多頭飼いでペット保険は難しい?知りたい多頭飼いのペット保険加入策!

多頭飼いでペット保険は難しい?知りたい多頭飼いのペット保険加入策!

多頭飼いという言葉は聞いたことがあるという方や、これから多頭飼いをしてみたいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ここでは多頭飼いとそのペット保険について紹介していきたいと思います!

多頭飼いとは

多頭飼い(多頭飼育)とは、文字通り複数の生き物を同時に飼育することをいい、昨今、留守番が多い家庭では愛犬や愛猫が1頭だけでは寂しいかと思い2頭目の購入を決める飼い主さんも多くいるといわれています。
もうすでに多頭飼いをされている方もいらっしゃると思いますが、これから多頭飼いをしてみたいと検討している方に多頭飼いの良い点と注意したい点について触れていきたいと思います。

多頭飼いの良い点

多頭飼いをする上で良いといえる点を紹介すると、年の近い犬同士の場合は留守番の間お互いが遊び相手になれるので運動不足やストレスの解消に繋がるという点があります。
また、先輩犬がしつけやトイレトレーニングをきちんとこなせている場合は、後輩犬が自然にトイレトレーニングをこなせるようになることもあるようです。
ほかの犬との接点が多い生活は社会性を学ぶ良い機会になるため、子犬の内から多頭飼いをすれば社会性のある付き合いやすい犬への成長が期待できるでしょう。
ただし、後輩犬と先輩犬の順列はきちんと守ることが大切になりますので、先輩犬を立たせた上でお世話をしてあげるようにするのが大切になります。

多頭飼いの注意する点

犬を飼うと1頭でも結構な金額がかかります。餌代やシーツ代、狂犬病などのワクチン摂取やフィラリアなどの定期的にかかる費用などを含めると結構な金額になりますし、もし病気やケガをした場合はもっと高額なお金がかかるとういことも念頭に入れておく必要があります。
また、世話をする生き物が増えるので単純に餌の用意、排泄物の片づけ、散歩などの手間は2頭ならば2倍、3頭ならば3倍になります。
さらに犬同士にも人と同じように相性があるので、同居させる犬との相性が良い時もあれば悪い時もあります。良い場合は一緒に生活することが可能ですが、悪かった場合は犬同士がストレスを溜めないように別々のスペースに住まわせるなどの配慮も必要になります。

多頭飼いでも保険に入ったほうがいいのか

多頭飼いについてご紹介しましたが、ここからは多頭飼いをした場合の保険加入についてご紹介していきたいと思います。

多頭飼いで加入すると良い点

多頭飼いの状態であれば、飼っている犬猫の数だけ飼育費用がかかる為、それから更にその数だけの保険料もとなると一見大変ではありますが、その数の犬猫たちが一気に病院にかかることになった場合を考えると更に高額の病院費用が掛かってしまうことになります。一緒の空間にいるからこそ感染症などは同じタイミングで発症しやすく、また、同い年のペット同士なら高齢による問題が同タイミングで起こる可能性もあります。すべて自費で賄うとなるとかなりの金額を支払うことになると考えると念のため全員加入をさせておくことをお勧めします。

保険会社によっては、ペット保険に割引制度を設けている場所も少なくない上、多頭飼いの場合に適用される「多頭割引」がある保険会社もあります。

多頭飼いならではの割引のほかにも、様々な割引を設けている保険会社もあるので、加入前によく割引制度を確認しておくことが大事です。

多頭飼いで加入する際に注意したい点

前述していますが、飼っている頭数分だけ加入すればその分の保険料がかかるため、金額が嵩んでしまうという点があります。
必ずしも全頭が感染症にかかるわけではないということや、これは多頭飼いだけに限りませんが、ペット保険の補償内容によっては主要の病気以外は補償対象外になることもあるので、保険選びの際にはきちんと補償される傷病の内容を確認して加入をすることが大切になります。

多頭飼いのペット保険の決め方

多頭飼いのオススメプランを紹介している保険会社はいくつかありますが、正直説明を読んでもイメージしづらく選ぶのが難しいと感じることが多いかもしれません。そういう場合、多頭飼いをしているからこそできる決め方というのが、「1頭ずつ別々の保険会社のペット保険に加入させてみる」というやり方になります。
実際にその保険を利用してることで、見えてくるものや実感などもあるので、迷った時は保険会社の担当者さんに会って相談をすることで雰囲気を感じて見たり、補償内容や制度などをわかりやすく説明してもらうことで納得したならばそこの保険会社に全員移行するということもできる可能性があります。
「入りたいな」と考えている内に、加入のタイミングを逃してしまい、ペットが高齢になってからペット保険への加入が更に難しい状況になるリスクを考えると、加入に際して気になる待機期間や詳しい補償の内容について理解も深まるというメリットもあるので試してみる価値はあるでしょう。

まとめ

多頭飼いとそのペット保険について紹介してきましたが、一度おさらいしていきましょう。

多頭飼いとは

複数の生き物を同時飼育することで、昨今ではペットを複数で飼う家庭も増えているようです。

  • 多頭飼いの良い点
  • 「留守の多い家庭では遊び相手が増える為、運動不足やストレス解消になること」、「ほかの犬との接点が持てるため、社会性が付けられること」という点が挙げられます。

  • 多頭飼いの注意する点
  • 「餌や生活用品、ワクチン費用などが飼っている頭数分かかってしまうこと」、「食事や散歩などの世話をするのも頭数の数だけ手間がかかてってしまう」、「犬同士にも相性があることを考慮しないといけない」という点が挙げられます。

    多頭飼いでも保険に入ったほうがいいのか

  • 多頭飼いで加入すると良い点
  • 「飼っているペットが複数感染症にかかってしまった際の通院や治療費などが補償される」、「多頭割引を行っている会社もいくつかある」という点が挙げられます。

  • 多頭飼いで加入する際に注意したい点
  • 「加入する頭数だけ支払う保険料が高くなってしまう」という点が挙げられます。

    多頭飼いのペット保険の決め方

    頭数の数だけ別々の保険会社に加入をし、比較をして良いと感じた保険会社に全頭移行してみるという方法があります。

    以上がこのページで紹介した内容になります。

    多頭飼いは1頭分の飼育費用を飼育したい頭数の数だけ倍にした費用が掛かるので、少し気押されしてしまうかもしれませんが、費用がかかるだけではなくその分ペットや飼い主にとってのメリットも十分に見込めるので、すぐに諦めてしまうのは少し早いかもしれません。しかし、1頭でも手いっぱいだと感じた場合は命を扱っているとうことを念頭に置いて諦めることも必要になるかと思います。

    また、多頭飼いでの保険加入について不安を感じていたという方も様々な加入方法があるので、紹介した方法を取ってみたり、直接保険会社に問い合わせをすることで別の納得いくお得な補償や割引を見つけることが可能になるかもしれません。

    多頭飼いをしている方、多頭飼いをしたい方が理想のペット保険を探し、見つけられる手助けになれれば幸いです。





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。