ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ブリティッシュショートヘアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。

ブリティッシュショートヘアがなりやすい病気・ケガ

ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

  • 肥満(ひまん)
  • 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん)
  • 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう)
  • 新生子溶血(しんせいしとけつ)
  • 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん)
  • レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう)

ブリティッシュショートヘアの特徴

ブリティッシュショートヘアの歴史

ブリティッシュショートヘアはイギリス原産の猫で、イギリスでは最も古い猫種のひとつされています。

それはローマ帝国のイギリス襲撃の際に連れていた猫と推測され、エジプト由来の短毛猫と考えられています。

イギリスに入ってから1世紀近くの間を、ほとんど変わらない外見のまま繁殖していたようですが、19世紀の中頃、ネズミ捕りにおいて優秀な固体を選択して繁殖させていたことから、改良が始まりました。

この当時から、ペルシャなど長毛の猫との異種交配も行われて長毛タイプも生まれており、第一次世界大戦前は長毛タイプの方が人気があったようです。その後、短毛タイプはブリティッシュショートヘアの品種改良に、長毛タイプはペルシャの改良にと分けて交配に使われるようになりました。

しかし、原産国イギリスの猫血統登録団体であるBCFFは、ペルシャとの交雑に反対していました。そのため、第一次世界大戦後はペルシャとの交配種は第3世代(孫)以降のみブリティッシュショートヘアとみとめられることとなったため、個体数が激減することとなります。

第二次世界大戦の頃には、食糧不足から各家庭でも猫の飼育が難しくなり、品種存続の危機とされるほど少なくなってしまいましたが、その結果、繁殖家のあいだでも、ロシアンブルー、土着の短毛猫、ペルシャなどと交配相手が混乱することとなりました。

戦後になると人気が上がり、1979年にはキャットショー参加資格を得ることになりましたが、ショートヘアと名付けられながら時々生まれるロングヘアのため、品種の確率には手間取ったようです。

また、長毛タイプはブリティッシュロングヘアー、またはブリタニカと呼ばれ一定の人気を得て、2009年から別の品種としてキャットショーに参加しています。

ブリティッシュショートヘアは1620年代、アメリカへの移民の際にメイフラワー号に乗っていた猫とされ、アメリカンショートヘアの基礎となったと考えられています。容姿はよく似ていますが、フレンドリーなアメリカンショートヘアに対してブリティッシュショートヘアはやや気難しい面があることから、この気質と、威厳のある立ち振る舞いにより、イギリスでは時に「猫界のウィンストン・チャーチル」と呼ばれることがあるほどです。

また、ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫は、ブリティッシュショートヘアがモデルとされています。

ブリティッシュショートヘアの大きさ・見た目

ブリティッシュショートヘアは胸が厚く、脚ががっしりしていてやや短めで中ぐらいの長さの尾を持つ中型からやや大型のセミコビーです。

頭は丸く、頬も目も丸く、鼻は短めで密生した短い被毛が特徴です。

毛色は独特の灰色の「ブリティッシュブルー」が有名ですが、異種交配の過程でいろいろな毛色を取り込んだため、あらゆる色が発現します。

体重は3~6㎏、平均寿命は14歳~17歳ほどです。

ブリティッシュショートヘアの性格

ブリティッシュショートヘアは子猫から若猫の頃まで甘えん坊のようですが、基本的には自立心が高く、抱っこされたり撫でられたりすることを好まない性格です。

また、猫らしいプライドの高さと威厳があり、賢さもあります。

非常に落ち着いた性格の猫なので、人の膝の上よりもソファなどの上で過ごすことを好み、留守番なども1頭でこなすことができます。

ブリティッシュショートヘアを飼うときの注意点

運動スペースを確保する

ブリティッシュショートヘアは見た目はずんぐりとして丸みを帯びた姿をしていますが、筋肉質でがっしりしています。のんびり屋で穏やかな面もあるため、あまり活発に運動しないと思われがちですが、見かけによらず身体能力がある運動好きな猫です。

動き回れるほどの広いスペースがあると良いですが、どうしてもスペースがない場合はキャットタワーを用意して1人でも遊べる空間を設けるようにしましょう。また、おもちゃなども用意してあげることで、運動不足のストレスがたまらないように配慮してあげましょう。

肥満に注意

意外と筋肉質な猫なので、食事にも注意が必要になります。高タンパク質、高カロリーの食事が筋肉質な身体を作ってくれていますが、ただ食事を与えるだけでは餌の栄養を接種するだけなので肥満になってしまいます。食事の量はしっかりと守り、太らせないように気を付けましょう。

静かな場所で過ごさせる

ブリティッシュショートヘアは穏やかな性格ですが、騒々しい場所が苦手です。大通りや電車の線路が近い場所など、騒音が激しい環境での飼育はストレスに繋がるので注意が必要です。

できる限り、静かで安心していられるような環境での飼育が望ましいです。

メリハリのあるしつけ

ブリティッシュショートヘアは賢いのでしつけやすいとも言われています。褒められることが好きなので、上手に遊べた時などは沢山褒めてあげましょう。

遊ぶことの楽しさを知ることで、成猫になった時に運動量が減ったとしても、遊びながら運動不足を解消することができるようになります。また、運動で肥満を予防することも重要なので、楽しさを身につけさせれば肥満や病気予防に役立てることも可能です。

他の猫に比べ、飼い主の言うことを理解して聞くので、叱ったり褒めたり、メリハリのついたしつけを行いましょう。

叱るときはしっかりと叱ることで二度としなくなります。また、褒めるときは、ブリティッシュショートヘアは抱っこされることが苦手なので、頭や体を優しくなでてあげましょう。トイレのしつけの失敗が少なく、すぐに覚えてくれるので、賢く飼いやすい猫といえます。

ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険

今後ペット保険ラボでは、ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。

人気の猫種はこちら

その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。