大型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~

大型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~

大型犬を飼っていて保険に加入しようといざ調べてみても、どこも「保険料は高い」と出てきて加入を迷っている飼い主さんはいらっしゃいませんか?

また、保険に加入したくて様々な保険会社の規約を見てみたら「サイズ」によって掛金の違いがあるうえ、各社バラバラでうちの子はどこに属するんだろう?などの疑問を抱いたりしたこともあるかと思います。

ここでは、一般的に「大型犬」と呼ばれる犬種について紹介していきます!

大型犬とは

犬のサイズは、大型犬・中型犬・小型犬と大きく分けて3種類に分類することが出来ます。

大型犬とは、成犬体重25㎏以上の大きな体に力強さと優しさを兼ね備え、多少のことでは動じないおとなしい性格のものも多い犬種です。※大型犬の中でも特に成犬体重40㎏以上ある犬種は超大型犬と呼ばれています。

その中でも、一般的に家庭で飼われている頭数の多く、保険会社でも多く取り扱われている大型犬をご紹介します。

(※リンク先は犬種の紹介ページに飛びます)

大型犬が入れるペット保険

基本的には「大型犬専用」といった保険は無く、どの保険会社のプランでも加入対象として取り扱われています。

また、どこも共通して大型犬・中型犬・大型犬の三種のサイズ区分がされており、そのサイズ区分やペットの年齢によって保険料の支払い額が変わってくるのも特徴の一つです。

大型犬で保険に入った場合の他犬種との違い

プラン自体に大きな違いがあるわけではないですが、比較的大型犬の方が小型犬や中型犬に比べて掛金が高くなっているという点があります。

一般的に大型犬の方が治療に際して小型犬や中型犬に比べ、薬品などの使用量が多くなりがちであることと、寿命が短い傾向であるために月々の保険料が高くなってしまうようです。

具体的にどの程度高くなっているかは保険会社の料金表などで確認をすることができるので、事前に確認をすることをおすすめします。

また、自分の飼っている愛犬の犬種については保険加入時に記入が必要となる上、保険会社によってサイズ区分が変わってくる犬種もいるので、きちんと犬種と加入したい保険会社のサイズ区分を確認しておくと良いでしょう。

※ミックス(雑種)の場合は成犬時の体重によることがあります。

大型犬におすすめしたい特約

小型犬や中型犬に比べ、比較的屋外での運動を必要とするケースが多い大型犬には可能であれば「ペット賠償責任特約」が付帯している保険に入ることをおすすめします。

特約は保険に付ける(付く)オプションのようなもので、「ペット賠償責任特約」はペットが他人にケガをさせたり何かを壊してしまったりした時に備えるための特約で、治療費や修繕費など経済的に責任を取る際、保険が適用され一定の範囲内で保険会社から保険金が支払われるというものです。

絶対に必要という訳ではありませんが、保険はもしもの時に備えるものでもあるので、不安要素を補うという点ではおすすめしたい特約です。しかし、どこの保険会社にも必ずある訳ではないので、加入前にきちんと調べておく必要があります。

大型犬が気を付けたい病気・ケガ

保険に入る際、一つ頭に入れておたいことは愛犬がかかる可能性がある病気やケガについてです。

理由は、一般的に病気やケガを補償してくれる保険といえど全ての病気やケガに対応しているわけではないという点があります。

例えば、加入を考える際に「自分が飼っている犬の犬種がかかりやすい病気やケガ」、「大型犬が一般的にかかりやすいといわれている病気やケガ」を知っていれば、あらかじめ保険の補償内容の中でその病気が補償の範疇にあるかどうかを調べるなどの判断材料を増やすことに繋げられる利点があります。
下記で大型犬がかかりやすい病気やケガについて紹介していきますので、是非保険選びの材料としてご活用してください。

注意したい病気

(※リンク先は各病気・ケガの紹介ページに飛びます)

まとめ

ここまで大型犬についての紹介をしてきましたが、一通りおさらいをしていきましょう。

大型犬とは

大型犬とは、成犬体重25㎏以上の大きな体に力強さと優しさを兼ね備え、多少のことでは動じないおとなしい性格の犬種が多いです。
代表的な犬種はラブラドール・レトリバー、ゴールデン・レトリバーなどが挙げられます。

大型犬が入れる保険

基本的にどの保険会社のプランにも加入可能対象とされているので加入は可能です。

  • 大型犬でプランに入った場合、他犬種よりも多少月々の掛金が高くなる傾向があります。
  • 「ペット賠償責任特約」というペットによって他人にケガを負わせたり物を壊してしまった際に払う金額の一定の範囲内で保険会社から保険金が支払われる制度もありますが、どこの保険にもある訳ではありません。

大型犬が気を付けたい病気・ケガ

  • 注意したい病気は、股関節形成不全、拡張型心筋症、胃拡張・胃捻転などで一般的な大型犬に多い病気になります。
  • 紹介した病気の中にも、保険会社によっては補償対象外の可能性があります。

以上が紹介してきた内容になります。

大型犬の飼い主さんが保険選ぶ際の手助けになれば幸いですが、保険選びの基準としてかかりやすい病気やケガの他にも、誰かや何やかに危害を加えてしまった際の心配についてのサポートについても同時に考えたい部分になってくるため、保険選びに少し時間がかかってしまうかもしれません。

しかし、どの保険会社でも補償の内容や特約などの情報は最低限紹介されている場合が多いので、それを見て判断をしつつ、もう少し詳しく知りたいと思ったのなら直接電話をして確認をしたり、資料請求をしてみるのも良いでしょう。

是非、自分や愛犬にとって最適だと思える保険を見つけてみてください!