ペット保険に告知義務?加入に必要なことを知ろう!

ペット保険に告知義務?加入に必要なことを知ろう!

ペット保険に加入しようと思い、いざ申請の準備を進めていくと様々な必要項目の入力や記入が必要になってきますよね。

ここでは申請の際に必要になる、ある項目について紹介していきたいと思います!

ペット保険の加入に必要なこと

ペット保険への加入手続きを進める際、愛犬愛猫の名前や種類など、様々な項目を記入していきますね。

これらは「告知」といわれ、どのペット保険に加入する際にも必要になる工程になります。

これら告知事項は、ペット保険に加入する際に必ず必要になる事項であり、加入者は保険会社にこれらの情報について告知をする義務があります。

では、告知する義務とはどのようなものなのでしょうか?

次の項目で告知義務について説明をしていきたいと思います。

ペット保険の告知義務とは

告知義務とは、保険加入者が保険契約を結ぶ際に保険会社に対して事実を隠すことなく告げなくてはならない義務のことをいいます。

加入の際には必ず必要になるため、避けては通れない道ですが、ここからは告知義務については紹介していきます。

告知義務が必要な理由

いくら必要であると言われても、その重要性は聞いただけではイマイチイメージしづらいですよね。

何故、加入するにあたってペットの情報を詳しく深刻しなくてはならないのでしょうか。

ペット保険とは人間の保険と同様に、加入者が出し合った保険料でお互いを扶助する制度になります。

そのため、「健康状態が悪い」「病気で弱っている」「高齢で病気にかかりやすい」といったペットも保険に加入できるようにしてしまうと、加入者間で公平性を保つことができなくなり、保険としての制度が成り立たなくなってしまいます。
保険会社は保険金の支払いが増えることで最悪破綻してしまうことも…。

ペット保険はあくまで、健康なペットが将来的に万が一の病気やケガに備えるために加入するものであり、このような不公平を防ぐ為にも、加入者が契約を行う際に、ペットの健康状態や過去の病歴などを正確に申告することを求められています。

告知義務を怠ると…?

義務化されるほどなので、正確に申告をする必要があります。

では、もし虚偽の内容や違う内容について告知をしてしまった場合はどうなるのでしょうか。

誤った内容や嘘の内容を告知した場合、「契約の解除」や「保険金の支払いが行われない」という可能性が発生するようです。

例え悪気が無くても、告知内容に相違が生じた場合はこのようなことになることがあるため、保険加入時には告知事項を確認し、事実に沿って正しく答えるようにしましょう。

嘘の告知を行った場合ですが、保険会社によっては直接動物病院に問い合わせをして確認をすることもあるようなので、後々に嘘がバレてしまうことを考えると最初から正直に伝える方が賢明でしょう。

また、告知義務違反を避けるためにペット保険の会社によっては加入時に獣医師の診断書の提出を義務付けているところもあります。

一定の年齢までは必要が無くても、ある年齢を超えると獣医師の発行する診断書の提出が必要になる場合があるので、獣医師の診断書の提出の必要性の有無についても加入前に確認するようにしましょう。

ペット保険の告知する内容

告知義務の事項はどのようなものなのがあるのでしょうか。

内容について確認していきましょう。

主な申告内容

加入の際に告知する事項は、契約する保険会社によって異なりますが、申し込んだ時点でのペットの健康状態や病気の既往歴などは主に確認されます。

また、具体的な告知事項の例は下記になります。

【ペットの基本情報】 ペットの生年月日
ペットの体重
ペットの種類(大型犬・中型犬・小型犬・猫)
ペットの品種
【ペットの健康状態や病歴・他のペット保険加入状況など】 混合ワクチンの接種状況
他社ペット保険の契約状況
既往症(これまでに患った病気について)
過去3ヶ月以内に病気やケガで治療を受けた内容(傷病名・治療内容・治療期間・動物病院名)

上記項目はあくまで例なので、全ての保険会社で確認される内容ではありませんし、場合によってはもっと記入内容が少ない会社や逆に記入内容が多いという保険会社もあります。

告知対象期間はいつから?

告知をしなくてはならない病気やケガの時期は、その種類によって異なります。保険自体への加入ができないような重篤な病気については、時期を問わずこれまでに一度でもかかったことがあれば告知しなければなりません。直近に症状がなくても、先天性異常や既往歴と判断されて契約に支障が出ることもあります。この点が、人間を対象にした保険とは大きく異なってきます。

これに対し、特定の病気や部位にのみ補償の対象外とするような病気・ケガの一部は、過去3ヵ月から6ヵ月以内に限って、該当したかどうか問われるものもあります。ただし、ペット保険は1年更新なので、加入の際に補償から外された病気やケガがあっても、更新するときに完治していれば、再告知をすることで補償対象になる可能性もあります。ダメだったからと諦めず、申請をして確認をしましょう。

加入できない可能性がある病気

加入できない可能性がある病気やケガについて、多くの保険会社は審査基準を公表していません。
ただ、一般的に次の病気やケガにかかったことがある場合、契約が難しいようです。

上記に該当すると、かかった時期や現在の治癒状況に関わらず、保険への加入そのものが難しいことが多いようです。
また、これらはあくまで一般的な例で保険会社によって内容は異なってくるため、加入したい保険会社の告知書や重要事項説明書、約款などに明記されている場合はよく確認するようにしましょう。

状況によりペット保険に加入できない可能性がある病気やケガ

また、これも保険会社によって異なりますが、下記の病気にかかったことがあると契約はできても、その病気や部位が補償の対象外になるか保険に加入できない可能性が出てきます。

上記に該当する場合、告知書に記載する内容に応じて保険会社が契約可能かどうかを判断します。可能な場合にも、どの病気や部位を補償対象外にするかなどの詳細な条件を審査します。

まとめ

ここまで告知義務や告知事項について紹介してきましたが、再度内容をおさらいしていきましょう。

ペット保険加入に必要なことって

ペット保険加入にはペットの名前や種類・病歴などの、加入するペットの情報を伝える必要がある「告知義務」があります。

告知義務とは

保険加入者が保険契約を結ぶ際に保険会社に対して事実を隠すことなく告げなくてはならない義務のことをいいます。

  • 告知義務が必要な理由
  • ペット保険はあくまで、健康なペットが将来的に万が一の病気やケガに備えるために加入するものであり、現行で病状などのあるペットの加入をすべて認めてしまうと将来的に必要になるかもしれない加入者への保険料が支払われることなく、最悪保険自体が破綻してしまうという事態を防ぐために公平な判断の材料として加入者の正確な健康状態の告知を必要としています。

  • 告知義務を怠ると…?
  • 義務があるので加入前に怠ることは不可能ですが、もし事実に基づかない内容を申告した場合は悪意の有無関係無く「契約の解除」や「保険金の支払いが行われない」などの可能性が発生します。

告知する内容

  • 主な申告内容
  • 具体的な一般例として、【ペットの基本情報(「ペットの生年月日」「ペットの体重」「ペットの種類(大・猫など)」「ペットの品種」)】と【ペットの健康状態や病歴・他のペット保険加入状況など(「混合ワクチンの接種状況」「他社ペット保険の契約状況」「既往症(病歴など)」「過去3ヶ月以内に病気やケガで治療を受けた内容(傷病名・治療内容・治療期間・動物病院名など)」)】などが挙げられます。

  • 告知対象期間はいつから?
  • 告知しなくてはならない病気やケガの時期は種類により異なり、重篤な病気などの場合は一度でもかかったことがあれば必ず告知しなくてなりません。また、先天性異常や既往歴によって判断されて契約に支障が出る可能性もあるほか、補償の対象外とするような病気・ケガの一部は、過去3ヵ月から6ヵ月以内に限って、該当したかどうか問われるものもあります。

  • 加入できない可能性がある病気
  • 全ての保険会社が該当する訳ではありませんが、一般的に加入が難しい可能性がある病気やケガもあります。
    リストに飛ぶ

  • 状況によりペット保険に加入できない可能性がある病気やケガ
  • 前述の通り、全ての保険会社に該当するわけでないない上に各社によって異なりますが、病気によっては契約ができても今後その病気や発症した部位への補償が対象外になるかペット保険に加入できない可能性もあります。
    リストに飛ぶ

以上がこのページで紹介してきた告知とその義務についての内容になります。

ペット保険に加入する際、切っても切り離せない内容になるので必要となる理由をしっかり頭に入れておき、保険加入選びをの材料として活用したり、加入をスムーズに行えるように準備しておきましょう。