アメリカンカールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アメリカンカールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アメリカンカールに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。

アメリカンカールがなりやすい病気・ケガ

アメリカンカールがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

  • 毛球症(もうきゅうしょう)
  • 軟骨形成不全(なんこつけいせいふぜん)
  • コロナウイルス(ころなういるす)
  • 外耳炎(がいじえん)

アメリカンカールの特徴

アメリカンカールの歴史

アメリカンカールは猫の純血種の中でも新しく、繁殖の基礎となった猫が発見されたのは1981年6月のことした。

カリフォルニア州レイクウッドに住んでいたジョン・ルーガ/グレース・ルーガ夫妻が、自宅玄関で見つけた黒く美しい長毛の若猫は、外側に反り返った形の耳を持ち、人懐っこく愛らしい様子からルーガ夫妻のもとに迎えられ、「シュラミス(黒い美人)」という名前を与えられました。

その半年後の1981年12月にシュラミスは子猫を出産し、その4頭の子猫のうち、2頭はシュラミスと同じ形の耳を持っていたのです。

シュラミスの耳の形は当初、一部の猫愛好家や遺伝学者などの議論に留まっていましたが、この出産により、耳の形が遺伝することが判明しました。

1983年には、猫愛好家や繁殖家によって品種として作成される計画が立てられ、繁殖が始まりました。

なお、シュラミスから生まれた子猫のうち「メルセデス」と名付けられた一匹を譲り受けたオレゴン州のナンシー・キースターは、この「メルセデス」から、短毛種である「アメリカンカール・ショートヘア」を作出しています。

猫の遺伝を研究していたイギリスの学者ロイ・ロビンソンは、アメリカンカールの繁殖者と協力して、81頭の母猫から生まれた合計383頭の子猫を調査分析した結果、耳の形の遺伝子は突然変異で起きた独特のものであり、奇形ではないこと、慢性遺伝子であることを確認しました。さらにロビンソンは、1989年の発表で、この耳の形は遺伝疾患を伴わないとしました。

耳の形が前に垂れているスコティッシュフォールドは体の弱い個体が多いことで知られていますが、アメリカンカールの場合は、健康な猫の突然変異が固定化したものと考えられており、シュラミスの親猫がそうであったように、もとが土着の猫だったアメリカンカールは多様な遺伝子を持つため、純血猫としては大変頑健であるとされています。

アメリカンカールは繁殖が始まってから30年程度しか経っていないことから、遺伝子の多様性をはかり健全な品種とするために、2014年現在は雑種猫との交配を認めている団体があります。また、アメリカンカールの正しい血統書がついていても、耳が巻かないタイプの個体もいます。

心身共に健康な猫種を育成するためにこれらはどうしても必要な存在であり、長い時間をかけてアメリカンカールという猫種を作り上げていく経過でもあります。

アメリカンカールを求めるときは、このような状況も踏まえて、しっかりと検討しましょう。

アメリカンカールの大きさ・見た目

アメリカンカールは筋肉質で小型のスリムなセミ・フォーリンです。

脚は中くらいの長さで、尾は長く、くさび型の頭部にクルミのような形の目、特徴的な耳は後方外側に巻いています。

被毛には長毛と短毛があり、長毛タイプはシルキーなシングルコートまたは非常に少なく短いアンダーコートが生えており、短毛タイプはダブルコートが多いようです。基礎となった猫は長毛タイプでしたが、現在は短毛タイプも存在しています。両親が短毛タイプでも長毛タイプが生まれることがあるようです。

アメリカンカール独特の耳の形をする子猫の出現は50%なので、耳が巻いていない個体もいます。

生まれたときにはどの子猫もまっすぐな耳をしていますが、およそ1週間程度で後方に巻き始めます。さらに3~4ヵ月程度でしっかりと後方外巻きに巻かれ、成猫になるに従ってきっちい巻かれた耳が緩いカーブに変わっていくことも多いようです。

巻き具合には個体差があり、少し後ろに沿っている程度のものから、180度以上巻いているものもいます。

毛色は長毛と短毛どちらにもあらゆる色が存在し、認められています。

体重2.5~4.5㎏、平均寿命は13歳~16歳ほどです。

アメリカンカールの性格

アメリカンカールは好奇心が強く、大変活発で明るい性格をしています。

人懐っこく、人見知りも少ない、退屈しのぎなのか唐突に人にちょっかいを出すなどの一面も見られます。

犬や他のペット、子どもとも仲良くでき、親しんでいこうとするため、比較的飼いやすいでしょう。

また、家族に対する愛情が深く、時に飼い主に付きまとうほどで、犬のような愛情表現をするともいわれています。

甘えん坊でいつまでも子猫でいるような面もあり、「猫のピーターパン」という愛称で親しまれています。

アメリカンカールを飼うときの注意点

耳を触りすぎないこと

先述しましたが、アメリカンカールは生まれて間もないころには耳が巻いていません。

生後間もないころは耳の扱いに注意が必要となります。興味本位で触りすぎてしまうと、耳の内側にある軟骨を傷つけてしまう恐れがあるからです。カールが完成するまで必要以上に触れることは避けましょう。

外耳炎に注意

特徴的なカールした耳ですが、ほかの猫種よりも固いため、外耳炎になりやすいといわれています。早期発見をして、治療薬を塗れば治りは早いですが、いつまでも放置してしまうと中耳炎や内耳炎といった病気になってしまう可能性が高いので注意が必要となります。

手入れはこまめに

短毛種と長毛種がいるため、毛種に合わせたブラッシングをしてあげましょう。

短毛種の場合は1日に1回程度のブラッシングで大丈夫ですが、長毛種の場合は毛量の多さゆえ、1日に2回ほどブラッシングすることが必要となります。

運動できる環境を整える

遊ぶことが大好きで、沢山走り回れることも考えて、十分な広さの部屋で飼うことがベストです。

キャットタワーやおもちゃなどを用意し、遊んであげたりすることでストレス解消にもなるため、準備してあげるとよいでしょう。

餌は高タンパクがオススメ

アメリカンカールは他の猫よりも運動量が多いため、キャットフードは高タンパク・高カロリーのものが望ましいとされます。

しかし、餌の与えすぎは肥満に繋がりますので、適量を与えるようにし、体重の管理にも気を配りましょう。

しつけもしっかりと

アメリカンカールは穏やかで人懐っこい性格ですが賢く、しつけもしやすい猫といわれています。

しかし、甘えん坊なためによくいたずらをして家族の気を引こうとする面もあるため、子猫のうちからきちんといたずらへのしつけをしておく必要があります。

いたずらをしてしまったその時に「だめ」だと注意をし、優しくルールを教えてあげましょう。

アメリカンカールにおすすめのペット保険

今後ペット保険ラボでは、アメリカンカールにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。

人気の猫種はこちら

その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。