CATEGORY 犬の目の病気

犬の目の病気を徹底解説!病気は早期発見・早期治療が大切です。動物病院の獣医師の先生に適切な説明・相談ができるように、普段から病気に対する知識を付けることが重要です。犬の目の病気の症状・原因・治療・予防について、分かりやすく説明します。犬の病気・犬のペット保険加入についての情報は【ペット保険ラボ】にお任せください。

犬の核硬化症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の核硬化症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の核硬化症の症状 犬の核硬化症(かくこうかしょう)とは、眼球内にある水晶体核が加齢に伴い、中心に向かって圧縮されて硬くなることで青みをおびて白く濁る病気です。 核硬化症だけでは視力障害を起こすことはありませんが、肉眼で見ただけでは白内障と変わらないため、区別が難しい症状です。 犬の核硬化症の原因 原因は水晶体の老化によるもので、犬の年齢が6歳頃になると、水晶体の中心部に白くて丸い輪郭がみられるようになります。 犬の核硬化症の治療・予防 白内障を併発している場合、点眼をすることもありますが、核硬化症に対して治療の必要は特にありません。 老化現象なので予防方法はありませんが、あえて予防をするならば併発の危険性がある白内障を防ぐためにも、5~6歳ころになったら定期的に眼科検査を受けるようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) 特にありません。どの犬種でもかかる可能性があります。 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の逆さまつげを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の逆さまつげを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の逆さまつげの症状 犬の逆さまつげ(さかさまつげ)とは、本来なら眼球の外側に向かって生えるべきであるまつげが眼球に向かって生えてしまう病気です。 逆さまつげにも種類があり、まつげの生える場所は正しいのに、何らかの原因により、内側に向かってまつげが生えてしまう「乱生まつげ」、まつげが内側から生えてしまう「重生まつげ」、まつげが瞼の内側から生えてしまう「異所性まつげ」などがあります。 主な症状は前足で目をこすろうとする、目ヤニが増える、涙がいつもより多く出る、などが挙げられます。 犬の逆さまつげの原因 乱生まつげの原因は顔のしわなどにより眼球周辺の皮膚が余ることで、まつげの方向が変わってしまうので起こると考えられており、パグやシーズー、チャウチャウなどの犬種に多い症状だといわれています。 重生まつげや異所性まつげの理由は明らかになっていませんが、遺伝などが原因ではないかと考えられており、重生まつげにおいて多い犬種はアメリカンコッカースパニエルやイングリッシュコッカースパニエルといわれているので注意するようにしましょう。 犬の逆さまつげの治療・予防 逆さまつげの治療法は、まつげを定期的に抜くというもの以外にも乱生まつげの場合には顔のしわの切除や眼瞼内反症の治療、重生まつげの場合には焼灼による永久脱毛、異所性まつげの場合にはマイボーム腺とまつげの切除が行われます。 また、逆さまつげは予防することが困難な病気なので、逆さまつげの症状が少しでも表れているという場合には速やかに動物病院に連れていき、重症化する前に対策するようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) 特にありません。どの犬種でもかかる可能性があります。 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の眼瞼炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の眼瞼炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の眼瞼炎の症状 犬の眼瞼炎(がんけんえん)とは、眼瞼の周辺に炎症が発生した状態のことです。 主症状は、目の周りが赤く腫れる、目の周囲の脱毛、前足で目をこすりたがる、目の周囲が化膿する、まばたきが多くなる、涙が多くなるなどが挙げられます。 犬の眼瞼炎の原因 原因は様々ですが、主に「瞼への外傷:トゲが刺さったり、虫刺され、火傷するなど」「瞼の異常:先天的、後天的の異常が瞼にあると炎症の引き金になります。具体的に眼瞼内反症、眼瞼外反症、逆さまつげ、兎眼など」「基礎疾患:他の疾患に引き続く形で発症することもあります。具体的に結膜炎、角膜炎、ドライアイなど」「病原体への感染:真菌(皮膚系状菌)、細菌、寄生虫(ヒゼンダニ、ニキビダニ)への感染が発症原因になることもあります」などが挙げられます。 犬の眼瞼炎の治療・予防 基本的に点眼をして炎症を抑える方法を取りますが、症状を引き起こしている原因に応じて変わる為、他の疾患によって引き起こされている場合は、根本的な原因となっている基礎疾患への治療が優先され、感染症が疑われる場合は抗生物質や抗真菌薬を投与し、犬が目をこすろうとする場合はエリザベスカラーを装着してそれを防ぐなどが挙げられます。 眼瞼炎を予防することは困難ではありますが、不可能ではないので寄生虫や細菌への感染に注意したり、犬の瞼に異常が現れやすいのは早朝が多い為、確認し次第早急に動物病院に連れていくことで、早期治療を望めます。 犬の眼瞼炎において特に大事なことは発症した原因を特定し、それに応じた適切な治療をしてあげることなので、自分で判断せずに動物病院にきちんと行くようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) 特にありません。どの犬種でもかかる可能性があります。 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬のドライアイを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬のドライアイを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のドライアイの症状 犬のドライアイ(どらいあい)とは、眼の表面が乾いて角膜と結膜に炎症が生じた状態をいい、正式名称は乾性角結膜炎(かんせいけつまくけん)といいます。 ドライアイの主症状は、結膜の肥厚、結膜のにごり、結膜からの出血、目ヤニの増加、瞼が癒着するほか、重症化した場合、角膜に穴が空き失明することもあります。 また、強い痛みがある為、瞼の開きが小さくなったり、目をしょぼしょぼさせたりする様子が見られます。 犬のドライアイの原因 考えられる原因はいくつかありますが、「涙腺・第三眼瞼腺の異常」「眼球の表面積が大きい」などが挙げられます。 涙液を提供している涙腺や第三眼瞼腺に異常が発生すると涙の産生が減って眼球が乾きドライアイになりますが、腺の異常の原因は炎症、神経障害、ジステンパーなどの感染症、サルファ剤を始めとした薬を使用した場合や、チェリーアイの治療として第三眼瞼腺を切除した時、眼球周辺の腫瘍に対して放射線治療を行った場合なども、涙の量が低下することがあります。 また、涙液の分泌は正常でも、涙が蒸発してしまうスピードが速すぎてドライアイになってしまう場合もあり、具体的にアメリカンコッカースパニエル、イングリッシュコッカースパニエル、ブルドッグ、ウェストハイランドホワイトテリア、ラサアプソ、シーズー、パグなどの眼球の表面積が大きいギョロ目の犬種で多く発症の確認がされています。 そのほかに、パグやヨークシャーテリアにおいては遺伝的な要因が疑われていますが、詳細についてはまだわかっておらず、ブルドッグ、ウェストハイランドホワイトテリア、ミニチュアシュナウザーにおいてはシューグレン様症候群がドライアイを引き起こすことが分かっています。 シューグレン様症候群とは免疫系統が自分自身の腺組織を攻撃し、破壊してしまう免疫系の病気で、唾液腺が破壊されるとドライマウス、目瞼腺が破壊されるとドライアイが引き起ります。 犬のドライアイの治療・予防 主な治療法はいくつかありますが、涙の分泌を人工的に増やす「涙促進薬」や、目薬を差し、角膜と結膜を乾燥から防ぐ「点眼薬」、症状が進行したり、軟膏が効かない場合は耳の下にある耳下腺と呼ばれる分泌器官を結膜に移植する「手術」などが挙げられます。 ドライアイの完全予防は困難ですが、普段から観察をすることで早期発見が可能となります。 特に、目が赤かったり、目ヤニが異常に多くなっている時などは注意し、ほこりや異物、シャンプーなどが眼に入った場合は人工涙液などの点眼液を使って汚れを落としてあげることも大切です。 犬の目のトラブルは多いので、普段から目のチェックを行い、何らかの症状を感じたときは早めに動物病院に受診し、目薬をさす際に犬が暴れることがないように日ごろから目薬の練習をしておくとよいでしょう。 なりやすい犬種(好発犬種) シーズー ミニチュア・ダックスフンド チワワ ミニチュア・シュナウザー ヨークシャー・テリア ペキニーズ 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の角膜内皮ジストロフィーを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の角膜内皮ジストロフィーを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の角膜内皮ジストロフィーの症状 犬の角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー)とは、眼球内にある内皮細胞数や細胞自体に問題が生じることにより、角膜実質の脱水性を保てなくなって角膜が混濁してしまう状態のことをいいます。 中年齢で発症することが多く、最初は局所的でも緩やかに全体に混濁が広がっていき、片目から最終的には両目が白濁していきます。 進行すると角膜内の水分留意が水膨れとなり、その水泡が角膜表面に達して破裂すると痛みの伴う角膜潰瘍が形成される場合もあります。 犬の角膜内皮ジストロフィーの原因 角膜内皮細胞に障害が起きることによって、浸透圧調節機構の破綻が生じ、結果として角膜に浮腫が生じる為だと考えられており、特定の犬種に多く見られることから、遺伝の関与が原因と考えられています。 主な犬種はダックスフント、チワワ、オストンテリアなどが報告されています。 犬の角膜内皮ジストロフィーの治療・予防 局所治療では完治できませんが、高浸透圧性の軟膏(5%塩化ナトリウム)を角膜表面に塗布することで角膜内の余分な水分をくみ出すことに役立てられます。 投与回数は症状によりますが、内皮細胞の損失を助長するぶどう膜炎を抑える消炎剤を使用したり、潰瘍がみられる場合は局所抗生物質点眼液を処方されることもあります。 また、角膜の水泡や瘢痕形成が頻繁にみられるようであれば、レーザー角膜形成術、加熱角膜形成術が行い、これにより角膜内に瘢痕組織を作ることで角膜表面に水泡が到達するのを防ぎ、新たな潰瘍形成をさせない効果が見込めます。 潰瘍形成が少なければ、犬はより快適で点眼治療の回数も減らすことができます。 遺伝性なので予防は難しいですが、日頃から犬の様子を確認し、異常がみられたら速やかに受診をするようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) チワワ フレンチ・ブルドッグ 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の角膜潰瘍を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の角膜潰瘍を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の角膜潰瘍の症状 犬の角膜潰瘍(かくまくかいよう)とは、外傷や感染が原因で角膜の組織が欠けてしまう症状のことをいいます。 角膜は眼球内への光の通り道の最も外側にある血管の走行していない透明な膜で、角膜の損傷が上皮のみの浅いものを表在性角膜潰瘍(ひょうざいせいかくまくかいよう)、角膜実質に及ぶ深いものを深部性角膜潰瘍(しんぶせいかくまくかいよう)といいます。 また、ボクサーやフレンチ・ブルドッグ、ゴールデン・レトリーバーなどでは、上皮細胞が基底膜に接着できないことによる難治性潰瘍(なんちせいかいよう)がみられることもあり、難治性潰瘍についてはボクサー潰瘍ともいわれます。 主な症状としては瞼の痙攣、羞目、流涙の他に、膿性の目ヤニや結膜の充血、角膜の浮腫や混濁、血管の侵入がみられることもありますが、酷くなると潰瘍が深部にまで届き、デスメ膜が癌のように突出した状態(デスメ膜癌)になることもあるほか、最悪の場合には欠損が角膜の全総にまで及び(角膜穿孔)、角膜に穴があいて眼房水が流出することもあります。 犬の角膜潰瘍の原因 主な原因として挙げられるものは「外傷」「物理的に繰り返される刺激」「乾燥」「異物」「細菌感染」「化学物質」「免疫介在性」などがあり、なりやすい犬の特徴としては「短頭種(パグやシーズーなど)」「涙の量が少ない犬(乾性角結膜炎など)」「涙の膜に異常がある犬(涙膜異常)」などがあります。 また、老年性の角膜変性症は角膜潰瘍に進行しやすいことが知られています。 犬の角膜潰瘍の治療・予防 進行具合によって治療法は異なります。 単純な角膜潰瘍であれば治療を始めてから3日~1週間ほどで回復してきます。 主な内科的治療方法は「抗生剤の点眼薬:頻繁に投与し、最近の繁殖を抑える」「角膜保護成分のある点眼薬:頻繁に投与し、角膜の保護・修復を助ける」「エリザベスカラーの装備:犬が眼に触れて患部の悪化を防ぐ」などがあります。 複雑な角膜潰瘍になると、上記の治療に加えて根本的な原因があればそれに対する処置や治療が行われ、潰瘍に対する内科的治療法として他には「血清点眼:犬の血清を点眼し、潰瘍部の修復のための栄養を与える」「アセチルシステイン:角膜実質のコラーゲン線維を溶かす酵素の働きを抑える」「抗生剤の内服:全身への感染を防ぐ」などがあります。 難治性の角膜潰瘍に対しては、内科的治療だけでなく外科的治療も行われますが、難治性や深部の角膜潰瘍で行われる主な外科的治療は「デブリードマン:点眼麻酔(麻酔薬の入った点眼薬)をした状態で角膜の修復を妨げているめくれた角膜を除去する」「格子状角膜切開術:点眼麻酔下で、角膜表面に格子状のごく浅い傷をつける」「ソフトコンタクトレンズの装着:デブリードマンや格子状切開などの外科的処置と並行して使用されることもある」「弾幕被膜術(結膜フラップ術):全身麻酔下で目頭側にある眼を覆う膜である弾幕を瞼に固定し、潰瘍部を外的刺激や乾燥から守り、涙を常に目の表面にいきわたらせことで潰瘍部の修復を促進する」「有茎結膜皮弁術(ゆうけいけつまくひべんじゅつ):結膜で潰瘍部を多い、結膜の血管から栄養を供給することで修復尾促進する」「角結膜転移術:近くの健康な角膜で潰瘍部を覆う」などがあります。 また、細菌感染により角膜が溶け急激に角膜穿孔にまで進行してしまうことのある緊急性の高いものもあり、その場合は1~2時間ごとの点眼と細かな通院または入院が必要になります。 最終的に角膜の状態が安定してくれば必要に応じて外科的治療も行われるようになります。 角膜穿孔が進行してしまうと、目の状態によっては眼球摘出も治療の選択肢に入ってきてますが、眼球感染から全身への細菌感染が広がる危険性を避ける為であり、獣医師からからよく説明を受けて治療方針を相談していきましょう。 予防策としては、目で見て病変が確認できなくても、羞明がみられたり、涙がいつもより多く出ている状態ならば角膜潰瘍を起こしている可能性がありますので、進行すると角膜穿孔に至り失明する危険を考え、早期発見・早期治療を行うことが大切です。 普段から目の充血、涙の量、目ヤニ、左右の目の大きさをチェックするようにして、異常が確認できたらすぐに受診するようにしましょう。 特にパグやシーズーなどの目に外傷を受けやすい短頭種の場合、日頃から目の健康に注意するようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) パグ シーズー その他目が突出している犬種 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の網膜剥離を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の網膜剥離を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の網膜剥離の症状 犬の網膜剥離(もうまくはくり)とは、眼球内部にある網膜が脈絡膜からはがれた状態です。 網膜剥離には種類があり、「裂孔原性(れっこうげんせい):網膜に穴が開いたことによる網膜剥離」、「非裂孔原性:網膜に穴が開かないまま起こる網膜剥離」の二種類に分けられ、更に非裂孔原性には牽引性と滲出性があります。 裂孔原性は動物では症例は少ないですが、シー・ズーやラサ・アプソなどの犬種では高確率で自然発生しやすいとされています。 また、網膜剥離の症状は飼い主が気付くころには両目の網膜に広範囲で剥離が起こっている場合がほとんどで、片目や一部のみでの症状は現れにくい為、気付くことは難しいといいます。 その為、目の前のものや家具にぶつかる、歩くとしきりに地面を嗅ぐ様子がある、不安そうにおどおどしながら行動する、ものを目で追う様子がないなどの症状が見られ始めた頃には失明をしている場合がほとんどで、他の症状としては網膜剥離により眼内出血が引き起こされた際には黒目の部分が赤く見える事もあります。 犬の網膜剥離の原因 原因はいくつかあり、遺伝によるもの、あらかじめ抱えている病気による誘発、外傷によるものとがあります。 遺伝的に眼球の異常を発症しやすい犬種を具体的に挙げると、水晶体の脱臼を起こしやすいテリア種、水晶体の液化を起こしやすいシーズー、視神経コロボーマを起こすコリー、網膜形成不全を起こしやすいラブラドールレトリバー、サモエド、ベドリントンテリア、オーストラリアンシェパードなどです。 あらかじめ抱えている病気による誘発の場合、具体的な病名に糖尿病、進行性網膜萎縮症、牛目を伴った緑内障、高血圧、甲状腺機能低下症、赤血球増加症、ぶどう膜炎、白内障、水晶体脱臼などが挙げられます。 外傷が原因であった場合、繰り返し頭部に衝撃を受けることによって発症するパターンは稀ですが、白内障の手術に伴う医療性の外傷は時々見られます。 犬の網膜剥離の治療・予防 治療方法は網膜剥離の型によって変わります。 裂孔原性や牽引性のような部分的な網膜剥離の場合、それ以上の剥離の進行を予防するためにレーザー治療によって網膜を固定する光網膜凝固術が行われ、片側の目で網膜剥離が起こると残った正常の目も将来網膜剥離になる可能性があったり、白内障などの眼内手術後に網膜剝離を起こすケースも多い為、これらのケースに該当する犬に対し予防的に行うこともあります。 広範囲或いは完全な網膜剥離の場合は治療を行わないことが多いものの、適応であれば網膜硝子体手術により網膜を再度つけることができます。 ただし、この手術が可能な設備や獣医師をそろえている動物病院は全国でもかなり限られてしまうこと、すべての施術例で視力が回復するわけではないこと、ほかの眼内手術同様に合併症が起こる可能性もあるという問題やリスクもあります。 滲出性の網膜剥離の場合は、高血圧や脈絡網膜炎(みゃくらくもうまくえん)などの炎症が原因となっているので網膜剥離の原因となっているそれぞれの病気の治療を行います。 例えば、高血圧には血圧降下剤や高血圧の原因になっている病気の治療、脈絡網膜炎や眼内炎の原因に対する治療、具体的に腎不全や心不全などが原因の高血圧であればそちらの治療を行い、免疫に関わる疾患であれば免疫抑制剤を、細菌やカビなどの真菌が原因であれば抗生剤や抗真菌剤などが処方されたりします。 予防策としては、遺伝的な原因以外は症状の原因となる疾病の早期治療や、外傷の元となる原因を生活から取り除くなどの対応が必要となります。 網膜剥離は状態がかなり進むまで症状に気付くことは非常に少ない疾患なので、事前に定期的な眼の検診を行い、行動や様子に異常が見られた場合はすぐに動物病院に連れていくようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) シーズー ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア トイ・プードル 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の網膜萎縮を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の網膜萎縮を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の網膜萎縮の症状 犬の網膜萎縮(もうまくいしゅく)とは、目の奥にある網膜が、変性して薄くなった状態を網膜萎縮といい、症状が進行すると失明する可能性もある病気です。 初期段階では視力障害が起こらないため、気付かないことが多いのですが、進行とともに症状が悪化して夜間のみの視力障害から始まり、昼夜問わず視力障害が見られるようになり、末期になると視力が失われてしまうこともあります。 また、犬種によって進行の速さや発症の時期は異なりますが、生後間もなくに発症すると進行が速く、病気の程度も重くなります。 犬の網膜萎縮の原因 特定の犬種での発症が多いことから、遺伝的要因があるといわれています。 網膜萎縮を発症しやすい犬種は、コリー、ラブラドール・レトリーバー、ミニチュア・プードル、アイリッシュ・セッター、シェルティ(シェットランド・シープドッグ)など、数十頭が明らかになっています。 犬の網膜萎縮の治療・予防 現在、網膜萎縮に有効な治療法は無く、病気の進行を遅らせるために内科的に投薬を行うことはありますが、効果が見られない場合もあります。 したがって、診断をされたら犬がなるべく不安やストレスの少ない日常生活を送れるように飼い主が生活面で気を付けるようにし、室内のトイレやフードボウルは動かないように固定、障害物は歩行の邪魔にならないように除去し、散歩時には人通りが多くない静かなコースを選ぶようにしてあげましょう。 遺伝性の病気なので、病気自体の具体的な予防策は現在ありませんが、繁殖の際にこの症状が見られた犬を交配に使用しないようにすることが予防に繋がっていくため、しっかり繁殖計画を立てていきましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・ダックスフンド トイ・プードル ウェルシュ・コーギー・ペンブローク キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル シーズー チワワ パグ ビーグル マルチーズ ミニチュア・シュナウザー 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の水晶体脱臼を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の水晶体脱臼を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の水晶体脱臼の症状 犬の水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう)とは、眼球の中にある水晶体という部分を支えるチン氏帯の断裂によって水晶体の位置が正常な位置からずれてしまった状態のこといいます。 外れ方によっては、「脱臼」と「亜脱臼」とに分かれます。 水晶体の脱臼だけで、緑内障やぶどう膜炎を起こしていない場合は、特に症状を示さない場合もありますが、水晶体脱臼が原因となって眼圧が上がり、緑内障が起こることがあるので注意が必要です。 緑内障やぶどう膜炎を伴う場合には、激しい目の痛みや充血、角膜の炎症や白濁(角膜浮腫)等がみられ、視力が低下して失明することもあります。 犬の水晶体脱臼の原因 先天性・遺伝性のものと後天性で起こる場合があります。 ミニチュアシュナイザー、トイプードル、ジャックラセル・テリア、スカイ・テリアなどの犬種がこの病気にかかりやすく、先天性の場合はこれらの犬種の眼球構造や発育不全が原因になっていると考えられています。 後天性の場合、眼球内の腫瘍、ぶどう膜炎、白内障や緑内障が引き金となり発症することもあります。 また、打撲などのら外傷から誘発されるケースもあります。 犬の水晶体脱臼の治療・予防 前方脱臼の場合、緑内障や角膜の障害を引き起こす危険が高い為、水晶体を摘出する手術が行われます。 後方脱臼の場合は、通常は外科的処置を必要としませんが、前方脱臼に移行して緑内障の併発を防ぐ為に縮瞳薬(しゅくどうやく)の点眼を行う場合があります。 いずれにしても定期的に眼圧測定を行い、眼圧の上昇や緑内障の併発がみられる場合、外科手術を施さねばならない可能性もあり、場合によっては水晶体の摘出手術を施すこともあります。 先天性・遺伝性の場合は発症の予防が難しいのですが、好発犬種ではワクチン接種などの健康診断時に動物病院で定期的に目のチェックをしてもらうことで緑内障などの続発する疾患を防ぐことができます。 後天性の場合でも定期的に動物病院で診察を受け、適切な治療を行うことが必要となります。 また、家庭でできるチェックとして、犬の目の色や開き方、目を気にするような様子がないか、物にぶつかったり見えにくそうな様子などを確認し、気になる症状がある場合は早めに受診をするようにしてください。 なりやすい犬種(好発犬種) ミニチュア・シュナウザー トイ・プードル ジャック・ラッセル・テリア 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬のマイボーム腺炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬のマイボーム腺炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のマイボーム腺炎の症状 犬のマイボーム腺炎(まいぼーむせんえん)とは、まつげの生え際にあるマイボーム腺が炎症する病気です。 マイボーム腺は、油分を分泌し、眼球の乾燥を防ぐという役割を担っています。 瞼のふちが赤く腫れる、瞼の周辺にイボができる、目ヤニや涙液が増えるなどの症状が見られます。 また、痒みを伴うことも多く、目をこすったり、床にこすりつけたりするようになります。 犬のマイボーム腺炎の原因 マイボーム腺炎には二つの種類があります。 マイボーム腺に細菌が感染することで起こる炎症を「麦粒腫(ばくりゅうしゅ)」、マイボーム腺に分泌物で詰まることで起こる炎症を「霰粒腫(さんりゅうしゅ)」といいます。 つまり、マイボーム腺炎は、細菌感染か分泌物のつまりが原因となります。 犬のマイボーム腺炎の治療・予防 麦粒腫の場合は、抗生物質の投与によって細菌の活動を抑制します。こちらは比較的早く治ります。 霰粒腫の場合は、外科手術を行い、詰まっている分泌物の排出を行います。 マイボーム腺炎は予防が難しい病気です。 早期発見・早期治療ができるよう、異常を感じたらすぐに動物病院へ行きましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) 長毛種がなりやすいといわれています。 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬のホルネル症候群について徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬のホルネル症候群を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のホルネル症候群の症状 犬のホルネル症候群(ほるねるしょうこうぐん)とは、目の周辺に異常が現れる神経障害です。 症状は、瞳孔が縮む、目の瞬膜が腫れて外に出てくる、上瞼が垂れ下がる、目がくぼむなどの症状が出ます。 ホルネル症候群は、通常片目のみに発症します。 犬のホルネル症候群の原因 犬のホルネル症候群は約半数が原因不明となっています。 残りの半分は腫瘍、中耳炎・内耳炎、脳脊髄炎などが原因となり、目を司っている交感神経が傷つけられて発症します。 また、リードやチョークチェーンを激しく引いたことによる首への衝撃や、事故などの外傷によって発症することがあります。 犬のホルネル症候群の治療・予防 まず、ホルネル症候群を引き起こしている原因を調べます。 基礎疾患が原因となっていた場合には、その基礎疾患の治療を行います。 原因不明の場合には、経過観察を行います。 二週間~四ヶ月ほどで治癒することもありますが、生涯治癒しないこともあります。 予防方法はありませんので、少しでも異変を感じたらすぐに動物病院を受診しましょう。 また、リードやチョークチェーンの使用方法にも気をつけましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) チワワ ミニチュア・ダックスフンド ヨークシャー・テリア トイ・プードル ボストン・テリア ペキニーズ 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の眼瞼内反症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の眼瞼内反症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の眼瞼内反症の症状 犬の眼瞼内反症(がんけんないはんしょう)は、まぶたが内側に向かって曲がりこむ病気です。まつげや被毛が角膜や結膜を刺激し、角膜炎や結膜炎を引き起こし、涙や目ヤニが出ることが多くなります。また、これが慢性化してしまうとこれらの炎症が治りにくくなってしまいます。 刺激が長く続くと痛みや痒みが出て、目をこする様子が見られ、さらには、角膜に色素沈着や角膜潰瘍を起こしてしまうことがあります。 犬の眼瞼内反症の原因 主に先天性であることが多いです。そのほか、結膜炎や怪我、または何らかの病気で筋肉や神経が正常に動かなくなることで発症することがあります。 犬の眼瞼内反症の治療・予防 起こしている炎症の度合いなどにもよりますが、以下の3つが主な治療方法です。 ・角膜炎や結膜炎に対する点眼薬などでの治療 ・刺激のもととなるまつげの排除 ・重度の内反に対する外科手術 先天性であることが多く、予防方法は今のところありません。 なりやすい犬種(好発犬種) セント・バーナード ブルドッグ トイ・プードル パグ ペキニーズ 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の眼瞼外反症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の眼瞼外反症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の眼瞼外反症の症状 犬の眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)は、主に下まぶたが外側に向かってめくれる病気です。角膜や結膜が外部に露出し、炎症や潰瘍を起こしやすくなります。 まぶたが外側に反転して結膜の赤い粘膜の一部が露出した状態になり、露出した結膜や角膜に炎症が起きると、涙や目ヤニが増えます。さらに炎症が進むと痛みや痒みが生じ、目をこする様子を見せることもあります。 犬の眼瞼外反症の原因 主に先天性であることが多いです。また、何らかの病気やケガで顔面の筋肉が弱ったり、顔面麻痺が起こったりすることで発症することがあります。 犬の眼瞼外反症の治療・予防 起こしている炎症の度合いなどにもよりますが、以下の3つが主な治療方法です。 ・角膜炎や結膜炎に対する点眼薬などでの治療 ・ドライアイに対する点眼薬や眼軟膏などでの治療 ・重度の外反に対する外科手術 先天性であることが多く、予防方法は今のところありません。 なりやすい犬種(好発犬種) イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル セント・バーナード ニューファンドランド バセット・ハウンド ロットワイラー 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の結膜炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の結膜炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の結膜炎の症状 結膜炎(けつまくえん)は、白目の表面に炎症結膜が赤く充血して腫れる病気です。目やにや流涙(涙を流すこと)などの症状が見られるようになります。 また、目に痒みや痛みが生じるようになるため、顔を床にこすりつけたり、頻繁に目を前足でこすったりといった行動が見られます。 犬の結膜炎の原因 結膜炎の原因としては、目に細菌やウイルスや寄生虫などが入ることで感染する場合や、アレルギーなどの体質的な問題、ほこりなどの異物が入ったりして目をこすったり、まつ毛が目にあたるなどといった物理的刺激などが考えられます。 まつ毛に関しては、ポメラニアンやシーズー、マルチーズなどの犬種は、特に逆さまつ毛が原因で結膜炎になりやすいと言われています。 犬の結膜炎は、特に外部からの物理的刺激によるものが多いのが特徴です。一般的に、結膜炎の症状が片目で出ている場合は、異物混入が原因になっていることが多いです。両目に症状が出ている場合は、細菌やウイルスなどの感染が原因になっていることが多いです。 犬の結膜炎の治療・予防 結膜炎の治療は、点眼薬や眼軟膏などの投与といった内科治療が主となります。また、原因が判明した場合は、その治療も並行します。結膜炎は、早期治療を行うことで完治が期待できる病気です。愛犬が目を気にする素振りを見せたら、すぐに動物病院で診てもらうようにしましょう。 予防方法として考えられることは、まつ毛を短く切るなどのケアをしたり、アレルギー体質の理解、生活環境を清潔に保っておくことなどが考えられます。あまりにも目をこすってしまう場合には、一時的にエリザベスカラーを付けることも有効です。 またシャンプーが目に入ることも原因になりえるので、お風呂に入れるときにも注意が必要です。 なりやすい犬種(好発犬種) 特にありません。どの犬種でもかかる可能性があります。 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬のブドウ膜炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬のブドウ膜炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のブドウ膜炎の症状 犬のブドウ膜炎(ぶどうまくえん)とは、虹彩、毛様体、脈絡膜のいずれかで炎症を起こす病気のことです。そもそもブドウ膜炎とは、目の構造の虹彩、毛様体、脈絡膜の総称のことなのです。 現れる主な症状としては、涙が流れる、目が痙攣する、強い光を受けると目が痛むなどがあります。他には、低眼圧、結膜充血、房水混濁、角膜混濁、縮瞳、眼内出血です。犬は目ヤニや涙が多く流れることで、痛みを感じて目をこすったり、まぶしそうに目を細めたりするようになります。 犬のブドウ膜炎の原因 ブドウ膜は、血管に富んだ組織です。ブドウ膜炎は外傷、角膜炎、子宮蓄膿症などで起こることがあります。原因ははっきりしないことが多いのですが、全身疾患が原因の場合は両目に症状が出ることが多くなります。 ほかに考えられる原因としては、免疫介在性、特発性、代謝異常、感染性、毒性、外傷、腫瘍関連性などが考えられます。 犬のブドウ膜炎の治療・予防 治療方法としては、原因がはっきりとわかればその治療をしていくことになりますが、すぐに特定できないことが多く、点眼や内服によるステロイド剤での消炎治療や結膜下注射が基本になります。 別の疾病によってブドウ膜炎が引き起こされている場合は、そうした基礎疾患への治療が施されます。また、感染症が原因の場合は抗生物質、抗真菌薬、駆虫薬の投与、角膜炎や結膜炎が原因の場合はまずそれらの疾患に対する管理が優先されます。 なりやすい犬種(好発犬種) 特にありません。どの犬種でもかかる可能性があります。 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の流涙症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の流涙症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の流涙症の症状 流涙症(りゅうるいしょう)は、その病名の通り、目に涙があふれてしまう病気です。鼻涙管という機能に涙が詰まり、涙が鼻からうまく抜けません。 目やにが出ることによって、皮膚が腫れることもあります。炎症が表れてしまうこともあります。そうなると、目が気になった犬が該当箇所をこすって、症状を悪化させてしまうことがあります。 犬の流涙症の原因 流涙症は、涙の量が急増することで涙があふれることが原因になる場合と、涙を流す機能に異常が原因となる場合があります。 まつ毛の伸びていく方向に異常がある場合、目に外傷が与えられ、その刺激を守るために涙が大量に出てしまうこともあります。 犬の流涙症の治療・予防 目に刺激が生じていることが原因の場合、その刺激の原因そのものを取り除きます。例えば、まつ毛の除去を行います。 鼻涙管が完全に塞がっている場合には、外科治療によって治療を行うこともあります。 流涙症の予防は難しいです。涙があふれている様子を見かけたらこまめに拭き取り、動物病院でも様子を診てもらうようにしましょう。流涙症は、即座に命に関わる病気となることは稀ですが、早期発見・早期治療によって症状の拡大を防ぐように意識しましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) トイ・プードル マルチーズ 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬のチェリーアイを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬のチェリーアイを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のチェリーアイの症状 チェリーアイは、正式には第三眼瞼腺脱出(だいさんがんけんせんだっしゅつ)といいます。 犬の目には、上瞼(上まぶた)と下瞼(したまぶた)の他に、3つ目の瞼(まぶた)があります。それを第三眼瞼(だいさんがんけん)と呼びます。第三眼瞼の裏には第三眼瞼腺が、普段は表からは見えないように隠れています。チェリーアイは、第三眼瞼腺が腫れあがり、表に飛び出してしまう病気です。その様子がさくらんぼのように見えることから、チェリーアイと呼ばれています。 第三眼瞼腺が表に飛び出す様子を見れば、すぐに動物病院に連れていくようにしましょう。チェリーアイになると、涙が多く流れる、目を気にしてこすったりするなどの症状も確認できます。 飛び出た第三眼瞼腺が目に過度な刺激を与え、角膜炎や結膜炎を併発させることもあります。 犬のチェリーアイの原因 チェリーアイの原因は、先天性の場合が多いようです。遺伝的に、腺の組織と骨の密着度合いが弱い犬種がいます。この場合には、若くして発症することもあります。 外傷による炎症によって腺が腫れ、後天的に発症することもあります。 犬のチェリーアイの治療・予防 症状が軽度の場合には、点眼治療を行います。腫れを抑えるために行われますが、効果がある場合は少ないようです。そのときは外科治療によって、突出した部分を元の位置に戻す治療が行われることもあります。 再発を繰り返す場合にも、外科治療を行います。第三眼瞼そのものを削除してしまうと、目が乾くことによる別の病気の発症の恐れがあります。そのため近年は、できる限り第三眼瞼を保存できるように、慎重に外科治療方法が選択されます。 治療中や術後にも、目を気にする素振りを見せる場合には、エリザベスカラーを装着するなど一時的に保護することも必要です。 チェリーアイは予防ができない病気です。そのため、早期発見・早期治療が大切です。異常を見つけたら、すぐに動物病院で受診するようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) ブルドッグ シーズー ビーグル フレンチ・ブルドッグ 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の角膜炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の角膜炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の角膜炎の症状 角膜炎(かくまくえん)とは、目を覆っている薄い透明の膜である角膜が炎症を起こす病気です。 角膜炎を発症すると、激しい痛みを伴うこともあり、頻繁に目をこすろうとする、瞬きの回数が増える、涙が流れる量が増える、目やにが増えるといった症状が表れます。症状が悪化すると、角膜が濁り白く見えることもあります。 角膜炎は、角膜上皮以下の欠損が見られない「非潰瘍性角膜炎」と、角膜上皮以下の欠損を伴う「潰瘍性角膜炎」に分類されます。 非潰瘍性角膜炎はさらに、「慢性表層性角膜炎」、「結節性肉芽腫性角膜炎」、「色素性角膜炎」に分類されます。 潰瘍性角膜炎はさらに、「表層性角膜潰瘍」、「深層性角膜潰瘍」に分類されます。 どの角膜炎なのかについては、獣医師の先生の診断結果を仰ぎましょう。 犬の角膜炎の原因 各膜炎の原因としては、角膜への外傷による刺激を与えることが挙げられます。具体的には、シャンプーが目に入る、目をこすりすぎる、目の周りの毛や皮膚が当たる、砂や埃などが目に入るなどです。遊びや喧嘩により、誤って目が傷ついてしまう場合もあります。そのため、比較的、目が突出している犬種は注意が必要です。 またカビや細菌などによる発症、感染症による発症も起こりえます。ビタミン不足の場合にも発症する可能性があります。 犬の角膜炎の治療・予防 点眼薬による治療が、主な治療方法となります。炎症を悪化させないための抗炎症薬や、二次感染を防ぐための抗生物質などが使用されます。目を保護するために、犬用の医療コンタクトレンズを装着する場合もあります。獣医師の先生と相談しながら、何度か通院しましょう。 仮に症状が進んでいた場合などは、外科治療を行うこともあります。 目を気にする仕草は、外見からも分かりやすい症状のため、愛犬にそのような異変を感じたらすぐに動物病院で受診するようにしましょう。 角膜炎自体は治った場合でも、角膜の表面は濁った状態が続き、視力低下や失明もあり得る病気です。そのため、角膜炎は早期発見・早期治療をすることが重要な病気です。 なりやすい犬種(好発犬種) シーズー フレンチ・ブルドッグ パグ 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の緑内障を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の緑内障を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の緑内障の概要と症状 緑内障(りょくないしょう)は原因および急性か慢性化によって次のように分けられます。5日以上で起こる慢性的な「慢性緑内障」、2日以内でいきなり起こる「急性緑内障」、遺伝による先天性の「原発性緑内障」、他の病気が引き起こす「続発性緑内障」です。 初期症状は結膜が赤くなるのみですが、悪化すると突然目を痛がり始めます。慢性期になると、視覚を失い、時間が経つと眼球が伸び、牛の目のように眼球が大きくなったり(牛眼)、角膜に裏からひびが入ったように見えたりすることがあります。 この段階では、視神経や網膜がダメージを受けて、すでに視覚が低下している状態となります。若ければ若いほど症状の進行は早く強くなります。 進行がさらに進んでしまっている場合は、視野が狭くなり物にぶつかりやすくなる、角膜炎や結膜炎になる、毛細血管が出てくる、眼が痛みまぶたが痙攣する、食欲不振、嘔吐などの症状がでてきます。この状態になってしまうと、視力がかなり低下しているか、最悪の場合には失明している可能性があります。 犬の緑内障の原因 緑内障の一番の原因は、眼房水(がんぼうすい)と呼ばれる液体が、排泄障害により眼球内に過剰にたまり還流悪化を起こすことで、眼球内の圧力が高くなることです。 通常であれば、毛様体(もうようたい)という部分で産生された房水は、眼球の前方(前房)に向かって流れていき、角膜の末端にある隅角(ぐうかく)と呼ばれる部位を経てスポンジ状の組織(線維柱帯やシュレム管)から吸収されます。しかし、何らかの理由でこの流れが悪くなると、行き場を失った房水が眼球内部にたまり、まるで水風船を膨らませるように眼球を内部から押し広げようとします。この状態が「眼圧の上昇」です。 この房水の排泄障害の原因は原発性と続発性とがあり、犬では二次的に隅角が閉塞される続発性が多いといわれています。遺伝だと考えられている原発性では、水の出口である隅角が潰れてしまうことで発症します。また、他の眼疾患に続発して発症することもあります。 犬の緑内障の治療・予防 緑内障と判断された場合には、早急に上昇した眼圧を内科的に減圧する必要があります。発症後72時間以内に眼圧を下げなければ、失明してしまう可能性が急激に高まると考えられています。 発症がわかった場合には速やかに眼科専門医と連絡をとりましょう。視覚に異常が出ている場合は、専門医による手術が必須であるためです。手術の方法は、視覚が残っている場合と、そうでない場合とでは異なります。 視覚の残っている場合は、レーザーで毛様体を焼くことで房水の産生や排出を調節する手術の方法や新たな房水の流出路をつくるバイパス法などがあります。ただし、一度手術を行えば完治するものではなく、繰り返し手術が必要な場合もあります。加えて、手術後も降圧剤の点眼を継続する場合があります。また、あまりに小さな犬種では手術ができないケースもあります。さらに、片目が緑内障になった場合、もう片方も発症する確率が非常に高いため、すぐに正常な目も治療を開始するようにしましょう。 そして不幸にも視覚を失ってしまった場合は、シリコンボール強膜内挿入術、ゲンタマイシン硝子体内注入術、眼球摘出術が適応されることなります。 次に予防方法についてですが、緑内障には具体的な予防方法はありません。しかし、早期発見することで病気の進行を抑えられる場合があります。したがって原発性緑内障を起こしやすい犬種では、定期的な眼の検査を受けることをお勧めします。 また続発性緑内障は、他の眼の病気が要因となりますので、愛犬の眼に異変を感じた場合には、できるだけ早めに動物病院の診察を受けるようにしましょう。 なりやすい犬種(好発犬種) 柴犬 シーズー ビーグル トイ・プードル 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)

犬の白内障を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう犬の目の病気

犬の白内障を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の白内障の症状 白内障(はくないしょう)とは、目の中にある細胞である「水晶体」というレンズが、白く濁った状態になる病気です。水晶体は、目の中に入ってきた光を網膜に届ける役割を担っていますが、その水晶体のたんぱく質が白く濁ってしまうことにより、一般的には視力・視覚が低下します。 白内障に罹ると視野が曇ってしまうため、段差でつまづく、意図せず物にぶつかる、歩くときにフラフラとよろける、鼻先を使い探るようにしながら歩行するなど、犬の歩行に支障が生じます。愛犬が壁沿いに歩くようになった場合も病気の可能性があります。目が見えにくくなっているために壁を頼りにして歩行しているかもしれないためです。 一方で初期の白内障では、特に明るい場所では犬の行動に変化がみられず、飼い主の発見が遅れてしまうこともあります。白内障の症状が進行すると、最悪の場合は失明に至ります。年単位で徐々に悪化する場合もあれば、急速に悪化する場合もあります。急速に悪化した場合は、目が赤くなったり、涙が流れる、なかなか目が開けられないなどの症状が表れます。犬としても大変な痛みを伴います。 白内障の初期症状では、目の局所的に白濁が広がります。中期の症状では、白濁が水晶体全体にに広がります。それにより、犬の視力は大きく低下します。この状況では光を感じることができますが、網膜に大きなダメージがあります。後期の症状では、水晶体内でたんぱく質が分解され、融けたように見えます。 白内障とよく似た外観の病気として、核硬化症(かくこうかしょう)と呼ばれる病気があります。犬の水晶体の中に白濁のような灰色が確認できますが、白内障とは濁る場所が異なり、別の病気です。 似た名称の病気として、緑内障(りょくないしょう)が挙げられます。名前は似ていますが、全く異なる症状の病気です。緑内障は外見上の変化は分かりにくい病気で、眼圧が高くなることで視神経を圧迫し、視力の低下を引き起こす病気です。 これらの病気との区別は専門知識がなければ分かりにくいため、動物病院で詳しくみてもらいましょう。 犬の白内障の原因 白内障の原因は、老化によるものが多いと思われがちですが、それ以外の原因もあります。老化の場合は、7~8歳以上で発症することが多いといわれますが、生後数か月から数年といった若年の犬が発症する場合は、先天的な遺伝的要素が大きいと考えられています。このように遺伝的要素による発症が多いのも、犬の白内障の特徴です。遺伝的要素の場合でも、小型犬から大型犬まで、体の大きさに関係なく罹る可能性があります。 また、代謝性白内障のように糖尿病による影響や低カルシウム血症による影響で発症したり、外傷性白内障のように目の外傷といった後天的・二次的影響で発症することもあります。ただし、具体的にどのように水晶体のたんぱく質が変性して濁るのかについての詳細は、現在は不明の病気となっています。 犬の白内障の治療・予防 犬の白内障は症状の進行が早いため、早期発見・早期治療を心がけることが重要です。症状の検査方法として、まず明るい部屋と暗い部屋で、物の見え方を比較します。障害物のある場所を問題なく歩けるか、目の前に物を落としたときにしっかりと目で追うか、などを確認します。続いて目に細い光を当て、眼球を観察します。 そういった診察の結果、初期症状の場合は、点眼薬や内服薬を組み合わせて、炎症や痛みを緩和する治療を行い、白内障の進行をおさえていきます。 ただしこのような目薬による内的治療では、視力の回復は見込めません。日常生活が困難なほど白内障が進行している場合には、視力を取り戻すために、手術などの外的治療を行うこともあります。手術には、水晶体のあった場所に代わり、人口の眼内レンズを装着するなどの手法があります。 白内障は予防が難しい病気ですので、糖尿病など白内障に関連のある病気と合わせて、動物病院での定期検査を日頃から徹底するようにすることが大切です。普段から愛犬をよく観察し、少しでも疑問に思ったら、動物病院へ行き獣医師の先生に相談するようにしましょう。年に1回の健康診断で、目の検査も行うことをおすすめします。 なりやすい犬種(好発犬種) トイ・プードル ビーグル 柴犬 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル ゴールデン・レトリーバー シーズー ミニチュア・ダックスフンド パグ ミニチュア・シュナウザー ヨークシャー・テリア 犬の目の病気一覧 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 結膜炎(けつまくえん) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ 流涙症(りゅうるいしょう) 眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ホルネル症候群 ぶどう膜炎(ぶどうまくえん) マイボーム腺炎(まいぼーむせんえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 網膜剥離(もうまくはくり) 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) ドライアイ 眼瞼炎(がんけんえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 核硬化症(かくこうかしょう)