CATEGORY 犬種別の保険

おすすめの犬のペット保険をお探しの方はこちら!犬種ごとに人気のペット保険を比較して選びましょう。犬種ごとの特徴やかかりやすい病気・なりやすいケガはもちろん、飼うときの注意点や加入条件・料金なども分かりやすく解説!犬のペット保険の口コミ・ランキングも!

チワワにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

チワワにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チワワに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 チワワがなりやすい病気・ケガ チワワがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 水頭症(すいとうしょう) 気管虚脱(きかんきょだつ) 角膜炎(かくまくえん) 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 低血糖症(ていけっとうしょう) 口蓋裂(こうがいれつ) 骨折(こっせつ) チワワの特徴 チワワの歴史 チワワは、メキシコ北部チワワ州原産の犬種で、北アメリカでは最も古い犬種といわれています。世界最小犬種としても知られています。日本では、1970年代から家庭で飼われるようになりました。 チワワの大きさ・見た目 チワワは、体高が15~23cm、体重3kg未満と、小型犬に分類され、世界最小犬種です。 その体の小ささから、日本の住宅でも広さを気にする必要がなく、ペット可のマンションなどで飼う方が多くなっています。 チワワには主に「スムースコートチワワ」と「ロングコートチワワ」の2種類おり、特に毛が長めのロングコートチワワは絶大な人気を誇っています。 大きな瞳に立ち耳が特徴的な犬種で、額は丸みを帯びているため、その形状から「アップルドーム」と呼ばれています。 チワワの性格 チワワはマイペースな性格で、素っ気ない様子を見せているかと思えば、ときには猫のように飼い主に甘えます。 また臆病で繊細な面も持ち合わせていて、少しの物音にも驚いてしまいます。そのため散歩中に他の犬とバッタリ出会うと怖さのあまり吠えてしまったり、飼い主に怒られないように常に気をつかったりしています。 飼い主の方は、チワワに頼れる存在になるように、守ってあげるようにしてください。 一方で独立心があり独りの状況でも耐えられるので、お留守番を任せても平気な犬種でもあります。むしろ独りの時間もしっかり確保して、安心してくつろげる環境を提供してあげることも重要です。 基本的には、勇敢で忠実な性格も持ち合わせており、飼い主に対して深い愛情を示してくれます。 ただしチワワは小さい体に比べて脳が発達している賢い犬種であり、誰でも構わず愛情を振りまくわけではありません。飼い主の方はしつけを通して、信頼関係を育めるように生活していきましょう。 チワワを飼うときの注意点 チワワが体が小さく骨が細いため、少しのきっかけで骨折することがあります。椅子をきちんとしまうなど、段差を極力つくらないように意識しましょう。 寒さにも弱いので、冬はエネルギーを増やすために食事量を少し増やしてカロリー摂取量を多くしたり、日当たりのいい場所にいられるようにしましょう。 ロングコートチワワの場合は、フサフサの被毛も多く生えており毛も多く抜けます。ブラッシングを定期的に行い、抜け毛を取るようにしてください。週に2~3回程度が目安です。 ブラッシングをすることで皮膚病のリスクも下がりますし、チワワとのコミュニケーションも十分に保つこともできます。 チワワにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、チワワにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ウィペットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ウィペットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ウィペットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ウィペットがなりやすい病気・ケガ ウィペットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 緑内障(りょくないしょう) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) 脂漏症(しろうしょう) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 口蓋裂(こうがいれつ) ウィペットの特徴 ウィペットの歴史 1700年代のイギリスでは、森の中で猟をする際、グレーハウンドを猟犬として用いていました。 しかし、グレーハウンドのなかでも体の小さなものたちは猟に向かないとされ、繁殖者のもとへ返却されてしまうということが頻繁に起こりました。 繁殖者たちは、この返されたウィペットと小型の犬を交配し、畑を荒らすウサギなどの小動物を追うための犬種を育てはじめました。こうして誕生したのが「ミニチュアグレイハウンド」であるウィペットです。 また、このころイギリスではブル・ベイティング(複数の犬で牛を倒す見世物)や闘犬が流行していました。これらは賭博として工業地域へも広がりました。 しかし、1835年、動物愛護という観点によりブル・ベイティングや闘犬が禁止され始めます。そして、それらの代わりとして流行し始めたのが、犬同士を競争させるドッグレースです。 富裕層は、大型のグレーハウンドや馬を競わせて競争を楽しんでいましたが、それら動物の飼育には多くの資金が必要となるため、庶民には手が出せないものでした。 そこで、庶民の間では小さなサイズの犬を競わせるレースが娯楽として流行するようになりました。このレースで人気になったのが俊足なウィペットです。 ウィペットは「貧乏人の競争馬」とまで呼ばれるようになりました。 それに関連して、ウィペットの名前の由来は「鞭で飛ばす=whipped up」からきているという説まであります。 1891年、ウィペットはイギリスケンネルクラブに登録されることとなります。 ドッグショーに出始めると、その外貌の美しさが評価されはじめます。 そして家庭犬として人気になり、世界中に愛好家を持つようになりました。 ウィペットの大きさ・見た目 ウィペットはオスの場合、体高が47~51cm、体重が約15kg、メスの場合、体高が44~47cm、体重が約9kgとなっています。 引き締まった筋肉や折りたたまれた耳からは、空気抵抗の少ない機能的な美しさを感じることができます。 前足と後ろ足を揃えて、全身をしならせて走る走り方が特徴的です。 被毛はきめが細かく滑らかな短毛で、カラーは「グレー」、「ブリンドル」、「ホワイト」などがあります。 ウィペットの性格 従順で、大変落ち着きがあるため、しつけがしやすい犬種です。 また愛情深い犬種でもあるので、子供がいる家庭でも飼うことができます。家庭犬として理想的だといえるでしょう。 一方で、運動が大好きという面もあります。屋外では思い切り走らせてあげましょう。 散歩は最低でも一日1時間は確保する必要があります。 もともとはレースで活躍していたということもあり、高い集中力の持ち主でもありますのでアジリティなども向いています。 感受性が高い犬種ですので、しつけをする際にはしかることだけでなく、ほめることを中心に行いましょう。 ウィペットを飼うときの注意点 ウィペットは毎日大量の運動量が必要です。 走ることが好きなため、毎日の散歩ではジョギングなども交えて行えるといいでしょう。 ただし、寒さに大変弱い犬種でもあります。 屋外に出る際には、ドッグウェアを着せてあげましょう。 また、屋外での飼育はできません。 ウィペットは頭が小さいため、首輪が抜けやすくなります。さらにウィペットは足の速い犬種であるため、逃げると追いつくことが困難です。 逃走事故を防ぐためにも、柔らかく幅が広い首輪や、胴に巻きつくタイプの胴輪の利用を検討しましょう。 さきほども述べたようにウィペットは大変感受性の強い犬種です。 しつけの際に叱りすぎると信頼関係を築き上げるのが難しくなってしまいます。 しつけはほめること中心で行いましょう。 被毛はスムースコートで体臭も少ないため、たまに蒸しタオルなどで体を拭けば十分に清潔を保つことができます。 普段は、ラバーブラシなどでブラッシングしてあげましょう。 ウィペットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ウィペットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ…

チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チャイニーズ・クレステッド・ドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグがなりやすい病気・ケガ チャイニーズ・クレステッド・ドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 レッグ・ペルテス病(れっぐぺるてすびょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 骨折(こっせつ) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) チャイニーズ・クレステッド・ドッグの特徴 チャイニーズ・クレステッド・ドッグの歴史 毛のない犬は古くから世界中に存在したと言われていますが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグもその1頭で、チワワとの類似から南米が原産ではないかと長い間信じられてきました。 しかし、近年のDNA検査でこの説は否定され、アフリカ原産のアフリカ・サンド・ドッグから生まれた犬と推定されています。 13世紀頃、交易によって世界各地に広がったアフリカ・サンド・ドッグは、輸入先の国でいろいろな犬と交雑が起きました。そのうち、中国に渡ったものがチャイニーズ・クレステッド・ドッグとなったと考えられています。 輸入された国では、当時から大変稀少な犬で、商人から貴族や宮廷へ貢物として献上されることになり、飼育されていた小型の愛玩犬との交雑が起きて、現在の姿に近い形になりました。 そして、15世紀頃になると、この容姿を珍重されて、世界に輸出されるようになったのです。 各国でも愛好家に少しずつ、安定して飼育されてきましたが、清朝崩壊から第二次大戦終了までの間に、中国原産とされる犬の多くがイギリス占領軍により処分されてしまい、一時は絶滅の危機に瀕しました。 戦後、イギリスの統治が終了すると、チャイニーズ・クレステッド・ドッグは愛好家の手によって改めて繁殖の途につきました。個体数が少ないため、海を超えての交配となったこともしばしばありました。 この犬種は1800年代になると絵画や写真の中に登場するようになり、1800年代後半には、ヘアレス犬の繁殖で有名だったアイダ・ガーレッドという人物に注目されます。その後、1950年代のアメリカで活躍した舞台芸術家ジプシー・ローズがこの犬種を大変愛好し、繁殖も手掛けていましたが、彼女の死後、この犬種の有力な繁殖犬舎であるクレスト・ヘイブン犬舎が引き取ることになり、チャイニーズ・クレステッド・ドッグはクレスト・ヘイブン犬舎の犬とジプシー・ローズの繁殖した犬の2つの系統が主流となっていた時期がありました。このため、現在のチャイニーズ・クレステッド・ドッグも、血統をたどるとこの2つのラインのどちらかにつながっていることがしばしばあるようです。 こうした愛好家たちの努力により、チャイニーズ・クレステッド・ドッグはヘアレス犬として世界で一番多く飼育されるようになり、1981年にイギリスケネルクラブ、1987年にFCI国際畜犬連盟に登録されました。アメリカンケネルクラブでは1983年に登録されたものの、一時期は新規の登録が途絶えてしまったため、1991年になって改めて登録されることとなりました。 犬名は「中国のとさかのついた犬」を意味する英語からつけられていますが、中国の男性の髪型である「辮髪(べんぱつ)」(クレストヘアとも言う)に似ていることに由来しています。また、当の中国では伝説の動物の麒麟に似ていることから、麒麟狗と呼ばれていたようです。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグの大きさ・見た目 毛のないことで知られている、チャイニーズ・クレステッド・ドッグですが、全身に豊かな長毛が生えているタイプもいます。 ヘアレスタイプは細身の体に、まるでトリミングで整えたように、頭部と足先など体の末端にだけふわふわの細い毛が揺れる優美な姿をしています。 長毛タイプはパウダーパフと呼ばれ、全身をシングルコートの細い毛に覆われています。 毛色はヘアレスタイプはどのような毛色でも認められており、パウダーパフでは、白にグレーや薄いクリームなどの色がかかっていることが多いようです。 体高はオスメス共に28~33cm、体重もオスメス共に4.5~5.5㎏、平均寿命は13歳~15歳ほどです。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格 チャイニーズ・クレステッド・ドッグは感受性が強く、繊細で、基本的に明るく、家族に対して深い愛情を示します。 内向的でシャイな面がありますが、攻撃性に転じず、反撃することなく内にこもってしまいがちです。 また、飼い主やその家族への忠誠心が強く、家族が喜ぶ姿を見るのが大好きで、先住犬とも仲良くすることができる社交性のある性格をしています。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグを飼うときの注意点 チャイニーズ・クレステッド・ドッグはあまり激しい運動や運動量を必要としません。散歩は1日20分程度で十分です。 ヘアレスタイプは抜け毛の心配が無い変わりに、スキンケアが必要となってきます。 皮膚が剥き出しの状態なので、衣服が絶対的に必要になってきます。寒さにも弱い犬種なので、冬の御散歩の際には保温性のある温かい服を、夏に葉紫外線対策のできる、UVカット機能のある服を着せてあげてください。 また、日焼け止めやクリームを塗って、肌へのダメージを防ぐ必要もあります。さらにヘアレスタイプも人間のように汗をかくので、ニキビのような吹き出物が出やすい犬です。皮膚の清潔を保つためにも、1週間おきくらいの感覚でシャンプーをしてあげましょう。 パウダーパフは適度な適度なブラッシングが必要となります。ダブルコートですが、抜け毛があまりない犬種でもあり、毛が長く絡まりやすいので、ブラッシングやトリミングが必要となってきます。 しつけには個体差もありますが、基本敵にてこずることが無い犬種です。しかし、プライドが高いので、上から叱りつけるようにしつけされることを嫌います。 犬と飼い主との関係をきちんと保っていかなくてはなりませんが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格も考えたうえで、遊びを取り入れて行い、できた時には多少大袈裟に褒めてあげることで、感受性の豊かなこの犬には効果があります。 気が弱い反面、警戒心が強い点があるので、散歩中に他の犬に対して吠えてしまう場合があります。そこから攻撃的になることはありませんが、できれば他の犬を見て驚かないようにするため、子犬のうちから外へ連れ出し、ほかの犬と交流を持たせておくと効果的です。 吠えさせないようにしつけをすることも大切ですが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格上、あらかじめ社会性を養っておいた方が無駄吠え防止への近道となります。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグはヘアレスタイプと長毛のパウダーパフタイの2種が存在し、どちらも大人しい性格で初めて犬を飼う人でもしつけのやすい犬種です。 ですが、ヘアレスタイプは特にヘアケアの必要が無い分スキンケアが欠かせない犬種なので、その点を覚悟して飼育しましょう。 チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ…

ニューファンドランドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ニューファンドランドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ニューファンドランドに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ニューファンドランドがなりやすい病気・ケガ ニューファンドランドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肺動脈狭窄症(はいどうみゃくきょうさくしょう) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 白内障(はくないしょう) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) ニューファンドランドの特徴 ニューファンドランドの歴史 ニューファンドランドの起源は定かではありません。日本語では、その長い名前を短く縮めた「ニューファン」と呼ばれているニューファンドランドは、カナダのニューファンドランド島からその名が与えられた超大型犬です。英語では「ニューフィ」と呼ばれる彼らの歴史は古く、カナダで長年暮らしてきた土着の犬や、漁船や交易船などから持ち込まれたグレート・ピレニーズやレトリーバーが基礎となったと考えられています。 その年代については、11世紀頃、または17世紀頃と諸説ありますが、ニューファンドランド島で猟師の仕事を手伝い、得意の泳ぎを生かして海の救助犬として働いていたという説には異論がありません。 18世紀から19世紀になると、猟師や船乗りたちから良き相棒として認められたニューファンは島国イギリスに持ち込まれ、古くから犬好きのイギリス国民の手でさらに育種が進められていきました。ニューファンの評判はイギリス周辺諸国にも広がることになりました。一方、原産国のカナダではあまりにも多くのニューファンたちが輸出されてしまったことや、カナダ国内での飼育頭数制限により、一時は絶滅の危機にまで追い込まれてしまいましたが、イギリスで積極的に繁殖が行われ、ここから北欧諸国やアメリカへ輸出されるようになりました。 この頃、宮廷画家のエドウィン・ランドシーアが白と黒の2色のニューファンたちを好んで描いたことが評判となり、白と黒のニューファンをランドシーアと呼ぶようになりました。20世紀のアメリカ画家メガリーもこの犬を描いています。 また、イギリスとアメリカ以外の国では、ニューファンドランドとランドシーアを別の犬種として扱うことも多くあるようです。 穏やかで優しく、泳ぎ上手なニューファンは、詩人パイロンや作曲家ワーグナーの愛犬でもありました。また、島流しとなっていたナポレオンが脱出する際、船から転落して溺れかけていたところを助けたのがニューファンドランドであったとも言われています。 現代でもたくさんのニューファンドランドが、世界中の海の海難救助犬として、人々を助ける仕事を請け負って活躍しています。 ニューファンドランドの大きさ・見た目 体長より体高がやや高く、がっちりとした胴体と手足を持つ超大型犬です。頭は大きく、頭蓋骨は幅広く、マズルはスクエアでストップがあります。目と鼻の色は毛色との調和が求められ、泳ぎが得意なニューファンの足の指の間には、水かきのように発達した膜があります。 被毛はダブルコートですが、下毛は皮脂を含んで水分を弾くため、厳冬の冬での長時間の泳ぎでも力強く動きます。 毛色はブラック、ブラウン、グレー、ホワイト&ブラウン(ランドシーア)の3色があります。 体高はオス71cm、メス66cm、体重はオス59~68㎏、メス45~54㎏、平均寿命は8歳~10歳ほどです。 ニューファンドランドの性格 穏やかで優しく、フレンドリーな性格で、甘えん坊で来客にも懐いてしまうほどの人間好きな犬種なので、番犬としての役割はこなし難いでしょう。 レスキュー犬として活躍できるほどの学習能力があるので、必要な時に吠えるということも覚えられる賢い犬です。 ニューファンドランドを飼うときの注意点 ニューファンドランドは大型犬の中でも一際大きな超大型犬に属する犬種です。運動も遊ぶことも好きな犬で、寒さに強い犬ですが、被毛が寒さに強いダブルコートなので、暑さには非常に弱い性質を持っています。 室内で飼育をする場合、ある程度の広さのあるスペースが必要となる上、よだれの多い犬とも知られているので、家の中が汚れてしまうことはあらかじめ覚悟しておきましょう。また、暑さに弱く真夏にはエアコンが必須となりますので、温度管理をしっかりして熱中症や脱水症状にならないようにしましょう。 ニューファンドランドは1日2回の散歩が欠かせません。いずれも1時間ほどかけて連れて歩き、泳ぐのが好きなので犬用プールや、川や海などで泳がせてあげるととても喜びます。引っ張ることが好きなので、遊びに取り入れてあげると良い運動にもなります。 しつけはそう難しくない犬種です。頭が良く、学習能力も高いので、根気よく教えなければならないということはありません。 しつけをする際、一番注意すべきなのは散歩不足によるストレスを溜めさせないことです。ニューファンドランドは温厚な性格をしていますが、運動不足になると、攻撃的な面が出てくる可能性があります。 どの犬に関しても言えることですが、特にニューファンドランドのような超大型犬の場合は、適度な運動を毎日させて、ノンストレス状態を作ってあげることが必須です。また、しつける場合、体が完全に大きくなる成犬になってしまう前までに、完全に教え込んでおくこともポイントです。成犬になってからでは、どんなに賢い犬でも身についてしまったことを直すことは難しくなります。 子犬のうちにしっかりしつけをして、問題行動を起こさない犬にしておくことで、小さな子どもにも安全に接することができる家族の一員となるでしょう。 長毛のダブルコートであり、大きな体で面積があることから、被毛の手入れは大変であることを覚悟して飼育する必要があります。 皮脂を含んだ下毛は手入れを怠るとフェルト状になってしまい、くしやブラシが通らなくなってしまうので、少なくとも週に2~3回 、出来れば毎日ブラッシングやコーミングをしてあげる必要があります。特に、換毛期はかなりの抜け毛があるので、十分に理解しておいてください。 ニューファンドランドにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ニューファンドランドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ロットワイラーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ロットワイラーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ロットワイラーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ロットワイラーがなりやすい病気・ケガ ロットワイラーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) 犬パルボウイルス感染症(いぬぱるぼういるすかんせんしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 熱中症(ねっちゅうしょう) 外耳炎(がいじえん) ロットワイラーの特徴 ロットワイラーの歴史 ロットワイラーは、西暦73年頃、ローマ軍のスイス侵攻の際、南ドイツに通ったことでこの地に入り、11世紀頃までに定着することになったといわれています。イタリア(ローマ)の住宅の屋根に使われる赤いタイルが、南ドイツのこの地域に持ち込まれたことで、ロット(赤)ワイル(タイル)の名前から、ロットワイラーと呼ばれるようになったとされています。 ローマ軍はスイス侵攻の際に、経由地にいくつもの犬を連れて入りましたが、後にスイスで発展することになったバーニーズ・マウンテンドッグは、毛色のパターンや骨格、頭蓋骨の特徴などがロットワイラーとよく似ており、近縁の可能性が指摘されています。 20世紀に入ると、交通網の発達で電車と車両による輸送が始まり、交通の妨げになる牛追いは禁止され、この当時山岳地など農村部以外で家畜の移動のために働いていた牛追い犬たちはそろって転職を余儀なくされてしまいます。ロットワイラーもその運命をたどることとなりました。 彼らは「肉屋の犬(metzgerhund)」として、殺場や牧場を中心とした狭いエリアの中で大きな荷物を引くことが主な仕事となっていきました。 さらに畜産業の近代化に伴って、ロットワイラーたちは再び失業し、ついにはこの地域にはたった1頭のメスしかもっていなかったと伝えられています。 ドイツで最初のロットワイラークラブは1899年作られ、1901年には最初のスタンダードが定められました。このクラブはレオンベルガーのクラブも兼ねていた簡素な集まりで、1907年、激減するロットワイラーの保存に乗り出すためにクラブは改めて組織化され、スタンダードを改訂し、計画的な育種が開始されました。ドイツでのロットワイラー単独クラブは1921年に設立されています。 20世紀以降、ロットワイラーたちは、卓越した体力と勇敢さを買われて、警察犬や軍用犬として、また税関などの犯罪の侵入を水際で防止するために、ほかにも山岳救助犬として世界中で活躍をしています。 警護や防衛のイメージや見た目の雰囲気から、逆に犯罪者が身辺警護や違法な闘犬として使うことがあり、ロットワイラーたちのイメージをダウンさせてしまう事態も生じています。賢く、訓練性能が良く、並外れた力を持ち、勇敢でありながらとても素直なロットワイラーは悪事に使おうと訓練すればそのような犬になってしまうのです。 しかし、原産国ドイツのロットワイラークラブでは、設立当初から「ロットワイラーは作業犬として育種する」と一貫して主張していることを、この犬種を愛する人たちは決して忘れてはならないでしょう。 ロットワイラーの大きさ・見た目 大型犬としてはコンパクトで、がっちりとした骨格で隆々とした筋肉を持ち、伸びた首に大きめの頭蓋骨と垂れ耳、短毛の犬種です。 尻尾は生まれつき短いわけではなく、断尾をしているだけで、近年は行われない国が多いようです。 また、ドーベルマン・ピンシャー作出のために使用され犬種とされています。 毛色はブラックを基本に顔や体の各所にタン・マーキングが入ります。 体高はオス61~69cm、メス56~59cm、体重はオスメス共に41~59㎏、平均寿命は8歳~10歳ほどです。 ロットワイラーの性格 落ち着きがあり、穏やかな性格をしています。飼い主や家族に対して献身的に尽くし、家族を守ろうとする警戒心が強く、護衛能力も高い特徴があります。 自身があり、敵に対して恐れを知らずに立ち向う勇敢な面もあるため、、訓練すれば命令に即時従う素晴らしい番犬となります。 ロットワイラーを飼うときの注意点 ロットワイラー飼育環境には、温度管理のできる室内飼育が適しています。ロットワイラーは暑さに弱く、日本の真夏のような蒸し暑さには外で飼育することができません。毎日の生活の中でしつけを行っていく必要もあるため、飼育スペースが十分に確保できる環境が望ましいです。 毎日の散歩は絶対必要で、散歩を怠ることによりストレスで狂暴性が出てしまう場合もあります。ですので、ロットワイラーのために毎日時間を割いて長時間運動させることができる飼育者でなければ、飼うのは難しいといえます。山坂のある道の長距離散歩や、広場などで自由に走り回らせるなど、ロットワイラーには運動量を意識した飼い方が必要となってきます。 また、ロットワイラーは股関節形成不全になりやすいので、肥満にならないように注意が必要になります。多すぎる餌や運動不足も肥満を招くことになりますので、運動量以外も、餌の量は適性の分量を、毎回計って与えるようにしましょう。 ロットワイラーは抜け毛が少なく、被毛の手入れは楽なので、定期的なブラッシングやシャンプーで毛並みを維持できます。 警戒心の強い犬なので、見知らぬ人yあ動物に足して吠えたり、唸り声を上げたりすることで相手を威嚇しようとします。警戒心が高まると相手に咬み付くなどの危険な行為も起こす可能性があるので、ロットワイラーの飼い主はしつけに最新の注意をしなくてはなりません。ロットワイラーは犬の飼育に不慣れな人には向いておらず、力も強く運動量が多いので、力の強い男性によって飼育されることが望ましいとされる犬種です。 子犬の頃から、絶対に人間に服従するようにしつけをしてきます。また、幼いうちから色々な環境に馴染ませておくことで、警戒することが少なくなります。子犬の頃から人や動物などと触れ合うことは成長していくうえで非常に重要となり、できるだけ成犬になってから怯えること無く過ごせるようにしておきましょう。 ロットワイラーを始め、警戒心の強い大型犬をしつける際には、プロのドッグトレーナーに協力してもらうことが一番です。大きな事故が起こってからでは遅いので、お金や時間が多少かかっても、徹底的なしつけが必要となります。 ロットワイラーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ロットワイラーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ボクサーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ボクサーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ボクサーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ボクサーがなりやすい病気・ケガ ボクサーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) リンパ腫(りんぱしゅ) 熱中症(ねっちゅうしょう) 副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう) 骨肉腫(こつにくしゅ) 角膜炎(かくまくえん) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) ボクサーの特徴 ボクサーの歴史 ドイツで生まれ、アメリカで洗練されて人気が高まった犬種はいくつかありますが、ボクサーもそのような犬種の一つです。 ボクサーの祖先は猟犬で、それも獲物を追ったり回収するのではなく、猟師が辿り着くまでの間、獲物に咬み付いて話さないという、時に命に関わる仕事が彼らに与えられていました。 1830年代のドイツにおいて、熊やイノシシなど大型獣の狩猟に用いられていた「ブレンバイザー(Bullenbeisser)」という犬に、繁殖家ではなく猟師たちが自らフランスやスペイン原産の犬種を掛け合わせて作出したと考えられています。 獲物に飛び掛かる勇敢さ、大きく強いあご、咬み付いて話さないスタミナ、そして猟師たちに抑止されればどんなに興奮していても素直に獲物から離れる服従性など、実猟に即した優秀な犬を選択して繁殖が重ねられていきました。 より強い犬を作るため、当時流行していた闘犬達も改良に使われていましたが、1835年にイギリスで闘犬が禁止され、畜産の進歩により猟が衰退していくと、ブレンバイサーたちは猟犬から食肉用の家畜の警護へと転職することなります。 1895年頃になると、雑種化が進んでいたブレンバイサーをひとつの犬種としてまとめようという動きがドイツで起こり、ボクサーという名称はこの時に付けられたようです。 そして10年もの時間をかけて犬種標準(スタンダード)が作成され、1905年にドイツで公式に犬種として登録されることとなります。 これより数年早く、ボクサーはアメリカに渡って繁殖され、アメリカンケネルクラブに登録されることになり、アメリカで洗練されていくことになりましたが、第二次世界大戦時のアメリカでは軍用犬の一つとして採用され、終戦後は軍人のペットとして家庭に入るようになり、アメリカでは現在でも人気犬種の人一つとして注目されています。 日本に初めて入ったのは昭和の始め、ドイツから輸入されたと伝わっていますが、戦後、占領軍であったアメリカ軍が帯同していたことにより知名度が高くなったようです。日本ではその後、警察犬として採用されることになりました。 また、犬名の由来は定かではありませんが、戦う際に後肢で立ち上がり、ボクシングのようなスタイルを見せることかが由来するという説、横から見た形がボックス(箱型)のように見えるとする説、「boxl」という食肉市場での呼び名を起源としているという説、ドイツ語で「噛み付く人」というを意味する「beisser」が崩れたとする説など様々な説があります。 ボクサーの大きさ・見た目 体長より体高が高く、短毛で大型犬としてはやや小さめなので中型犬に分類される場合もあります。 無駄のない骨格と引き締まった筋肉、大きな頭を持っており、下あごの出るアンダーショットで、口先は短めです。 実猟を離れた個体が多く、原産国のドイツでは断尾・断耳共に禁止されていますが、日本では任意となっています。 毛色はフォーンまたはブリンドルで、ブラックマスクが必須とされており、白のブレーズが入っていることが好ましいとされています。 白の毛色については従来、全体の3分の1までとされていましたが、これは、白の多い個体は聴覚障害など多い遺伝病を持つ確率が格段に高いことから定められていたものです。しかし、近年は白が多いからとただちに淘汰するのではなく、繁殖に使わないことを条件に存在が認められてきています。 体高はオス57~64cm、メス53~60cm、体重はオスメス共に25~32㎏、平均寿命は10歳~12歳ほどです。 ボクサーの性格 ボクサーは好奇心が強く、また飼い主に従順で忠実な性格でもあります。見知らぬ人間には警戒し、勇敢に吠えるため優秀な番犬としても活躍するでしょう。 とても観察力があり、飼い主の行動を見て自分自身も行動する賢さを持ち合わせています。 ボクサーを飼うときの注意点 ボクサーは運動能力や欲求が強いため、毎日十分な運動が必要になります。ボール遊びなどのゲーム感覚の運動、散歩は毎日に2回、1時間ほどかけてたっぷり行い、ジョギングなども可能であれば取り入れてあげましょう。ただし、ドッグランなどに連れていく場合は、ボクサー特有の警戒心が出てしまい、吠えたり攻撃してしまうことがあるので注意しましょう。 また、ボクサーは暑過ぎず、寒過ぎずの環境で飼育する必要があるため、エアコンや暖房機器の設置されている屋内での飼育をしましょう。 真夏の炎天下での散歩は脱水などの危険があるので、気温の低い早朝と日が落ちて涼しくなった夜などに散歩に連れていくようにし、暑さ対策をしましょう。 被毛の手入れは比較的簡単で、たまにブラッシングをしてあげるだけで問題ありません。プードルやシーズーなどと同じく抜け毛がほとんどないシングルコートなので、換毛期の抜け毛対策に悩まされることもないです。ですが、汚れた時や蒸し暑い日などにはシャンプーなどで皮膚の清潔を保ってあげることで皮膚病の予防をしてあげましょう。 ボクサーは賢く、飼い主に忠実なので、子犬のうちに上下関係をしっかり把握しておくことでその後のしつけがスムーズにいくようになります。 信頼できるボスの下にいることが好きで、信頼度が増すとボクサーの方から飼い主からの指示を待つようになります。 但し、しつけをする際に覚えておきたいことは、ボクサーは繊細で神経質な性格であるという点です。納得のいかない相手からの指示を聞かなかったり、あまりに厳しくしつけられていると攻撃的になってしまったり、ボクサーの様子を見ながら上手に心を操るようメリハリのあるしつけをしていきましょう。 ボクサーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ボクサーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー…

グレート・ピレニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

グレート・ピレニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

グレート・ピレニーズに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 グレート・ピレニーズがなりやすい病気・ケガ グレート・ピレニーズがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

イングリッシュ・コッカー・スパニエルに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 イングリッシュ・コッカー・スパニエルがなりやすい病気・ケガ イングリッシュ・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ) 膵炎(すいえん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 角膜炎(かくまくえん) チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出(だいさんがんけんせんだっしゅつ)) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) イングリッシュ・コッカー・スパニエルの特徴 イングリッシュ・コッカー・スパニエルの歴史 イングリッシュ・コッカー・スパニエルの起源は、14世紀頃イギリスに持ち込まれたスペイン系の猟犬種、スパニエルです。このスパニエルでは狩猟タイプのサイズによって、ランド・スパニエル、ウォーター・スパニエル、トイ・スパニエルなどに分類されていますが、コッカー・スパニエルの祖先犬はランド・スパニエルの最も小型の犬種ではないかと考えられています。 17世紀頃までイングリッシュ・コッカー・スパニエルは、同じくランド・スパニエルの代表犬種であるスプリンガー・スパニエルと区別されておらず、両者が区別されるようになったのは、1885年に「スパニエルクラブ」が発足して両者のスタンダードが規定されてから1893年にイギリスケネルクラブが両者を別犬種として公認してからです。 その後、イングリッシュ・コッカー・スパニエルはアメリカに渡りますが、独特のウェーブのある長毛と小型でしっかりとした体つきが好まれ、愛玩犬らしい改良が施されました。 獲物を回収するために長くできていた口先は小さくなるように、毛並みは装飾的に、頭は丸く、サイズはより小さくと、猟犬らしさをそぎ落とそうとしましたが、これにイギリスの愛好家たちが異を唱えました。 2つの国の愛好家たちの意見に折り合いがつかず、アメリカに渡って選択配合が進められたイングリッシュ・コッカー・スパニエルたちは、アメリカン・コッカー・スパニエルとして独立することになりました。アメリカでは逆に、アメリカン・コッカー・スパニエルこそが本筋であり、イングリッシュ・コッカー・スパニエルは亜種であるとして、アメリカンケネルクラブへ登録されたのも1946年と比較的最近になってのことです。 しかし、今日においても、アメリカ以外の国では「コッカー・スパニエル」と言えばイングリッシュ・コッカー・スパニエルを指しています。 イギリスでの名称には「イングリッシュ」はつかず、代わりに犬種団体名に定冠詞「The」がついて、自分たちこそコッカー・スパニエルの本流であるとアピールしているかのようです。 名称の元となったコッカーとはヤマシギ(woodcock)という鳥を意味し、ヤマシギ猟に使われるスパニエルという意味でこの名がついています。 日本では長い名称を縮めた愛称として「インギー」と呼ばれることも多くあり、対するアメリカン・コッカー・スパニエルを「アメコカ」と呼んでいます。 イングリッシュ・コッカー・スパニエルの大きさ・見た目 イングリッシュ・コッカー・スパニエルは長毛の垂れ耳な中型犬で、がっしりとした骨太の体格をしています。 体高が体長よりやや長く、洗練された見掛けによらず、スポーティーな足取りで力強く歩きます。 長い被毛はダブルコートで、換毛期には沢山抜けます。毛色はブラック、タン、ローン(多色と混ざっていること)、レッド、オレンジ、レモンなどの単色と、これらのバイカラーがあります。 体高はオス39~41cm、メス38~39cm、体重はオス13~15㎏、メス12~14㎏で、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 イングリッシュ・コッカー・スパニエルの性格 とても明るく、活発で遊び好き、もともと猟犬なので屋外で過ごすのも好きで茂みなどにも躊躇いなく突っ込んでいくほどの積極さがあります。 活動的な犬種ですが、家族に対して忠実に尽くす愛情深い一面を持っており、愛情深い分、寂しがりやでもあるため、毎日長時間留守番をしなくてなならない家には向いていません。飼い主と楽しく過ごす時間が十分に持てる環境が良いでしょう。 イングリッシュ・コッカー・スパニエルを飼うときの注意点 イングリッシュ・コッカー・スパニエルは猟犬としての性質をあえて残され散る犬種であるため、非常に多くの運動が必要です。 少なくとも1日1時間以上の散歩と、ボール遊びなどのゲームやドッグランなどの自由運動などを取り入れる喜んでくれます。 散歩の注意点は、真夏の炎天下を絶対に避けるようにしてあげることです。熱せられたアスファルトによる足の裏の火傷や、熱中症の危険は悪化すると命を落とす可能性があります。真夏の散歩は、早朝と日没後の涼しい時間帯に30分ずつ行くようにしてあげましょう。 賢く従順なのでしつけは入りやすく、訓練性能も良いです。ただ、自分がリーダーだと勘違いさせないように注意しましょう。普段から飼い主がリーダーシップをとり、良いこと悪いことをしっかりと判断できるように毅然とした態度でしつけます。 スパルタ式のやり方では興味を失ってしまうので、餌やおやつを利用しながらリラックスした状態で訓練するのが効果的です。 しかし、温和な性格で攻撃性を感じないコッカー・スパニエルですが、突発的に攻撃性が現れる「激怒症候群(レイジ・シンドローム)」というキレる行動異常を起こすことがあります。発症時に疾患との区別をつけるためにも、若齢期から訓練を行っておきましょう。 被毛はダブルコートで、特に換毛期は非常に抜けやすくなるため、できれば毎日、少なくとも週に2~3日はブラッシングしてあげましょう。さらに、毛並みの美しさを保つために2週間ごとにシャンプーとトリミングが必須となってきます。 その際、皮膚が弱いため、シャンプーによっては皮膚炎になりやすいことを考慮し、刺激の少ないタイプのシャンプーを選ぶようにしてあげましょう。また、垂れ耳で外耳炎を起こしやすいので、耳に触れても嫌がらないように子犬の頃から慣らしておき、定期的に耳掃除をしてあげるのがおススメです。 イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、イングリッシュ・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアがなりやすい病気・ケガ ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膵炎(すいえん) 鼠径ヘルニア(そけいへるにあ) レッグ・ペルテス病(れっぐぺるてすびょう) 角膜炎(かくまくえん) 外耳炎(がいじえん) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの特徴 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの歴史 「ウェスティー」という愛称で、日本でも親しまれているウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアですが、黒いスコテッシュテリアとともにスコッチウイスキーのキャラクーとしても知られ、その歴史は意外に新しく、犬種として登録されたのは20世紀になってからのことでした。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの先祖にあたるのは、スコティッシュテリア、ダンディ・ディンモントテリア、スカイ・テリア、ケアーン・テリアやその交配から生まれた犬たちだったようです。 第16代ポルタロック領主E.Dマルコム氏は、逸話によると、赤毛の猟犬をキツネと間違えて撃ち殺してしまったことをきっかけに、白い猟犬を育種しようと決意したといわれています。現在、この犬種の代名詞ともなっている真っ白な被毛は、マルコム氏がスコティッシュテリア、もしくはケアーン・テリアの中からたまたま生まれた白い個体だけを選択繁殖することで作り上げられたと考えられています。 こうして生まれたスコットランド産の白いテリアは、育種に務めたマルコム氏にちなんで「ポルタロックテリア(Poltalloch Terrier)」という名で呼ばれるようになりましたが、同氏が「ポルタロック」という名での登録を拒否したため、1903年からは「ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリア(West Highland White Terrier)」という現在の名で呼ばれるようになっています。 アメリカでは当初、ケアーン・テリアとウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの交配が行われていましたが、本来は別の色の犬から生まれてくる白い犬は、虚弱体質のものも多く、犬種の健全性を保つために必要な措置でした。しかし、1917年には犬種が固定され遺伝疾患のリスクが低下したと判断されたので、以降は完全に別の犬種として扱われるようになり、ケアーン・テリアとの交配も禁じられました。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアは原産国のイギリスだけではなく、アメリカでも大変人気のある犬種で、人気ランキングベスト10入りの常連でもあります。 日本では、同じ白い犬でもサイズが小さく、比較的扱いやすいマルチーズの人気が高いようですが、気の強さと甘えん坊な性格のウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアも愛好家たちに根強く支持されて続けています。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの大きさ・見た目 短い手足に短い胴、体高より体長が長いスクエア型の体型をしており、頭は大きめで立ち耳でとがった形をし、目はアーモンド形であごは短くシザーズ・バイトの咬み合わせとなっています。 被毛は剛毛のダブルコートで、保温目的というよりは、猟で獲物と向かい合った際に怪我をしないようにするためだと考えられています。 毛色は名前の通りホワイトに限りますが、わずかに黄みがかっている個体もいます。 きりっとした姿勢で立ち、ピンと張ったしっぴがテリアならではの勇敢さを感じさせてくれる容姿です。 体高はオス26~28cm、メスは24~26cm、体重はオス7~10㎏、メス6~9㎏、平均寿命は12歳~16歳ほどです。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアの性格 本来は猟犬なだけあって、活発で好奇心旺盛ですがその反面、気性が荒い面も持ち合わせており、独立心が強く頑固な面ももっている犬種です。 普段は落ち着いた性格なのですが、勇敢で負けず嫌いの典型的なテリア気質のため、どうしても気に入らない相手に対しては喧嘩をかってしまったり攻撃的になってしまうこともあります。 信頼できる飼い主に葉強い忠誠心を持ちますが、とにかくやんちゃで、飼い主にかまってほしいがためにいたずらをしたりすることもある可愛らしい一面をもっており、そこを魅力としてこの犬種を愛好する飼い主も多くいるようです。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアを飼うときの注意点 明るい性格で元気があり、活発ないたずらっ子なので、散歩や遊びの時間は十分にとるようにしましょう。 散歩は1回30分を1日2回程度行い、散歩中は唐突に猟欲を見せることがありますので放し飼いは決してしないよう、リードに繋いで行うようにしましょう。 警戒心が強く、興奮しやすい面も持っているため、子犬の頃からできるだけ社会性を身に着けるようにすることで飼いやすい性格になっていきます。散歩で出会う犬とあいさつをさせたり、ドッグランで他の犬と遊ばせるなどして、警戒心や攻撃性を弱めていけるようにしましょう。 寒さに強く暑さに弱い犬種なので、真夏の日差しや炎天下の散歩などは控え、朝夕などの涼しい時間に行うようにしましょう。 長毛のダブルコートですが、剛毛なので、皮膚炎に悩まされやすい特徴といえます。1~2日に1度はブラッシングをし、2~3ヵ月に1度は定期的なカットなどでしっかり予防してあげましょう。ブラッシングの際には皮膚に異常がないかチェックしてあげるとなお予防に繋がります。 賢く物覚えがよい犬種なのですが、独立心が強い面もあるので、しつけの際になかなか言うことを聞いてくれないこともあるかもしれません。ですが、根気よく行うことがポイントになります。 やってはいけないことをした場合は、毅然とした態度で接し、逆にきちんとできた場合は少し大げさなくらい褒めてあげることで犬も理解してくれるようになります。 途中で諦めず、無理にルールを押し付けるようにはせず、遊びやスポーツなどを取り入れながらきちんと適切なしつけを心掛けるようにしましょう。 ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ウエスト・ハイランド・ホワイト・テリアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ブリュッセル・グリフォンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ブリュッセル・グリフォンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ブリュッセル・グリフォンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ブリュッセル・グリフォンがなりやすい病気・ケガ ブリュッセル・グリフォンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 逆さまつげ(さかさまつげ) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) 外耳炎(がいじえん) 熱中症(ねっちゅうしょう) ブリュッセル・グリフォンの特徴 ブリュッセル・グリフォンの歴史 ブリュッセル・グリフォンは1800年以前のベルギー・ブリュッセルにおいてアーフェン・ピンシャーやベルギーの地犬だった「グリフォン・デキュリー(griffon d’ecurie)という犬を元にして生まれたと考えられています。ネズミを始めとする害獣の駆除が得意だったため、地元ブリュッセルにおいて大人気となり、個体数を伸ばしていきました。 また、犬種名にある「グリフォン」とは尖ったもの、細長いものを指すフランス語で、転じて粗い被毛を表しています。歴史上、最初のブリュッセル・グリフォンが記録されたのは15世紀に描かれた絵画の中ですが、それ以前はどのような成り立ちであったのかはっきりとしていません。 19世紀になると、この犬種の魅力を更に高めようと、当時流行していた短頭種と交配させて鼻が短い顔立ちにしようと試みられ、そこでパグと交配し、更にヨークシャーテリアやキャバリアとの交配が行われるようになると、グリフォンはネズミ捕りの仕事をすっかり忘れてしまっていました。また、パグとの交配のため短毛の個体も生まれるようになり、ヨークシャーテリアとの交配は毛色の黒い個体を生み出しました。 同じ母犬の同腹同胎子でありながら、毛色や毛質が大きく違う兄弟として生まれた彼らには、やがて別の名前が与えられるようになり、短毛のものを「プチ・ブラバンソン」、黒毛のものを「ベルジアングリフォン」と区別して呼ぶようになました。原産国のベルギーではこれらをすべて別の犬種として扱うことにし、FCI国際畜犬連盟もこの考え方に準じていますが、他国ではまた異なる考え方をもち、3犬種とも同じ犬種として扱う国、短毛のブラバンソンと長毛のグリフォンを分けて2犬種とする国などがあります。 日本ではFCIの考え方に合わせて、3種類の犬種として扱っています。 ブリュッセル・グリフォンの大きさ・見た目 体長と体高ががほぼ同じ長さのスクエアな体型で、体に対して大きい頭部は丸く、ストップがはっきりして極端に短いマズルが特徴です。 耳は垂れ耳で、断耳されていた時期もありましたが、現在は動物愛護のため行われなくなっています。 全身を粗い被毛をシングルコートで覆われており、毛色はジンジャーとも呼ばれる赤みがかったブラウンのものになります。 また、ダーク系の色合いの場合はベルジアングリフォン、短毛の場合はプチ・ブラバンソンと分けられています。 体高は18~20cm、体重は3.5~5㎏、平均寿命は10~15歳ほどです。 ブリュッセル・グリフォンの性格 人懐っこく、家族の指示や行動を注意深く注目しており、理解力がある聡明さがあります。 誇り高く、飼い主に対してたいへん愛情深い犬ですが、陽気な性格でもあるため、時にいたずらをすることもあります。 警戒心はありますが、社交性が強いため、他の犬や動物、子どもとも仲良く暮らすことができます。しかし、人見知りをあまりしないため、番犬としては不向きな面も見られます。 ブリュッセル・グリフォンを飼うときの注意点 ブリュッセル・グリフォンは活発で明るい犬ですが、小型犬であり、長時間の散歩の必要はありません。1回20分程度の散歩を1日1回~2回程度で十分でしょう。肉体的な刺激よりも精神的な刺激を求めるので、広いスペースで一緒に遊んであげることをおすすめします。 飼育の際は、屋外には不向きのため、室内で飼育し、夏場は熱中症にかかりやすいことを考慮して部屋の中の冷房の温度調節きちんとするようにしましょう。 陽気で明るい性格ではありますが、頑固な面もあるため、しつけはやや難しい面があります。しかし、攻撃的な面は少ない穏やかな性格なので、優しく根気よく教えるようにしましょう。 また、子犬の頃からほかの犬や見知らぬ人と積極的にコミュニケーションを持たせることで社会性を身に着けられるのでしつけもうまくいきやすくなります。 無駄吠えをすることがありますが、その際には頭ごなしに叱るのではなく、なぜ吠えているのかという点をよく理解し、原因に対処しつつ、改善ができたらきちんと褒めてあげましょう。ストレスが溜まって吠えている場合は、散歩や運動などでストレスを発散させ、また、我儘な要求や、警戒心から吠えている場合は、基本的に無視をするようにします。 泣き止んだ後に褒めてあげるようにすることで、「吠えると無視をされてしまうが、静かにしていれば褒めてもらえる」と認識するようになります。 長毛のブリュッセル・グリフォンは毎日ブラッシングをしてあげることが望ましいです。 食事や水を飲んだ後は、顔周りの毛が汚れてしまうので、絞ったタオルなどで優しく丁寧に拭いてあげましょう。汚れは放っておくとノミやダニが繁殖する原因になるので注意が必要です。 針金のようなワイヤーコートの被毛を維持するためには、「プラッキング」という被毛を抜くトリミングを行う必要があり、それをしないと被毛が柔らかくなって毛色も薄くなってしまうため、トリミングに連れていく際にはプラッキングができるかどうか確認しておくことをおすすめします。 また、目の周りの毛を短くカットしてあげると目の病気を予防することができます。 垂れ耳なので、通気性が悪く汚れが溜まりやすいため、こまめに耳掃除をしてあげましょう。 ブリュッセル・グリフォンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ブリュッセル・グリフォンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ノーフォーク・テリアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ノーフォーク・テリアがなりやすい病気・ケガ ノーフォーク・テリアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) ノーフォーク・テリアの特徴 ノーフォーク・テリアの歴史 ノーフォーク・テリアは1900年代初頭、イギリス・ロンドン北部に位置するイーストアングリア地方において、フランク・ジョーンズという人物が各種テリアを掛け合わせて誕生させた犬種だと言われています。 ノーフォーク・テリアの名前のにあるノーフォークとはイングランド南東に位置する郡のことです。 古くイギリスでは狐狩りやネズミの駆除、アナグマ猟などが盛んで小型のテリア種は狩猟犬として重宝されてきました。 ノーフォークテリアが作出された目的は、さらに小さな巣穴に潜り、果敢に獲物を捕まえる屈強な猟犬を得るためでした。 小さな体でありながら、ネズミや狐の巣穴めがけて果敢に入り込み、執拗に追い込む姿から「原野の小悪魔」という異名をつけられています。 1930年代、この犬種がドッグショーに登場した当初は、垂れ耳タイプと立ち耳タイプの両方が混在していました。しかし、垂れ耳タイプは数が少なく、一部の繁殖者から立ち耳タイプに限定すべきだという意見が主張されました。 そして、たれ耳タイプは一時的に絶滅の危機に瀕することとなりました。 しかし第二次世界大戦後、再びドッグショーが開催され始めると、垂れ耳タイプの愛好家たちが再び繁殖を始め、それぞれを別の犬種として認定するように、イギリスケネルクラブ(KC)に対して働き掛けはじめました。 そして、垂れ耳タイプと立ち耳タイプのノーリッチ・テリア同士の交配が行われなくなり、1964年に垂れ耳のタイプがノーフォーク・テリアとして独立しました。 イギリスでは1964年から、立ち耳タイプを「ノーリッチ・テリア」、垂れ耳タイプを「ノーフォーク・テリア」として別々に扱うようになっています。 20世紀中ごろからは、アメリカを始めとした海外へも輸出されるようになり、1979年には、アメリカでも正式にノーフォーク・テリアとノーリッチ・テリアを別犬種として認定し始めました。 原産国のイギリスでは、ノーフォーク・テリアの家庭犬化を進めるのではなく、むしろテリア犬種としての猟犬としての能力の維持を行っています。 家庭犬としての改良が進んでいないことや、日本ではヨークシャーテリアに人気があることから、日本での普及はいまひとつです。 ノーフォーク・テリアの大きさ・見た目 ノーフォーク・テリアは垂れ耳で足の短い犬種です。 被毛はどんな環境でも耐えられるように、密集した下毛と真っ直ぐで硬いワイヤー状の上毛のダブルコートで体を保護しています。 小さな体の割にしっかりとした筋肉を持っています。 体重は約4.5〜6kgで、体高は約24〜26cmとなっています。 毛色はレッド、ブラックアンドタンが一般的ですが、そのほかにもウィートンやグリルスなどのバリエーションがあります。 ノーフォーク・テリアの性格 ノーフォーク・テリアはとても活発で果敢な性格です。また、負けず嫌いで自立心が強い傾向があります。 飼い主に対しては、従順で愛想よく接してくれますが、見知らぬ人には距離を置いて接します。 ノーフォーク・テリアを飼うときの注意点 ノーフォーク・テリアは小型犬ながら大変活発な犬種であるため、多くの運動量が必要です。 運動不足でストレスが溜まらないよう、十分に運動させてあげましょう。 一日の散歩は、最低でも一時間は行いましょう。 また、もともとは猟犬であるため何かを追いかけるのが好きな犬種です。 ボール拾いなどもいいでしょう。 月に何回かは思い切り走れるドッグランや広場などに連れて行ってあげましょう。 ノーフォーク・テリアは猟犬ですので、甘やかしすぎると飼い主の指示を聞かなくなる可能性があります。 子犬の頃から、信頼関係を築きあげ、しっかりしつけを行いましょう。 子どもや小動物と犬だけの留守番は避けた方がよい犬種でもあります。気をつけましょう。 ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

フラットコーテッド・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

フラットコーテッド・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

フラットコーテッド・レトリーバーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 フラットコーテッド・レトリーバーがなりやすい病気・ケガ フラットコーテッド・レトリーバーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 緑内障(りょくないしょう) 白内障(はくないしょう) 骨肉腫(こつにくしゅ) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) フラットコーテッド・レトリーバーの特徴 フラットコーテッド・レトリーバーの歴史 「フラッティ」という愛称を持つフラットコーテッド・レトリーバーは、イギリス原産の犬種です。狩猟犬として活躍しており、水中における鴨の運搬だけでなく、陸上においても獲物を傷つけない回収犬として重宝がられていました。名前の由来は、被毛が体の表面に対してフラットだったことによります。 1800年代初頭に、ニューファンドランドや小型のレトリーバーなどの泳ぎが得意な犬種に、鋭い嗅覚をもつセターなどを掛け合わせて誕生したと考えられています。 このフラットコーテッド・レトリーバーが初めて犬種としてドッグショーに出展されたのは1860年の、イギリス・バーミンガムでの展示会でした。 そのころのフラットコーテッド・レトリーバーは、波状の巻き毛を持つウェービーコーテッド・レトリーバーの姿でした。 このウェービーコーテッド・レトリーバーの祖先は、さらに巻き毛が強いカーリーコーテッド・レトリーバーと呼ばれる、イギリス最古のレトリバーです。カーリーコーテッド・レトリーバーは希少犬種として現在も主にイギリスに存在しています。 ウェービーコーテッド・レトリバーが現在の直毛を持つフラットコーテッド・レトリーバーの姿になったきっかけは、鳥猟の発達とともにより深い山に入るようになった猟師たちが、川を渡ることを厭わない猟犬を求めるようになったことでした。 このことをきっかけとして、波状毛で撥水効果が低かったウェービーコーテッド・レトリバーは、直毛の犬種との交配によって改良固定され、現在のフラットコーテッド・レトリーバーが誕生することとなりました。 1864年のショーに出展した2頭のメスのフラットコーテッド・レトリーバーによってこの犬種の評価が高まり、本格的な繁殖が始まります。 また、優雅な容姿と猟犬としての働きの良さで、フラットコーテッド・レトリーバーの人気はますます高まっていきました。 しかし、ラブラドールレトリバーやゴールデンレトリバーの人気が上昇していくにつれ、フラットコーテッド・レトリーバーの人気は下降の道をたどります。 さらに、第2次世界大戦中で犬を飼うということが難しいという歴史的背景も逆風となり、とうとうフラットコーテッド・レトリーバーは絶滅の危機に陥りました。 その危機を救ったのがフラットコーテッド・レトリーバーの愛好家たちでした。第2次大戦後、愛好家たちによりわずかに残った固体からフラットコーテッド・レトリーバーを復活させようといった復興計画が進められ、ようやくフラットコーテッド・レトリーバーは復活することとなり現在に至ります。 フラットコーテッド・レトリーバーの大きさ・見た目 フラットコーテッド・レトリーバーは、垂れ耳の大型犬で、しなやかな長めの直毛に覆われており、軽快に歩くという特徴があります。 毛色はブラック(黒)または、レバー(濃い赤褐色)です。最近はイエローのフラットコーテッド・レトリーバーも出てきているようですが、スタンダードとしては認められていません。 ラブラドールやゴールデンなど、ほかのレトリーバー種ほど胸幅や腰幅はありませんが、筋肉はしっかりとついています。 体高はオスの場合59~61.5cm、メスの場合は56.5~59cm、体重はオスの場合27~36kg、メスの場合は25~32kgほどです。 フラットコーテッド・レトリーバーの性格 フラットコーテッド・レトリバーは陽気で明るく楽天的で友好的です。 また、高い学習能力の持ち主でもあります。そのため、しつけがやりやすく、物覚えもいいです。 運動好きという特徴もあります。 フラットコーテッド・レトリバーは外出できないだけでもストレスとなってしまうことがあるため、まずは充分な運動量を確保してあげることが重要です。たくさん運動させて、欲求不満を取り除いてあげましょう。 フラットコーテッド・レトリーバーを飼うときの注意点 大型犬で体力も十分にあり活発な犬種ですので、散歩の時間は朝と夕方、それぞれ60分はとりましょう。 普通の散歩だけでなく、自転車との並走やドッグランで思い切り走らせてあげるといいでしょう。 ボールなどを投げて拾わせるといったレトリービングが大好きな犬種でもあるので、アジリティで遊ぶのも良いでしょう。 また、水泳が得意な犬種でもあるので、海や川などで泳ぐことも大好きです。 高い身体能力があるため、子犬の頃から他の犬や飼い主とのふれあいを行い、社会性を身につけさせてから飼う必要があります。 もともとは猟犬として活躍していたため、噛み癖やものを追いかけるといった本能があります。噛み癖はしっかりとしつけないと、大事故につながる可能性がありますので、子犬のうちからしっかりとしつけを行いましょう。 学習能力が高く、しつけがしやすいといわれているフラットコーテッド・レトリーバーですが、陽気な性格のため楽しいと思うことがある場合には指示に従わないこともあります。 ダブルコートの被毛ですが直毛なので、お手入れは難しくありません。週に1回の頻度でブラッシングしてあげましょう。 フラットコーテッド・レトリーバーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、フラットコーテッド・レトリーバーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

シベリアンハスキーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

シベリアンハスキーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シベリアンハスキーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シベリアンハスキーがなりやすい病気・ケガ シベリアンハスキーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 白内障(はくないしょう) 外耳炎(がいじえん) 脂漏症(しろうしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 緑内障(りょくないしょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) シベリアンハスキーの特徴 シベリアンハスキーの歴史 シベリアンハスキーは、シベリアからカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯を原産地とする大型犬の一種です。先祖となる犬種はスピッツと推定されており、アラスカン・マラミュートとはとても容姿が似ていますが、それぞれが犬種として成立した時期は不明です。近年はDNAによる分析が発達し、容姿だけでなくDNAも狼とよく似ていることがわかっています。 長い間シベリアンハスキーを飼育していたのは、シベリア北東部に住むチュクチ族と呼ばれる民族です。シベリアンハスキーは、犬ぞりなどの牽引を行う用務犬や猟犬として重宝されていました。 当時、シベリア地帯を訪れる商人がチュクチ族のことを「ハスキー」と読んでいたことから、この犬もハスキーと呼ばれるようになりました。 1925年にアラスカでジフテリアが大流行した際には、ハスキー犬たちが氷点下50度の中500km以上の距離を血清輸送をして多くの命を救いました。この名誉は、ニューヨーク市のセントラルパークに立てられているバルト像としてたたえられています。 1930年以降には、ソビエト連邦政府によりシベリア国境貿易封鎖が行われ、スベリアンハスキーは輸出規制を受けますが、北米経由で改良が加えられ全世界に広まり、鑑賞犬や愛玩犬として極地系犬種としては高い人気を誇っています。 日本では雑誌「花とゆめ」で連載されていた佐々木倫子作の漫画『動物のお医者さん』のヒットで一気に知名度が上がり、バブル景気の頃は流行犬種として多く飼育されましたが、運動量が多く必要であることや抜け毛が多いことなどから多くのシベリアンハスキーが飼育放棄されてしまう結果となってしまい、現在では一部の愛好家のみの人気にとどまっています。 シベリアンハスキーの大きさ・見た目 シベリアンハスキーの大きさは、体高が50~60cm、体重16~28kgで大型犬に分類されています。 立ち耳に精悍な顔つきと屈強な体つきで、極寒の気候に耐えるために皮下脂肪も貯えていますが、体重が増えすぎるのはいけないとされています。 シベリアンハスキーの被毛は、長いオーバーコートと、保温効果の高い密集したアンダーコートからなるダブルコートで、毛色はブラック&ホワイト、グレイ&ホワイト、カッパーレッド、ホワイトなどのカラーもいます。 また、オッドアイの魅力に惹かれてシベリアンハスキーを飼うという方もいるように、シベリアンハスキーの特徴として左右で色が異なるオッドアイがあります。他にも単色で黒、青、茶、黄などの目の色の個体もおり、代表的なブルーアイは日光照射が少ない地域で生まれたために目のメラニンが少ないことによるものです。 平均寿命は12歳~15歳ほどです。 シベリアンハスキーの性格 シベリアンハスキーは人にも他犬にも友好的で、粗利犬の歴史に培われた社会性の強い性格です。 明るく前向きでめげない面があり、また責任感が強く頑固で不器用な面を見せることもあります。 用心深さはあるものの、攻撃性が低いため、番犬には不向きな性格です。 シベリアンハスキーを飼うときの注意点 非常に体力があり、運動量が必要な犬種なので、少なくとも1日に1~2時間以上の散歩や運動が必要で、運動不足でストレスがたまると、有り余る体力を家具や犬舎にぶつけるなど、問題行動を起こすことがあります。 また、社会性が強いため、単独での長時間の留守番はストレスになってしまします。 シベリアンハスキーは極寒育ちなので、暑さにはとても弱い犬種です。本来はマイナス50℃前後での環境で耐えられるように分厚いダブルコートであるため、日本の夏はシベリアンハスキーにとって耐えがたいものだといわれています。 もちろん屋外で買うことも可能ではありますが、厚い気候の地域で飼うには条件として厳しいでしょう。 体臭もほとんどない犬種なので、基本的には室内で飼うことをオススメします。 夏場はエアコンをつけ、散歩は朝晩の涼しい時間帯にしましょう。 シベリアンハスキーは週に1回のブラッシングが基本ですが、換毛期には毎日のブラッシングが必要となります。 毛を放置すると皮膚疾患のきっかけになってしまうので、できるだけマメなブラッシングをしてあげるとよいでしょう。 シベリアンハスキーはもともと雪国でソリを引く犬だったので、ペット用に改良された犬種を飼うよりもしつけのハードルは高いです。なので、シベリアンハスキーのしつけは、どんな性格なのか理解したうえで行う必要があります。 いたずら好きで「なんでも口に入れてみる」などの行為が多く、誤飲を起こしやすいといわれています。 危険性のある物を飲み込んでしまった場合などは手術が必要になることもあるので、いたずらといっても大きなリスクになります。 シベリアンハスキーは主従関係の上につくリーダーにはとても従順になる犬なので、リーダーとして理想であることを教えるため、できるだけ子犬のうちから服従訓練をすることも大切です。 シベリアンハスキーを扱うドッグトレーナーは、シベリアンハスキーのしつけの基本は「疲れさせることだ」と言っています。 しっかりとした運動量を確保せず、いい加減な散歩をしただけでは体力が有り余ってしまい、しつけも行き届かなくなります。 毎晩1日2回、1~2時間かけて運動させる必要があります。 シベリアンハスキーを飼うコツは、毎日十分な運動で疲れさせましょう。 また、この犬種は犬ゾリを引く本能が残っていますので、散歩をする際に先に引っ張っていく癖があります。このような癖にもリーダーウォークをしっかり教えてしつけることで、シベリアンハスキーは大人しく、友好的なパートナー犬になってくれます。 シベリアンハスキーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シベリアンハスキーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬…

狆(チン)におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

狆(チン)におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

狆に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 狆(チン)がなりやすい病気・ケガ 狆(チン)がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) ドライアイ(どらいあい) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) てんかん 狆(チン)の特徴 狆(チン)の歴史 狆の起源は定かではありません。 狆が日本に入ってきた時期は諸説あり、最も古いものは500年代に仏教伝来とともに入ってきたとされるもので、続いて日本書紀の記録による632年頃に朝鮮から贈られたというもの、続日本紀も記された732年に朝鮮から贈られたという記録、更に824年にも同じく朝鮮から贈られたという記録があります。 一方で、外国からの贈り物ではなく、日本から中国や朝鮮に渡った使者が持ち帰った犬という記録も600年代~900年代に残されています。この期間に葉多くの狆が日本医入ってきたとされており、日本の皇族に大切に飼育されていたようです。 これらの説に異を唱え、戦国時代に日本に入ってきたという説もありますが、17世紀初めに渡来したイギリス人によりイギリスへ持ち帰られた記録があることから、既にこれより前委の時代に日本に入っており、改良が続けられてきたと考えられるでしょう。また、1853年には、黒船で来日した米国人ペリー提督により数頭が持ち帰られました。このうち2頭は、犬好きで知られたイギリスのビクトリア女王に献上されたとも伝えられています。 日本国内では、生類憐みの令で知られる徳川綱吉の頃には、江戸城で飼われていたこともあるようです。この頃の狆は、皇族や高級武士、資産家の商家などで大変かわいがられて、贅沢三昧の生活をしていたそうです。歌舞伎や人形浄瑠璃の演目「伽羅先代萩(めいぼくせんだいはぎ)」では、不遇の身をかこつ登場人物が、お犬様と大切にされ贅沢な食事を与えられる狆の姿を目の当たりにして「いっそ狆になりたい」と口にする有名な場場面があるほどの暮らしぶりでした。 長らく上流階級ばかりで飼われていた狆ですが、江戸時代になり庶民の生活が安定すると、一般市民でも生活にゆとりがある層にまで狆の飼育が広がっていきました。 そして皮肉なことに、ペリーの黒船来航後、日本が開国の途を歩むようになると、海外から輸入された犬が持てはやされ、狆の数は大変少なくなっていきました。狆がイギリスのケネルクラブに公認されたのは、日本では開国されてまもない1870年となっています。実はこの時代に狆の改良に背局的に取り組んだのはいぎりすやフランスの愛好家たちであり、近年以降はこれらヨーロッパから逆輸入された優れた狆を交配に加えて改良され、現在に至ります。 狆という名前の由来は、犬よりも猫に近いと考えられていたためや、「ちいさいいぬ」という言葉が短くなったためなどといわれています。 イギリスで公認登録された当初は「ジャパニーズ・スパニエル」とされていましたが、後年、「ジャパニーズ・チン」に改められました。 狆(チン)の大きさ・見た目 体高と体長がほぼ等しいスクエアタイプで、まっすぐで豊富な長い飾り毛が耳や首周り、太ももや尾にもあります。 被毛はシルキータッチともいわれ、長くて柔らかく、ポイントごとについている飾り毛が魅力の一つです。 被毛は多いですが、シングルコートなので抜け毛が少なく、毛色はブラック&ホワイト、レッド&ホワイトが標準で、顔にある斑模様によって「サムライ斑」「ヤッコ斑」、背中にある模様で「鞍かけ斑」、尾の手前にある模様によって「おどめ斑」に分類されていました。口元がピンク色になっている個体は繁殖者の名から「森田屋口」として珍重されていたこともありました。 体高はオス25cm、メス24cm、体重はオスメス共に2~3㎏、、平均寿命は12歳~14歳ほどです。 狆(チン)の性格 狆は賢く、明朗で開放的な性格をしています。 協調性があり、主人や家族を慕う感情豊かで優しい心の持ち主で、飼い主の後ろをついて歩き、喜んでもらえるような努力をする微笑ましい一面も持ち合わせています。 人懐っこく従順ではありますが、プライドが高く、精細な面もあるので、乱暴に扱われることを好まず、子どもなどにしつこくされると距離を取るなどの行動をとったりします。 適応能力も高いので新しい環境にも問題なく慣れ、いたずらをしない行儀のよい犬なので他の犬や人に対しても友好的で仲良くしてくれます。 狆(チン)を飼うときの注意点 狆は長毛種ですが、厚い下毛がないので、お手入れはブラッシングとコーミングだけで十分です。 ブラッシングは特に絡まりやすい尻、尾、脚、耳などを入念に行ってあげてください。美しく滑らかな毛質を保つためにも、定期的なシャンプーもおすすめです。 長毛種で短頭種なので暑さや寒さには弱いです。夏場の散歩は熱射病や熱中症になりやすいので、朝か夕方の涼しい時間帯に30分ほどを目安にしてあげてください。高温多湿にならないよう、部屋の温度管理には注意が必要です。 狆は飼い主に対して従順なので、比較的しつけがしやすいです。 しかし、プライドが高いので、甘やかし過ぎると言うことを聞かなくなってしまうこともあります。なので、子犬の時から、しっかりしつけてあげるようにしましょう。繊細な面を持っているので、起こる際は叱りすぎないようにするのもポイントです。 狆は出産の際に難産になりやすい傾向がありますので、帝王切開など別途費用がかかることを頭に入れて十分考慮いておきましょう 狆(チン)におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、狆(チン)におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

土佐犬におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

土佐犬におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

土佐犬に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 土佐犬がなりやすい病気・ケガ 土佐犬がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膣脱(ちつだつ) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ジステンバー(じすてんばー) 土佐犬の特徴 土佐犬の歴史 ニホンオオカミに似た姿の中型犬の四国犬は、かつて土佐犬と呼ばれていました。 現代では土佐犬といえば大型の問う犬種である土佐闘犬を指しますが、実は土佐闘犬にも四国犬の血が流れており、外貌では全く似つかない2つの犬種ですが、飼い主に対しては徹底的に忠実で、負けん気の強い犬であることは同じです。自分より獰猛なイノシシに勇敢に立ち向かっていく四国犬のその気質を尊重し、闘犬として育種を進めたのが現在につながる土佐犬の姿です。 高知・土佐藩が闘犬を始めたのは14世紀頃、この当時はまだ土佐犬は今のような大きな姿をしていなかったものと推定されています。 土佐犬の大型化は江戸時代末期から明治頃、海外から犬を輸入するようになってから始まりました。交配に使われた犬はオールドイングリッシュマスティフやブルドッグ、セントバーナード、ジャーマンポインター、ブルテリア、グレート・デーンなど、外国でも闘犬としての歴史があったり、大きな体をしていたりというこせいの犬たちでした。中でも、マスティフは現在の土佐犬にもその容姿を色濃く残していることから、海外での土佐犬は「ジャパニーズ・マスティフ」との別名もあります。現在はレッドの毛色が圧倒的に多い土佐犬ですが、昭和の始めまでは虎毛も少なくなく、白が入った犬もいたそうです。虎毛や黒毛は現在も標準の毛色になっていますが、出征数自体は少ないとされています。 闘犬はイギリスをはじめとする動物愛護の先進国では19世紀に禁止となりましたが、日本では禁止されていません。そのため、土佐犬は繁殖犬の選定において、ペットとして飼いやすいかどうかではなく、強い性質であるかどうかを考慮に入れて行われます。闘犬の是非については日本国内でも議論が続いていますが、闘犬の素質を残そうとする限り、一般家庭での飼育は難しく、実際に飼い主の力不足や不注意から重大な咬傷事故もたびたび起きています。このままでは闘犬である以前に犬種の保存が難しくなりかねない側面があり、危機感を抱いた愛好家や育種家、関係者によって、正しい飼育管理方法の啓蒙が行われるようになりました。 強い犬を作るためにも現在も他犬種との交配をする人がいるようですが、純血種として土佐犬の保存を念頭に置いている団体ではピットブルなどとの交配を禁止しています。また、異種交配が行われている犬を3代以内にもつ血統では、血統書が発行されることはありません。歴史的な混血ないきさつからも、現在の土佐犬は純粋な日本犬とは認められないのです。 なお、土佐犬は特定犬種として、区市町村に対して犬舎の大きさや飼育場所などの届け出が必要となる場合が多くあります。 土佐犬の大きさ・見た目 筋肉質な骨格で、皮膚は噛まれてもいいようにと大きなしわができるほどたるみ、頭部は大きく、ストップははっきりして、角張ったマズルをしています。垂れ耳で、尻尾も太く垂れており、断尾はしません。 毛色はレッド(赤色)、アプリコット(淡赤毛)、フォーン、ブラック、ブリンドル(虎毛)があり、胸や足に白い部分が多少出ることがあります。 体長はオス60cm、メス55cm、体重は90~91㎏、平均寿命は10歳~12歳ほどです。 土佐犬の性格 風貌から攻撃的な性格をしていると思われがちですが、飼い主など主従関係をしっかり築いている相手に対しては忠誠心が強く、大人しい犬種です。しかし、心を開いていない相手に対しては言うことを聞かないので、ほかの犬と仲良くなることは難しいようです。 また、少しの刺激などで闘犬としての本能を表すことがあるので飼育時は最新の注意が必要になります。 土佐犬を飼うときの注意点 土佐犬は闘犬としての素質を優先して繁殖させているので一般家庭での飼育は難しいとされています。 覚悟の上で飼育する場合、大前提としてお住まいの地域で土佐犬自体の飼育が禁止されていないかの確認が必要となります。 土佐犬を飼うにあたり、準備するものは他の犬種を飼うときとさほど変わりはありませんが、絶対的な条件として頑丈なもの選び、広い犬舎や人除けの柵のほか、散歩の際につける口輪も用意しましょう。 力も大変強く、一度興奮状態に陥ると丸腰の人間で太刀打ちできる犬種ではありません。リードや首輪もその力に耐えうるような丈夫な物を用意すべきです。 土佐犬は大型~超大型に分類される犬種なので、体に見合った運動量が必要です。散歩では最低でも1回1~2時間、1日2回以上求められます。また、警戒心が強く防衛意識があるので、通りすがりの人や動物に大きく反応することがあるため、散歩は人の少ない場所や時間帯を選んで行いましょう。また、そのような環境にない場合は飼育を考えた方がいいかもしれません。 また、土佐犬を初めて犬を飼う人にはオススメできません。甘やかしがちな人では飼い主自身や家族が危険にさらされる可能性が十分にあります。 しつけはしっかりと行う必要があり、特にリードを引かないことや、、飼い主の命令一つでどんなに興奮しているときも抑えられるように訓練が必要です。しかし、虐待的な訓練では犬との信頼を損ね、かえって扱いにくい犬となります。なので、土佐犬の飼育は非常に難しく、犬のために十分な時間と経済力、マナーや倫理観など高い意識が求められます。 様々なリスクや責任などを理解し、覚悟ができたうえ、周りの理解などの飼育条件が満たされている人のみ飼うべき犬種と言えます。 土佐犬におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、土佐犬におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

アフガンハウンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

アフガンハウンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アフガンハウンドに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アフガンハウンドがなりやすい病気・ケガ アフガンハウンドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 外耳炎(がいじえん) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) アフガンハウンドの特徴 アフガンハウンドの歴史 アフガンハウンドはその名の通り、アフガニスタンを原産とする犬種です。 アフガンハウンドは現存するあらゆる犬種の中で最も古い犬とされており、その成立は紀元前4000年とも5000年とも言われているほどです。古代エジプト領の聖地モーゼ山の麓に生息していた、ノアの方舟に乗せられていたなどの言い伝えも残っています。紀元前3000~4000年頃には、ピラミッドをはじめとする王族貴族の墓やパピルス、土石など歴史的な記録物にも、アフガンハウンドらしい犬の存在が認められています。 当時から猟犬として存在し、アフガニスタンの険しい山岳地帯や砂漠にも対応するように手足の裏は大きく発達し、朝晩の気温差50℃にもなる土地に順応するために、通気性と保温性を併せ持つ独特のコートに発達してきたと考えられています。 人や動物の出入りが少なく交雑の起こりにくい山岳地帯で、歴史敵に長い時間をかけて純粋な犬種として成立したアフガンハウンドは、18世紀になってアングロ・アフガン戦争に勝利したイギリスへ持ち込まれ、サイト・ハウンド犬種として他犬種との交配が始まりました。 現在のアフガンハウンドの基礎となった系統のは2種類あり、第一の系統は1920年代にスコットランドに持ち込まれた「ベルマレイ(Bell-Murray)」と呼ばれる草原タイプの系統で、薄めの被毛を特徴としています。第二の系統は、1925年にイギリスに持ち込まれた「ガーズニ(Ghazni)」と呼ばれる山岳タイプの系統で、厚めの被毛を特徴としています。現在よく見かけるアフガンハウンドの容姿は、後者の「ガーズニ」系統に近いものです。 イギリスに持ち込まれたアフガンハウンドは、ペルシャ・ハウンド、バルグジー・ハウンド(バルキーとも言う=この犬種を独占していたバルクジーという貴族の名に由来)などと呼ばれるようになります。 また、優雅で威厳のあるスタイルと美しい被毛は、イギリス貴族階級で人気を博し、やがて20世紀の初めころから、イギリスをはじめ世界のドッグショーに出展されるようになり、世界の富裕層を中心に広がりました。 イギリスへ持ち込まれる以前から存在し、現在のアフガンハウンドの元種となった犬は、現在もアフガニスタンの山岳地帯に生息しています。歴史的な存在意義のある古代犬であり、猟犬または作業犬として保存されていますが、近年は個体数の減少が著しく、絶滅の恐れがあるとされています。 アフガンハウンドの大きさ・見た目 アフガンハウンドは大型犬としては珍しく、引きずるほどの長毛です。 視覚に獲物を捕らえて狩りをするサイト・ハウンドらしく、首を上げ遠くを見る姿に威厳があります。 長もに隠された脚は強く足裏は広くしっかりしており、険しい路面を踏みしめてかなりのスピードで走るだけの脚力を備えています。 アフガンハウンドのしなやかな体躯と広い指趾は、獲物が急に方向転換した際に、反射的に自身も方向転換が可能になるための構造だと考えられています。 また、典型的な視覚ハウンドであるアフガンハウンドは、頭蓋の幅が広く、目が頭の側面に位置するため、視野も270度にも及びます。距離感も的確で、1㎞先で動くものさえ見えるそうです。 垂れ耳なのは、視野や嗅覚に神経を集中させるための犬種改良の結果だと考えられます。また、全体を覆う長い絹糸状の被毛は、山岳地帯の慣例から身を守るものためのものです。 アフガンハウンドはあらゆる色が認められるとされています。ブラック、ブラックにシルバーやタンが入ったもの、ブルー(銀灰)、クリーム、ブリンドル、レッドなどがあります。顔の中心にあるマスクやドミノも認められています。 体高はオス68~73cm、メス63~68cm、体重はオス25~27㎏、メス20~23㎏、平均寿命は12歳~14歳ほどです。 アフガンハウンドの性格 アフガンハウンドは独立心が強い犬種です。これは、サイト・ハウンドの特徴でもあり、狩猟の際、人が追い付かないほどのスピードで走り続けて獲物を追い詰める力があるため、自分の判断で猟を進める必要があり、良い結果を導くことで主人に喜ばれ信頼を得てきたためです。 この性質は猟犬としての長い歴史により固定され、アフガンハウンドの個性として尊ばれるようになりましたが、家庭内においては人間に容易く振り回されないマイペースな性質となって表れるため、猫のような性格といわれることもあります。 また、アフガンハウンドは猟欲が強く残る個体も多く、散歩中など戸外では飼い主がリーダーシップを持って接しないと、小動物や小さな追うことがあるので注意が必要となります。 アフガンハウンドを飼うときの注意点 厚い被毛を持っているため、暑さに弱く、適切な運動量を確保できるようであれば室内飼育をしてあげてください。 とにかく走ることが大好きな犬種なので、朝夕に1時間程度の散歩に加え、短距離を思い切り走らせるなど、十分な運動をさせてあげてください。 また、ストレスがたまると猟をするスイッチが入りやすくなるので、ドッグランなどの囲いのある場所で自由に運動ができる環境を定期的に作りましょう。 散歩中にリードを離してしまうと、狩猟犬としての本能から満足するまで走ってしまい、戻ってこないことがありますので、併せて注意をしましょう。 垂れ耳のため、外耳炎を含む耳の病気になりやすいので、2週間に1回程度、脱脂綿にイヤーローションをつけて耳掃除をしてあげましょう。 また、高温多湿な日本では被毛が蒸れやすいので定期的にケアをして皮膚病の予防をしてあげるのもオススメです。 長毛種ですが無理なブラッシングは禁物です。理由はコートが汚れた状態では逆に痛めてしまうからで、毛が長く揃うまでは頻繁にブラッシングをしてださい。怠るとすぐにもつれてしまうので注意しましょう。家庭犬の場合は汚れの具合にもよりますが、毎日10~15分ほどのブラッシングと1ヵ月に一回程度のシャンプーでコートを維持することができます。 日頃の手入れが難しい場合、無理にコートを伸ばそうとせず、適度な長さにカットしてお手入れしやすくする方法もあります。 アフガンハウンドはプライドが高く、プロのトレーナーすらしつけは大変で「世界一頭の悪い犬種」とまでいわれてきましたが、実際には頭が悪いのではなく、納得できない命令には絶対に従わないという意思が強い犬種なのです。 子犬からアフガンハウンドをしつけるのはかなりハードルが高く、服従訓練は時間と労力をかけて行いましょう。独立心の強さから我儘な面がみられますが、感受性が強い面も持っているので、神経質に叱りつけず、おおらかに育てていきましょう。 また、アフガンハウンドのブリーダーは、幼少期から家庭犬として飼われることを前提に専門のブリーディングを行っています。子犬のアフガンハウンドでも、飼い主さんの言うことを理解するようにしつけられているので、そこまでしつけに苦戦することは少なくなりました。   ただ、狩猟犬時代のアフガンハウンドの遺伝子は受け継がれているので、しつけは難しい犬種だということは覚悟しておきましょう。 しつけに自信がないという場合は、信頼できるトレーナーを探しておくことをオススメします。 アフガンハウンドにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アフガンハウンドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬…

オーストラリアン・シェパードにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

オーストラリアン・シェパードにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

オーストラリアン・シェパードに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 オーストラリアン・シェパードがなりやすい病気・ケガ オーストラリアン・シェパードがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 白内障(はくないしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) てんかん 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) オーストラリアン・シェパードの特徴 オーストラリアン・シェパードの歴史 オーストラリアン・シェパードの起源は、1800年代にヨーロッパ・バスク地方の人々がオーストラリアに移住した際、羊と一緒に連れ込んだ僕畜犬だと言われています。 その後このは移住者と共にアメリカに渡り、1950年代まではあまり目立たない存在でしたが、ある時にカウボーイが荒馬乗りや投げ縄などの腕を競うロデオ大会で芸当を披露する犬として活躍し、それが映画化されることによって一気に人気と知名度が上がりました。 その後、オーストラリアン・シェパードの登録団体がいくつか出来、1993年にAKCに犬種として認定されたとされています。 オーストラリアン・シェパードという犬名は、オーストラリアから移住してきた羊飼いたちのことを、当時の日人が「オーストラリアから来た(australian)羊飼い(shepherd)」と呼んだことにちなんでいますが、近年になって行われた血統の研究では、アメリカに来てから大きく改良が進んだことが判明し、必ずしも適切な犬名とは言えなくなってきています。 現在では世界中で多く飼育され、牧羊犬としてだけでなく聴導犬や救助犬、麻薬探知犬や介助犬、ドッグスポーツ用の犬として広い分野で活躍していますが、ペットやショードッグとしても人気があります。 日本でも人気がある犬種で、国内でもブリーディングが行われており、毎年登録が行われていて、2009年度の国内登録頭数順位は136位中61位でした。 オーストラリアン・シェパードの大きさ・見た目 垂れ耳のコリーのような体型で骨は太く、体は筋肉質でがっしりとしています。尾は短く、生まれつきの「ナチュラルボブテイル」もしくは断尾されていることが多いです。 一般的には茶色の目ですが、マールの遺伝子を持つ個体には両目がブルーの「ブルーアイ」、片目がブルーと茶色の「オッドアイ」などになることがあります。 被毛はどんな天候の中でも作業ができるに二層構造のロングコートで、牧羊犬として性質を特化させるため、コリー系犬種との交配が繰り返された結果、被毛はコリーによく似ていて、上毛は部分的に直毛であったりカールがかったりしています。 毛色はブルーマール、ブラックトライ、レッドマール、レッドの4種とされています。 体高はオスメス共に46~59cm、体重はオスメス共に16~32㎏、平均寿命は13歳~15歳ほどです。 オーストラリアン・シェパードの性格 オーストラリアン・シェパードは、大胆で賢く愛情深さを持っており、警戒心と独立心に富んで、責任感の強い面も持ち合わせた仕事熱心で愛情深い性格です。 おとなしいので、他の犬と喧嘩をすることは滅多になく、家庭でも比較的飼いやすい犬種といえます。 オーストラリアン・シェパードを飼うときの注意点 運動能力が高いので散歩は毎日、朝夕とも60分程度必要になるほか、場合によっては、歩くだけの散歩ではなく、一緒に走るジョギングやトレーニングをして頭を使わせたりするなどの工夫もあると尚良いでしょう。 何か新しいことに挑戦できるような環境を好むので、新しいゲームやアジリティなどを取り入れてあげると喜びます。 ドッグランをノーリードで走り回れる環境でのフリスビーやボール遊びなど、適切な運動やトレーニングをさせることで、飼い主に忠実で従順な犬となってくれるでしょう。 ジャーマン・シェパード・ドッグ同様に、触れ合いやコミュニケーションが不足すると、情緒的な健康に影響を及ぼすので定期的にスキンシップなどは欠かさないようにしてあげることが大切です。 牧羊犬として活躍してた犬種なので、吠え癖や噛み癖、散歩中の引っ張りなど問題行動が起こりやすい犬種でもあります。 忠実で賢い犬種であるが故に、覚えてほしくない行動も覚えやすいため、そうならないように基本的なしつけや家庭内でのルールをきちんと決めて覚えさせることが大切になります。 大変賢いので一度覚えると従順で状況判断力にも富んだ行動をとれるようになります。しかし、子犬の頃は夜泣きや、かまってほしくて鳴く、おやつが欲しくて鳴くなどの要求が起こり、ついかまいたくなることも多くなりますが、グッと我慢して応えないようにし、犬が落ち着いて静かになってから沢山褒めて遊んであげるなど、根気よく向き合ってあげましょう。 被毛はダブルコートなので、抜け毛は多く、換毛期にはたくさん抜けますので、毎日のブラッシングは欠かさないようにしましょう。 オーストラリアン・シェパードにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、オーストラリアン・シェパードにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

オーストラリアン・キャトル・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

オーストラリアン・キャトル・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

オーストラリアン・キャトル・ドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 オーストラリアン・キャトル・ドッグがなりやすい病気・ケガ オーストラリアン・キャトル・ドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) オーストラリアン・キャトル・ドッグの特徴 オーストラリアン・キャトル・ドッグの歴史 オーストラリアン・キャトル・ドッグの起源は、19世紀中頃、イギリスからオーストラリアに持ち込まれた牧羊犬を改良してできた犬だと言われています。オーストラリアが植民地となった1800年頃は、現在のシドニー付近で小規模な牧畜が営まれている程度でしたが、牧場の規模が徐々に拡大し、西武の広大な敷地を用いた放牧が行われるようになると、そのあまりの広さのために牛が半野生化してしまうという新たな問題が発生します。こうした背景から、牛を管理して寄せ集め、目的の場所まで追い立てて移動させる能力を有する犬、「ヒーラー」の必要性が高まり、オーストラリアン・キャトル・ドッグが生まれました。 オーストラリアン・キャトル・ドッグはスコットランドから輸入されたブルーマールの短毛ハイランド・コリーに野生犬ディンゴ、オーストラリアン・ケルピー、ダルメシアン、ブルテリアなど異種交配して作出され、ディンゴの体力とハイランド・コリーの知恵、ダルメシアンの忠誠心の集大成とまで言われる極めて優秀なヒーラーです。 また、オーストラリアン・キャトル・ドッグは牛だけでなく、山羊や馬、アヒルなどのハーディングもすることが出来、優秀な牧牛犬種の一つといわれています。 作業犬として使役されてきましたが、愛好家は多くドッグショーにも出場し、FCIへ公認登録されることになりましたが、現在でも作業犬として人気が高く、オーストラリアだけでなく、アメリカ西部やニュージーランドでも使役されています。 ショードッグやペットとしても飼育が行われており、日本でもペットなどとして飼育されています。ただし、日本での頭数はあまり多くなく、1年に一度国内で子犬が生まれ、ジャパンケネルクラブに登録される程度です。2009年度の国内登録頭数順位は134位中104位でした。 オーストラリアン・キャトル・ドッグの犬名は、主な仕事が牛の管理だったことから、地域によっては「クイーンズランド・ヒーラー(クイーンズランド州で働いていたため)」、或いは「オーストラリアン・ヒーラー」などと呼ばれていたこともあります。 また、この犬種はギネス公認の世界最高齢犬としても有名で、「ブルーイー(Bluey)」という犬は1910年6月7日に生まれ、1939年11月14日まで生きた現在でも世界一長寿だった犬として記録を持ち続けています。 ブルーイーは老衰により、29歳5ヵ月で天寿を全うしました。 オーストラリアン・キャトル・ドッグの大きさ・見た目 筋肉質でがっしりとした体を持ち、首は太く、広い胸に足は太く短めで、耳は立ち耳で尾はふさふさした垂れ尾をしており、硬い短毛でシングルコートの構造をした中型犬です。 毛色はブルー&タンが主流で、その他にはタン・ローンなどの毛色もみられます。 体高はオス43~51cm、メス43~48cm、体重はオス16~20㎏、メス13~17㎏、平均寿命は13歳~15歳ほどです。 オーストラリアン・キャトル・ドッグの性格 飼い主に対して忠実で忍耐力が強く、人懐っこさもあり、状況判断力に優れていて行動力と度胸がある性格です。 しかし、やや神経質で人見知りな面がるため、馴染みのない他人や他犬にたいしてはなかなか慣れようとしないところもあります。 オーストラリアン・キャトル・ドッグを飼うときの注意点 オーストラリアン・キャトル・ドッグは牧牛犬として活躍していた犬種なので、中型犬であっても大型犬並みの運動量が必要となります。 毎日の運動は欠かせず、1日2回の散歩と室内でも軽い運動をさせてあげると良いでしょう。運動量が足りないとストレスを溜めやすく、攻撃的な面が出てきてしまうことがあるので、ドッグランなどで思いっきり走らせて挙げるのも良いでしょう。 ボール遊びや干物引っ張り合いなども好むので、そういったおもちゃで遊んであげると非常に喜びます。 オーストラリアン・キャトル・ドッグの飼育スペースはできるだけ広く確保する必要があり、屋外よりも室内の方が好ましいです。 オーストラリアン・キャトル・ドッグは物覚えが早いため、しつけは難しくありませんが、子犬のころからしっかりと飼い主がリーダーシップを取っておく必要があります。ヒーラーとして改良されたため、若干のイタズラやしつけを怠ると人の踵を噛んでしまう事故に繋がるので、しっかりとしつけやルールを教えましょう。 被毛の手入れは、硬めの獣毛ブラシで週に1回ブラッシングやコーミングする程度で清潔さが保てます。換毛期にはブラッシングをこまめに行い、皮膚病を防ぐためにも丁寧に死毛を取り除いてあげましょう。 オーストラリアン・キャトル・ドッグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、オーストラリアン・キャトル・ドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルがなりやすい病気・ケガ イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 外耳炎(がいじえん) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 白内障(はくないしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 脂漏症(しろうしょう) イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの特徴 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの歴史 スパニエルと呼ばれる犬種や猟犬の中でも、特に古い歴史を持つのがイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルです。その起源は14世紀頃にスペインからイギリスにわたり、16世紀には陸地で猟犬として働いていたランドスパニエルが原型であるといわれています。 鳥猟を得意とし、走るスピードが速く、隠れている鳥を飛び立たせたり、撃ち落とされた鳥を回収したりと、優れた能力を発揮していました。スパニエル種としては大型であるため、鷹などの大型の鳥をも勇敢に追い込み、回収することができたことら、ハンターの間では重宝されていました。 19世紀に入ると、猟を好む貴族などの間で、この犬種の改良が始まりました。中でも、イギリス貴族のノーフォーク公爵はこの犬種の育種と拭き優に力を注ぎ、多大な影響を与えました。それ以降、本種は「ノーフォーク・スパニエル」と呼ばれるようになり、更に19世紀後半になると、それまで一つの種であったイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルと分けられることになります。 イングリッシュ・コッカー・スパニエルとイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは同じ血統をしており、19世紀後半まで明確な区別がされていませんでしたが、イングリッシュ・コッカー・スパニエルの方はサイズが小さく、スプリンガーとは大きさで分けられ、それぞれのサイズで固定されるようになり、20世紀に入る頃には「スプリンガー・スパニエル」という名称が与えられ、1902年にKCがこの2犬種を別の犬種として認定した後、アメリカやカナダへ渡ることになりました。 「スプリンガー」は、バネのように弾むという意味と、驚かせるという意味があり、この犬の弾むように走る姿や、獲物を驚かせて追い出すときの仕草などから採られた名前とされています。 現在でも現役の猟犬として使われており、またドッグショーの華やかな舞台でも人気の犬種として、世界中で愛されている犬種です。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの大きさ・見た目 大きな垂れ耳と、すっと伸びた首にしっかりとした頭部が特徴的で、歩く姿は優雅で手足を伸ばして大股で歩きます。 中型で、体高より体長がやや長く、がっちりした筋肉質の体で、アーモンド形の目は濃いヘーゼル色で、薄い色は好ましくないとされています。 艶のある綺麗な被毛は長くウェーブしていて、上毛と下毛からなるダブルコートで、上毛は程よい長さで少しウェーブしていますが、たまにストレートの毛の個体もいます。 下毛は柔らかく、短い毛質で、体中にびっしりと密集して生えていますが、下毛があるお陰で風や雨・雷、草木のトゲなどから体を守ることができています。 毛色はレバー&ホワイト、またはブラック&ホワイト、タンマークで、白い部分にスポットが散らばったり、タンのマーキングが入ることもあります。 体高は46~56cm、体重18~25㎏、平均寿命は12歳~14歳ほどです。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの性格 明るく活発で、注意力と辛抱強さがあり、賢い性格です。 服従心も強く、呑み込みが早いので、トレーニングも比較的しやすい犬種といえます。 しかし、好奇心が旺盛で、なにかに熱中しすぎて周りが見えなくなることがあるので注意が必要となります。食器やいたずらされて困るものはイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルの手が届く範囲に放置しないようにしましょう。 猟犬の気質も残っているため、危機を察知して飼い主に知らせる注意力と、我慢強く留守番できる忍耐力も持ち合わせていますが、警戒心の強さから、初めて会う人や犬と仲良くなるには少し時間がかかります。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルを飼うときの注意点 活発で運動量が必要な犬種で、ストレスが強まると攻撃的になることがありますので、できれば1日1~2時間以上、散歩や運動をさせるようにしましょう。 好奇心が強く、頭の良い犬種でもありますので、頭を使う運動が一番効果的です。例えば、「宝探しゲーム」や「もってこい遊び」など、運動の仕方もくふうしてあげることが理想的です。 ブラッシングは毎日、トリミングは2ヵ月に1回を目安に行いましょう。ダブルコートの被毛は抜け毛が多く、垂れ耳は蒸れやすいため、外耳炎などの耳の病気にかかりやすい傾向にあります。 ブラッシングだけでなく、耳はイヤーローションを使ってこまめに掃除してあげるのも忘れずにしてください。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルは賢く、しつけやすい犬種ですが、中型犬ながらとても力が強いため、しつけを怠ると猛犬に育つ可能性もあります。 一貫性を持ったしつけをしないと、飼い主のいうことを聞かなくなります。 大切なのは「上下関係をはっきりさせること」で、少し強い態度でトレーニングをしてもスキンシップやおやつなどのご褒美をあげて緩和することでうまくいきやすいです。 散歩中やおもちゃで遊んでいるときにゲームのように遊ばせながらしつけるとよく覚えてくれる傾向にあります。 時に厳しく、ときには楽しく、メリハリをつけたしつけ方法が向いている犬種です。 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

アイリッシュセッターにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

アイリッシュセッターにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アイリッシュセッターに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アイリッシュセッターがなりやすい病気・ケガ アイリッシュセッターがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) てんかん 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 外耳炎(がいじえん) アイリッシュセッターの特徴 アイリッシュセッターの歴史 アイリッシュセッターはその名の示す通り、イギリス・アイルランド地方を原産とする猟犬です。 セッターの名の由来は、獲物の前でセッティングという布施のポーズをとる姿勢から付けられました。 時代的には17~18世紀、土着のスパニエル、アイリッシュテリア、イングリッシュセッター、ゴードン・セッター、ポインターなどの猟犬やテリアを掛け合わせて生まれたと考えられています。 この頃アイリッシュセッターは、レッドと白が入った毛皮をしていましたが、現在も原産国イギリスやヨーロッパ等で、アイリッシュセッターの毛色にはマホガニーレッドの単色だけでなく、レッド&ホワイトも認められています。この毛色はレッド&ホワイトのセッターから時々生まれていましたが、19世紀初頭のアイルランドで固定されていました。アメリカや日本ではマホガニーの単色だけが認めれており、ホワイトの入ったものは「アイリッシュ・レッド・アンド・ホワイト・セッター」と別の犬種として区別されています。 その理由は、アメリカに入った最初のアイリッシュセッターたちがマホガニーレッドであったためとされており、なお、マホガニー単色のものをアイリッシュ・レッド・セッターまたはレッド・セッターと呼ぶことがあります。 初期のアイリッシュセッターは、祖先犬のスパニエルやポインターたちと同じような長さの首を持っていましたが、19世紀にドッグショーに参加するようになると、首のすらりと長いアイリッシュセッターの評価が高まったことから、次第に首の長い個体が選抜されるようになりました。 1862年頃、アイルランドでは、ドッグショーにおけるチャンピオン犬「パルマ―ストン」という犬が誕生し、のちのアイリッシュセッターに大きな影響を与えます。この犬は非常に長い頭と細身の体を持ち合わせていたため、飼い主は猟には適さないとして間引きするよう命じましたが、別のセッター愛好家がその犬を引き取ることとなり、後に品評会で驚くべき成績を上げ、結果として膨大な数の子孫を残すこととなりました。 そして1886年、原産国のイギリス犬種標準書(ブリード・スタンダード)が作成されることとなりました。 これ以降、21世紀の現代に至るまで、アイリッシュセッターはドッグショーのリングで華やかな姿を見せるだけでなく、実猟犬としての改良も続けられています。1998年にはブリード・スタンダードだけでなく、作業能力についての基準も書物として書かれ、フィールド・トライアル競技についてのルールも定められました。 猟犬としての健全なる犬質の維持向上のため、フィールド・トライアル競技はドッグショー同様に重要な場となっています。 こうした育種家の努力により、近年ではショーとフィールドの両方でチャンピオンとなる、優れたアイリッシュセッターも作出されています。 アイリッシュセッターの大きさ・見た目 アイリッシュセッターは体高より体長が長く、身幅が広くない、スリムな骨格をしていますが、筋肉がしっかりとついていて、無駄なく引き締まった肢体をもっています。 大きく垂れた耳、前に突出した胸骨は大きな肺を細い体に収めるためですが、胸の形も特徴的で、首が長く、尾や足に飾り毛のついたシングルコートの大型犬です。 毛色は「チェスナット(栗色)」と形容されるマホガニーレッドで、祖先犬の1頭とされるゴードン・セッターの影響を取り除くため、ブラックが入る個体はドッグショーでは失格となります。しかし、胸、喉、指趾、全頭部のごく小さな白や、顔面のごく細かいブレーズは認められています。 体高はオス65~69cm、メス60~64cm、体重がオス30~32㎏、メス25~27㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 アイリッシュセッターの性格 アイリッシュセッターは、ほかの犬を見つけては遊び相手にしようとするほど、元気いっぱいで外交的な性格をしています。 陽気な性格で、感受性は強いのに細かい事には動じないという猟犬にふさわしい精神的な強さがあり、他の犬や人との争いを好まず、温厚で穏やかな性格をしていますが、落ち着きがなく、興奮しやすいという一面も持ち合わせています。 屋外で猫などの小動物に出会った時は態度が豹変し、時には追跡をしようとすることがあるため、注意が必要になります。 アイリッシュセッターを飼うときの注意点 十分なコミュニケーションを必要とする犬種なので、できれば屋内で飼うことをお勧めします。 屋外で飼うとしても、コミュニケーションをしっかりと取ってください。 とても活発且つ元気に溢れているので、運動不足にならないよう注意が必要です。運動不足では欲求不満になって問題行動を起こす場合があります。 時には散歩だけでなく、ジョギングをしたり、ボールやフリスビーなどを使って思いっきり走らせてあげることも大事です。 逆に言えば、散歩に行くことや、一緒に遊ぶことが頻繁にできない人には飼うことをお勧めしづらい犬種といえます。 服従心が強く、飼い主や家族には強い愛情を示すので、しつけや訓練は比較的入りやすいとされています。しかし、おおらかで大雑把な面があるため、室内トイレなど細かい生活のしつけには少々根気がいります。 アイリッシュセッターの被毛は長いため、最低でも2日に1回ほどの頻度でブラッシングしてあげるのがよいでしょう。 長毛ですがシングルコートで下毛がないため、冬期は寒がります。温かい場所で過ごさせられるようにしてあげるとよいです。 幼い子どもとも仲良くやっていくことはできますが、アイリッシュセッターは体が大きいため、子どもにケガをさせてしまわないよう注意しておくことが必要です。 成犬になっても幼さが残る性格なのですが、1度覚えたことは忘れないので、幼少期にしっかりとしつけを行えば、優秀なパートナーとなってくれます。 アイリッシュセッターにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アイリッシュセッターにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー…

アーフェンピンシャーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

アーフェンピンシャーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アーフェンピンシャーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アーフェンピンシャーがなりやすい病気・ケガ アーフェンピンシャーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) レッグ・ペルテス病(れっぐぺるてすびょう) 白内障(はくないしょう) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) アーフェンピンシャーの特徴 アーフェンピンシャーの歴史 アーフェンピンシャーの発生の地はドイツのミュンヘン当たりとされていますが定かではありません。ただ、アーフェンピンシャーによく似た犬が17世紀頃に描かれた絵画の中にすでに見られることから、少なくとも数百年の歴史があるものと推定されます。 元犬はパグやジャーマン・ピンシャー、ジャーマン・シルキー・ピンシャーが有力視されており、ベルギーのブリュッセルグリフォンと血縁関係があると考える人もいますが、いずれも詳細は未だに不明とされています。 アーフェンピンシャーは元々、キツネやウサギなど屋外にいる小害獣の駆除を仕事としていました。その後、愛嬌のある容姿を生かして家庭内に入り込み、ペット、およびネズミ駆除係としての地位を築き、今日に至ります。 アーフェンピンシャーの犬名はドイツ語の「猿(Affe)」とテリアを意味する「ピンシャー(Pinscher)」から名づけられ、これは特異な顔貌を猿に見立てたもので、フランスでは同様に「ヒゲの生えた悪魔」、英語圏では「モンキーテリア」とも呼ばれています。 愛玩犬として改良される前からマズルはやや短くつぶれていたが、現在のように平坦なものではなく、いくらかそれが尖っていた中型犬であったといわれています。 アーフェンピンシャーは、にニューヨークで開催された「Westminster Kennel Club Dog Show」において、この犬種としては初めて最優秀犬に選ばれ、当時5歳だったこの犬の名前は「Banana Joe V Tani Kazari」という名でしたが、長い為に人々からは「ジョー」と呼ばれているようです。 現在も世界的に人気のある犬種ではありますが、人気はブームなどに左右されることはなく根強いもので、日本でもあまり普及はしていませんが、熱心な愛好とブリーダー居り、1頭30万ほどで販売もされています。なお、2009年の国内登録頭数順位は136位中122位であり、順位は低いが毎年登録があります。 アーフェンピンシャーの大きさ・見た目 アーフェンピンシャーは猿に似た顔で、長い眉毛とあごひげを蓄え、潰れたマズルに大きな離れ気味の目に黒いアイラインが特徴的です。 スクエアに近い頑丈な骨格を持ち、被毛は3cmほどの長さで、けばだった艶のない針金状の剛毛で体全体を覆っています。 毛色はブラック、グレー、ブルー、グリズルなどがあり、この長い被毛が害虫や厳しい外部環境から身を守る役割を果たしてくれています。 体高は25~30cm、体重は3~4㎏、平均寿命は12歳~14歳ほどです。 アーフェンピンシャーの性格 アーフェンピンシャーの性格は、陽気で冷静沈着、いたずら好きでやんちゃな面もあります。 たまに短気になって癇癪を起こすこともありますが、基本的には主人に忠実で愛情深くサービス精神も旺盛で、恐れ知らずで大胆な面もあるほか、敵だと思った相手には激しく吠えたて猛然と立ち向かっていく勇敢さもあります。 夢中になると周りが見えなくなることもたびたびあり、頑固なテリア気質も持っていますが、比較的他のテリアより薄く、他犬や小動物と上手く付き合うこともできます。 アーフェンピンシャーを飼うときの注意点 遊び好きで良く動く犬ですが、家庭で飼う場合は室内で一緒に遊んであげたり、毎日20~30分ほどの短い散歩に連れて行ってあげましょう。陽気で遊び好き、「玩具を必要とする愛玩犬」と呼ばれることもあるので、たまには広い場所でフリスビーやボールを使って遊んであげると喜びます。 寂しがり屋の一面があるので、スキンシップが少ないとストレスから突然咬み付くなどの問題行動に出ることもあります。 アーフェンピンシャーは賢く、テリアの中では比較的に、闘争心が少ないのでしつけの覚えが良いです。ただ、独立心が高く、頑固な固体もいるのでその場合は根気よくしつける必要があります。 幼犬の頃から、きちんと主従関係を教え込み服従訓練を徹底的に行ってあげてください。やんちゃでいたずら好きな面がありますので、成犬になって手に負えなくなる前にしっかりしつけることがポイントです。 被毛のお手入れは神経質になる必要もなく、1週間に2~3回程度のブラッシングと3~4ヵ月に1回程度のトリミングで十分です。換毛期は丁寧に抜け毛を取り除くことが、皮膚病予防に繋がります。 吠え癖がある場合もあるので、一人暮らしの方や集合住宅での飼育は不向きな犬種ともいえます。 アーフェンピンシャーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アーフェンピンシャーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

バセット・ハウンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

バセット・ハウンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

バセット・ハウンドに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 バセット・ハウンドがなりやすい病気・ケガ バセット・ハウンドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出(だいさんがんけんせんだっしゅつ)) 外耳炎(がいじえん) 血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう) 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) バセット・ハウンドの特徴 バセット・ハウンドの歴史 バセット・ハウンドはフランス原産の嗅覚ハウンド犬で、16世紀頃から存在したことが記録されています。 ベルギーの寺院で飼育、繁殖されていたセント・ヒューバード犬の子孫が、のちにバセット・ハウンドの基礎犬となったと考えられていますが、その基礎犬が短足胴長になったのは選択繁殖の結果なのか、突然変異でそうなったのか、それはいつ頃のことなのか等、詳しいことはよくわかっていません。 セント・ヒューバード犬を基礎に作られた犬種はいくつかあり、多くの猟犬たちの基礎になったブラッド・ハウンドもその一つです。19世紀初めの頃にはバセット・ハウンドにもブラック・ハウンドが交配されましたが、2つの犬種には類似点が多くあります。 18世紀後半から19世紀になると、それまで貴族のスポーツだった猟が庶民のあいだでも行われるようになり、馬に乗って従者と多数の犬を引き連れて優雅に狩りを楽しむ貴族と違って、庶民の猟は生活のためであり、足を使って歩いて山野へ入り、同じスピードで歩く猟犬を求めました。 バセット・ハウンドはそんな猟にマッチした犬として歓迎されました。 逃げた獲物が残した匂いを鼻で嗅ぎ取りながら猟師である飼い主と同じスピードで歩き、獲物の居場所に近づくと早足になって追跡し、見つけた獲物にはむやみに襲い掛からずに油断させて、猟師が到着するまでその場にとどめるというスタイルのウサギ狩りの良きパートナーでした。 1870年になると、バセット・ハウンドはイギリスに持ち込まれるようになり、イギリスの繁殖家の手によって洗練されて、1882年にはイギリスケネルクラブに犬種登録されました。 イギリス国内で「バセット・ハウンドの父」と呼ばれているヴェレット・ミレイ卿は1874年に「モデル(Model)」という名の犬をフランスから輸入して計画繁殖を開始し、翌年にはドッグショーデビューを飾っています。1880年代に入ると、ブラッド・ハウンドの血統が混じってサイズが一回り大きくなり、様々なドッグショーに登場するようになり、その結果、アレクサンドラ女王の目に留まり、王室の犬舎に迎えられるという栄誉に浴しています。 アメリカにおける初期の所有者としては、初代合衆国大統領ジョージ・ワシントンが有名です。この犬はアメリカ独立革命後、ラファイエット公爵から与えられたものだと言われています。1884年にはアメリカ国内でドッグショーデビューを飾り、翌85年にはAKCの公認を受けました。 また、国内では映画やテレビドラマ、CMやバラエティに出演し、漫画やアニメなどのキャラクターにと、たびたび使われるようになりましたが、中でも、靴メーカーの商標となったジェイソンという名前のオスは、アメリカのみならず世界中でも有名なバセット・ハウンドとなりました。 犬名は、フランス語で「bas(短い・低い)」という言葉が由来しているという説が有力とされています。 バセット・ハウンドの大きさ・見た目 足が短く胴長、脚が短いため、体高は低いですが、骨太でしっかりした体型で、足が短いので足が長い犬種に比べて速く走ることは得意ではありません。 バセット・ハウンドは足も大きく、大きな頭を支えるために少し外側を向いています。 皮膚にしわが寄り、垂れ下がっているため、垂れ目で少し物悲しい表情に見えることもありますが、この表情にユニークさを感じた人々からの人気のポイントとなっています。 耳が大きく垂れ耳で、嗅覚がとても優れており、垂れた皮膚や耳がさらに匂いを追跡するのに役立っているのだそうです。 バセット・ハウンドの被毛は様々な色がありますが、ブラック&タホワイト&タンのトライカラー、ブラウン&ホワイト、レッド&ホワイトやレモン&ホワイトのバイカラーがよく知られています。レバーやチョコレートなど、そのほかの毛色とホワイトの組み合わせもあります。 体高はオスメス共に33~34cm、体重も20㎏、平均寿命は10歳~12歳ほどです。 バセット・ハウンドの性格 バセット・ハウンドは温厚な性格で人懐っこく、子どもたちにも優しく接することができます。 また、マイペースでのんびりした性格の個体も多く、遊び回るなど活発に動くことが少ない犬種で、唯一興奮するのは何か普段感じない特別な匂いがした時だけです。 賢いのですが頑固な性格でもあるので、しつけには忍耐が必要になってきます。 穏やかに過ごすことができる犬ですが、他の犬種と同様に愛情をかけられず孤独に過ごすと問題行動が出てしまうこともあります。 バセット・ハウンドは元々狩猟のために集団で飼育できるように改良された犬のため、孤独はあまり得意ではありません。 家族と一緒にいることが大好きで、他の犬やペットとも仲良くできる性格です。 ほったらかしにされてしまうと、破壊的になったり吠えたりしますので、室内飼育でいつも一緒にいられる環境がベストです。 他の動物とも仲良く過ごすことはできますが、もともとが猟犬だったので、ウサギやフェレットなどと一緒に飼う際には注意が必要になります。 バセット・ハウンドを飼うときの注意点 バセット・ハウンドは猟犬ではありますが、スポーティに脚力を遣うタイプではないため、多くの運動量は必要ありません。 1日1時間程度の散歩で十分です。 しかし、胴長の体型によりヘルニアになりやすい傾向にあるため、体づくりをする若犬の時期はしっかりと運動をして、筋肉をつけておきましょう。 賢く温厚ですのでしつけは難しくありませんが、自分が気に入ったことや熱中している場面では、飼い主の言うことを無視しても自分の世界に入り込むことがありますので、しつけは根気よく行いましょう。 独立心が強く、飼い主に依存し過ぎない傾向があるため、しつけにおいては的確な指示を出せなければコマンドを無視してしまうことがあります。 指示することをきちんと決め、して良いことと悪いことの区別は一貫性をもって教えていきましょう。 その場その場で曖昧な態度で支持を出していると飼い主のコマンドに対して信頼を損なってしまい、バセット・ハウンドは自己判断で無視してしまうようになります。 自分でしつけることに自信がない場合などは、しつけ教室に参加することもおすすめです。 バセット・ハウンドとの信頼関係を築くためにも預けっぱなしは良くないですが、一緒に参加できるしつけ教室を選ぶなどすることをオススメします。 ある程度の知識がないと、的確な指示を犬に出して理解してもらうのは難しいものですが、人間は犬に対する接し方を学ぶことができ、バセット・ハウンドは他の人や犬がいる場でのコマンドに従ういい経験ができます。 短毛で被毛の手入れは楽ですが、定期的なブラッシングをしてあげるようにしましょう。 また、顔や体の大きなしわには汚れがたまりやすいので、しわの間の汚れは綺麗な布でこまめに拭き取ってあげるとよいでしょう。 バセット・ハウンドにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、バセット・ハウンドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。…

セント・バーナードにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

セント・バーナードにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

セント・バーナードに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 セント・バーナードがなりやすい病気・ケガ セント・バーナードがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 前十字靭帯断裂(ぜんじゅうじじんたいだんれつ) てんかん 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 骨肉腫(こつにくしゅ) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) 逆さまつげ(さかさまつげ) 糖尿病(とうにょうびょう) セント・バーナードの特徴 セント・バーナードの歴史 セント・バーナードの犬種名は、彼らを育んだ聖ベルナール(Saint Bernard)僧院を英語読みしたものです。 聖ベルナール僧院はイタリアとスイスの国境近くにあるアルプスの山中にあった僧院です。グラン・サン・ベルナール峠という名のこの道は、古くから重要な交通路として利用されていましたが、冬は大変厳しく、20mを超える積雪に気温はマイナス30℃にもなる地域です。冬になれば到底馬を使うことなどできず、急ぎの旅人は徒歩で山越えをするしかありませんでした。 この厳しい土地で、遭難者を救助していたのがセント・バーナードであったと伝えられています。 セント・バーナードの先祖犬は、ローマ帝国(現在のイタリア)が連れていた軍用犬のモロシア犬とされています。 モロシア犬がこの地に入ったのは紀元2世紀頃と推定されていますが、当初は番犬として飼われていたようです。数少ない山中の農家などに飼育され使役犬として働いていましたが、17世紀に入って、深い雪中でもひるまずに進む体力や勇気、軍用犬として身に着けた探索能力が認められ、改良が進むことになります。この頃、聖ベルナール僧院へ寄贈された犬たちが、現在のセント・バーナードの基礎となりました。 聖ベルナール僧院は遭難者の救護所の役割も果たしていたため、セント・バーナードは救護犬の仕事を与えられ、20世紀までに2000人以上の遭難者を救護してきたと伝えられています。 セント・バーナードが海を渡ってイギリスい入ったのは19世紀始め頃のことでした。実はこの頃、セント・バーナードは絶滅の危機を迎えており、長い間、狭いエリアの限られた個体で近親繁殖を繰り返していたことから、重い遺伝性疾患で長く生きられない犬が続いたのです。そこで、ニューファンドランドと掛け合わせることによって、存続することができました。 そして19世紀半ば頃、当時イギリスで活躍していた画家ランドシーアの手によって、遭難者を救助する2頭のセント・バーナードの絵(「遭難者を蘇生するアルペンマスティフ」(Alpine Mastiffs Reanimating a Distressed Traveller)という作品)が描かれ、この犬種の知名度と人気が高まることになります。ちなみに、海の救助犬として知られるニューファンドランドのうち白黒のものをランドシーアと呼びますが、これは画家ランドシーアの名を冠して与えられた名前です。 生涯に40人もの人間を救助した実在の名犬ハリーの物語は各国で語り継がれ、その剥製はベルンの博物館に今も展示されています。 20世紀には映画「ベートーベン」の主役犬になったり、日本でも知られているアニメ作品に登場したりと、たびたび話題の犬種となりましたが、その大きさのために多くの家庭に迎えられるという状況にまでは至っていません。 セント・バーナードの大きさ・見た目 セント・バーナードは垂れ耳で、オスメス共に50㎏以上の大きな体格のがっしりとした骨格と筋肉を厚いダブルコートが覆っています。 体はニューファンドランドの影響を受けた長毛タイプと従来型の短毛タイプがおり、毛色はホワイトの地色にレッドブラウンの斑またはブランケット(胴体を覆うような大きな色)があります。レッドブラウンに少しブリンドルが入ったものや、イエロー寄りのブラウンなども認められます。 体高はオス70~75cm、メス65~70cm、体重はオスメス共に50~91㎏、平均寿命は8歳~10歳ほどです。 セント・バーナードの性格 セント・バーナードは、温和でおっとりした性格なうえ、辛抱強く優しいのが特徴的で、家族として安心感のある犬種です。 自分で考える洞察力にもすぐれた賢い犬種で、自分の任務に対して責任感が強い一方で、頑固な面もあります。 家族として家の中で人間のそばに置くことで、自分の役割を全うしようと頑張ってくれる愛らしい性格です。 セント・バーナードを飼うときの注意点 セント・バーナードは、雪原での救助でも活躍するだけあって、寒さに強く暑さに弱い犬種です。高温多湿に弱いため、日本では室温・湿度管理のされた場所での飼育が必要不可欠です。 また、大型犬なので飼育には広いスペースが必要になります。 子犬の時はさほど問題ありませんが、大きくなった時に暮らせるスペースがあるかどうか、また、十分な運動ができる広さや散歩コースがあるかどうかも考えた上で購入を決めてください。 肥満防止のために適度な運動が必要になります。特に、若犬の頃は、肥満により関節の負担が増えないようにしっかりした体づくりが必要となります。 散歩は1日1時間以上とり、適正な筋肉づくりを心がけましょう。 セント・バーナードはパートナーである飼い主を喜ばせようと一生懸命に尽くす犬種です。 大型犬の中では比較的しつけやすく、しつけの際は大袈裟なくらいに褒め、飼い主が喜ぶ姿を見せて伸ばしてあげるのが良いでしょう。 飛びつき癖や引っ張り癖はしっかりしつけることが必要になります。おもちゃやご褒美のおやつを使って、しつけを行っていきましょう。 几帳面な面もあるので、怒るのではなく、飼い主がしつけを楽しんでいる姿を見せるのがポイントです。 しつけやすい犬種とはいえ、大型犬のしつけは難しいことも多いので、自身がない時はプロのトレーナーやしつけ教室を利用しましょう。 セント・バーナードには短毛と長毛の2種類がいますが、いずれもダブルコートで下毛は厚いため、定期的なブラッシングが必要です。 少なくとも週に3回以上、できるなら毎日ブラッシングをしましょう。 特に温度湿度の高い夏場は丁寧な被毛ケアが必要不可欠となります。 セント・バーナードにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、セント・バーナードにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。…

サモエドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

サモエドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

サモエドに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 サモエドがなりやすい病気・ケガ サモエドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) アロペシアX(あろぺしあえっくす) サモエドの特徴 サモエドの歴史 雪のように白い大きな毛玉のようなサモエドは、現在のロシアにあたるシベリアのツンドラ地方で、遊牧民族であるサモエド族(Samoyed tribe)と暮らしてきた土着の犬です。 民族の名をそのまま付けられたサモエドは、トナカイの牧畜や大垣に襲われないように警護したり、飼い主とともに猟に出かけたり、荷物やそりを引いたりと人間とともに働いてきました。 別名をシベリアン・スピッツと言いますが、サモエドは体型や被毛、性質そのすべてが典型的なスピッツ系であり、狼やキツネなどのイヌ科の近縁種との交雑もなかったと推定される、原始からの犬らしい犬といえるでしょう。 極限の地で長い間暮らしてきたサモエドは、厳寒への適応能力と作業性を見込まれて、アムンゼンとスコットの物語で知られる南極探検隊の作業犬として、ノルウェーやイギリスなど各国で採用されたことが知られていますが、実は彼らより早い時期にロシアやノルウェーの探検家が、南極以外の極寒の探検に、いち早くサモエドを採用していました。 そして1911年、アムンゼンとともにおよそ50頭のサモエド犬が南極の地を踏み、この時のサモエドたちは、後に続く探検隊に譲られ、その何頭かはイギリス他ヨーロッパへ入ることとなりました。 なお、スコット隊の連れていたサモエド達は全頭亡くなったと伝えられており、イギリスにサモエドを連れて行ったのは別の南極探検隊や、動物学者のアーネスト・キルバーン・スコットで、探検家のロバート・スコットとは別人です。 イギリスに入った当初のサモエドは、まだ純白の犬ばかりではなく、黒やブラウンなどお毛色もいました。 スコットが連れ帰ったサモエドもブラウンであったそうですが、イギリスでは白い毛色が好まれたため、選択繁殖を繰り返す中で、やがてサモエドは白い犬ばかりになっていきました。 サモエドは白くてフワフワの優しい犬として、多くの人に愛されるようになり、1909年には最初のスタンダードが作成されました。そして1912年、イギリスケネルクラブはサモエドにジャーマン・スピッツを交配して小型化した「日本スピッツ」がもてはやされた時期がありました。しかし、ジャーマン・スピッツ譲りの騒々しさにより日本スピッツは人気が低下してしまい、近年では温和で落ち着いているサモエドの人気が高まっているようです。 また、サモエドがアメリカに渡ったのは1906年のことでした。最初の1頭はロシア皇帝の兄弟、ニコラス侯爵からの贈り物でしたが、その後イギリスから12匹のサモエドが輸入され、本格的な繁殖計画が始まりました。今日存在している米国内のサモエドには大なり小なり12匹の血統が混じっており、中でも「Kara Sea」という名のオス犬が有名です。 サモエドの大きさ・見た目 サモエドは体高より体長やや長く、全身を白い毛に覆われた、立ち耳で小さめの大型犬です。尻尾は長い飾り毛があり、ゆるやかに巻いていることから、ポメラニアンやスピッツ、アラスカンミュートと同じ祖先をもつと考えられています。 また、耳の先っぽに表れる茶色がかった被毛は「ビスケット」と呼ばれ、黒い目と鼻、長めのマズルに上向きに切り込んだ口角から、まるで微笑んでいるように見えるこの表情を「サモエド・スマイル」と呼び、イギリスのサモエドクラブでは「The Happy Breed」と呼んでいます。 サモエドの毛色はピュア・ホワイトかクリーム、或いはホワイトにビスケットが入っている毛色です。 体高はオス53~60cm、メス48~53cm、体重はオス19~30㎏、メス18~28㎏、平均寿命は12歳~13歳ほどです。 サモエドの性格 サモエドは優しく温和で辛抱強く、他人にも他犬にもフレンドリーで、家族として迎えれば人間を信頼し家族の一員としてそばにいてくれる存在となるでしょう。 ボール遊びやひっぱりっこも大好きで、子どもの遊び相手としても理想的であるほか、攻撃的な面がほとんどなく、穏やかで社交的なな犬種です。 しかし、人見知りをしないため、番犬としては不向きな犬種ともいえます。 サモエドを飼うときの注意点 サモエドは非常に体力があり、遊び好きでもあるため、毎日1時間以上の散歩が必要になります。少なくとも、1日2回、毎日1時間以上の散歩を行いましょう。 寒い季節でも喜んで体を動かすので、暑さにはやや弱いものの、辛抱強く体力があるため、若い犬なら夏でも朝晩の涼しいうちにしっかり運動をさせてあげましょう。 サモエドは人懐っこく従順なので、一般的にしつけがしやすい犬種です。 日常生活で愛情を注ぐことで、飼い主を信頼できるパートナーと認めさせましょう。 散歩の時間以外にも一緒に遊ぶ時間をとるなど、ともに過ごすことで信頼関係を作り、その上でしつけを行いましょう。 自立心があるため、留守番も可能ではありますが、かまってあげなかったり、退屈になってしまうといたずらをすることもあります。 サモエドのダブルコートは換毛期になると非常に多くの毛が抜けます。 少なくとも1週間に2、3回はブラッシングしましょう。 夏の暑い時期は特に皮膚病になりやすいため、毎日ブラッシングをして、アンダーコートに空気を入れる必要があります。 皮膚病になっていないかのセルフチェックも毎日行いましょう。 サモエドにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、サモエドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー…

グレート・デーンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

グレート・デーンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

グレート・デーンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 グレート・デーンがなりやすい病気・ケガ グレート・デーンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 副腎皮質機能低下症(ふくじんひしつきのうていかしょう) 緑内障(りょくないしょう) 骨肉腫(こつにくしゅ) グレート・デーンの特徴 グレート・デーンの歴史 グレート・デーンはドイツ原産でドイツを代表する犬であり、ドイツでは「ドイチェン・ドッゲ(Danische Dogge)」が正式の名称です。 イギリスと並ぶ愛犬国ドイツが誇りとする犬であり、1880年のドイツで初めてスタンダード(犬種標準)が定められた時、この名がつけられました。 しかしながらドイツ以外の国では「大きな」「デンマークの」を意味するグレート・デーンの名前が広く使われています。原産国ドイツでも古い時代の記録には「デンマークの大きな犬」を意味する「デニッシュ・ドッゲ(Danische Dogge)」と呼ばれていた時代がありました。 グレート・デーンの祖先は、マスティフであったと推測されています。およそ400年前の17世紀ころから、マスティフにドイツの土着犬が交雑した犬が、使役の目的や毛色に応じていくつかのタイプに分かれていったのが始まりのようです。 あるものは猟犬の気質を認められ、別の個体はハウンドドッグの仕事をし、また軍用として使われるなど、犬種としては幅広い動きで古くから人間のそばにいました。特にこの体の大きさは、大きな害獣を駆逐するのに役立ち、イノシシのような手ごわい相手にも勇敢に立ち向かっていました。 大きな体に強い心と体を持ち、堂々としていて、生活の場では穏やかで優雅でさえあるグレート・デーンは、真に強く美しい存在の象徴として、上流階級のステイタスシンボルとして迎えられました。神話に登場する最上級の神である太陽神アポロンになぞらえて、「犬の中のアポロ」とまで呼ばれるようになりました。 1891年にはドイツで、さらに詳細で具体的なスタンダードが定められ、数年ごとに内容を検討されながら現在に至ります。 住宅事情に余裕のあるアメリカでは、原産国のドイツに劣らぬほど受け入れられ、愛されている犬の一種であり、これだけの身体の大きさにも関わらず、2017年の飼育頭数ランキングでは14位に位置しています。 日本に入ってきた洋犬としては意外と早く、明治のころに輸入されて、土佐犬などの改良に使われたと伝えられています。 犬名の「グレートデーン(great dane)」とは、「大きなデンマーク人」という意味ですが、これはフランス人博物学者ビュフォンがデンマークを訪問した際、たまたまこの犬を見かけ、「Grand Danois(巨大なデンマーク人)」として自国に紹介したことに由来してします。しかし、この犬種の誕生にデンマーク人は全く関与していませんので、極めて奇異なネーミングとなりました。 ドイツ国内では「Deutsche Dogge(=German Mastiff)」という穏当な呼び名で通っており、国犬にも指定されています。 グレート・デーンの大きさ・見た目 グレート・デーンは体長と体高がほぼ同じ長さで、短毛の超大型犬です。頭部はやや大きく、明確なストップがあり、咬合はシザーズバイトです。 垂れ耳ですが、イノシシと格闘する際の怪我を予防するという目的でかつては断耳を施されてきましたが、現在は多くの国でこの習慣が禁止されており、ピンとたった耳を持った方が珍しくなってきました。 グレート・デーンの毛色は、フォーン、ブリンドル、ブラック、ブルー、ハールクイーン(ホワイトの地色に黒系の斑点が散らばる)が認められています。また、肩から尾にかけて胴体を覆うマントと呼ばれる毛色の分布があります。 公認されていない色はこれ以外にもあるようですが、繁殖は禁止されています。 体高はオス76~81cm、メス70~76cm、体重はオス50~54㎏、メス40~45㎏、平均寿命は8歳~10歳ほどです。 グレート・デーンの性格 グレート・デーンは大きくて堂々とした外見のため、怖がられることが多いですが、実はとても温和で友好的な性格をしています。 家族以外の人間や犬に対しては、控えめながら気を配って接します。 猟犬の強さを持ちながら服従心が強く、挑発には乗らない辛抱強さを良しとされて選択繁殖されてきました。 堂々と威厳のある姿ですが、家庭内などリラックスしていい場面では、不器用な仕草にひょうきんな一面が見えます。 グレート・デーンを飼うときの注意点 グレート・デーンを飼育するために欠かせない前提条件として、十分スペースが用意できていることが上げられます。 大きい犬だからこそ、家族の近くで過ごすことで、よりコミュニケーションがしやすく、人間の気持ちや意思を汲む犬に育ちやすくなります。 温厚な性格で、子どもとの生活にも問題なく、辛抱強く接します。しかし、子犬、若犬のうちは遊びも激しくやんちゃで体力もありますので、しつけや訓練は十分に行うようにしましょう。 もししつけがに自信がない場合は、トレーナーにしつけを依頼することも考えておくべきでしょう。 人間と同じかそれ以上の体格ですので、飼育費用については、犬を飼うということより人間の家族が1人増えると考えた方がよいくらいの覚悟が要ります。 医療費も小型犬の10倍以上が見込まれ、食費もそれなりにかかり、載せられる車も大きさを選ぶなど、最後まで幸せに一緒に過ごすためには何よりも迎え入れる前に検討が必要です。 被毛は短いため、週に1回のブラッシングとタオルで汚れを拭いてあげる程度のケアで問題ありません。 グレート・デーンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、グレート・デーンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬…

秋田犬におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

秋田犬におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

秋田犬に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 秋田犬がなりやすい病気・ケガ 秋田犬がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 臍ヘルニア(さいへるにあ) 逆さまつげ(さかさまつげ) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 腸重積(ちょうじゅうせき) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 秋田犬の特徴 秋田犬の歴史 秋田犬と書いて「あきたいぬ」と読みます。 21世紀となった今でこそ、秋田犬はどの犬も犬種標準に沿った容姿に整っていますが、これは昭和初期、20世紀になって、純粋な秋田犬の作出と保存運動が起こったことから始まりました。 それ以前の秋田犬は、洋犬やほかの日本犬との雑種化が進んでおり、外見も性格もバラバラだったのです。 そうなった理由は明治時代まで闘犬として使われてきた背景と戦争による犬の供出を回避する目的によるものでした。 秋田犬の祖先となった犬は、この地方に存在した猟師の犬・マタギ犬と考えられています。 江戸時代、秋田県大舘地域の領主佐竹氏により始められた闘犬は、主にマタギ犬を選択交配していました。明治に入るとより強く大きくなるように、土佐犬やジャーマン・シェパード・ドッグ、グレードデンなども交配が進められました。しかし、20世紀初頭の1916年になると、闘犬は日本でも禁止されました。 闘犬の禁止により、秋田犬の存続を危ぶんだ愛好家や研究者などによって新しい秋田犬の標準が探られ、1919年に発令された天然記念物保存法の指定動物となるべく、改良と作出が始まりました。当時の内務省は秋田犬を視察に訪れましたが、雑種の程度が甚だしいとされ、天然記念物登録は見送られていました。 関係者は努力を重ね、ついに1931年には天然記念物秋田犬として登録されることになりました。 やがて始まった戦争が、犬種の保存と改良に暗い影を落とします。 「忠犬ハチ公」が話題になったのは1934年頃のことですが、渋谷駅前の銅像は金属供出のため、わずか数年後に一時、取り壊されることになりました。 また、第二次世界大戦が終わるまで、毛皮で防寒衣料を作るため、軍用犬であったジャーマン・シェパード・ドッグ以外の犬は軍へ供出することとなり、秋田犬も例外ではなく、苦肉の策としてジャーマン・シェパード・ドッグと交配し、時には犬を疎開させるなど、保存のための必死の努力がひそかに行われ続けていました。 終戦後に残っていた純粋な秋田犬は20頭にも満たず、この犬たちを基礎に、21世紀の現代に繋がる秋田犬の作出が改めて行われることとなったのです。 戦争が終わり、日本に入ってきた占領軍や海外との人的交流により、秋田犬は海外にも持ち出され、この頃の秋田犬はジャーマン・シェパード・ドッグとの混血も多くいましたが、、このタイプの秋田犬がアメリカに持ち出されて人気を博したのちに「アメリカン・アキタ」の基礎犬になったとされています。 アメリカン・アキタは秋田犬と異なる発展を遂げ、現在は日本を始め世界でも別の犬種として登録されています。 秋田犬の大きさ・見た目 秋田犬は足が長く腰高でがっしりとした体格をした短毛の大型犬です。まれに「むく毛」と呼ばれる長毛タイプの個体が生まれることがありますが、スタンダードとしては認められていません。 鼻は黒に限りますが、白犬は肉色でも許されるとされています。耳は三角形の厚い立ち耳とされています。 秋田犬は赤、虎(縞目)、白、胡麻と毛色がありますが、白以外の毛色は「裏白」でなければならないとされています。裏白とは、体の下を向いている部分(お腹やあご下など)や手足の先などが白いことを指します。 体高はオス65~67cm、メス57~61cm、体重はオス34~50㎏、メス30~45㎏、平均寿命は10歳~15歳ほどです。 秋田犬の性格 秋田犬は忠誠心が大変厚く、家族には愛情深く保守的ですが、それ以外の人や犬を警戒します。 改良は進んでいるものの、猟犬や闘犬の勇敢で頑固な気質が残る部分も残っているようです。 しかし、きちんとしつければ無駄吠えもほとんどせず、番犬としてもすぐれた能力を持っているので過程で飼うには理想的な犬種ともいえます。 また、感受性が強いため、驚かせたり、不快なことをすると危害を加えられる可能性があります。 秋田犬を飼うときの注意点 秋田犬は有り余る体力を持て余さないだけの十分な運動が必要な犬種です。飼い主との信頼関係を作るためにも、運動欲求を満たしてやる必要があります。1日に1時間以上は散歩に連れていきましょう。 見知らぬ人への警戒心があるため、散歩中は知らない人が触ろうとして安易に手を出さないように、気を付けてあげてください。 猟犬の本能や闘犬の気質を前面に出さないためには、飼い主との十分な信頼関係と訓練が必要です。 力で抑え込もうとして犬に負けたときは、手の付けられないことになりかねないため、子犬の頃からしっかりとしつけを行いコミュニケーションをとりましょう。 秋田犬は秋田原産のため、寒さにはとても強く、最適温度は15~21℃とされています。夏場は外で飼育する場合、直射日光の当たらない風通しの良い場所に犬小屋を置いてあげる必要があります。 秋田犬のしつけで特に意識をしてしつけなくてはならないのは「噛み癖」と「無駄吠え」です。 秋田犬は咬む力が強く、きちんとしつけをしていないと、咬み付かれた際に思ったより深い怪我を負う恐れがあります。 見知らぬ人には特に警戒心が強いのできちんとしつけましょう。 また、秋田犬は比較的声量が大きいとされているため、無駄吠えも無くしていかないといけません。 ご近所づきあいを悪くしないためにもこちらも大切なことです。 日本犬は意外と抜け毛が多い犬種が多く、秋田犬も該当しているため、できれば毎日少なくとも週に2回くらいはブラッシングを行いましょう。 なお、秋田犬は都道府県条例で特定犬種として届け出や飼育管理方法に既定のある地域が多くあります。 飼い始める前に、お住いの保健所や愛護センターの確認をしておきましょう。 秋田犬におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、秋田犬におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ…

ジャーマン・シェパード・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ジャーマン・シェパード・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ジャーマン・シェパード・ドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ジャーマン・シェパード・ドッグがなりやすい病気・ケガ ジャーマン・シェパード・ドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) てんかん 膿皮症(のうひしょう) 骨肉腫(こつにくしゅ) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) ジャーマン・シェパード・ドッグの特徴 ジャーマン・シェパード・ドッグの歴史 警察犬として有名なジャーマン・シェパード・ドッグですが、現在のジャーマン・シェパード・ドッグが作出されたのは19世紀末から20世紀初頭にかけて、第一次世界大戦の少し前のことでした。 この犬種を作出するにあたり、世界中の優秀な使役犬が候補となりましたが、基礎犬として選ばれたのは、ドイツの農家で古くから飼育されてきた牧羊犬でした。現在のジャーマン・シェパード・ドッグと区別するために、原種を意味するオールドを冠して「オールド・ジャーマン・シェパード」と呼ばれるこの牧羊犬は、牛と羊の牧畜管理はもちろんのこと、荷物を引いたり、番犬となったり、物を回収したりと多様な動きを見せます。その知的能力と運動能力の高さに目を付けたドイツの軍人ステファニッツ氏により繁殖計画がなされ、新しい犬種の作出が始まりました。徹底的な作業の向上と訓練性能の向上を目的に交配を繰り返した結果、生まれたのが現在のジャーマン・シェパードです。 1899年、ドイツにジャーマン・シェパード・ドッグ協会の初の総会において、作出者ステファニッツ氏の主導により、最初のスタンダード(犬種標準)が作られました。 ジャーマン・シェパード・ドッグ協会はスタンダードを厳重に管理し、繁殖に際して厳しいルールを与え、より優秀な固体が選択交配されることで、短い間に能力が向上することになりました。 そして、第一次大戦以降、戦時下では優秀な軍用犬として働き、第二次大戦時は世界中で20万頭ものジャーマン・シェパード・ドッグ協が働いていたという記録もあるようです。日本に入ってきたのもこの頃で、軍用犬として入ってきましたが、きちんとした訓練があるため、犬の訓練所もこの頃から盛んになったという歴史があります。 戦争が終わると、ナチス・ドイツの軍用犬であったというイメージから、原産国のドイツではジャーマン・シェパード・ドッグの虐殺すら行われたと伝えられています。しかし、軍用犬として海外に渡っていたシェパードシェパードたちは、優秀で多彩な能力を生かして警察犬や番犬などに少しずつ「転職」していきました。 怖そうに見える外見ですが、実は服従心と忍耐力が強く、きちんと訓練すれば家庭犬としても素晴らしいパートナーとなるため、20世紀になるとアメリカでは、ストロングハートとリンティティンという名のシェパードが映画に登場して人気を集め、一時はAKCの登録数1位になるほど沢山しいくされていました。 現在のジャーマン・シェパード・ドッグは、なんでもできる「ユーティリティ・ドッグ」として、様々な分野で活躍しています。優れた嗅覚と洞察力を生かして、警察犬や麻薬探知犬など犯罪捜査の現場や、災害救助の現場で働い、盲導犬としても使われます。 訓練競技会の場では近年、ボーダー・コリーやラブラドール・レトリーバーが増えていますが、常に上位を独占するのはやはりジャーマン・シェパード・ドッグで、犬のプロである訓練士を育成する時にも欠かせない存在です。 ジャーマン・シェパード・ドッグの犬名は「羊飼い(shepherd)」から付けられています。イギリスでは「アルザシャン・ウルフ・ドッグ(アルザスのオオカミ犬)」と呼ばれていたこともありますが、これは第一次大戦中、イギリスとドイツとは敵対関係にあったため、敵国の作り出した優秀な犬種を自国のものとしたかったからのようです。 ジャーマン・シェパード・ドッグの大きさ・見た目 ジャーマン・シェパード・ドッグは体高より体長が長く、腰の下がった体型をした、立ち耳の大型犬です。筋肉質で、しっかりとした足腰を持ち、大型犬としてはコンパクトな部類に入ります。 体型や骨格は最高度に洗練されており、力学的な無駄がなく、最小のエネルギーによって最大限の活動ができるといいます。しかし、近年は、過剰繁殖による後肢の短足化が問題視されています。 ジャーマン・シェパード・ドッグの毛色は、単色でブラックまたはグレー、またブラックの他にブラウン系やグレー系、イエローなどのタン・マーキングが入ったものがあります。 いずれの場合も鼻を中心としてマスクと呼ばれる黒い差し毛が広がっていることが必須となります。 短毛と長毛がいますが、長毛の方はスタンダードで認められていない国が多いようです。 近年ホワイトのシェパードが増えてきていますが、この犬種は純血のジャーマン・シェパード・ドッグから生まれる白い毛色で、スタンダードから外れるために淘汰されてきました。毛色が白なだけで何も問題は無いため、アメリカとカナダの繁殖家が差別に反対する意志で、1930年頃に固定化しました。 その後、スイスにわたって更に改良が重ねられ、現在はアメリカ・カナダ系・スイス系、もともとのジャーマン・シェパード・ドッグから生まれたホワイトの3つの系統が存在しています。性格的にも能力的にもジャーマン・シェパード・ドッグと変わりなく、サイズはやや大きい個体が多いようです。 体高はオス60~65cm、メス55~60cm、体重はオス33~38㎏、メス26~31㎏、平均寿命は9歳~13歳ほどです。 ジャーマン・シェパード・ドッグの性格 ジャーマン・シェパード・ドッグは非常に知的・精神的に能力の高い犬です。 活発であるのに落ち着いており、洞察力があって、自分で考える力を持っています。しかし、服従心が強く、勇敢でありながら辛抱強い面もあります。 命令に最後まで従おうとする責任感の強さと、家族や親しい相手を守ろうとする愛情深さがあります。 ジャーマン・シェパード・ドッグを飼うときの注意点 ジャーマン・シェパード・ドッグは家庭犬として敷くする場合、屋内で人間のそばで生活させるのがオススメになります。家庭の中にいることで、自分の役割を考えて行動し、家族の一員に溶け込むようになります。 屋外で飼育する場合は、精神的な緊張から警戒心が強く不安定な性格になりやすくなるため、必ずコミュニケーションを取る時間を作りましょう。 目的に沿った飼育方法を行うこと、支持を与える人間とは訓練により強い信頼関係を築くことが、シェパードには一番大切です。 朝晩1時間の散歩だけではなく、ボール拾いや運動器を使った運動など心と体の両方に刺激を与える運動が効果的で、牧羊犬が先祖にあたるので、命令して「何かを追わせる」といった運動がオススメです。 しつけは子犬の頃から服従訓練を繰り返し行いましょう。これによって主従関係を知り、主人の望みを自ら行うようになります。 良好な主従関係を作れずに飼い主が自分より格下と判断すると、まったく指示を聞かなくなり、時には問題行動に発展することも。 購入時に既に訓練された個体を選ぶか、ドッグトレーナーにトレーニングしてもらうのが良いでしょう。 主従関係が上手く作れれば、新しい事柄もよく理解して吸収するしつけやすい犬種です。 現在多くのジャーマン・シェパード・ドッグは短毛で、換毛期の手入れも長毛種に比べて簡単です。 しかし、寒い国が原産のダブルコートのため、抜け毛は多く、少なくとも週に1、2回程度のブラッシングが必要です、 特に気温が高い時期は徹底した温度管理と皮膚病などになってないか、被毛のチェックをしていきましょう。 ジャーマン・シェパード・ドッグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ジャーマン・シェパード・ドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬…

ボルゾイにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ボルゾイにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ボルゾイに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ボルゾイがなりやすい病気・ケガ ボルゾイがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 骨肉腫(こつにくしゅ) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 外耳炎(がいじえん) 熱中症(ねっちゅうしょう) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) 血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう) 流涙症(りゅうるいしょう) ボルゾイの特徴 ボルゾイの歴史 ボルゾイの先祖犬は諸説ありますが、かなり古い時代のサイトハウンドと、ロシアに土着していた猟犬の交雑であるといわれています。 11世紀、フランス王アンリ1世は再婚相手として嫁いだロシアのキエフ大光の娘アンナが、嫁入りの際に連れてい3頭の護衛犬は「ロシアのグレイハウンド」と呼ばれ、その要旨はボルゾイによく似ていたと伝えられています。 13世紀頃の初期のボルゾイはウサギ狩りの猟犬でしたが、所有者の王侯貴族らが大きな獲物を狙うようになると、ロシアン・シープドッグなどを交配して大型化され、オオカミ狩りの猟犬としても働くようになりました。 オオカミ狩りでのボルゾイは「ロシアン・ウルフハウンド」の名で呼ばれるようになり、王侯貴族の間でのみ飼育することが許される高貴な犬となりました。 1650年、ロシアではオオカミ狩りについての書物の中で、ボルゾイの最初のスタンダード(犬種標準)に言及されたようですが、この当時はまだ、ボルゾイには大きな毛色、骨格などの特徴が異なるいくつかのタイプがありました。 やがて、1917年にロシア革命が起こると、諸外国での歴史がそうであったように、王侯貴族の飼育する高貴な犬であったボルゾイたちは、封建国家の象徴であり贅沢品として殺されてしまったとされています。これについては別の話として、愛犬が共産主義者の手で殺されることを恐れた貴族たち自らがとどめを刺したというエピソードも伝えられているようです。 迫害されたボルゾイを復活に導いたのは、ロシアからイギリスやアメリカの上流階級に贈られていたボルゾイたちの末裔でした。イギリスには1組のつがいがビクトリア女王に、また1組を後にエドワード7世となる皇太子に贈られており、その優雅な美しさがドッグショーで評判になり、エドワードの妻、アレクサンドラ王妃はとりわけこの犬種を気に入っていたと伝えられています。 1892年にはボルゾイクラブが設立され、アレクサンドラの命によりニューカッスル公デューク氏夫妻が初代の総裁につきました。 イギリスケネルクラブへの登録は1914年でしたが、アメリカンケネルクラブでは少し早く、1892年登録されています。この当時の登録名はまだ「ロシアン・ウルフハウンド」でしたが、1936年になってボルゾイと正式に改められました。 現代のボルゾイたちは、美しく高貴な姿で世界中のドッグショーに出陳されているほか、、ルアーコーシングを使ったドッグレースで使われるなど、ハウンドドッグとしての性質の保存も行われているようです。 犬名の「ボルゾイ」とは、「俊敏(Borzoi)」を意味する言葉で、その名の通り走るのが大変速く、走行速度は50km/hとされています。 ボルゾイの大きさ・見た目 ボルゾイは流線型の骨格に長い口先の頭蓋骨持ち、大型で垂れ耳、豊かな被毛が特徴的な犬種です。 細くもがっしりとした骨格と筋力を持ち、優雅で気品のある歩様を見せますが、脚力が強く、脚が非常に早いほか、強いあごは獲物をしっかりと捉えます。 ボルゾイは立ち上がった状態なら2メートルになる超大型犬です。 体高はオス75~85cm、メス68~78cm、体重はオス34~48㎏、メス26~40㎏、平均寿命は7~10歳ほどです。 ボルゾイの性格 ボルゾイは非常に落ち着いた性格で、さりげなく人のそばにいることが好きな犬です。 ただし、外では自慢の脚力を活かして野生に帰ったように駆け回る面をみせたりとギャップが大きい犬でもあります。 独立心旺盛でしっかり者ですが、繊細な面ももちあわせているので、しつけの面で注意が必要です。 忠実で頭が良く、大人しいため、子どもや先住犬とも仲良く付き合えるタイプの性格をしています。 しかし、社会過不足や愛情不足だと他人に対して警戒心が強く神経質になるなど、飼い主の育て方や接し方が正確に影響を与えることもあります。 また、外に出ればサイトハウンドの血が騒いで、通りかかる小動物や時には他犬に対してまで猟欲を見せることがあります。本来は好奇心が強く、遊び好きなので、きちんとけじめをつけないと、遊び相手を格好の獲物としてしまうため注意が必要です。 ボルゾイを飼うときの注意点 ボルゾイは大型犬なので、多量のドッグフードが必要になります。 ドッグフードも良質なものを与えなければならないことを考えると、餌代はかなり高くなるということを覚悟しておきましょう。 毎日年齢にあった1日に必要なフード量を2回に分けて与えます。フード内のガスを抜くために、スプーンなどで潰してから与えるのもおすすめです。 2回に分けて与えること、餌のガス抜きを行うことで、胃腸への負担を減らすことができます。 ボルゾイは極寒の土地で広大な場所を獲物を追って駆け回ってきた犬種なので、飼育環境にはそれなりのスペースと徹底した温度管理が必要となります。 基本的には室内で、自由に庭など広い場所に出られるようにするのがオススメで、温暖な地域なら冬場に温かい犬小屋があれば屋外飼育も可能ですが、夏場は注意が必要となります。日本の高温多湿な環境はボルゾイにとってストレスになるので、特に夏は温度管理を徹底しましょう。 部屋の中ではおとなしくマナーの良いボルゾイですが、突発的に走り出すこともあるので、ケガをしそうなものはボルゾイのいる部屋から出しておきましょう。 散歩については毎日運動の時間を確保する必要があります。 2時間ほどの長めの散歩に加えて、ドッグランなど広い場所でのダッシュやボール遊びなど、激しい運動の時間も取りましょう。 外で駆け回る際も、ボルゾイは運動不足に陥るとストレスを溜めてしまいます。ストレスは犬の情緒を不安定にし、神経質で攻撃的になり、しつけがうまくいかなくなる原因になるため、運動は必要不可欠となります。 被毛の手入れは週2~3回のブラッシングを行いましょう。できれば毎日、被毛の状態をチェックできると尚良いです。 オスの被毛の方が比較的多く、換毛期には大量に毛が抜けるので、ブラッシングの回収を増やして対応していきましょう。 ブラッシングはコミュニケーションにもなるので、沢山してあげることで、信頼関係を築くきっかけにもなります。 ボルゾイのしつけは子犬の内から根気よく人間のルールを繰り返し覚えさせる必要があります。 走れば最高速度50kmあり、咬む力も強い犬なので、室内外で飼い主がきちんとコントロールできるようにしつけが必須となるのです。 しつけを行う上で、怒りながらのしつけを行うと神経質な面のあるボルゾイはストレスを感じてしまうことがあるので、叱るよりも褒めて伸ばすことを意識していきましょう。 飼い主が褒めると、ボルゾイは飼い主を喜ばせたことを覚え、更に飼い主を喜ばせようと頑張ってくれます。 ボルゾイの優しい性格に向き合い、しつけを進めていくことがおすすめとなります。 ボルゾイにおすすめのペット保険…

ダルメシアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ダルメシアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ダルメシアンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ダルメシアンがなりやすい病気・ケガ ダルメシアンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 尿路結石症(にょうろけっせきしょう) てんかん 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 外耳炎(がいじえん) 角膜炎(かくまくえん) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) 食物性アレルギー(しょくもつせいあれるぎー) ダルメシアンの特徴 ダルメシアンの歴史 ダルメシアンが生まれた土地は、ヨーロッパの数か所や、エジプト、インドなどと言われ、そのいずれにもそれらしい記事が残っているため、どこで作られた犬なのか未だにわかっていません。 ダルメシアンという犬名が生まれたのは18世紀になってからです。1771年、イギリスの自然史家トーマス・ペナントが、この犬の起源をクロアチアのダルマチア地方とし、自らの著書の中で「ダルメシアン(Dalmatian)」と記したのが最初とされます。 出自が混乱する理由として、ダルメシアンはジプシーや地方旅商人の犬として各地を回っていたため広く記録が残ったからという説があります。ダルメシアンは万能犬で、猟犬、僕畜犬、番犬など様々な役割を器用にこなしてきました。その能力の中でも特筆すべきなのは「馬を先導して走る」という芸当であるといえます。 万能であるがゆえに、様々な役割を与えられたダルメシアンたちはその記録の多さが成り立ちを惑わせていますが、現代のダルメシアンも馬に対して抵抗が無く、怖がらずに親しんでいく個体が多いため、旅する人々の伴走犬であったという説が有力視されています。 原産地は不明であったものの、19世紀後半になるとイギリスで犬種標準が定められることとなりました。 その美しい外見から、この頃のイギリスはじめヨーロッパ各国で貴族や富裕層の犬として持てはやされており、ダルメシアンを早くに犬種公認したイギリスでは、貴族が所有する四輪馬車の伴走をする姿の美しさに人気が集まったのです。 20世紀に入ると自動車の普及によって、馬車の伴走犬としてダルメシアンは失業してしまい、一時ほどの人気は無くなってしまいましたが、この犬種を主人公にした映画のヒットにより、一般家庭でも広く飼われるようになりました。しかし、残念なことに、この犬特有の聴覚障害などで飼育の難しい個体も多くおり、飼いきれなくなって手放されるなどの反動を伴い、人気は一時的なブームに終わってしまいました。 アメリカでは、ダルメシアンは消防署のマスコットになっていますが、これは車の無い時代から、消防馬車の伴走犬を務めていた歴史によります。 ダルメシアンの大きさ・見た目 ダルメシアンは白地に無数の斑点という独特の毛並みで知られている大型犬です。 垂れ耳で、滑らかな短毛に覆われた筋肉質な体格をしています。大型犬ですが、ややコンパクトなため、中型犬に分類している国もあります。 また、ダルメシアンは先天性聴覚障害が最も多い犬種で、アメリカの調査では全体の20%が片耳、あるいは両耳が聞こえないというデータもあります。これは、毛色の白の遺伝子により起きる現象で、斑の色や性別には関係なく起こります。ブルーアイの個体には非常に起こりやすく、パッチ(斑点の面積が大きいもの)がある個体には起こりにくいという特徴があります。 ダルメシアンの毛色は白地に、輪郭のはっきりしたコイン代の黒またはレバー色の斑点があります。ブラックとブラウンやレバーが混合されていないことが好ましいとされています。 体長は48~58cm、体高23~25㎏、平均寿命は10~13歳ほどです。 ダルメシアンの性格 ダルメシアンは活動的で好奇心旺盛な性格で、活気がありアクティブに生活することを好みます。 しかし、その反面人見知りが強く、他人や他犬には警戒心を見せることもあります。また、頑固で譲らない面もあります。 優しい性格なので、小さい子どものいる家庭にもおすすめです。 ダルメシアンを飼うときの注意点 ダルメシアンはとてもエネルギッシュで活発です。とにかく走ることが好きなので、毎日1~2時間の散歩が必要です。走るという点での運動能力は高いものの、不器用な面があるので、ドッグスポーツやディスク競技などは上手くこなせない個体も多いようです。 人見知りな面があるので、親しくない来客には思わぬ反応を見せることがあります。特に初対面の子どもには注意が必要で、家族に対しても気の荒い面を見せる個体も少なからずいることから、子犬の頃からしっかりとしつけや訓練を行い、従順に扱いやすくなるように育てていくことが大切です。 ダルメシアンは賢く、飼い主に従順なので、しっかりとしたコミュニケーションさえ取れれば、トレーニングに苦労することは無いでしょう。散歩や運動の時間にコミュニケーションを取り、信頼関係を築いておく必要があります。 しつけで注意する点は、間違えたことを学習させないことです。 ダルメシアンは一度覚えた命令を性格に把握できますが、逆に間違えたことを一度覚えさせてしまった場合も、忘れさせることは困難です。常に正しい命令を下す必要があります。 なお、聴覚障害のある個体は、耳が聞こえにくいことで状況が把握しづらく、恐怖心が強くなりがちで、吠える、咬むなどの問題行動を起こすことがあります。 聴覚障害のある犬と暮らす場合は、生活に工夫と努力が必要です。視符(ハンドサイン)などの訓練が求められるため、子どもや老人のいる世帯や初めて犬を飼う世帯には大変難しいものと言えます。 ダルメシアンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ダルメシアンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

日本スピッツにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

日本スピッツにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

日本スピッツに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 日本スピッツがなりやすい病気・ケガ 日本スピッツがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 流涙症(りゅうるいしょう) 気管虚脱(きかんきょだつ) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 日本スピッツの特徴 日本スピッツの歴史 日本スピッツの祖先犬と思われる犬は、1920年ころに国内に入ってきたと言われています。この時の犬は単に「ホワイトスピッツ」とされており、正確な犬種や詳しい情報はなく、どのような祖先犬だったのかはっきりしていません。当時はまだ珍しかった洋犬の紹介に留まっていましたが、その後アメリカやカナダ、ロシアからも輸入され、1930年頃には繁殖も始まっていました。 この時の犬については、外見上の特徴からジャーマン・スピッツから派生した白毛種かボルピノ・イタリアーノ(イタリアン・スピッツ)ではないかとも推測されています。後に、問題となった無駄吠えの多さはこれらの犬種の特徴であったことも、日本スピッツの起訴犬と考える有力な有力な理由の一つです。 また、育種にあたってはサモエドが導入されたとも伝えられていますが、いつ、どの段階でサモエドとの交配が行われたかははっきりしていません。 昭和に入り、第一次・第二次世界大戦が始まると、世界中の多くの純血犬と同じように日本スピッツも減少していきました。それでも、戦火の中、愛好家の手により細々と飼育・繁殖されてきた日本スピッツは、洋犬にルーツをもつ日本産の犬として、少しずつ人気を集め、昭和30年代に入り高度成長期が始まると、日本スピッツの人気は一気に高まり、日本国内で家庭犬として爆発的に流行しました。しかし、ブームに便乗しようという人々の乱繁殖で、選択繁殖が行われることなく日本のスピッツは急激に増加し、その一方で犬のしつけの知識や経験不足、敏感で警戒心の強い犬種特性への理解が追い付かず、「吠えてうるさい犬」という評判がひろがってブームは短い間に終わってしまいました。 その後、更に小さい犬種の白い犬であるマルチーズやふわふわしたポメラニアンに人気が集まるようになったのです。 しかし、ブームが終わろうとも、この犬種の真の愛好家は決して日本スピッツを諦めませんでした。無駄吠えが少なくなるように長い時間をかけて選択繁殖を続けた結果、現在の日本スピッツは無駄吠えうあ過剰な警戒心の少ない、穏やかな性格にりました。 ブームが最高だった当時はジャパンケネルクラブの犬種別頭数ナンバー1を誇っていた日本スピッツですが、1999年~2014年のデータでは順位にして20~30位、頭数としては1800頭~700頭程度で推移しています。 また、日本スピッツは1970年以降は北欧やイギリスで人気が出ました。公式に輸入されたのは、1973年のスウェーデンがはじめで、その子孫がイギリスにもたらされて人気を得て、イギリスのザ・ケネルクラブでは1977年に公認されました。 日本スピッツの大きさ・見た目 体高より体長がやや長く、真っ白なふさふさのダブルコートに覆われています。バランスの良い大きさの頭部に立ち耳、明瞭で滑らかなストップがあり、アーモンド形の目をしており、四肢は優雅にすんなりとしていて、飾り毛のある尻尾を背負っています。 体高は30~38cm、体重は5~11㎏ほどで、メスはオスよりやや小さく、平均寿命は10~16年ほどです。 日本スピッツの性格 日本スピッツは活発で遊び好き、好奇心が強い反面、警戒心も強く、無駄吠えがひどいと言われてきましたが、近年は穏やかな性格の個体が増え、環境が整っていれば1日中大騒ぎするほどのことはありません。 また、聡明で愛情深く、家族のよきパートナーとなってくれるほか、ほかの動物とも仲良くすることができます。 日本スピッツを飼うときの注意点 中型犬としてはやや小さめで、活発な日本スピッツは、毎日十分な運動をすることで精神的にも安定し、より飼いやすい犬になります。散歩は1回30分以上、1日2回以上行きましょう。ドッグランで走らせたり、ボール遊びや、ドッグスポーツをしたりするのも喜びます。飼い主と運動をすることでより精神的に安定し、問題行動防止に繋がります。 賢く物覚えが良いので、しつけはそう難しくはありません。近年の選択繁殖による育種で、古い世代の日本スピッツのような興奮しやすく無駄吠えの多い性格からかなり改善されましたが、落ち着いて過ごせない場所では神経質になることがあります。周囲の環境に動じないよう、若犬の頃から色々な場所に連れ出して沢山の経験をさせ、また、社会性を養うために他の犬と遊ばせてあげましょう。 日本スピッツは白く豊かな長毛が特徴の犬なので、手入れは大変です。カットが必要なほど長くは伸びませんが、ダブルコートで抜け毛は多く、特に換毛期は驚くほどの抜け毛があります。ブラッシングは最低でも週に3~4回、シャンプーも定期的に行ってあげてください。 また、日本の高温多湿の環境は、日本スピッツにとっては辛いので、健康管理のためにも1年を通して、室内で飼育しましょう。 日本スピッツにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、日本スピッツにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

バーニーズ・マウンテン・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

バーニーズ・マウンテン・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

バーニーズ・マウンテン・ドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 バーニーズ・マウンテン・ドッグがなりやすい病気・ケガ バーニーズ・マウンテン・ドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 熱中症(ねっちゅうしょう) バーニーズ・マウンテン・ドッグの特徴 バーニーズ・マウンテン・ドッグの歴史 バーニーズ・マウンテン・ドッグの歴史は大変古く、祖先はおよそ2000年前、ローマ帝国のスイス侵攻と統治の際、ローマ軍と共に入ってきたマスチフ系の犬と、スイス山岳部の土着犬の交雑であったと考えられています。 大きく力のある犬は、荷物を引いたり、牛や羊を追ったり、番犬として働いたりと、様々な役割をこなす犬として重宝され、いつしか固定化されていきました。特に多く飼われていたが、スイス・ベルン州にあたる地域で、この地方にあった旅館の名称から、当時のバーニーズはデュールベッヘラーという名で呼ばれており、温厚な性格と服従性、頑丈な足腰でよく働く彼らは、山の農家からベルンの街へと活躍の場を広げていきました。 しかし、自動車の発明と輸送手段の発達により。失業することとなったバーニーズは次第に数が少なくなっていき、第一次世界大戦頃には絶滅寸前とまでいわれていました。 この事態を憂慮したスイスの愛好家が、、純粋なバーニーズを探したところ、スイスの山岳地帯にわずかに生き残っていました。冬季など車の入りにくい山の中で、バーニーズたちは細々と仕事をこなしていたのでした。 1892年、愛好家らの尽力によって、バーニーズは犬種の保存目的のため、改めて繁殖の途につくことになりました。その努力の結果、およそ10年後の1902年頃からバーニーズ達の姿がドッグショーで見られるようになりました。 1907年頃、スイスの繁殖家たちが、スイス・デュールバッハ・クラブを設立し、本格的な繁殖と保存活動が始まり、1910年のショーでは、実に100頭を超えるデュールベッヘラー(バーニーズが出陳されていたと伝えられています。この時、デュールベッヘラーたちは「Berner Sennenhund(ベルナー・ゼネン・フント)」と紹介されましたが、これはスイスの山の犬という意味でした。 これを英語読みしたのが「バーニーズ・マウンテン・ドッグ」で、以降はこの名称が使われるようになりました。毛色のバリエーションがトライカラーであることもバーニーズの印象を強く残すことになり、次第に欧州各地で、そしてアメリカへと広がっていくこととなりました。 バーニーズ・マウンテン・ドッグの大きさ・見た目 バーニーズ・マウンテン・ドッグは長毛で垂れ耳、マズルの短い大型犬で、体の大きさのわりには敏捷でよく動きますが、落ち着いた性格でゆったりとした歩様を見せたりします。 被毛は漆黒の長毛、艶のある鮮やかな毛色が特徴的で、ダブルコートの白・茶・黒のトライカラー。四肢、頬、目の上と胸に赤褐色のリッチタン・マーキングがあり、あらゆるマーキングは左右対称で、胸部はホワイトのマーキングがあり、被毛は2歳を過ぎたあたりからウェーブが安定してきます。 体高はオス64~70cm、メス59~66cm、体重はオスとメス共に40~44㎏、平均寿命は6歳~8歳ほどです。 バーニーズ・マウンテン・ドッグの性格 バーニーズ・マウンテン・ドッグは、とても温和で感受性豊かな性格です。飼い主に従順で、距離が離れてしまうとストレスを溜めてしまいます。 子犬のときはやんちゃな性格をしていますが、成犬になるにつれて落ち着き堂々とします。 バーニーズ・マウンテン・ドッグを飼うときの注意点 バーニーズ・マウンテン・ドッグはとてもエネルギッシュな犬種のため、特に子犬時代は大変活発で遊び好き、1日中走り回っているように見えるほどですが、そのエネルギーは成犬になると本来の使役に使われます。 それだけに運動量は十分に必要で、成犬では少なくとも1日1~2時間以上、若犬であればそれ以上の時間をかけてあげたいところです。 成犬の体重は40㎏を超える個体も多く、非常にちからもあるので、散歩をする時に引きずられてしまいます。事故防止野ためにも、若いうちからしっかりと訓練をしておきましょう。 スイス原産のため、寒さに強く暑さに弱い犬種です。冬の気温がちょうどよく、バーニーズ・マウンテン・ドッグの部屋は暖房をつけないなどの湿度管理が必要です。そのため、夏の温度管理は一層気を遣わなければいけません。 バーニーズ・マウンテン・ドッグの毛質はダブルコートとアンダーコートの2つを持ち合わせた被毛をしており、トリミングの必要性はありませんが、毛量が多く絡まりやすいので、定期的にブラッシングをしてあげましょう。 バーニーズ・マウンテン・ドッグは、体が大きく力も強い為、主従関係をしっかりとしたしつけが必要となってきます。一方で警戒心が強くい一面も持っていますので、強く起こってしまうと飼い主のことを怖がってしまうこともあります。悪いことは叱るのではなく無視をして、よい行動を褒めていく方がポジティブなしつけができるでしょう。 繊細な心を理解した上で、しつけやトレーニングは進めていくようにしましょう。利口でしつけ自体は比較的しやすい為、沢山コミュニケーションを取って褒めながらしつけをすることがお互いの絆を深めるきっかけになるはずです。 しつけを遊びの中で普段から取り入れていくと更によく、散歩のマナーや基礎的なコマンドは、日々の生活の中で使うことでどんどん吸収していきますので活用しましょう。大型犬のトレーニングなので、可能であれば訓練士などのプロのトレーナーと相談しながら愛犬の性格を見極めたトレーニング方法が良いでしょう。 バーニーズ・マウンテン・ドッグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、バーニーズ・マウンテン・ドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

アメリカン・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

アメリカン・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アメリカン・コッカー・スパニエルに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アメリカン・コッカー・スパニエルがなりやすい病気・ケガ アメリカン・コッカー・スパニエルがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ)) 膵炎(すいえん) 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 臍ヘルニア(さいへるにあ) 緑内障(りょくないしょう) 関節リウマチ(リウマチ様関節炎)(かんせつりうまち(りうまちようかんせつえん) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) アメリカン・コッカー・スパニエルの特徴 アメリカン・コッカー・スパニエルの歴史 アメリカン・コッカ―・スパニエルの起源は、14世紀頃にイギリスに持ち込まれたスペイン系の猟犬種、いわゆるスパニエルといわれています。 その名を示す通り、スペインを意味する土地に生まれてヨーロッパ各国に持ち出され、猟の用途別に選択配合されていく中で「スパニエル」の名を持ついろいろな犬種に分かれていったものと推定されています。 アメリカン・コッカ―・スパニエルの祖であるイングリッシュ・コッカー・スパニエルも同じように、イギリスに持ち込まれたのが最初といわれ、ランド・スパニエルと呼ばれていたこの猟犬は、後にイングリッシュ・スプリンガー・スパニエルとイングリッシュ・コッカー・スパニエルに分かれます。 「コッカー」の名の由来は、かつて猟場において「ヤマシギ(woodcock)」を始めとするほかの鳥を飛び立たせる役割を担っていたことにちなんでいます。 1620年、メイフラワー号に乗ってイギリスからアメリカへ渡ったという話は、歴史的に大変有名で、最初の移民が連れていた犬の中にアメリカン・コッカ―・スパニエルの元祖となったイングリッシュ・コッカー・スパニエルがいたと伝えられています。 その後に入ってきたイングリッシュ・コッカーの中から、愛玩犬向きのものが選抜され、アメリカン・コッカ―・スパニエルの土台となりました。 アメリカでは現在も実猟が行われていますが、アメリカン・コッカ―は猟犬としてではなく、愛玩犬として改良が続けられました。その結果、イングリッシュ・コッカーとは異なる顔立ちや被毛の装飾的な美しさが際立つようになり、そのためのトリミングが盛んに行われて、18世紀後半以降は華やかなドッグショーの舞台で活躍することになりました。 1935年、アメリカンケネルクラブでは、イングリッシュ・スプリンガー・スパニエルという別犬種として認められました。 ブロンドの豊かなロングヘアと優美な容姿に人気を博したアメリカン・コッカ―ですが、手入れの大変さが忙しい現代人に合わなくなってきているためか、現在は一時ほどの人気はありませんが、今でも根強いファンに愛されています。 アメリカン・コッカー・スパニエルの大きさ・見た目 アメリカン・コッカ―・スパニエルは愛玩犬化した姿ではありますが、もともと猟犬だったので、コンパクトで筋肉質な体型です。 骨格では頭頂部がやや平らで、口先が短めに詰まっている点、またウェーブがかった優美さとエレガントさのある厚い被毛ががイングリッシュ・コッカーとのはっきりした違いとなります。 アメリカン・コッカ―・スパニエルはブラックの単色、タンのあるブラック、ブラック以外の単色は明るいクリーム色、ダークレッドブラウン、タン・ポイントのあるブラウン、それ以外にも飾り毛の明るい色調、胸及び喉に見られる少量のホワイトも認められています。 パーティ・カラーは、ホワイトを含む2色以上で構成されています。 ブラック&ホワイト、レッド&ホワイト、ブラウン&ホワイト及びローンそれぞれの色のタン・ポイントを含みます。ローンはパーティ・カラーに分類されますが、ホワイトが少なすぎるものは認められません。 ドッグショーに出展する場合は、これ以上にタン・ポイントやタン・マーキングに厳格な決まりがあります。 体高はオス36~38cm、メス34~36cm、体重はオス11~13㎏、メス10~12㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 アメリカン・コッカー・スパニエルの性格 アメリカン・コッカ―・スパニエルの性格は陽気で人懐っこく、アメリカ国内では時に「Merry Cocker(陽気なコッカー)」と呼ばれることもあります。 大らかで警戒心や神経質な点が少なく、好奇心旺盛で遊び好きであり、食いしん坊と呼べるほど食べ物に大変敏感な面もあります。 アメリカン・コッカー・スパニエルを飼うときの注意点 アメリカン・コッカ―・スパニエルは中型犬ですが、室内飼いに適した犬種です。 また、体力があり運動が大好きなのでドッグスポーツに向いていますが、太りやすいため、1日1時間ほどの散歩を心掛けて肥満を予防してあげましょう。 ダブルコートの密集した被毛が特徴で、夏の暑さを苦手としています。室内でも熱中症になってしまう場合もあるため、室内温度の調整にも気を配るようにしましょう。 また、外の寒さも苦手としているので冬は暖房で温度の調節をしてあげるほか、暖房で室内が乾燥してしまうと被毛が乾燥してしまったりウイルスが蔓延しやすくなってしまうため、湿度の調整もしてあげるとよいでしょう。 室内飼いをする場合、滑りやすい床は関節に負担がかかるため、カーペットなどを敷いて滑りにくくする工夫をし、寂しがりやなのでサークルはリビングなどの家族の目が届くところに設置して、寂しいを思いをさせないようにしましょう。 学習能力が高く、しつけやすい犬種ではありますが、その反面、いたずらなどもすぐ覚えてしまうため、子犬の頃からきちんとしつけて飼い主との上下関係をはっきりさせておくことが大切です。 陽気でテンションが上がりやすく、基本的にはしつけやすい犬種ですが、叱りすぎると恐怖心を与えてしまうので、基本的には褒めてしつけるようにしましょう。 トイレのしつけは、興奮したり緊張すると漏らしてしまう傾向があるようなので根気強く、必要ならトイレのサイズを広くするなどの工夫をし、噛み癖が出てしまう場合は、その都度タイミングよく叱ってきちんとしつけをしましょう。 可愛さあまってしつけを怠ってしまうと、飼い主との立場が逆転してしまい、我儘になってしまいます。 また、アメリカン・コッカ―・スパニエルには突発性激怒症候群の個体が時々おり、遺伝的な脳の病気とされています。病気なのか、甘やかしによる我儘なのかを区別するためにも、子犬の時からきちんとしつけや訓練を行いましょう。 アメリカン・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アメリカン・コッカー・スパニエルにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬…

ブルドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ブルドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ブルドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ブルドッグがなりやすい病気・ケガ ブルドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 熱中症(ねっちゅうしょう) 鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう) 脂漏症(しろうしょう) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) ブルドッグの特徴 ブルドッグの歴史 ブルドッグの起源は、イギリスで「ブルベイティング」という協議が行われていた13世紀にさかのぼります。「ブルベイティング」とは、雄牛(ブル)と犬と戦わせたり犬に噛みつかせたりする競技のことで、牛を倒した犬の持ち主には大金が支払われるというもので、当時はとても人気のある競技でした。 この競技に使用されていた犬が現在のブルドッグの起源であるとされています。この競技に特化して改良されてきたブルドッグの起源となる犬種は、体の均衡よりも強さを求められていきます。 一説では、その結果として噛みついていても呼吸がしやすい上向きの鼻、噛みつく力が強くなるようなしゃくれた下顎、牛の攻撃を避けるための低い体高と短い足、牛の攻撃を受けてもダメージが少なくなるような皮膚のたるみ、などさまざまな外見的特徴を持つようになったと言われています。しかし、これは事実ではなく、実際には19世紀に人間の手が加えられた結果として、上記の特徴が現れたという説もあります。 その後、1835年にイギリスで動物虐待法が成立し、この競技を含むブラッドスポーツすべてが禁止されます。それ以降、番犬や愛玩犬として飼育されるようになりました。 現在では、牛と戦うための特徴は全くなくなっており、俊敏な動きはできないうえに、下顎が発達しすぎて噛むこと自体が苦手になってしまっています。また、犬種としての頭の大きさに対して雌の骨盤が小さいため分娩がほぼ不可能で、人の手による帝王切開が主流となっています。 性格面では、牛と戦っていた頃の獰猛な性格はすっかりなくなっており、温厚でてとてもやさしいです。 ブルドッグの大きさ・見た目 ブルドッグの大きさは、体高が33~41cm、体重25kg前後で中型犬に分類されています。 ブルドッグの見た目はとてもユニークで特徴的です。パンチが効いた強面ですが、よく見るとつぶらな瞳と大きな口を持ち、とても可愛い見た目をしています。これが人気の理由です。 また、他の犬種に比べて鼻と頭部が近い短頭種と呼ばれる犬種のひとつです。 ブルドッグの性格 ブルドッグの性格は、見た目とは裏腹に温厚で、おっとりしていて穏やかです。明るく甘えん坊な性格もあるのでとても飼いやすいです。飼い主への忠誠心も強く、いつも家族と一緒に居たがります。子供にも優しく接しますし無駄吠えもしないので、お子さんの居る家庭でも安心して買うことができます。番犬には向いていないかもしれません。 しかし、少し頑固な一面もありますのでしつけにはひと工夫が必要かもしれません。おっとりとした性格ですので、しつけにも時間がかかるかも知れませんがゆったりとした気持ちで時間をかけてしつけていきましょう。 ブルドッグを飼うときの注意点 ブルドッグを飼育する上で注意すべき点は、肥満予防、皮膚のお手入れ、温度管理の3点です。 まず、ブルドッグは食欲が旺盛で肥満になりやすい犬種の一種です。食事やおやつの与えすぎには注意が必要です。適切な量を規則正しい時間帯に与えるようにしましょう。また、肥満防止には、適度な運動もとても大切です。1日30分程度の散歩に連れて行ってあげましょう。 2つ目の皮膚のお手入れに関しては、ブルドッグは前述の通り皮膚に皺(しわ)が多い犬種です。皺が多いと必然的に汚れがたまりやすくなってしまいます。皮膚病を発症してしまう原因になりかねないので、こまめにお手入れしてあげるようにしましょう。具体的には、定期的なシャンプーやブラッシングを行うなどです。 3つ目は温度管理に関してです。ブルドッグは鼻が短いため呼吸を調整することが難しく、体温調整を苦手としています。体温調整が苦手なブルドッグは、寒さや暑さに弱く、特に暑さが原因で衰弱してしまうことがあります。室内の温度に気をつけて飼育するようにしましょう。 ブルドッグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ブルドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ボストン・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ボストン・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ボストン・テリアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ボストン・テリアがなりやすい病気・ケガ ボストン・テリアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 脳腫瘍(のうしゅよう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 肥満細胞腫(ひまんさいぼうしゅ) チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出(だいさんがんけんせんだっしゅつ)) ボストン・テリアの特徴 ボストン・テリアの歴史 アメリカを原産国とするボストン・テリアは、2012年に2は本国アメリカで12000頭以上、日本でも1600頭以上が登録されている人気の小型犬種です。 今や世界中で愛されているボストン・テリアは、たった4頭の犬たちから始まりました。そしてそのすべての祖先たちの記録がたどれるほど、ボストン・テリアの歴史は新しいものです。 今からおよそ150年前の1865年のアメリカ・ボストン市周辺で、ロバート・C・フーパーという人物が白いイングリッシュ・テリアとブルドッグを交配して生まれた「フーパーズジャッジ(Hooper’s Judge)」という名のオス犬がいました。 ジャッジは体重およそ15㎏(32ポンド)、体格のがっちりした中型サイズで、白地にブリンドルという現在のボストン・テリアと非常によく似た外見を持って生まれ、その後もジャッジをベースに約9㎏(20ポンド)とサイズの小さい白いメス犬の「ジップ(別名ケイト)」と交配して生まれたオス犬の「エフ」は約13㎏になりました。さらにエフはブリンドルの毛色で体重約9㎏(20ポンド)の「トビンズ・ケイト」と交配され、生まれた子犬達がボストン・テリアの基礎となったのです。現在世界中で愛されているすべてのボストン・テリアはジャッジ、ジップ、エフ、ケイトとその子犬達がルーツとなっています。 この時代はまだ闘犬が行われていたため、祖先犬ジップは闘犬として作出され、ブルテリアの血を引いていたようです。その後、ジップが種牡となってまもなく闘犬が禁止され、ボストン・テリアの作出は愛玩犬化に舵を切りました。小型化の過程で愛玩犬を交配することによって闘犬の血は薄れ、ボストン・テリアは「タキシードを着たアメリカ紳士」と呼ばれ、やさしく身ぎれいでスマートな犬になりました。 1889年になると、犬の人気を受け、ボストン市に「アメリカンブルテリアクラブ」という犬種クラブが誕生しましたが、この頃はまだ「ラウンドヘッド」、もしくは「ブルテリア」という名で紹介されていました。その後、ブルテリアやブルドッグの愛好家からネーミングに対して異議申し立てられたため、1891年、名称が変更されることになり、出身地にちなんで「ボストン・テリア」と呼ばれるようになりました。 1893年にはAKCに公認され、1920年代にはヨーロッパへと渡っています。そして、1950年代には早くも、北米において最も人気のある犬種にまで上り詰め、現在もボストン大学のマスコットに指定されています。 日本には大正から昭和にかけて来たとされていますが、明確な記録はわかっていません。戦前から人々に飼われており、ボストン・テリアのイラストをマスコットキャラにしたペット店などもありました。当時は稀少犬扱いだったため、愛好団体が結成されるまでには至らなかったようです。 ボストン・テリアの大きさ・見た目 ボストン・テリアはホワイトが入っているスムースコート、がっちりとした筋肉質でありながらスリムな体型で、尻尾は短く、立ち耳の小型犬で、顔立ちはブルドッグの系統ですが、性質やプロポーションはテリアの影響が強く出ています。 ドッグショーなどに出展する場合、体重は6.8㎏未満、6.8~9㎏、9~11.35㎏の3段階に区別されています。 ボストン・テリアの毛色はブリンドル、ブラック、シールブラック(赤みがかった黒)にホワイトが必ず入っていることが大切とされています。 体長は38~43cm、体重は5~11㎏、平均寿命は13歳~15歳ほどです。 ボストン・テリアの性格 ボストン・テリアは正義感が強く、紳士的で愛情深い性格です。穏やかで友好的、寛容で辛抱強さがあり、子どものいる家庭でも安心して飼うことができます。やんちゃで活動的に動き回る一面と、しっかりと状況を観察してから行動する慎重な面も持ち合わせています。 感受性が高いので、飼い主の意思や気分、声に敏感に反応する知的で賢い犬種です。無駄吠えの少ないことで有名で、室内犬の中での人気もトップクラスといわれています。 テリアの血を受け継いでいるので、やや物事に熱中しやすく頑固な面もありますが、人懐っこく、一緒に遊んだりボールを追いかけたりすることを好む半面、寂しがりやで甘えん坊なので、長時間の留守番などは苦手です。留守番させた後は、たくさん遊ぶことで寂しさを癒してあげましょう。 温和な性格にはなっていますが、縄張り意識の強さから小柄ながらも他の犬に対して攻撃的になることがあります。その点番犬に向いているといえますが、幼犬期の頃から飼い主以外の人とコミュニケーションを心掛け、社会性を身につけさせてあげるとより親しみやすい愛犬となってくれるでしょう。 ボストン・テリアを飼うときの注意点 ボストン・テリアは活発で遊び好き、運動も好きなので、体力のある若犬のあいだはドッグスポーツにチャレンジするのも良いでしょう。しかし、短頭種なので、過剰な運動や気温・体温の上昇で呼吸困難にならないよう、注意が必要となります。 体温調節が苦手なので、極端な暑さや寒さで呼吸障害を起こしてしまうことも考慮し、温度管理にも気を遣いましょう。夏は少し低めの23~25℃、冬は26℃~28℃ほどが適温で、ケージやサークルは直射日光の当たらない場所に設置すると良いでしょう。 太りやすい体質なので、しっかりと運動させること大切になります。散歩量は1日2回、30分ずつくらいが目安ですが、個体によって体重にばらつきがある犬種なので、それぞれの大きさや好みにあわせて散歩の量を調節するようにしてあげてください。 夏場は熱中症や熱射病、急激な温度差による呼吸困難を防ぐため、地表からの照り返しが強い時間帯を避け、涼しい朝か夕方から夜にかけてがおススメの時間帯になります。 目が大きく前面に出ているので、散歩の際に角膜を傷つけないように注意してあげてください。 ボストン・テリアは短毛種の中でもよく毛が抜ける犬種です。抜け毛は日々ブラッシングである程度ケアすることが化膿ですので、できれば毎日行ってあげることをお勧めします。 月1~2回ほどシャンプーをしてあげると、抜け毛やにおい対策に効果的ですが、皮膚が弱いので、、弱酸性のシャンプーを使用する用意してあげましょう。 ボストン・テリアは飼い主の気を引こうと毎日一生懸命なので、その性質を利用していくのがしつけのポイントとなります。 家庭で決めたルールを統一して訓練していけば、さほど難しくはありません。 「やってほしいことをしたら思いっきりほめる」、「やってはいけないことをしたら徹底的に無視」、この2つがしつけの基本となります。 ボストン・テリアは頑固者なので、飼い主が起こるとふてくされて無視したり、逆ギレを始めて話を聞かなくなります。一度機嫌を損ねるとしばらく機嫌が悪いため、こちらが根負けして機嫌取りをしてしまったら逆効果です。 悪いことをしたら「ダメ」と一言言い、無視を徹底してください。逆に、良いことをしたら沢山褒めて、向上心を持たせるようにしていきましょう。 ボストン・テリアはテンションが上がりやすく、1度上がると周りが見えなくなる性質がありますので、「待て」「伏せ」は覚えさせてあげた方が安心です。公園などで遊んでいてテンションが上がり過ぎてしまった際に事故に繋がらないようにするためにも、「待て」「伏せ」は覚えさせてあげることが大切となります。 また、テンションが上がり興奮し過ぎることで、そのまま死んでしまうこともありますので、普段から「待て」などの訓練をして、感情のコントロールができるようにしておきましょう。 ボストン・テリアは頑固者な面もありますが、学習能力が高いため、初心者の方でもコツがわかれば訓練しやすい犬種な上、訓練次第では難しいことをこなしたり、忠実なので飼い主の指示をよく聞いてくれる飼いやすい犬種といえるでしょう。 ボストン・テリアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ボストン・テリアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー…

イタリアン・グレーハウンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

イタリアン・グレーハウンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

イタリアン・グレーハウンドに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 イタリアン・グレーハウンドがなりやすい病気・ケガ イタリアン・グレーハウンドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 てんかん 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 白内障(はくないしょう) 歯周病(ししゅうびょう) イタリアン・グレーハウンドの特徴 イタリアン・グレーハウンドの歴史 イギリスでは「IG」、日本では「イタグレ」と短く呼ばれているイタリアン・グレーハウンドは、グレーハウンドを小型化した犬と考えられています。祖先であるグレーハウンドは、古代エジプト時代の壁画にそれらしい姿が描かれているなど、想像を超えるほど昔から人間の近くで暮らしてきた犬であると推定されています。 小型化されたイタリアン・グレーハウンドはエジプトから地中海を回ってトルコ、ギリシャに入り、紀元前5世紀ころのローマ(イタリア)にわたって、上流階級のペットとして飼育されており、さらにイタリア・ポンペイ遺跡からは鎖に繋がれたこの犬の化石が発見されていたことから、1世紀ころから一般に飼育されていたことがうかがえます。 16~17世紀ごろには、ルネサンス期の南ヨーロッパ一帯に広がり、特にイタリアの王室や貴族たちに大変愛され、絵画や器の絵柄、美術品などに繰り返し登場するほどになりました。17世紀にはイギリスにわたり、上流階級から大切に飼われるようになりましたが、イギリスの寒い気候はイタリアン・グレーハウンドの性質に合わないため、一般家庭にまで普及することはなかったようです。 18世紀後半、イタリアン・グレーハウンドは更に小さくするために近親交配が進んで虚弱な体質になっていました。戦争の時代に入り、上流階級の飼育環境が不安定になってくると、気候の変化に弱いイタリアン・グレーハウンドは少しずつ姿を消していきました。 絶滅の危機を救ったのは、19世紀初頭にアメリカにわたっていたイタリアン・グレーハウンドたちで、彼らをイギリスに残っていた固体と交配し、ようやく復活の途に着くことになり、1853年にイギリスケネルクラブが発足した際には最初に登録された40犬種の一つとして、登録されるまでに至りました。 日本には江戸時代に初めて輸入され、身分の高い令嬢などに愛されました。現在も人気の高い犬種の一つで、毎年国内登録が行われているほか、国内でもブリーダーから入手することが可能で、愛好家も多く存在しています。 イタリアン・グレーハウンドの大きさ・見た目 イタリアン・グレーハウンドはサウスハウンド系の中で最小の犬種です。 首を伸ばして頭を上げ、まるで小鹿が跳ねるように前肢を高く上げて下すという、気品ある歩様が特徴的ですが、走るときはグレーハウンド譲りのスタイルで両手両足をそろえて飛ぶように走ります。 耳の形は、前ではなく横に垂れる形が標準とされていますが、子犬の頃から終生立ち耳の個体も多くいるとされています。 イタリアン・グレーハウンドは短毛で、フォーン、レッド(赤茶)、グレー、グルー(明るい灰色)、クリーム、ホワイト、ブラックなど豊富な毛色があり、白のマーキングが入ります。 また、犬種標準ではありませんが、タン(黄褐色)がはいることやマールカラー、ブインドルなどのカラーの犬もいます。 体高33~38cm、体重3~5㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 イタリアン・グレーハウンドの性格 イタリアン・グレーハウンドは繊細で感受性が強く、気性は穏やかで優しい性格で、ストレスをためやすい面があり、攻撃はしない代わりに距離を置く、逃走するという方法で身を守ります。 活発で走ることや遊ぶことがが非常に好きな上、スタミナもありますが、日本の厳しい気候には弱く、真冬は1日中外で遊べるほどの体力があるのは若犬だけです。 オスとメスでは少しだけ性格に違いがあるとされていますが、オスの場合はメスに比べてフレンドリーで愛情深い傾向にあり、メスの場合はオスに比べて独立心が高く従順な傾向にあるようです。 また、優しい性格かつ、繊細で臆病なイタリアン・グレーハウンドは番犬としての活躍は難しく、愛玩犬としては抜群の相性をみせる犬です。 イタリアン・グレーハウンドを飼うときの注意点 イタリアン・グレーハウンドは短毛で抜け毛が少なく、手入れがしやすいものの、寒さには弱く、気候に応じて衣類を着用させることはファッションというより健康管理になります。 また、頭が小さく首輪が抜けやすいのでサイズをきちんと合わせるか、首と胸にかかるタイプの8の字胴輪(ハーネス)を使うようにしましょう。スリムで胸幅が狭いため、腕だけ通すタイプのハーネスでは後ずさりした時に抜けてしまう恐れがあります。 特に寒い時期や酷暑の時期は、散歩を控えて、空調管理のできる室内でたっぷりと遊んであげましょう。ですが、気候の良い時はドッグランなどで思う存分走らせてあげることも大切なので、過ごしやすい時期には連れて行くと良いでしょう。 また、骨も細いので太ってしまうと関節に負担がかかりやすく、骨が折れやすくなってしますことあります。食べ過ぎないようにきちんと管理をすることも大切です。 イタリアン・グレーハウンドは明るく大変おだやかなので、しつけはさほど難しくありません。子どもや他犬、小動物とも仲良くできるのですが、辛抱強さのあまりストレスをためてしまうことで、病気の原因になることがありますので、子どものいる家庭では、関わり方を考えてあげましょう。 イタリアン・グレーハウンドにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、イタリアン・グレーハウンドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ペキニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ペキニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ペキニーズに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ペキニーズがなりやすい病気・ケガ ペキニーズがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) 水頭症(すいとうしょう) 臍ヘルニア(さいへるにあ) 扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん) チェリーアイ(第三眼瞼腺脱出(だいさんがんけんせんだっしゅつ)) 鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう) 白内障(はくないしょう) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん)) ペキニーズの特徴 ペキニーズの歴史 中国原産のペキニーズとは、中国語では「ジンパ(京巴)」と呼ばれています。 チベタン・スパニエルが祖先と考えられており、ペキニーズの最古の記録は8世紀頃になりますが、犬種としての成り立ちはそれよりはるかにさかのぼる紀元前と伝聞されています。 祖先犬のチベタン・スパニエルは、仏教への進行が厚いチベット原産の犬で、チベット寺院で僧侶によって繁殖、飼育されてきた犬です。「釈迦はその偉大な力により、どう猛な獅子をも服従させる」と考えていた仏教、ラマ教は、獅子に似た犬となるよう改良したペキニーズを獅子犬とし、諸国宮廷への献上物として秦の始皇帝ほか、歴代の皇帝に贈られてきました。この神聖な獅子犬は、皇帝と皇族以外による飼育を禁じられ、禁を犯して持ち出した者は死刑になったとも伝えられています。 そうしてペキニーズは宮廷外への門外不出として大切に扱われ、西太后が定めたとされるスタンダード(犬種標準)に沿って、宮廷内のみで繁殖が行われていました。 門外不出のペキニーズは歴代宮廷内においてのみ飼育され、8世紀の唐の時代には、既にこの犬種に関する記述があり、宋(10~13世紀)や元(13~14世紀)の時代の飼育記録も残っているので、少なくとも1000年以上の歴史があると考えられています。 しかし、1860年アヘン戦争に負けた西太后は、5頭のペキニーズを残し宮殿を離れることとなりました。それをイギリスの軍人が持ち帰り、ビクトリア女王に献上したとされ、犬好きで知られたビクトリア女王はこれを繁殖し、最初はイギリス国内で王族や貴族にだけ飼われていました。そして1893年に初めてドッグショーに出陳、鼻が低く愛嬌のある姿が人気となり、やがて世界に広がることとなりました。 犬名は原産国である中国の都市「北京」が由来です。現在は「Beijing」というスペルですが、かつては「Peking」という綴りだったことから「ペキニーズ(Pekingese)」となりました。 愛称は「ピーク(Peke)」で、鼻ぺちゃ顔の動物を「ピークフェイス(Peke Fafe)」と称するのは、この犬種にちなんでのことです。 ペキニーズの大きさ・見た目 ペキニーズはがっちりした前足と細めの後ろ脚、ずんぐりした首回りですが、全身を覆う長毛のおかげでボリューム感のある、まるで獅子のような貫禄ある堂々とした姿をしています。 古い時代から大きな変化がないのが特徴で、18世紀の宮廷画に見られるペキニーズの姿は、現在のペキニーズとほとんど同じものです。ライオンを思わせる先細りの体型、赤みがかった金色の被毛、袖に入るサイズとウェイトなどの特徴から、かつては「獅子犬」・「太陽犬」・「袖犬」などとも呼ばれており、被毛はクリーム、ゴールド、レッド、ブラック、ホワイト、サーブル、ブラック&タン、グレイなど多彩です。 よたよたと歩く独特の動き方は、宮廷内から脱走しないよう、選択的に作られたものではないかと推測されています。 体高はオス19~21cm、メス18~20cm、体重はオス3~7㎏、メス2.5㎏~6㎏。 平均寿命は12歳~15歳ほどです。 ペキニーズの性格 ペキニーズは独立心が旺盛で、時に頑固、飼い主に依存することはありません。そのため、愛玩犬なのに人間の膝に抱かれるのを好まない個体も多いようです。この面からまるで猫のような犬と評価されることもあります。 人見知りをするため、家族以外にはなかなか懐かず、だれにでもフレンドリーに振る舞うことはあまりありません。 ペキニーズは勇敢で負けず嫌い、喧嘩になっても決して引かない面があります。しかし他の犬へわざわざ喧嘩を売りに行くようなことはしない、誇り高い一面が見られます。 ペキニーズを飼うときの注意点 ペキニーズはダブルコートの犬の中でも、特に下毛の量が多く、換毛期には大変な量の抜け毛があります。通期により皮膚の健康を保つためにも、毎日のブラッシングが欠かせません。ブラッシングを怠るとたちまち毛玉になり、フェルト状になって、ますます手入れのしづらい毛になってしまします。 活発な性質ではないため、散歩は気分転換程度の短い時間で十分です。暑さに弱く、呼吸困難になりやすいため、夏は散歩に行かない方が良い場合があります。夏場は屋内でエアコンをつけ、熱中症にならないように気を付けましょう。 運動不足になりやすいうえ、太りやすいという体質があるので、食事の量や質は管理が必要です。 顔のしわには汚れがたまりやすく、放置すると皮膚糸状菌などにより皮膚病になって炎症を起こすことがありますので、特に食事の後など汚れがわかりやすくついてるときを含め、しわの間まできれいに拭き取ってあげましょう。 ペキニーズは長い毛に隠れて見えにくくなっていますが、体型は胴長で脚は短めな体型をしているため、ソファなどから飛び降りたりすると、背中や腰に負担がかかります。活発な犬種ではないので、特に高齢になってきたら、休む場所は低い位置に作ってあげるようにしましょう。 ペキニーズは性格的に気位が高く、マイペースで、気に入らないことをされると歯を当てて抵抗することがあります。 猫のような性質と頑固さがあるため、しつけがやや入りにくい面があり、飼いやすくはない犬種ですが、信頼関係が出来上がり、飼い主を主人と認めると愛情豊かに振る舞い、素直で遊び好きの面を出します。 愛くるしい子犬時代に犬の起源を取りすぎないよう、けじめをつけた飼育をしましょう。 ペキニーズにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ペキニーズにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ボーダー・コリーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ボーダー・コリーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ボーダー・コリーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ボーダー・コリーがなりやすい病気・ケガ ボーダー・コリーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 動脈管開存症(どうみゃくかんかいぞんしょう) 白内障(はくないしょう) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) ボーダー・コリーの特徴 ボーダー・コリーの歴史 現代の日本ではドッグスポーツで人気のボーダー・コリーですが、その祖先はトナカイの放牧を行っていたと考えられています。 8世紀頃、北欧スカンジナビアからバイキングによってイギリス北部のスコットランドにわたり、もともといた牧羊犬との交雑が繰り返され、現在のボーダー・コリーに近い形になったようです。これらの犬は主にイギリス、ウェールズ、スコットランドの国境付近で、長らく作業犬として活躍してきました。 スコットランドの方言で「コリー(Collie)」とは牧羊犬全体を意味します。犬種の由来としては、スコットランド国境近くで飼育されていたから、スコットランドのボーダー地方で飼育されていたから、など諸説あります。 ボーダー・コリーは、長い間その作業能力ばかりが重視されていたため、最初の犬種標準(スタンダード)ができたのは1906年になってからのことでした。この時も、容姿よりも作業性を優先し、大変あっさりしていたようです。 犬種としてボーダー・コリーという名が採用されたのはさらに後の1915年、原産国であるイギリスで犬種として公認されたのは1976年と50年も経ってからでした。 FCI(国際畜犬連盟)の後任は1981年になってからでしたが、そのきっかけはほかの犬種とは趣旨が異なります。 ボーダー・コリーは現役の牧羊使役犬として欧米を中心に世界中の牧場に広がった後、ドッグスポーツや訓練競技会に参加するようになり、やがてボーダー・コリーばかりが上位を独占するようになりました。その人気に後押しされる形で、ドッグショーを主催する各国の畜犬団体やFCIが公認するようになったのです。 ところが、それ以前からボーダー・コリーの愛好家が増えていたアメリカでは、現役の牧羊犬であるボーダー・コリーをショードッグとして見世物のように扱うことに反感を抱いた人達から、講義が起こったという逸話があります。外見でなく、能力を評価してほしいというファンシャ―達の願いでした。このいきさつから、アメリカンケネルクラブに公認されたのは大変遅くなりました。 日本には意外と早く渡ってきたとされており、戦前のオーストラリアから、毛織物を作るための羊とともに輸入されたとされています。しかしこの時の犬は短毛であったこと、オーストラリアにはオーストリアンケルピーなど他犬種の牧羊犬がいたことなどから、この時輸入された犬が本当にボーダー・コリーかどうかは確証がないようです。 犬種として比較的新しい記録が残っているボーダー・コリーにはもう一つの歴史があります。 イギリス原産の牧羊犬・牧畜犬は多く、ウェルシュ・コーギーやラフ&スムースコリー、シェットランドシープドッグ、オールドイングリッシュシープドッグ、ベアデットコリーやこれらのミックスなどがいます。 1873年に、これらの牧羊犬の競技会が開かれることになり、この初めての牧羊犬協議会で大活躍したのがヘンプ(オールド・ヘンプ)という名のボーダー・コリーです。1906年にボーダー・コリーのスタンダードができる前のことで、まだ犬種として確立していなかった頃のことでした。 ヘンプは、コーギーのように家畜の足を咬んだり、シェルティのように吠えたりせず、姿勢を低くして今にも飛び掛からん姿勢で羊をにらみつけ、家畜をまとめていました。このように、力や声を使わずに羊を誘導する犬は例がなく、多くの牧童やギャラリーの目を引きました。 そしてヘンプはこの能力を買われ、亡くなるまでに種牝犬として200頭もの子犬の父犬になったのです。 同じように眼力で羊たちをまとめあげたボーダー・コリーに、ケップという犬がいました。 オールド・ヘンプが亡くなってか入れ替わるように生まれたケップは、牧羊犬競技会で連戦連勝をあげていき、ヘンプとケップはそれぞれ種犬として多くの子孫を残して近代から現代のボーダー・コリーたちの基礎犬となり、使役犬としてのボーダー・コリーという犬種を確立する基礎になりました。 ボーダー・コリーの大きさ・見た目 ボーダー・コリーはやや大きめの中型犬で、犬種標準では均整が取られた滑らかなアウトラインであり、体つきはしっかりとしていて耐久力のある印象であるとされています。 体高はオス53~55cm、メス50~52cm、体重はオスとメス共に14~20㎏、平均寿命は10~17歳ほどです。 ボーダー・コリーには様々な毛色が認められており、ブラック&ホワイトが基本ではありますが、レッド、チョコレート、ブルー、ブルーマール、セーブル他と多種多様で、有色部分が50%以上を占めています。アイリッシュスポット(四肢先端部、ネック及び頭部の白い部分)があり、その部分にぶち模様がはいることもあります。毛質はダブルコートが基本ですが、短毛もあり、ストレートの個体もややうねったカールの毛を持つのもいます。 ボーダー・コリーの性格 ボーダー・コリーは大変頭がよく、活発で、作業意欲の強い性格です。注意深く洞察力があり、作業中は状況を判断して自分で動くことができます。 家族には大変愛情深い一方、知らない人や犬には関心が薄く、犬同士で遊ぶことより人間と作業することを好む傾向があります。 ボーダー・コリーを飼うときの注意点 ボーダー・コリーは頭がいいので、飼いやすい犬と思われがちですが、賢く意欲にあふれた犬の心身を満足させる力を飼い主には必ず求められます。 ボーダー・コリーは犬の体力に見合った運動と犬の知性に見合ったトレーニングや遊びを与えないと、ストレスで気が荒くなり、飼い主の指示に従わなかったり、飼い主を見下すようになったりします。 健康に問題ない個体なら、朝晩それぞれ1時間ずつくらいの散歩をしてあげましょう。 また、年齢の若いうちはそれでも体力が有り余っていますので、週末などの時間がある時は、フライングディスクやアジリティなどの遊び要素も取り入れると良いでしょう。 比較的体力があり、暑さ寒さには強いものの、外部の刺激に反応して羊追い行動をとってしまうことがあります。通りかかった自転車やオートバイを追って飛び出してしまい事故に遭うこともありますので、日ごろの生活は屋内でさせることが安全です。 散歩中もこのような反応を見せることがありますので、飼い主に従って歩くようにしっかりとトレーニングしましょう。 ボーダー・コリーは賢いからこそ、リーダーである飼い主さんのあいまいな態度を見破り、いうことを聞かなくなってしまいます。主従関係を意識しつつ、子犬の頃から良い悪いをはっきりと教えていくことがポイントです。 しつけに不安がある場合は、専門のトレーナーに相談してみるのも良いでしょう。 ボーダー・コリーをしつけるときの3つのポイントとして、「叱るときは低い声で厳しく」「上手にできたときは褒める」「飼い主が先に行動する」という点があります。 叱る際は低い声で、一貫した厳しい態度で行うことが重要です。叱っている時に中途半端な態度を取ると「本当は怒っていないんだ」などのと勘違いしてしまい、また同じ行動を繰り返してしまうことがありますので、常に堂々とした態度で接することを心掛けましょう。 指示を上手くこなせた場合は、思いっきり褒めてあげましょう。厳しいしつけといえば常に怒ったような態度を連想しがちですが、飼い主との信頼関係の悪化につながってしまうため、望ましくありません。もちろん、普段から甘やかし過ぎるのも良くないので、アメとムチを使い分けたメリハリのある対応が重要となります。 上下関係を覚えさせるために、出入りや食事などは必ず飼い主が先に行います。もしも犬が先に行動してしまった場合は「待て」などで制止させ、もう一度同じ行動を「飼い主が先」にできるまで何度も行います。 上手にできた場合はきちんと褒めてあげましょう。 また、長毛と短毛がいますが、ダブルコートで下毛が抜けますので、週に2~3回程度のブラッシングをしてあげるとよいでしょう。 ボーダー・コリーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ボーダー・コリーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド…

ミニチュア・ピンシャーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ミニチュア・ピンシャーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ミニチュア・ピンシャーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ミニチュア・ピンシャーがなりやすい病気・ケガ ミニチュア・ピンシャーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) レッグ・ペルテス病(れっぐぺるてすびょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 尿道結石(にょうどうけっせき) 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) ミニチュア・ピンシャーの特徴 ミニチュア・ピンシャーの歴史 愛好家の間で「ミニピン」という愛称で親しまれているミニチュア・ピンシャーは、外見の相似からドーベルマン・ピンシャーを小型化した犬だと思われがちですが、実はミニチュア・ピンシャーの方が歴史は長く、その始まりは17~18世紀頃だと推定されています。ミニピンという愛称は日本だけでなく、発音は微妙に異なるものの、アメリカなどの英語圏でも「mini-pin」という略称で通用する場合があるようです。 祖先犬とされる中型のヘル・ピンシェルは、ドーベルマンと同じ祖先であり、その後、ジャーマン・ピンシャー、ダックスフンド、イタリアングレーハウンド、更にミニチュアシュナウザーやトイ・マンチェスターテリアなどを交配して、19世紀には現在のミニピンとほぼ同じ形になっていたようです。 ドイツ国内で犬種クラブ設立されたのが1895年で、ドッグショーデビューがそれから5年後の1900年でした。1920年代に入るとアメリカに渡り「ピンシャー(Pinscher)」と呼ばれるようになり、その後1929年、AKCによって正式に公認されますが、現在の「ミニチュア・ピンシャー」という犬名になったのは1972年からのことです。 ピンシャーという名前はドイツ語でテリアを指しますが、現在では愛玩犬に分類されることが多く、テリアに分類されることは少ないようです。そして、その名の通り、テリア気質を持つ勇敢で活発、警戒心の強い性格と、身軽で筋肉質な無駄のない美しさを持ち、原産国のドイツやアメリカ、現代の日本でも多くの愛好家がいる犬となりました。 ドイツでは鹿を意味する「レイ(Reh)」を冠したレイ・ピンシャーと呼ばれていますが、ブラウンの毛色と小鹿のような体つきからつけられたようです。 ドーベルマンと同じく、現在も多くの国で断尾・断耳の習慣が続いていますが、ドイツほかヨーロッパ各国では動物愛護精神を尊重するため、20世紀後半以降は断尾・断耳共に禁じられています。 ミニチュア・ピンシャーの大きさ・見た目 ミニチュア・ピンシャーは体長と体高がほぼ同じ長さのスクエアな体型で、手足は細くても筋肉質で、全身が滑らかな短毛で覆われています。前足を高く上げて歩く姿をハックニーといいますが、贅肉のない引き締まった体とこの独特の歩様により、優美で洗練された印象を受けます。 しかし、その外見とは裏腹に番犬に向くほどの気の強さがあり、愛好家にはこのギャップがたまらない魅力でもあるようです。 体高25~32cm、体重4~5㎏で、平均寿命は15年ほどといわれています。 ミニチュア・ピンシャーの性格 ミニチュア・ピンシャーは愛玩犬と分類されながら番犬の役割を果たし、日本では使役犬として分類されているほどエネルギッシュな犬です。 人見知りがあるため、初めての相手には時に攻撃的に振舞うこともあり、負けん気も強く、大きな犬に対して向っていくこともあります。 また好奇心が旺盛なため、初めて目にしたものや素早く動き回るものなど、気になったものにはとことん興味を示します。この性格により、世界中のブリーダーの間で「脱走の芸術家(Escape Artists)」と呼ばれる所以になる、好奇心が勝って家を脱走してしまうこともあるという注意点があります。 ミニチュア・ピンシャーの毛色は単色と2色で構成されているバイカラーとがあります。 単色はレッドと呼ばれる赤みがかった茶色から来い茶色までバリエーションがあり、ディアー・レッド、レディッシュ・ブラウン、ダーク・レッド・ブラウンなどと呼ばれています。 バイカラーにはブラック&タンと呼ばれる来い茶色と、濃淡の茶色で構成されたチョコレートチョコレート&タンがあります。ブラック&タンは黒がベースとなり、目の上、喉の下側、パスターン、脚、後脚の内側及び尾の付け根にレッド又はブラウンが入ります。また、胸には2つの方向に明確に分かれた三角形の斑が入ります。 チョコレート&タンは、ベースがチョコレートという濃い茶色になり、タンの部分にはついてはブラック&タンと同様に入ります。 ミニチュア・ピンシャーを飼うときの注意点 ミニチュア・ピンシャーは活発で運動能力が高く、毎日30~40分以上の散歩と運動が必要です。 大変身軽でジャンプ力があるので、ドッグスポーツなども可能ですが、生来の気の強さがマイナスになることもありますので、飼い主との強い信頼関係が必要になります。 一方で、ドーベルマン・ピンシャー同様、護衛犬や警察犬として働く資質も持ち合わせているので、飼い主が甘やかさずにけじめのある態度で接することが大切です。 プライドが高い面もあるので、小さい子どもなどにしつこくかまわれると事故が起こる可能性もあるため、注意しましょう。 また、ミニチュア・ピンシャーのしつけは、互いの信頼関係を構築するところから始まります。性格的に、信頼した飼い主のいうことは従順に聞くからです。 しつけは社会性の習得を優先してください。飼い主さんがボスであること理解させ、メリハリを持ってしつけてあげましょう。好奇心から「家を飛び出したい」「吠えたい」などの欲求が生まれても「飼い主さんがダメというなら我慢しよう」という思考回路にあるようにしつけてあげることが大切です。 まず、散歩や食事は飼い主が主導し、我慢することを覚えさせてあげてください。甘やかしてしまうと我儘になり、手に負えなくなってしまいます。 また、叱るのではなく褒めるしつけを心掛けてあげましょう。叱ってしまうと攻撃性が増す恐れがあるので気を付けてください。名前を呼びながら怒鳴ると、自分の名前を罵声と勘違いしてしまうこともあります。 賢く学習能力の高い犬種ですが、気性が荒く頑固な性格のため、しつけには根気が必要です。 我慢することをしっかり覚えてくれたら、「ハウス」や「留守番」といったクールダウンをさせるトレーニングをしっかり行い、飼い主主導のライフスタイルを徹底することで、より良い関係が築けます。 ミニチュア・ピンシャーは褒めてもらうことや、飼い主の喜ぶ顔も大好きな犬種なので、そこを上手に使い、信頼関係を築いていきましょう。 ミニチュア・ピンシャーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ミニチュア・ピンシャーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ…

ジャック・ラッセル・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ジャック・ラッセル・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ジャック・ラッセル・テリアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ジャック・ラッセル・テリアがなりやすい病気・ケガ ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう)) レッグ・ペルテス病(れっぐぺるてすびょう) クッシング症候群(くっしんぐしょうこうぐん) 脂漏症(しろうしょう) ジャック・ラッセル・テリアの特徴 ジャック・ラッセル・テリアの歴史 ジャック・ラッセル・テリアはイギリス・デボン州に実在した牧師、ジョン・ラッセル牧師の手でキツネ狩りのために作出された比較的新しい歴史の犬種でありながら、映画やテレビなどに多数出演し、爆発的なブームより短い間に世界中に広がった犬種です。 ラッセル牧師はイギリスケネルクラブの創立メンバーの一人でもありました。 キツネ狩りを愛好したラッセル牧師は、優秀な猟犬を作ろうと考え、フォックス・テリアをベースに他犬種との交配を始め、猟の性能を磨くことを目的に、ビーグルやボーダー・テリアなどとの交配をしていきました。 ラッセル牧師が育てていた犬は、当時は単にフォックス・テリアと呼ばれていましたが、狩猟能力が高いことからハンターに評価を受け、1883年の牧師死後、次第に「ジャック・ラッセル・テリア」と呼ばれるようになりました。1894年にパーソン・ラッセル・テリア・クラブ(ラッセル師テリアクラブ)が結成され、犬種の改良・維持が図られました。また、このクラブでは能力や気質を重視して繁殖され、ダックスフンド、ウェルシュ・コーギー・ペンブローク、様々な小型犬やテリアとの交配が行われたため、容姿には大きなばらつきがあったそうです。また、パーソン・ラッセル・テリア・クラブではこの犬種ををショードッグにされることを嫌い、イギリスのザ・ケネルクラブには登録されておらず、このイギリスタイプのジャック・ラッセル・テリアは、ペットとして飼育されるにあたってオーストリアタイプに比べ気性面で難があるため、現在はあまり見られなくなっています。 一方、もともとのラッセル牧師が育てていたテリアの要旨を重視してショードッグとして繁殖に取り組むグループもおり、その結果確立された犬種がパーソン・ラッセル・テリアだといわれています。 ジャック・ラッセル・テリアはイギリス国外にも盛んに輸出され、輸出先でそれぞれ使役しやすいように改良されていきました。特にオーストラリアでは、現地の気候に合わせ、また農場での使役に向くように改良され、イギリスでは強い雨や雪、寒さなどから身を守ることができないショートコートは敬遠されていましたが、記憶が高く寒さのないオーストラリアではショートコートが非常に好まれました。また、体高を低めにして穴に潜りやすくさせるなどの改良もなされ、性格もやや穏やかにして、ドッグショーやペットとしても飼えるように改良がされていきました。この時、改良の際にウェルシュ・コーギーなどが交配されています。 オーストラリアでは1972年に犬種クラブができ、1990年にオーストラリアのケネルクラブに登録され、このタイプのテリアが2003年に国際畜犬連盟(FCI)に「ジャック・ラッセル・テリア」として暫定公認されました。なお、アメリカ合衆国のユナイテッドケネルクラブでは2005年にスタンダードの修正が行われ、公式名が「ラッセル・テリア」に改名され、アメリカンケネルクラブでは2012年には本犬種を「ラッセル・テリア」として登録されました。本種はオーストラリアやアメリカなどで特に人気が高く、害獣の駆除だけでなく、ペットやショードッグ、スポーツドッグとしても人気が高いほか、近年セラピードッグや聴導犬、介助犬などとして使役できる可能性が見出されています。 ジャック・ラッセル・テリアの大きさ・見た目 ジャック・ラッセル・テリアは体長が体高よりわずかに長く、白をベースに大きな斑が入る毛色です。体格は筋肉質かつ細身で、耳は垂れ耳・半直立耳があります。 実猟目的の犬については現在でも断尾されることが多いようです。 また、パーソン・ラッセル・テリアでは、体高が体長より長く、ジャック・ラッセルより足長で、毛色の多くが部分が白であることが望ましいとされています。 体高は25~38cm、体重4.5~6.8㎏、平均寿命は13歳~16歳程度です。 ジャック・ラッセル・テリアの被毛はダブルコートで、スムースとブロークン、ラフがあります。 ホワイトをベースにブラック、或いはタンのマーキングがあり、色の組み合わせは白&黒、白&茶があります。ジャック・ラッセル・テリアではブリンドルとブルーは認められていません。 パーソン・ラッセル・テリアでは、ホワイトが明らかに優勢であることが望まれます。 ジャック・ラッセル・テリアの性格 ジャック・ラッセル・テリア(及びパーソン・ラッセル・テリア)の性格は狩猟本能が強く、やや攻撃的な面があります。活発で運動力が高く、頑固で負けず嫌いな性格です。 思い込んだら一直線という側面があるため、時に笑いを誘いますが、逆に大変な問題を発生させてしまうことがあります。 ジャック・ラッセル・テリアは飼い主以外の人間に従うことは少ない典型的なワンマンズ・ドッグであり、またその賢さゆえに飼い主の力不足を見抜くと、暴君と化すとさえいわれています。 ジャック・ラッセル・テリアを飼うときの注意点 ジャック・ラッセル・テリアは小型犬でありながら、運動量は大型犬と同じくらい必要な犬種です。 散歩だけでも1日1時間以上は行ってあげること、好奇心や知性を満たすためのゲーム的なスポーツも取り入れるようにし、これらを通じて飼い主に対する服従心をしっかりと養うことで、扱いやすい性格になります。 愛玩犬感覚で甘やかして育ててしまうと、成犬になって抑えが利かず手の付けられない部分が出てきてしまうほか、耳掃除や歯磨きなどを嫌がらずにさせるように、子どもの頃から体を触れられケアをされることを慣らしておくことが大切です。 ジャック・ラッセル・テリアは自分より大きなキツネに向かっていくように作出された犬種ですので、猫やフェレットなどと室内で一緒に暮らすことはリスクが伴います。 テリア気質であり、しつこくかまわれることを好まないので、小さな子どもとの相性は悪く、外出先などで子どもが手を伸ばしたりしてくるときは目を離さないようにしましょう。 ジャック・ラッセル・テリアを飼う際、しつけは特に重要で、この犬種は驚くほど好奇心旺盛なので、動くものなんでも反応し、近づこうとすることから、行動を制御する言葉や合図を覚えさせないと、散歩中にほかの犬に飛び掛かることもあります。車に興味本位で近づいて交通事故に遭ってしまうことも少なくありません。 悪いことをした時や危ないものに近づこうとしたときは「ダメ」と低い声でしっかりと叱り、行動を制止する言葉を覚えさせるようにしましょう。頭のいい犬種なので訓練をすればきちんと覚えてくれます。 また、ジャック・ラッセル・テリアのしつけの中でも苦労するのは「無駄吠え」といわれています。猟犬としての本能が残っているので、何かを発見して興奮すると、大きな声で吠えて知らせようとするのです。 飼い主との主従関係を明確にすることで、無駄吠えは改善することができますが、ジャック・ラッセル・テリアは猟犬の名残で本能的に吠えてしまうことがあります。その時は吠える前に「ダメ」と行動を静止し、「待て」「伏せ」などのを覚えさせることで無駄吠えを防止するのが効果的といわれています。根気よく続けることで体が覚えていくので、時間をかけてじっくりとしつけを行ってあげましょう。 ジャック・ラッセル・テリアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ジャック・ラッセル・テリアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ビション・フリーゼにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ビション・フリーゼにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ビション・フリーゼに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ビション・フリーゼがなりやすい病気・ケガ ビション・フリーゼがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 外耳炎(がいじえん) 尿路結石症(にょうろけっせきしょう) 白内障(はくないしょう) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 皮膚真菌症(ひふしんきんしょう) ビション・フリーゼの特徴 ビション・フリーゼの歴史 ビション・フリーゼの起源は、14世紀頃にさかのぼります。原産国はフランスで、地中海沿岸で「バルビー」と呼ばれていた大型の犬種とマルチーズなどの白い小型犬との交配によって作られた犬種であると考えられています。 この交配によってつくられた系統には、「ビション・マルチーズ」「テネリフェ」「ボロニーズ」「ハバニーズ」の4種類が存在し、このうち「テネリフェ」が現在のビション・フリーゼの祖先であるといわれています。 14世紀にはイタリアへ持ち込まれ、上流階級の人の愛玩犬として注目されました。16世紀にはフランスのイタリア侵攻によってフランスへ持ち込まれ、フランソワ1世やアンリ3世の愛玩犬として愛され、人気は各地に広まりました。その数世紀後、人気は滞りますがサーカスや大道芸人の相方として飼育されることになります。 第一次世界大戦によって絶滅の危機にさらされますが、フランス人繁殖家たちの救済運動によって救われます。そして、1933年に初めて「ビション・プワル・フリーゼ」という名前を与えられます。 その後、第二次世界大戦によって再び存続の危機に見舞われますが、アメリカに持ち込まれ、「パウダーパフ」のスタイルが確立されて以降、その愛らしいカットスタイルが注目され、再び人気が高まっていき1971年にアメリカンケネルクラブに公認されました。 現在でも、「パウダーパフ」のヘアカットが日本でも人気となっています。 ビション・フリーゼの大きさ・見た目 ビジョン・フリーゼの大きさは、体高が24~29cm、体重3~6kgで、小型犬に分類されています。 「ビション」はフランス語で「飾る」、「フリーゼ」は「縮れた毛」を意味し、その名の通り、縮れた毛で美しく飾られた容姿をしています。純白の巻き毛のトップコートを持つダブルコートの被毛をしています。 そのふわふわの白い被毛から、アフロヘアのように包みこむ「パウダーパフ」のスタイルは、しばしばモデル犬としても紹介されます。しかし、このふわふわとした被毛の下は、がっしりとした筋肉質でとても健康的です。 ビション・フリーゼの性格 ビション・フリーゼの性格は、明るくやさしい、感受性豊か、賢いという特徴があります。飼い主を喜ばせることが好きで、飼い主や家族に対してとても従順です。 人見知りが少なく協調性もあるため、他の犬や猫などの動物とも仲良くすることができます。一方で、ネコのように独立心もあり見知らぬ人に愛想を振りまくような性格でもなく、警戒心も強いため番犬にも向きます。 ビション・フリーゼを飼うときの注意点 ビション・フリーゼを飼育する上で注意すべき点としては、十分な運動と食事、被毛の手入れの2点です。 1点目の十分な運動と食事に関してはどの犬種にもいえることですが、ビション・フリーゼは小型犬ながらもかなり体力があります。日々十分な運動のために、30分は散歩に連れて行ってあげましょう。また、室内で1人で遊ぶことも良くあるので、室内でも遊べる環境を整えてあげましょう。 また、食事に関しても肥満にならないよう適切な量を与えるようにしましょう。 2点目に関しては、ビション・フリーゼは特にとても重要です。換毛期がほとんどなく抜け毛がないという特徴はありますが、被毛が内側に絡まりやすいため、こまめなブラッシングが必要です。最低でも2日に1回、できれば毎日ブラッシングをしてあげましょう。 毎日ブラッシングをしていても毛玉になってしまうことは少なくないですが、ブラッシングをすることで、下毛に空気が入りふわふわの毛並みになります。 なお、「パウダーパフ」のスタイルは自然にできるものではなく、トリミングに通う必要があります。こだわりのある飼い主さんは、毎月のトリミング費用と毎日の手入れが必要になることを覚えておきましょう。 ビション・フリーゼにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ビション・フリーゼにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

シェットランド・シープドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

シェットランド・シープドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シェットランド・シープドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シェットランド・シープドッグがなりやすい病気・ケガ シェットランド・シープドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) てんかん 門脈シャント(もんみゃくしゃんと) 関節リウマチ(かんせつりうまち) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 外耳炎(がいじえん) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 白内障(はくないしょう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) シェットランド・シープドッグの特徴 シェットランド・シープドッグの歴史 シェットランド・シープドッグは、スコットランドとノルウェーの間の北海に浮かぶシェットランド諸島を原産地とする犬種で、その歴史はとても古いです。牧羊犬として活躍していたラフ・コリーやボーダー・コリーといった犬種と同じ起源を持つとされています。 牧羊犬としては、羊だけでなく牛、豚、鶏などの多くの家畜を管理し、主に家畜が畑を荒らしてしまうことを防ぐための番犬としての役割を持っていたとされています。 当時は、現在のサイズよりも大きかったと推測されており、気候条件が厳しく飼料が不足していた牧草地の環境のなかで小型化していったとされています。 スコットランドはヴァイキングに支配されていた時代があり、彼らによってスカンジナビア地方からサモエドなどのスピッツ系の犬種が持ち込まれそれらと交配し、その後ラフ・コリーなどとの交配を経て現在の姿になったと考えられています。 19世紀初期にスコットランド諸島からイギリス本土へ持ち込まれ、当初は一般的にシェットランド・コリーという名称でに呼ばれていました。1909年にイギリスのケネルクラブがこの名称で公認したのですが、ブリーダー団体からの抗議を受け、数年後に現在の名称に変更されました。現在は、牧羊犬としてはあまり飼育されておらず、家庭犬として広く世界中で愛されています。 また、日本に持ち込まれたのは昭和30年頃といわれており、コリーよりもサイズが小さく飼いやすいという点で当時から高い人気を誇っています。 シェットランド・シープドッグの大きさ・見た目 シェットランド・シープドッグの大きさは、体高が33~41cm、体重6~7kgで、小型犬に分類されています。 小型のコリーという位置づけであり、顔つきこそコリーと似ているものの頭部に対するマズルの割合は、コリーよりもコンパクトになっている。被毛は、粗くて長い上毛と柔らかくて密生した下毛のダブルコートが特徴的です。 シェットランド・シープドッグの性格 シェットランド・シープドッグの性格は、やさしい、辛抱強い、従順といった特徴があります。人と戯れることを好み、頭もよく責任感が強いです。 警戒心が強く、飼い主以外には吠えることもあります。夜中の怪しい音や人影にも強く警戒するため、番犬としては頼もしい存在になるでしょう。 また、牧羊犬の血を受け継いでいるため抜群の俊敏さ機敏さを持っており、運動することをとても好みます。特に若い頃の運動量はかなりのもので、運動しないとストレスを溜め、精神的に不安定になってしまうこともあります。 シェットランド・シープドッグを飼うときの注意点 シェットランド・シープドッグを飼育する上で注意すべき点としては、適度な運動とふれあい、ブラッシングの習慣の2点です。 1点目に関しては、前述の通り運動を好み運動がないとストレスを感じてしまうため、毎日30分程度の散歩に2回ほど連れて行ってあげましょう。また、散歩中に走る猫などを見ると追いかけていってしまうことなどもあるため、しっかりとリードを握っておきましょう。 室内でも自由に動けるスペースを十分に確保しておく必要があります。室内でも運動しやすい環境を整えてあげましょう。飼い主や家族に対する愛情が深く、一緒に遊ぶことを好むため、ゲームや訓練をしてみるのも良いでしょう。 2点目に関しては、皮膚病にならないよう2日に1回程度を目安にブラッシングをしてあげましょう。特に耳の後ろや脇の辺りは毛玉が発生しやすいため入念にしましょう。換毛期には毎日ブラッシングをしてあげましょう。 シェットランド・シープドッグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シェットランド・シープドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

キャバリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

キャバリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

キャバリアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルがなりやすい病気・ケガ キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 外耳炎(がいじえん) 結膜炎(けつまくえん) 水頭症(すいとうしょう) キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの歴史 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの起源は16~19世紀にかけて英国の王室で寵愛された小型スパニエルだといわれています。特にチャールズ2世はこの小型スパニエルを溺愛していたことで有名で、「犬以外と遊んでいる姿を見たことがない」と言われるほどでした。 チャールズ2世の時代から100年以上隔てた19世紀になると、東洋からパグや狆などの短吻犬(たんぷんけん)がヨーロッパに輸入されて人気を博し、その影響を受けて口吻の短い犬種の作出が盛んとなります。小型スパニエルにもその影響が及び、短吻のスパニエルにキング・チャールズ・スパニエルという名称が与えられるようになりました。ここで注意すべきは、キング・チャールズ(チャールズ2世)が買っていたスパニエルが短吻タイプだったわけではないという点です。 「キング・チャールズ・スパニエル」とう名称は、スパニエルを溺愛したことで有名なかつての王の名に肖って命名しただけであり、チャールズ2世が実際に飼っていたスパニエルは長吻タイプでした。 一方、短吻犬ブームの反動として、口吻が短くなってしまったスパニエルをチャールズ2世時代の絵画に見られるような、長吻タイプのスパニエルとして復活させようという活動が起こります。 アメリカの富豪、ロズウェル・エルドリッジ氏が巨額の懸賞金をかけたこともあってキング・チャールズ・スパニエルの長吻化運動が盛り上がり、その結果再び長い口吻を取り戻して復活したのが現在の「キャバリア・キング・チャールズ・スパニエル」です。 キャバリア・キングチャールズスパニエルの犬名にある「キャバリア」とは中世の騎士を指し、「中世の頃の姿を取り戻したキングチャールズスパニエル」という意味合いを持っています。 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの大きさ・見た目 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは、身のこなしが優雅で優しく穏やかな表情をしています。人間が大好きな、やや大きめな小型犬で、体高より体長が長めです。 垂れ耳で目が丸く大きく、額は平で口先は長めです。 毛色はブレンハイム(赤褐色と白)、トライカラー(赤褐色と黒と白の三食)、ブラック&タン、ルビーの4種類が存在しておりますが、ブレンハイムはチャールズ2世死後、キング・チャールズ・スパニエルの最大支持者であったマルボロ侯爵という人物がこの毛色を好んでいたことから彼の領地であるブレンハイムの名を取り呼ばれるようになった逸話が残っています。 体高30~33cm、体重5~8㎏、平均寿命は9歳~14歳程度です。 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの性格 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは活発でありながら、友好的であり、非常に正確の良いことで知られている犬種です。 落ち着いていますが、遊びも大好きで争いを好まず、他の犬や人間とも仲良くなろうとします。さらに、よく考えて人の気持ちを汲み取ろうとし、神経質な面が少なく、子どもに対しても根気よく大らかに接してくれます。 ですが、そんな性格であるが故に警戒心が薄く、番犬には不向きな面もみられます。 室内では大人しく、屋内では遊び好きなので様々なものに興味を示して好奇心旺盛な一面を見せたりなど、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは家庭犬としては理想的な犬種といえます。 一方、寂しがりやな性格でもあるので、スキンシップを怠らないようにしてあげるとよいでしょう。 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルを飼うときの注意点 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは小型犬としてはやや大きめなので、毎日30分ほどの散歩は欠かさず行いましょう。遊び好きな性格なので、若いうちは特に室内で一緒に遊んであげることも必要となります。 豊富な被毛と飾り毛がありますが、ダブルコートなので下毛が抜けやすく、皮膚疾患を予防に被毛の手入れが必要です。表面の毛(トップコート)は床に引きずるほど伸びることはほとんどありませんが、巻き毛やくせ毛の個体もあり、細かく絡みやすいため、週に3回は解きほぐしてブラッシングしてあげましょう。 大きく垂れた耳は、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの特徴の一つですが、蒸れやすく外耳炎になりやすいので、こまめな掃除が必要になります。外耳炎になると、首や耳を振ったり、耳を引っ掻いたり、体を触られるの嫌がり攻撃的になる場合もあるので1~2週に1度は耳の中をイヤーローションと綿棒を使って掃除してあげてください。 また、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルは目が大きめのため、定期的な目の手入れが欠かせません。ゴミが付きやすく目ヤニが多く出るので、涙やけや病気になる前に小まめに濡れタオルなどで拭いてあげてください。 室内飼いの場合、床がフローリングだと滑って怪我をしたり股関節を痛めてしまうことがあるので、絨毯などを敷くようにしましょう。 キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、キャバリア・キング・チャールズ・スパニエルにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ラブラドール・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ラブラドール・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ラブラドール・レトリーバーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ラブラドール・レトリーバーがなりやすい病気・ケガ ラブラドール・レトリーバーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 白内障(はくないしょう) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 肘関節形成不全(ちゅうかんせつけいせいふぜん) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 外耳炎(がいじえん) ラブラドール・レトリーバーの特徴 ラブラドール・レトリーバーの歴史 現在のラブラドール・レトリーバーの原産地にあたるのは、カナダのニューファンドランド島といわれています。 ラブラドール・レトリーバーの血統の元となった犬種は、16世紀にニューファンドランド島に入植した人々が特別な目的のために飼育していたセント・ジョンズ・レトリバーでした。セント・ジョンズ・レトリバーの先祖犬ははっきりとしていませんが、イングランド、アイルランド、ポルトガルなどで飼育されていた使役犬のミックス犬ではないかとされています。 タキシード模様とも形容される、ベースが暗色で胸、脚、あご、マズル(鼻先)がホワイトの被毛というセント・ジョンズ・レトリバーの特徴は、現在でもラブラドール・レトリーバーの血を引くミックス犬の外観に表れることがあり、さらに純血種のラブラドール・レトリーバーにも、俗にメダルと呼ばれる胸部に見られるホワイトの斑点や、脚部やマズルにホワイトの差し毛が現れることがあります。 19世紀初頭に、ニューファンドランド島と漁業貿易が盛んだったイングランドのドーセット州の港湾都市プールへ多くのセント・ジョンズ・レトリバーが持ち込まれ、当時の紳士階級の間で水鳥猟に適合した狩猟犬としての能力を高く評価されるようになり、その後、イングランドでは少数とはいえセント・ジョンズ・レトリバーを繁殖する犬舎は存在しましたが、当時のニューファンドランド島の羊畜産保護政策と、イングランドの狂犬病の権益を目的とした犬の輸出入制限によって、セント・ジョンズ・レトリバーは徐々に姿を消していきました。 19世紀のイングランドで、初代ナルムズベリー伯ジェームズ・ハリスと第2代マルムズベリー伯ジェーム・エドワード・ハリスは、自身の領地で鴨猟のためにセント・ジョンズ・レトリバー系の猟犬を繁殖しており、第5代バクルー公ウォルター・モンタギュー・ダグラス・スコット、第6代バクルー公ウィリアム・モンタギュー・ダグラス・スコットとその末の子ジョージ・ウィリアム・モンタギュー・ダグラス・スコットも、現在のラブラドール・レトリーバーの作出と血統の確率に貢献した。1880年代にマルムズベリー伯から贈られ、バクルー公家の繁殖計画に使われたエヴィオン(バクルー・エヴィオン)とネッドという犬が、現在のラブラドール・レトリーバーの直接の祖先であると考えられています。 セント・ジョンズ・レトリバーが最初にイングランドに持ち込まれたのは1820年頃といわれていますが、その優れた能力はイングランドでも噂になっていました。言い伝えによると、漁船に乗っているセント・ジョンズ・レトリバーがを見たマルムズベリー伯爵が、すぐさまこの犬種数頭をイングランドに輸入する手配をしたといわれ、これら最初期のラブラドール・レトリーバーの祖先犬は、その高い知能と水中や水辺でのあらゆるものを回収する能力によってマルムズベリー伯爵に強い印象を与えました。そして、マルムズベリー伯爵は自身が所有するすべての犬舎でセント・ジョンズ・レトリバーのさらなる改良と血統の確立を決意したのです。 イギリスでは1870年頃には通称で「ラブラドール・レトリーバー」と呼ばれていましたが、1903年にはイギリスケネルクラブに登録され、正式な名称となりました。 ラブラドール・レトリーバーは実働能力が高く、聡明で穏やかな性格から、アメリカとイギリスを中心に人気が高まり、世界中に広がりました。アメリカでは長い間、登録頭数のベスト3に入っているほどで、世界で最も飼育頭数の多い純血種となり、盲導犬としてラブラドール・レトリーバーを最初に使ったのがイギリスでした。現代では介助補助犬、麻薬探知犬、災害救助犬など、人間の周りでたくさんのラブラドール・レトリーバーたちが能力を発揮して働いてくれています。 ラブラドール・レトリーバーの大きさ・見た目 ラブラドール・レトリーバーは欧米では中型犬とされることも多いですが、日本では大型犬とされています。 体高がオス56~62cm、メス54~56cm、体重は30㎏前後が多く、体長は体高より少し長く、短毛に覆われていて、頭部は横幅が広く垂れ耳で体は骨太で筋肉質です。 ラブラドール・レトリーバーは水漁犬なので、泳ぐことが好きな固体も多くいるようです。 ラブラドール・レトリーバーの毛色は主にブラック(濃淡のないブラック一色)、イエロー(クリームからフォックスレッド)、チョコレート(ブラウンからダークブラウン)の3種類が公認されています。ほかにシルヴァー(灰色)、ブリンドル(虎毛)などの毛色のラブラドール・レトリーバーも確認されており、ロットワイラーのような黄褐色の斑点を持つラブラドール・レトリーバーもいます。 平均寿命は10歳~14歳程度です。 ラブラドール・レトリーバーの性格 ラブラドール・レトリーバーは穏やかで攻撃性が少なく、知性と順応性が高いです。また、服従性の高さと自分で考えて判断する能力の高さを併せ持っています。場所や状況をよく見て判断できる知的レベルの高さがあり、家族には愛情深く、他人や他犬、猫などの動物に対しても攻撃性を見せることはありません。 実用犬として優秀なラブラドール・レトリーバーですが、優しく社交的で警戒心が薄いため、番犬としてはあまり良い仕事ができないようです。また、知的レベルは高いのですが、性格の良さから、時にひょうきんな行動を見せることもあります。 詳しいことは判明していませんが、毛色で多少性格が違うといわれており、ブラックやチョコレートの毛を持つラブラドール・レトリーバーは、ほかの毛色と比べるとより活発で、イエローの毛色は落ち着いた子が多いようです、このため、盲導犬に用いられるのもイエローの毛色のラブラドール・レトリーバーが多いといわれています。 ラブラドール・レトリーバーを飼うときの注意点 ラブラドール・レトリーバーは体力があり、活動的ですので、毎日朝晩1時間ずつ程度の散歩をしてあげましょう。また、知的好奇心が盛んなので、特に若いうちは散歩だけでは退屈してしまうかもしれません。 レアトーブ(回収)能力を発揮できるような、ボール遊びやフライングディスクなども取り入れてあげると良いでしょう。アジリティなどのドッグスポーツも優秀な成績を収めますが、体重があるため、ハードル競技などは注意が必要です。 ラブラドール・レトリーバーは好奇心が強いため、特に子犬から若犬の頃は、室内で長時間放っておくと低い位置にあるものを破壊してしまうことがあります。性格が良く、頭がいい犬種なので、悪いことをした時や吠えた時に必要以上にかまうと「吠えると飼い主が遊んでくれる」と学習してしまうので注意が必要になります。愛情を注ぎながらしっかりと上下関係を覚えさせることが大切です。 ご飯は人間が先、散歩の際は飼い主に歩調を合わせるなどの基本的なしつけを行うことが大切で、もし飼い主を噛んだ時は力のある犬なので噛み癖がついてしまうと大変になります。噛んだ時は体を抑え込んで低い声で注意をすると効果的です。 しかし、人間が好きな犬種なので、叱ってばかりではいじけてしまいます。支持をきちんと聞いてくれたら思い切り褒めてあげると素敵な家庭犬へ育っていきます。 ラブラドール・レトリーバーは短毛ですが、ダブルコートなので、換毛期には抜け毛が多くなります。 基本的には週一回程度のブラッシングで十分ですが、抜け毛が多い時期は、抜け毛が残らないようにブラッシングの頻度を上げて手入れをしてあげましょう。 また、ラブラドール・レトリーバーは食欲旺盛で、体質的に太りやすいので、与える餌の量をしっかりと調整して肥満を予防してあげましょう。特に老犬期は、活動量が減り、代謝が下がってくるため、肥満になりやすい時期です。餌の猟に注意をしつつ、病気にもかかりやすい時期になるので、日ごろから様子を確認してあげましょう。 ラブラドール・レトリーバーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ラブラドール・レトリーバーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

シーズーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

シーズーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シーズーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シーズーがなりやすい病気・ケガ シーズーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肛門周囲腺炎(こうもんしゅういせんえん) 緑内障(りょくないしょう) 角膜炎(かくまくえん) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) 鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう) シーズーの特徴 シーズーの歴史 シーズーの起源はチベットのラサアプソと中国のペキニーズが混血したものと言われています。 歴史的順序としては、8世紀頃にチベットから送られたチベタン・スパニエルを中国王宮内で繁殖固定したのがペキニーズ、同じくチベットから16世紀頃に贈られたラサアプソとペキニーズを交配し、固定化されたものがシーズーとなりました。 3犬種の中ではシーズーの作出が最も新しく、19世紀に誕生したとされています。また、シーズーは中国語で「獅子」を指しますが、シーズーもペキニーズも同様に獅子犬とされ、守り神として王侯貴族の家庭内で大切に飼われてきました。 シーズーは特に西太后(1861~1908)の時代において寵愛されており、一部のヨーロッパに渡ったものの、ほとんどは王宮である紫禁城内で飼育されていたといいます。しかし、1911年に起こった辛亥革命により、混乱の中で宮廷内のシーズー達は一層され、1950年代に共産主義革命が起こると、「犬の飼育は大敗の象徴」とみなされるようになり、シーズーを含めた大量の犬が虐殺、家庭内での飼育もできなくなり、中国国内では絶滅寸前まで追い込まれます。 今日世界中に分布するシーズーは、革命以前の1930年代にヨーロッパに渡った犬たちの子孫といわれています。 1930年代にイギリスやアイルランドに渡ったシーズーは、よくラサアプソと混同され、「アプソ(Apsos)」という1ジャンルにまとめられていました。そこで、短吻で短肢のものを「シーズー」、長吻で長肢のものを「ラサアプソ」と分けて計画繁殖が行われるようになり、現在のシーズーの基礎が出来上がっていきました。そして、1935年、イギリスで犬種クラブが発足したのを機にラサアプソは全く違う犬種「シーズー」として独立を果たしました。 シーズーの大きさ・見た目 シーズーは鼻が低く垂れ耳で、体高より体長の方がわずかに長く、決して華奢ではないしっかりとした四肢を持っています。 落ち着いた足取りで、わずかに体を揺らしながら機嫌良さそうに歩くのが特徴です。 長毛の豊かなダブルコートで、毛色はさまざまですが主にゴールド&ホワイト、マホガニー&ホワイトのほか、レッドゴールド、オレンジゴールド、マホガニーゴールド、ハニーゴールドなどの毛色がいます。また、珍しい色としては、ジェットブラック&ホワイト、シルバー&ホワイト、グレー&ホワイト、ブリンドル(黒毛にゴールドや黄褐色の毛の混色)、パーティーカラーにブラックマスク(ボディは2色でマスクがブラック)などがおり、非常にバラエティに富んだ毛色の犬種といえます。 体高26.7cm、体重4.5~8.1㎏が標準とされており、平均寿命は10歳~16歳程度です。 シーズーの性格 シーズーは遊び好きで活発な免と、穏やかで落ち着いた面の両方を持ち、人や他の犬にも友好的です。 愛情深く、おおらかで神経質な固体は少ないため、子どもとの付き合いも上手な犬で、家族に対して非常によく気遣いをし、様子を見て接するなど、愛玩犬らしい思慮深い面もあります。 しかし、やや保守的でプライドの高い面もあり、排他的に育ってしまうと番犬のような振る舞いをしてしまうほか、やや物覚えが悪いという難点もあります。 シーズーを飼うときの注意点 シーズーは小型犬としては大変がっちりとし体をしているので、運動をしないと太りやすくなってしまいます。夏季以外は、毎日20~30分程度の散歩と、室内での活発なゲームや運動を取り入れてあげましょう。 シーズーのしつけで大切なポイントは、「成功したらとにかく褒めてあげること」です。シーズーにとって飼い主はたった一人の大切なリーダーなので、リーダーに褒められることはこの上なく嬉しい事です。また、悪いことをしたら勿論叱ることも大切ですが、叱るタイミングが重要になります。 悪いことをしたその場で「いけない」や「ダメ」などの簡単なリズムで叱ってしつけましょう。ほかにもシーズーが吠える・噛みつくなどした場合は徹底的に無視をしてしつけるのも効果的です。無視をするしつけ方はシーズーの性質上この上なく辛い事なので、声を上げて怒り続けるよりも効果を発揮します。 シーズーは長毛のダブルコートですが、下毛が特に厚い犬種で、その毛量のわりには抜け毛が少ないとされていますが、毛が長く皮膚に留まることで絡みやすく、また汚れやすくなります。ブラッシングはできるだけ毎日、もしくは週に3回以上は行ってあげましょう。 シーズーはとにかく暑さに弱い犬です。鼻が低く、呼吸が苦手なので熱中症になりやすく、夏場の炎天下の散歩や、短時間に社内で留守番させることは命に関わるので気を付けましょう。また、日本の高温多湿の気候に熱い下毛は辛いので、夏はサマーカットをする場合が多くありますが、高齢になると毛の再生ペースが落ちてくるので、年齢によってはトリミングの程度を考慮する必要があります。 シーズーのカットスタイルにもいくつか種類がありますが、人気なものを挙げますと「サマーカット」や「フルコート」などがあります。サマーカットはその名の通り、夏の暑さに対して行う印象が強いですが、1年を通してサマーカットのシーズーも少なくありません。毛が伸びてくると絡み始めて毛玉ができやすくなるため、あまりお手入れができない方にはおススメのカットになります。 フルコートは伸び続ける美しい被毛を活かした気品のあるスタイルになります。しかし、その毛量故に毛のもつれや毛玉ができやすく、毎日のお手入れは大変といえます。食事やシャンプーなども毛艶をよくするためになるべく高品質なものを選び、乾燥を防ぐために加湿器も必要になるため、フルコートは維持費や手間がかかりますが、その分可憐でとても魅力的なスタイルであることは間違いないでしょう。毎日のお手入れを楽しむ事ができる方は是非挑戦してみてください。 シーズーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シーズーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

パグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

パグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

パグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 パグがなりやすい病気・ケガ パグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 角膜潰瘍(かくまくかいよう) 鼻腔狭窄症(びくうきょうさくしょう) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 脂漏症(しろうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 外耳炎(がいじえん) 角膜炎(かくまくえん) 中耳炎(ちゅうじえん) パグの特徴 パグの歴史 パグは犬の中でも最も古い犬種のひとつであるとされており、紀元前2,000年くらい前の古代アジアにいたとされる説が有力です。当時は大型犬だったと推定されており、チベットで飼育されチベタン・スパニエルやペキニーズなどとの交配が行われた結果、小型化したのではないかと考えられています。 その後、仏教を通じて中国へと広がり、魔よけになるという理由から中国の皇室で飼われるようになりました。中国での最初の文献としては、紀元前600年頃でありこの時期には現在のパグの姿であったことが確認されています。 長く中国国内で飼われていたパグの祖先をヨーロッパにもたらしたのは、世界初の株式会社と言われる貿易会社の東インド会社でした。オランダに渡ったパグは、王室や貴族に愛され、王室で繁殖されるようになります。やがてオランダ国内で貴族、官僚、軍人、資産家などにも飼育されるまでに広がりました。 その後は、17世紀にヨーロッパ全土で広く普及し、19世紀にアメリカへもたらされます。1885年にはアメリカンケネルクラブに犬種認定されました。そして1900年代前半に日本に愛玩犬としてもたらされたのです。現在もパグは安定した人気を誇っています。 パグの大きさ・見た目 パグの大きさは、体高が約25~28cm、体重6~9kgで、小型犬に分類されています。 小型犬ながら骨格はしっかりとしていて筋肉質です。短毛で毛並みも滑らかであり、泣き声も落ち着いた低い声です。特徴的な点は、目が丸く顔がしわくちゃでかわいいです。 パグの性格 パグの性格は、明るく陽気で素直で落ち着いています。攻撃的な性格はあまりなく、穏やかで友好的ですので、小さいお子さんのいる家庭でも気軽に生活できることでしょう。 一方で、少し頑固でプライドが高い一面も持っています。食べ物や遊び道具などへの執着心が強く、固執してしまうことがあるようですので、食事などには注意しましょう。幼犬の時期から上下関係を徹底したしつけを行うことで、よりよい関係を築くことができるでしょう。 パグを飼うときの注意点 パグを飼育する上で注意すべき点としては、室温の管理と体のケアと肥満防止の3点です。 まず、パグは暑さにも寒さにも弱い犬種です。飼育する際は、室温が25~28度になるように調整してあげましょう。暑すぎたり寒すぎたりすると、皮膚の病気にかかるリスクが高くなってしまいます。 次に体のケアについては、パグはシワが多く皮膚のシワに汚れが溜まりやすいため、日々のケアが大切です。具体的には、シャンプーや耳掃除などを定期的に行ってあげるようにしましょう。 最後に肥満防止についてです。前述の通り、パグは食べ物についての執着心がつよい性格を持っています。人間の食事を与えたりしてしまうと、ドッグフードを食べなくなる可能性があります。また、むやみに人間の食事を与えすぎると栄養が過剰に接種されてしまい肥満につながる可能性もあります。適度な量と適切な食事を与えるように心がけましょう。 パグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、パグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ミニチュア・シュナウザーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ミニチュア・シュナウザーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ミニチュア・シュナウザーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ミニチュア・シュナウザーがなりやすい病気・ケガ ミニチュア・シュナウザーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ドライアイ(どらいあい) 白内障(はくないしょう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) 尿道結石(にょうどうけっせき) 糖尿病(とうにょうびょう) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) ミニチュア・シュナウザーの特徴 ミニチュア・シュナウザーの歴史 シュナウザーにはジャイアント・スタンダード・ミニチュアと3種類があります。 シュナウザーはドイツにおいては非常に古い歴史を持つ犬種で、15世紀~16世紀当時の絵画や彫刻では、既にその姿を見て取れることができ、出産地はヴェンテンベルクやバイエルン地方と考えられています。 全ての元になったスタンダード・シュナウザーの中でも、小ぶりな固体を基礎にスタンダード・シュナウザー、アーフェンピンシャー、プードルなどを配合して小型化したのがミニチュア・シュナウザーとして誕生しました。 スタンダード・シュナウザーは14世紀ごろのドイツで作出され、ネズミ駆除や輸送時の家畜の誘導、小さな荷物を引くなどの使役犬として様々な働きを見せました。スタンダード・シュナウザーはその賢さと警戒心の強さ、主人に対する忠実さを買われて、第一次世界大戦ではドイツ軍犬として情報伝達の役割を与えられたほどの優秀さでした。 その後、アメリカに渡ってから一層の改良が進み、小型化のためにプードルほかいくつかの犬種も交配されて、現在のミニチュア・シュナウザーの形に固定化されました。このいきさつから、アメリカでは長い間、常に人気のランキングの上位に入っていた犬種です。 アメリカでも多くの著名人やハリウッドスターにも愛されたミニチュア・シュナウザーはブルース・リーの愛犬であったことも知られています。ミニチュア・シュナウザーは、ドイツで生まれ、アメリカで育った犬種ともいえます。 日本に入ってきたのは、昭和30年代頃、アメリカ軍が連れてきたのが最初と推測されていますが、当時の日本ではトリミング技術が発達していなかったため、家庭犬として本格的に迎えられるようになったのは高度成長期の1960年くらいになってからでしたが、2000年頃には人気が上昇し、現在では毎年のようにJKCの登録犬種ランキングの上位に入っています。 シュナウザーという犬名はドイツ語で「あごひげ」を意味する「シュナウツ(schnauz)」が由来となっています。3つのシュナウザー種の中では唯一、テリアグループに分類されています。 ミニチュア・シュナウザーの大きさ・見た目 ミニチュア・シュナウザーは長い眉毛やひげのような顔部分の毛と、正方形でがっしりとした体格が特徴です。 JKCの犬種標準では「小さいことが不利とならないようにスタンダード・シュナウザーを縮小したような外貌」とも定められており、シャープなイメージを作るため、長年にわたり断尾や断耳をされてきましたが、近年ではこれらの処置を行わない個体が多く、本来穏やかで闘争心の少ないミニチュアシュナウザーには処置を行わない方が合っているようです。 ミニチュア・シュナウザーの毛質は堅くてざらついたダブルコートで、抜け毛や体臭は少なく、毛色の種類はソルト&ペッパー、ブラック&ペッパー、ブラック、ホワイトなどがいます。 オスとメス共に体高30~35cm、体重6~13㎏。 平均寿命は12~15歳ほどです。 ミニチュア・シュナウザーの性格 ミニチュア・シュナウザーは聡明ながらも、好奇心旺盛で遊び好き、その一方で警戒心が強く、頑固な面もありますが、家族に対しては愛情深い犬種です。 警戒心があるため無駄吠えをすることもありますが、賢さと従順さを兼ね備えているので、飼い主の声や表情を読み取り、状況に応じた行動ができるほか、理解力も高く、正しくしつければすぐに覚えることができます。 ミニチュア・シュナウザーを飼うときの注意点 ミニチュア・シュナウザーの体はがっしりとした筋肉質で体力はありますが、あまり激しい運動は必要ありません。1日に30分~1時間程度の散歩と、室内の遊びで十分な運動ができるでしょう。 ダブルコートの毛質なので、外見の美しさを維持するためには、週に数回のコーミングかブラッシングの必要がありますが、手入れ方法にはいくつかあり、一つはバリカンで刈っていく「クリッピング」、もう一つは抜いていく「ストリッピング」、最後にハサミでカットする「シザーリング」です。 処理後の毛の密度や毛質の関係から、スリッピングの方が鮮やかな毛色に見えるため、ドッグショーに出る場合はストリッピングが行われますが、毛を抜くことは痛いと思われがちで多くの飼い主が不安を感じるようです。しかし、技術のあるトリマーが素早く処理をすれば痛みはないようです。ところが、高齢になると皮膚が弱くなるため、炎症が起きやすく、毛の再生が遅れるので、体調がすぐれない時や高齢になってからなどの無理なストリッピングは禁物となります。 年齢に関係なく、ストリッピングの後は細菌などの影響を受けやすくなるため、清潔に保つように配慮し、トリミングを頻繁に行う場合は、皮膚の保護や体温調節のために衣服を着せることも検討しましょう。 室内飼いするうえで、決まった場所で排泄されるトレーニングは必須となります。 一般的に排泄のタイミングは月例+1時間といわれており、このタイミングを目安にトイレにつれていき、掛け声をかけながら排泄を促すことで、上手に排泄できたらたっぷり褒めてあげましょう。トイレができるといいことが起こる、褒めてもらえると犬に覚えさせることが大切です。 失敗をしても騒がず叱らず、次のタイミングでできるように飼い主がサポートをし、すぐにできなくとも根気よくトレーニングをしてあげましょう。 ミニチュア・シュナウザーは、警戒心の強さから見知らぬ人や犬に対して吠えることがありますが、この場合、社会性が養われていないことが原因となります。 また、何かを要求するときなどにかまってほしいというサインで吠えたりするほか、攻撃、興奮、退屈、夜鳴きなどもありますが、これらの吠え癖が付かないよう、子犬の時期から散歩やドッグランなどの交流の場に連れていくようにし、社会性を養えるようにしましょう。 ミニチュア・シュナウザーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ミニチュア・シュナウザーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ヨークシャー・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ヨークシャー・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ヨークシャー・テリアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ヨークシャー・テリアがなりやすい病気・ケガ ヨークシャー・テリアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ドライアイ(どらいあい) 水頭症(すいとうしょう) 角膜炎(かくまくえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 低血糖症(ていけっとうしょう) ヨークシャー・テリアの特徴 ヨークシャー・テリアの歴史 「ヨーキー」という愛称で親しまれているヨークシャー・テリアは、19世紀中ごろ、イギリスのヨークシャー地方の工業地帯の行員の家屋を荒らすネズミを捕えるために関節狩猟犬として作出されました。 1862年に「ブロークン・ヘアード・スコッチ・オア・ヨークシャーテリア」という大変長い犬種名で命名され、イギリスのヨークシャー州・スコットランド州のワイヤー・ヘアのテリアといったような意味になりますが、長すぎたためにヨークシャー・テリアと呼ばれるようになりました。現在のヨークシャー・テリアはワイヤー・ヘアどころか絹のようなすべすべした直毛ですが、作出された時期は様々な犬を交配に用いてたこともあり、毛質だけでなくサイズも今と異なって5㎏以上ある個体も多かったようです。 当時、交配に使われていた犬は、、スカイテリアやマンチェスターテリア、ウォーターサイドテリアやマルチーズほか、更に数種類あったとされています。しかし、交配を進めて犬種を安定化していく過程で、ヨークシャー・テリアは小型化され、滑らかな直毛の毛質となりました。 ヨークシャー・テリアは愛玩犬ではなく、作物や人間の食べ物を荒らすネズミを捕るための犬として作出され、倉庫や工場などの室内でネズミを追えるほど小さく活発なテリアとして、労働者階級の市民に飼われていましたが、サイズの小ささ、被毛の美しさ、活発で明るい性格が評判となって、次第に貴族など上流階級でも飼われるようになりました。 1861年にイギリスのドッグショーに初めて出店され、1870年には「ヨークシャー・テリア」の名称が広がり、1872年にはアメリカにも入ったほか、1886年にはイギリスのケンネル・クラブで公認の犬種となりました。 この犬の魅力に取りつかれた欧米の繁殖家によって、ヨークシャー・テリアたちはさらに小さく、より美しい被毛を与えられるようになります。 日本に入ってきたのは昭和初期の頃で戦争のどさくさで一時姿を消していましたが、その後1965年(昭和40年)、日本では日本万国博覧会が大阪で開催されることが決まり高度経済成長期と呼ばれる豊かな時代になると、代表的な「お座敷犬」として注目を集め、犬の御三家「マル・ポメ・ヨーキー」という言葉が流行るようにこの3種が日本国内で人気の犬種となりました。日本では第3グループのテリアとして分類されていますが、海外では愛玩犬として分類されている国もあるようです。 なお、ヨークシャー・テリアとよく似た外見のシルキー・テリアは、オーストリアンテリアとヨークシャー・テリアの後輩によって作られましたが、それぞれ別の犬種として扱われています。 JKCによる日本国内の登録件数調査では、1位にはならないものの、1970年代から現在まで3~6位程度を維持し続けており、流行り廃りのない人気犬種となっています。 ヨークシャー・テリアの大きさ・見た目 ヨークシャー・テリアは左右対称に伸びる、しなやかな長毛で、スチールブルーといわれる犬種独特の青灰色の毛と、タン色の毛で構成されています。 日本の犬種標準では、体重は3.1㎏までとされており、チワワ同様最も小さい種類の犬としてギネスブックに登録されたことがあるほどです。しかし、犬種作成の過程で中大型のテリアの血が入ってること、犬種の作出からあまり時間が経ってないことで性質の固定が不十分であるため、標準より大きなヨークシャー・テリアが生まれる場合もあるようです。平均体高20~23cm、平均体重3㎏、超小型犬に分類されます。 幼い頃の体毛はブラック・タンですが、成長するにつれスチール・ブルーやゴールド、シルバーなど毛色が7回ほど変化することと、その美しい絹のような毛質から「動く宝石」と言われています。 平均寿命は13~16歳ほどです。 ヨークシャー・テリアの性格 ヨークシャーテリアは小型のわりにとても活発で、ネズミを追わせるというその成り立ちからもわかるように、大変勇敢で、負けん気が強く、頑固で自己主張が強い「テリア気質」です。 社交的で人見知りをしない性格のヨークシャー・テリアは、初めて会った人にもすぐに慣れます。また、人が好きなので遊んでもらうととても喜び、飼い主を主人と認めると深い信頼を寄せ、その飼い主と離れてしまうと食欲がなくなったり不活発になってしまうこともあります。 オスはメスに比べて甘えん坊で好奇心も旺盛、人に懐きやすく活発で服従してくれる犬が多いです。メスは子犬の時は雄と同じく活発でエネルギッシュですが、年齢とともに精神的な落ち着きが生まれ、情緒豊かでよく考えてから行動するようになる犬が多いです。 ヨークシャー・テリアを飼うときの注意点 ヨークシャー・テリアは比較的抜け毛が少ないとされるシングルコートですが、毛量が多い時はよく抜けるように感じることもあります。 毛は細く絡まりやすいので、ブラッシングは毎日してあげましょう。また、口回りの毛は食事や水を飲むたびに丁寧に汚れを拭き取りましょう。耳の後ろも汚れが溜まりやすい場所なので、注意してケアを行いたい箇所です。 ヨークシャー・テリアのカットにはいくつか種類がありますが、例としていくつかあげると、定番人気の「ライオンカット」、顔や体も全ての毛を丸くカットした「もこもこカット」、シュナウザーのような「テリアカット」などのカットがあります。季節や生活環境に合わせて快適に過ごせるように、色々なスタイルに挑戦してみてください。 ヨークシャー・テリアはメリハリあるしつけが大切になります。トイレトレーニング、ケージトレーニング、待てや来いなどの支持を覚える躾やトレーニングを行い、失敗しても叱りつけないようにし、もし失敗してしまった場合はアイコンタクトでサインを送るなどして必要以上に反応しないことがポイントとなります。 頭がよく活発な性格をしているので、主従関係がうまく作れないと我儘に育ってしまう可能性があるので注意が必要です。忠誠心が高く、飼い主に甘える面も時折見せますが、可愛さあまって愛犬の誘いに応えてしまうと主従関係がうまく築けません。躾やトレーニングでは飼い主が主導権を握り、しっかり生活のリズムを作るようにしましょう。 動き回ることを好むヨークシャー・テリアは、体を動かせないとストレスが溜まってしまい、家中走り回って部屋を荒らしてしまうことがあるため、ケージ内で生活できるようにしつけ、日ごろから運動を欠かさずストレス発散をさせるようにしましょう。 ヨークシャー・テリアをしつける上で、飼い主がしっかりとリーダーシップを発揮し、育てることがとても大切になります。賢く、忠誠心が高い犬種なので、しっかり時間をかけてトレーニングしていけばよい関係を築いていけるでしょう。 ヨークシャー・テリアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ヨークシャー・テリアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

柴犬におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

柴犬におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

柴犬に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 柴犬がなりやすい病気・ケガ 柴犬がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) 犬の食物性アレルギー(しょくもつせいあれるぎー) 僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 白内障(はくないしょう) 外耳炎(がいじえん) 柴犬の特徴 柴犬の歴史 柴犬は、日本のみならず世界の犬の歴史としてとても古い犬(古代犬種)の一つで、DNA分析によればイヌがハイイロオオカミから分岐し、そのイヌが柴犬や秋田犬などのアジアスピッツ系、およびチャウチャウやシャー・ペイなどの青舌マスティフ系になる系統と、バセンジー、アフガン・ハウンドなどのハウンド系およびシベリアンハスキー、アラスカン・マラミュートなどの北極スピッツ系になる系統とに分岐しました。その後、青舌マスティフ系からシャー・ペイが分岐して別れ、残りが柴犬・チャウチャウ・秋田犬群の系統となり、柴犬はこの時点の系統から最初に分岐して、残りのチャウチャウ・秋田犬群はその後それぞれに分岐をしたとされています。 古代犬種と呼ばれる犬種の一つとされる柴犬の歴史は日本史上では縄文時代早期から出現したとされ、縄文犬と呼ばれた彼らの骨は各地の貝塚から出土しているほか、丁重に埋葬された出土例が多く記録されています。人の埋葬に伴う出土例もあり、猟犬として活躍していた彼らは当時の人々からも大変親しい存在であったと考えらています。 縄文犬は縄文時代早期には体高45cm程度の中型犬で、のちに島嶼化を起こして小型化し、縄文中期・後期には40cm程度になったとされ、多くは柴系であるとされていますが毛色はわかっていません。大部分は額段(がくだん)がごく浅く、大きな歯牙を持ち、ほっそりした筋肉質の体格で、軽快で俊敏な動きと野性的な鋭い警戒心が特徴であったとされています。 昔から本州各地で飼われ、古くからヤマドリやキジなどの鳥やウサギなどの小動物の狩猟、およびそれに伴う諸作業に用いられ、信州の川上犬、保科犬、戸隠犬、美濃の美濃柴犬、山陰の石州犬や因幡犬など、分布地域によっていくつかのグループに細分されていましたが、第二次世界大戦の食糧難の時代や、1952年に犬ジステンパーが流行したことによって頭数が激減しました。 また、戦後のどさくさと時代的な飼育管理の悪さから、柴犬「もどき」の交雑種が増え、純粋な柴犬はその数を減らしていったとされています。 そこで、残っている純粋な柴犬の中で優れ資質を持つ犬を交配して復活をはかると同時に、地域的に個性のばらつきがあった柴犬をひとつの標準にまとめることになりました。この流れにより、現代の柴犬たちは地域特性をほとんど失っていますが、一方で縄文時代の個性を再現し、できるだけ近づけていこうという方向性を持つ愛好家たちが、日本犬保存会とは別の団体である天然記念物柴犬保存会を設立しました。 日本犬保存会とジャパンケネルクラブ(JKC)はほぼ同じ犬種表人を持つのに対して、天然記念物柴犬保存会は少し異なる標準であり、体型はスリムで個性な顔立ちが特徴です。 近年は海外での評価も高く、特にアメリカでは専門のブリーダーが出てきているほどの人気となっています。 柴犬の大きさ・見た目 体高より体長がやや長く、小さな立ち耳で巻き尾、短毛でダブルコートです。 ぱっと見ただけでは同じように見える尻尾の巻きですが、左巻きや右巻き、さし尾など形態が異なります。 JKCの標準では、体高がオスで39.5cm、メス36.5cm、それぞれ上下各1.5cmまでとなっています。 また、毛色は赤(茶)・胡麻・黒・稀に白などがあり、特に赤は柴犬飼育数の中で8割を占める人気の色です。一方、胡麻毛は色の組み合わせが繊細で、生まれる確率が低いため、飼育数が一番少ないです。 平均寿命は12歳~15歳ほどです。 柴犬の性格 柴犬は愛玩犬ではなく、優秀な猟犬として長く存在してきた犬です。一般的に主人に対しては非常に忠実で、よそ者に対しては馴れ馴れしくせず、賢く勇敢で警戒心も強いため、番犬にも適しています。 古代犬種によくみられるように、大胆で独立心が強く、頑固な面を持ち合わせており、洋犬に慣れた人には訓練が難しい場合もあります。 一般的な性格として、主人と認めた人間に比較的忠実かつ警戒心と攻撃性が強めという傾向があり、メスよりもオスの方が比較的獰猛であるという傾向があります。また、獲物を直接追う猟犬として使われてきた長い歴史から、役割分担に従って多くの品種を派生させた欧州のガンドッグなどと比べ、視界を動くものを追って攻撃し、また捕えようとする捕食本能が極めて強いとされます。 家族に対してもべたべたと甘えることは少なくクールに接し、服従心や忠実さはありますが、テリトリーをむやみに犯す他人や他の犬に対して厳しい態度を見せることもあります。 柴犬を飼うときの注意点 柴犬は古くから室外犬として飼われることが多かったですが、最近は室内飼いも増えてきたこともあり、日常生活の中でのスキンシップに慣れさせる必要があります。理由は、室内で飼い主とのスキンシップがストレスになると、噛みつきなどの事故の原因になるためです。 また、室内飼いの場合はトイレトレーニングも大切となります。室外でしかトイレができないと、我慢から紡機の原因になりやすいので、きちんと教えてあげるようにしましょう。 柴犬は見た目以上の体力があるので、毎日しっかりと1時間以上は散歩をしましょう。散歩から帰った時、落ち着かない様子であれば、まだ足りないというサインであり、散歩が足りないとストレスがたまり、イタズラや無駄吠えといった問題行動を起こすこともあるので十分に運動させてあげましょう。 また、散歩の際に急にピタッと立ち止まり、一歩も動かなくなっていますことがありますが、これは飼い主達の間で「不動柴」と呼ばれ、よく見られる行動です。犬が飽きないよう、新しい散歩コースを探すために知らない場所へ行ったり、寄り道をしてみたり、草の上や水の近くを歩いたりするなど、いつもと少し違うことをするだけで、犬にとって刺激になり、歩くようになったりします。 しかし、あまりに嫌がる、動かないという場合は、体に何らかの不調がある可能性があるため、早めに獣医さんに相談しましょう。 柴犬は上下関係を認識するため、友達や相棒のような接し方ではなく、厳格な飼い主として接することで主従関係をしっかり理解させることが大切です。信頼関係をしっかり作りながらも、上下関係のけじめをつけるなど、甘やかさないようにすることが大切です。特にオスでは、気の強い個体を甘やかしてしまうと用意に王様になってしまうため、十分に気を付けましょう。 柴犬は短毛ですが、抜け毛は多く、特に換毛期は驚くほど抜けます。週に2~3回はブラッシングをしてあげるようにしましょう。 柴犬におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、柴犬におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

コーギーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

コーギーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

コーギーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークがなりやすい病気・ケガ ウェルシュ・コーギー・ペンブロークがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 椎間板ヘルニア(つかんばんへるにあ) 尿道結石(にょうどうけっせき) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 緑内障(りょくないしょう) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの特徴 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの歴史 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは起源が非常に古く、紀元前1200年頃にケルト民族がイギリスのウェールズに持ち込んだ犬であると考えられています。 ここで持ち込まれた犬は、2種類の経路で繁殖していきます。1つは西ウェールズのカーディガンシャー地方という地域を中心に発展した犬種、もう1つはフラマン人の織物職人がペンブロークシャー地方という地域に持ち込んで繁殖した犬種です。 この2種類のうち前者が現在のウェルシュ・コーギー・カーディガン、後者がウェルシュ・コーギー・ペンブロークです。両者は混同して交配されることが多く、両犬種はとても類似は進んでしまいましたが、1934年に正式に別犬種として分類するようになりました。 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークはもともと農家の牧畜犬として飼われており、主に牛や羊などの大型家畜を率いる役割を持っていました。この犬種の低い体高は、家畜からの攻撃を避けたりするときにとても役立ったと考えられています。 ウェルシュ・コーギー・カーディガンとは異なる点はいくつかあり、ペンブロークは断尾しているが、カーディガンは長い尻尾があるといった点などです。牧畜犬として働いていた際に、牛などの家畜に踏まれてしまうことを防ぐために断尾する習慣が定着したと考えられています。現在でも、この習慣が残っている地域もあるそうです。 また、耳にも相違点があり、カーディガンは耳の先端が丸いのに対してペンブロークは耳がとがっている点などがあります。 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークは、現在エリザベス女王が飼っている犬種でもあります。ジョージ6世の頃からイギリス王室で飼われており、王室の犬といえばこの犬種であるといっても過言ではないでしょう。 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの大きさ・見た目 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの大きさは、体高が約25~30.5cm、体重10~12kgで、小型犬に分類されています。 見た目の特徴としては、胴が長く足が短いです。骨太で非常に短い尻尾を持っています。尾は生まれつき無い場合もあるといわれています。また、耳はピンと立っています。 前述の通り、この犬種は日本でも断尾した状態で売られていることがありますが、過去の習慣から切断されてしまっている固体も少なくはありません。本来のコーギーは、きつねのようなふさふさの尻尾を持っているのです。 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークの性格は、温厚で友好的です。また、もともと牧畜犬だったこともあるためか優れた状況判断能力があります。 日常生活においては、活発で運動をよく好みます。好奇心も旺盛で、頭がよく物覚えが良いです。社交的で飼い主にも従順な面もある一方で、神経質な個体については飼い主を咬んでしまうこともしばしばあるようです。また、警戒心が強いので吠えることもあり番犬としても飼育できるでしょう。 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼うときの注意点 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークを飼育する上で注意すべきことは、3点あります。肥満に注意すること、暑さに注意すること、腰への負担に注意するの3点です。 まず、コーギーは食欲が旺盛で食べ物への執着心が強いため、食事に関しては注意しないと肥満を引き起こしてしまいます。肥満は、このあとに記述してある腰への負担にも直結しているため注意が必要です。具体的には、食事の加減と毎日の運動に気をつけましょう。 つぎに暑さに弱いという点に注意が必要です。寒い地域で繁殖した犬種であるため、暑さに弱いです。日本の夏の時期の高温多湿には弱いため、これが原因で皮膚病などを発症する可能性があります。日々の皮膚の清潔や室温が暑くなりすぎないよう注意しましょう。 最後に腰への負担についてです。かかりやすい病気の項目に病気の詳細がありますが、短足で胴長なのでダックスフンドやカーディガンと同様に腰椎や脊椎への負担が他の犬種と比較して大きいです。運動が好きな個体も多いですが、腰への負担がかからないように階段やフローリングなどは負担が大きいため避けるようにしましょう。 ウェルシュ・コーギー・ペンブロークにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ウェルシュ・コーギー・ペンブロークにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

フレンチ・ブルドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

フレンチ・ブルドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

フレンチ・ブルドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 フレンチ・ブルドッグがなりやすい病気・ケガ フレンチ・ブルドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 鼻腔狭窄(びくうきょうさく) 軟口蓋過長症(なんこうがいかちょうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 皮膚真菌症(ひふしんきんしょう) アレルギー性皮膚炎(あれるぎーせいひふえん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 白内障(はくないしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) フレンチ・ブルドッグの特徴 フレンチ・ブルドッグの歴史 フレンチ・ブルドッグは、18世紀にフランスに渡ったイギリス人織物職人が一緒に連れて行ったイングリッシュ・ブルドッグと、パグやテリアが交配を重ねて誕生したといわれています。 もともとは、ねずみ退治や闘犬を目的としてされていましたが、フランスでは一部の人からそのかわいさから徐々に愛玩動物として普及していきました。そのうわさが広まり、当時のフランス貴族の間でも爆発的な人気を呼んだといわれています。 また、フレンチブルドッグは交配の過程でアメリカタイプとヨーロッパタイプの2種類に分かれたといわれています。 フレンチ・ブルドッグの大きさ・見た目 フレンチ・ブルドッグの大きさは、体高が約30cm、体重10~13kgで、小型犬に分類されています。 体つきはガッツリとしていて極めて鼻が短いのが特徴です。その他の特徴としては、コウモリが羽を広げたような耳を持っていて、尾が非常に短い点です。 フレンチ・ブルドッグの性格 フレンチ・ブルドッグの性格はよく勘違いをされる人がいますが、起源とされる戦闘犬ブルドッグとは正反対です。 イングリッシュブルドッグに、テリアやパグなどを掛け合わせてフレンチブルドッグが誕生したので、性格はとても明るく活発で人なつっこいです。 明るい性格の持ち主ですが、知らない人には警戒心を抱くので、番犬としても向いています。 前述のとおり、フレンチブルドッグにはアメリカタイプとヨーロッパタイプの2種類があります。そのそれぞれで若干性格が異なります。 アメリカタイプのフレンチブルドッグはほとんど吠えることがなくとても穏やかです。一方で、ヨーロッパタイプのフレンチブルドッグはアメリカタイプよりは吠えますが、少し慎重派の傾向があると考えられています。 フレンチ・ブルドッグを飼うときの注意点 フレンチ・ブルドッグを飼育する上で注意すべきことは、体調管理です。フレンチブルドッグはかなり暑さに弱いです。夏場には、はしゃぎすぎや運動のしすぎにより酸欠になる可能性がります。 気温が高い夏場などは注意が必要です。ひどい場合には、白目をむいて痙攣を起こす可能性もあります。そのときの対策としては、首の周りに保冷剤を付けることが有効です。 また、フレンチブルドッグは食欲が旺盛であるため、肥満になりやすい犬種でもあります。毎日の食事管理に加え、運動がとても大切です。散歩に関しては、長時間する必要はないですが、連れて行ってあげると良いでしょう。 その他の注意手としては、季節ごとに毛が生え変わりやすい犬種ですので、毛の手入れやケアをしてあげる必要があるでしょう。 フレンチ・ブルドッグにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、フレンチ・ブルドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ポメラニアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ポメラニアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ポメラニアンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ポメラニアンがなりやすい病気・ケガ ポメラニアンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 水頭症(すいとうしょう) 結膜炎(けつまくえん) アロペシアX(あろぺしあえっくす) クッシング症候群(くっしんぐしょうこうぐん) 気管虚脱(きかんきょだつ) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 流涙症(りゅうるいしょう) 歯周病(ししゅうびょう) ポメラニアンの特徴 ポメラニアンの歴史 ポメラニアンの起源はスピッツ系に属する他の犬種と同じく、サモエドであるといわれており、ポメラニアンという名称については、原産地のバルト海南岸の、3つの川に囲まれた低地であるポメラニア地方にちなんでいます。 現在、ポメラニア地方は大部分がポーランドに、一部がドイツに属しており、この地方では古来より様々なタイプのスピッツ系の犬種が飼育されていましたが、その中でもポメラニアンは体躯の小ささから愛玩犬に分類され、この大きさになるまでジャーマン・スピッツのような中型のスピッツから品種改良を重ねられて誕生したといわれています。 国際畜犬連盟からもジャーマン・スピッツの一品種に分類されており、多くの国でツヴェルク・スピッツ(小さなスピッツ)として知られています。 ポメラニアンが流行犬種となったきっかけは、17世紀以降多くの王族が飼育を始めたためだといわれており、中でも1767年にイギリス国王ジョージ3世の王妃シャーロットが2頭のポメラニアン、ファービーとマーキュリーをイングランドへと持ち込んだことだとされています。 その後シャーロットの孫であるイギリス女王ヴィクトリアもポメラニアンを愛好し、大きな繁殖犬舎を所有していました。ヴィクトリアお気に入りのポメラニアンの中に、体重5.4㎏で小柄なレッド・セーブルの毛色をした「ウィンザー・マルコ」という名前のポメラニアンがおり、ヴィクトリアが1891年にウィンザー・マルコを展覧会に出陳したことによってポメラニアンに注目が集まり、繁殖家たちがより小型のポメラニアンの作出を目指すきっかけを作りました。その後もヴィクトリアはヨーロッパ各地から様々な毛色のポメラニアンを輸入して自身で繁殖し、ポメラニアンの改良と人気の高まりに一役買うことになりました。 また、ヴィクトリアのほかにポメラニアンを飼育していた当時の王族には、フランス皇帝ナポレオンの王妃ジョセフィーヌ・ド・ボアルネやイギリス王ジョージ4世などがいます。 ポメラニアンの愛好クラブがイングランドに設立されたのは1891年のことで、1898年にアメリカのアメリカンケネルクラブに最初のポメラニアンが登録され、1900年には犬種として公認されることとなります。 日本にポメラニアンが最初に来たのは明治初期だといわれています。その後、1913年4月24日に東京都上野公園で開催された、日本初の犬の展覧会にポメラニアンが出陳され、見事入賞を果たしたことから新聞などで話題になり、一気に日本での認知度が急上昇していくこととなりました。 1955年後半になると、本格的に家庭でのポメラニアンの飼育が盛んになり、今日に至ることとなります。 ポメラニアンの大きさ・見た目 ポメラニアンは小さな頭に大きな目、手足も小さく、尻尾は背中に向けて巻いており、独特の豪華な毛吹きが特徴です。 体高13~28cm、体重1.9~5.0㎏の小型犬で、小さいながらも丈夫な犬種であり、毛並みはダブルコートで、顔の周りや胸元の毛は長く、尻尾の飾り毛は扇のように広がっています。 最初期のポメラニアンの毛色はホワイトがほとんどで、稀にブラックが見られる程度でしたが、現在のポメラニアンはホワイト、ブラック、ブラウン、レッド、オレンジ、クリーム、セーブル、ブラック&タン、ブラウン&タン、スポット、ブリンドル(虎毛)などあらゆる犬種の中でも多様な毛色を持つ犬種として知られるようになりました。 また、近年になって被毛をベースにブルー、グレーの斑模様が点在するパターンであるマールの被毛を持つポメラニアンが作出され、ベースとなる被毛はレッド、ブラウン、ブラックが多いものの、その他の毛色もみられるようになります。ただし、プリンドルマールとレバーマールはスタンダードとしては認められておらず、さらにマールの被毛の場合、瞳、鼻先、肉球の色が他の毛色のポメラニアンとは異なり、人見はブルーで鼻先と肉球はピンクとブラックの斑模様となっています。 平均寿命は12~16歳ほどです。 ポメラニアンの性格 人間が大好きでとても友好的な犬種なため、人に懐きやすく仲間の保護意識も旺盛、活発で良く動き、遊びも大好きな性格です。 ですが、繊細な面もあるため、飼い主に過度に依存したり、よく吠えてしまうなどの面もみられます。 ポメラニアンを飼うときの注意点 ポメラニアンの特徴である豪華な毛並みを維持するために、ブラッシングやトリミングなどのこまめなお手入れが必要になります。抜け毛を放置してしまうと通気性が悪くなり、皮膚病の原因となることがあるため、健康管理のためにもブラッシングは欠かさず行いましょう。 手足の裏の毛は伸びると滑りやすくなり、関節に負担をかけてしまう場合があるので、こまめにカットしてあげるようにしましょう。また、夏場はお尻周りや胸元など汚れやすい部分を短くするサマーカットを行うことで涼しげな雰囲気になるほか、手入れをしやすくなります。ただ、夏の直射日光や地面からの照り返しによる熱などから皮膚や体を守ってくれる被毛を短くしてしまうため、注意が必要となります。 シャンプーは月に1回(夏場は2回程度)を目安に30~35度のお湯で犬用シャンプーをしてあげると良いですが、水を嫌がる場合は、お湯で濡らしたタオルなどで拭いてあげましょう。 ポメラニアンの犬種の特徴で手足の骨格が細い犬もいるので、活発で運動が好きなポメラニアンですが、関節に負担をかけすぎないよう、散歩の量は体調を見ながら行うようにしましょう。毎日朝夕2回、10~15分程度の散歩が望ましいです。 繊細な性格なので、玄関のチャイムに反応したり、留守番をさせられると吠えるなど、人が好きなだけに甘やかし過ぎると分離不安症になってしまうことがありますが、ポメラニアンは学習能力が高く躾が入るの早いので、子犬の頃からきちんとしつけ、我慢を教えるようにしましょう。 ドッグフードには様々な種類がありますが、小型犬で活発なポメラニアンには高タンパク質のドッグフードがオススメです。また、ポメラニアンは健康的な犬種ですが、年齢にあった食事を与え、肥満を防ぐために適切な量を与えるようにしましょう。 食事とともに気を配りたいのは歯磨きです。ポメラニアンの歯は隙間なく密集しているため、歯石がたまりやすく、「歯周膿漏」や「歯肉炎」などの歯周病に繋がるため、歯磨きは欠かせませんが、デンタル効果のある犬用ガムの併用も効果があるとされているので活用してみるのもよいでしょう。 ポメラニアンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ポメラニアンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

パピヨンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

パピヨンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

パピヨンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 パピヨンがなりやすい病気・ケガ パピヨンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 眼瞼内反症(がいけんないはんしょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 白内障(はくないしょう) 進行性網膜萎縮症候群(しんこうせいっもうまくいしゅくしょうこうぐん) パピヨンの特徴 パピヨンの歴史 パピヨンは、スペインが原産のトイ・スパニエルが祖先であるとされています。イタリアで繁殖し、15世紀以降はマリーアントワネットなどのヨーロッパ貴族に寵愛を受けるようになりました。マリーアントワネットは処刑直前までパピヨンと一緒にいたという記録があります。 また、当時のヨーロッパの貴族の肖像画や絵画にパピヨンの絵が登場することはとても多いことがわかります。 パピヨンといえば、蝶のように広がった耳が特徴的ですが。18世紀末までは垂れ耳が一般的でした。当時は耳よりも華やかな尻尾のほうが注目されていたようです。その後、18世紀末から19世紀にかけて、スピッツやチワワなどとの交配が増えていったために耳が立ち、体長が小さくなりました。 このようにして現在のパピヨンの姿になり、人気が高まっていきました。 パピヨンの大きさ・見た目 パピヨンの大きさは、体高が20~28cm、体重4~4.5kgで、小型犬に分類されています。 パピヨンの性格 パピヨンは、賢く状況判断ができるという特徴があります。固体によっては、とても活発でよく遊び、動き回ります。性格面では、友好的で飼い主などに触られることを好みます。 一方で、賢く甘えん坊であるがゆえに周囲に対してとても敏感です。救急車の音や雷などの音が聞こえると怖がり、狼のような遠吠えをすることもあります。 幼犬の時期に、甘やかしすぎずしっかりとしつけを行い、ドッグスポーツなどを一緒にたくさんすることで、強く落ち着いた成犬になるでしょう。 パピヨンを飼うときの注意点 パピヨンを飼育する上で注意すべきことは、活発すぎるパピヨンが怪我をしないようにすることです。 パピヨンは活発な固体であると、家の中の短い直線の廊下でも猛ダッシュで駆け抜けることがあります。そういったパピヨンの対策として、フローリングの床などが滑らないようにじゅうたんをひいてあげるなどしましょう。 また、他の犬種にもいえることですが、規則正しく適量な食事を与えるようにしましょう。 パピヨンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、パピヨンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ミニチュア・ダックスフンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ミニチュア・ダックスフンドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)がなりやすい病気・ケガ ダックスフンドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) 脂漏症(しろうしょう) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 関節リウマチ(リウマチ様関節炎)(かんせつりうまち(りうまちようかんせつえん)) 変形性脊椎症(へんけいせいせきついしょう) 角膜内皮ジストロフィー(かくまくないひじすとろふぃー) 外耳炎(がいじえん) ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)の特徴 ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)の歴史 ダックスフンドはドイツ原産の犬種で、ジャパンケネルクラブ(JKC)の登録名では英語読みのダックスフンドですが、ドイツでは文節の「d」の発音が濁らないため、本来はダックスフントとなります。 名前はドイツ語のアナグマを指す「ダックス(Dachs)」と犬を指す「フント(Hund)」という言葉を合わせた、「アナグマ犬」という意味で、名前の通り巣穴の中にいるアナグマを狩る目的で手足を短く改良されました。なお、ドイツ語の「Hund」は英語で猟犬を指す「Hound」と同根の言葉になります。 ダックスフンドの起源は古く、最も古いものでは古代エジプトの壁画にダックスフンドと酷似する犬種が刻まれていることが知られています。 現在のダックスフンドの祖先にあたる犬は、スイスのジュラ山岳地帯のジュラ・ハウンドといわれ、12世紀頃ドイツやオーストリアの山岳地帯にいた中型ピンシェルとの交配によって今日のスムーズタイプの基礎犬が作られたと伝わっています。当時は体重10-20kgと今より大きく、シュナウザーに始まり、他のテリアと交配していった結果ワイヤーヘアタイプが生まれました。また、ロングヘア―タイプは15世紀頃、スパニエルとの交配によって生まれましたが、どこで生まれかはわかっていません。 原産国のドイツではスタンダードでもカニンヘンでも全てのダックスフンドは、犬種成立から現代に至るまで猟犬であり、嗅覚の優れた優秀な猟犬として活躍しています。 アナグマ猟で働くダックスフンドは、アナグマの巣穴に入り込める個体が重宝され、選択交配がされてきました。体長が体高の2倍近くになるという独特の身体はここから生まれたとされています。 19世紀頃になると、ミニチュアやカニンヘン(ウサギという意味)がスタンダードの入ることのできない小さな穴に入って、アナグマだけでなく、ネズミやウサギ、テンなどを狩るために改良されて生まれました。また、この頃からアメリカや他の国へも少しずつ輸出されるようになり、その時のダックスフンドの繁殖に尽力していたといわれている最古のクラブが「ドイツテッケルクラブ(Deutscher Teckelklub)」でした。 日本にダックスフンドが渡ってきたのは、明治時代だといわれていますが、実際に人気を博すようになり始めたのは1995年に日本ダックスフンド倶楽部が設立されてからでした。 1995年~2007年まで、日本国内での登録頭数1位という記録も持っており、一時の爆発的人気は落ち着いてきたものの、その後も登録頭数では第3位の位置を守っており、未だ人気の途絶えない犬種であるといえるでしょう。 ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)の大きさ・見た目 ダックスフンドの特徴的な容姿として、胴長短足の体型が挙げられます。 顔は面長で尾が長く、耳は下に垂れる形をしており、鼻孔が開いて空気を入れやすい形状でマズルが長く鼻腔内の面積が広いため、嗅覚がとても優れています。 また、胸が十分に発達していて、骨端が突き出ているので、前から見ると楕円形をしており、あばらはよく張って腹部につながっています。短脚で、体長は長いですが、引き締まった体格なので非常に筋肉質であり、向う気が強い頭部の保持と警戒心にとんだ表情がみえます。 毛質は大きく分けて3種類あり、「スムースヘアード:毛質は堅く短く、毛の流れは滑らかで光沢もあり、密生しています」「ロングヘア―ド:毛質は柔らかく、光沢があって長い毛が特徴で、わずかにウェーブした毛は顎や銅の下に比べて耳の先や前肢の後ろ側が特に長く、尾の裏側が最も長い」「ワイヤーヘアード:被毛は顎と眉、耳を除いて、全体に密生した短い粗い剛毛が下毛とともに全身を覆っている。顎にひげがなければならず、眉は毛深く、耳はスムーズな短毛が特徴」が挙げられます。 毛色は毛質ごとに様々な種類があります。スムースヘアードとロングヘアードについては2色と単色、その他のカラーに大きく分けられ、2色はブラック&タン、チョコレート&タン、ブラック&クリームなどと呼ぶことが多く、単色はレッド、レディッシュ・イエロー、イエロー(クリーム)、チョコレートと呼ばれ、その他の色はダップル(斑)とブリンドル(濃い縞)などがあります。 ワイヤーヘアードについては、先に述べたスムースヘアードとロングヘアードのカラーの他にもワイルドボアー・カラー(野猪色)、デッド・リーフ(枯葉色)、ソルト・アンド・ペッパー(ゴマ塩色)などもあります。 近年はパイボールド、ソリッド、ブルーなどの新しい毛色が作出されていますが、これらは特殊色のレアカラーとも呼ばれています。 ダックスフンドのサイズにはスタンダード・ミニチュア・カニンヘンの3種類があり、各国の協会において、理想のサイズが定められています。 「スタンダード」は成犬で胴回り35~45cm、体重9~12kgのダックスで、いわゆる一般的なダックスフンドです。 「ミニチュア」は、生後15か月経過した後、胴回りが31~35cm、体重5㎏以下のダックスフンドです。 「カニンヘン」は生後15ヵ月経過時点で胴回りが30cm以下、体重3.6~4.5㎏のダックスフンドでダックスフンドの種類の中では最小サイズの分類名称です。 平均寿命は12~16歳ほどです。 ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)の性格 スタンダードダックスは明るく活発で、好奇心が強く、物怖じしない性格です。 また、友好的で落ち着きはありますが、元が猟犬であるため、時として攻撃的・負けず嫌い・頑固・やんちゃ・遊び好きといった面も見られます。 ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)を飼うときの注意点 スタンダードダックスは大変活動的で、特に若犬の頃はじっとしていられません。スタンダードサイズなら少なくとも1日2時間以上、ミニチュア以下でも1日に合計で1時間程度の散歩をしてあげましょう。 また、遊ぶことが大好きで、短脚のわりに器用な面もあるため、ボール遊びや引っ張りっこ、フリスビーなどのゲームも喜んで行います。 リード無しで散歩をすると、ネズミや子猫などを追って排水溝に入り込んでしまい、狭い場所に入り込んで出られなくなる事故の報告が稀にありますので、しっかりとリードをつけて散歩をしましょう。 家族に対しては愛情深く、子どもに対しても寄り添うように接しますが、家族外の人間や犬にはよそよそしさを見せることもあります。 猟犬の資質を色濃く残すダックスは、子犬の頃から他の犬や他人に接し社会性を育むことで、相手に対する過度の興奮が抑えやすくなり、飼いやすくなります。また、しつけや訓練をしない猟犬は手を付けられなくなるので、子犬のころから一貫して躾をし、けじめのあるコミュニケーションをとれるようにしましょう。 ダブルコートなので、被毛は抜けやすく、ワイヤーヘアードとロングヘアードは週に2回以上はブラッシングをするのが望ましいです。スムースヘアードも抜け毛をしますが、ほかの2種よりはある程度手入れが楽だといえます。 そのほかに、身体的特徴から腰や股関節への負担が大きいため、ヘルニアを代表とする関節疾患委かかりやすい面もありジャンプや高所や階段の昇降、滑りやすい床や路面の走行、肥満や抱え方によっては注意が必要になります。 脚が短いので、地面に腹部を擦り付けて傷を作ってしまったり、夏場は熱中症になりやすく、垂れ耳なので耳の中が蒸れやすいほか、ダニの寄生や細菌感染による外耳炎になりやすいので、気を付けてあげましょう。 ダックスフンド(ミニチュア・ダックスフンド)におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ダックスフンドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン…

トイ・プードルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

トイ・プードルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

プードル(トイ・プードル)に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 プードル(トイ・プードル)がなりやすい病気・ケガ プードルがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 脂漏症(しろうしょう) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 血小板減少症(けっしょうばんげんしょうしょう) 関節リウマチ(リウマチ様関節炎)(かんせつりうまち(りうまちようかんせつえん) 水晶体脱臼(すいしょうたいだっきゅう) 網膜萎縮(もうまくいしゅく) アロペシアX(あろぺしあえっくす) プードル(トイ・プードル)の特徴 プードル(トイ・プードル)の歴史 プードルには「スタンダード」「ミディアム」「ミニチュア」「トイ」と4種類のサイズがありますが、犬種としてはすべて同じプードルになります。 プードルの起源については不明点が多いものの、フランスで人気を博したことから一般的にはフランス原産だとされていますが、プードルの語源はドイツ語のPudel(プデル:水中でバチャバチャと音を立てる)であり、ドイツから移入され水辺の猟を得意としていた犬が先祖犬であるとされています。 初期のプードルは水猟犬の中でも鴨猟の回収犬として用いられており、ドイツで猟犬として活躍していた彼らはフランスに移入してからも猟犬として働いていましたが、フランスやイギリスなどで小型化が行われ、フランスでは16世紀頃から上流階級の夫人の間でプードルの人気が高まっていき、ミニチュアサイズのプードルが登場し始めました。 18世紀後半のルイ16世の時代には更に小さいトイ・プードルが作られ、この頃には絵画や詩などの作品の中にもプードルが登場するようになり、フランスだけでなくイギリスの上流階級の間でも人気であったと記録されていたほか、19世紀のナポレオン第二帝政時代には抱き犬として人気を集めました。また、第二次世界大戦では救助犬としても活躍していました。 スタンダードサイズ以外のプードルも、愛玩犬にとどまらず、使役犬としてイギリス・フランス・スペインなどで高級トリュフが自生している場所を探索したり、トイ・プードルは器用な面を活かしてサーカスなどの見世物としても活躍していました。 日本での飼育は1949年ころに、アメリカから黒のミニチュアプードルなどが輸入されたのが始まり、近年最も人気な犬種として2004年から現在にいたるまで不動の1位を獲得しているトイ・プードルですが、毛が抜けにくいので病院などを訪問するアニマルセラピー犬として活躍したり、警察犬試験に合格して嘱託警察犬として採用されるなど、様々な場で活躍を広げています。 プードル(トイ・プードル)の大きさ・見た目 プードルは4種のサイズが存在しているため、サイズも異なってきます。 「スタンダードプードル(Standard)」はオリジナルのプードルで、もともとリトリートバーとして主人が撃ち落とした鳥を回収するのに使われていました。現在は介助犬としても活躍しています。 体高45―60cm、体重15-19㎏の中型犬です。 「ミディアムプードル(Medium)」は、ドッグショーにおけるサイズの過密を解消するために近年指定されたサイズのプードルで、FCIやこれを踏襲しているジャパン・ケネルクラブ(JKC)等では認定されているが、ミディアムサイズを指定していない国も置いため、混乱が発生しているようです。 体高35-45cm、体重8-15㎏の中型犬です。 「ミニチュアプードル(Miniature)」サーカスや家庭で芸を仕込むために、働きやすいようスタンダードサイズのものを小型化したプードルで、日本ではあまりな馴染みないものの、アメリカなどでは人気が高いです。 体高28-35cm、体重5-8㎏の小型犬です。 「トイ・プードル(Toy)」ミニチュアプードルを純粋に愛玩犬として飼育するために更に小型化したもので、はじめは奇形が多くみられたものの、改良の結果犬質が安定するようになりました。 体高26-28cm、体重5-8㎏の小型犬です。 また、上記の国際畜犬連盟(FCI)が定める4種外にもタイニープードル(Tiny Poodle)やティーカッププードル(Teacup Poodle)などトイ・プードルよりもさらに小型のプードルも作出されるようになり、世界に認知されるようになりました。 見た目の特徴は巻き毛のシングルコートで、毛が抜けにくく、犬特有の体臭もほとんどないことから家庭犬として人気が高いです。ただ、その一方で非常に毛が絡みやすく、毛玉ができやすいため毎日のブラッシングや定期的なトリミングが欠かせません。 JKCで認可されている毛色は、ホワイト、ブラック、シルバー、ブラウン、ブルー、グレー、シルバー・グレー、クリーム、カフェ・オ・レ、レッド、アプリコット、ベージュ、シャンパンで、単色の毛色(ソリッド・カラー)以外は失格とされています。(胸元の白斑やシルバーの成長過程の濃淡は許容範囲とされています。)また、基本となる三原色はホワイト、ブラック、ブラウンで、これら三色をもとにその他の中間色が生まれたとされています。 尾は太く長く上向きに伸び、18世紀ヨーロッパでは他の犬に噛まれることでの狂犬病の予防や狩猟時の怪我防止として断尾がされていました。 また、平均寿命は12-13歳ほどです。 プードル(トイ・プードル)の性格 性格は利口で活発、活動的で、最も知能の高い犬種の一つとされています。 躾が入りやすいものの、甘えん坊で神経質な一面もあります。 プードル(トイ・プードル)を飼うときの注意点 賢い上に好奇心も強く、活発で体力もあるため、運動不足やストレスがたまると室内やケージ内を荒らすなど状態のいたずらをしてしまうことがあります。毎日十分な散歩や室内での遊びをしてあげましょう。 また、体毛は独特の細かいカールがあり、絡まりやすいため、ブラッシングをしないとフェルト状に絡まってしまったり、巻き毛の中にごみやほこりがはいってしまうことがあります。 少なくとも、週2~3回、できれば毎日ブラッシングを行うようにしましょう。 寒くない季節は、できるだけ短めにカットしてもらうと絡まりにくくなるため、手入れがしやすくなります。 カットについては様々な種類がありますが、有名なものをいくつか挙げると「テディベアカット」「アフロカット」「モヒカンカット」「ラム&ケネルクリップ(ラムクリップ)」などがあります。 「テディベアカット」は、基本的にどんな毛色のプードルにも似合うスタイルであり、ふんわりとした見た目の可愛さと手入れのしやすさが人気で、このカットをすれば毛足が短くなり、毛玉ができにくくなるので、初心者にも嬉しいヘアスタイルといえます。 このカットのデメリットを挙げるならば、口の周りに毛が残るようにカットするので、食後に口の周りが汚れやすくなることですが、毎回拭いてあげることが面倒でなければおすすめのヘアスタイルです。 「アフロカット」は、海外で人気が高く、毛色やマズルに問わず、どんなトイ・プードルにも似合うヘアスタイルであることが人気の秘訣のようです。 このカットのデメリットを挙げるならば、毛を長く伸ばしておかなければならず、日々のブラッシングや手入れがさらに大事になってくるので、少し面倒だと感じる場合は控えた方が用意かもしれません。 「モヒカンカット」は、オスのトイ・プードルに人気で、頭部の毛に高さを作ることでクールでアクティブな印象を与えてくれるヘアスタイルです。最近は頭部だけでなく、頭からお尻までモヒカンカットにするトイ・プードルも増えてきており、そこだけカラーリングする飼い主もいるようです。 このカットのデメリットは特にないですが、毛が立つようにいつでも癖をつけてあげられるようにしてあげることが必要になります。 「ラム&ケネルクリップ(ラムクリップ)」は、トイ・プードル定番のヘアスタイルで、コンチネンタルクリップやマイアミカットとは違い全体的にふんわりとした毛を残したヘアスタイルになります。 仕上がりが羊のような見た目になるので「ラムクリップ」と呼ばれており、マズルが長めのトイ・プードルや白や黒のトイ・プードルによく似合うヘアスタイルです。 このカットのデメリットを挙げるならば、手足に毛を多く残すカットなので、散歩中に草やゴミが毛に絡みやすい点が挙げられます。 上記で挙げたもの以外にも沢山のヘアスタイルがありますので、是非参考にしてみてください。 プードル(トイ・プードル)におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、プードルにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル…

ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ゴールデン・レトリーバーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ゴールデン・レトリーバーがなりやすい病気・ケガ ゴールデン・レトリーバーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 眼瞼内反症(がいけんないはんしょう) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 白内障(はくないしょう) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 骨肉腫(こつにくしゅ) 胃捻転(いねんてん) 外耳炎(がいじえん) ゴールデン・レトリーバーの特徴 ゴールデン・レトリーバーの歴史 ゴールデン・レトリーバーは、19世紀中ごろにもともと狩猟犬として開発された犬種です。その頃は盛んに鳥狩猟が行われており、その狩猟を手伝うための犬に注目が集まっていました。狩猟犬には我慢強さ、勇敢さ、足の速さ、泳ぎのうまさなどが重要であるため、それらの素質のある犬を交配させることにより誕生しました。 これらの交配を研究してゴールデン・レトリーバーを生み出した人は、スコットランドのダッドリー・マーシュバンクス伯爵(別名:ツウィードマウス卿)という人です。また、犬種としては1903年に「フラットコート-ゴールデン」として登録され、1920年には「ゴールデンレトリーバー」に名称が変更されたようです。 ゴールデン・レトリーバーの大きさ・見た目 ゴールデン・レトリーバーの大きさは、体高が51~61cm、体重25~34kgで、大型犬に分類されています。 ゴールデン・レトリーバーの性格 ゴールデン・レトリーバーは、もともと狩猟犬であるということもあり、体力や瞬発力のある犬種です。人に慣れやすくやさしい性格であることから、飼育しやすいと考えられています。 闘争心がそれほど高くなく、温厚であるため番犬としては不向きかもしれません。また、しつけをしっかりとせずに甘やかしてしまうとわがままな性格に育ってしまうため、飼育したての頃は注意が必要です。 ゴールデン・レトリーバーを飼うときの注意点 ゴールデン・レトリーバーは平均寿命が約12年といわれています。大型犬であるため、他の犬種よりも寿命が短くなってしまいます。大型犬は股関節や心臓への負担が大きい分、体に受けるダメージが大きくなってしまいます。ゴールデン・レトリーバーを飼育する上では、その点に注意する必要があります。 具体的には、毎日運動をさせてあげることや健康な食事です。毎日の運動に関しては、1日2回30分散歩をさせてあげましょう。また、元気な成犬の時期はドッグランなどに連れて行ってあげるのも良いでしょう。 健康な食事に関しては、毎日適量のドッグフードを与えましょう。必要以上にあげすぎたり ドッグフードではなく人間の食事などを与えてしまうと肥満の原因になりかねません。 ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ゴールデン・レトリーバーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

マルチーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

マルチーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

マルチーズに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 マルチーズがなりやすい病気・ケガ マルチーズがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 眼瞼内反症(がいけんないはんしょう) 外耳炎(がいじえん) 低血糖症(ていけっとうしょう) 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 水頭症(すいとうしょう) 肛門嚢炎(こうもんのうえん) 流涙症(りゅうるいしょう) マルチーズの特徴 マルチーズの歴史 マルチーズの起源は明確にはわかりませんが、最も有力だとされている説は紀元前1500年頃の「マルタ島」です。マルタ島は、イタリア南部に位置する島であり、地中海での貿易の重要な拠点となっていました。そこにフェニキア人の商人が愛玩動物としてマルチーズを持ち込みました。 1300年ごろに、マルチーズはイギリスへと普及し、ヴィクトリア女王をはじめとする多くの王室の人々や上流階級の人々に愛されるようになりました。上流階級の貴婦人の間で膝におとなしく乗ってくれるかわいらしい「抱き犬」として広まりました。これがマルチーズが「犬の貴族」と呼ばれている起源です。 その後、マルチーズは1950年代に日本にやってきて、現在に至るまで凄まじい人気を誇っています。 マルチーズの大きさ・見た目 マルチーズの大きさは、体高が20~25cm、体重2~3kgで、超小型犬に分類されています。 マルチーズの性格 マルチーズは、とても素直で落ち着きがる温厚な性格です。飼い主の言うことをよく聞き、飼い主と一緒に生活することを好む、愛玩犬としてとても愛される性格です。飼い主に甘えたりすることも大好きです。 一方で、飼い主に対する愛情が深いあまり嫉妬心が強く、飼い主以外の人に吠え続けたり他の犬に嫉妬したりします。 また、遊びも大好きで陽気で活発な一面もあります。大きな犬に対しても果敢に向かっていくような強い一面も持っており、そんな一面もマルチーズの魅力なのではないでしょうか。 マルチーズを飼うときの注意点 マルチーズを飼育する上で気をつけるべきことは、肥満に注意することです。理想体重を15%以上超えないように、適切な食事バランスと適度な運動を心がけるようにしましょう。 また、生後8ヶ月前後には換毛期と呼ばれる時期があります。この時期は毛が生え変わる時期であり被毛がもつれて毛玉ができやすく、毎日ブラッシングをする必要があるため注意が必要です。 マルチーズにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、マルチーズにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ビーグルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ビーグルにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ビーグルに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ビーグルがなりやすい病気・ケガ ビーグルがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) 糖尿病(とうにょうびょう) 白内障(はくないしょう) クッシング症候群・副腎皮質機能亢進症(ふくじんひしつきのうこうしんしょう) アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん) てんかん 膝蓋骨脱臼(しつがいこつだっきゅう) 外耳炎(がいじえん) ビーグルの特徴 ビーグルの歴史 ビーグルは、イギリス原産の犬種です。14世紀あたりから、うさぎ狩りやきつね狩りを行う犬種として重宝されていたといわれています。 ビーグルという名前は、ゲール語の「小さい」という意味に由来するといわれています。その言葉通り、ハウンドドッグの一種であるビーグルは、ハウンドドッグとして最も小さい体つきをしています。 ビーグルの大きさ・見た目 ビーグルの大きさは、体高が33~41cm、体重18~27kgで、中型犬に分類されています。 ビーグルの性格 とても温厚な性格で、飼い主はもちろん、他の人にも愛情を振りまいてくれます。争いを好まないため、他の犬とも仲良くできます。 やんちゃで活発な性格でもあり、じっとしているのは苦手です。そのためお留守番を長時間させるのは向いていません。吠えたり、物を散らかすなどのいたずらをしてしまいます。いたずらされて困るものは、家の見えない部分に置くなどの工夫をするようにしましょう。 また外では興味を持ったものを追いかける癖があるので、飼い主の指示が届かなくなることもあります。飼い主のことを無視しないように、しつけを通してしっかりとコミュニケーションを取りましょう。 ビーグルを飼うときの注意点 ビーグルはとても食欲旺盛で、食いしん坊な様子を隠そうともしません。食べさせすぎに注意しないと、すぐに肥満傾向に陥ってしまいます。 また散歩でも、常に食べ物がないかを探しながら歩き、拾い食いをしてしまうことがあります。そのことでときにはお腹を壊してしまうため、注意するようにしましょう。 運動もそれほど好きな犬種ではないため、しっかりと運動時間も確保して、体重・体調管理を意識する必要があります。運動時間の目安としては、1日30分を2回ほどです。 元来は猟犬として活躍していた犬種のため、吠える能力は今も衰えることなく残っています。無駄吠えをしてしまうと、近隣の住民に迷惑をかけてしまいます。しつけを通して、無駄吠えをしないように教えていきましょう。 ビーグルは耳が垂れているので、耳の中が湿りやすく耳垢も溜まりやすいです。耳掃除をこまめにしてあげるようにしましょう。 ビーグルにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ビーグルにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー

ドーベルマンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説犬種別の保険

ドーベルマンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ドーベルマンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ドーベルマンがなりやすい病気・ケガ ドーベルマンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう) 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう) 胃拡張・胃捻転症候群(いかくちょう・いねんてんしょうこうぐん) 股関節形成不全(こかんせつけいせいふぜん) 慢性肝炎(まんせいかんえん) ドーベルマンの特徴 ドーベルマンの歴史 ドーベルマンは、ドイツのブリーダーが交配を行うことによって生まれた犬種です。ジャーマン・シェパード・ドッグ、ジャーマン・ピンシャー、ロットワイラー、マンチェスター・テリアとの交配によって生まれました。 そのため、ドーベルマン・ピンシャーとも呼ばれます。 ドーベルマンの大きさ・見た目 ドーベルマンの大きさは、体高が61~71cm、体重30~40kgで、大型犬に分類されています。 主に「ヨーロピアンタイプ」と「アメリカンタイプ」の2種類がいますが、アメリカンタイプの方が、体は小さくなります。 ドーベルマンの見た目は、尖った耳と短い尻尾をイメージする人が多いですが、これは子犬のときに耳と尻尾を切断したためです。 本来のドーベルマンは、耳が垂れていて、尻尾は長い姿をしています。ヨーロッパではすでに断耳と断尾は禁止されていて、日本でもその動きが広がりを見せています。 ドーベルマンの性格 断耳、断尾された姿を見慣れている人は、その姿から獰猛で怖い性格をイメージするかもしれませんが、ドーベルマンの性格はやんちゃで甘えたがりでとても無邪気です。しっかりとしつけをすれば、とても優しい犬種です。 たくましく引き締まった筋肉から想像できるように勇敢な性格も持ち合わせていますが、同時に飼い主への忠誠や愛情も強く持つ傾向があります。 とても頭が良く、警備犬として品種改良された経緯もあるため、難しい訓練にも耐えることができます。そのため、警察犬、軍用犬、麻薬探知犬などの役割を持って活躍しているドーベルマンが数多くいます。 縄張りを守る意識の強さから、未知の不審者には警戒心を崩さないでしょう。 ドーベルマンを飼うときの注意点 ドーベルマンは、肉体が引き締まっているイメージがありますが、その肉体は十分な運動によって保たれています。 そのため、十分な運動時間を確保する必要があります。目安としては、少なくとも1日1時間を2回分の時間を運動に費やすようにしないといけません。 仮に運動不足になると、ストレスが溜まり、飼い主の指示に従わなかったり、周りの物を壊す行動をするようになってしまいます。時間のない方にとって、飼育は向かない犬種と言えます。 またドーベルマンは非常に賢い犬種のため、飼い主が主人であるとしっかりと認識させる必要があります。飼い主が主人と認識させることができなければ、言うことをまったく聞かなくなってしまいます。 食事についても注意が必要です。栄養が多すぎた場合に、皮膚病にかかってしまった事例もあります。 ドーベルマンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ドーベルマンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の犬種はこちら その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 トイ・プードル チワワ ミニチュア・ダックスフンド ポメラニアン 柴犬 ヨークシャー・テリア ミニチュア・シュナウザー シーズー マルチーズ ゴールデン・レトリーバー