ウィペットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ウィペットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ウィペットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。

ウィペットがなりやすい病気・ケガ

ウィペットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

ウィペットの特徴

ウィペットの歴史

1700年代のイギリスでは、森の中で猟をする際、グレーハウンドを猟犬として用いていました。
しかし、グレーハウンドのなかでも体の小さなものたちは猟に向かないとされ、繁殖者のもとへ返却されてしまうということが頻繁に起こりました。
繁殖者たちは、この返されたウィペットと小型の犬を交配し、畑を荒らすウサギなどの小動物を追うための犬種を育てはじめました。こうして誕生したのが「ミニチュアグレイハウンド」であるウィペットです。

また、このころイギリスではブル・ベイティング(複数の犬で牛を倒す見世物)や闘犬が流行していました。これらは賭博として工業地域へも広がりました。
しかし、1835年、動物愛護という観点によりブル・ベイティングや闘犬が禁止され始めます。そして、それらの代わりとして流行し始めたのが、犬同士を競争させるドッグレースです。

富裕層は、大型のグレーハウンドや馬を競わせて競争を楽しんでいましたが、それら動物の飼育には多くの資金が必要となるため、庶民には手が出せないものでした。
そこで、庶民の間では小さなサイズの犬を競わせるレースが娯楽として流行するようになりました。このレースで人気になったのが俊足なウィペットです。
ウィペットは「貧乏人の競争馬」とまで呼ばれるようになりました。
それに関連して、ウィペットの名前の由来は「鞭で飛ばす=whipped up」からきているという説まであります。

1891年、ウィペットはイギリスケンネルクラブに登録されることとなります。

ドッグショーに出始めると、その外貌の美しさが評価されはじめます。
そして家庭犬として人気になり、世界中に愛好家を持つようになりました。

ウィペットの大きさ・見た目

ウィペットはオスの場合、体高が47~51cm、体重が約15kg、メスの場合、体高が44~47cm、体重が約9kgとなっています。

引き締まった筋肉や折りたたまれた耳からは、空気抵抗の少ない機能的な美しさを感じることができます。

前足と後ろ足を揃えて、全身をしならせて走る走り方が特徴的です。

被毛はきめが細かく滑らかな短毛で、カラーは「グレー」、「ブリンドル」、「ホワイト」などがあります。

ウィペットの性格

従順で、大変落ち着きがあるため、しつけがしやすい犬種です。

また愛情深い犬種でもあるので、子供がいる家庭でも飼うことができます。家庭犬として理想的だといえるでしょう。

一方で、運動が大好きという面もあります。屋外では思い切り走らせてあげましょう。
散歩は最低でも一日1時間は確保する必要があります。
もともとはレースで活躍していたということもあり、高い集中力の持ち主でもありますのでアジリティなども向いています。

感受性が高い犬種ですので、しつけをする際にはしかることだけでなく、ほめることを中心に行いましょう。

ウィペットを飼うときの注意点

ウィペットは毎日大量の運動量が必要です。
走ることが好きなため、毎日の散歩ではジョギングなども交えて行えるといいでしょう。
ただし、寒さに大変弱い犬種でもあります。
屋外に出る際には、ドッグウェアを着せてあげましょう。
また、屋外での飼育はできません。

ウィペットは頭が小さいため、首輪が抜けやすくなります。さらにウィペットは足の速い犬種であるため、逃げると追いつくことが困難です。
逃走事故を防ぐためにも、柔らかく幅が広い首輪や、胴に巻きつくタイプの胴輪の利用を検討しましょう。

さきほども述べたようにウィペットは大変感受性の強い犬種です。
しつけの際に叱りすぎると信頼関係を築き上げるのが難しくなってしまいます。
しつけはほめること中心で行いましょう。

被毛はスムースコートで体臭も少ないため、たまに蒸しタオルなどで体を拭けば十分に清潔を保つことができます。
普段は、ラバーブラシなどでブラッシングしてあげましょう。

ウィペットにおすすめのペット保険

今後ペット保険ラボでは、ウィペットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。

人気の犬種はこちら

その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。