CATEGORY 犬のその他の病気

犬のその他の病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬のその他の病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬にニラを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にニラを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にニラをあげても大丈夫? ニラレバ炒めや餃子など、我々が普段食べている食べ物の中にも含まれ、人間の場合は免疫力の向上やがん予防にも効果があるとされているニラですが、愛犬に与えても同じような効果を得られるのでしょうか。 答えは「NG」です。 玉ねぎなどのネギ類やチョコレートのように、ニラに含まれる成分が犬にとっては非常に相性が悪く、命に係わる重篤な症状を引き起こす可能性があります。 では、どうしてニラを犬に与えてはいけないのか調べていきましょう。 なぜ、犬にニラを与えてはいけないの? ニラは犬に与えてはいけないと前述しましたが、具体的な理由として、ニラに含まれている「有機チオ硫酸化物」という成分が原因とされています。 ニラは緑黄色野菜の一種で、βカロテンやカリウムなど豊富な栄養素を含んだ野菜ですが、その豊富な成分の中に含まれる有機チオ硫酸化物という成分を摂取すると、赤血球を破壊し、重度の貧血を起こす危険性があるほか、最悪の場合、破壊された赤血球からカリウムが流れ出し、高カリウム血症になって死に至ります。 長い間、ニラに含まれている中毒成分はアリルプロピルジスルフィドという成分だと言われていましたが、これは正しい情報ではないといわれています。アリルプロピルジスルフィドは物質の吸収を早める成分であり、中毒の直接の原因ではないということが明らかになってきました。 しかし、アリルプロピルジスルフィドが含まれているとアリルプロピルジスルフィドの吸収が早まってしまうため、中毒とは間接的に関係しています。 そしてこれらの物質は加熱しても効果を失わないほか、液体に溶ける性質があるので、ニラの入ったスープも犬にとっては危険な物質が含まれるものとなり得ます。 犬がニラを食べるとどんな症状がでる? ニラも他の食品同様に食べた直後に症状が出る訳ではありません。早くて1日、通常であらえば3~4日ほど経過してから症状が出てくるといわれています。そのため、愛犬が仮にニラを食べて1日や2日経っても症状が出ないといっても油断はできません。 また、ニラ中毒になると以下のような症状がみられるといいます。 元気がなくなる ニラ中毒を発症すると、元気がなくなり、足元がふらついたりします。これはニラ中毒で引き起こされる貧血によるもので一番わかりやすい初期症状といえます。 ちなみに、貧血はニラを食べた翌日から数日続くこともあり、典型的な症状は歯茎や舌などの粘膜の色が白くなってくるという点です。 強い嘔吐や下痢 こちらの症状は食べた後すぐに起こる症状とは限りませんが、食べてから数時間後、または数日後に始まることもあります 血尿・血便 ニラ中毒では溶血したヘモグロビンが尿や便として排出される場合があります。そして、これらの 症状は1~2日以内に症いることが多いといわれています。 黄疸 ヘモグロビンは黄疸の黄色い色素の原料でもあります。そのため、重度のニラ中毒の場合、黄疸が引き起こされることもあります。 しかし、犬の表皮は毛で覆われているため、皮膚を見ようとしても黄疸を見つけることは困難といえます。その場合、犬の目の白目部分を確認することで黄疸の発生を目視できるでしょう。 肝機能の低下 継続的にニラを摂取していると、慢性症状として肝機能jの低下が引き起こされる場合があります。 アレルギー反応 犬がニラを食べてしまうと、ニラ自体のアレルギー反応が起こってしまうことがあります。その際、嘔吐や下痢、痒がったり発疹が見られた場合はニラアレルギーを疑った方がいいかもしれません。 犬がニラを食べてしまった!危険な量とは? ニラの中毒は個体差が大きいため、危険な量についてはこれという量が定められていません。 犬によってはごく少量のニラを食べた場合でも中毒症状を起こす可能性がありますし、中毒症状が出る量は犬の体重と比例するため、体重が軽い小型犬の場合は大型犬と比較してかなり少量でも発症する可能性があるので注意が必要です。 犬がニラを食べてしまった時の対処方法! 愛犬がもし誤ってニラを食べてしまった場合、動物病院の診察時間でしたらすぐに口の中のニラを取り出して病院へ連れて行きましょう。 余裕がある場合、病院へ行く前にガーゼなどの布を水で濡らして歯や口内を拭いてニラエキスを取り除けると良い応急処置になります。 動物病院では「食 べたニラの量」や「食べてからの時間」、「現在の症状」などを説明できるようになるべく細かに記録しておきましょう。これらの情報を獣医師に伝えることで、診断や治療を素早く正確に行うことができます。 病院では、ニラを誤飲してから1時間以内であれば吐かせる処置を行います。 その後、血液検査を行い、溶血が起こっているかどうか診断をし、溶血が起こっている場合は抗酸化剤やステロイド剤などを投与して赤血球の破壊を止める治療を行います。そして、ビタミン剤、強心剤、利尿剤を投与して対症療法を行う場合もありますが、ニラ中毒に特効薬が無いという理由があるほか、利尿剤を投与する理由は、尿で毒素を排出する必要があるからです。 更に、ニラ中毒が重度活緊急性があるものだった場合、抗酸化剤やステロイド剤では赤血球の破壊を止められないため、入院しての輸血が必要になります。こうなってしまった場合、命の危険も覚悟しなくてはなりません。 また、ニラを大量に食べさせていない状態かつ深夜の診察時間外であった場合、翌日まで待って動物病院へ連れていくようにしましょう。無理に吐かせようとして症状を悪化させるよりもその方が安全です。 大量に食べてしまっていた場合、オキシドールを利用した催吐方法もありますが、吐瀉物が詰に喉まってしまい窒息してしまう可能性も十分に考えられるため、この方法はあまりオススメはされません。 自宅で処置をするよりは、動物病院で適切な対応を求める方がより安全に治療を受けられるため、可能な限り動物病院へ連れて行くようにしましょう。 犬の手の届くところにニラを置いておいた場合、飼い主が知らぬ間に愛犬がニラを食べてしまう可能性も十分にあります。 食事について悩んでしまうことはありますが、栄養価について考えるのであれば、市販のドッグフードやペット用サプリメントなどで十分な栄養を取ることが出来ます。 そして、愛犬が欲しがっても、こちらが我慢をすることで守れる健康もあるため、犬の健康を守れるのは飼い主だけである自覚をもち、責任をもって健康的な食生活も管理してあげましょう。

犬にタコを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にタコを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にタコをあげても大丈夫? タコ焼きやカルパッチョなど、我々の生活の中も身近な料理として有名なタコですが、犬に与えても大丈夫なのでしょうか? 結論から言いますと「熱を通したタコであれば与えても大丈夫」です。 タコ自体にはたんぱく質が多く含まれるため、たんぱく質源としては有用といえます。 また、ビタミンB12 やビタミンEなども含まれているため、貧血予防や抗酸化作用なども期待できるようです。 では、タコを食べてはいけない状況とはどのようなものを指すのでしょうか。 なぜ、犬にタコを与えてはいけないの? 基本的にタコは食べられないことはない食べ物ではあります。 しかし、生でタコを犬に与えた場合、タコに含まれるチアミナーゼによる「ビタミンB1 欠乏症」や、タコの血液中に含まれる銅が体外に排出されず蓄積することで発症する「銅蓄積症」などになる可能性があるからです。 その他にも危険な要素はいくつかありますが、基本的にタコに関しては熱を通せば食べられる食べものとされています。 しかし、アレルギー症状が現れる犬もいるため、一概に与えても大丈夫とは言い切れないのが現状です。 犬がタコを食べるとどんな症状がでる? 犬がタコを食べて受ける影響の良い点と注意したい点を紹介していきます。 タコの良い点 ・たんぱく質 たんぱく質は三大栄養素の一つであり、生きていくうえで重要な栄養素です。血液や筋肉な土の体を作る主要な成分であり、体内で酸素などの生命維持に欠かせない物質にも変換されます。そして、エネルギー現になることもあります。 ・ビタミンB12 ビタミンB12は葉酸と協力して赤血球の中に含まれているヘモグロビンを造るのに役立つ成分です。また、脳からの指令を体全体に伝える神経を正常に保つ効果もあります。 ・ビタミンE ビタミンEには抗酸化作用があります。抗酸化作用により、様々な病気が予防されます。 ・亜鉛 亜鉛は体内で作り出すことができないため、食事で摂取する必要があります。 この亜鉛には様々な働きをサポートして正常に保つ役割があり、具体的にあげると「味覚を正常に保つ」、「免疫力を向上する」、「新陳代謝を活性化する」、「毛並みや肌の健康を保つ」、「抗酸化作用を活性化させる」などの効果があります。 ・タウリン タウリンの一番の働きは肝臓の働きを活発化させることです。また、他にも血液中のコレステロールや中性脂肪を減らしたり、血圧を正しく保ったり、肝臓の解毒能力を強化する効果もあります。 タコの注意点 ・アレルギーに注意 タコは甲殻類の一種であり、甲殻類は比較的アレルゲンになりやすいとさえている食材です。そのため、タコの場合もアレルギーに注意が必要となります。 もしタコを初めて与える場合は、少量から与えましょう。 そして嘔吐や下痢、痒み、発疹などのアレルギー反応と思われる症状が出た場合には、甲殻類アレルギーを疑った方が良いです。 また、一度食べてみて大丈夫そうであったとしても、二度目にアレルギーを発症してしまう場合もあるため、注意したいのと、甲殻類アレルギーは重篤なアナフェラキシーショックを起こしやすいの要注意が必要になります。 ・与えすぎに注意 犬は魚介類の消化が苦手なため、タコを与えすぎてしまうと消化不良になり、下痢や嘔吐の原因になってしまう可能性があるので注意が必要です。 ・生のタコに注意 生のタコ、イカ、カニなどや魚類にはチアミナーゼというビタミンB1 分解酵素が含まれています。そのため、チアミナーゼを多く摂取するとビタミンB1 欠乏症になってしまう可能性があるため、生のタコを犬に与えるんは注意が必要です。 ですが、このチアミナーゼは加熱することで効果を失うため、生でなければ問題ありません。 ・味付きのタコに注意 タコ焼き、酢の物、カルパッチョ、おでんなどの味付きのタコが含まれている料理は多くありますが、これらは塩分の取り過ぎになってしまうので与えるのはできれば避けたいものです。 塩分の摂り過ぎになると、心臓や腎臓に負担がかかってしまうほか、様々な病気の原因になる可能性があります。また、肥満や歯周病、糖尿病の原因にもなるといわれているため、注意が必要です。 ・銅蓄積症に注意 人の血にはヘモグロビンが含まれている鉄分の影響で赤くなってますが、タコの血液は青くなっています。 これはタコの血液中に赤血球が存在せず、鉄ではなく銅が含まれているからで、銅が血液中で酸素と結びつくことで変色して青くなっているからです。 そして、この銅を含んだタコを食べて体内に銅がたまってしまい、代謝できなくなってしまうと「銅蓄積症」になってしまいます。 銅蓄積症は発症しない犬もいますが、遺伝体に発症しやすい犬種もおり、具体的にベドリントンテリアとウエストハイランドホワイトテリアがあげられます。特にベドリントンテリアについては50%が銅蓄積症の危険因子を持っており、25%がすでに発症しているといわれています。 また、ドーベルマンやコッカースパニエル、スカイテリア、ワイアーフォックステリア、エアデールテリア、ダルメシアン、ケリーブルーテリアなども銅との関係性は明確になってはいませんが、肝障害が起こりやすい犬種のため、これらの犬を飼っている飼い主は特に銅蓄積症に注意が必要です。 ・胃腸の弱い犬や体調の悪い犬には不適 タコは犬にとって、消化しにくい食べ物の一つです。そのため、消化器官が弱っていると少量でも下痢や嘔吐をしてしまう可能性があります。 そのため、胃腸が弱い犬や体調の悪い犬にタコを与えるのはできるだけ避けましょう。 ・加工品に注意 タコの加工品の中には与えるのに注意が必要なものがいくつかあります。 ≪タコ焼き≫…

犬にアルコールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にアルコールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にアルコールをあげても大丈夫? ペットを飼っている方の中にもお酒が好きな方はもちろんいらっしゃると思います。 自宅で飲んでいる時、目を離した隙に愛犬が…という可能性は無いとは言い切れません。 犬にお酒を飲ませても大丈夫なのでしょうか。 答えは「NO」です。 犬にアルコールを与えてはいけないということは有名ではありますが、具体的にどうして与えていけないのか調べていきましょう。 なぜ、犬にアルコールを与えてはいけないの? 犬にアルコールを与えてはいけない理由を単刀直入に説明すると「犬の体にはアルコールを分解する酵素が無く、急性アルコール中毒になってしまうため」です。 アルコールを分解する流れについて、人の体内で分解される仕組みから紹介していきます。 人間の場合、体内にアルコールが入ってくると、まず胃や腸で吸収され、血中内に入ってきます。 その際、肝臓でアルコール脱水素酵素によってアセトアルデヒドという物質に変化しますが、このアセトアルデヒドという物質はアルコールよりも毒性の強い物質で、お酒を飲んだ時に顔が赤くなったり、動悸や吐き気、頭痛が引き起こされるのはこのアセトアルデヒドが原因とされています。 また、このアセトアルデヒドが分解されないまま翌日になってしまった状態を二日酔いといいます。 ここで犬の話に戻りますが、犬はそもそもアルコールを分解する酵素を持っていません。そのため、犬がアルコールを摂取してしまうとアルコールが無害化されず、長期間にわたって体内を循環してしまい、犬の体に悪影響を与えてしまいます。 具体的にいうと、脳幹の機能が抑制され、重度のアルコール中毒によって命を落とす危険性もあるのです。 しかし、犬は嗅覚の優れた生き物のため、アルコールの刺激臭がくしゃみの原因になる場合があります。そのため、アルコールを摂取した飼い主が犬と遊ぼうとすると犬がストレスを感じてしまう可能性もあるので注意してください。 犬がアルコールを飲むとどんな症状がでる? 犬がアルコール中毒に陥った場合の症状は人間の急性アルコール中毒とそう大差ありません。 具体的に下記のような症状が見られます。 意識が朦朧とする 昏睡状態になる 心肺機能が低下する 嘔吐物する など。 また、嘔吐した際、嘔吐物が喉に詰まってしまうと窒息や最悪の場合、死に至る可能性もあります。十分に注意しましょう。 犬がアルコールを飲んでしまった!危険な量とは? 犬は人間に比べて体が小さいので、アルコールの摂取許容量もかなりの少量に限られてきます。 一般的にアルコールでの致死量は体重1kgに対して5.6 mlであるといわれています。 下記表にアルコールの種類と致死量についてまとめたのでご確認ください。   アルコール度数 犬の体重と致死量 1kg 2kg 3kg 4kg 5kg 6kg ビール 5.0% 110 ml 220 ml 330 ml 440 ml 550 ml 660 ml ワイン 14.0% 39…

犬にきのこを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にきのこを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にきのこをあげても大丈夫? 炒め物や鍋など、我々の生活の中でも食材として食べる機会が多いきのこですが、もし愛犬が欲しがった場合、与えることは可能なのでしょうか。 結論から言いますと、我々が普段食べている食用のきのこに関しては与えて問題はありません。 しかし、我々同様に一般的に毒のあるきのこを与えることは危険だとされています。 では具体的にどのようなことがダメなのか、調べていきましょう。 なぜ、犬にきのこを与えてはいけないの? まず、きのこを与えるメリットと危険性についてから知っていきましょう。 犬に食べられるきのこを与えて得られるメリットはその栄養素にあります。 与えるメリット ・β-グルカン 「β‐グルカン」はきのこや酵母、大麦に含まれている食物繊維の一種です。きのこの種類ではシイタケ、マイタケ、スエヒロタケ等に含まれています。 また、「β-グルカン」はリンパ球などの免疫細胞を活性化させる免疫賦活(めんえきふかつ)成分として注目されている成分でもあります。 ※免疫賦活とは 動物や人の体が病気の原因になる細菌やウイルスに接触した際、それらを排除したり殺す機能(自然免疫)を活性化して、抵抗力を増強する物質のこと。 ・ビタミンB1 「ビタミンB1」は、別名チアミンとも呼ばれ、炭水化物を糖質に変換する際に必要な水溶性の必須ビタミンです。 ビタミンB1は神経機能を正常に保つ働きがあり、欠乏した場合は食欲不振・嘔吐・発育障害などに陥ります。 また、症状が進行すると歩行困難になったり痙攣を起こしたりなどの症状が見られますが、ドッグフードを食べている限りは欠乏症になる心配はありません。 ・ビタミンB2 「ビタミンB2」は、別名リボフラビンとも呼ばれており、皮膚の健康維持および被毛の質を高める効果のほか、死亡からのエネルギー生成やアミノ酸の異化、細胞内のエネルギー製造所の活動などの多くの生化学反応に関与する水溶性の必須ビタミンです。 欠乏すると眼の周囲や腹部の皮膚・被毛に限局した乾皮症や、光線過敏症などが引き起ります。 ・ビタミンD 「ビタミンD」はカルシウムやリンの代謝の調節をする上で重要な役割を果たす栄養素です。 イワシやマグロなどの脂肪分の多い魚やレバーに多く含まれており、肉類や野菜にはほとんど含まれていません。 人や草食動物は、紫外線を浴びることでビタミンDを生合成することができますが、犬や猫ではこれができないため、食事からでしかビタミンDを補給することはできません。 また、腸管におけるカルシウムやリンの吸収を促進するほか、尿中への排泄を減少させ、骨から血中へカルシウムの放出を促進して血中のカルシウム濃度を高める効果もあります。 ・食物繊維 食物繊維は消化されないため、体内で栄養にはなりませんが、整腸作用を持つ栄養素です。 適量の食物繊維をバランスよく含むことで、腸内通過時間が適度に保たれますが、この通過時間が遅すぎると便秘を起こしてしまいます。 また、食物繊維にも様々な種類があるため、その整腸作用のメカニズムや働きは様々です。 犬の場合、人ほど沢山の量が必要になることはありませんが、ある程度の食物繊維は必要とされるので、きのこなどである程度摂取できれば適量といえるでしょう。 また、犬に与えて良いとされるきのこは下記になります。 ・舞茸(まいたけ) 舞茸のβ‐グルカンの量は他のきのこに比べ、圧倒的な量を誇っています。さらにリンパ球などの免疫細胞を活性化する作用上がると報告されており、期待される成分として注目を集めています。 ・しめじ しめじはβ‐グルカンやビタミンB群などを豊富に含んでおり、食物繊維はさつまいもと同じ量であるといわれています。 また、紫外線を浴びることで、ビタミンDに変化する「エルゴステロール」という成分も含んでいます。 ・椎茸(しいたけ) 人が食べるきのこの中でも最もポピュラーな種類のきのこであり、ビタミンDや食物繊維が豊富に含まれています。 ・なめこ 独特なぬるぬる成分から犬に与えることができるのか疑問に思う方もいるかもしれませんが、なめこのぬるぬるの正体は「ムチン」という糖たんぱく質の一種なので問題なく与えることが可能です。 ・マッシュルーム マッシュルームには食物繊維やビタミンB2、パントテン酸やカリウムなど様々な栄養成分が含まれており、きのこのうまみ成分である「グアニル酸」は椎茸の3倍の量含まれています。 ・エリンギ エリンギには「ナイアシン」と呼ばれる皮膚や粘膜の炎症を抑え、代謝に深く関わる成分が含まれているほか、きのこ類の中でもエリンギには食物繊維が多く含まれているため、便秘の犬にはおすすめのきのこです。 ・松茸(まつたけ) 高級なきのことして有名ですが、栄養価については他のきのこと大差ありません。人においては松茸の香りは食欲を向上したり消化の手助けをするといわれていますが、犬においてその効果は確認されていない状況です。 ・木耳(きくらげ) 木耳は色によって白木耳と黒木耳の2種類に分類され、白木耳は稀少価値が高く、水溶性の食物繊維が豊富で便秘に効果的だといわれています。 また、黒木耳は鉄分を多く含んでいるため、貧血予防に効果的であると考えられています。 「黒木耳(くろきくらげ)」には、ビタミンDやカルシウム、食物繊維が多いので便秘に悩んでいる愛犬に食べさせたいきのこの種類のひとつです。 次に、きのこを与える危険性についてです。 与えすぎに注意 犬の食事は基本的に、炭水化物とたんぱく質がメインです。 人の食べる主食やおかずなどの考え方とは摂取する量が異なるため、与える際には適量を与えるようにしましょう。…

犬にコーヒーを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にコーヒーを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にコーヒーをあげても大丈夫? 嗜好品として普段から愛飲している方も多いコーヒーですが、ふとした瞬間に愛犬が誤飲してしまう可能性もないとは言い切れません。 しかし結論から言うと、犬にコーヒーを飲ませるのは「NG」です。 コーヒーにはカフェインが含まれていることは皆さんもご存知かと思いますが、この成分が犬にとっては危険であり、可能な限り摂取は控えさせたいものなのです。 では具体的にどのように危険で注意すべきなのか調べていきましょう。 なぜ、犬にコーヒーを与えてはいけないの? 具体的な理由としてコーヒーに含まれる「カフェイン」によって引き起こされる中毒症状があります。 カフェインとは コーヒーの中に含まれており、このカフェインには興奮作用があり精神刺激薬の一つとされているほか、「アデノシン」という鎮静作用を持つ化合物に似た構造を持っており、カフェインはこのアデノシンと結合する細胞であるアデノシン受容体に取り付くことでその結合を阻害してしまいます。 これにより、本来アデノシンが担っていた鎮静作用が阻害され、結果的に覚醒が起こるのですが、そのほかに解熱鎮痛作用、利尿作用も示します。犬がカフェインを摂取すると心筋と中枢神経系を刺激されます。 コーヒーは液体のため、食べ物よりも体内に吸収されるのが早く、一般的に1~2時間程度で中毒症状が現れるといわれています。 しかし、飲んですぐに症状が出るわけではなく、チョコレートなどと同様に大幅に摂取しない限り中毒症状に陥ることはないといわれてはいますが、与えるメリットもない上に摂取することで伴うリスクを考慮すると、最初から誤飲をしないように気を付けてあげる方がよいでしょう。 また、カフェインを含む飲料や食材はコーヒーだけではありません。 紅茶や緑茶、ココアやコーラなどの飲料にもカフェインが含まれているほか、カフェモカの材料として混ぜられるエスプレッソにカフェインが多く含まれており、チョコレート(カカオ成分)にも入っているため、要注意となります。 他にもコーヒー味のアイスクリームやクッキー、ケーキなどにもカフェインが含まれているため気を付ける必要があります。 犬がコーヒーを飲むとどんな症状がでる? 犬がもし許容量を超えるコーヒーを摂取してしまった場合、主に下記のような症状がみられるようになります。 落ち着きを失う 尿失禁・頻尿 嘔吐・下痢 頻脈・高熱 けいれん発作 など。 これらの中毒症状はコーヒーを摂取してから約1~2時間後ほどで見られるようになり、段々と落ち着きを失ってくるようになるほか、光や音に対して敏感になり、少しの刺激に対しても大きく反応するようになります。 また、重症化すると異常な興奮状態が治まらなくなり、やがて痙攣、筋硬直、呼吸不全、昏睡などを起こして最悪の場合、死に至ることになるのです。 犬がコーヒーを飲んでしまった!危険な量とは? 犬がカフェインを摂取した場合の致死量については、体重1㎏あたりにつきカフェイン100mg~200mgといわれており、体重5kgほどの小型犬の場合ですと、500mgのカフェインが致死量となります。 しかし、コーヒー1杯杯(200ml)に含まれるカフェインの量は、インスタントコーヒーのレギュラーサイズで120mg程なので、体重5kgの小型犬においては、コーヒーカップ4杯飲んでも死に至ることはないという計算になります。 ですが、だからといって安心かといえばそうではありません。 上記の数値はあくまで致死量であるため、中毒症状を発生させる量はこの数値より少ない量になります。 また、中毒症状には個体差があり、大量のカフェインを摂取しても全く症状が出ない犬もいれば、稀に微量のカフェインを摂取しただけで中毒症状を引き起こしてしまう犬もいるので、数についてはあくまで参考程度に考えておくことをオススメ致します。 下記は飲料の中に含まれているカフェイン量になりますので、参考程度にご覧ください。 カフェイン含有量(100mlあたり) 玉露 160mg(茶葉10gに60℃の湯60mlを加え2.5分浸出) エスプレッソコーヒー 140mg ドリップコーヒー 135mg インスタントコーヒー 60mg(インスタントコーヒー粉末2gを熱湯140mlに溶かす) 栄養ドリンク 50mg ココア 45mg 紅茶、抹茶 30mg 煎茶、ウーロン茶、ほうじ茶 20mg コーラ 10mg 犬がコーヒーを飲んでしまった時の対処方法! 犬コーヒーを飲んでしまった場合、少量出会った場合、まずは慌てずに落ち着いて注意深く愛犬の様子を見ましょう。 カフェインを含むコーヒーは、少量では緊急に重篤な中毒症状を起こす危険性は低いのですが、念のため、動物病院へ連絡をして獣医師に相談をするようにしてください。 その際には、…

犬ににんにくを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬ににんにくを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬ににんにくをあげても大丈夫? 我々の生活の中でも、健康食品として知られている「にんにく」ですが、愛犬が欲しがった場合、与えても良いものなのでしょうか? 結論から言うと、「少量ならば問題ないものの、大量に食べることは危険である」といえます。 一言に危険といっても何が良くないのかイメージがしづらいかと思います。 具体的に、どういう点が犬にとって危険であるか、調べていきましょう。 なぜ、犬ににんにくを与えてはいけないの? どうしてにんにくを犬に与えることが危険なのでしょうか。 まず、危険だると言える理由の一つがにんにくの種類に関連します。 にんにくは「ユリ科ネギ類」に属する食材で、たまねぎと同じ仲間になります。 玉ねぎには「硫化アリル」という中毒の原因となる成分が含まれています。 この硫化アリルは、犬の体内に入ると「ヘモグロビン」を酸化させて「溶血性貧血」を引き起こします。 ただ、にんにくに含まれている硫化アリルの量は玉ねぎに含まれている量よりずっと少なく、犬がひとかけら程度のにんにくを食べるの分にはさほど問題はないとわれています。 しかし、硫化アリル自体が含まれていることには変わりがないので、食べ過ぎてしまうと中毒症状を起こしてしまうため、与える量には最新の注意が必要になります。 特に、小型犬は許容量が中型犬や大型犬よりも少ないため、一層の注意が必要となります。 犬がにんにくを食べるとどんな症状がでる? にんにくを食べた際に起こる中毒症状については、血液中の赤血球が破壊されることによって下記のような症状が見られるようになります。 貧血 下痢 嘔吐 胃痛 腹痛 頻脈 血尿 血便 食欲減退 衰弱 皮膚炎 痙攣 発作 など。 上記一覧のほかに最悪の場合は死に至るケースもあります。子犬や貧血の症状が見られる犬には与えないように注意をしましょう。 また、致死量についても個体差があるため、一概には言えませんが適した量を超える量は与えないようにしましょう。犬の体調によっていつもと同じ量を与えても体調を崩す危険性があります。犬にどうしても与えたい場合は、適量より少なめに与えるか与えない方が良いでしょう。 犬がにんにくを食べてしまった!危険な量とは? 犬が中毒症状を起こす可能性がある目安量にいては、犬の体質や健康状態によっても変わってくるため、一概に「これ」という量を提示するのは難しいといえます。というのも、一度に多量のにんにくを食べて何の症状も起こさない犬もいれば、少し口にしただけですぐに体調不良になってしまった犬もいるためです。 症状が発症するまでに至る量は、犬によって様々で、多くの犬は少量ならば問題ないとされていますが、少しでも影響を及ぼす恐れがあるというものを与える必要は正直無いのではないかと思われます。 また、大型犬のようにある程度体格の良い大きな犬については多少中型犬や小型犬に比べて多めに摂取しても構わないという説もありますが、不確かな情報ではないほか、腸小型犬においては下痢をしただけでも衰弱してしまう可能性もあるため、更に最新の注意が必要です。 犬がにんにくを食べてしまった時の対処方法! 犬がもしにんにくを誤って摂取してしまった場合、どのような対処をしたらよいのか紹介していきます。 動物病院へ連れて行く にんにくを食べてしまった場合、まずはでき限り早く動物病院へ連れていくことをオススメします。 玉ねぎほど中毒を起こす可能性は低いものの、玉ねぎの仲間である以上、深刻な症状に陥る前に病院で適切な処置を行うことが最良だといえます。 また、大量ににんにくを口にしてしまったとしてもすぐに病院で処置を行えるのであれば、消化される前に吐き出させる催吐療法が施される可能性があります。どうしても行けない理由が無い限りは、適切な治療を受けられる動物病院へ向かい、獣医師の処置を受けるように心がけましょう。 食べた物を吐かせる応急処置 距離や時間、交通手段などどうしても動物病院へ向かうのが困難な場合、素人が行うのはあまりにリスクがありますが自宅で催吐療法を行うことも可能です。 しかし、前置きとして催吐をさせるにあたり、吐瀉物が喉に詰まるなどして窒息の恐れなどがあることはあらかじめ注意をしておかなくてはいけません。 できれば獣医師に電話をしてから指示を仰ぐことが最善と言えますが、そうはいかない状況であるならば以下の方法を試してみましょう。 1.3%オキシドールを、体重5kgに対して11mlをスポイトやシリンダーを使って犬の舌の奥の方へ流し込む 2.15分ほど待ち吐いたなら応急処置は完了なので、動物病院へ連れて行く。もし吐かなければ20分ほど空けて、再度オキシドールを飲ませます。 これは緊急時の対処法なので、体調不良になる危険性や気管支を傷つけるリスクを考えて本当に緊急の時以外では絶対に行わないでださい。 いかがでしたでしょうか。 玉ねぎよりは危険な成分の含まれる量が少ないとはいえ、中毒症状を起こす可能性のある食べ物には変わりありません。 犬の健康のために食べさせる、という点で考えると体調不良になるリスクをはらんでいるのであれば無理に食べさせる必要は無いといえます。 もしどうしてもにんにくを食べさせたい場合は、現在であれば犬用のサプリメントなどもあります。 無理に生のものを食べさせて中毒に陥る危険性を上げてしまうよりは、こういったサプリメントをドッグフードに混ぜて与えることで犬が食べられるように調整されたものを与えた方が、安心して食べさせられるのでおすすめです。

犬にアボカドを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にアボカドを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にアボカドをあげても大丈夫? 「森のバター」とも呼ばれ、度々話題に上がり我々の食生活にも馴染みの深いアボカド、人間にとっても様々なプラス効果をもたらしてくれる食べ物ではありますが、犬に与えることは可能なのでしょうか? 結論からいうと「食べさせることはあまりお勧めはできない」食材です。 アボカドにも犬に対して毒性がはたらく成分が含まれおり、安易に与えると犬の身体に危険が及ぶ可能性があるります。 では、具体的にどのような理由で犬にアボカドを与えてはいけないのでしょうか。その理由を紹介していきます。 なぜ、犬にアボカドを与えてはいけないの? 何故犬にアボカドを与えるのが危険なのでしょうか。 実は、ぶどうやチョコレートのようにすぐ重篤な症状に陥る危険性があるわけではありませんが、アボカドの中に含まれている「ペルシン」という成分が犬にとっては危険を及ぼす可能性があるため、与えることは避けた方が良いとされています。 ペルシンとは アボカドに含まれる殺菌作用のある毒素で、人が摂取する分には無害ですが、他の動物が摂取をすると危険な成分です。アボカドの葉や種皮、種に多く含まれており。未成熟の果実にも含まれているようですが、熟していく内に果実に含まれる量は減少していくようです。 このペルシンを摂取した際に起こる症状は、嘔吐や下痢、呼吸困難、うっ血、心臓組織周辺の体液貯留から死に至ることすらあるとされています。鳥類は特にペルシンに対して敏感にで、この症状を起こしやすいようです。 致死量については現在も研究中のため、未だに詳しくは解明されていません。 また、犬がアボカドを摂取した際、稀にラテックスアレルギー症候群によってアレルギー反応が引き起こされてしまうこともあるようです。 ラテックスアレルギーとは天然ゴムに含まれているラテックスたんぱく質が原因で発症してしまうアレルギーです。 食べ物であるアボカドによって何故引き起こされてしまうのかという理由については、アボカドやバナナ、キウイに含まれるたんぱく質がラテックスのたんぱく質成分に似ているために起こる「交差反応」が原因で、これによって食べ物であるアボカドを摂取した場合にもラテックスアレルギーを引き起こしてしまうのです。 犬がアボカドを食べるとどんな症状がでる? 犬がアボカドを食べてしまった場合、どんな症状が出るのでしょうか。 主にペルシンを摂取した際の中毒症状によるものが多く、摂取する量が多ければ多いほどに症状を引き起こす可能性が増えていきます。 さらに、ペルシン中毒症状によって急激に昏睡状態に陥ることはめったにありませんが、多量を摂取した場合は命にかかわるん場合もあるので注意が必要になります。 そのため、犬がアボカドを食べてしまった場合、中毒症状が出ないからと放置せず、注意深く状態を確認する必要があります。 アボカド摂取してしまった場合、下記のような症状がみられます。 嘔吐・下痢 軟便 呼吸困難 痙攣 うっ血 胃腸の炎症 心臓疾患 また、アボカドを食べた際に交差反応として引き起こされるラテックスアレルギーいの症状は普通のアレルギーとあまり変わりません。 具体的には、蕁麻疹、呼吸器症状がメインで、稀にアナフェラキシーショックなどの重篤な症状を引き起こす場合もあるので注意が必要です。 犬がアボカドを食べてしまった!危険な量とは? 実は、具体的にこの鞍の量を食べると危険である、という量はまだわかっていません。 というのも、中毒症状が出る犬にも個体差があるため、5g程度ならば食べさせてもなんともないという犬もいれば、一つまみ食べただけで中毒症状が出てしまう犬もいるほか、体格や犬種などにも多少の影響はある場合もあるため、一概にこの量を食べさせてはいけないとは言い難いのが現状です。 また、アボカド自体の栄養素が大変多く、もし食べられる犬でも食べさせ過ぎると肥満に繋がってしまうという点も考慮すべき内容であるため、リスクを多く伴ってしまうと考えると与えること自体控える方が良いでしょう。 犬がアボカドを食べてしまった時の対処方法! アボカドを万が一食べてしまった場合、約10~12時間ほど経過してから症状が起こり始めるということもあるので、アボカドを食べてすぐに中毒を発症しないこともあります。 そのため、与えたばかりの時は元気そうなので大丈夫だと安心していても、暫くしてからから発症していまうこともあるので、注意が必要になります。 そのため、「食べてしまったかも」とわかった時点でかかりつけの動物病院に連絡を入れるようにしてください。 連絡を入れることで、獣医さんから現在の様子を伝えることで様子をみるかどうか、連れていくべきかどうかの指示を仰ぐことができます。 もし動物病院へ連れていくことになった際、発症するまでの間に排便を行っていた場合はその状態を確認するため、出来る限りその時の便も持っていくようにしましょう。 動物病院で診てもらうことが一番ですが、どうしても動物病院へ連れていけない場合はやむを得なく自宅で催吐療法を施すことになるかもしれません。その場合、適量のオキシドールを飲ませて吐かせることになりますが、犬にとって負担が大きく、吐瀉物が喉に詰まって最悪窒息する可能性もあるためオススメはできません。 可能な限り動物病院での処置を優先し、診察時間外であった時のためにも予め夜間診察もしている動物病院も控えておくとベストです。 犬がアボカドを食べてしまったときの対処法のまとめ アボカドを本当に食べたことの確認 動物病院に連絡して指示を受ける 様子見の場合は気を抜かず変わったことがあれば即病院へつれていけるように暫く待機、来院の場合は即連れていく ◆注意点 アボカドの種や種皮、葉などのペルシンを多く含む部分を食べている場合は病院へ必ず連れていく 家庭内でむりやり吐かせるような処置は行わないこと。行う際は獣医の指示に従って行う。 いかがでしたでしょうか。 前述してはいますが、アボカドも犬の健康に必要な成分が入っていると思いきや、犬にとって毒性の強い成分が含まれている気を付けたい食べ物の一つです。 個人差はあれど、与えてメリットがあるかといえばリスクの方が多いといえる果物であるため、もし愛犬が物欲しそうに見ていたとしても、こちらが与えるのを控えることで、引き起こされるかもしれない中毒症状などのリスクを減らしてあげられると考えると最初から与えない方が愛犬にとっても良いでしょう。 ペットの健康や成長に必要な栄養については、市販のドッグフードがその点を考えられて作られているので、もし不安なことがある場合は動物病院などで相談してみるのも良いかもしれません。

犬にさくらんぼを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にさくらんぼを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にさくらんぼをあげても大丈夫? 季節の果物としてスーパーやコンビニでも売っているさくらんぼですが、我々は食べられても愛犬の場合は食べても良いのでしょうか。 結論から言うと、犬にさくらんぼを食べさせること自体は問題ありませんが、食べさせても良い部分と悪い部分があるので気を付けなくてはいけません。 気を付けるといっても、具体的にどのように気を付けたらよいのか、犬とさくらんぼについて具体的に調べていきましょう。 なぜ、犬にさくらんぼを与えてはいけないの? 犬にさくらんぼは厳密には食べさせても構わないのですが、与えてはいけない部分と理由があります。 それはさくらんぼの葉や花に含まれている「クマリン」という成分に由来します。 「クマリン」とは クマリンとは桜餅の葉の香りでおなじみの成分です。人間は桜餅の葉まで食べる人もいますが、実は肝毒性(肝臓に対して毒性を保有しており有害であること)を持っています。そのため、犬に与えることは好ましくないのです。 与える量と肥満に注意 さくらんぼは犬にとって栄養面で特筆すべき利点はありません。ですが、食欲がない犬や特別なおやつとして与えるには有効といえるでしょう。ですが、さくらんぼだったら果物だから大丈夫だろうと沢山与えてしまうと肥満の原因になります。さくらんぼの平均的な重さは5gほどで、犬に与えていいとされている量は15gほどだといわれています。神経質にピッタリの数値で与える必要はありませんが、与えすぎは肥満に繋がり、一度に何粒も与えてしまうと癖になってしまいたくさん食べても良いものと覚えてしまうため、気を付けてあげましょう。 種や未成熟な身は与えない さくらんぼを犬に与える際、気を付けなくてはならないのは葉や花だけではありません。実の中にある種にも注意が必要です。 種には「アミグダリン」という青酸配糖体(シアン配糖体)が含まれていて、嚙み砕かれた種が体内で分解されることによって青酸毒が発生し、中毒症状を引き起こしてしまいます。症状としては呼吸困難や虚脱、チック症状を招く可能性があり、最悪の場合死に至ることもあります。 また、未成熟な実にも「アミグダリン」は含まれているのですが、基本的にお店で販売されているものは成熟しているので心配はいりません。アミグダリンは人間にとっても有害な成分なので、もしさくらんぼ狩りなどに行くことがあれば農家さんの話をしっかりと聞き、犬にさくらんぼを与える場合は必ず種を抜き、実だけの状態で与えるように気を付けましょう。 さくらんぼ含まれる成分 アミグダリンについてはご説明しましたが、その他にもさくらんぼに含まれる成分には犬にとって注意すべきものがあります。 「ソルビトール」という成分は過剰摂取をすることで犬の下痢を引き起こしかねない成分です。栄養分の吸収をブロックすることも考えられ、さくらんぼを多量に食べると犬にとって好ましくない影響を及ぼす可能性の原因の一つとしてこの成分が挙げられます。 一方で、その作用をうまく利用することができるのが、便秘気味の犬に与えることで便通をよくするという方法です。そのため、便秘気味の犬には少量のさくらんぼがプラスに働くことが期待できます。 「βカロテン」はさくらんぼに多量に含まれている栄養素です。犬にとって必須の栄養素であり、適量取り入れることは必要ではありますが、過剰に摂取すると中毒症状が出やすい成分でもあります。 そのため、犬がこのβカロテンを過剰に摂らないように食べさせる量をコントロールしてあげなくてはなりません。 犬がさくらんぼを食べるとどんな症状がでる? 摂取すると危険なものに沿って大まかに症状については前述してきましたが、具体的にどのような症状が引き起こされるのでしょうか。 「アミグダリン」 アミダグリンはさくらんぼの種に含まれる有毒物質で、別名「レートリル」と呼ばれています。さくらんぼのほかに梅やすもも、桃やアーモンド、ビワといったものの種に含まれる青酸配糖体です。 この青酸配糖体は、犬の腸内細菌のβ-グルコシダーゼ酵素によって加水分解されるとシアン化水素(青酸)を発生させます。シアン化水素は殺虫剤にも使用されている猛毒で、致死性がある危険な物質です。 これによる中毒症状は 嘔吐 ふらふらする 肝障害 神経障害 歩行障害 意識混濁 死亡 など様々です。 「クマリン」 クマリンはさくらんぼの花や葉に含まれる成分で、この成分を犬が摂取すると肝障害が誘発される恐れがあります。 人が摂取する場合、アンチエイジング効果やリラックス効果があるといわれておりますが、クマリンは殺鼠剤にも使われる強い成分で特徴として血が止まらなくなることが挙げられます。犬が大量に摂取した場合、1~3日程度で発症することが多いため、要注意が必要です。 アレルギー症状 アレルギー体質の犬にはさくらんぼを与えるのは控えましょう。全てのアレルギーとはいきませんが、アレルギーの種類によっては交差反応(構造が似たたんぱく質に対しても免疫細胞が間違って異物とみなしてアレルギー症状を起こしてしまうこと)を示してしまう可能性があります。 また、もしアレルギーが生じてしまった場合、多くは皮膚に現れるため、「目の周り」、「耳」、「口の周り」、「肢の先」、「鼠径部」などに赤みや激しい痒みが現れるとされています。 犬がさくらんぼを食べてしまった!危険な量とは? 基本的には前述したように、少量であれば問題はありません。 こちらも既に記述してますが、さくらんぼの実は一粒およそ5gほどで、1日に犬に与えて良い量は15gほどといわれているため、1日3粒が適量とされています。 なので、それ以上の摂取が危険というよりは健康を害する可能性があると考えておきましょう。 犬がさくらんぼを食べてしまった時の対処方法! もし、犬がさくらんぼを許容量より多く食べてしまった場合の対処法についてご紹介していきます。 動物病院へ もし、食べてはいけないものを食べてしまったときは、必ず動物病院に行きましょう。 動物病院へ向う際、「何を」、「どれくらい」、「どのくらい前に」、食べてしまったのかをしっかりと伝えることが大切になります。 食べた量によっては、催吐処置や胃洗浄、レントゲンや点滴などの処置を行おうこともありますが、アレルギー反応などで重篤な症状が出ている場合には入院となる可能性もあります。 早急にに連れていきましょう。 吐き出させる どうしても動物病院へ行けない場合の方法としては、犬が食べた物を消化吸収する前に吐かせることで症状が軽く済むことがあります。 犬に吐かせるためには、オキシドールを使用してシリンダーなどで口に流し込むことを2~3回繰り返します。…

犬にイカを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にイカを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にイカをあげても大丈夫? おつまみから料理まで幅広く扱われ、親しんでいるイカですが、自宅で食べていると物欲しそうにしている愛犬につい…ということはありませんか? 犬にイカを与えても良いのかどうか、結論から言うと「少量なら与えても良いが、問題点もある」です。 具体的に与えても良い量、そして問題点はどのような点なのか調べてみましょう。 なぜ、犬にイカを与えてはいけないの? 基本的にはOKですが、犬にイカを与えてはいけない理由とは、まず犬にとって必要な栄養について知ることが必要になります。 犬には炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラル、水の6大栄養素が必要とされていて、ドッグフードにはこれらの栄養素が上手く入っています。 その中に含まれている炭水化物を糖質に変えて、エネルギーとして使うときに必要な「ビタミンB1」」が犬にとって大切な栄養素であり、体内で重要な役割を果たします。 しかし、この大切なビタミンB1ですが、生の状態のイカを食べすることによって分解してしまう危険性があるのです。 生のイカの危険性 生のイカに含まれる「チアミナーゼ」という酵素は、ビタミンB1を分解する働きを持っており、このチアミナーゼの働きによってビタミンB1が分解されてしまうと犬は「ビタミンB1欠乏症」になってしまいます。 そのため、炭水化物を糖質に変えることが出来なくなり、様々な症状を引き起こすようになってしまいます。 また、犬などの哺乳類は自身の体内でビタミンB1を作ることはできず、摂取をしても毎日尿として排泄されてしまいます。この大事な栄養素のビタミンB1をチアミナーゼは分解してしまうため、イカでも生のイカは与えることは危険とされています。 寄生虫の存在 生のイカにはビタミンB1を分解してしまうチアミナーゼの危険性があると前述しましたが、ほかにも注意点があります。 それは、寄生虫の「アニキサス」が潜んでいる可能性があるということです。 このアニキサスを万が一犬が摂取をした場合、胃や腸壁に侵入し、数時間後に激しい腹痛を起こします。 ◆アニキサスとは アニキサスはオールシーズン現れる出現率の高さと、人間が生きたまま食べた場合でも激しい腹痛や嘔吐などの症状を引き起こす厄介な魚類寄生虫です。主にサバ、ララ、サケ、スルメイカなどには高い確率で寄生しており、これらの魚類は通常魚屋では加熱用として販売されています。 アニキサスは内臓表面に寄生しているので下処理の段階で大部分はでき除去ますが、時間が経つにつれて筋肉部分へと移動していくので、これを見つけるのはなかなか難儀となり、実際にアニキサスの被害を恐れてこれらの魚の刺身販売をやめる魚屋も出てくるほどでした。 犬がイカを食べるとどんな症状がでる? 万が一、犬が生のイカを食べてしまった場合、どのような症状が引き起こされるのでしょうか。 「ビタミンB1欠乏症」 生のイカを食べるとチアミナーゼの影響よりビタミンB1欠乏症が起きると述べましたが、その具体的な症状として「運動失調」や「神経伝達の異常」などが起こります。 具体的にどのような症状が見られるかというと、しっかり歩いているのにふらついていたり、同じ場所をウロウロと旋回している。また、痴呆のような症状がみられることもあります。さらに症状が進むと脚が立たずに歩行困難になったり、瞳孔が開くなどの症状も見られるようになります。 しかし、これらの症状が引き起こされるのは生のイカを大量に摂取した時なので、誤って犬が一口ほど食べることですぐに障害が出ることはないので焦らず対処しましょう。 「消化不良」「胃腸が詰まる」 生のイカに限らず、イカ自体が消化に時間のかかる食材なので、犬の胃腸にはかなりの負担をかけていまうことが考えられます。犬によっては個人差がありますが、消化不良が原因で、下痢や嘔吐を引き起こす恐れもあります。 また、スルメなどは弾力があり、大きい状態のまま飲み込んでしまうと胃腸が詰まってしまうおそれもあります。諸説がありますが飲み込んだ後に胃腸で消化液を吸って大きく膨らんでしまう危険性も指摘されており、最悪の場合、胃腸閉塞などを引き起こして手術を行わなければならないケースも考えられます。 「中毒症状」を引き起こす イカには「アニキサス」という寄生虫が寄生している可能性があると前述しましたが、このアニキサスを誤って誤飲してしまった場合、中毒症状を引き起こし、激しい腹痛や嘔吐などの症状がみられるようになります。 「塩分過多」 生でなくとも、乾物であるスルメは多くの塩分を含むため、犬にとっては大量に摂取すると人以上に危険です。これはスルメに限られたことではありませんが、濃い味付けの食べ物を犬に与えすぎるのは注意しましょう。 犬がイカを食べてしまった!危険な量とは? 基本的に生のイカや乾物のイカもそうですが、犬の個体差はあれど少量ではればそこまで問題ではありません。 しかし、前述しておりますが食べ過ぎればスルメであれば塩分過多で様々な病気を誘発しますし、生でもそうでなくても大量に与えてしまえば食べ過ぎで消化不良や胃腸閉塞を引き起こす原因になり、それが生であればビタミンB1欠乏症を引き起こす可能性もあるのです。 また、少量であってもその生のイカにアニキサスが含まれていた場合、アニキサス症を引き起こしてしまうことも、具体的無いとは言い切れないため、この量を食べることで危険や安全ということはないですが、接取するイカの状態で量は考えるとよいでしょう。 犬がイカを食べてしまった時の対処方法! もし犬が誤ってイカを食べてしまった場合はどのように対処したらよいのでしょうか。 様子を見る もし摂取した量が少量であれば、チアミナーゼの影響を極端に心配する必要はないでしょう。まずは慌てず、愛犬の様子をしっかりと観察することが大切になります。また、加熱したイカは多少リスクがありますが、絶対に食べてはいけない食べ物ではありません。というのも、イカは加熱することによりチアミナーゼが失活するといわれています。しかし、焼いたイカだからといって絶対安全とは言えないので、もし食べてしまった場合は落ち着いて様子を見るようにしましょう。 症状が現れたら動物病院へ 犬がイカを摂取後、ふらつきや歩行障害、嘔吐などの症状がみられるようになった場合、一刻も早く動物病院へ連れて行くようにしてください。 その際、愛犬の吐瀉物や便などを捨てずに持っていくと、治療に必要な詳しい情報として手助けになることもあるので、なるべく持参するようにしましょう。 いかがでしたでしょうか。 焼いたイカであれば乾物のイカや生のイカよりはビタミンB1欠乏症やアニキサス症などのリスクは減るものの、用心のため、犬にとって必要な栄養素を含んでいるものでもないので無理に食べさせる必要はないでしょう。 ただ、絶対に食べさせてはいけないという食べ物でもないので与える際は加熱処理をし、細かく身を切ってから与えることをおすすめします。 ですが、基本的には犬にとって必要な栄養素は市販のドッグフードで大体事足りてしまうため、リスクのある食事をわざわざする必要があるか考えてみると、与えない方が愛犬の健康を脅かす危険性はだいぶ減るかと思われます。 日々の食事についてもしっかりと考えて与えるようにしましょう。

犬にトマトを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にトマトを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にトマトをあげても大丈夫? 私たち人間が普段サラダとしてだけでなくスープなど様々な形でなんとなく食べている野菜である「トマト」ですが、実は犬に与えても特に問題は無いとされています。 トマトはもともと中南米が原産のナス科の野菜で、品種が非所に多く、世界中に何千種類物トマトが存在しています。また、トマトは「βカロテン」「リコピン」「ビタミンC」「ミネラル」などの栄養素も豊富な我々人間にとってはメリットのある成分を多く含んだ野菜です。 しかし、犬に与えて良いとされるトマトは「完熟している赤いトマト」に限ります。 その理由はなぜなのでしょうか。 なぜ、犬にトマトを与えてはいけないの? 犬に与えるトマトは「完熟している赤いトマト」に限る理由については、未熟なトマトに含まれる「トマチン」という成分に注意が必要だからです。 この未熟な緑のトマトに含まれる「トマチン」は、アルカロイドという有機化合物の一種で、ジャガイモの芽に含まれるソラニンにも同様の成分が含まれています。このトマチンには毒性があり、犬にとって相性が悪いとされているので、未熟な緑のトマトは犬に与えない方が良いということです。 また、このトマチンは未熟なトマトの実だけでなく、トマトの花や葉、茎にも含まれています。植物はこのような毒性を持つことで虫から身を守っているのです。 このことから、犬に与えても良いとされるトマトは完熟している赤いトマトだけで、その他の未熟な緑のトマトや花や葉や茎部分などは中毒症状を引き起こす引き金になりかねないので与えないようにしてください。 犬がトマトを食べるとどんな症状がでる? 栄養もあり、犬も食べることが出来るトマトですが、稀にアレルギー症状を起こす犬もいるようです。 特に、ブタクサやスギなどのアレルギーを持っている犬は、トマトに交差反応を起こしてしまう場合があるのでそこは注意点となります。 交差反応アレルゲンとは? ある種の動物たんぱく質に反応を示す場合、主の近い動植物のたんぱく質にもアレルギー反応を示すことをいいます。たとえば、ブタクサのアトピーを持つ犬に対して交差性のあるアレルギーはリンゴやバナナ、メロンやトマトです。ブタクサのアトピーを持つ犬がリンゴを食べたからと言って必ずしもアレルギー症状を起こすわけではないのですが、アレルゲンレベルを上げてしまうことになります。 下痢 嘔吐 震え 体のかゆみや腫れ など もし、上記のような症状が見られたらトマトを与えるのはやめて、しばらく様子を見ても様子がおかしいままの場合は即刻かかりつけの動物病院で診てもらうようにしましょう。 また、ヒトがトマチン中毒を発症した場合、赤血球が破壊され、「頭痛」、「嘔吐」、「下痢」などの症状を発症することがあります。そもそも、犬が緑のトマトを好んで食べることがまず少ないのですが、念のために緑のトマトを与えることは避け、完熟した赤いトマトを食べさせてあげるようにしましょう。 犬がトマトを食べてしまった!危険な量とは? 緑の未熟なトマトに含まれるとトマチンの毒性については、マウスの腹腔内に投与した時の半致死量(LD50)が32㎎/kgであり、これを単純に50㎏のヒトに換算すると、半致死量は1600㎎(1.6g)になります。(※マウスとヒトで効果が同じかは明確に出ていません。) この量の完熟果実では4000kg(4トン)、熟した青い果実では33kg、未熟果実では3.4kgに相当します。中ぐらいのサイズのトマトは約100gなので、未熟果実でも34個を一挙に食べないと半致死量には達することはありません。通常そのような場合はまず考えられないようです。 また、通常の赤いトマトの場合の犬に与えても良い適正量は、1日の食事の10%ほどの量までだとされています。これはドッグフード以外のプラスする食材全て合わせた分量です。そのため、1日にの食事量が150gであれば、トマトの適正量は15gになりますが、ほかにレタスを10g加えるとするならばレタス10gでトマト5gという配分になります。 犬がトマトを食べてしまった時の対処方法! もし誤って愛犬がトマトを食べて体調を崩してしまった場合、前述したトマチンなどの有害な成分の摂取か、アレルギー、初めて食したなど、様々な原因が考えられます。そのため、動物病院へ連絡し、「何を」、「どの程度」、「いつ食べたのか」をきちんと説明しましょう。 食べてからの時間にもよりますが、病院ではまず吐かせる処置を行います。胃洗浄を行うこともあるかもしれませんが、毒素を吸着させるための吸着単を与えたり、失ってしまった分の水分補給(点滴)をします。 もしすぐに受診ができない環境の場合、自宅で吐かせる手段として、「オキシドール」を使います。 市販されているものは大体3%溶液のオキシドールだと思いますが、念のため確認をしましょう。 また、自発的には飲み込んでくれないので、犬の体重1㎏あたり1~2mlのオキシドールを口の端からスポイトやシリンジで注ぎ、口先をつかんで上を向かせる方法で飲み込ませます。 オキシドールを飲んですぐ吐くこともありますが「、10~15分ほど経つとよだれが出てきて吐くようなしぐさをしますが、それでも誤飲したものが出てこなければ、再度オキシドールを飲ませます。 これを2~3回繰り返しても吐かない時は、処置を中断して病院へ連れて行きましょう。 いかがでしたでしょうか。 赤い熟したトマトについては特に問題なく犬に与えても良さそうではありますが、緑の未熟なトマトについては与えるのは控えた方が良いでしょう。 栄養価もあるため、与えて損をするということはありませんが、犬の健康的な食事については市販のドッグフードを与えることで普段の生活や成長に必要な栄養は十分であったりします。 なので、必要な食べ物では無いということを念頭に置いて、あくまでたまに適量を犬の身体に無理のなく健康を維持できる量を与える程度にしておくと良いでしょう。

犬にぶどうを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にぶどうを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にぶどうをあげても大丈夫? チョコレートやネギなどは犬に与えると良くないとご存知の方も多いかと思いますが、私たちが普段食べている果物のぶどうも実は犬に与え過ぎるのは良くないといわれています。 ぶどうにもチョコレートやネギ同様に与え過ぎると中毒症状を起こす成分が含まれているということががわかってきており、犬に与えすぎると最悪の場合、命の危険に関わる食べ物として注意が必要になってきました。 ではぶどうはどのように犬の身に危険が及ぼすのでしょうか。 なぜ、犬にぶどうを与えてはいけないの? 犬にぶどうを与え過ぎてはいけない理由は、含まれる成分によって与えすぎると腎不全を起こし、重症化が進むと死亡してしまうという危険性にあります。 特にぶどうの中でも成分が濃縮されている「干しぶどう(レーズン)」には要注意です。 一粒の量が小さいため、大量に食べてしまうリスクが強く、動物病院に運ばれてくるぶどう中毒の症状の犬の診断をしするとその原因がレーズンを食べたことによる中毒症状だったということが稀にあります。 しかし、実のところ現在の研究成果ではぶどうのどの成分が急性腎不全や腎不全を起こすのかそのメカニズムが明らかにされていない状況です。 現在の研究成果では、ぶどうの何の成分が急性腎不全や腎不全を起こすのか、そのメカニズムはまだ明らかになっていません。 具体的に症状が発症しやすいぶどうの種類や差などは確認されておらず、危険性の高さも具体的な結果は得られていない状況ですが、実際にぶどうを食べて症状を発症した報告がされているのは事実です。ぶどうやレーズンをむやみに与え過ぎるようなことはチョコレートやネギなどを与えるのと同じくらい危険なことだと認識しておきましょう。 犬がぶどうを食べるとどんな症状がでる? もし犬がぶどう中毒になってしまった場合、ぶどうを接種してから2~3時間程で以下の症状が現れるといいます。 嘔吐 下痢 食欲減退 ぐったりする 元気がない また、ぶどうを食べて急性腎不全を引き起こしたという例もあり、この病気は腎機能が急激に低下することで尿が出なくなり、体の中の老廃物を体外に出すことができなくなるため、「高血圧」「だるさ」「すぐ疲れる」などの症状も起こってきます。 そして、急性腎不全は数時間から数日といった短期間で急激に悪化することも特徴の大変危険な秒でもあります。 急性腎不全の症状 嘔吐 下痢 尿の量が減少、または尿が出ない 腎臓の痛みによって背中が丸くなる など 急性腎不全が疑われる場合は早急に動物病院での適切な治療が必要となり、もしも対処が遅れてしまうと命に係わることも大いに考えられるので、どのような症状が引き起こされるのか把握しておくとよいでしょう。 また、急性腎不全の初期段階はあまり症状が出ないことがあるようですが、急性腎不全が引き起こさ絵た時点ですでに腎臓機能の75%が失われている深刻な状態となっているので大変危険です。 更に、発症してから少し時間が経つと下記のような症状も見られるようになります。 水を多量に飲む 排尿頻度が増える 嘔吐 食欲不振 など 上記の症状に加え、深刻になると痙攣、昏睡状態となることもあります。 このように深刻な症状がみられるようになるため、愛犬がぶどうを食べてしまった場合は急性腎不全の可能性を考慮しておくことも大切になります。 犬がぶどうを食べてしまった!危険な量とは? 前述しておりますが、ぶどうやレーズンを誤って食べてしまった際のはっきりとした許容量はわかっていない状況です。 これまでに中毒症状や急性腎不全などを起こしたと報告されているぶどうの量は、体重1㎏あたり3~57gと範囲がかなり幅広くなっています。また同じように干しぶどうでは体重1㎏あたり11~30gで症状が現れたとの報告もあります。 いくつか表にまとめたので参考にしていただけたらと思います。 ◆ぶどうのグラム数表 ぶどうの種類 中毒発症の可能性がある摂取量 レーズン・干しぶどう(1粒約0.6g) 約11〜30g(18粒~) 巨峰(1粒約17g) 体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~) デラウェア(1粒約2g) 体重1㎏あたり約3〜57g(2粒~) マスカット(1粒約6g) 体重1㎏あたり約3〜57g(1粒~) ※平均体重を発症最小量の3g/1kgで試算 ◆犬種別許容量一覧表 犬種・体重 中毒発症の可能性がある摂取量…

犬にナッツを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にナッツを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にナッツをあげても大丈夫? 人が普段おやつやダイエットなどで食べている様々なナッツ類、犬にももちろん食べさせられるものもありますが、基本的にはあまりオススメできません。 というのも、ナッツ自体にも脂質が多く含まれているという点もありますが、中には中毒症症状を引き起こしてしまうものもあるためです。 ではどのようなものが特に食べさせることを控えたいナッツなのか見ていきましょう。 なぜ、犬にナッツを与えてはいけないの? 犬にナッツ類を与えることがオススメ出来ない理由について、まずナッツ自体に多くの脂質が含まれているため、与えすぎてしまうと肥満の原因になるという点があります。 また、更に危険な症状として中毒症状を起こし、下痢や嘔吐などの症状が見られる危険性もあるほか、ピスタチオや落花生などは殻を誤って食べてしまった場合「腸閉塞」になってしまう可能性もあります。 殻の誤飲については自分が食べるものの管理をしっかりとしておくことで誤飲のリスクを減らせますが、軽い気持ちで与えたナッツで中毒症状を起こしてしまった場合、苦しむのは愛犬である上、いくら必ず発症するわけでない症状であっても発症しないという可能性は無いとは断言できません。 危険を未然に防ぐことができるのであれば、与える必要が無いといえるものはなるべく与えないようにする方が良いといえます。 犬がナッツを食べるとどんな症状がでる? 犬が食べて症状が起きるといわれているナッツの種類は「マカダミアナッツ」だといわれています。 マカダミアナッツの何で中毒症状が出ているのか詳しい原因は解明されていませんが、マカダミアナッツを大量に摂取することで起こり得る症状としては、 嘔吐 震え 腹痛 脱力感 横たわる 発熱 痙攣 などが見られます。 上記のような症状は個体差によるので食べても問題ない犬もいれば、食べてから大体12時間以内に発症してしまう犬もいます。また、ナッツの形状的な特徴から腸に詰まってしまうケースもあるようです。 大体1日~2日で自然に中毒症状が治まり、自然に回復していくことが多いとされています。 犬がナッツを食べてしまった!危険な量とは? 危険性についてふれてきましたが、具体的にどの程度食べてしまったら危険なのでしょうか。 上記で紹介した危険性が高いとされる「マカダミアナッツ」の場合、体重1㎏あたり2.2gとされています。 これは体重が3㎏程の小型犬の場合、マカダミアナッツ1粒を2.2gとすると、マカダミアナッツ約3粒ほどで症状が出る計算になります。 他にも代表的なナッツから食べ方や症状などを確認していきましょう。 比較的与えても安全なナッツ ◆ピーナッツ ナッツ類の中でも犬に与えて最も安全性が高いと考えられるナッツです。 しかし、消化は良くないため、少量であれば良いですが大量に与えると下痢や嘔吐の原因となり、場合によっては膵炎(すいえん)を引き起こすこともあるので注意してください。 また、ピーナッツの皮は消化できないため、必ず皮を向くことと、塩分過剰になるので塩味が付いたピーナッツは与えるのを避けましょう。 ◆カシューナッツ カシューナッツも比較的与えても安全と考えられているナッツの一つです。 しかし、与える場合は必ずローストされたものや炒ったものを与えるようにしましょう。生のカシューナッツは犬にとって毒性のある成分が含まれるた注意が必要です。 また、カリウムが豊富に含まれているので、腎臓病やホルモン疾患の犬に与える際には注意が必要となります。 ◆ヘーゼルナッツ ヘーゼルナッツも犬に対しての毒性がないといわれてるナッツです。 ヘーゼルナッツを与えるうえで注意が必要なことは、サイズで、ほかのナッツに比べて大きいために丸飲みをしてしまうと食道や腸が詰まってしまう可能性があります。与える場合は細かく砕いて与えるようにしましょう。 ◆栗 栗は脂肪分も少なく、消化もそれほど悪くないため、犬に比較的与えやすく、安全なナッツといえます。 とはいえ、与え過ぎると消化不良を起こしたり、糖質が多いので血糖値が上がりやすく肥満の原因にもつながるため、与える量は考えないといけません。 また、栗きんとんなどの加工した栗は糖質が非常に多い為、犬に与えるのはおすすめできません。 栗を与える場合は、加熱して皮を向いた状態の味がついていない栗を与えるようにしましょう。 与えない方が良いナッツ ◆アーモンド アーモンドはナッツの中でも消化が悪いので、少量でも食べると下痢をしてしまう犬も少なくはありません。 食べさせてはいけないわけではありませんが、飼い犬の便の調子を観察し、消化不良を起こしそうな様子なら与えない方が良いでしょう。 ◆くるみ くるみも消化に悪いナッツの一つです。 また、古いくるみにはカビの毒である「マイコトキシン」が含まれることもあるとの報告もあるため、中毒になるリスクもあります。 特に海外製のくるみや古くなったくるみは犬に与えないようにしましょう。 ◆ジャイアントコーン ジャイアントコーンは成分的にはトウモロコシに近い、ナッツです。 トウモロコシと考えると犬に与えても問題ないものなのではないかと思いがちですが、日本で流通しているジャイアントコーンは既に塩味が付いていることが多く、塩分の過剰摂取になってしまうこともあります。…

犬にキシリトールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にキシリトールを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にキシリトールをあげても大丈夫? 虫歯予防などで普段から嗜んでいるガムなどに含まれているキシリトール、我々の体には害が無いとされていますが愛犬に与えてしまった場合、実は命に係わる危険性があることをご存知でしょうか。 この記事ではキシリトールが愛犬にとってどのように危険なのかをご紹介していきたいと思います。 犬にキシリトールを与えても良いのか、結論から言いますとオススメすることはできません。 一口食べただけで危険という訳ではありませんが、キシリトールを過剰に摂取すると場合によっては死に至ることがあるのです。 ではどのような理由でその危険な可能性に及んでしまうのでしょうか。その内容について調べていきましょう。 なぜ、犬にキシリトールを与えてはいけないの? キシリトールが犬にオススメできない理由とはどのようなものなのでしょう。 その理由は、犬が多量にキシリトールを接種してしまった場合、重い中毒症状を引き起こすか可能性があり、 時にそのまま命を落としてしまう危険性があるからです。 キシリトールとは? キシリトールは糖アルコールの一種の天然の甘味料や虫歯予防として用いられている成分で、砂糖と同じくらいの甘さを持ちながらカロリーが4割程度低いのが特徴です。 日本ではキシリトールガムやタブレット、歯磨き粉としてよく使われています。 犬がこのキシリトールを接種するとインスリンの過剰分泌によって低血糖に陥ってしまったり、肝機能の低下が引き起こされることが分かってるため、危険視されているのです。 犬がキシリトールを食べるとどんな症状がでる? キシリトールを食べた際に出る症状についてはまず、どのように引き起こされるのか説明をしなくてはなりません。 人と犬とではキシリトールを摂取した時の反応が違います。 人や動物は食べ物を食べるとそれらを消化吸収し、ブドウ糖として体内に取り込みますが、この時体内のブドウ糖、特に血中のブドウ糖濃度(血糖)が高くなり過ぎないように、体は「インスリン」というホルモンを出してその量を調節します。 人の場合、キシリトールはこのインスリンを放出させるほどではないため、糖尿病の患者用の甘味料として活用されていますが、犬の場合は人と違い、キシリトールはインスリンを放出させる力を強く持っています。そのため、放出されたインスリンは血糖値を低下させ、血糖値の低下はその程度にもよりますが、意識の低下や昏睡、酷ければ肝障害を起こす可能性を引き起こします。 犬にとってキシリトールが毒性を持つ理由はこの低血糖を引き起こすということなのです。 低血糖の主な症状として下記のような状態が見られます。 嘔吐 下痢 ふらつき(歩行困難) 発作 昏睡 など。 また、命を落とす危険がある理由の一つとして「急性肝不全」を起こすということもあります。 「急性肝不全」とは、肝臓に重度の障害が起こり、肝機能が停止してしまう病気です。 一般的に、肝臓の機能は20%以上稼働していれば問題ないといわれています。ですが、肝不全になると、肝機能の動きが20%以下になり、体の中に入ってしまった毒素を解毒する機能を始め、栄養素の貯蔵や代謝、血液の循環機能がすべて使えなくなります。 そのため、肝不全になるということは命の危険に直結するのです。 犬がキシリトールを食べてしまった!危険な量とは? 一般的に、10㎏の犬に対し1gの摂取でも危険とされています。 我々にとって身近にコンビニなどでも売っているキシリトール入りのガムには1粒約0.5gのキシリトールが配合されています。これを小柄な小型犬が接種した場合、たった1粒のガムを噛んだだけでも中毒症状を起こす可能性があるのです。 キシリトールが含まれるもの ◆キャンディ・ガム・ミント・タブレット 「シュガーフリー」と記載されたガムやミント、キャンディーやタブレットのほとんどにはキシリトールが含まれています。犬が誤って食べないような場所での保管をするようにしましょう。 ◆パッケージ菓子 パッケージされた菓子パンやケーキ、お菓子、アイスクリームやヨーグルトにもキシリトールが含まれているものはあります。安全を期するのであれば、中に何が入っているかわからない食べ物は愛犬に与えない方が良いでしょう。 ◆ジャム・シロップ・ピーナッツバター ジャムやシロップにもキシリトールが含まれている商品があります。食品では色素やビタミンCの安定化、練り製品の変質防止などを目的にキシリトールが使用され、はちみつやはちみつ漬けの梅干しにも使用されていることもあります。アメリカほど馴染みは無いかもしれませんが、ピーナッツバターにも含まれている場合があります。 ◆プロテインバーや健康食品 ダイエットに効果的だとうたわれるプロテインバーやダイエットフードなどの健康食品には、カロリーを抑えて甘みを不可するためにキシリトールが使用されていることが多いです。 ◆フレーバーウォーターやドリンクパウダー スーパーやコンビニなどにも置かれるようになったフレーバーウォーターも美容やダイエットなどにピッタリといううたい文句で掲げられるだけあってその甘みにキシリトールが使用されている場合があります。 ◆チョコレート チョコレートについては元々与えること自体オススメしづらいものだとご存知な方もいらっしゃるかと思いますが、チョコレートにも甘み成分としてキシリトールを使用している場合があります。危険な要素が二つも重なっているのであれば、与えた場合の危険度も膨らむと考え、与えるのは控えたいところです。 ◆人用デンタルケア商品 虫歯予防のガムにも含まれているので、もちろんですが歯磨き粉などにもキシリトールは含まれています。虫歯予防臨床実験のデータの中にも歯磨き粉の中にキシリトールを入れることで10~12%虫歯の発生が少なくなったというデータも残っているようです。 虫歯の原因にならず、虫歯の発生を防ぐ甘味料なので、当然のようにデンタルケア用品の多くに使用されています。「犬には犬用のデンタルケア商品を使いましょう」といわれる理由はここにあります。 ◆野菜・果物 キシリトールの甘味成分は、天然食品にも存在しています。 イエロープラム、いちご、カリフラワー、ラズベリー、ナスなどがそれに該当しますが、理論上の話で仮にいちごで犬がキシリトール中毒になるには、体重1㎏あたりいちご1パック食べる必要があります。 一般的な小型犬の体重が大体3㎏だとして、一度にいちごを3パックも食べるかというと、少し現実味がないといえます。食べ合わせの際に注意したいものとして気に留めておくとよいでしょう。 もし上記の食べ物を誤食誤飲をしてしまった場合は食べてしまった量を把握し、症状が出ていなくても速やかに動物病院に連絡をとりましょう。…

犬に玉ねぎを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬に玉ねぎを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬に玉ねぎをあげても大丈夫? 人間が食べる料理の中に玉ねぎが含まれる料理は多々あります。 愛犬と暮らしていると、「自分も食べたい」と言わんばかりの視線を感じてつい自分が食べているものをあげてしまったりした経験はありませんか? しかし、この行為は場合によっては愛犬の健康を害することになりかねないのです。 結論からいうと、犬に玉ねぎを与えることはオススメできません。 理由としては、人にとっては体に良い成分を含んだ玉ねぎですが、犬が接種すると最悪死を招きかねない成分を含んでいるからです。 では、どのような成分が犬の身に危険を招くのか調べていきましょう。 なぜ、犬に玉ねぎを与えてはいけないの? 犬に玉ねぎを与えてはいけないことは前述しましたが、具体的にはどのような成分が原因なのでしょうか。 それは玉ねぎに含まれる「有機チオ硫酸化合物」が原因とされています。 有機チオ硫酸化合物とは 有機チオ硫酸化合物とは、玉ねぎに含まれる成分の一つで、人間に対しては抗ガン作用や血栓症予防、免疫力向上などの効果が期待できるものですが、犬にとっては大変有毒となる物質です。 玉ねぎには少なくとも有機チオ硫酸化合が3種類は含まれており、これらは加熱をしても失われることのない成分です。 この有機チオ硫酸化合物が犬にとって有毒である理由は、犬にはこの物質を消化する酵素を体内に持ち合わせておらず、接種をしても対処ができないとうい点があげられます。この特徴は犬だけではなく、猫にも同じことがいえるため、注意が必要です。 ではこの「有機チオ硫酸化合物」を接種してしまった場合、どのような危険性や症状が出てくるのでしょうか、次でその内容についてご説明します。 犬が玉ねぎを食べるとどんな症状がでる? 犬が玉ねぎを食べ、「有機チオ硫酸化合物」を体内に入ると、酸化酵素を持ったこの成分が赤血球中のヘモグロビンを酸化させるだけでなく、赤血球内に「ハインツ小体」とう病変を作ってしまう原因となります。 ハインツ小体とは ハインツ小体を持った赤血球は血管の中で破裂しやすく、溶血を引き起こします。そして溶血が繰り返されると赤血球の数が減るため、最終的に「溶血性貧血」や「ハインツ小体性貧血」などを引き起こす要因となります。 つまり犬が玉ねぎを食べると、体内で分解できなかった成分によって赤血球が破壊されて重症の貧血になる危険性がある上に、ひどい時には命を落とす危険性もあるため、貧血といえど危険症状であることには変わらず侮れないのです。 また、破裂した赤血球のヘモグロビンがそのまま腎臓へ流れることもあります。すると尿に血が混ざるため、血尿を引き起こす原因となるのです。 その他にも玉ねぎを食べて貧血に陥った場合、犬は下記のような様子を見せることがあります。 元気がない ふらつく 食欲不振 呼吸や脈が速くなる 嘔吐 下痢 歯茎が白くなる(可視粘膜蒼白) 黄疸 痙攣または震え 血便 吐血 など。 上記症状が現れるタイミングは、犬によってすぐ出るケースと暫くしてから出るケースなど様々な固体差による違いが現れますが、玉ねぎによるこれらの中毒症状は時間が経つにつれてどんどん症状がひどくなり、場合によっては死に至るケースもあるのです。 犬が玉ねぎを食べてしまった!危険な量とは? 犬の個体差にもよりますが、一般的な犬の体重1㎏に対して20g以上が致死量ではないかといわれています。 何故致死量について曖昧なのかというと、玉ねぎを致死量だといわれている玉ねぎを1個まるまる食べて平気であった犬もいれば、一切れのネギや玉ねぎで玉ねぎ中毒になったケースも多々報告されているので明確にこの量が致死量であると摂取を禁止しづらいのです。 また、HK型イヌ赤血球という玉ねぎ中毒にかかりやすい犬種も存在しています。(柴犬が有名な犬種です) このような犬種が玉ねぎ中毒に陥った場合は、赤血球内のカリウムが血液中に流出することで起こる「高カリウム血症」になり、死亡の危険が高まるとの見解が1975年に北海道大学の家畜病院で報告されています。 ドッグフードが無かった時代、玉ねぎが入った味噌汁や肉じゃがの残り物をご飯にかけた「残飯」を食べていた犬を知っている人の中には、玉ねぎを食べても問題ないだろうという考えの人もいらっしゃいますが、それはたまたまその犬がその時だけ平気であった場合も考えられます。 急性の「玉ねぎ中毒」の症状を起こさなかったとしても、玉ねぎの慢性的な常食は、潜在的な貧血や肝機能低下を誘発することがわかっているため、可能な限り犬の食事の中に玉ねぎが混じらないように配慮をしておきたいところです。 犬が玉ねぎを食べてしまった時の対処方法! もし愛犬が玉ねぎを食べてしまった場合は、まず慌てずに状況の確認を行いましょう。 玉ねぎを食べて2時間までの間に症状が出るケースや数時間から数日経った後に症状が出るケースもあるため、明らかに玉ねぎを食べていることがわかっている場合は夜間に症状が出る可能性も考え、速やかに動物病院へ連絡するか獣医の診療を受けることをお勧めします。 また、自宅で行える方法を2つほど紹介していきます。 口の中に残っている場合は取り出す 犬が玉ねぎや玉ねぎを使用した食品を食べている現場を目撃したばかりの場合、まだ口の中にある食べ物は噛まれないように注意をしながら犬の口の中に手を入れて玉ねぎを取り出します。さらに、目撃した現場で玉ねぎをどえくらい食べたのか、致死量以上食べているのかきちんと確認をする必要があります。 オキシドールを使った応急処置 薬局などで手に入るオキシドールをを水で2倍に薄め、ティースプーン1~2杯分の口に入れて飲ませます。 これを吐くまで3回ほど続けます。 ただし、胃が弱ってる時、玉ねぎを食べてから1時間以上が経過しているときにこの方法はオススメできません。その場合は速やかに動物病院へ連れて行くようにしましょう。 ここまで玉ねぎを食べることによって引き起こされる症状や対策についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。 玉ねぎ中毒については沢山の報告があるため、情報の真偽を正しく判断することが非常に難しいといえます。 しかし、事前に防ごうとした場合、食べてもメリットが無い食べ物を無理に食べさせる必要があるとはいえないため、玉ねぎについても愛犬に食べさせたい食べ物ではないといえるでしょう。…

犬にチョコレートを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!犬のその他の病気

犬にチョコレートを与えるのはダメ?その理由と対処法紹介!

犬にチョコレートをあげても大丈夫? 犬は甘い食べ物を好む生き物とされています。 しかし、結論からいうと「犬にチョコレートを与えることはオススメできません」。 人間が食べられるからといって犬にも、とチョコレートを与える行為は場合によっては死を招く可能性があります。 その理由はチョコレートに含まれる成分によって犬がチョコレート中毒と呼ばれる中毒症状に陥るからといわれています。 では具体的に、犬にチョコレートを与える危険性の実態を知っていきましょう。 なぜ、犬にチョコレートを与えてはいけないの? 犬にチョコレートを与えてはいけない大まかな理由を前述しましたが、詳しくはチョコレートの主成分であるカカオに含まれる「テオブロミン」というアルカロイドの一種である成分が中枢神経や心臓へと作用し、犬はこのデオブロミンの代謝が著しく遅いため、時に重篤な中毒症状を引き起こしてしまうことから与えることは推奨できないとされています。 しかし、犬の感受性にも個体差があるため、一口舐めただけで症状が現れるてしまう犬もいれば、それ以上に接種しないと症状が現れない犬もいます。 ですが、基本的に症状の重さ軽さに関係なく、中毒症状に陥るという点で危険に変わりは無いので、チョコレートを与え過ぎることは絶対にしないようにしましょう。 犬がチョコレートを食べるとどんな症状がでる? 犬がチョコレートを食べた場合、どのような症状が出てしまうのでしょうか。 チョコを食べてから何らかの症状が出始めるまで1~4時間といわれており、下記のような症状が見られたらすぐにかかりつけの動物病院へ診療を受けるようにしましょう。 嘔吐(おうと) 下痢(げり) 喘ぎ(あえぎ) 失禁 動悸 神経過敏 興奮 頻脈 心臓のリズム障害 昏睡(こんすい) 痙攣(まひ) など。 デオブロミンは、犬の大脳興奮作用や呼吸の興奮作用を起こすといわれていますが、中でも一番強いとされる症状は心臓の鼓動が激しくなる心悸亢進作用(しんきこうしんさよう)です。 大量に摂取した場合、精神不安状態や、痙攣および最終的には昏睡状態になるなどの中枢神経興奮症状が見られます。また、パンティングや尿失禁が起こる可能性もあるほか、酷い場合は約6~24時間以内に死に至る可能性もあります。 数日間以上の慢性的な接触では、心不全になって死に至ることが多いです。 犬がチョコレートを食べてしまった!危険な量とは? 犬がチョコレートを食べてしまった場合、危険に陥る量とは具体的にどのくらいなのでしょう。 基本的には、犬の体重1㎏あたりにつき100㎎前後のテオブロミンを摂取すると毒性が発生するといわれています。 テオブロミンの含有量はチョコレートの種類によって異なりますが、例えばホワイトチョコレートにはテオブロミンがふくまれておらず、一方でミルクチョコレートや特にブラックチョコレートにはテオブロミンが多く含まれています。 最近では高カカオのチョコレートが数多く販売されてますが、これらは普通のチョコレートの2.5~4倍のテオブロミンが含まれているため、特に注意が必要となります。 チョコレートの種類別にテオブロミンの含まれる量を表にしたので、ご参照ください。 種類 / 分量 テオブロミン含有量 無糖ココアパウダー 大さじ1 142mg 製菓用無糖チョコレート 50g 650mg カカオ70~85%ダークチョコレート 50g 400mg カカオ60~69%ダークチョコレート 50g 316mg カカオ45~59%ダークチョコレート 50g 250mg セミスイートチョコレートチップ(製菓用) 245mg ミルクチョコレート…

犬の捻挫を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の捻挫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の捻挫の症状 犬の捻挫(ねんざ)とは、関節に力が加わって起こるケガの内、骨折や脱臼を除いた、レントゲンで異常がない関節のケガです。 捻挫は靭帯の損傷具合によっていくつか分類され、「コラーゲン繊維の数本が損傷した状態で、幹部の出血や腫れは最小限、関節の機能障害はほとんどない軽度のもの」、「損傷したコラーゲン繊維が多く、広範囲な血腫や関節が少しぐらぐらし、靭帯の機能はまだ残っている中度のもの」、「人体の部分または完全断裂と靭帯が付いている骨の剥離骨折(はくりこっせつ)を起こし、靭帯の機能は無く、関節のぐらつきや脱臼が認められる重度のもの」に分けられます。 症状は、捻挫が軽度なら接地して歩くか少し庇う程度で歩きますが、重度の捻挫の場合は足を上げっぱなしで歩くようになり、捻挫を起こした関節は腫れて、触ると痛がります。 犬の捻挫の原因 捻挫の一番の原因として挙げられるものは交通事故です。 次に運動時で、この場合は若くて活発に運動する犬や飼い主の足元で積極的に飛び跳ねるなどの行動が多い犬に多く起こる傾向にあります。 犬の捻挫の治療・予防 一番はかかりつけの動物病院に連れていくことが優先されますが、軽度の捻挫の場合、安静にすることで自然治癒することも多く、患部を冷やしたり痛み止めの服用などで症状を和らげることも有効とされています。 また、痛みが増さない程度の強さで患部を包帯やバンテージで巻いて圧迫・固定し、血流を抑えることで炎症の拡大を抑えたり、抱っこして患部を心臓よりも高い位置に挙げ、血流量を減らすことで痛みを抑えるなどの方法もあります。 重度の捻挫の場合だと、手術が必要になることが多いので、手術をするかサポーターなどで治療するかの判断を獣医師にしてもらう必要があります。 その為、整形外科症例の経験のある獣医師の受診をお勧めします。 手術を行う場合、断裂した靭帯の代わりに人工靭帯を設置したり、剥離骨折をした骨を固定する他、十字靭帯断裂(じゅうじじんたいだんれつ)の場合は、一般的には捻挫と言われず、人工靭帯などでの整復が困難とされるため、特殊な手術法で治療を行います。 捻挫の治療費は程度によって様々ですが、軽度のものであれば初診料を含めて大体5,000~6,000円程度、重度のものになると手術が必要になり、数十万円かかる場合があります。 予防策として、交通事故に気を付ける、無理な運動を控えることが必要です。 また、捻挫と似たような症状を見せる病気や合併症に「骨折」、「膝蓋骨脱臼」、「股関節形成不全」、「肘異形成」、「肩関節不安定症」、「椎間板ヘルニア」、「変性性腰仙椎狭窄症」などがあるので、症状が見られた場合は動物病院に受診するようにしましょう。

犬の肛門周囲腺炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の肛門周囲腺炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肛門周囲腺炎の症状 犬の肛門周囲腺炎(こうもんしゅういせんえん)とは、犬の肛門付近にある肛門周囲腺と呼ばれる小さな分泌腺に炎症が生じていることです。 主な症状として、犬がお尻部分を気にして舐める、床などに肛門部分を擦り付けるといった行動が多く見られるようになり、悪化するとお尻の周辺で炎症が起こって赤く腫れ、肛門周辺の臭いがきつくなるなどの症状が見られるようになります。 また、排便の際に痛みを伴うので泣きわめいたり、便そのものが出にくくなるなどの症例もあります。 犬の肛門周囲腺炎の原因 主に遺伝、肛門筋の発達不足、肛門部の不衛生などが原因ではないかと考えられており、遺伝の具体的な犬種例としてジャーマンシェパードでの発症例が多く確認されています。 シェパードは肛門のアポクリン腺が他の犬種に比べやや多く、直腸炎にかかりやすいことから遺伝の要素として関連性が高いようです。 また、原因の特定が難しいケースもいくつかあり、ストレス、便秘や下痢、肥満、高齢などの多くの要因が絡み合って発症する場合もあると考えられます。 犬の肛門周囲腺炎の治療・予防 治療法として、浣腸で排便を促す対症療法、繊維質を豊富に取り入れたフードを与えて腸の蠕動を助ける食事療法、細菌の繁殖を抑えるために抗生物質を投与する投薬治療、肛門の炎症が酷く、肛門周囲瘻や肛門嚢炎を発症してしまっている場合に炎症部ごと菌を切除する外科手術による治療などが挙げられます。 予防策としては、肛門部分の汚れがないかチェックし、ウェットティッシュで拭く習慣を作る、肛門腺の詰まりを防ぐ為に定期的に肛門腺絞りを行うなどがあります。 肛門周囲腺炎は早期発見・治療が必要になるので、症状が見られた場合はかかりつけの動物病院につれていき、適切な処置を受けるようにしましょう。

犬の肥満症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の肥満症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肥満症の症状 犬の肥満症(ひまんしょう)とは、体内に脂肪が溜まり、太りすぎた状態のことを言います。 歩き方がおかしくなったり、動きたがらなくなります。 また、心臓病や糖尿病、関節炎などを発症するリスクが高まります。 犬の肥満症の原因 犬の肥満症には、運動不足、多すぎる食事量、不妊手術によるホルモンバランスの変化、老化などさまざまな原因が存在します。 犬の肥満症の治療・予防 運動量を増やすことや食事量を減らすことが主な治療方法となります。 短期間で痩せさせようとするのではなく、様子を見ながら徐々に行いましょう。 適正体重には個体差があります。かかりつけの獣医さんに適正体重はどれほどなのか聞いてみるといいでしょう。

犬の横隔膜ヘルニアを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の横隔膜ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の横隔膜ヘルニアの症状 犬の横隔膜ヘルニア(おうかくまくへるにあ)の症状としては、食欲不振、嘔吐、腹痛、呼吸困難などがあります。 これらは横隔膜に穴や裂け目がないばしょに穴ができてしまい、そこから臓器が飛び出してしまうことによって引き起こされます。 犬の横隔膜ヘルニアの原因 犬の横隔膜ヘルニアの原因としては、先天性のものと後天性のものに分けられます。先天性のものに関しては、生まれつき横隔膜に奇形が生じており、子犬の頃から横隔膜ヘルニアを発症していますが無症状であることもあるようです。 後天性のものに関しては、交通事故、落下、衝突など胸部に衝撃が加わる外傷が原因となります。活発である1歳未満の幼犬に多くなります。 割合としては、先天性よりも後天性のほうが多いようです。 犬の横隔膜ヘルニアの治療・予防 治療方法としては、外科手術により横隔膜の修復を行う必要があります。先天性の場合は、症状がわかり次第なるべく早く治療をしたほうがよいです。 また、目立った症状を発症していない場合は経過を観察する措置をとることもあります。 なりやすい犬種(好発犬種) アメリカン・コッカー・スパニエル イングリッシュ・コッカー・スパニエル

犬の偽妊娠(想像妊娠)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の偽妊娠(想像妊娠)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の偽妊娠(想像妊娠)の症状 犬の偽妊娠(想像妊娠)(ぎにんしん(そうぞうにんしん))とは、妊娠していないのにもかかわらず、妊娠時と同じようなホルモン分泌が起こり、妊娠しているかのような症状が生じることを言います。 症状は個体によっても異なります。 軽度の場合、飼い主が気づかないことも多いです。 重度になると、布などを一箇所に集めて巣作りをしたり、ぬいぐるみに授乳したりしようとします。 また身体的には、乳房が膨らむ、母乳が出る、食欲不振、腹部が膨らむなどの症状が見られます。 犬の偽妊娠(想像妊娠)の原因 犬の偽妊娠(想像妊娠)は発情後4~6週に見られることが多く、これはプロラクチンと呼ばれるホルモンが高濃度で分泌されることで起こります。 犬の偽妊娠(想像妊娠)の治療・予防 治療としては、プロラクチンの分泌を抑制するための内服薬を投与します。 何度も偽妊娠を繰り返す雌犬で、出産を望まない場合には、卵巣・子宮摘出手術を勧められることもあります。

犬の乳腺炎について徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の乳腺炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の乳腺炎の症状 乳腺炎(にゅうせんえん)とは、乳汁を生成する乳腺と呼ばれる組織に、炎症が生じている病気のことです。 乳房が腫れる、しこりがある、授乳を嫌がる、食欲不振などの症状が見られます。 犬の乳腺炎の原因 子犬への授乳により乳腺が急速に発達し、乳汁の過剰分泌が起きることによって、乳腺炎を発症することがあります。 また、授乳の際に子犬から噛まれ、その噛み傷から細菌が入り込み、炎症が起きることでも乳腺炎は発症します。 妊娠や想像妊娠によって、乳腺が急速に発達することでも、乳腺炎を発症する場合があります。 犬の乳腺炎の治療・予防 症状が軽度の場合、犬の乳房を冷却し、炎症を抑えます。 抗炎症剤やホルモン剤の投与を行うこともあります。 症状が重度の場合には外科手術を行い、乳房の切除を行います。 また、子犬への授乳を行っている場合はいったん中止し、人口哺乳を行うようにしましょう。 細菌に感染するのを防ぐためにも、常に清潔な環境を整えておくことが重要です。

犬の臍ヘルニアを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の臍ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の臍ヘルニアの症状 臍(さい)ヘルニアとは、へその下の筋肉に穴があき、その穴から腸管が皮膚の下に出てくる病気です。 へそが膨らみ、「出べそ」のような状態になります。 また、嘔吐や腹痛、食欲不振などの症状が見られることもあります。 犬の臍ヘルニアの原因 臍ヘルニアはほとんどが先天的なものとなっています。 胎児のときに発育が遅れたことが原因だと言われています。 犬の臍ヘルニアの治療・予防 臍ヘルニアが小さい場合、生後半年の間に自然治癒することがあるため、生後半年までは経過観察を行うことがあります。 治癒しなかった場合は、外科手術が必要です。手術後に再発することはありません。 避妊手術等の開腹手術の際に、同時に臍ヘルニアの治療をすることもできます。 臍ヘルニアは先天性のものがほとんどのため、予防することはできません。症状が悪化する前に、動物病院を受診しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ペキニーズ アメリカン・コッカー・スパニエル シーズー キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 秋田犬

犬の鼠径ヘルニアを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の鼠径ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の鼠径ヘルニアの症状 鼠径(そけい)とは、太ももの付け根のことです。 鼠径ヘルニアは、鼠径部の隙間から腸管が飛び出てしまうことで発症します。 後ろ足の付け根部分が膨らむという症状が出ます。膨らみを触ると痛がる仕草をするときがあります。 犬の鼠径ヘルニアの原因 鼠径ヘルニアには、先天的なものと後天的なものがあります。 先天的なものの原因は遺伝だと言われていますが、はっきりとした原因は分かっていません。 後天的なものの原因には、外傷や肥満、事故、出産など内臓へ大きな圧力がかかったことが原因として挙げられます。 犬の鼠径ヘルニアの治療・予防 軽度の場合には、経過観察のみ行うこともあります。 重度の場合、外科手術が必要になります。 鼠径ヘルニアは予防が難しいため、早期発見することが重要になります。 後ろ足の付け根に膨らみがあれば、すぐに動物病院を受診しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・ダックスフンド ミニチュア・ピンシャー ポメラニアン チワワ

犬の熱中症(熱射病・日射病)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のその他の病気

犬の熱中症(熱射病・日射病)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の熱中症の症状 熱中症(ねっちゅうしょう)とは、高温の環境にいることなどが原因で、体温が上がったり体中の水分が減ったりして、犬の体に異変を起こす病気です。 初期症状では、早く浅い呼吸(パンディング)をするようになります。犬は体温調整を舌で行うため、体温が急激に上がる熱中症ではこのような症状が起きます。この段階で飼い主が気づいてあげることが大事です。 症状が進行すると、ぐったりして元気がなくなる、下痢や嘔吐などの症状が確認できるようになります。最悪の場合には臓器などにも影響を及ぼし、命に関わることもあります。 犬の熱中症の原因 熱中症は高温の環境に一定時間いることが原因で発症することが多いです。 例えば、締め切った部屋や車内などで留守番したり、気温や湿度が高いときに散歩するなどが挙げられます。仮に気温が低くても、コンクリート上の路上温度は高くなりがちのため、照り返しの熱によって熱中症にかかることもあります。アスファルトからの距離が近い犬には、特に深刻な問題です。 犬の熱中症の治療・予防 熱中症の症状が確認できたら、すぐに動物病院に連れていきましょう。到着するまでにできることとしては、涼しく風通しが良い環境を確保する、濡れたタオルをかけるなど体を冷ますようにしましょう。 動物病院の治療としては、酸素吸入や点滴などが行われます。 予防としては夏場はもちろんのこと、少し気温が高い春や秋でも熱中症には注意が必要です。外で遊ばせる場合には、日陰のある場所を選ぶ、暑い時間帯を避けるなどの配慮が必要になります。 またこまめに水分を取るように促すなど、体内の水分を十分に保つようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) パグ ボストン・テリア ブルドッグ シーズー ペキニーズ