CATEGORY 犬の呼吸器の病気

犬の呼吸器の病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬の呼吸器の病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬の肺気腫を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の肺気腫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肺気腫の症状 犬の肺気腫(はいきしゅ)とは、肺の中にある、酸素と二酸化炭素を交換する機能を果たしている「肺胞」が異常に膨らみ、肺胞が壊れてしまう病気です。 肺気腫になると、酸素を取り込むことと肺にたまった空気を排出することができなくなります。 呼吸が荒くなる、運動を嫌がる、疲れやすくなる、よだれが垂れる、呼吸困難などの症状が見られます。 最悪の場合、命を落とすこともあります。 犬の肺気腫の原因 犬が肺気腫になる原因として、気管支炎や気管の腫瘍により気管支が狭くなること、激しい咳や激しい呼吸により肺胞が損傷すること、タバコの受動喫煙などが挙げられます。 犬の肺気腫の治療・予防 一度壊れてしまった肺胞は、元に戻すことはできません。 そのため、これ以上悪化させないように保存療法がとられます。 激しい運動を控える、タバコや排ガスを吸い込まないようにするなど、肺に負担をかけないように気をつける必要があります。 また重症の場合には、入院をして酸素吸引を行う場合もあります。 放っておくと命に関わりますので、早期発見早期治療を心がけましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) 主に小型犬で発症の可能性があります。 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の咽頭炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の咽頭炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の咽頭炎の症状 犬の咽頭炎(いんとうえん)の症状としては、咳、唾液増加、呼吸困難、食欲不振などがあらわれます。軽度の場合は、空せきが出る程度ですが重度になるとゼーゼーと苦しそうな息をしたり吐くような様子を見せることもあります。 犬の咽頭炎の原因 犬の咽頭炎の原因としてはさまざまあり、毒物の吸入、誤飲による傷、鼻炎や口内炎などの周辺部位の炎症やウイルス感染によるものがほとんどです。 また、犬ジステンパーウイルスの感染によって起こることもあるようです。 犬の咽頭炎の治療・予防 治療方法としては、原因となっている疾患に対する投薬治療やネブライザーを用いた治療、および生活習慣の見直しをする必要があります。 予防方法としては、毒物や誤飲の対象となるものをを飼い犬のそばに置かないなど生活環境から予防する必要があります。 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の短頭種気道症候群を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の短頭種気道症候群を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の短頭種気道症候群の症状 犬の短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん)の症状としては、上部気道が閉塞した状態によって、ガーガーとガチョウのような特徴的な呼吸音や呼吸困難、発熱や興奮などが見られる。 重症化すると泡状の唾液を吐く、頻繁におならをする、食べ物を飲み込みにくそうにするなどがあります。また、体温が上がりやすいため熱中症になりやすいです。 犬の短頭種気道症候群の原因 犬の短頭種気道症候群の原因としては、外鼻孔の狭窄、扁桃腺の腫大、軟口蓋の過長、咽頭の虚脱などの呼吸器系の異常がいくつかが合わさることです。 また、症状が悪化する原因として、肥満、興奮、高温多湿があるため注意が必要です。 犬の短頭種気道症候群の治療・予防 治療方法としては、原因となっている部分に対する早期の処置が必要です。軽度の場合は、酸素吸入や冷却などの処置を施します。一方、重度の場合は、原因となっている部分の切除や外科的矯正が必要になります。 先天的なものが原因であるため予防方法は存在しません。飼い犬が上記の症状を発症した場合は、早期に治療の決断をすることが大切だといえます。 なりやすい犬種(好発犬種) ブルドッグ パグ シーズー キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル フレンチ・ブルドッグ ペキニーズ 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の軟口蓋過長症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の軟口蓋過長症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の軟口蓋過長症の症状 犬の軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう)は、口の中の上部からのびた柔らかい部分の軟口蓋と呼ばれる部分が通常よりも長く、垂れ下がっていることが原因で呼吸が妨げられてしまう呼吸器系の病気です。 症状としては、呼吸が苦しくなる、呼吸困難に陥る、いびき、吐き気、むかつきや誤嚥などが起こる場合もある。呼吸が乱れることから、夏は熱中症などを引き起こす場合もあるので注意が必要です。 重症である場合は、チアノーゼ、失神や呼吸困難などで命に関わることもあるようです。 犬の軟口蓋過長症の原因 原因としては、先天的なものと後天的なものと2種類あります。先天的な原因としては形態異常です。後天的には鼻腔の狭い短頭種などが呼吸をすると、その度に軟口蓋に力が加わって引っ張られることが原因になります。引っ張られた軟口蓋は徐々に伸びてしまうことがあります。 先天的な場合がほとんどで、パグ、ペキニーズ、ブルドッグなどの短頭種に多いです。 犬の軟口蓋過長症の治療・予防 治療方法としては、呼吸困難を伴う場合は、軟口蓋を短くする外科手術を行う。有効な予防法はないため、好発犬種に症状が現れた場合は、激しい運動を避け、動物病院に行きましょう。 また、重篤な呼吸困難を引き起こした場合には酸素吸入や消炎剤の投与などの内科療法を行う場合があります。 なりやすい犬種(好発犬種) パグ ペキニーズ ブルドッグ 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の喉頭麻痺を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の喉頭麻痺を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の喉頭麻痺の症状 犬の喉頭麻痺(こうとうまひ)は、声が変わり、呼吸がしにくくなります。麻痺によりうまくのどが開かないために、空気を吸い込むときに苦労をします。また、ヒューヒューというような異常な呼吸音も聞こえます。咳が出たり、体温が高くなって熱中症を引き起こすこともあります。 また、喘鳴と運動不耐性から始まり、気道が閉塞すると呼吸困難、チアノーゼ、虚脱といった症状が現れる場合もあります。 犬の喉頭麻痺の原因 先天性の場合と後天性の場合とがあります。披裂軟骨に付着している喉頭の神経や筋肉の機能不全や機能障害によって麻痺が起こります。 犬の咽頭麻痺の治療・予防 咽頭麻痺の治療方法としては、呼吸の通りをよくするための手術や投薬治療を行います。呼吸困難がある場合は、声帯やヒダ、咽頭部を切除したり、広げたりすることもあります。 治療は、症状が軽度であれば安静を保ち緊急気管切開や酸素吸入などの酸素療法を行い、咽頭の腫脹や炎症に対しては、ステロイド剤の投与を行います。重度な場合には、閉塞を解除するために部分的な咽頭切除を実施することもあります。 なりやすい犬種(好発犬種) シベリアンハスキー ラブラドール・レトリーバー 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の気管支狭窄を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の気管支狭窄を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の気管支狭窄の症状 犬の気管支狭窄(きかんしきょうさく)では、咳やいびき、呼吸が荒くなるといったような症状が現れます。重度の場合は、呼吸困難に陥りチアノーゼがでることもあるようです。チアノーゼとは、血液中の酸素が少なくなり、口の中や唇が紫色や黒色に変色する症状のことである。 犬の気管支狭窄の原因 気管支狭窄の原因は、異物の誤飲や気管外側の炎症、腫瘍などが原因で気管が圧迫され、狭くなってしまうことです。また、異物が気管支を通り、肺を傷つけることで障害を起こすことがあり、重篤になるケースもあります。 さらに、気管そのものに異常は無くても、気管の外側に炎症や腫瘍があると、それらの病変部が気管を圧迫し、気管が狭くなってしまうことがあります。 犬の気管支狭窄の治療・予防 治療方法としては、異物が詰まっている場合は異物を取り除く必要があります。内視鏡や麻酔を用いて取り除くことが多いようですが、それでも取り除けない場合は、外科的に切開をして取り除く必要があります。 また、気管周囲の炎症や腫瘍によって、物理的に気管が圧迫されて気管支狭窄が起こっている場合は、原因となる疾患の治療を行う必要があります。気管支拡張剤や抗生物質などを用いることが多いようです。 予防方法としては、誤飲誤食に気をつけることが元も重要です。飼い主の注意で十分に防げると思いますので、誤飲誤食の危険性のある場所には柵をつけるなどの対策をしましょう。また、飼い犬が老犬の場合は、食事には要注意です。 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の門脈体循環シャント(門脈シャント)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の門脈体循環シャント(門脈シャント)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の門脈体循環シャントの症状 犬の門脈体循環シャント(もんみゃくたいじゅんかんしゃんと)は、シャント血管のある犬が肝性脳炎を起こすことで、盲目、痙攣、よだれなどの症状が出ます。症状は食後に現れることが多いようです。 また、原因が先天性か後天性かによっても症状が異なるようです。先天性の場合は発育不良が、後天性の場合は食欲低下や体重減少、尿路結石や膀胱炎などが発症することがあるようです。 犬の門脈体循環シャントの原因 門脈体循環シャントの原因は、先天性であることが多く、大型犬でよく見られるようです。 また、後発性のシャントの多くは胃腸と肝臓とを結ぶ門脈の異常な血圧上昇が原因で発症します。慢性肝炎、胆管閉塞、肝線維症や肝硬変、門脈閉鎖、門脈弁の欠如などの重度な肝臓の病気を患っていると、後天的に発生することがあります。 犬の門脈体循環シャントの治療・予防 症状の内容や重さによって、内科的治療を行うか外科的治療を行うかが決まります。 内科的治療としては、主に食事療法や投薬により症状を安定、緩和させます。 外科的治療としては、シャント血管の封鎖手術を行います。しかし、封鎖するシャント血管の位置や状態、犬の健康状態によっては手術が難しい場合もあります。 また、ほとんどが先天性であり予防方法は存在しません。定期的に動物病院で検診を受けて、早期発見・早期治療をすることが大切です。 なりやすい犬種(好発犬種) ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の気胸を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の気胸を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の気胸の症状 気胸(ききょう)は、何らかの要因により肺などから空気が漏れ、胸に不要な空気が溜まってしまう病気です。そのため、肺が十分に機能せず、呼吸に障害が生じます。 呼吸が浅く早くなる、胸に触れられるのを嫌がる、などの症状がみられます。舌が青紫色になるチアノーゼの症状が表れることもあります。胸に存在する空気が多量になり、ショックを起こす緊張性気胸は、命の危険もある病気です。 犬の気胸の原因 気胸の原因の一つに、胸を強打するなどの外傷があります。その場合は、交通事故や犬同士のケンカなど、日常生活の中で起きる行動が原因となります。 気管支炎や肺炎など、呼吸器系の疾患が原因になることもあります。何度も激しく咳き込むことで、肺が傷ついていきます。 犬の気胸の治療・予防 症状が軽度の場合は、数日間安静にすることで回復に向かいます。 重度の場合は、チューブなどを用いて不要な空気を抜きます。また肺や気管に大きな損傷がある場合は、損傷部位を修復するために開胸手術を行うこともあります。 外傷性の気胸は、普段の生活環境に気を付けることで予防ができます。愛犬が胸を強打することがないよう、生活環境を整理することが重要です。 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の気管支炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の気管支炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の気管支炎の症状 気管支炎(きかんしえん)は、気管支に炎症が起きている状態の病気です。 乾いた咳をするようになったり、物を吐き出すような咳を持続的に行います。後者については、外見上は吐き気と見間違えることがあるため、注意が必要です。ただし、二次的感染による発症では、湿った咳が出ることもあります。 気管支炎は、急性気管支炎と慢性気管支炎に区別できます。症状が一定期間続いた場合には、慢性気管支炎と呼ばれます。 犬の気管支炎の原因 ウイルス感染が原因となる場合が多いです。免疫力が下がった犬の体にて感染を引き起こします。刺激の強い煙や花粉などを誤って飲み込んでしまい、発症する場合もあります。 犬の気管支炎の治療・予防 ウイルス感染が原因の場合は、抗ウイルス剤や抗生物質などを投与することで、根本の原因であるウイルスを除去するための治療を行います。同時に、咳を止めるの鎮咳剤や炎症を止める消炎剤を投与します。 また温度・湿度が安定した場所で、数日間安静に過ごすことで快方へ向かいます。 予防としては、普段の生活での飲み誤り、食べ誤りを防ぐために、犬の身近にあるものに注意しましょう。 また免疫力を維持するために、過度なストレスを与えないよう、ストレス軽減にも気を配るようにしましょう。 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の肺炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の肺炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肺炎の概要と症状 犬の肺炎とは、酸素と二酸化炭素の交換を行っている器官である「肺」に炎症が発生した状態を言います。呼吸器系の疾患の中で最も症状が重くなる可能性のある病気であるといわれています。 肺は、肋骨で囲まれた空間に位置していて、空気中から得た酸素を体内に取り込んだり、二酸化炭素を空気中に排出する役割を担っているとても重要な呼吸器官です。ここに炎症が発生すると正常なガス交換ができなくなり、呼吸困難に陥ります。 肺炎には急性と慢性があり、どちらも呼吸に障害を起こします。咽喉頭炎や気管支炎などが悪化し、呼吸困難になるときや発熱するときもあります。 症状としては、咳、吸引音の異常、運動不耐性、努力性呼吸または呼吸困難、膿性鼻汁、発熱、元気消失、食欲不振、吐き気などが認められます。呼吸に関して具体的には、ゼーゼーと苦しそうな呼吸をしたり、口を開けたまま呼吸をしたりします。呼吸が浅く、速くなることもあり、ひどい発熱や呼吸困難で倒れることもあります。 さらに、ケンネルコフやジステンパーから併発することも多いと言われてます。 犬の肺炎の原因 肺炎の原因はさまざまあります。原因によって細菌性(ボルデテラ、パスツレラなど)肺炎、ウイルス性(ジステンパーウイルス、アデノウイルス、パラインフルエンザウイルスなど)肺炎、真菌性(ヒストプラズマなど)肺炎、アレルギー性肺炎、および誤嚥性肺炎などに分けられています。 誤嚥とは、食べものや唾液や水、異物などが何らかの拍子で誤って食道ではなく気管支に入ってしまうことです。 犬の肺炎の治療・予防 治療としては、原因をつきとめ、それにあった投薬をしたり、二次性の細菌感染を考慮した抗生剤の投与を行ったりします。感染を抑えるためには抗生物質、炎症を抑えるためには消炎剤を内服させます。ときには、薬を吸い込ませる吸入療法も行います。 安静が基本で、なるべく動かさないことが大切です。また、必要に応じて栄養の供給、消炎剤、鎮咳剤などの投与、ネブライザー療法、酸素療法などを行います。 予防としては、ウイルス感染に対して定期的なワクチン接種を実施することがあげられます。ワクチンのないウイルスや細菌に対しては、感染が起こらないように、感染が起こらないように、日常から栄養管理などに注意して免疫力を高め、さらに生活環境を清浄にしておく必要があります。 また、給餌方法の管理や制吐剤の投与により、吸引性(誤嚥性)肺炎の危険性を軽減できる可能性があります。 なりやすい犬種(好発犬種) ドーベルマン ジャーマン・シェパード・ドッグ 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の気管虚脱を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の気管虚脱を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の気管虚脱の症状 気管虚脱(きかんきょだつ)とは、体内の気管が押しつぶされ変形することで、呼吸困難に陥る病気です。 気管は肺と喉を繋ぐ部位で、ホースのような役割を果たしています。気管虚脱を発症し、気管が締め付けられることで呼吸困難を引き起こします。初期症状としては軽い咳が出ますが、徐々に呼吸時にゼーゼーと息をしたり、ガチョウのようにガーガーという咳をするなど、特徴的な症状が表れます。 さらに症状が進行すると、呼吸困難も悪化し、よだれを垂れ流したり、舌が青紫色になるチアノーゼという症状が表れることもあります。悪化した状態が続くと、気管が潰れた状態から元に戻らなくなります。 また症状によって、グレード1からグレード4まで分けられます。グレード1は気管が約25%潰れている状態です。グレード2が約50%、グレード3が約75%、グレード4が約90%以上潰れている状態です。気管がつぶれて変形してしまうことで、空気の入れ替えがうまくいかなくなり、心臓や肝臓などの重要な臓器にも、悪影響を引き起こします。 犬の気管虚脱の原因 実は気管虚脱の明確な原因は明らかになっていません。ミニチュア犬種などは罹りやすく、遺伝的な要因があるのではないかといわれています。 後天的な理由としては、肥満や老化などが原因となります。気管の周りにある脂肪が、気管を圧迫してしまう肥満は避けたい原因です。また散歩時に付けてる首輪によって気管が締め付けられ、発症することもあるといわれています。 犬の気管虚脱の治療・予防 気管虚脱は根本の完治が難しい病気のため、治療は症状の緩和を目的として行われます。 症状が軽い場合は、投薬治療を行います。咳を緩和する薬や気管の拡張を促す薬などを投与することで、症状が改善していきます。ただし再発しやすい病気であり、一度潰れた気管は元には戻らないため、一度症状が治まっても引き続き注意することが重要です。 症状が重くなってくると、呼吸困難を引き起こしている場合には酸素吸入を行ったり、症状が悪化している場合は外科治療を行うこともあります。そうすることで、呼吸をしやすくします。詳細の治療方法については、動物病院へ行き、獣医師の先生と相談してください。 予防としては、肥満対策に取り組むことが効果的です。肥満になれば、気管を押しつぶすほどの脂肪が発生してしまいます。そうならないように、日頃から適度な運動や食事を心がけることが必要です。仮に気管虚脱を発症しても、体重制限によって症状が緩和されることもあります。体重などの健康管理は徹底するようにしましょう。 また散歩時や運動時に首に付けている首輪を引っ張ることで気管が圧迫される場合もあります。この状況を防ぐために、首輪の代わりにハーネスを用いるなども有効的です。 また梅雨や夏の蒸し暑い季節は、呼吸器系に負担がかかりやすくなります。家の空調を快適に設定するなど、愛犬が過ごしやすい生活環境を整えることにも意識を配りましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ヨークシャー・テリア ポメラニアン トイ・プードル チワワ 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)

犬の肺水腫を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の呼吸器の病気

犬の肺水腫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肺水腫の症状 肺水腫(はいすいしゅ)とは、肺に水が溜まり、呼吸困難になる病気です。肺では酸素と二酸化炭素の交換を行っている部分があります。本来は空気が入るべき場所に血液から染み出た水が溜まり、空気の交換ができなくなる機能不全に陥っている状況が肺水腫です。溜まった水分が原因で呼吸がしにくくなり、呼吸困難につながる危険性・緊急性の高い病気です。 肺水腫の症状としては、激しく湿った咳が出たり、安静にしていても「パンティング」と呼ばれるような激しい運動後にみられるような、ゼーゼーとした荒い息をすることが挙げられます。口を開けたまま、よだれを垂れ流すこともあります。呼吸が苦しくなるのを防ぐため、犬は横に寝転がる姿勢を嫌がり、がに股のような姿勢で座るようになります。 重症化すると、血が混じったピンク色の泡状の鼻水が出たり、舌が青紫色になるチアノーゼという症状が見られるようになります。チアノーゼの症状が確認できる場合は、すでに酸欠に陥っている可能性があります。 犬の肺水腫の原因 増帽弁閉鎖不全症(ぞうぼうべんへいさふぜんしょう)などの、心臓の何かしらの異常が原因となる場合が多いです。この場合は、「心原性肺水腫」と呼ばれます。心源性肺水腫は、心臓の働きが悪化することで、肺の中に血液成分が漏れ出します。そして溜まった水分が気管を圧迫し、呼吸困難を引き起こします。 心原性以外の肺水腫は、熱中症や肺炎などが原因で引き起こされます。これらは「非心原性肺水腫」と呼ばれます。犬はたくさんの汗をかきにくい体温調節が苦手な体質のため、熱中症になると普段よりもさらに熱を体に溜め込んでしまい、肺水腫を引き起こしやすくなります。真夏はもちろん、暑く閉め切った部屋でも熱中症によって肺水腫が引き起こされる可能性もあります。 このように肺水腫は、他の病気が原因となり、周辺症状として発症することが多い病気となります。 犬の肺水腫の治療・予防 治療としては、肺に溜まった水を除去するために、利尿剤を用いて尿として排泄させる内科療法があります。酸欠気味になっている場合は、酸素吸入も行います。また、肺水腫の原因となっている、他の基礎疾患への治療も同時に行います。場合によっては、血管拡張剤や、強心剤を服用します。 犬の肺水腫は命に関わることもある重大な病気です。そのため愛犬の呼吸に少しでも異常な兆候を感じたり、いつもより咳が多いと感じたら、様子を見ようとせずに早急に動物病院で診断してもらうようにしましょう。 肺水腫は他の病気が原因となるため、直接的な予防方法はありません。そのため普段からコミュニケーションを欠かさず、原因となる病気の早期発見・早期治療を徹底することが重要となります。 暑さに弱い犬が多いので、部屋の温度管理に注意することで、熱中症が起因となる肺水腫を予防することは可能です。 なりやすい犬種(好発犬種) ヨークシャー・テリア ミニチュア・ダックスフンド トイ・プードル チワワ 犬の呼吸器の病気一覧 肺炎(はいえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 肺水腫(はいすいしゅ) 気管支炎(きかんしえん) 気胸(ききょう) 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 気管支狭窄(きかんしきょうさく) 喉頭麻痺(こうとうまひ) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 咽頭炎(いんとうえん) 肺気腫(はいきしゅ)