CATEGORY 犬の骨・関節の病気

犬の骨・関節の病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬の骨・関節の病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬の筋ジストロフィーを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の筋ジストロフィーを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の筋ジストロフィーの症状 犬の筋ジストロフィー(きんじすとろふぃー)とは、細胞骨格を形成するタンパク質が不足しているか全く欠落している為、筋肉が正常に働かない状態をいいます。 主な主症状としては直接的症状と間接的症状の二種類が存在し、食事困難やそれに伴うよだれの量の増加、成長スピードの低下、運動量の低下や歩き方の異常などがみられるものが直接的症状、筋ジストロフィーに誘発される二次的障害に関節が固くなって稼働しなくなっていく拘縮や変形、骨粗しょう症、呼吸不全、栄養障害、心筋に影響が及ぶことで心不全や腸の筋肉に影響が及ぶことで胃腸の機能障害を起こすものが間接的症状とされています。 多くは生後10週~12週頃に発症し、運動能力が著しく劣るために食事や授乳がままならず、結果的に栄養失調や肺炎、心臓の機能不全などで死んでしまいます。 遺伝的な進行性疾患なので、有効な治療法がないというのが現状です。 犬の筋ジストロフィーの原因 筋ジストロフィーは遺伝性疾患の総称で、主な原因として性別、犬種の二種類が挙げられます。 発症する犬の多くがオス犬であり、メスで発症した場合は、染色体の突然変異が関わっているといわれています。 また、ほとんどがゴールデンレトリバーであり、この疾患自体の名称にも「ゴールデンレトリバー筋ジストロフィー(Golden Retriever muscular dystrophy, GRMD)」と名付けられた由来にもなっています。 他の犬種では、ラブラドールレトリバー、ミニチュアシュナウザー、ロットワイラー、アラスカンマラミュート、ウェルシュコーギーペンブローク、ブリタニー、サモエドなどでも若干の報告例があるようです。 犬の筋ジストロフィーの治療・予防 症状で述べた通り、現在病気を根治する方法は見つかってはいない状態なので、多くは心筋などの筋肉の機能不全で生後1年以内に命を落としてしまいます。 そこで、犬が生きている間の生活の質をできるだけ高め、愛犬に負担をかけないように介護生活を行い、症状が進むと嚥下困難などにもなるので、流動食を与えてストレスのない環境を作ることが飼い主のすべきこととなってきます。 また、対症療法として疾患の原因を取り除くよりも、症状の軽減を目的とした治療が施されますが、具体的には肺炎を起こさないような管理が必要とされるほか、食べ物を飲み込む筋肉が弱まっている為、食べた物が気管に入り、そのまま肺に炎症を起こしてしまう誤嚥性肺炎の合併に気を付けます。 筋ジストロフィーは発症したからといって急激に症状が悪化する病気ではないですが、どれだけ飼い主が早く気付けるかによってその後の進行具合が変わってくることもあります。 ですが、一日ごとにできていたことができなくなっていく様子などもみられるようになってくるので、愛犬と少しでも一緒に時間を過ごせるよう、無理のない生活を送らせてあげるようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ゴールデン・レトリーバー サモエド ミニチュア・シュナウザー コーギー 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の変形性脊椎症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の変形性脊椎症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の変形性脊椎症の症状 犬の変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう)とは、身体の中心を通り、体を支えている脊椎のひとつひとつの骨の間や下側に骨棘(こつきょく)や骨同士が橋状に繋がった骨の成分が作られることによって脊椎の可動域が狭まり、痛みなどのトラブルを起こす病気です。 主な主症状として、「尻尾を振らない」「腰や尻を触ったり、抱き上げようとすると痛がる」「普段からソファーやベッドなどの段差の上り下りを頻繁にする」「胴の長い犬種」「太り気味」などが挙げられますが、これらを放置したり気付かないままにしていると椎間板ヘルニアになってしまうこともある為、注意が必要です。 犬の変形性脊椎症の原因 主な原因として、「過度な運動などにより繰り返される関節なの微小な傷」「大きな外傷」のほか、遺伝的素因を持つ犬種も確認されており、ボクサーなどは特に変形性脊椎症を発症しやすい犬種として知られています。 変形性脊椎所は年配の犬であれば大なり小なり発生している病気であり、背骨の負担になりやすい運動をしている犬、肥満犬なども若くても発症する例があります。 更に、ダックスフントのように足が短く胴が長い犬達は、そのような体型を維持できるようにブリーディングされているため、腰椎への負担が高く、若い犬でも変形性膝関節症を発症することも知られています。 犬の変形性脊椎症の治療・予防 治療については、病院や症状によってかなり違いがあるといえます。 基本的には内科的治療や体重管理指導によって身体の負担を減らし、悪化を防ぐ治療を選択をする先生が多いですが、重度の場合、外科手術を薦めるケースもあります。 外科手術を薦めるケースには犬の年齢が若い場合が多く、高齢の犬だと体力などを考慮し、内科的治療が選ばれるケースが多いです。 予防策は、現在明確なものがないものの、他の関節疾患にも言えることですが、体重管理を行うことで適切な体重を保つことが重要になってきます。 また、室内犬でしたらソファーやベッドに上らないようにしつけする、高い段差にはスロープを用意して無理な上り下りを避けることで犬の負担がだいぶ減ると言われています。 変形性脊椎は無症状のことが多い病気ですが、定期的な健康診断で検出することができるので、動きたがらない、歩きにくそうにするなどのおかしい様子が見られたら、早めに動物病院に連れていきましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・ダックスフンド ペキニーズ ビーグル コーギー 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の肘関節形成不全を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の肘関節形成不全を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肘関節形成不全の症状 犬の肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん)とは、上腕部を形成する「上腕骨」と、前腕部を形成する「橈骨(とうこつ)」、「尺骨(しゃっこつ)」という三本の骨がうまくかみ合わされることで構成されている肘関節という部分の発育不良により痛みが生じる病気の総称です。 初期症状は成長期の4~7ヵ月くらいに前肢の跛行(はこう)がみられ、初めの頃は休息後に立ち上がった時などに一時的に歩き方の異常が見られますが、進行すると関節炎を起こし、運動時に症状が悪化したり、歩行異常が持続してみられたりするようになります。 上記以外の主症状として、「痛みから前肢を挙げて歩く」「肘を曲げるのを嫌がる」「立った時の肘の状態が不自然」「肘関節の腫れ」「筋肉が落ちて前肢が細くなる」「関節に水が溜まる」などの症状がみられるほか、症状が進行すると重度の跛行を示すようになったり、変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう)を併発したりします。 犬の肘関節形成不全の原因 主な原因の一つとして、遺伝的要素が強いといわれています。 具体的にゴールデンレトリバー、ロットワイラー、ジャーマンシェパード、チャウチャウ、ビアデッドコリー、ニューファンドランド、ラブラドールレトリバー、バーニーズマウンテンドッグなどの大型犬によくみられ、成長期における体の成長率が他の犬種に比べてかなり大きいからだと考えられています。 その他、外傷、栄養、肥満なども原因として考えられており、これらによって尺骨と橈骨の成長の不均一などによる肘関節の異常、尺骨の肘突起や内側鉤(こう)状突起と呼ばれる尺骨と上腕骨の関節面を形成する部分の異常、上腕骨側面の軟骨以上などが引き起こされます。 また、骨が成長する4~10ヵ月における過度な機械的ストレスが肘関節の成長を阻害してしまうこともあり、落下や衝突などの事故、激しすぎる運動、餌の与え過ぎによる急激な体重増加などが主な要因とされています。 犬の肘関節形成不全の治療・予防 症状が比較的に軽い場合は、軟骨保護剤などの投薬による内科治療と併せて、運動制限や体重コントロールをすることが主になります。 痛みが激しく、日常生活に支障を来たしている場合は、抗炎症剤や鎮痛剤の投与のほか、状況に合わせた術式を選択して外科手術を行うこともあります。 変形性骨関節症が進行していない段階で手術を受けた場合には経過が良好なケースが多いようです。 予防策としては、関節に負担をかけないように体重のコントロール、成長期に過度な運動をさせないようにする、成長期のカルシウムの過剰摂取やカロリー過多も関節の病気のリスクを高くすると考えられているので控えることが大切です。 また、症状で述べた通り、遺伝的な要因が強いので、この疾患が罹患している犬の繁殖を避けるようにする事も重要となります。 なりやすい犬種(好発犬種) ゴールデン・レトリーバー ロットワイラー ジャーマン・シェパード・ドッグ ラブラドール・レトリーバー 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)の症状 犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)(かんせつりうまち(りうまちようかんせつえん)とは、関節に炎症と腫れを起こす自己免疫性の病気です。 症状は、起床時や休息後に関節の硬直や痛み、一か所以上の関節の左右対称性の腫れなどがあらわれるほか、全身症状として発熱や食欲の低下、足を引きずるなどの症状もみられるようになります。 関節リウマチは進行性の病気で、放置をすれば関節の変形と骨の崩壊が進み、痛みが激しくなる他、患部やその周辺を触られることを嫌がって歩行も困難になります。 犬種では若年齢・中年齢のミニチュアダックス、マルチーズ、シェトランド・シープドッグ、シー・ズー、プードルなどの小型犬でみられることがあります。 また、若年齢で発症するほど進行が速く、関節の変更が起こりやすくなります。 犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)の原因 原因ははっきり解明されていませんが、免疫機能の異常が関与していると考えられています。 犬の関節リウマチ(リウマチ様関節炎)の治療・予防 治療法は、消炎鎮痛剤や抗リウマチ薬などを投与して痛みを和らげます。 また、肥満によって足腰の負担が大きい場合には、適度な運動と食事管理を行い、適正な体重まで減量する他、温浴治療や赤外線、超音波治療なども有効とされています。 予防策は、進行性の病気なので、一度発症すれば根本治療は難しく、その為に早期発見・早期治療に努めて少しでも病気の進行を抑えることが大切です。 症状がみられ始めたら早めに動物病院を受診しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・ダックスフンド マルチーズ シェットランド・シープドッグ シーズー トイ・プードル 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の環軸椎亜脱臼を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の環軸椎亜脱臼を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の環軸椎亜脱臼の症状 犬の環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう)とは、頭部の回転運動を担う第一頚椎(環椎)と第二頚椎(軸椎)の関節が不安定になり、首の痛みや四肢の麻痺などが起きる病気です。 首を動かしたがらない、ふらつく、立てないなどの症状が見られます。 重度の場合には、呼吸が停止し、死に至ることもあります。 犬の環軸椎亜脱臼の原因 先天的な原因としては、第一頚椎(環椎)と第二頚椎(軸椎)の奇形などがあります。 後天的な原因としては、首を激しく振るなどで靭帯を損傷したり、事故によって骨折したりすることなどがあげられます。 犬の環軸椎亜脱臼の治療・予防 症状が軽度の場合は、消炎剤の投与やコルセットを使用して改善を図ります。 症状が重度で、四肢の麻痺などが起きている場合は、外科手術によって関節を固定します。 早期発見・早期治療が重要になってきます。 上記の症状が見られた際はすぐに動物病院を受診しましょう。 また、外傷によっても発症するため、事故には十分注意しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) チワワ ポメラニアン ヨークシャー・テリア ミニチュア・ダックスフンド マルチーズ 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の股関節脱臼を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の股関節脱臼を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の股関節脱臼の症状 犬の股間節脱臼(こかんせつだっきゅう)とは、股関節の骨盤と太ももの骨をつないでいる靭帯が切れて、太ももの骨が股関節からずれてしまっている状態のことです。 歩き方がおかしい、スキップしているように走るなどの症状が見られます。 犬の股関節脱臼の原因 犬の股関節脱臼は、足の付け根に大きな力が加わったときに発症します。 たとえば、高いところから落ちた時や交通事故などです。 また、生まれつき骨や靭帯が異常な構造をしているなど、遺伝的な原因もあります。 ホルモン分泌に障害が出ていることが原因となることもあります。 犬の股関節脱臼の治療・予防 症状が軽度の場合は、消炎剤などの投与と経過観察を行います。 また患部を温めるなどのレーザー治療を行うこともあります。 症状が重度で、何度も脱臼を繰り返す場合、外科手術によって骨を固定します。 予防方法としては、床にじゅうたんを敷くなどして、脚に負担をかけないような生活環境を整えることです。 また、症状が軽度だからといって放っておくと、他の脚に負担がかかり、健康な脚まで病気になってしまうことがあります。 歩き方などに異変が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ゴールデン・レトリーバー ラブラドール・レトリーバー ジャーマン・シェパード・ドッグ ジャック・ラッセル・テリア 柴犬 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の前十字靭帯断裂を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の前十字靭帯断裂を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の前十字靭帯断裂の症状 犬の前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ)とは、太ももの骨とすねの骨をつないでいる靭帯が切れてしまう病気です。 歩きづらそうに後ろ足を上げる、引きずるなどの症状が見られます。 犬の前十字靭帯断裂の原因 はっきりとした原因は不明ですが、前十字靭帯に負荷がかかることが原因なのではないかといわれています。 また、老化で靭帯がもろくなることや、肥満による膝関節への負荷が原因となることもあります。 犬の前十字靭帯断裂の治療・予防 前十字靭帯断裂の治療には、さまざまな方法があります。 人工靭帯によって前十字靭帯を作る方法や、骨の形を変形させる方法(力学的補正)などがあります。 人工靭帯を使う手術は、手術後三ヶ月は安静にしている必要があります。 力学的補正を行う場合は、術後すぐに動くことができ、一週間後には普通の生活ができるようになります。 片方の足の前十字靭帯が切れてしまうと、40%の確率でもう片方も切れてしまうことが多いです。 片方の前十字靭帯に損傷があった場合には、必ず専門医に相談をして治療方針を決めるようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) チワワ トイ・プードル パピヨン 柴犬 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の骨折を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の骨折を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の骨折の症状 骨折(こっせつ)は、折れた部位によって症状が変わりますが、どの部位が折れても痛がるようになります。 外観に表れる変化としては、該当箇所が腫れあがる、触ると熱を持っているなどが挙げられます。足を引きずりながら歩く、該当箇所をなめるなど普段とは異なる動きをします。 犬の骨折の原因 階段の上や抱っこされている状況などの高いところから飛び降りたり、暴れたりすることで骨折することがあります。 また誤って飼い主に踏まれたりドアに挟まれたりして、足や尻尾などを骨折することもあります。 また散歩中の交通事故による骨折も多くなっています。 犬の骨折の治療・予防 骨の異常は、骨折なのか脱臼なのか捻挫なのかの区別が付きづらいです。そのため、動物病院で正確な診断をしてもらいましょう。 治療としては、添木などを使い、骨折した部位を固定します。レントゲン検査などを経て必要があれば、外科治療を行うこともあります。手術では、ワイヤーなどを使って骨を直接固定します。 予防としては、骨折の危険性を下げる生活をすることが必要です。高いところから飛び降りないようにしつけをしたり、散歩中は車や自転車に気を付けるなどが大切です。また犬がいないことに気付かずに、犬の足や尻尾を踏んだりドアで挟んだりしないように、日頃から注意するようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) チワワ トイ・プードル パピヨン ポメラニアン マルチーズ イタリアン・グレーハウンド ミニチュア・ピンシャー 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬のレッグ・ペルテス病(レッグ・パーセス病)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のレッグ・ペルテス病の症状 レッグ・ペルテス病は、太ももの骨と骨盤を連結している大腿骨頭への血行が何らかの要因で悪化し、その結果として骨頭が壊死する病気です。レッグ・パーセス病とも呼ばれます。 主に1歳頃までの成長期の小型犬に発症しやすい病気です。特に体重が10キログラム未満の小型犬が多いといわれています。片足に発症することが多いですが、両足で発症することもあります。足を引きずる、股関節部分に触れられるのを嫌がるなどの症状が見られます。愛犬の歩き方に違和感を感じたら、すぐに動物病院で診察してもらいましょう。 犬のレッグ・ペルテス病の原因 原因は明確になっていない病気です。遺伝要因の疾患である可能性もあるといわれています。 犬のレッグ・ペルテス病の治療・予防 予防が困難な病気です。そのため症状が確認できたら、すぐに動物病院で診察を受けましょう。軽症の場合は鎮痛剤の投与を行うこともありますが、症状を一時的に止めることしかできません。症状の進行していくため、それほど長く経過を見ずに外科治療を行う必要性に迫られることもあります。 手術では一般的に、壊死した大腿骨頭を切除します。その後安静にする期間を経て、水泳などのリハビリを開始します。 なりやすい犬種(好発犬種) ポメラニアン トイ・プードル ミニチュア・ピンシャー パグ ペキニーズ 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の膝蓋骨脱臼を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の膝蓋骨脱臼(パテラ)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の膝蓋骨脱臼の症状 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)は、後ろ足の膝のお皿である膝蓋骨(しつがいこつ)が、本来あるべき場所からズレてしまう病気です。パテラとも呼ばれる病気です。足の内側にズレた場合は内方脱臼、外側にズレた場合は外方脱臼といわれます。小型犬で内方脱臼が多く、大型犬は外方脱臼が多いといわれています。 この病気はその重症度が4グレードに分けられています。 グレード1では、もし脱臼しても自然と元も場所に戻ります。外見上は飼い主でも判断が付きにくいです。痛みもほとんどありません。 グレード2では、ときどき脱臼が起こります。歩き方にも変化が見られ、時折スキップのように後ろ足を跳ね上げる様子が確認できることもあります。この段階では、人の手を介することで元に戻る状態です。ただし、このグレードではすでに筋肉や関節が緩い状態になっているため、脱臼を繰り返す可能性が高まります。 グレード3では、脱臼の頻度が上がり、歩行にも大きく影響が出ます。歩き方がぎこちなくなり、足をまっすぐに伸ばせないなどの症状が表れます。 グレード4では、常時脱臼状態が続き、元に戻すことも困難な状態です。 犬の膝蓋骨脱臼の原因 膝蓋骨脱臼は、先天的な原因の場合があります。生まれつき膝の関節に異常があることがあります。 一方で後天性の場合は、高いところからジャンプして飛び降りたり、激しく転んだりした場合に、骨の関節に負荷がかかり発症することがあります。 犬の膝蓋骨脱臼の治療・予防 膝蓋骨脱臼は、そのグレードによって治療方法が選択されます。獣医師の先生とよく相談してください。 脱臼が長く続くと、前十字靭帯(ぜんじゅうじじんたい)に悪影響を及ぼすなど、さらなる病気を併発する恐れがあるため、早期発見・早期治療を心がけることが必要です。 また成長期など骨が急成長する時期に脱臼を放置しておくと、その後の生活に影響が出るため、早期に手術が必要となる場合があります。痛みを伴っている場合は、痛みを緩和するための投薬治療を行います。一方で症状が軽度の場合には、手術ではなく内的療法で様子を見ることもあります。 後天性の膝蓋骨脱臼を防ぐためには、膝に負担をかけないような生活環境を整えることが必要です。例えば、家では可能な限り転倒防止用のマットを敷くなど、固すぎず、なおかつ滑りにくい床を整えるようにしましょう。 また肥満などで体重が増えすぎると膝への負担が増すため、体重管理も飼い主として意識することが重要です。 なりやすい犬種(好発犬種) ポメラニアン トイ・プードル チワワ 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー

犬の股関節形成不全を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の骨・関節の病気

犬の股関節形成不全(股異形成)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の股関節形成不全の症状 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん)は、股関節にある骨が正常に収まらない病気です。股異形成(こいけいせい)とも呼ばれます。通常は寛骨臼(かんこつきゅう)と呼ばれる骨盤のカップに、ボール状の大腿骨頭(だいたいこっとう)が収まっています。ところが股関節形成不全では、この寛骨臼と大腿骨頭がうまくはまらず、関節内に炎症を引き起こします。 症状としては、運動を嫌がる、階段を上るのを嫌がる、走るときに後ろ足を同時に両方蹴りだしてジャンプする、足をひきずる、起き上がるのが困難になるなどが挙げられます。股関節形成不全に特徴的な症状として、不自由そうに小幅な歩行をすることがあり、これを跛行(はこう)と呼びます。愛犬が跛行することで、症状に気づくことが多いです。 犬の股関節形成不全の原因 股関節形成不全の原因は、先天性の場合と、後天性の場合があります。 先天性の場合は、骨が急速に発達する生後4か月~1年程度で発症することが多いといわれています。 後天性の場合は、肥満や運動負荷が原因になります。肥満になると、股関節に過度な負担がかかります。また運動負荷が原因の場合、滑りやすい床で股関節に負荷がかかることなどが原因で発症することもあります。 犬の股関節形成不全の治療・予防 重症度によって、治療方法が変わります。動物病院で正確に診断してもらうようにしましょう。診断方法として、歩行の様子を観察する、レントゲンを撮るなどがあります。 症状が軽度の場合は安静にし、内科療法を行います。同時に、食事や運動の制限を行いながら、体重をコントロールして股関節に負担がかからないようにし、症状が悪化しないように過ごします。この時期は無理な運動も控えるようにする必要があります。 歩行に明らかな影響があるなどの重度の場合には、外科手術を行ったり、痛みを緩和する薬による投薬治療が行われることもあります。 先天性の場合は若くして発症するため、愛犬の成長期には、関節に異常がないかを獣医師の先生に診てもらいましょう。 後天性の要因による発症は、病気を防ぐ努力が可能です。肥満にならないように食生活を気を付けたり、足が滑らないように家の床にマットを敷くことが大事です。 なりやすい犬種(好発犬種) フレンチ・ブルドッグ キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル 犬の骨・関節の病気一覧 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) レッグペルテス病 骨折(こっせつ) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 股関節脱臼(こかんせつだっきゅう) 環軸椎亜脱臼(かんじくついあだっきゅう) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 筋ジストロフィー