいても熱中症になってしまうので、人が快適に過ごせる温度、冷房を使って普段から室温管理に注意するようにし、室温は27℃前後に設定しておくと良いですが、猫が休む環境を季節ごとに見直すようにしましょう。 また、エアコンが停電などで切れてしまった時のために冷感マットなどを敷いて涼む場所を作ってあげるのもよいでしょう。 鼻が短いエキゾチックショートヘアにとって、熱中症や呼吸の乱れは命の危険につながります。温度管理には十分に気を付けると同時に猫は室温が下がりすぎることも苦手とするので慣れてもらうためにも徐々に温度を下げるなどして合わせてあげましょう。 肥満に気を付ける エキゾチックショートヘアは太りやすい体質なので食事には気を付ける必要があります。 元々が小食なのでガツガツ食べるということはありませんが、運動が得意でないという面も相まって食事管理が悪いとあっという間に肥満になってしまいます。 キャットフードはライフステージに合ったものを与え、同時にカロリーコントロールもしてあげるようにしましょう。 エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。

チンチラにおすすめのペット保険は?チンチラの病気や特徴も解説猫種別の保険

チンチラにおすすめのペット保険は?チンチラの病気や特徴も解説

チンチラの特徴 チンチラの歴史 チンチラはペルシャの毛色のバリエーションの一種で、シューデッドカラーうち、ゴールドまたはシルバーの毛色で青もしくは緑の目を持つ猫をチンチラペルシャやチンチラと呼んでいます。 欧米の一部の国でこの毛色のペルシャをチンチラという品種として独立させようという動きがありましたが、これを認めているのは南アフリカなどのごく一部の血統管理団体のみとなっています。 ペルシャの起源は古く、純血種の中では最古の品種の一つとされていますが、その後の交雑により様々な毛色が導入されることになりました。ペルシャはキャットショーの歴史において最初に登場する猫種のひとつでもあり、その優雅で美しい容姿は早くから多くの熱烈な愛好家を引き寄せてきました。 そんな中、チンチラが作出されたのは、1882年のイギリスで、ブルーのペルシャと雑種猫の交配により生まれた「チニー」をシルバータビーのペルシャと交配させて生まれた子猫たちの中に「銀の子羊」と名付けられたシルバースモークの毛色のオスがおり、このオス猫がチンチラの基礎になったとされています。 美しいペルシャの中でもひときわ目立つシルバースモークの猫は、輸出されたアメリカでも熱狂的な愛好家を生み出しました。 愛好家たちはチンチラをペルシャから独立させようと、アメリカ最大の猫血統団体であるCFAに申請しましたが、ペルシャと分けるのは毛色以外の特性が無いことから、CFAはこれを見送りました。その代わり、キャットショーではペルシャの毛色のバリエーションの一つとして、チンチラ部門を設けてショーを行っています。 名前の由来は、被毛の柔らかさがげっ歯類の「チンチラ」のようだったため、チンチラと名付けられたといわれています。 チンチラの大きさ・見た目 チンチラの特徴はペルシャとほとんど差はありませんが、チンチラの方がペルシャよりやや毛質が軽いとされています。 短めの脚、ドールフェイスと呼ばれる丸い目と低い鼻、耳の間が離れており、ペルシャと異なる特徴として、目の色が緑または青系統でアイラインがより強くくっきりと描かれていることなどが挙げられます。 また、毛先に入るシェードの分量が、ペルシャでは毛の3分の1まであるのに対して、チンチラでは8分の1までともされ、ペルシャよりも明るい色合いが特徴です。 中型コビータイプで体長は短く丸い体型です。 主な毛色はシルバー、ゴールデン、ブルー、ブルーゴールデンの4種類で、チンチラを代表するシルバーの毛色は、アンダーコートも白くなければいけません。背中と脇腹、尾と頭はわずかな黒のシェードが入ります。チンチラブルーの場合は、黒のシェードの代わりにブルーのシェードが入ります。 また、チンチラゴールデンの場合は、アンダーコートはアプリコットまたはより明るい色でなくてなならず、毛先のシェードは黒が入ります。ブルーゴールデンの場合は、アンダーコートは更に青白く明るい色であり、毛先のシェードはブルーになります。 体重3.0~5.5㎏、平均寿命は15際~20歳ほどです。 チンチラの性格 チンチラの性格は上品で落ち着いており、マイペースでゆったりとした性格です。 大変静かで、発情期のオスでさえ鳴いたり騒いだりということが少ないとされ、活発に運動するよりはリラックスして過ごすことを好み、成猫になると遊びを要求することが滅多になくなるほどおとなしくなります。 しかし、人間は好きで、自立心が強いわけでもないので、程よい距離感を保ちながら暮らすのが好きな猫であるといえます。子どもの相手もしますが、しつこくされると距離を置くなどの対処をしたりします。 チンチラがなりやすい病気・ケガ チンチラがかかりやすい病気はこちらです。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえ) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) 流涙症・短頭種気道症候群(りゅうるいしょう・たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう) 肥満(ひまん) 水頭症(すいとうしょう) 眼瞼内反(がんけんないはんしょ) α-マンノシドーシス(あるふぁまんのしどーしす) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) チンチラを飼うときの注意点 環境管理はこまめに チンチラは日本の湿気を伴う暑さには弱いため、夏場などはエアコンなどで温度管理をしっかりと行い、夏の暑い日には外に出さないようにしましょう。 ストレス解消や肥満予防にも運動は必要ですが、あまり運動が好きではない猫なので、室内飼いの場合でもそこまで大きなキャットタワーではなく低めのタワーを設置したり、動き回るスペースもそこまで広く作る必要はありません。 猫が遊びたそうにした時はおもちゃなどで遊んであげつつ、疲れた素振りを見せたときはのんびりさせてあげるなど、ちょっとした遊びと休憩をはさみながら相手をしてあげると良いでしょう。 肥満に注意し適量を チンチラはがっちりとした骨格と体型なので、体の成長が止まる1~1.5歳くらいまでは、高たんぱくな餌でしっかりとした体づくりのサポートをしてあげる必要があります。 しかしチンチラは運動不足になりやすいため、消化・吸収の良い、高資質のキャットフードがオススメです。 猫にとってエネルギーに変えやすい20%前後含まれるフードを選んであげるようにしましょう。 また、成長が止まった後は芋類が使われている餌がよいでしょう。 チンチラの柔らかな毛は美しいですが、毛を体内にため込みやすく、毛球症の心配が出てきます。そのため、芋類の中にバランスよく含まれる水溶性繊維と不溶性繊維が便秘にもなりにくく、腸にも優しく毛玉をサポートしてくれるため、オススメです。 手入れはこまめに チンチラは長毛種のダブルコートなので、こまめな被毛ケアが必要になります。 毎日1回、できれば毎日朝晩2回は行いたいところで、特に耳の後ろ・脇は毛玉ができやすい箇所なのでマメにブラッシングしてあげるようにしましょう。 毛が絡まってしまってるようなら、スリッカーブラシで根元を抑えながら絡まりを解き、コームで毛の流れを整えてあげましょう。 また、猫が嫌がらない場合は1ヵ月に1回はシャンプーをしてあげるのも毛並みや皮膚の清潔を保つのにオススメです。 こうして抜け毛を除去してあげることで皮膚病や毛球症の予防にもなるため、被毛のケアはこまめにしてあげるようにしましょう。 チンチラにおすすめのペット保険…

アビシニアンにおすすめのペット保険は?アビシニアンの病気や特徴も解説猫種別の保険

アビシニアンにおすすめのペット保険は?アビシニアンの病気や特徴も解説

アビシニアンの特徴 アビシニアンの歴史 アビシニアンの起源には諸説あり、原産国もエジプト、エチオピア、イギリスとされることがしばしばあります。 しかし、信憑性はともかく、約4000年前に古代エジプトの出土品や壁画に描かれていた猫の特徴がアビシニアンに似ていることから、エジプト原産という説が立てられました。 アビシニアンという名前の由来にもなったとされる説として、1868年のイギリス・エチオピア(旧アビシニア)戦争から帰還したイギリス兵たちが持ち帰ったとするものがあります。この時に祖先猫とされたのは「ズーラ(Zula)」という名前のメスの猫だったという話も伝わっており、長い間信じられてきましたが、近年この説にも模擬的な見方が増えてきているようです。 近年の遺伝子分析研究では、インド大陸ベンガル湾周辺の土着猫が祖先である可能性が指摘されており、オランダのライデンにあるナチュラリス生命多様性センター(自然史博物館)には、アビシニアンに大変よく似ている猫の剥製が保存されていますが、その猫は1830年代中頃にインドから来たものと説明されています。 さらには外観上の類似点から、イエネコの祖先であるリビアヤマネコとも血縁が近い可能性もあるとされています。 起源はさておき、アビシニアンはイギリスに入ってから改良され、1870年頃にはキャットショーにデビューしました。イギリスの猫血統管理団体であるGCCFに品種登録された後、1927年頃にはフランスでも本格的な繁殖が始まり、さらに1935年頃からはアメリカで繁殖が開始されたのちにデンマーク、スウェーデン、オランダ、オーストラリア、そして日本に渡り、世界中で沢山の人々に愛される猫種となりました。 アビシニアンの大きさ・見た目 ティックド・タビーの細かい縞パターンに包まれた、シャープで筋肉質の体格を持つ、やや小さめの中型猫です。 小さなくさび型の頭に大きな耳、アーモンド形の大きな目はグリーンまたはゴールド(琥珀色)に輝き、尾は長く、脚は細長い筋肉質のフォーリンタイプの猫です。 毛質は短毛ですがダブルコートで、主な毛色はルディー、レッド、ブルーおよびフォーンです。 アビシニアンの毛色はソリッドにみえますが実はタビーで1本の毛に色合い変化がある毛の集合体です。これをティックド・タビーと呼び、子猫の頃は尾や手足に、よりタビーらしい縞が浮き出ることがありますが、多くは成猫になるにしたがって、非常に細かいティックドになっていくようです。 体重2.5~4.5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 アビシニアンの性格 アビシニアンは好奇心が強く、とても活発で、非常に甘えん坊です。 人間と遊ぶことが大好きで、ボールを投げれば取ってきたり、遠くから呼べばやってきたり、犬と同じようにお手を覚えたりなど犬のような性格の猫だといわれています。 また、声がきれいなことでも知られていますが、大きな声で鳴くことはあまりありません。 初対面の人間や他の猫、またはペットとも仲良くでき、人間の子供に対しても上手に相手をします。 ほかにもイタズラ好きで気が付いたら高い場所に登っていたり、壁を駆け上がるなどの活発な姿を見せるなど、いろいろな面を見せてくれる猫です。 アビシニアンがなりやすい病気・ケガ アビシニアンがかかりやすい病気はこちらです。 ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 細菌性尿路感染(さいきんせいにょうろかんせん) マイコバクテリア症(まいこばくてりあしょう) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 杆体錐体異形成(かんたいすいたいいけいせい) 腎アミロイドーシス(かんあみろいどーしす) 重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) 網膜変性症(もうまくへんいしょう) アビシニアンを飼うときの注意点 脱走防止対策をする 外の危険から守るためにも、完全室内飼いをオススメします。室内飼いにするとことで、アビシニアンの寿命を延ばすことにもつながるので、是非行いたい飼い方です。 ですが、活発なアビシニアンなので、外に興味を持ち、脱走をしてしまう可能性もあります。なので、窓や網戸をロックするなどの脱走に対する防止対策をしておく必要があります。 運動のできるものを用意する アビシニアンは運動量が多いため、キャットタワーの設置をオススメします。グルーミングタワーなどもオススメです。 頭が良く、狩野能力も高いので、おやつと遊びを組み合わせたおもちゃなども喜んで遊びます。ねこじゃらしなどのおもちゃも大好きなので遊びに活用していきましょう。 トイレは清潔に アビシニアンに限りませんが、猫はトイレの汚れにこだわるほどの綺麗好きなので、トイレの掃除はこまめに行いましょう。トイレが汚れたままだと、ほかの場所に粗相をしてしまう可能性があるので、清潔な環境を維持できるように努めましょう。 手入れはこまめに アビシニアンは短毛ですが、コミュニケーションにもなるので、積極的にブラッシングはしてあげるようにしましょう。また、ダブルコートですが短毛なので、1日1回のブラッシングで十分です。 シャンプーは月に1度くらいを目安に洗ってあげると良いでしょう。 また、活発に動くアビシニアンはカーテンによじ登るなどしばしば行いますが、その際に爪が伸びすぎていたために何かに引っ掛かって起こる事故などを考え、爪を切っておく必須があります。基本的には2週間に1度程度行いますが、子猫の頃から爪切りに慣れさせておくと切る際に暴れることもないのでオススメです。 肥満に気を付ける 運動量が多いため、食欲も旺盛な面が見られます。 食べ過ぎると当然ですが、肥満になってしまうため、与える餌の量はきちんと適量で与えるようにしましょう。その際に与える量に迷ってしまう場合は、獣医さんに飼い方を含めて相談をしてみるとよいでしょう。 アビシニアンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アビシニアンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。

ミヌエットにおすすめのペット保険は?ミヌエットの病気や特徴も解説猫種別の保険

ミヌエットにおすすめのペット保険は?ミヌエットの病気や特徴も解説

ミヌエットの特徴 ミヌエットの歴史 ミヌエットは、以前「ナポレオン」と呼ばれていた猫で、2015年5月に名称が「ミヌエット」へとへ変わりました。猫種の起源も新しく、最初の子猫が作出されたのは1996年のことです。 作出者のジョセフ・スミスは、猫ではなく犬のブリーダーで、バセットハウンドの繁殖やドッグショーでのジャッジメントを務めるなど、脚の短い犬の熱烈な愛好者でした。 前年の1995年6月、ジョセフは米国の新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事で脚の短い猫マンチカンのことを知り、マンチカンに夢中になったジョセフは、猫にも短足の遺伝子があること、そして育種のプロセスで避けられない、脚が長くなってしまったマンチカン(のような猫)が捨てられて多くの保護センターに収容されていることを知りました。ジョセフには収容されていた猫がどれもマンチカンであったかどうかの確信はなかったものの、「足が長くなるために捨てられる」例があってはいけないと考え、自らの手で短足猫の固定化を試みたのです。 ジョセフは最初に、猫種として固定しているペルシャをマンチカンと交配させました。その子猫をヒマラヤンやエキゾチックショートヘアなどペルシャ系の長毛種と掛け合わせて生まれたのがミヌエットでした。 ペルシャ以外の猫を血統に入れたのは、呼吸器系の疾病にかかりやすいペルシャの「鼻ぺちゃ(peke-nose)」を取り除くと同時に、旧来の凛々しいペルシャ像を好む人々にアピールするという目的があったようです。 ジョセフはミヌエットを新猫種とするため、2001年に猫の血統登録団体TICAで予備登録を受けました。その後もジョセフは研究と育種を続けましたが、彼の考える理想のミヌエットになかなか近づくことができず、2008年にはこの育種計画を降りてしまいました。 鼻が低すぎない、脚が短いことを共通点に長毛と短毛のあらゆる毛色が生まれることから、一見して固定した猫種とわかりにくいため、猫の血統登録団体ではミヌエットを新猫種として認めない団体もあります。そのため、キャットショーに出展される機会も少なく、日本でも認知度が低い希少種となっています。 ミヌエットの大きさ・見た目 丸みのある体に短い四肢、骨格はしっかりしていて、太い首と丸い頭をしています。しかし、ペルシャほどマズルが低くないことが条件で、ミヌエットの育種の過程でペルシャ系でみられる短頭種に起因する呼吸器疾患を避ける方針であるからとされています。また、前脚がO脚になるのも好ましくないとされています。 小さい耳は先端が丸く、鼻先にはストップがあります。 毛質は短毛と長毛があり、被毛はダブルコートで抜け毛が多く、毛色は様々な色が認められています。 体重は2~4㎏、平均寿命は12歳~14歳ほどです。 ミヌエットの性格 ペルシャの甘えん坊とマンチカンの好奇心の強さと活発さを兼ね備えた性格をしています。 大変人懐っこく、警戒心が少ないので来訪者にもすぐ懐きます。 しかし、引っ越した時などの新しい環境に対しては慎重になりがちなので警戒心が強まる時もあります。 基本的には温厚で、遊び好きの愛らしい面の目立つ猫です。 ミヌエットがなりやすい病気・ケガ ミヌエットがかかりやすい病気はこちらです。 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) 腎機能低下(じんきのうていか) 肥満(ひまん) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 角膜炎(かくまくえん) ミヌエットを飼うときの注意点 肥満に注意 小さい体ですが、筋肉質な体型のミヌエットは、日頃からの食事管理を行わないとすぐに太ってしまい肥満体になる可能性があります。 そのため、適度な運動が必要となりますが、遊ぶことが大好きな性格なのでしっかりと運動できる環境さえ整えてあげれば自然と肥満を回避することができます。動くおもちゃや上下運動が可能なキャットタワーなどがオススメです。 また、飼い主が遊んであげることでストレス軽減にもなるので、できる限りコミュニケーションをとるためにも猫と楽しく遊んであげるようにしましょう。 留守番は少しずつ慣れさせて 甘えん坊でありながらマイペースな面もあるミヌエットは、自分から甘えたがるのに人からしつこくされると嫌がる面があります。 自立心があるため、一匹でも留守番をすることは可能ですが、いきなり長時間の留守番は甘えん坊のミヌエットには不安が強めます。はじめの留守番は時間を短めにしてあげるようにし、徐々に留守番する回数や時間を増やしていくことで一人でお留守番ができるよう慣れさせてあげましょう。 いたずらが得意なので注意 ミヌエットは穏やかな性格ですが、遊ぶことも大好きなので、一緒に遊んであげる時間は作ってあげるようにしましょう。 また、ミヌエットはあまり鳴きませんが、鳴くことで猫の要求が通った場合は、賢い性格なので「鳴くことで要求が通る」と覚えてしまうことがあります。そうなると頻繁に鳴くようになるので、誤ったことをおぼえさせないよう、きちんとしつけをするようにしましょう。 手入れはこまめに ミヌエットは長毛のダブルコートなので、抜け毛が多いうえ、長毛の場合は毛玉ができやすいことから、毎日のブラッシングとコーミングが欠かせません。 長毛のミヌエットはブラッシングだけでは十分に毛が梳かせず、コームを使ったブラシのコーミングが必要になります、コーミングは抜け毛取りと同時に、毛玉をほぐすこともできるため、コーミングブラシの粗目と細目を使い分けてコーミングすることで綺麗な毛並みを維持することができます。 ブラッシングを嫌がる猫もいるので、そういう時はクリッカートレーニングなどを行うと嫌がらずにブラッシングをすることができます。短毛種の場合は週1~2回のブラッシングが必要になります。 ミヌエットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ミヌエットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。