小型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~

小型犬も保険に入るべき?~ペット保険選びのすすめ~

ペットを飼っていると色々な場面で保険という言葉を耳にすることがあると思います。

大切な家族である愛犬のために、今後起こるかもしれないケガや病気へのリスクを踏まえるとペット保険への加入を考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いざ保険に入ってみようと思い、加入条件を調べてみると「大きさ」での分類に戸惑ったことはございませんか?

ここではその大きさの中でも「小型犬」についてフォーカスを当ててご紹介していきたいと思います。

小型犬とは

犬のサイズは、大型犬・中型犬・小型犬と大まかに分けて3種類に分けることが出来ます。

小型犬とは、成犬体重10㎏未満の小さな体で可愛らしく、マンションなどでも飼いやすいことから人気のある犬種です。※小型犬の中でも特に小柄な犬種は超小型犬と呼ばれています。

その中でも、一般的に家庭で飼われている頭数の多さや、保険会社でも多く取り扱われている小型犬の種類をいくつかご紹介します。

(※リンク先は犬種の紹介ページに飛びます)

小型犬が入れるペット保険

基本的には小型犬専用といった保険は無く、どの保険会社のプランでも加入対象として取り扱われています。

また、どこも共通して大型犬・中型犬・小型犬の三種のサイズ区分がされており、そのサイズ区分やペットの年齢によって掛金の支払い額が変わってくるのも特徴の一つです。

小型犬でプランに入った場合の他犬種との違い

小型犬として保険のプランに加入した場合、月々支払う保険料の金額が大型犬や中型犬とは異なり、具体的な金額は各社の設定されている金額によって変動するため、加入前に確認をする必要があります。

自分の飼っている愛犬の犬種については保険加入時に記入が必要となる上、保険会社によってサイズ区分が変わってくる犬種もいるので、きちんと犬種と加入したい保険会社のサイズ区分を確認しておくと良いでしょう。

※ミックス(雑種)の場合は成犬時の体重によることがあります。

小型犬が気を付けたい病気・ケガ

保険に入る際の大事な判断材料になるのが愛犬がかかるかもしれない病気やケガについてです。

というのも、保険といえど全ての病気やケガに対応しているわけではないという点があります。

例えば、加入する際に「自分が飼っている犬の犬種がかかりやすい病気やケガ」や「一般的な小型犬がかかりやすい病気やケガ」などを知っていれば、それらが補償される保険を選んで加入することができるため、ふわっと「加入しておいた方がいいのかな」という曖昧な状態で保険選びをしなくて済むという利点があります。

下記で小型犬がかかりやすい病気やケガについて紹介していきますので、是非保険選びの材料としてご活用してください。

注意したい病気

注意したいケガ

(※リンク先は各病気・ケガの紹介ページに飛びます)

まとめ

ここまで小型犬についての紹介をしてきましたが、一通りおさらいをしていきましょう。

小型犬とは

成犬体重10㎏未満の小さな体の犬種を指し、代表的な犬種はチワワ、トイ・プードル、ミニチュア・ダックスフンドなどが挙げられます。

小型犬が入れる保険

基本的にどの保険会社のプランにも加入対象とされているので加入は可能です。

  • 小型犬でプランに入った場合の他犬種との違いは月々支払う保険料が他犬種と異なります。

小型犬が気を付けたい病気・ケガ

  • 注意したい一般的な小型犬の代表的な病気は胃腸炎やケンネルコフ、アレルギー性皮膚炎などの皮膚疾患です。
  • 注意したいケガについては骨折が一番多く、散歩時や室内でも気を付けたいケガです。
    紹介した病気の中にも、保険会社によっては補償対象外の可能性があります。

以上が紹介してきた内容になります。

小型犬を飼っていてこれから保険に加入しようと考えている方の保険選びの手助けになれば幸いですが、かかりやすい病気やケガなどを基準で探す場合は記述した通り会社によっては補償の対象でない可能性があるので十分注意をして選ぶようにしましょう。

早めの加入が後々の病気やケガによる費用をカバーし、生活のサポートをしてくれるので、自分が一番良いと思える保険を見つけられるよう、様々な保険会社のプランなどを参考にしつつ、資料請求をしてみることもおすすめします。