CATEGORY 犬の腫瘍の病気

犬の腫瘍の病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬の腫瘍の病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬の精巣腫瘍を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の精巣腫瘍を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の精巣腫瘍の症状 犬の精巣腫瘍(せいそうしゅよう)とは、オス犬の生殖器である精巣に発生した腫瘍のことです。 精巣は精子を作るだけでなく、オスらしい身体を作る男性ホルモンを分泌する機能も持っています。 精巣に腫瘍ができた場合の悪性の割合は5%~20%とされており、命に係わるので、早急な対応が必要となります。 症状としては、老犬に多く、片方の精巣だけが巨大化してメス化(お乳が張る、脇腹の対称性脱毛、鼠径部の色素沈着などの症状)傾向を示し、潜在精巣における、発症率は13~14倍と高く、腫瘍内で悪性化する割合は10~14%ほどのセルトリ細胞が腫瘍化したセルトリ細胞腫、「精上皮腫(せいじょうひしゅ)」とも呼ばれ、多くは片側だけに発生し、大きさは2センチ未満の良性腫瘍で4歳以上の犬では約11%に見られ、好発年齢は10歳以降で稀にメス化傾向を示すセミノーマ、こちらも老犬に多く発症しメス化傾向を示すもののの、大抵は片側孤立性で大きさは1~2センチ程度、潜在精巣が危険因子とされている精細管間にあるライディッヒ細胞が腫瘍化した問質細胞腫瘍などが挙げられます。 犬の精巣腫瘍の原因 原因として潜在精巣という状態が挙げられます。 精巣は、オス犬が生まれたばかりの頃には露出せず、体内にある状態ですが、生後二か月ほどかけて降下してくる所を、まれに精巣が体内に収まったまま成犬になってしまうことがあり、この状態を潜在精巣と呼んでいます。 潜在精巣とそうでない犬では、潜在精巣の犬の方が精巣腫瘍を発症する確率が10倍ほど高くなるといわれていますが、この潜在精巣の発症率事態が約1%と低く、一般的には高確率で起こることの少ない病気です。 ですが、悪化すると命に関わるので、オス犬の飼い主は気に留めておく必要があります。 犬の精巣腫瘍の治療・予防 治療法としては、腫瘍化した精巣を除去する手術療法、腫瘍が悪性化し、尚且つ犬が手術に耐えられない状態だった場合に行われる薬物療法(化学療法)、性腺を刺激する人口ホルモンを投与して、停滞している精巣を強引に降下させる性腺刺激ホルモン療法などがありますが、三つ目の療法は四ヵ月齢未満の場合にのみ限る療法となります。 また、潜在精巣は小型犬に症状がみられるケースが多い為、小型犬を飼っている方は注意が必要です。 去勢手術をおこなうことで、精巣腫瘍のリスクは低下しますが、潜在精巣の場合は去勢のために開腹手術が必要になるので、小型犬の場合は特に身体にかかる負担が大きくなる為、去勢手術の前に獣医師に相談をして犬にとってリスクが一番少ない方法を選びましょう。 また、潜在精巣は後世に遺伝する要素がある為、原則繁殖に用いらないことが重要となります。 なりやすい犬種(好発犬種) トイ・プードル ポメラニアン ヨークシャー・テリア 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

犬の肛門周囲腺腫を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の肛門周囲腺腫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肛門周囲腺腫の症状 犬の肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)とは、肛門にある肛門周囲腺と呼ばれる分泌腺に腫瘍ができてしまう病気です。 肛門周りのしこり、出血、化膿などの症状が見られます。 症状が悪化すると、排便が困難になることもあります。 犬の肛門周囲腺腫の原因 犬の肛門周囲腺腫の発症には、男性ホルモンが大きく関わっているといわれています。 そのため、肛門周囲腺腫は去勢していない雄犬に多く見られます。 犬の肛門周囲腺腫の治療・予防 外科手術によって腫瘍を取り除き、虚勢手術を行うことで再発を防ぎます。 若いうちに去勢することが肛門周囲腺腫の予防につながります。 肛門付近のしこりを発見したら、すぐに動物病院を受診しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ジャーマン・シェパード・ドッグ 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

犬の乳がんを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の乳がんを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の乳がんの症状 犬の乳がん(にゅうがん)とは、母乳を生成する乳腺に腫瘍ができてしまう病気です。 乳頭の腫れ、胸のしこり、おなかを触られるのを嫌がる、食欲の低下などの症状が見られます。 犬の乳がんの原因 犬が乳がんを発症する原因は、はっきりとは解明されていません。 今現在では、女性ホルモンや遺伝が原因なのではないかと考えられています。 また、乳腺炎が原因となり、乳がんを発症することもあります。 犬の乳がんの治療・予防 外科手術によって、腫瘍の切除を行います。 摘出方法は「全乳頭切除」、「片側乳頭切除」、「部分切除」があります。 どの方法で腫瘍を摘出するかは、乳腺腫瘍の発症部位、良性か悪性かによって異なります。 食事療法としては高たんぱく・低脂肪食の食事を心がけましょう。 動物性の脂肪やチーズなどは極力避けるべきです。 原因がはっきり解明されていないため、予防することは困難です。 早期発見・早期治療ができるよう、異変に気づいたら、すぐに動物病院を受診しましょう。 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

犬の扁平上皮がんを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の扁平上皮がんを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の扁平上皮がんの症状 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)は、皮膚の表面にあたる扁平上皮(へんぺいじょうひ)が、がん化した病気です。鼻の表面や爪下、口の中にも腫瘍ができることがあります。 皮膚がただれたり、潰瘍や出血が確認できることもあります。 犬の扁平上皮がんの原因 発症の原因は、明確には分かっていません。 犬の扁平上皮がんの治療・予防 治療方法としては、腫瘍を取り除くための外科治療が行われます。手術の他に、放射線治療が行われることもあります。 原因不明の病気のため、早期発見・早期治療ができるように日々注意することが必要です。 また普段から腹部などの体の表面などを見て、しこりや腫瘍がないかを確認するようにしましょう。異常が見つかれば、すぐに動物病院で診察してもらいましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ダルメシアン ビーグル ウィペット 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

犬の肥満細胞腫を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の肥満細胞腫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肥満細胞腫の症状 犬の肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ)とは、粘膜下組織や結合組織などに存在する肥満細胞がガン化してしまう病気のことです。「肥満」と付いている病名ですが、太っているという意味の「肥満」とは関係がありません。 体の様々な部位に発生しますが、主に皮膚や皮下組織にできるといわれています。基本的には悪性の腫瘍のため、異変を感じたらすぐに動物病院で診てもらう必要があります。 比較的に悪性度が低い腫瘍は、直径1~4cmの弾力のある腫瘍で、多くは表面に毛がありません。一方で悪性度が高く、進行の早い腫瘍は、大きめで表面に潰瘍ができていたり自傷したりして、出血が見られることがあります。また、 腫瘍の周囲が赤く腫れて、ぶよぶよしていたり、ひどい皮膚炎を起こしているように見えることもあります。 皮下にできた肥満細胞腫は、脂肪腫などと間違われることがあります。腫瘍の大きさは小さいものから大きいものまであり、様々な形状をしています。また、外観だけでは悪性かどうかの判断が難しいですが、下半身にできたものは悪性である可能性が多いようです。 また、がんが転移したり、全身に広がったりすると、消化管での炎症や出血が起こり、血のまじった嘔吐や下痢がみられたり、食欲不振を生じることがあります。ときに全身性のショック症状を引き起こし、死に至ることもあります。 肥満細胞腫は重症度によって、グレード1からグレード3に分類されます。グレード3に進むほど悪性度が高く、他の部位へ転移している可能性も高くなります。 犬の肥満細胞腫の原因 肥満細胞腫の原因は現在明確にはわかっていません。平均発症年齢は9歳とされていますが若齢犬でも発症することから、犬種や遺伝による要因も考えられています。 また発症の要因としては、慢性的な炎症の関与も考えられるようです。 犬の肥満細胞腫の治療・予防 まず肥満細胞腫かどうかを検査するために、細胞の検査などを行います。同時に他の部位に転移していないかどうか、他に病気がないかも検査をします。CT検査や血液検査、遺伝子検査などが行われます。 肥満細胞腫の治療方法としては、外科治療をするか、抗がん剤を使用するかの2種類があります。基本的に外科治療が適用されるようです。手術によって、目に見えている部分だけではなく腫瘍の奥の部分まで、肥満細胞腫を完全に切除します。完全に取り切った場合は、予後も順調な回復が見込めます。 すでに体中に腫瘍が広がってしまっている段階の場合は、全身に効果を見込める抗がん剤による化学療法と手術の併用をするようです。 肥満細胞腫の予防は困難です。腫瘍がまだ小さく転移していない段階で早期発見し、早期治療に努めることが重要です。 なりやすい犬種(好発犬種) ボクサー ビーグル ボストンテリア ラブラドール・レトリーバー ミニチュア・シュナウザー 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

犬のジステンパーを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の骨肉腫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の骨肉腫の症状 犬の骨肉腫(こつにくしゅ)とは、骨にできる悪性の腫瘍のことです。稀に良性の腫瘍であることもあるようですが、ほとんどが悪性だと思って良いでしょう。犬の原発性の骨腫瘍としては約80%が四肢骨に認められ、なかでも骨幹端に多く発生します。 大型犬~超大型犬に多く発生が見られます。年齢的には、8歳以上の老齢犬に認められますが、2歳前後の若齢犬にも認められます。また骨肉腫は進行が早く、ほとんどが肺に転移するといわれています。 症状としては、痛みのため足を引きずる行為が多く見受けられます。足を引きずる行為は徐々に進行し、重症化すると全く負重することができなくなり、四肢を支えている筋肉が排薄化していきます。 また腫瘍が進行すると肺への転移が起こり、呼吸症状などの全身症状が生じることもあります。 犬の骨肉腫の原因 犬の骨肉腫の原因は明らかにはなっていません。 ただし、老齢の大型犬が多く発症します。具体的な犬種としては、ゴールデン・レトリーバー、グレート・ピレニーズ、ラブラドール・レトリーバー、シベリアン・ハスキーなどがあげられます。 犬の骨肉腫の治療・予防 骨肉腫の治療における第一の選択肢は、外科的な断脚です。激しい痛みから解放するためには、骨を含めた広範囲な切除が必須です。なぜなら、痛みはストレスとなり生体の免疫力を低下させ腫瘍の増殖を助長させてしまうからです。 切除に関しては、一般的に前肢の場合は肩甲骨を含めて断脚し、後肢では大腿骨頭から断脚されます。ただし、手術後の予後はそれほどよくはなく、余命は半年あるかどうかで、化学療法を併用した場合でも10ヶ月程度です。 術後は生活の負担を減らすために、義肢を装着してあげることも検討してあげてください。 患部の肢の温存療法は、その部位によっては可能ではありますが、合併症を伴うことが多いため、推奨はされません。全身的な化学療法は、転移や腫瘍の増殖を遅らせるための補助療法として用いられます。 また予防方法に関しては、明確な予防は残念ながら現在はありません。骨肉腫と判断されたときには、すでに肺に転移していることが多いといわれています。少しでも、足が腫れていたり、足を引きずって歩くような仕草が見受けられた場合は、すぐに動物病院に連れて行きましょう。 日頃からマッサージをすることで、しこりを見つけるなど、異常を早めに知ることも可能です。普段から愛犬とのコミュニケーションを欠かさないようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ラブラドール・レトリーバー ゴールデン・レトリーバー グレート・ピレニーズ 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

犬の血管肉腫を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の血管肉腫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の血管肉腫の症状 犬の血管肉腫(けっかんにくしゅ)とは、血管内皮細胞由来の悪性腫瘍のことです。この腫瘍は、血管が存在するすべての臓器で発生する可能性はあるが、特に好発部位としては、脾臓や右心房、あるいは皮下織に多く発生が見られます。 血管肉腫は転移率が高く、転移は多くの臓器に認められているが、主に肝臓と肺に多く起こりやすい。発生年齢では9~10歳の高齢犬によく発生する。また、腫瘍が破裂してお腹の中に出血し、死に至る怖い腫瘍でもあります。 症状としては、腫瘍の場所によっても異なります。もっとも確率の高い脾臓に腫瘍できた場合は、嘔吐・下痢・腹痛といった症状を引き起こします。心臓(主に右心房)に腫瘍ができた場合は、心臓と胸膜に溜まった水のせいで、呼吸困難、咳など心不全の症状全般を引き起こします。 犬の血管肉腫の原因 犬の血管腫瘍の原因として考えられるものは、紫外線、後発的な傷、遺伝などが考えられます。 紫外線に関しては、紫外線が細胞内のDNAに当たるとミクロな傷ができ、これが分裂すると、正常ではない細胞が徐々に増えます。血管肉腫は被毛の薄い腿の内側や腹部に、長時間にわたって日光を受けると発症しやすいといわれていることから、紫外線がガンの発生にかかわっていると推測されます。 また、遺伝に関しては、これまでの研究で血管肉腫にかかりやすい犬種がいくつか知られています。その例として、ゴールデン・レトリーバー、ボクサー、ジャーマンシェパードなどがあげられます。 犬の血管肉腫の治療・予防 皮膚における孤立性の血管腫瘍の第一選択肢は、外科的な摘出です。広範囲における腫瘍を無事に完全に摘出できれば術後の生活は送ることができます。また、外科的に取りきれない場合は、取り残した腫瘍に放射線を照射することも必要です。 しかし、肝臓・脾臓・心臓に発生した場合は、遠隔転移する可能性が高く予後は極めて悪い。外科的に摘出できる場合は、積極的に行い、化学療法(抗癌剤)による全身治療を併用することが重要です。 予防方法としては、飼い主が日頃から、病気の早期発見を兼ねてマッサージするなどがあげられます。普段からマッサージなどで愛犬に触れる機会があると、いち早く皮膚の病変を見つけることができます。 犬のマッサージなどを参考にしながら、痛がる部位やコリコリした場所がないかどうかなどを注意深く観察しましょう。「怪しい」と思ったらすぐに動物病院につれて行きましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ジャーマン・シェパード ゴールデン・レトリーバー ボクサー 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)

犬の乳腺腫瘍を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の腫瘍の病気

犬の乳腺腫瘍を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の乳腺腫瘍の症状 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)に罹ると、乳腺にしこりが確認できます。しこりは数ミリ~数十センチのものまで様々な大きさがあります。 良性の腫瘍もありますが、悪性の腫瘍の場合は、胸や腹など他の部位に転移することもあるため注意が必要です。 また一度発症すると、摘出手術による治療を行っても、後々再発する可能性が高い病気といわれています。乳腺がある限り発症の可能性があるため、メスの犬だけでなく、まれにオスの犬にも発症する場合があります。 犬の乳腺腫瘍の原因 乳腺腫瘍の明確な原因は分かっていません。 加齢に伴い、発症率が上がっていく病気でもあります。 犬の乳腺腫瘍の治療・予防 乳腺腫瘍の治療法として、まずは腫瘍摘出があります。腫瘍の発生部位によって異なりますが、部分的に乳腺切除をする場合と、全乳腺切除をする場合があります。 良性の腫瘍であれば、完全に切除することで術後の経過は良好になります。一方で悪性の腫瘍の場合、肺などの他の部位へ転移している可能性もあります。 手術での摘出の他に、放射線治療や化学療法を行う動物病院もあるようです。具体的な治療方法は、動物病院の獣医師の先生と相談するようにしてください。 犬の乳腺は左右に5対、計10個あります。小型犬の場合は4対、計8個の場合もあります。普段の生活の中で遊んでいるときなど自然な状態で構いませんので、乳腺を1つずつ触ってみて、しこりがないかをチェックしましょう。早期発見することで治療の幅が広がるため、日頃から腫瘍の存在を意識することが大事です。 また予防のために、避妊手術が行われることもあります。 なりやすい犬種(好発犬種) トイ・プードル チワワ ヨークシャー・テリア 犬の腫瘍の病気一覧 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) 骨肉腫(こつにくしゅ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) 血管肉腫(けっかんにくしゅ) 乳がん(にゅうがん) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 精巣腫瘍(せいそうしゅよう) 乳腺腫瘍(にゅうせんしゅよう)