CATEGORY 犬の心臓の病気

犬の心臓の病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬の心臓の病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬の動脈管開存症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の心臓の病気

犬の動脈管開存症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の動脈管開存症の症状 犬の動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)の症状としては、生後まもなく特徴的な心雑音が聴取される。逆に、心雑音以外に明瞭な臨床徴候はないため病態の進行に気づかないことが多く、そのまま治療が行われない場合は、早期に死亡してしまう。 犬の動脈管開存症の原因 犬の動脈管開存症の原因としては、本来生後に閉鎖する動脈管が、生後も閉鎖せず残存することが原因で、左心室や左心房の容量負荷が生じてしまうことです。最終的には左心不全に陥ってしまいます。 犬の動脈管開存症の治療・予防 治療方法としては、カテーテル塞栓術または開胸による結紮術のどちらかが選択されます。一般的には、前者が第一選択となる。早期に治療に踏み切ることが大切です。 手術の予後は非常に良好であり、手術翌日には通常通りの食事も摂れるようです。 また、生後すぐに発見される病態であるため、予防方法はありません。 なりやすい犬種(好発犬種) トイ・プードル ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン マルチーズ シェットランド・シープドッグ シーズー 犬の心臓の病気一覧 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 心不全(しんふぜん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

犬の拡張型心筋症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の心臓の病気

犬の拡張型心筋症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の拡張型心筋症の症状 心筋症にはさまざまな種類がありますが、犬の場合ほとんどが拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)です。 初期段階においては失神や食欲減退を起こしたり、走ることや遊ぶことに興味を示さなくなる、などの症状が見られるようになります。 失神以外の症状は見落とされがちですので、注意が必要です。 症状が進行すると肺に水がたまり(肺水腫)、咳や呼吸困難を起こすようになります。最悪の場合、突然死を起こすこともあります。 犬の拡張型心筋症の原因 犬が拡張型心筋症を発症する原因として、遺伝が強く関わっているのではないかといわれています。 しかし、いまでもはっきりとした原因は分かっていません。 犬の拡張型心筋症の治療・予防 拡張型心筋症を発症する原因として遺伝が挙げられることから、根本的な治療は困難です。 症状にあわせて強心剤や血管拡張剤、利尿剤などの投与を行い、進行を遅らせます。 拡張型心筋症の発症自体を予防することはできません。 しかし、早期発見することによって進行を遅らせることができます。 定期的に心臓の検査などを行いましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ドーベルマン グレート・デーン ボクサー セント・バーナード アメリカン・コッカー・スパニエル 犬の心臓の病気一覧 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 心不全(しんふぜん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

犬の肺動脈狭窄症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の心臓の病気

犬の肺動脈狭窄症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肺動脈狭窄症の症状 犬の肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう)は、肺動脈の根元が先天的に狭く、血液が心臓内をうまく流れない状態を言います。 軽症の場合は特に日常生活に支障をきたすことはありませんが、そうでない場合は時間とともに病気が悪化し、疲れやすく運動量の低下やふらつき、失神、腹水などの症状がみられることがあります。これらの症状がみられるケースでは同時に成長不良が見られることもあります。 発育に伴って、肺動脈流速が増加する可能性が高い。血流速が5.0m/sec.を超えて6.0m/secに近づくにつれて、突然死の発生が増加します。臨床徴候は見られないとしても、定期的に肺動脈流速の検査が必要です。 犬の肺動脈狭窄症の原因 好発犬種があることから、遺伝的要素が高いとされています。狭窄により肺への血流量が減少することから、肺全体が発育不全に陥る場合があります。 犬の肺動脈狭窄症の治療・予防 症状が軽い場合は、定期検査と経過観察が必要です。狭窄が重度の場合は、内科的治療による効果は多くを望めないが、血流速を抑制することを期待して、βブロッカーの投与を行う場合があります。 また、最も必要な処置は、狭窄部位の開放であり、バルーンカテーテルによる弁口拡大術が第一選択になります。この治療により狭窄はなくなりますが、もし拡大術後も血流速が減少しない場合は、βブロッカーを併用します。 予防方法については、先天性の病気であるため現在はありません。定期的に検診をしっかりと受けましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・シュナウザー チワワ ビーグル 犬の心臓の病気一覧 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 心不全(しんふぜん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

犬の心房中隔欠損症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の心臓の病気

犬の心房中隔欠損症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の心房中隔欠損症の症状 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)は、先天性心疾患です。心房中隔は、右心房と左心房の間にある壁の役割をしていますが、生まれつき心房中隔に卵円孔(らんえんこう)という穴が開いているのが心房中隔欠損症という病気です。穴が開くことで右心房と左心房がつながってしまい、心臓や肺に負担がかかっていきます。心不全につながることもあります。 咳をする、疲れやすくなる、などの症状が表れます。症状が悪化すると、舌などが青紫色になるチアノーゼを引き起こします。 犬の心房中隔欠損症の原因 心房中隔欠損症は、先天性の心疾患です。子犬が胎内にいる胎児期には心房中隔に穴が開いていますが、通常は生まれる前に穴は閉じます。何らかの要因で心房中隔が閉じないのが心房中隔欠損症です。 犬の心房中隔欠損症の治療・予防 穴が小さい場合には症状が表れません。穴が大きくなっている場合には、外科治療を行い穴を閉じる手術が行われることもあります。 心房中隔欠損症は先天性心疾患のため、予防ができない病気です。早期発見・早期治療を心がけることが重要です。またフィラリア症を併発すると、重篤な症状になってしまいます。フィラリア症はワクチンで予防できる病気のため、ワクチン接種を欠かさないようにしましょう。 犬の心臓の病気一覧 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 心不全(しんふぜん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

犬の心室中隔欠損症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の心臓の病気

犬の心室中隔欠損症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の心室中隔欠損症の症状 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)は、先天性心疾患のひとつです。心室中隔(しんしつちゅうかく)は、右心室と左心室を隔てる壁としての役割を持っています。その心室中隔の一部が欠損している病気が、心室中隔欠損症です。右心室と左心室の血液が混ざり、心臓や肺に障害を起こすようになります。 欠損している部分が小さい場合は、症状が表れずに生涯を全うできることもあります。 欠損部分が大きく症状が重度になる場合には、呼吸困難や乾いた咳などの症状が発生します。また口唇が青紫色になるチアノーゼの症状が表れることもあります。 犬の心室中隔欠損症の原因 心室中隔欠損症は先天性の疾患です。子犬が胎内にいるときに心室中隔が十分に形成されず、右心室と左心室の間の心室中隔に、穴が開いてしまいます。 犬の心室中隔欠損症の治療・予防 治療方法としては、強心剤や利尿剤などを用いた内的治療を行い、病気の進行を抑えます。 他方、症状が進行している場合には、欠損部分を閉じ、右心室と左心室に壁を作り出す外科治療を行うこともあります。 この病気は予防ができないため、早期発見・早期治療を心がけることが何よりも重要です。 なりやすい犬種(好発犬種) イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル 犬の心臓の病気一覧 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 心不全(しんふぜん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

犬の心不全(心臓病)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の心臓の病気

犬の心不全(心臓病)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の心不全の症状 心不全(しんふぜん)とは、何らかの原因によって心臓の機能が低下し、血液を送る役割を果たせなくなる状態を指します。心臓病(しんぞうびょう)とも呼ばれます。 心臓には、左心房、左心室、右心房、右心室という4つの部屋があります。これらのいずれかに異常が生じることで、心不全の状態が引き起こされます。 心臓は右心と左心に分かれています。右心で起こる心不全を「右心不全」、左心で起こる心不全を「左心不全」といいます。 ところで、心不全は特定の病気を指す言葉ではありません。心臓での血液が逆流する、心臓に穴が開くなど、症状ごとに個別の病名が付けられています。それらを総称して、心不全と呼びます。 症状としては、咳をする、舌が青紫色になるチアノーゼという症状が表れる、ゼーゼーとした呼吸をするなどがありますが、心不全の種類によっても症状が変わってきます。必要であれば、 犬の心不全の原因 心不全が引き起こされる代表的な病気が複数存在します。代表的な心臓病である僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)や拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)などが挙げられます。 犬の心不全の治療・予防 具体的な病気ごとに治療方法が異なります。まずは動物病院で受診し、正確に診断してもらうことが必要です。その後治療を行ってもらいます。 また右心系の心不全の原因であるフィラリア症などは、予防接種をすることで高い確率で予防することが可能です。予防できそうな病気は、徹底して原因を取り除くようにしましょう。 犬の心臓の病気一覧 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 心不全(しんふぜん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)

犬の僧帽弁閉鎖不全症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の心臓の病気

犬の僧帽弁閉鎖不全症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の僧帽弁閉鎖不全症の症状 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)は、心臓にある僧帽弁(ぞうぼうべん)という箇所が長期間をかけて変形し、本来流れるはずの方向とは逆に血液が流れてしまう病気です。犬の代表的な心臓病といえます。 僧帽弁は、心臓の左心房と左心室をつなぐ場所にあります。本来は心臓から一方通行に血液が流れていますが、僧帽弁がうまく閉鎖できないことで血液が逆流します。そのため僧帽弁閉鎖不全症と呼ばれます。血液が逆流することで、綺麗な血液が全身に行き渡らなくなってしまいます。 病気の初期は、心臓の病気ということもあり、目に見える症状は見えにくいです。症状が進行し病気の中期に差し掛かると、運動時や興奮時に乾いた咳が出るようになります。徐々に咳の頻度が上がっていき、安静にしていても咳をするようになります。次第に運動してもすぐ疲れるようになり、散歩も含めた運動そのものを嫌がるようになります。運動後に失神を起こすこともあります。舌が青紫色になるチアノーゼという反応が確認できることもあります。 症状がさらに悪化すると、命にも関わる肺水腫(はいすいしゅ)も発症する可能性もあります。肺水腫は、肺に逆流した血液が溜まり、酸素の交換がうまくできず呼吸困難に陥る病気です。 犬の僧帽弁閉鎖不全症の原因 僧帽弁閉鎖不全症は、僧帽弁が変形することが原因で起こる病気です。ところが、僧帽弁が変形する理由そのものは分かっていません。 特定の犬種が発症しやすいことから、遺伝的な要因も検討されています。高齢になるにつれて発症しやすくなる病気ですが、比較的若年でも発症することがあるため油断は禁物です。特にキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、若年での発症も起きます。 犬の僧帽弁閉鎖不全症の治療・予防 僧帽弁閉鎖不全症を完治させる治療方法はありません。そのため症状を緩和させ、病気の進行を抑えるための治療が行われます。病気の進行度に合わせて、主に薬剤による治療が行われます。血管を拡張させる薬や心臓の機能を高める薬などを使います。症状によっては、抗生物質の投与や酸素吸入も行います。 基本的には一生を通じて投薬治療が必要です。薬の種類や量も変わっていくため、獣医師の先生の元へ通院を欠かさないようにする必要があります。 設備が整っている動物病院では、外科治療が選択される場合もあります。 明確な予防方法もないことから、早期発見できるように定期的に動物病院で検査を受けるようにしましょう。外部から見たときには無症状でも、定期検診時に心臓の雑音によって発見されることもあります。 また犬が興奮してしまうことで発症する危険性も高まります。普段から落ち着いて生活できるように、生活環境を整え、精神的に安心できるように心がけることも重要です。肥満や塩分の高い食事は心臓に負担をかけてしまうので、日頃から注意しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル トイ・プードル マルチーズ シーズー チワワ ミニチュア・ダックスフンド ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー 犬の心臓の病気一覧 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 心不全(しんふぜん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう)