CATEGORY 犬の消化器の病気

犬の消化器の病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬の消化器の病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬の腸リンパ管拡張症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の腸リンパ管拡張症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の腸リンパ管拡張症の症状 犬の腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう)とは、腸管と腸の周辺にあるリンパ管が、なんらかの原因で流れが妨げられ、拡張して機能不全を起こす病気です。 慢性的な下痢が主症状で、進行していくと体重減少や食欲不振、低蛋白血症に伴って血漿(けっしょう)の浸透性が下がり、血液中の水分が血管外に漏れ出して浮腫や腹水、胸水などを起こすこともあります。 犬の腸リンパ管拡張症の原因 先天性と後天性の二種類があり、先天性のリンパ管形成不全は犬では稀なケースだといわれています。 後天性のリンパ管拡張症は、腸管の炎症を伴う疾患(炎症性疾患)に続発してリンパ管の閉管が起こり、リンパ管内圧の上昇に伴ってリンパ管拡張が起こるのが、最も一般的な理由として挙げられています。 また、リンパ管を圧迫するリンパ腫のような腫瘍や肝硬変、右心不全などのようなリンパ管内圧を上昇させる疾患に続発する場合もありますが、原因が特定できない場合も多くあります。 犬の腸リンパ管拡張症の治療・予防 治療法は、現在効果的な根本治療が見つかっておらず、症状の抑制や改善といった対症療法が用いられています。 また、原因疾患の治療に加えて、一般的には低脂肪食、高蛋白質といった食事療法、腸の炎症を抑えるステロイド療法、食物アレルギーが関与している場合、除去食になるアレルギーの治療などが行われます。 腸リンパ管拡張症の食事療法において、特に重要なのは脂肪分の摂取に関する点です。 食事中に含まれている脂肪は、分子構造の違いから長鎖脂肪酸、中鎖脂肪酸、短鎖脂肪酸の三つに分けられますが、この中で長鎖脂肪酸は腸管のリンパの流れを刺激してリンパ管を拡張させて腸管内へのタンパクの喪失を大きくする働きをします。 ところが、一般的な市販のペットフードに含まれる脂肪の多くは長鎖脂肪酸なので、なるべく脂肪分を制限したフードを選択し、ココナッツオイルやMCT(中鎖トリグリセリド)パウダーなど、リンパの流れを刺激しない中鎖脂肪酸を多く含む食品を利用して摂取カロリーを補うことが推奨されています。 また、食物繊維は長鎖脂肪酸の吸収を抑制してリンパの流れを減少させる効果があるので、高繊維食が望ましいようです。 加えて、腸リンパ管拡張症は脂質の吸収不良を起こすので、脂溶性のビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)を補うことも必要となります。 重度になると、対症療法として、状況に応じてアルブミン製剤の投与や膠質輸液剤(こうしつゆえきざい)といわれる血漿の浸透圧を維持する為の輸液剤の投与、血漿輸血などが行われます。 予防策は、病気の発生自体の予防が難しいので、食欲不振、体重減少や慢性的な下痢などの気になる症状が見られたら早めに動物病院に受診して早期発見・早期治療を行うようにしましょう。 腸リンパ管拡張症の確定診断は、全身麻酔をかけて内視鏡や試験回復での腸の生研によって行われますが、低蛋白血症や衰弱などの症状が進行してしまうと検査自体の負担やリスクが大きくなってしまう為、適切な時期に検査が行えるよう、早期の段階で受診できるようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ヨークシャー・テリア マルチーズ 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の食道炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の食道炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の食道炎の症状 犬の食道炎(しょくどうえん)とは、口と胃をつなぐ食道内で炎症が生じる病気です。 犬の食道炎は発症してもなかなか症状が出にくいという特徴があり、症状が進行してから気付くケースもあります。 主に食べるのが遅くなり、食べる時に大声を出したりよだれを垂らす、食欲不振や食事の嚥下困難(えんげこんなん)、嘔吐、体重減少、食道からの出血により、血交じりの液体を吐き出すなどの症状がみられます。 また、食道炎が進行していくと食道壁の表面だけでなく、粘膜下組織や筋層まで達してしまい、傷ついた組織を修復しようと繊維化が起こることで食道の組織が狭まってしまう食道狭窄(しょくどうきょうさく)という症状を発症し、慢性的に食道炎を続発するようになります。 犬の食道炎の原因 食道炎の原因はいくつかあり、犬にとって刺激物となる有毒物質(チョコレートやレーズン、キシリトールや玉ねぎ、魚介類や香辛料など)の接種吸引、食道を傷つけるような異物(たばこやクリップ、毛糸やアクセサリー、ボタン電池など)の誤飲誤食、食道の入り口付近にある咽頭や喉頭での炎症が食道に波及してしまう場合、横隔膜ヘルニアなどによって発症した逆流性胃腸炎などの要因でせり上がった胃酸が食道壁を傷つけてしまう場合、ピシウム(カビの一種)やカンジダ(酵母の一種)への感染、麻酔による胃酸の逆流や食道や胸部への手術など医療行為の結果として食道を傷つけてしまった場合などが挙げられます。 犬の食道炎の治療・予防 食道炎の治療は、症状が軽い場合は抗生物質や抗炎症薬などの投薬治療を行い、固形物が飲み込めず食事ができない状態であれば、流動食を強制的にのどに流し込んだり皮下や静脈から輸液を行う他、食道狭窄を発症している場合はバルーンを入れて強引に拡張したり、狭窄部位を切除する手術を行ったりなど症状の段階に合わせた治療が行われます。 予防策は犬にとってどのような食べ物が有毒で危険なのか、どういったものを簡単に誤飲してしまうのか、あらかじめ知っておくことで病気や事故を未然に防ぐことができるので、日ごろから室内などに危険物を置かないよう注意しましょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の巨大食道症(食道拡張症)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の巨大食道症(食道拡張症)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の巨大食道症(食道拡張症)の症状 犬の巨大食道症(食道拡張症)(きょだいしょくどうしょう(しょくどうかくちょうしょう))とは、「アカラシア」とも呼ばれ、食道が拡張することでその動きが低下し、食べ物をうまく胃に運ぶ事ができなくなる病気です。 食道の動きが低下する為、食べたものや水を食後短時間の間に吐き出してしまいますが、頻度は病気により様々です。 食べ物を吐いてしまうので、十分な栄養を摂取できず体重減少がみられたり、吐いたものが気管から鼻や肺に入ると鼻炎や肺炎を引き起こし、発熱や咳、呼吸困難などの症状に陥り、最悪死に至るケースもあります。 その他にも食道の炎症を起こし、食欲不振やよだれなどの症状が見られる場合もあり、症状が食道の拡張が軽度の内は目立った症状が現れず、発見が遅れることもあります。 犬の巨大食道症(食道拡張症)の原因 先天性の場合と後天性の場合の二種類の原因が確認されています。 先天性の場合は原因がはっきりと解明されていないものの、食道に分布する神経の欠損や異常により発症するといわれており、後天性の場合は神経や筋の疾患、食道の閉塞性疾患(へいそくせいしっかん)などに続発されて起こることが多いようです。 犬の巨大食道症(食道拡張症)の治療・予防 症状や状態、原因となっている基礎疾患によって治療法は異なってきます。 一般的には、犬を立たせた状態で流動食を食べさせ、食べ物を重力で胃に移動させる食事法を行い、その他に食道炎や肺炎を併発している場合は、抗生物質の投与や内科的治療を行います。 また、神経疾患や筋疾患などの基本疾患がみられる場合はその治療も並行して行います。 発症の原因が食道腫瘍や食道内異物の場合、外科的手術を行うこともありますが、手術を行う際には麻酔のリスクや手術後の安静期間、ケア方法や費用についてもかかりつけの動物病院によく相談してください。 予防については発症原因に不明点が多く、未だ治療が難しい病気とされているので、早期発見と早期治療の為に、動物病院でこまめな検診をし、自宅では食後の状態チェックを行うようにしましょう。 また、症状がみられる場合は早めに動物病院に通院してください。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の蛋白漏出性胃腸炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の蛋白漏出性胃腸炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の蛋白漏出性胃腸炎の症状 犬の蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうしょう)とは、タンパク質が腸管から漏れ出すことで血液中のタンパク質が少なくなる低蛋白血症を引き起こす病気です。 原因も様々なので、性別や年齢を関係なく発症する可能性があります。 蛋白漏出性胃腸炎を発症すると、主に慢性的な下痢が多く見られるようになり、嘔吐やタンパク質を吸収できないために起きる栄養不良・体重減少・脱水などが起こります。 見た目の変化として、毛艶が悪くなる、痩せてくる、皮膚に張りがなくなってくるなどの変化が確認できるようになります。 血液中のタンパク質が減少すると、血液中に水分を保持することが難しくなる為、犬の身体は浸透圧(しんとうあつ)が保てなくなり、血液から水分が血管外へ漏れ出て腹水・胸水・皮下浮腫といった症状の発症に繋がります。 腹水が溜まるとお腹が張って膨らんだようになり、胸水が溜まると肺が圧迫されて呼吸しづらくなる為、動きたがらなくるなどの行動がみられるようになります。 犬の蛋白漏出性胃腸炎の原因 発症する主な原因として何らかの腸疾患が考えられます。 リンパ拡張症や腸管型リンパ腫、炎症性腸疾患(IBD)、胃腸にできた潰瘍(胃腸炎や腫瘍、腎疾患や肝疾患など)や重度の感染症などが原因となり、腸粘膜からタンパクが喪失してしまう為に低蛋白血症が起こり、様々な症状がみられるようになります。 犬の蛋白漏出性胃腸炎の治療・予防 治療は原因に応じて行います。 リンパ拡張症には免疫抑制剤の投与や低脂肪食による食事療法、腸管型リンパ腫には抗がん剤投与(副作用のリスクもあるので獣医師とよく相談して決めましょう)、炎症性腸疾患は軽症の場合は食事療法で改善ができる場合もありますが、重症の場合は抗生物質や消炎剤・免疫抑制剤の投与を行い、併せて脱水や嘔吐、下痢などの症状に対する対処療法を行います。 予防については原因が多く、判断が難しい為、該当する症状が現れたり、下痢などの症状が続いている場合は、早めにかかりつけの動物病院での診察を受けましょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の胃炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の胃炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の胃炎の症状 犬の胃炎(いえん)とは、胃の粘膜に炎症が起きることで下痢や嘔吐などの様々な症状を引き起こす病気です。 犬の胃炎には発症から数日以内のものを「急性胃炎(きゅうせいいえん)」、数週間以上続く症状のものを「慢性胃炎(まんせいいえん)」と呼びます。 急性胃炎の主な症状については、よだれを頻繁に垂らすようになる、嘔吐や下痢、食欲不振、元気消失、腹痛、お腹がキュルキュル鳴る、酷くなると嘔吐に血が混じることや、血便などが見られるようになる他、激しい吐き気のために脱水症状を引き起こしてしまうこともあります。 特に子犬の場合は症状の悪化も早く、急性胃炎でも食欲の低下により低血糖や脱水を起こして命を落としかねないので、下痢や嘔吐が続く場合はすぐに動物病院に連れていき必要な治療を受けるようにしましょう。 犬の胃炎の原因 犬の急性胃炎についてはいくつかの原因が考えられます。 細菌(カンピロバクターやサルモネラ菌など)、ウイルス(コロナウイルスやパルボウイルスなど)、寄生虫(回虫やトリコマナスなど)、環境や食事内容などの急激な変化によるストレス、非ステロイド性抗炎症剤などの薬物、犬が中毒を起こす植物などへの接触や農薬や殺菌剤、ごみや異物、腐った食べ物や水などの誤飲誤食などが挙げられ、各症状によって検査を受けることができます。 犬の胃炎の治療・予防 主な治療法として、輸液療法(皮下点滴など)、制酸剤(胃酸の分泌を抑制する効果のある薬)、消化管運動促進剤や消化管運動抑制剤、抗生剤、制吐剤、下痢止め剤(止瀉薬)、消化管保護剤、プロバイオティクス(乳酸菌など)、駆虫薬による寄生虫の駆虫作業などが挙げられます。 誤飲誤食が原因の場合は早急に胃の中の異物を取り出す治療を行う為、嘔吐促進剤や手術用のマジックアームを用いて胃の中のものを取り出します。飲み込んだものが液体の場合は、胃の洗浄や吸着剤を投与して胃の中を綺麗にするなどの治療が行われます。 また、若齢犬や老犬などの体力がない犬以外では、口から接種する食事と水を12時間から24時間止めて胃を休めることで、1日~5日で回復に向かうことがあります。 症状の回復が見られた場合には、徐々に水を与え、消化の良い流動食で少しずつ食べ物に慣らしていき、胃にやさしい低脂肪フードや単一たんぱく、単一炭水化物などの食事を与えながら通常の食事に戻していく絶水・絶食による治療も効果的です。 予防策としては、誤飲誤食を防ぐ為に、犬が拾い食いできる環境を作らないこと、散歩中は特にリスクが高くなるので犬が異物に近づいた際にはすぐ引き離せるようにし、家の中でも同様に誤飲の危険性があるものは犬が近づける場所に置かないよう注意してください。 また、その他にも過剰なストレスを避ける、快適な環境を心掛ける、急な食事の変更を避ける、食事やおやつの変更後は注意するなどのこまめな気配りも大切なので心掛けていきましょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の腸重積を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の腸重積を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の腸重積の症状 犬の腸重積(ちょうじゅうせき)とは、腸の一部が内側にめくれ、隣り合う部分の内部に入り込んでしまう状態のことです。 折り重なった下の腸管を「嵌入部(かんにゅうぶ)」、上に覆いかぶさっている腸管を「嵌入鞘(かんにゅうしょう)」と呼び、重積は基本的にどの部分でも起こりうるものですが、最も多くみられるのが小腸と結腸の以降部にあたる「回盲腸部」で、続いて「盲腸~結腸移行部」、「十二指腸~胃移行部」、「胃~食道移行部」などでも確認されています。 また、食べたものが少しでも通過できる状態の場合、イチゴゼリー状の粘血便が出ることもありますが、時間が経過して重積部が多くなるにつれ、嘔吐の繰り返しによって元気を失い、腹痛を伴うので触られるのを嫌がるようになります。 症状が進行して食欲がなくなり、お腹が膨れる症状が見られると腸閉塞の原因にもなり、ショック症状から危篤状態になることもある為、要注意です。 犬の腸重積の原因 腸重積が発生する理由は不明ですが、消化物を移動させる蠕動運動(ぜんどううんどう)の不調和や、腸管内腔の急激な拡大によって発症すると考えられています。 主に大腸炎や下痢、外的要因として糸やストッキングなどの異物を飲み込む他、寄生虫や脳腫、過去に行った手術なども蠕動運動の異常を招く可能性として挙げられます。 犬の腸重積の治療・予防 主な治療法として、X線検査やバリウムの投与で閉塞部分を確認し、腸重積が確認できれば外科的手術で重積の整復手術を行います。 長時間腸が重積した状態であった場合や血管や腸管膜が腸と一緒に入り込み、血液遮断などが要因で腸管に癒着するなどのダメージを受けている場合、修復が難しいこともあります。 また、重積した部分が壊死していた時や、腸の表面に穴が空いて回復が見込めない場合、部分的に切除して腸を繋げるなどの処置が必要になることもあります。 手術前には脱水を改善する為に輸液を行い、ショック状態の場合はステロイド剤の使用などの抗ショック療法も必要になります。 予防策としては、ワクチン接種などで感染症の予防を行うほか、寄生虫の定期的な検査や駆除、異物の誤食癖がある場合は食べてしまう可能性のあるものを行動範囲に置かないようにすることである程度リスクを軽減することが可能なので、気を付けましょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の肝炎を徹底解説!イヌの病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の肝炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肝炎の症状 犬の肝炎(かんえん)とは、肝細胞がさまざまな原因によって炎症を起こす病気です。 急性肝炎と慢性肝炎の2種類があります。 急性肝炎の症状としては、嘔吐、下痢、元気消失、食欲低下、黄疸、痙攣などが見られます。 慢性肝炎の症状としては、元気消失、食欲低下、多飲多尿、腹水、痙攣などが見られます。 犬の肝炎の原因 急性肝炎は、薬物、化学物質、毒物、ウイルス感染、細菌感染などのさまざまな原因によって発症します。 慢性肝炎は、遺伝的要因やイヌアデノウイルス1型、薬物、毒物などが原因となります。 犬の肝炎の治療・予防 急性肝炎の場合は、原因を特定することが困難なため、点滴、抗菌薬、肝臓保護薬の投与を行います。 慢性肝炎の場合は、完治できないことが多く長期的な薬物治療を必要とします。 早期発見・早期治療が重要です。定期的な血液検査などを行いましょう。 また、日ごろから毒物・薬物の誤食には注意しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ドーベルマン ラブラドール・レトリーバー ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア ダルメシアン 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の腸炎(慢性腸炎)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の腸炎(慢性腸炎)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の腸炎(慢性腸炎)の症状 腸炎(慢性腸炎)(ちょうえん(まんせいちょうえん))とは、腸の粘膜が繰り返し炎症を起こす病気のことです。 下痢や嘔吐、血便、口臭、腹鳴、食欲低下、元気がないなどの症状が見られます。 重度になると、体重の減少や腹水などの症状も見られるようになります。 犬の腸炎(慢性腸炎)の原因 犬が腸炎(慢性腸炎)を引き起こす原因は、アレルギー、がん、感染症、寄生虫などが考えられます。 また、遺伝的な要因もあるといわれています。 犬の腸炎(慢性腸炎)の治療・予防 犬の腸炎(慢性腸炎)は、その原因によって治療方法が異なります。 アレルギーが原因の場合は低アレルギー療法食、腫瘍が原因の場合は外科手術を行います。 感染症や寄生虫が原因の場合は、抗生物質や駆虫剤を使用します。 また、粘膜の炎症を抑えるため、副腎皮質ステロイド薬を投与することもあります。 症状が重度になると命にかかわることがあります。 早期発見・早期治療ができるよう、定期的に健康診断を受けましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・シュナウザー ヨークシャー・テリア 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の胃潰瘍を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の胃潰瘍を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の胃潰瘍の症状 犬の胃潰瘍(いかいよう)は、胃の炎症が悪化して胃の粘膜が傷ついてしまうことによって発症する病気です。 症状としては、腹痛、嘔吐、食欲不振が一般的です。また、胃潰瘍から出血がある場合には、吐血、血便などがあり、嘔吐物に黒いツブツブが混ざったり、便が黒くなったりします。 また最悪の場合は、胃に穴が開いてしまい急死する場合もあります。 犬の胃潰瘍の原因 胃潰瘍の原因としては、慢性胃炎や肥満細胞腫が重症化することによるものが多いですが、他にも、慢性腎不全、肝臓疾患、膵臓疾患などが原因となることもあります。 また、薬剤が原因になる場合もあり、具体的には、副腎皮質ステロイド剤、非ステロイド系消炎鎮痛剤、グルココルチコイドなどです。 犬の胃潰瘍の治療・予防 犬の胃潰瘍の治療方法としては3段階あります。1つは、原因となる症状に向けた治療です。他の病状によって胃潰瘍が引き起こされている場合には、その症状を軽減するための治療が施されます。具体的には胃酸の分泌を抑えるため、制酸薬や抗ヒスタミン薬の投与などです。 2つ目は、出血、穿孔、過剰嘔吐、腹膜炎が見られる場合です。この場合は入院が必要であり、輸液や輸血を行いながら経過観察が行われます。 3つ目は、切除可能な病変部が発見された場合です。この場合は、開腹して患部を手術によって切除する必要があります。 最後に、胃潰瘍の予防方法に関しては、はっきりとはわかっていませんが普段から胃に負担をかけないように食生活に気をつけることも予防のひとつだといえるでしょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の膵外分泌不全症候群を徹底解剖!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の膵外分泌不全症候群を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の膵外分泌不全症候群の症状 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぴふぜんしょうこうぐん)とは、すい臓から消化酵素がほとんど分泌されなくなり、消化不全を起こす病気です。 脂肪が吸収されないため、大量の白っぽい軟便が出るようになります。 また、食欲があり、よく食べているのにも関わらず、体重が減っていくなどの症状が見られます。 犬の膵外分泌不全症候群の原因 犬が膵外分泌不全症候群を発症する原因は、栄養障害や慢性膵炎なのではないかと言われていますが、今のところはっきりとした原因は分かっていません。 犬の膵外分泌不全症候群の治療・予防 膵外分泌不全症候群は、一度発症すると生涯にわたり治療を継続する必要があります。 治療方法として、消化酵素の投与を行います。また、下痢が続く場合には抗生剤の投与を行います。 膵外分泌不全症候群の予防方法はありません。 軟便が続く、体重が減るなどの症状が見られたら、すぐに動物病院を受診しましょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の肝硬変を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の肝硬変を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肝硬変の症状 犬の肝硬変(かんこうへん)は、肝臓がさまざまなダメージを受けて弱ってしまい、硬くなって機能を失ってしまう病気です。あらわれる症状としては、初期段階では、慢性の嘔吐や下痢、食欲の変化、出血しやすい、食欲不振、疲れやすい、体重減少などです。 病態が悪化していくと黄疸、腹水がみられるなどの症状があらわれます。黄疸とは、白目や歯茎が黄色く変色していくことです。 犬の肝硬変の原因 肝硬変が起こる原因は様々ありますが、共通して言えることは、長い間ダメージを受け続けたことで肝臓の機能が弱くなってしまうことです。様々な原因として挙げられるものは、薬物等による慢性肝炎、肝細胞の大量死、寄生虫による感染、特発性、急性肝炎などがあります。 犬の肝硬変の治療・予防 治療方法に関しては、まず、肝硬変は完治させることはできません。そのため、進行を抑えたり、症状を緩和するための治療を行ないます。具体的には、良質なタンパク質などの栄養価の高い食事を与えて安静にするなどがあります。 また、肝炎に対する投薬治療としては、抗酸化剤、亜鉛、銅キレート剤、免疫抑制剤、抗線維化物質といった選択肢があります。しかし、これらの投薬治療も完治させるための治療ではなく症状の悪化を抑えるためのものであるため一生涯継続する必要があります。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の腸閉塞(イレウス)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の腸閉塞(イレウス)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の腸閉塞の症状 腸閉塞(ちょうへいそく)とは、腸に何かが詰まることによって、腸の消化機能が悪くなる病気です。イレウスとも呼ばれます。 腸閉塞になると、元気がなくなり、急に嘔吐や下痢を繰り返すようになります。症状が進行し、腸が徐々に閉塞するにつれて、激しい腹痛を起こし、お腹を丸めたりお腹を触られるのを極度に嫌がるようになります。 腸が完全に閉塞してしまうと腸の血行が悪化し腸管が壊死することで、命に関わることもあります。 犬の腸閉塞の原因 主な原因としては、おもちゃなどの異物を誤って飲み込んでしまうことです。すると、腸が詰まり腸閉塞につながります。 異物としては、ボールのようなおもちゃ、ティッシュ、石、ガムなど様々なものがあります。 他方で、腸に腫瘍ができることで腸が詰まり腸閉塞になることもあります。 犬の腸閉塞の治療・予防 腸閉塞によってショック症状や脱水症状が起きている場合には、その症状への治療を施します。その後必要に応じて、異物を取り除くための外科治療を行うことがあります。 口に異物を飲み込まないように、生活環境をキレイに保てるように意識しましょう。また、小さい頃から何でも口に入れないように、飼い主から躾をすることも重要です。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の肛門嚢炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の肛門嚢炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肛門嚢炎の症状 肛門嚢炎(こうもんのうえん)は、肛門嚢(こうもんのう)という場所に炎症が起きる病気です。肛門嚢は、マーキングに使う分泌液を溜める場所です。この分泌液は定期的に排出する必要がありますが、肛門嚢に溜まったままの状態になることがあります。そうすると、分泌液から細菌が繁殖して炎症を引き起こします。 お尻を地面にこすったり、舐めるような動作をするようになります。徐々にお尻が赤く腫れていくこともあります。 症状が悪化すると、腫瘍の発生につながることもあるため注意が必要です。 犬の肛門嚢炎の原因 肛門嚢が詰まる要因として、肛門と肛門嚢をつなぐ管が詰まる場合が挙げられます。 また定期的な肛門腺絞りを怠った場合も、分泌液がうまく排出できず、肛門嚢炎の発症につながります。 犬の肛門嚢炎の治療・予防 まずは肛門嚢に溜まっている分泌液を排出させます。その後、抗生物質などを投与することで滅菌します。 症状によっては、外科治療を行う場合もありますので、獣医師の先生と相談するようにしましょう。 予防方法としては、肛門腺絞りを定期的に行うことが重要です。これは飼い主の方が自宅で行うことができます。ただし飼い主の方が慣れておらずうまくできない場合は、動物病院で教えてもらうようにしましょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の膵炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の膵炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の膵炎の症状 膵炎(すいえん)は、様々な要因で膵液が逆流し、膵臓で炎症が引き起こされる病気です。膵臓自体で自己消化が起きている状態といえます。 膵炎は主に、急性膵炎(きゅうせいすいえん)と慢性膵炎(まんせいすいえん)に分けられます。重度の場合は、多臓器不全や重度の感染症なども引き起こし、命にも関わる病気です。 急性膵炎では、元気がなくなる、嘔吐、食欲不振などの症状が、突然見られるようになります。元気がなくグッタリしている状況を見かけたら、早期治療のために動物病院での受診を心がけるようにしましょう。 慢性膵炎では、下痢や嘔吐などが続きます。一見すると、他の消化器系の病気との区別がつきづらい症状です。発熱や黄疸などの症状が表れることもあります。症状が悪化し炎症が起きると、インスリンの分泌が適切にできず、糖尿病を併発することもあります。 犬の膵炎の原因 原因は明確には分かっていませんが、高脂肪の食事や普段と異なる食事が、膵炎を引き起こしやすいといわれています。結果として、肥満傾向の犬が発症しやすいといわれており、肥満も危険因子といえます。 犬の膵炎の治療・予防 治療としては、症状を抑えるために吐き気止めの薬や鎮痛剤、抗生物質の投与を行います。また膵臓を休ませるために、点滴治療や食事療法などが行われます。状況を見て、徐々に低脂肪食などを摂取するようにしていきます。 仮に糖尿病など、別の合併症を併発している場合は、その病気への治療も行います。 予防としては、食事管理を徹底することが重要です。脂肪が多い食べ物や消化の悪い食事は与えすぎないようにしましょう。肥満にも気を付け、適度に運動も交えながら体重も管理していくことが必要です。 再発の可能性もある病気のため、生活習慣には気をつけるようにしましょう。 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の会陰ヘルニアを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の会陰ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の会陰ヘルニアの症状 会陰ヘルニア(えいんへるにあ)は、大腸のヘルニアです。ヘルニアという病気は、体内にある臓器が、普段ある場所から脱出してしまう状況を指す病気です。会陰ヘルニアは、肛門の周囲で大腸などの臓器が脱出してしまう病気です。 便秘や排便困難、肛門周辺の膨らみといった症状が表れます。 膀胱が脱出してしまう場合もあり、そのときは尿が出にくくなるといった、より重篤な症状を引き起こすこともあります。 犬の会陰ヘルニアの原因 直腸壁を支えている筋肉が弱まることが原因で発症することがあります。一般的には体力全般が衰える、高齢の犬が発症しやすいといわれています。 吠え癖のある犬や去勢していない犬も発症率が高いといわれています。 ただし直接的な原因は不明とされています。 犬の会陰ヘルニアの治療・予防 会陰ヘルニアの治療では、飛び出してしまった臓器を元の状態に戻す治療が行われます。同時に、再び飛び出ないように、筋肉のすき間を埋める治療も行われます。 去勢手術を行うことで、発症率を下げることができます。また吠え癖がある場合は、しつけを通してあまり吠えないようにしましょう。無駄吠えが多くなると腹圧が高くなり、腸が脱出してしまう危険性が高まります。 なりやすい犬種(好発犬種) ボストンテリア ボーダーコリー ボクサー ペキニーズ 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)

犬の胃捻転を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の消化器の病気

犬の胃拡張・胃捻転症候群を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の胃捻転の症状 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん)は、胃が大量のガスで大きく拡張したり、胃が捻転(ねんてん)する病気です。捻転はねじるという意味で、胃が体内で普段とは異なる方向へねじれて、腸などに絡まってしまいます。 初期症状としては、食後数時間以内に犬の落ち着きがなくなります。病気が進行すると、大量によだれを垂れ流す、吐こうとしても吐けない、胃が膨らむことによりお腹も膨らむ、苦しそうに呼吸するなどの症状が表れます。 ある日突然発症し、ショック症状に陥るなど命にも関わることもある病気です。 仮に胃捻転の治療が無事に終わったとしても、胃捻転により締め付けられていた他の臓器が影響が出てしてしまい、別の症状が表れてしまうこともあります。そのため早期発見・早期治療が重要な病気です。 犬の胃捻転の原因 明確な原因は不明な病気ですが、食事を一気に食べる、水分を一気に取る、などが原因と考えられています。食後すぐに運動することも悪影響といわれています。そのため、どの犬種でも発症の可能性がある病気といえます。 犬の胃捻転の治療・予防 まずはねじれによって生じている血管の圧縮を解消し、ショック症状が起きている場合には点滴などで改善を行います。 胃が膨らんでいる場合、胃にガスが溜まっていることがあります。その場合は、胃にチューブを挿入するなどの方法でガスを抜く治療を行います。 重症の場合には、外科治療を行うこともあります。ねじれている胃を元の位置に戻す手術が一般的のようです。もし周りの臓器にも影響が出ている場合は、その治療も行います。時間の経過とともに治療が難しくなる病気のため、早急に動物病院で診てもらう必要があります。 予防方法としては、早食いできないような食器を使うなどして一気に食べてしまう食事習慣を避ける、食事を複数回に分けるなど大量食いを避ける、食後すぐの運動を避けるといった方法があります。またドライフードを与える場合は、水につけて一旦ふやかしておくことも有効といわれています。 特に食後すぐの運動には気を付けてください。胃や腸などの器官は体内で固定されておらず、食後すぐに運動してしまうと、膨らんだ胃が腸に絡まってしまう可能性が高まります。もしとても元気な犬を飼っていたとしても、食後は一旦落ち着く時間を取るように意識するようにしましょう。 再発しやすい病気でもあるので、一度完治しても予防には気を配る必要があります。 なりやすい犬種(好発犬種) グレート・デーン セント・バーナード アイリッシュセッター 犬の消化器の病気一覧 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょういねんてんしょうこうぐん) 膵炎(すいえん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 腸閉塞(ちょうへいそく) 会陰ヘルニア(えいんへるにあ) 肝硬変(かんこうへん) 膵外分泌不全症候群(すいがいぶんぷつふぜんしょうこうぐん) 腸炎(ちょうえん) 胃潰瘍(いかいよう) 肝炎(かんえん) 腸重積(ちょうじゅうせき) 胃炎(いえん) 蛋白漏出性胃腸炎(たんぱくろうしゅつせいいちょうえん) 腸リンパ管拡張症(ちょうりんぱかんかくちょうしょう) 巨大食道症(きょだいしょくどうしょう) 食道炎(しょくどうえん)