CATEGORY 犬のアレルギーの病気

犬のアレルギーの病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬のアレルギーの病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬の接触性アレルギーを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のアレルギーの病気

犬の接触性アレルギーを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の接触性アレルギーの症状 犬の接触性アレルギー(せっしょくせいあれるぎー)とは、特定のものえお摂食することによってアレルギー反応が引き起こされた状態のことです。 症状はアレルゲンに接触した部分で痒みや発疹、脱毛、ひどい痒みのために接触部分を引っ掻く、頻繁に舐めるなどの行動も見られます。 犬の接触性アレルギーの原因 原因となる物質は犬が持つ免疫系が何に反応するかによって変わってきます。 具体的には「植物」「土」「ウッドチップ」「繊維片」「絨毯」「プラスチック」「ゴム」「革製品」「金属」「コンクリート」「シャンプー」「石鹸」「洗剤」「脱臭剤」「除草剤」「駆虫剤」「ノミとり首輪」「薬物」などが考えられ、既にアトピー性皮膚炎を発症している犬では接触性アレルギーを発症しやすいといわれています。 また、近年はアレルギーと中毒の真ん中の症状を引き起こす揮発性有機化合物(VOC)なども侮れず、常温で蒸発して気体となるVOCは主に呼吸器から体内に侵入しますが、皮膚と接触する機会もあるため、注意が必要です。 犬の接触性アレルギーの治療・予防 いくつかありますが、主に「アレルゲンの除去」「投薬(炎症を軽減するステロイドや抗ヒスタミン薬など)」「シャンプー(皮膚や被毛についたアレルゲンを物理的に洗い流す)」「生活環境の改善(ダニやホコリ、花粉やVOCの除去など)」などが挙げられます。 犬の接触性アレルギーの治療は難しく、改善が困難な病気です。 即効性のある治療薬あるわけではないので、根気よく犬と向き合い、異変に気付いたら早急に獣医師に相談するなどして、一つでも多くの改善策を考えながら付き合っていきましょう。 犬のアレルギーの病気一覧 食物性アレルギー(しょくもつせいあれるぎー) 接触性アレルギー(せっしょくせいあれるぎー)

犬の食物性アレルギーを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬のアレルギーの病気

犬の食物性アレルギーを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の食物性アレルギーの症状 犬の食物性アレルギー(しょくもつせいあれるぎー)とは、犬がある食品の接種をすることによって起こる、その食品に含まれる成分に対する異常な免疫反応のことです。 アレルギーの症状として代表的な疾患は皮膚の疾患で、初期症状は痒みや発疹、脱毛などがみられ、フケが出たり下痢や嘔吐、顔や耳の内側、目の周りや口回り、またの内側などの赤み、身体をしきりに舐めたり噛んだりするなどがあります。 犬の食物性アレルギーの原因 一般的な犬の食物アレルゲンは、ドッグフードに使用されることの多い「牛肉」「乳製品」「小麦」「子羊肉」「鶏肉」「鶏卵」「大豆」「トウモロコシ」「香辛料」「添加物」などが挙げられます。 犬の健康に欠かせないタンパク質を過剰摂取したり、長期間同じものを食べ続けることにより、アレルギー反応のある犬はアレルギーを起こしてしまいます。 犬の食物性アレルギーの治療・予防 アレルギー反応を起こす原因の食べ物を与えないように対策することが大切になります。 原因で挙げた食品などでアレルゲンを突き止めたら、犬にあったアレルゲンの含まれていない食事を与えることで症状も改善されていきます。 また、すでに食物アレルギーになっている犬の食事法として、「病院でアレルゲン除去フードを購入する」「アレルゲン食材の栄養素を別食品で補う」「プレミアムドッグフードを与える」などが挙げられます。 よくドッグフードの原材料を確認し、なるべく添加物を含まないものを選びつつ、アレルギー反応を起こしにくい「魚」「米」「豚肉」「ジャガイモ」などの食材を原材料にしたドッグフードを選ぶようしながら栄養バランスの良い食事をさせてあげるようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・ダックスフンド ラブラドール・レトリーバー ゴールデン・レトリーバー ミニチュア・シュナウザー ボクサー 犬のアレルギーの病気一覧 食物性アレルギー(しょくもつせいあれるぎー) 接触性アレルギー(せっしょくせいあれるぎー)