CATEGORY 猫のペット保険

おすすめの猫のペット保険をお探しの方はこちら!猫種ごと・病気ごとに人気のペット保険を比較して選びましょう。加入条件や料金なども分かりやすく解説!猫のペット保険の口コミのランキングも掲載中!猫の保険の気になる評判もチェックして、納得して猫のペット保険を決めましょう!

トンキニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

トンキニーズにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

トンキニーズに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 トンキニーズがなりやすい病気・ケガ トンキニーズがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) 低カルシウム血症ポリミオパチー(ていかるしうむけっしょうぽりみおぱちー) 猫口腔顔面痛症候群(FOPS)(ねここうくうがんめんつうしょうこうぐん) 皮膚疾患(ひふしっかん) 尿路結石(にょうろけっせき) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅく) 腎不全(じんふぜん) トンキニーズの特徴 トンキニーズの歴史 トンキニーズはシャム猫とバーミーズのハイブリッド種ですが、やや込み入った歴史があります。 そもそもバーミーズ自体がシャムの異種交配から生まれた猫種であり、これに「戻し交配」という繁殖技術が加わって、わかりにくい成り立ちになってしまいました。 トンキニーズの成り立ちを説明するためには、その親猫と兄弟猫の説明からしなくてはなりません。 1930年、アメリカの軍人であり、猫愛好家で繁殖の研究を行っていたトンプソン氏が、ミャンマーからアメリカに1頭の猫を持ち帰りました。この猫は、美しいチョコレート色の被毛を持つメス猫で、「ウォン・マウ」と名付けられます。この猫は自らが生んだ子猫により、トンプソン氏と共に猫種の歴史に名を残すことになりました。 トンプソン氏は最初に、ウォン・マウをシャム猫と交配させました。ウォン・マウには元々シャム猫の血が入っているとされていたので、これが1度目の戻し交配にあたります。 さらにトンプソン氏は、ここまで生まれた子猫を母猫のウォン・マウと交配させ、これが2度目の戻し交配となりますが、この時に生まれた子猫は3つのタイプになりました。 1匹目は祖父猫と同じシャム猫の特徴が強いポイントがあるもの。2匹目は全体が濃いブラウン単色のもので、この猫はその後にバーミーズとして育種されることとなりました。3匹目は母猫であるウォン・マウと同様に、美しい茶色い被毛にさらに濃いポイントを持ち、母猫ウォン・マウとこの猫が最初のトンキニーズとなりました。 バーミーズとトンキニーズはシャム猫を媒介にした、兄弟猫であり、いとこ猫でもあったのです。 バーミーズはその後の繁殖計画と選択交配により、基礎猫のシャムとは異なる特徴が際立ち、新しい猫種として公認を得ることとなりましたが、一方トンキニーズは、当初ウォン・マウとその子猫のように美しいチョコレートブラウンのポイント毛色や、さらにその子世代ではゴールデンシャムと呼ばれるほど美しい毛色が際立っていましたが、交配で世代が進むにつれ毛色は淡色化して特徴を失い始めました。猫の血統登録団体は近親交配への懸念から、新しい猫種としてトンキニーズの公認を見送るようになりました。そこでトンキニーズを愛好する繁殖家たちはトンキニーズ協会を設立し、独自のスタンダードを制定しました。そして、遺伝性疾患の多いシャムとバーミーズから健康な個体を選んで選択繁殖を続け、トンキニーズを確立しました。 こうした努力の結果、1974年にカナダで初の新猫種登録を受けると、1979年にCFAとTICAに公認され、2001年からは混血種分類から純血種分類に変わっています。 なお、オランダで生まれたセミロングヘアータイプのトンキニーズは、時に「チベタン(Tibetan)」と呼ばれることもあります。 名前の由来については元々、「South Pacific」というミュージカルに登場する「Tonkanese(トンカニーズ)」という島にちなんで「トンカニーズ」と呼ばれていましたが、シャムやバーミーズ同様、「発祥の地にちなんで名づけたのだろうという誤った認識が流布し、次第に「Tonkinese」というつづりに変化し、それに呼応して読み方も「トンキニーズ」に変わっていったようです。 トンキニーズの大きさ・見た目 トンキニーズは筋肉質でがっちりした体格を持つ、中型のセミフォーリンタイプです。 ゆるやかなくさび型の頭部に少し離れた耳、アーモンド形で少しつり上がった目をしています。 トンキニーズはシャム猫を基礎に作出したために、同様のシールポイントを持つ個体が多くありますが、全体的にシャムよりも丸みを帯びたラインで、しなやかで重量感のある体と美しい被毛の手触りから、抱き上げたときに「ミンクのコートを抱えたようだ」と形容されることもしばしばあります。 毛色はポイントを含む固有のコートパターンと、チョコレート、ライラック、ブルーグレー、シャンパンなどの毛色があり、ホワイトは認められていません。 体重2.7~5.5㎏、平均寿命は12歳~16歳ほどです。 トンキニーズの性格 トンキニーズは活発で好奇心が強く、なんにでも興味を示して行動するという大胆な面もある性格です。 家族に親しみ、子どもの相手も上手にこなし、人間や他の猫、犬などのペットとも仲良くできます。 人見知りの少ない無邪気な性格で、いつまでも子猫のような懐っこさがあります。 トンキニーズを飼うときの注意点 事故に注意 好奇心旺盛で活発なトンキニーズは、運動量の多い猫なので、走り回れる環境やキャットタワーなどで運動不足にならないようにしてあげることが大切です。 しかし、飼い主がいない時、室内飼いであっても思わぬ事故に遭遇してしまうことが多々あります。 例えば、水に興味を示して、お風呂場やトイレに侵入し、溺れてしまうケースも少なくないため、十分に注意しましょう。 また、強い好奇心から一度脱走をしてしまうと帰ってこなくなる可能性が非常に高いため、脱走防止用の柵を用意したり、戸や窓を開けっ放しにしないようにして気を付けましょう。 空調管理が大切 トンキニーズは寒さに弱い猫種なので、冬場は暖房を、また夏場クーラーを使用する際は、体が冷え過ぎてしまうこともあるので、室温は28℃前後で保つようにしましょう。 手入れはほどほどに トンキニーズは短毛種のシングルコートなので、手入れはかなり楽だといえます。ですが、ブラッシングはきちんとしてあげるようにしましょう。 ブラッシングの頻度は1日1回程度で、被毛の光沢感が明らかに見られなくなってきたとき、月に1回ほどの頻度でシャンプーをしてあげるのもオススメです。 その際、人間用のシャンプーを使用すると猫に合わない成分から中毒症状に陥ってしまう恐れがあるので、必ず猫用のシャンプーを使用するようにしてください。 トンキニーズにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、トンキニーズにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット…

シャルトリューにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

シャルトリューにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シャルトリューに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シャルトリューがなりやすい病気・ケガ シャルトリューがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう) 右房室弁の形成不全(うしんしつべんのけいせいふぜん) 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 肥大型心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) シャルトリューの特徴 シャルトリューの歴史 シャルトリューの名前はフランスとイタリアの国境地域にある名前であり、その他にはキリスト教の一派としてシャルトリューズ修道院があります。さらにリキュールの名前にもなったシャルトリューズというものがあり、猫のシャルトリューの起源と関連付けられたエピソードもいくつかあります。 例えば、シャルトリュー派の修道士が来たアフリカから連れ帰り、修道院で飼育していた猫の子孫という説や十字軍が連れ帰った猫であるという説、またリキュールと関連しているという説など様々で、確定的なことはわかりません。 しかし、16世紀以降は文献や絵画にその姿が描かれるようになり、18世紀になると博物学者ビュフォンにより「フェエリス・カートゥス・コエルレウス(Felis catus coeruleus/ラテン語で『鋭い声をもって鳴く暗青色の猫』という意味)」という学術名を与えられたため、少なくともこの時期には猫種として存在していたことが伺えます。 さらに時代が進み、世界が戦乱の時代に入るとシャルトリューも他の純血猫と同様に、激減していきました。 その理由は、多くの人たちにとって生活の負担からペットを飼育することが難しくなったこと、その上、シャルトリューの美しい被毛と大きな体が、毛皮として使いやすく人気があったという悲しいものでした。 戦禍の中、愛好家を中心に細々と飼われていたシャルトリューたちですが、戦後は個体数が少なく純粋猫種として復活させることが難しいため、異種交配により育種が再開されることになりました。この時、この活動に尽力したのがブルターニュで猫の繁殖を行っていたレジェ姉妹で、交配の相手に選んだのはペルシャ猫とブリティッシュブルーでした。 そして20世紀半ば以降、個体数の増えたシャルトリューはアメリカ他海外に輸出されることになりましたが、復興のいきさつから当初はブリティッシュブルーとシャルトリューを同じ猫種として混同する動きがあったようです。 その後、シャルトリューはアメリカの純血猫登録団体TICA、CFAや国際的な登録団体FIFeなどにも認められ、現在も世界で愛されています。 青みがかった銀色の被毛で、ロシアンブルー、コラットとともに「ブルー御三家」と呼ばれるシャルトリューは、フランス原産の猫で、元フランス大統領シャルル・ド・ゴールドやフランスの女流作家コレットなどの著名人に愛された猫としても知られ、フランスの宝とも称されています。 また、シャルトリューには長毛種もいますが、この種類は「ベネディクティン(Benedictine)」と呼ばれています。 シャルトリューの大きさ・見た目 シャルトリューは、肩幅が広く胸の厚い、がっしりした体格で堂々とした風貌をしています。 手足や首は短めで、体のわりに細い四肢をしており、頭は丸く、鼻先に向けて細くなっており、微笑んだように見える口元から「微笑み猫」と呼ばれることもあります。目の色はゴールド、オレンジ、カッパー(銅色)になります。 体格は大型のセミコビータイプでメスよりもオスの方が大きくなるようです。 毛色はブルーが主な色で、シルバーのティッピングがあります。 体重2.5~6.5㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 シャルトリューの性格 穏やかで賢く、洞察力があり、よく人を見ています。 甘えるのも好きですが、嫉妬深いというほどのことはなく、さりげなく人のそばにいるような猫です。 シャルトリューを飼うときの注意点 運動不足に注意を 健康な猫種ですが、脚を脱臼しやすい個体もまれにいるので注意が必要になります。運動や遊ぶことが好きなので、よく運動ができる環境を作り、1日数分からでも遊んであげるようにして運動不足にならないようにしましょう。 シャルトリューはよく運動する猫なので、餌もその運動量に合わせて高たんぱくなものを与えると良いでしょう。 また、キャットタワーや階段などの運動ができる環境を整えつつ、ボールや猫じゃらしなどのおもちゃを用意してあげると良く、とくにキャットタワーは運動と休息場の役割も果たしてくれるため、オススメです。 人が好きな猫なので、シャルトリューと1日のうちの時間を長く過ごせる人が飼うのに向いているでしょう。 手入れはほどほどに シャルトリューは短毛種ですが、被毛がダブルコートなので換毛期には多く毛が抜けます。 ブラッシングは毎日の必要はありませんが、1週間に1~2回は必ず行ってあげるようにしましょう。様子を見て、コームでとかしてあげたりすることで、グルーミングをした際に飲み込んだ毛がお腹に溜まってしまう病気を予防することに繋がります。 また、シャンプーは頻繁に行う必要はありませんが、被毛が汚れてしまった際に行う程度で良いでしょう。 しつけを教えやすい シャルトリューは賢い猫なので、しつけに困るとはほとんどないでしょう。 トイレや爪とぎなどに関してしっかりと教えてあげればちゃんと自分でできるようになります。 時々ちょっとしたいたずらをすることもありますが、その時には「ダメ」とはっきり言いましょう。 しかし、きつく叱ってしまうと怯えて敵だと認識して近寄ってくれなくなってしまうため、愛情をかけて根気よく教えてあげるようにしましょう。 シャルトリューにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シャルトリューにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット…

シンガプーラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

シンガプーラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シンガプーラに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シンガプーラがなりやすい病気・ケガ シンガプーラがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症間(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 皮膚疾患(ひふしっかん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 進行性網膜萎縮(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) シンガプーラの特徴 シンガプーラの歴史 シンガプーラは1968年前後にCFA、TICAに登録を受理された比較的新しい猫種です。当初は、シンガポールの下水溝で暮らしている猫として、現地で発見された土着の猫とされていました。 しかし、育種のいきさつから、自然発生腫であるかどうかの議論に決着がついていないとして登録を見送っている団体もあります。 1970年代初めころ、メドゥ夫妻は夫ハルの赴任する東南アジアで、現地の動物保護団体SPCAのティックド・タビーの小さな猫を引き取り、「シンガプーラ」と名付けてほかの猫たちと共に暮らしていました。1975年、彼らが任期を終えて帰国することになった際、今まで飼っていた5頭の猫たちを連れてアメリカに戻ることにしました。 シンガプーラは成猫であっても他の猫に比べて大変小さく、独特のセピア色のティックド・タビーという美しい毛色が他の猫にない個性としてありました。猫らしくない人懐っこさも魅力的で、わずかな間に人々はシンガプーラに心を奪われてしまします。メドゥ夫妻がアメリカに帰国するとシンガプーラの育種を始めますが、わずか6~7年という異例の早さでCFA、TICAという大きな血統登録団体に猫種として公認登録されることとなりました。さらに1979年にはTICAの、1988年にはCFAのチャンピオンシップにも登録されることになります。 1987年にあると、メドゥ夫妻から早くにシンガプーラを譲り受けた繁殖家ジェリー・メイスもシンガポールを訪れ、新たに基礎猫を輸入して、アメリカへ連れ帰りました。この時、メイスはメドゥ夫妻によって、アビシニアンがシンガポールに持ち込まれた記録を発見してしまいます。アビシニアンはシンガプーラとよく似た猫であり、交雑が行われていたとすれば、土着の純血猫ではなくハイブリッドである可能性が出てきます。 メドゥ夫妻には先住猫としてバーミーズとアビシニアンがいたことから、シンガプーラは土着の純血猫ではなくバーミーズとアビシニアンが交雑したのではないかという疑問を持たれたことで、今もなお決着していない議論になってしまったのです。 この件を調査したCFAは、バーミーズあるいはアビシニアンが交雑されていたとしても、メドゥ夫妻がシンガポールの捨て猫を譲り受けて交配したことは間違いのない事実として、シンガプーラの登録を取り消すことはありませんでした。 アジアでは野生種においても様々な動物が比較的小さく、アメリカでは大きくなる傾向があります。世界一小さな猫として人気上昇中のシンガプーラですが、アメリカで育種されたシンガプーラたちは、近年サイズが大きくなってしまう個体が増えているようです。 シンガプーラは世界のイエネコの中でも最も小さく、メスは成猫でも2㎏ほどで、その様子から「小さな妖精」などとも形容されます。しかし、野性の猫であった頃は、魚をあさり、雨の時は排水管で暮らしていたため、「ドレインキャット(下水猫)」などと呼ばれていた時期もありました。 近年では、地元シンガポールで観光マスコットに認定され、「Kucinta」(マレー語でkucingは猫、cintaは愛を意味する)という愛称で親しまれているようです。 シンガプーラの大きさ・見た目 シンガプーラは、現存する純血種の猫としては世界一小さいといわれており、標準体重は2~3㎏とされている猫です。 小さいながらに筋肉質で、しっかりした体に先走りの長めの尾があるセミコビータイプです。 丸い頭の両端に付け根の広い耳がついており、アイラインの強いアーモンド形の眼を持っています。 シンガプーラの毛色はアグーチセピアと呼ばれる淡い茶色のティックド・タビーに限ります。 体重2.3~5㎏、平均寿命は11歳~15歳ほどです。 シンガプーラの性格 シンガプーラは大変な甘えん坊で、人間が大好きな猫です。好奇心が強く、飼い主の様々な行動に興味をもってちょっかいを出したり、肩や膝に乗ろうとして読書やパソコンの邪魔をすることもよくあります。 他の猫やペットに対して嫉妬することもあり、基本的には自分を一番かわいがってほしいという様子を見せる愛らしい猫です。 シンガプーラを飼うときの注意点 家具や家電に注意 シンガプーラは好奇心旺盛で活発、いたずら好きな面もあります。 体が小さいので室内飼いをオススメしますが、家の中といえど猫にとって危険な場所が沢山あります。「冷蔵庫」や「乾燥機」、「オーブン」などドアのついた閉じ込められる危険性のある家電や、火のつくコンロなども使用中または使用後に触れると火傷をしてしまう可能性あるうえ、浴槽やトイレも蓋を閉めないと落ちてしまう可能性があります。そのほかにも漏電しないように家電のコードをガードするなど、あらかじめシンガプーラに及ぶ可能性がある危険を回避するために家の中を点検し、注意しましょう。 家寝すぎていても大丈夫 シンガプーラの平均睡眠時間は約15時間と他の猫より少し長めです。1日の7割近くは眠っていることになりますが、習性の1つなのでそっと寝かしてあげましょう。 時には20時間以上眠ることもあるようです。 運動や遊びが好き 先述しましたが、シンガプーラは好奇心旺盛で活発な猫です。 おもちゃを使ったりして遊んであげると非常に喜んで遊びます。 シンガプーラは孤独が苦手で、孤独な時間が長ければ長いほどストレスを溜めてしまいがちです。ストレスは皮膚病やそのほかの病気の原因となり得るため、可能な限り孤独な時間を作らないようにしつつ、一緒にいられる時間は遊んであげるなどしてあげるとよいでしょう。 室内飼いの際少し長めの廊下がある家庭では、物を置かずにシンガプーラが走り回れるスペースを確保してあげると理想的といえます。 また、登ったりジャンプすることも好きなので少し高さのあるキャットタワーを設置してあげると喜んで遊んでくれます。 しつけは気長に シンガプーラは賢い猫種なので、しつけに困ることはさほど少ないといわれています。 運動量が多く、活発でいたずら好きな面があるため、ダメなことはきちんとダメと教える必要があります。 例えば、シンガプーラは高いところが好きなので、飼い主の肩に勢いよく飛び乗ってくることがありますが、この際に両者が怪我をしないよう、きちんと「ダメなこと」ということを教えてあげるようにしましょう。 しつけには困らないといっても、犬ほどの覚えの良さがあるわけではないので、きつく叱るばかりではなく、時には褒めて気長に向き合っていくことが大切になります。 シンガプーラにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シンガプーラにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア…

ラガマフィンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ラガマフィンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ラガマフィンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ラガマフィンがなりやすい病気・ケガ ラガマフィンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 尿結石(にょうけっせき) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) ラガマフィンの特徴 ラガマフィンの歴史 ラガマフィンの直系祖先はラグドールですが、この2種類の猫は相似点が多いため、有力な血統登録団体でも公認していない団体があります。 存在は古く、登録は新しい猫といわれるラガマフィンですが、こうなった事情は少々特別なものがあります。 ラガマフィン作出の経緯が複雑になった理由は、毛色や遺伝疾患のような猫そのものの問題ではなく、人間の問題、繁殖ビジネスと愛好家の確執からでした。 1960年頃のこと、アメリカ・カリフォルニアに住んでいたペルシャ猫の繁殖家ベイカーは、自分の飼っていた白いペルシャと地域に住んでいた猫を交雑させて、シールポイントのある長毛の猫を作りました。この時の雑種猫はバーマンがその雑種であったと推定され、さらに生まれた子猫にはバーミーズが交配されたようですが、正確な記録は残っていません。 こうして生まれたラグドールは、ベイカーが厳しく血統の管理を行い、既存の猫血統登録団体ではなく自らの設立した血統団体で管理を行うと同時に、繁殖を希望する人とはフランチャイズ契約を行うというビジネスを展開しました。商品価値のために猫の品種名を商標登録し、許可のない相手には使わせないことにしたほか、生まれた子猫の代金の数パーセントをベイカーの団体に支払うという契約もあったとされています。 ベイカーの管理するラグドールのスタンダードや、猫を介在させるフランチャイズビジネスに疑問を持ったラグドールの愛好家は、ベイカーから離れていきますが、最初に離れた人たちはラグドールとう名を使うことにより、基礎を起こされるなど複雑な問題に巻き込まれることになりました。 1990年ごろ、ラグドールをめぐる様々な状況を踏まえて、後からベイカーのもとを離れた人たちは仲間を作って愛好家団体を設立し、ラグドールのスタンダードを変更すると同時に新しい名前を付けて、この大きな愛らしい猫の育種を続けたいと考えました。 そうして生まれたのがラガマフィンです。 ラガマフィンの名前は「いたずらっ子」という意味と同時に「ぼろ服をまとった人」という意味があります。ラガマフィンの愛好家団体では、当初この名前を冗談半分でつけたそうですが、登録後の変更が不可とされたため、、結局この名前に落ち着いたとされています。 また、現在ラガマフィンを公認していない主な団体はTICAですが、一切の異種交配を認めない団体があります。遺伝子プールを広げる目的のため、当初は特定の他の猫種との交配が認められていましたが、現在はほとんどの団体がペルシャやバーミーズなどほかの猫種との交雑を禁じています。 ラガマフィンの大きさ・見た目 ラガマフィンはラグドール同様に、毛色にポイントが入る顔や手足などに特徴的な斑が入り、被毛はミディアムロングの猫です。大きめの猫にややつり上がった青い目、丸い顔をしています。 大きな体に筋肉質のしっかりした体を持つロング&サブスタンシャルタイプです。 毛色はラグドールが毛色を限定しているのに対して、ラガマフィンは遺伝学的に発生可能な毛色であれば、どのような毛色も認められています。ポイントの入り方が完全でない場合や、ポイントの上にスポットが入ってしまうことも認められているようです。 体重4.9~9㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 ラガマフィンの性格 ラガマフィンは甘えん坊で温和、人のそばにいたり抱っこされるのが大好きな人懐っこい性格です。 ほかのペットや家族の中にいても自分が1番愛されたいという猫らしい一面もありますが、ほかの猫やペット、子どもとも上手に付き合えるので愛情をめぐる闘争心はありません。むしろ先住のペットや子どもに自らすりよる面があります。 ラガマフィンを飼うときの注意点 肥満に注意 ラガマフィンの体格は他の猫より大きく、骨格や筋肉がしっかりとしています。その体を維持するためには、それに見合うだけのカロリーやたんぱく質が必要となるため、食事は他の猫種に比べて高カロリー・高たんぱく質のものが必要となります。 しかし、室内飼いでおとなしい性格の場合はあまり動こうとせず、肥満になってしまう可能性もあります。肥満は糖尿病などを引き起こす原因にもなりますので、十分に注意しましょう。 猫の性格や活動を見ながら食事のバランスを考え、適量の餌を与えるようにして肥満を予防していきましょう。 運動も欠かさず 好奇心旺盛で遊び好きな性格ですが、活発といえるほど動き回る猫でもないため、興味が向いた時に自由に遊べるキャットタワーやおもちゃなどをあらかじめ用意しておくとよいでしょう。 また、その際に用意するタワーもあまり高いものではなく、低めのものを用意すると良いほか、おもちゃは小さめで飼い主と遊べるようなものを好むので一緒に遊んであげると喜んでくれます。 手入れも怠らず ラガマフィンは長毛種なので、手入れには手間がかかります。 毛が絡まってしまうと毛球症という病気を発症するリスクが高まってしまい、この病気は猫が自分で毛づくろいをした際に毛玉を飲み込んでしまうことで、吐くことも排泄することもできなくなる病気で最悪命に関わります。 この病気を防ぐという意味でも、ブラッシングは1日2回は行うようにし、特に抜けが多くなる換毛期には2週間に1回はシャンプーを行って抜け毛を洗い流してあげるなどしましょう。シャンプーは猫用のシャンプーを使うようにしましょう。 しつけは優しく 賢く穏やかなラガマフィンは、臆病で用心深い面も持っています。毎日怒鳴ってしまうと飼い主を敵だと認識して近寄ってくれなくなる可能性があるので、失敗をしても怒鳴らないようにすることを心がけましょう。 とくに、トイレのしつけはどんな猫でも大切ですが、不慣れなうちはトイレ砂の上まで抱っこして連れていき、トイレ砂の上で排泄を成功させることを認識させましょう。ラガマフィンは自分の排泄物の臭いがする場所をトイレと理解するので、次からはトイレに排泄するようになります。 もし失敗してしまっても怒鳴らず、粗相した部分に臭いなどが残らないよう綺麗に掃除し、次こそ成功できるよう根気よく教えてあげましょう。 ラガマフィンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ラガマフィンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー…

エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

エキゾチックショートヘアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 エキゾチックショートヘアがなりやすい病気・ケガ エキゾチックショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 流涙症(りゅうるいしょう) 水頭症(すいとうしょう) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) シュウ酸カルシウム結石(しゅうさんかるしうむけっせき) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) エキゾチックショートヘアの特徴 エキゾチックショートヘアの歴史 エキゾチックショートヘアは、作出が始まってから60年程度という、比較的新しい猫種です。 1950年に、2つの異なる目的において、繁殖が始まりました。その1つはペルシャにアメリカンショートヘアの毛色を与えようという計画でした。 この異種交配はなかなかうまくいかず、アメリカの繁殖家ジェーン・マーティンは、ペルシャとアメリカンショートヘアのあいだに生まれた短毛の子猫たちの魅力に着目して、新しい猫種として登録されるように働きかけ、1966年CFA(アメリカン・キャットファンシャーズ協会)に登録されました。 当初は銀の毛色のみにするとして「スターリング」という名前が付けられていましたが、ほかの毛色も生まれることから、エキゾチックショートヘアという名前に変更されました。 もう1つ、同じ時期のアメリカで、キャロライン・バッセイという繁殖家が、茶色い毛のペルシャを作出しようと計画して、ペルシャとバーミーズを交配させていました。生まれた子猫は黒っぽ毛色ばかりでこの計画は失敗に終わりましたが、短毛に潰れた丸い顔のその子猫たちの予想外の可愛らしさに、バッセイはもしかしたらこの個性が多くの人に愛されるのではないかと考えていました。 この時代、ペルシャの短毛化やアメリカンショートヘアとの交配で銀の毛色を作出する目的で、多くのブリーダーが異種交配を試みていましたが、好ましくない繁殖や血統書の事実と異なる交配相手による作出など、不実な繁殖が横行していたともいわれています。 バッセイは新しく生まれた子猫たちを、倫理的にも正当に新しい品種として登録したいと考え、エキゾチックショートヘアとしては、バーミーズとペルシャから生まれた子にアメリカンショートヘアを掛け合わせること以外は認められないと考えて広めました。 こうして1975年まで、エキゾチックショートヘアは、この猫種を品種として確立させながら、同時に多様な遺伝子を保存することができました。 作出が始まって比較的新しい猫種であり、現在もまだ劣性遺伝子同士の交配で長毛のエキゾチックが生まれてしまうことがありますが、この場合は「エキゾチックロングヘア」とする団体や、ペルシャとして認定する団体など、血統登録団体により規定が異なっています。 エキゾチックショートヘアの大きさ・見た目 丸くて大きい目と低い鼻、耳が離れていて丸い頭をしています。また、短くてしっかりした脚、短めの丸い尻尾を持ち、やや大きめのコビーで、筋肉質でずんぐりむっくりしています。これはペルシャの特徴そのものですが、エキゾチックショートヘアは名前の通り短毛のダブルコートです。 毛色はホワイト、ブルー、クリーム、レッド、各色のタビー、バイカラーやキャリコ(三毛)、スモークなど、あらゆる毛色があります。 体重2.5~6.5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 エキゾチックショートヘアの性格 エキゾチックショートヘアの性格はペルシャ譲りで、基本的には穏やかで落ち着いていますが、アメリカンショートヘアの影響でペルシャよりも活発な面が見られます。ペルシャがあまりしないハンティングを、不器用ながらも精力的に行おうとするのはアメリカンショートヘアの影響のためだといわれています。 家族が好きで、常にそばにいたがり、抱かれるのも大好きです。甘えん坊ではありますが、そこまで依存心が強くないため、くどくない性格です。 他の猫や犬などのペットとも上手に付き合っていけます。 エキゾチックショートヘアを飼うときの注意点 スキンシップで信頼関係を エキゾチックショートヘアは臆病な面もあるので、警戒心を抱いてしまうこともあります。しかし、信頼関係が出来上がってくれば甘えてくることも多い猫です。甘えてきたときや構ってほしいと感じた際は、コミュニケーションをとるような飼い方をしましょう。遊びを取り入れつつ、スキンシップをするのもいいです。健康管理にも繋がり、寿命を延ばすこともあるので、少々忙しくてもエキゾチックショートヘアとの時間は大切にするように心掛けましょう。 手入れはほどよく エキゾチックショートヘアは短毛種なのでブラッシングは1週間に1~2回で大丈夫です。年に2回の換毛期には、シャンプーをして抜けた毛を取り除いてあげると良いでしょう。エキゾチックショートヘアはシャンプーも嫌がらない穏やかな性格の子が多いので、一般的な猫よりは手入れがしやすいといえます。 もちろん個体差があるので、嫌がる猫は無理にお風呂に入れる必要はありません。シャンプー後はきちんとドライヤーで乾かすことで毛の絡まりなどを防いであげつつ、温風による火傷には十分気を付けながら行いましょう。 洗顔は優しく エキゾチックショートヘアのような短頭種は、鼻や涙がつまりやすいため、毎日優しく、洗顔してあげましょう。濡らしたコットンや猫用のウェットティッシュで、こすらないよう、優しく拭き取ります。 室内環境を整えて エキゾチックショートヘアは短毛ですが、筋肉質な体と被毛自体がとても密集しているため、暑さにはとても弱いです。 室内にいても熱中症になってしまうので、人が快適に過ごせる温度、冷房を使って普段から室温管理に注意するようにし、室温は27℃前後に設定しておくと良いですが、猫が休む環境を季節ごとに見直すようにしましょう。 また、エアコンが停電などで切れてしまった時のために冷感マットなどを敷いて涼む場所を作ってあげるのもよいでしょう。 鼻が短いエキゾチックショートヘアにとって、熱中症や呼吸の乱れは命の危険につながります。温度管理には十分に気を付けると同時に猫は室温が下がりすぎることも苦手とするので慣れてもらうためにも徐々に温度を下げるなどして合わせてあげましょう。 肥満に気を付ける エキゾチックショートヘアは太りやすい体質なので食事には気を付ける必要があります。 元々が小食なのでガツガツ食べるということはありませんが、運動が得意でないという面も相まって食事管理が悪いとあっという間に肥満になってしまいます。 キャットフードはライフステージに合ったものを与え、同時にカロリーコントロールもしてあげるようにしましょう。 エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、エキゾチックショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア…

チンチラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

チンチラにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チンチラに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 チンチラがなりやすい病気・ケガ チンチラがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえ) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) 流涙症・短頭種気道症候群(りゅうるいしょう・たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう) 肥満(ひまん) 水頭症(すいとうしょう) 眼瞼内反(がんけんないはんしょ) α-マンノシドーシス(あるふぁまんのしどーしす) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) チンチラの特徴 チンチラの歴史 チンチラはペルシャの毛色のバリエーションの一種で、シューデッドカラーうち、ゴールドまたはシルバーの毛色で青もしくは緑の目を持つ猫をチンチラペルシャやチンチラと呼んでいます。 欧米の一部の国でこの毛色のペルシャをチンチラという品種として独立させようという動きがありましたが、これを認めているのは南アフリカなどのごく一部の血統管理団体のみとなっています。 ペルシャの起源は古く、純血種の中では最古の品種の一つとされていますが、その後の交雑により様々な毛色が導入されることになりました。ペルシャはキャットショーの歴史において最初に登場する猫種のひとつでもあり、その優雅で美しい容姿は早くから多くの熱烈な愛好家を引き寄せてきました。 そんな中、チンチラが作出されたのは、1882年のイギリスで、ブルーのペルシャと雑種猫の交配により生まれた「チニー」をシルバータビーのペルシャと交配させて生まれた子猫たちの中に「銀の子羊」と名付けられたシルバースモークの毛色のオスがおり、このオス猫がチンチラの基礎になったとされています。 美しいペルシャの中でもひときわ目立つシルバースモークの猫は、輸出されたアメリカでも熱狂的な愛好家を生み出しました。 愛好家たちはチンチラをペルシャから独立させようと、アメリカ最大の猫血統団体であるCFAに申請しましたが、ペルシャと分けるのは毛色以外の特性が無いことから、CFAはこれを見送りました。その代わり、キャットショーではペルシャの毛色のバリエーションの一つとして、チンチラ部門を設けてショーを行っています。 名前の由来は、被毛の柔らかさがげっ歯類の「チンチラ」のようだったため、チンチラと名付けられたといわれています。 チンチラの大きさ・見た目 チンチラの特徴はペルシャとほとんど差はありませんが、チンチラの方がペルシャよりやや毛質が軽いとされています。 短めの脚、ドールフェイスと呼ばれる丸い目と低い鼻、耳の間が離れており、ペルシャと異なる特徴として、目の色が緑または青系統でアイラインがより強くくっきりと描かれていることなどが挙げられます。 また、毛先に入るシェードの分量が、ペルシャでは毛の3分の1まであるのに対して、チンチラでは8分の1までともされ、ペルシャよりも明るい色合いが特徴です。 中型コビータイプで体長は短く丸い体型です。 主な毛色はシルバー、ゴールデン、ブルー、ブルーゴールデンの4種類で、チンチラを代表するシルバーの毛色は、アンダーコートも白くなければいけません。背中と脇腹、尾と頭はわずかな黒のシェードが入ります。チンチラブルーの場合は、黒のシェードの代わりにブルーのシェードが入ります。 また、チンチラゴールデンの場合は、アンダーコートはアプリコットまたはより明るい色でなくてなならず、毛先のシェードは黒が入ります。ブルーゴールデンの場合は、アンダーコートは更に青白く明るい色であり、毛先のシェードはブルーになります。 体重3.0~5.5㎏、平均寿命は15際~20歳ほどです。 チンチラの性格 チンチラの性格は上品で落ち着いており、マイペースでゆったりとした性格です。 大変静かで、発情期のオスでさえ鳴いたり騒いだりということが少ないとされ、活発に運動するよりはリラックスして過ごすことを好み、成猫になると遊びを要求することが滅多になくなるほどおとなしくなります。 しかし、人間は好きで、自立心が強いわけでもないので、程よい距離感を保ちながら暮らすのが好きな猫であるといえます。子どもの相手もしますが、しつこくされると距離を置くなどの対処をしたりします。 チンチラを飼うときの注意点 環境管理はこまめに チンチラは日本の湿気を伴う暑さには弱いため、夏場などはエアコンなどで温度管理をしっかりと行い、夏の暑い日には外に出さないようにしましょう。 ストレス解消や肥満予防にも運動は必要ですが、あまり運動が好きではない猫なので、室内飼いの場合でもそこまで大きなキャットタワーではなく低めのタワーを設置したり、動き回るスペースもそこまで広く作る必要はありません。 猫が遊びたそうにした時はおもちゃなどで遊んであげつつ、疲れた素振りを見せたときはのんびりさせてあげるなど、ちょっとした遊びと休憩をはさみながら相手をしてあげると良いでしょう。 肥満に注意し適量を チンチラはがっちりとした骨格と体型なので、体の成長が止まる1~1.5歳くらいまでは、高たんぱくな餌でしっかりとした体づくりのサポートをしてあげる必要があります。 しかしチンチラは運動不足になりやすいため、消化・吸収の良い、高資質のキャットフードがオススメです。 猫にとってエネルギーに変えやすい20%前後含まれるフードを選んであげるようにしましょう。 また、成長が止まった後は芋類が使われている餌がよいでしょう。 チンチラの柔らかな毛は美しいですが、毛を体内にため込みやすく、毛球症の心配が出てきます。そのため、芋類の中にバランスよく含まれる水溶性繊維と不溶性繊維が便秘にもなりにくく、腸にも優しく毛玉をサポートしてくれるため、オススメです。 手入れはこまめに チンチラは長毛種のダブルコートなので、こまめな被毛ケアが必要になります。 毎日1回、できれば毎日朝晩2回は行いたいところで、特に耳の後ろ・脇は毛玉ができやすい箇所なのでマメにブラッシングしてあげるようにしましょう。 毛が絡まってしまってるようなら、スリッカーブラシで根元を抑えながら絡まりを解き、コームで毛の流れを整えてあげましょう。 また、猫が嫌がらない場合は1ヵ月に1回はシャンプーをしてあげるのも毛並みや皮膚の清潔を保つのにオススメです。 こうして抜け毛を除去してあげることで皮膚病や毛球症の予防にもなるため、被毛のケアはこまめにしてあげるようにしましょう。…

アビシニアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

アビシニアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アビシニアンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アビシニアンがなりやすい病気・ケガ アビシニアンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 細菌性尿路感染(さいきんせいにょうろかんせん) マイコバクテリア症(まいこばくてりあしょう) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 杆体錐体異形成(かんたいすいたいいけいせい) 腎アミロイドーシス(かんあみろいどーしす) 重症筋無力症(じゅうしょうきんむりょくしょう) 網膜変性症(もうまくへんいしょう) アビシニアンの特徴 アビシニアンの歴史 アビシニアンの起源には諸説あり、原産国もエジプト、エチオピア、イギリスとされることがしばしばあります。 しかし、信憑性はともかく、約4000年前に古代エジプトの出土品や壁画に描かれていた猫の特徴がアビシニアンに似ていることから、エジプト原産という説が立てられました。 アビシニアンという名前の由来にもなったとされる説として、1868年のイギリス・エチオピア(旧アビシニア)戦争から帰還したイギリス兵たちが持ち帰ったとするものがあります。この時に祖先猫とされたのは「ズーラ(Zula)」という名前のメスの猫だったという話も伝わっており、長い間信じられてきましたが、近年この説にも模擬的な見方が増えてきているようです。 近年の遺伝子分析研究では、インド大陸ベンガル湾周辺の土着猫が祖先である可能性が指摘されており、オランダのライデンにあるナチュラリス生命多様性センター(自然史博物館)には、アビシニアンに大変よく似ている猫の剥製が保存されていますが、その猫は1830年代中頃にインドから来たものと説明されています。 さらには外観上の類似点から、イエネコの祖先であるリビアヤマネコとも血縁が近い可能性もあるとされています。 起源はさておき、アビシニアンはイギリスに入ってから改良され、1870年頃にはキャットショーにデビューしました。イギリスの猫血統管理団体であるGCCFに品種登録された後、1927年頃にはフランスでも本格的な繁殖が始まり、さらに1935年頃からはアメリカで繁殖が開始されたのちにデンマーク、スウェーデン、オランダ、オーストラリア、そして日本に渡り、世界中で沢山の人々に愛される猫種となりました。 アビシニアンの大きさ・見た目 ティックド・タビーの細かい縞パターンに包まれた、シャープで筋肉質の体格を持つ、やや小さめの中型猫です。 小さなくさび型の頭に大きな耳、アーモンド形の大きな目はグリーンまたはゴールド(琥珀色)に輝き、尾は長く、脚は細長い筋肉質のフォーリンタイプの猫です。 毛質は短毛ですがダブルコートで、主な毛色はルディー、レッド、ブルーおよびフォーンです。 アビシニアンの毛色はソリッドにみえますが実はタビーで1本の毛に色合い変化がある毛の集合体です。これをティックド・タビーと呼び、子猫の頃は尾や手足に、よりタビーらしい縞が浮き出ることがありますが、多くは成猫になるにしたがって、非常に細かいティックドになっていくようです。 体重2.5~4.5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 アビシニアンの性格 アビシニアンは好奇心が強く、とても活発で、非常に甘えん坊です。 人間と遊ぶことが大好きで、ボールを投げれば取ってきたり、遠くから呼べばやってきたり、犬と同じようにお手を覚えたりなど犬のような性格の猫だといわれています。 また、声がきれいなことでも知られていますが、大きな声で鳴くことはあまりありません。 初対面の人間や他の猫、またはペットとも仲良くでき、人間の子供に対しても上手に相手をします。 ほかにもイタズラ好きで気が付いたら高い場所に登っていたり、壁を駆け上がるなどの活発な姿を見せるなど、いろいろな面を見せてくれる猫です。 アビシニアンを飼うときの注意点 脱走防止対策をする 外の危険から守るためにも、完全室内飼いをオススメします。室内飼いにするとことで、アビシニアンの寿命を延ばすことにもつながるので、是非行いたい飼い方です。 ですが、活発なアビシニアンなので、外に興味を持ち、脱走をしてしまう可能性もあります。なので、窓や網戸をロックするなどの脱走に対する防止対策をしておく必要があります。 運動のできるものを用意する アビシニアンは運動量が多いため、キャットタワーの設置をオススメします。グルーミングタワーなどもオススメです。 頭が良く、狩野能力も高いので、おやつと遊びを組み合わせたおもちゃなども喜んで遊びます。ねこじゃらしなどのおもちゃも大好きなので遊びに活用していきましょう。 トイレは清潔に アビシニアンに限りませんが、猫はトイレの汚れにこだわるほどの綺麗好きなので、トイレの掃除はこまめに行いましょう。トイレが汚れたままだと、ほかの場所に粗相をしてしまう可能性があるので、清潔な環境を維持できるように努めましょう。 手入れはこまめに アビシニアンは短毛ですが、コミュニケーションにもなるので、積極的にブラッシングはしてあげるようにしましょう。また、ダブルコートですが短毛なので、1日1回のブラッシングで十分です。 シャンプーは月に1度くらいを目安に洗ってあげると良いでしょう。 また、活発に動くアビシニアンはカーテンによじ登るなどしばしば行いますが、その際に爪が伸びすぎていたために何かに引っ掛かって起こる事故などを考え、爪を切っておく必須があります。基本的には2週間に1度程度行いますが、子猫の頃から爪切りに慣れさせておくと切る際に暴れることもないのでオススメです。 肥満に気を付ける 運動量が多いため、食欲も旺盛な面が見られます。 食べ過ぎると当然ですが、肥満になってしまうため、与える餌の量はきちんと適量で与えるようにしましょう。その際に与える量に迷ってしまう場合は、獣医さんに飼い方を含めて相談をしてみるとよいでしょう。 アビシニアンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アビシニアンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン…

ミヌエットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ミヌエットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ミヌエットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ミヌエットがなりやすい病気・ケガ ミヌエットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) 腎機能低下(じんきのうていか) 肥満(ひまん) 短頭種気道症候群(たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 角膜炎(かくまくえん) ミヌエットの特徴 ミヌエットの歴史 ミヌエットは、以前「ナポレオン」と呼ばれていた猫で、2015年5月に名称が「ミヌエット」へとへ変わりました。猫種の起源も新しく、最初の子猫が作出されたのは1996年のことです。 作出者のジョセフ・スミスは、猫ではなく犬のブリーダーで、バセットハウンドの繁殖やドッグショーでのジャッジメントを務めるなど、脚の短い犬の熱烈な愛好者でした。 前年の1995年6月、ジョセフは米国の新聞「ウォール・ストリート・ジャーナル」の記事で脚の短い猫マンチカンのことを知り、マンチカンに夢中になったジョセフは、猫にも短足の遺伝子があること、そして育種のプロセスで避けられない、脚が長くなってしまったマンチカン(のような猫)が捨てられて多くの保護センターに収容されていることを知りました。ジョセフには収容されていた猫がどれもマンチカンであったかどうかの確信はなかったものの、「足が長くなるために捨てられる」例があってはいけないと考え、自らの手で短足猫の固定化を試みたのです。 ジョセフは最初に、猫種として固定しているペルシャをマンチカンと交配させました。その子猫をヒマラヤンやエキゾチックショートヘアなどペルシャ系の長毛種と掛け合わせて生まれたのがミヌエットでした。 ペルシャ以外の猫を血統に入れたのは、呼吸器系の疾病にかかりやすいペルシャの「鼻ぺちゃ(peke-nose)」を取り除くと同時に、旧来の凛々しいペルシャ像を好む人々にアピールするという目的があったようです。 ジョセフはミヌエットを新猫種とするため、2001年に猫の血統登録団体TICAで予備登録を受けました。その後もジョセフは研究と育種を続けましたが、彼の考える理想のミヌエットになかなか近づくことができず、2008年にはこの育種計画を降りてしまいました。 鼻が低すぎない、脚が短いことを共通点に長毛と短毛のあらゆる毛色が生まれることから、一見して固定した猫種とわかりにくいため、猫の血統登録団体ではミヌエットを新猫種として認めない団体もあります。そのため、キャットショーに出展される機会も少なく、日本でも認知度が低い希少種となっています。 ミヌエットの大きさ・見た目 丸みのある体に短い四肢、骨格はしっかりしていて、太い首と丸い頭をしています。しかし、ペルシャほどマズルが低くないことが条件で、ミヌエットの育種の過程でペルシャ系でみられる短頭種に起因する呼吸器疾患を避ける方針であるからとされています。また、前脚がO脚になるのも好ましくないとされています。 小さい耳は先端が丸く、鼻先にはストップがあります。 毛質は短毛と長毛があり、被毛はダブルコートで抜け毛が多く、毛色は様々な色が認められています。 体重は2~4㎏、平均寿命は12歳~14歳ほどです。 ミヌエットの性格 ペルシャの甘えん坊とマンチカンの好奇心の強さと活発さを兼ね備えた性格をしています。 大変人懐っこく、警戒心が少ないので来訪者にもすぐ懐きます。 しかし、引っ越した時などの新しい環境に対しては慎重になりがちなので警戒心が強まる時もあります。 基本的には温厚で、遊び好きの愛らしい面の目立つ猫です。 ミヌエットを飼うときの注意点 肥満に注意 小さい体ですが、筋肉質な体型のミヌエットは、日頃からの食事管理を行わないとすぐに太ってしまい肥満体になる可能性があります。 そのため、適度な運動が必要となりますが、遊ぶことが大好きな性格なのでしっかりと運動できる環境さえ整えてあげれば自然と肥満を回避することができます。動くおもちゃや上下運動が可能なキャットタワーなどがオススメです。 また、飼い主が遊んであげることでストレス軽減にもなるので、できる限りコミュニケーションをとるためにも猫と楽しく遊んであげるようにしましょう。 留守番は少しずつ慣れさせて 甘えん坊でありながらマイペースな面もあるミヌエットは、自分から甘えたがるのに人からしつこくされると嫌がる面があります。 自立心があるため、一匹でも留守番をすることは可能ですが、いきなり長時間の留守番は甘えん坊のミヌエットには不安が強めます。はじめの留守番は時間を短めにしてあげるようにし、徐々に留守番する回数や時間を増やしていくことで一人でお留守番ができるよう慣れさせてあげましょう。 いたずらが得意なので注意 ミヌエットは穏やかな性格ですが、遊ぶことも大好きなので、一緒に遊んであげる時間は作ってあげるようにしましょう。 また、ミヌエットはあまり鳴きませんが、鳴くことで猫の要求が通った場合は、賢い性格なので「鳴くことで要求が通る」と覚えてしまうことがあります。そうなると頻繁に鳴くようになるので、誤ったことをおぼえさせないよう、きちんとしつけをするようにしましょう。 手入れはこまめに ミヌエットは長毛のダブルコートなので、抜け毛が多いうえ、長毛の場合は毛玉ができやすいことから、毎日のブラッシングとコーミングが欠かせません。 長毛のミヌエットはブラッシングだけでは十分に毛が梳かせず、コームを使ったブラシのコーミングが必要になります、コーミングは抜け毛取りと同時に、毛玉をほぐすこともできるため、コーミングブラシの粗目と細目を使い分けてコーミングすることで綺麗な毛並みを維持することができます。 ブラッシングを嫌がる猫もいるので、そういう時はクリッカートレーニングなどを行うと嫌がらずにブラッシングをすることができます。短毛種の場合は週1~2回のブラッシングが必要になります。 ミヌエットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ミヌエットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

アメリカンカールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

アメリカンカールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アメリカンカールに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アメリカンカールがなりやすい病気・ケガ アメリカンカールがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 毛球症(もうきゅうしょう) 軟骨形成不全(なんこつけいせいふぜん) コロナウイルス(ころなういるす) 外耳炎(がいじえん) アメリカンカールの特徴 アメリカンカールの歴史 アメリカンカールは猫の純血種の中でも新しく、繁殖の基礎となった猫が発見されたのは1981年6月のことした。 カリフォルニア州レイクウッドに住んでいたジョン・ルーガ/グレース・ルーガ夫妻が、自宅玄関で見つけた黒く美しい長毛の若猫は、外側に反り返った形の耳を持ち、人懐っこく愛らしい様子からルーガ夫妻のもとに迎えられ、「シュラミス(黒い美人)」という名前を与えられました。 その半年後の1981年12月にシュラミスは子猫を出産し、その4頭の子猫のうち、2頭はシュラミスと同じ形の耳を持っていたのです。 シュラミスの耳の形は当初、一部の猫愛好家や遺伝学者などの議論に留まっていましたが、この出産により、耳の形が遺伝することが判明しました。 1983年には、猫愛好家や繁殖家によって品種として作成される計画が立てられ、繁殖が始まりました。 なお、シュラミスから生まれた子猫のうち「メルセデス」と名付けられた一匹を譲り受けたオレゴン州のナンシー・キースターは、この「メルセデス」から、短毛種である「アメリカンカール・ショートヘア」を作出しています。 猫の遺伝を研究していたイギリスの学者ロイ・ロビンソンは、アメリカンカールの繁殖者と協力して、81頭の母猫から生まれた合計383頭の子猫を調査分析した結果、耳の形の遺伝子は突然変異で起きた独特のものであり、奇形ではないこと、慢性遺伝子であることを確認しました。さらにロビンソンは、1989年の発表で、この耳の形は遺伝疾患を伴わないとしました。 耳の形が前に垂れているスコティッシュフォールドは体の弱い個体が多いことで知られていますが、アメリカンカールの場合は、健康な猫の突然変異が固定化したものと考えられており、シュラミスの親猫がそうであったように、もとが土着の猫だったアメリカンカールは多様な遺伝子を持つため、純血猫としては大変頑健であるとされています。 アメリカンカールは繁殖が始まってから30年程度しか経っていないことから、遺伝子の多様性をはかり健全な品種とするために、2014年現在は雑種猫との交配を認めている団体があります。また、アメリカンカールの正しい血統書がついていても、耳が巻かないタイプの個体もいます。 心身共に健康な猫種を育成するためにこれらはどうしても必要な存在であり、長い時間をかけてアメリカンカールという猫種を作り上げていく経過でもあります。 アメリカンカールを求めるときは、このような状況も踏まえて、しっかりと検討しましょう。 アメリカンカールの大きさ・見た目 アメリカンカールは筋肉質で小型のスリムなセミ・フォーリンです。 脚は中くらいの長さで、尾は長く、くさび型の頭部にクルミのような形の目、特徴的な耳は後方外側に巻いています。 被毛には長毛と短毛があり、長毛タイプはシルキーなシングルコートまたは非常に少なく短いアンダーコートが生えており、短毛タイプはダブルコートが多いようです。基礎となった猫は長毛タイプでしたが、現在は短毛タイプも存在しています。両親が短毛タイプでも長毛タイプが生まれることがあるようです。 アメリカンカール独特の耳の形をする子猫の出現は50%なので、耳が巻いていない個体もいます。 生まれたときにはどの子猫もまっすぐな耳をしていますが、およそ1週間程度で後方に巻き始めます。さらに3~4ヵ月程度でしっかりと後方外巻きに巻かれ、成猫になるに従ってきっちい巻かれた耳が緩いカーブに変わっていくことも多いようです。 巻き具合には個体差があり、少し後ろに沿っている程度のものから、180度以上巻いているものもいます。 毛色は長毛と短毛どちらにもあらゆる色が存在し、認められています。 体重2.5~4.5㎏、平均寿命は13歳~16歳ほどです。 アメリカンカールの性格 アメリカンカールは好奇心が強く、大変活発で明るい性格をしています。 人懐っこく、人見知りも少ない、退屈しのぎなのか唐突に人にちょっかいを出すなどの一面も見られます。 犬や他のペット、子どもとも仲良くでき、親しんでいこうとするため、比較的飼いやすいでしょう。 また、家族に対する愛情が深く、時に飼い主に付きまとうほどで、犬のような愛情表現をするともいわれています。 甘えん坊でいつまでも子猫でいるような面もあり、「猫のピーターパン」という愛称で親しまれています。 アメリカンカールを飼うときの注意点 耳を触りすぎないこと 先述しましたが、アメリカンカールは生まれて間もないころには耳が巻いていません。 生後間もないころは耳の扱いに注意が必要となります。興味本位で触りすぎてしまうと、耳の内側にある軟骨を傷つけてしまう恐れがあるからです。カールが完成するまで必要以上に触れることは避けましょう。 外耳炎に注意 特徴的なカールした耳ですが、ほかの猫種よりも固いため、外耳炎になりやすいといわれています。早期発見をして、治療薬を塗れば治りは早いですが、いつまでも放置してしまうと中耳炎や内耳炎といった病気になってしまう可能性が高いので注意が必要となります。 手入れはこまめに 短毛種と長毛種がいるため、毛種に合わせたブラッシングをしてあげましょう。 短毛種の場合は1日に1回程度のブラッシングで大丈夫ですが、長毛種の場合は毛量の多さゆえ、1日に2回ほどブラッシングすることが必要となります。 運動できる環境を整える 遊ぶことが大好きで、沢山走り回れることも考えて、十分な広さの部屋で飼うことがベストです。 キャットタワーやおもちゃなどを用意し、遊んであげたりすることでストレス解消にもなるため、準備してあげるとよいでしょう。 餌は高タンパクがオススメ アメリカンカールは他の猫よりも運動量が多いため、キャットフードは高タンパク・高カロリーのものが望ましいとされます。 しかし、餌の与えすぎは肥満に繋がりますので、適量を与えるようにし、体重の管理にも気を配りましょう。 しつけもしっかりと アメリカンカールは穏やかで人懐っこい性格ですが賢く、しつけもしやすい猫といわれています。 しかし、甘えん坊なためによくいたずらをして家族の気を引こうとする面もあるため、子猫のうちからきちんといたずらへのしつけをしておく必要があります。 いたずらをしてしまったその時に「だめ」だと注意をし、優しくルールを教えてあげましょう。 アメリカンカールにおすすめのペット保険…

ソマリにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ソマリにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ソマリに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ソマリがなりやすい病気・ケガ ソマリがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) ビリルビン胆石症(びりるびんたんせきしょう) 腫瘍(しゅよう) アビシニアン関連疾患(あびしにあんかんれんしっかん) 毛球症(もうきゅうしょう) ソマリの特徴 ソマリの歴史 ソマリはアビシニアンの長毛種ですが、現れ始めたのは1950年頃からと言われています。 古い起源を持つ、アビシニアンは19世紀後半から純血種としての繁殖がはじまり、20世紀初頭には世界中の猫血統管理団体に登録されていました。 第二次世界大戦までに世界中の純血種のペットたちが激減し、戦後は種の復活のために様々な異種交配が行われていた時期がありましたが、アビシニアンの長毛種もその経過として生まれたものと考えられていたため、繁殖者のあいだでは長毛のアビシニアンが生まれることは純血の育成に反するものとして否定的でした。アビシニアンから生まれた長毛の猫は、ペルシャのような一般的な長毛種より被毛が短く、セミロングよりもやや短いというあまりない長さの被毛であることも、中途半端な印象を与えていたようです。 アビシニアンの繁殖をするブリーダーは、長毛タイプが生まれるとショーに出せないと考え、ペットとして一般の飼い主に譲ることが多くありました。1963年、カナダの血統登録団体CCAが主催するキャットショーで、繁殖者メアリー・メリングはちょっとし悪戯を思いつき、価値の低いと考えられていた長毛種を審査用のケージに入れて、ほかのショーキャットたちのケージと混ぜておきました。 これを発見した審判員ケン・マッギルが感嘆の大きな声をあげたため、アビシニアンのブリーダーたちは面白がっていましたが、マッギルはこの長毛のアビシニアンの魅力に驚いて声をあげており、メリングに長毛のアビシニアンをオーダーし、ソマリの育種が始まったとされています。 ソマリの育種には、もう一つ逸話が残っています。 カナダでケン・マッギルが長毛のアビシニアンを見初めたその頃、アメリカでは繁殖家のイブリン・メイグが長毛の遺伝子を持つ2頭のアビシニアンをそうとは知らずに交配していました。生まれた子猫「ジョージ」をメイグは友人を通じて、ペットとして一般の飼育者に譲渡しましたが、譲渡した相手は猫アレルギーのために飼い続けることができなくなり、猫を保護施設に譲り渡していました。メイグは繁殖をしながら猫の保護活動も行っており、持ち込まれた長毛のアビシニアンを見てその美しさに驚きましたが、その猫が自ら繁殖し譲ったジョージだと知ると大変ショックを受けました。 ジョージを取り戻したメイグは、自分の繁殖していたアビシニアンたちとの評価の差に悲しみ、やがてジョージと同じロングヘアのアビシニアンを猫愛好家に受け入れてもらうべく決意して、育種を始めたのでした。 なお、近年の遺伝子解析による研究や繁殖者の経験から、ソマリが長毛になったのは異種交配が原因ではなく、突然変異であることがわかり、ソマリは現在、カナダやアメリカ以外の世界中で猫種として登録され、アビシニアン同様に世界中で愛されています。 ちなみに「ソマリ」という名の由来は、アフリカのエチオピア(旧アビシニア)の隣国「ソマリア」からきていますが、血統とソマリアとは直接の関係はありません。 ソマリの大きさ・見た目 ソマリは小さく緩やかなV字型の頭に大きな耳がついていて、アーモンド形の大きな目をしています。 目はアビシニアン同様にグリーンまたはゴールド(琥珀色)で、尾は長く、体の被毛よりも長めの毛でおおわれてふさふさとしているため、愛好家からは「キツネのような猫」と呼ばれることもあります。やや小さめで、筋肉質のフォーリンタイプです。 毛色はルディー、レッド、ブルーおよびフォーンで、アビシニアン同様にティックドタビーです。 体重は2.5~5.5㎏、平均寿命は12歳前後といわれています。 ソマリの性格 ソマリはアビシニアン同様、好奇心が強く、活発で甘えん坊です。 賢く洞察力があり、好奇心の強さも相まって、人間のすることをよく見ています。 犬のような猫といわれるほどにコミュニケーションが取りやすく、しつけが入りやすい猫です。 ソマリを飼うときの注意点 温度調節をしっかり ソマリは長毛種なので、夏の暑さが苦手です。日本の夏の暑さには湿度が高いこともあり、熱中症にも気を付けなくてはなりません。 個体差はありますが、暑がる様子や寒がる様子があれば、その都度注意して室温を設定するようにしましょう。熱中症予防は大切ですが、冷えすぎると体調を崩してしまうため、設定温度は低くし過ぎないようにするとよいでしょう。 万が一、停電などによってエアコンが消えてしまった時のために、冷房マットなどを敷いて体を冷やせる場所を作っておくのもオススメです。 また、冬は寒さを防ぐために暖房を使って室温管理をすることも大切ですが、部屋の乾燥にも気を付けましょう。 ヒーターなどを使う場合は火傷に気を付けたり、コンセントによる事故に十分注意し、こまめに掃除をして衛生面にも注意しましょう。 運動環境を整える ソマリは元気いっぱいで遊び好きなので室内でも活発に走り回ったり、大ジャンプをすることがあります。その際、何かの拍子に滑って関節を傷めたり、骨折の原因となってしまうことがあるので注意が必要です。 床がフローリングの場合、滑りやすさが高くなるので可能な限りカーペットやマットなどを敷いて滑りにくい環境を整えるようにし、リビングなどでも家具を上手く配置して運動ができるようにスペースを設けましょう。 キャットタワーなどを設置する場合には突っ張り棒タイプのものを選び、思いっきりかけ上ることができるようにしておくと安心です。 また、運動の他にも爪とぎの設置も欠かせません。爪とぎの設置をしないと猫が床や壁を傷つけてしまう可能性があるため、いくつか爪とぎのスペースを作り、設置をするとよいでしょう。 手入れは欠かさず ソマリは長毛種ですが、比較的手入れは楽な方だといわれています。 オーバーコートとアンダーコートの上毛と下毛のダブルコートで、長さはセミロングなのでブラッシング時に引っ掛かりに痛がったり、切れ毛も本とんど無いようです。 ブラッシングは1日に1回、コミュニケーションとしてコーミングなども一緒に行うことで部屋を舞う抜け毛に悩まされることはほぼ無くなり、信頼関係も築くことができるので行っていきましょう。 シャンプーは2ヵ月に1度程度が理想的だといわれています。ソマリの毛は脂っぽい方なのでシャンプー前にしっかりと脂落としを行うなどの手間は多少かかります。特に、背中から尾にかけて脂っぽさが濃くなりがちなので丁寧にケアしてあげましょう。 また、シャンプー後はきちんとドライ作業を行うことで、毛玉に苦労することがだいぶ減ります。 肥満に注意 ソマリの祖先であるアビシニアンは食いしん坊が多いようで、食べ物への執着心が強く出る個体も多くいるようです。 必ずしもソマリにその要素が出るわけではありませんが、暴飲暴食は肥満に繋がるため、きちんと食べ物の管理や一回の食事の際に与える食べ物の量を把握して与えるようにしましょう。 しつけは子猫の時からコツコツ 飼い主に従順な性格なので、しつけは比較的簡単で、覚えも早いといわれています。ですが、大人になってからではなかなか習慣化されないので、子猫のうちからしっかり覚えさせてあげましょう。 トイレのしつけに関しては、ほかの猫同様にそわそわしたりもじもじしたりとトイレに行きたそうな様子が見られたら連れて行ってあげるようにしましょう。 また、ソマリは綺麗好きで神経質な面があるので、トイレは静かな場所に設置し、こまめに片づけたり、砂を変えたりすることを怠らないようにしましょう。…

セルカークレックスにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

セルカークレックスにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

セルカークレックスに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 セルカークレックスがなりやすい病気・ケガ セルカークレックスがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 肥大性心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 真菌症(しんきんしょう) 脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん) 外耳炎(がいじえん) セルカークレックスの特徴 セルカークレックスの歴史 セルカークレックスは「奇跡の猫」という別名を持っています。その理由は、この猫が発見された経緯に由来しています。 1987年、アメリカ・モンタナ州の動物保護施設に5頭の子猫がいました。そのうちの1頭に巻き毛の被毛をもつ子猫がおり、この子猫を引き取ったのがペルシャ猫の繁殖をしていた、ジェリー・ニューマンという女性でした。この時の巻き毛の子猫がセルカークレックスの祖先猫となります。 巻き毛の猫を引き取った繁殖家のジェリー・ニューマンは、巻き毛の猫に「ペスト」と名づけることにしました。ペストが拾われた地域周辺においてコーニッシュレックスやデボンレックス、ラパーマのような巻き毛の猫が生息していなかったこと、またペストの兄弟は皆直毛であったことから、ニューマンはペストが突然変異で巻き毛になったのではないかという仮説を立てました。 そこで、ニューマンは自分の飼っていた黒いペルシャ猫とペストとの交配を行います。そのようにして生まれた6頭の子猫のうち、3頭が巻き毛を持って生まれてきました。このことから、この毛質が遺伝であると確信したニューマンは、ほかの繁殖家とともに新しい巻き毛の猫の育種を始めました。 そして生まれたのがセルカークレックスという猫種です。人懐こさと長毛の毛質のためにペルシャ猫、忍耐強さのためにブリティッシュショートヘア、朗らかな性格のためにエキゾチックショートヘアなど他の猫との交配を進めることによりセルカークレックスは誕生しました。ペットとしてふさわしい容姿と性格を持つ、新しい猫種として誕生したのです。 名称のもととなったセルカークは、ペストが発見された動物保護施設のあるモンタナ州の山の名前だと言われていましたが、後にジュリー・ニューマンの義父の名前からとったものだと言うことが明らかになっています。 TICAは1990年に経過観察を開始し、1992年にはTICAで、1998年にはCFAやほかの団体で、新しい猫種として認定登録されることになりました。 セルカークレックスの祖先にあたるペストは最初に動物保護施設で保護されていたため、もし殺処分されていたり、繁殖家のジュリー・ニューマンに出会っていなかったりしていた場合、セルカークという猫種はこの世界には存在していません。そのためセルカークレックスは別名「奇跡の猫」と呼ばれているのです。 セルカークレックスの大きさ・見た目 平均体重はメスが3kg〜4.5kg、オスが5kg〜6.5kgとされています。かなり個体差が激しいと言われています。 セルカークレックス最大の特徴は巻き毛です。首まわりやしっぽの毛は特に厚くボリュームがあります。巻き毛の猫はほかにコーニッシュレックスやデボンレックス、ラパーマがいますが、最もボリュームがあるのがセルカークレックスです。 丸い頭、まん丸の目、短めの鼻という愛嬌のある顔つきをしています。 セルカークレックスには、短毛と長毛のどちらも存在しており、どの長さの猫でも毛はカールしています。短毛の場合、体や尻尾の被毛の長さが同じです。長毛の場合は首回りがの毛がより長く、顔の輪郭が際立ちます。 毛色はチョコレート、レッド、ホワイト、ブラック、ブルー、ラベンダー、クリームなどがあります。目の色はサファイアブルー、カッパー、ブルー、オレンジ、ヘーゼル、アクア、ゴールド、グリーン、イエローなどです。オッドアイの猫もいるようです。 セルカークレックスの性格 甘えん坊で人懐っこい性格をしています。飼い主のひざに乗ることが好きで、静かで落ち着いたところを好みます。 寂しがりやな面もあります。長時間構ってあげないことがあった時には、寂しさからストレスを溜めてしまうことがあるでしょう。 穏やかな性格ですので、子供がいる家庭やほかのペットがいる家庭でも比較的飼いやすい猫種だといえます。 セルカークレックスを飼うときの注意点 セルカークレックスは抜け毛が多い猫種です。短毛の場合、週2~3回、長毛なら毎日1回はブラッシングしてあげましょう。また、巻き毛は皮脂がたまりやすい傾向にあります。皮脂がたまると抜けた毛が皮膚に残りやすく皮膚病が起こりやすくなりますので、定期的なシャンプーが必要です。 また、鼻が短めで流涙症になりやすいので、こまめに目のまわりを拭いてあげましょう。 さびしがりやな性格ですので、お留守番には向いていません。ストレスが溜まってしまう可能性が高いです。 体重が重いので、キャットタワーなどを買うときはしっかりしたものを買うようにしてください。 セルカークレックスにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、セルカークレックスにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ヒマラヤンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ヒマラヤンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ヒマラヤンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ヒマラヤンがなりやすい病気・ケガ ヒマラヤンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 流涙症(りゅうるいしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) ヒマラヤンの特徴 ヒマラヤンの歴史 スウェーデン人の研究者が、シャム猫のポイントカラー(耳、顔、足の先端、しっぽだけが濃い毛色)とペルシャ猫の長毛といった二つの特徴をもつ猫を作出しよう考え、その際に作出された猫がヒマラヤンだと言われています。 しかし、この交雑は思ったようにはいかず、ペルシャ猫のような体系にならない、目の色がきれいに出ないなどイメージ通りの猫が生まれてくることはありませんでした。交雑がここまで困難であった理由は、ペルシャの長毛とシャムのポイントカラーの遺伝子は両方とも劣性遺伝だったためです。そのことを聞いたイギリスとアメリカの愛好家や繁殖家たちは、自らの国でそれぞれ育種を手がけることとなります。 そして作出されたのが、丸々とした体型、つぶれた顔、ふさふさの長毛に温和な性格をペルシャから受け継ぎ、シャムからはその特徴的なポイントを受け継いだヒマラヤンです。ヒマラヤンが作出されるまでにおよそ30年の月日がかかったとされています。 イギリスでは、比較的早いうちからシャムとペルシャの交雑猫が作出されており、「クメール」という名前で呼ばれていたようです。ただ新しい猫種として本格的に育種されるようになったのは遅く、GCCFに登録されたのは1955年になってからのことでした。 アメリカでは、ペルシャの純血ではない長毛のクロネコとシャムを交配させ、さらにペルシャ、シャムとの交雑を行うことで育種が進められました。その結果、1957年にヒマラヤンのような理想的な猫が誕生し、「デビュタント」と名付けられました。これが現在のヒマラヤンの基礎猫となります。デビュタントは、1957年にTICA、CFAに公認されました。しかしこの当時は、ヒマラヤンという独立した品種ではなく、ペルシャのバラエティのひとつという分け方になっていました。なぜならCFAでは、独立した猫種とするには同じ特徴の子孫が少なくとも3世代に続いて確認できることを条件としていたからです。毛色はポイントが入るようになったものの、顔立ちがシャム寄りでペルシャよりも鼻が高いなど、独立した猫種として安定していませんでした。 このような課題を踏まえて改善を重ねることにより、ペルシャにより近い容姿となり、1970年代になってようやく理想に近いスタイルとなりました。 ヒマラヤンは1957年以降、CFAだけで34万頭以上が登録され、長年にわたってキャットショーで数々の賞を獲得するような人気猫種なります。 しかし現在もCFAではヒマラヤンを「ヒマラヤン・ペルシャ」と名づけており、いまだにペルシャ猫の一種とみなされています。ヒマラヤンはいまでも愛好家や繁殖家によって改良が続けられている猫種なのです。 ヒマラヤンの大きさ・見た目 平均体重は、オスが4.0kg~6.1kg、メスが3.2kg~5.0kgとなっています。 ペルシャ猫のような短い首、短い足、丸い体系、長い被毛を持つ中型の猫です。一見ぽっちゃりしているように見えますが、筋肉質でがっちりとした体型です。 顔・耳・四肢・尻尾にはシャム猫の特徴であるポイントカラーを持っています。ヒマラヤンのポイントカラーは、ポインテッドカテゴリーの全ディビジョン・全カラーが認められています。毛のカラーにはシール、ブルー、ライラック、チョコレート、クリームなどがあります。 ヒマラヤンの顔には2種類のタイプがあります。ひとつは「トラディショナル」です。トラディショナルは一般的な猫と同じような顔立ちで、鼻筋が通っています。もうひとつは「エクストリームフェイス」です。エクストリームフェイスは、つぶれた鼻が特徴的な顔立ちをしています。 ヒマラヤンの性格 ヒマラヤンの性格はペルシャ猫に似て、温和でおっとりしていると言われています。基本的にはとてもマイペースな猫種です。 人間だけでなく、ほかのペットとも仲良くできるような友好的な面があります。 運動はあまり得意ではありませんので、激しく動き回るようなことは好きではありません。お気に入りの場所でのんびり床を転げるような、おとなしい遊び方を好みます。 めったに鳴くことがなく、おとなしい猫種です。マンションなどの集合住宅向きと言えるでしょう。 ヒマラヤンはペルシャ猫のおっとりとした性格と、シャム猫の友好的な性格を併せ持っている猫種です。そのため初心者の方でも飼いやすい猫種だといえます。 ヒマラヤンを飼うときの注意点 ヒマラヤンの大きな特徴のひとつである、長くてふわふわな被毛にはこまめなお手入れが必要不可欠です。朝晩2回のブラッシングは欠かせません。さらに、2〜3週間に一度はシャンプーしてあげるとなおいいでしょう。 毛が繊細なのでもつれやすく、もつれると切るほかありません。しっかり丁寧にお手入れをする必要があります。 また、ふさふさで長い被毛であるがゆえに体温調節が苦手です。室温調節には気をつけてください。冬場の乾燥にも注意が必要です。乾燥のせいで静電気が起こり被毛がもつれたり、感染症にかかりやすくなったりします。 ヒマラヤンはお気に入りの場所でゆっくり休むことが多いので、夏はお気に入りの場所に冷感マットを敷いてあげたり、冬はペット用カーペットなどを敷いて温かく過ごせるようにしてあげましょう。 ヒマラヤンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ヒマラヤンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

シャム猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

シャム猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

シャム猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 シャム猫がなりやすい病気・ケガ シャム猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 眼球振盪(がんきゅうしんとう) 角膜黒色壊死症(かくまくこくてんえししょう) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 先天性難聴(せんてんせいなんちょう) シャム猫の特徴 シャム猫の歴史 「シャム」というのはもともとタイ王国の呼び名です。詳細な原産地は解明されていませんが、タイに古代から伝わる猫だとされています。 シャムネコを買うことが許されていたのは富裕層や支配階級、寺院のみで、庶民には飼うことが許されていない猫でした。 18世紀、タイでは「Tamra Maew」という名前の猫の詩集が記されています。当時から紀元1300年頃までに遡って存在した23種類の猫たちの詩を集めたものです。その中でシャム猫は「”幸運を呼ぶ猫”ウィンチアンマート」として紹介されています。この詩集で紹介された猫のうち、現存するのはシャム猫などの5頭のみで、ほかの猫については絶滅していると考えられています。 シャムという名前で呼んでいるのは日本だけで、海外ではサイアミーズ(Siamese)と呼ばれています。地元のタイでは「Wichien-maat」と呼ばれており、これは「月のダイヤモンド」を意味しています。 タイから西欧にシャムが渡ったのは1878年、タイ・バンコクのアメリカ領事から当時のアメリカ大統領ヘイズに贈られたものが最初とされています。 また、シャム猫がタイ国外で広く知られることとなったのは1885年のことです。タイ・バンコクのイギリス総領事館に勤めていたエドワード・ゴールドが帰国する際に、「フォー」と「ミア」という名前のつがいのシャム猫を購入しました。イギリスに渡ったシャム猫は、翌年の1885年に開催されたキャットショーで数々の賞を総なめにし、一躍人気の猫種となりました。 その当時のシャム猫は、ブルーポイントの毛色だったと伝えられています。その美しい毛色と透き通った瞳から、猫愛好家の間で大変人気となりました。 そして1890年代になると、イギリスではシャム猫の繁殖が行われるようになり、海外へと輸出されていきます。 第1次・第2次世界大戦の時代になると、食糧難などの影響もあり、絶滅の危機に瀕してしまいます。ペルシャ猫の人気が増えていたこともシャム猫減少に拍車をかけることとなりました。 戦後、絶滅の危機に瀕していたシャム猫を復活させるため、交雑が行われました。この交雑の結果、シャム猫は大きく2つのタイプに分かれることとなります。V字型の頭と細身の体というプロポーションが以前よりもより一層協調されたものをモダンスタイル、交雑前の丸みを帯びたプロポーションに近いものをトラッド(オールド)スタイルと呼びます。 キャットショーではモダンスタイルばかりが評価される時代がありましたが、その状況に危機感を持った繁殖家たちがトラッドスタイルの繁殖も行うようになりました。これは1980年ごろから始まります。熱心な繁殖家たちにより、オールドスタイルのシャム猫は「タイ」という新しい名前で、2009年にTICA(猫の世界最大の血統登録機関)に登録されることになりました。 シャム猫の大きさ・見た目 体重は2.5~5kgが標準とされています。 手足や尻尾は細く、洗練された美しさを持つオリエンタルタイプです。 シャム猫の一番の特徴は顔・耳・手足・尻尾の色が濃くなっているポインテッドカラーとサファイヤブルーの瞳です。高貴で優雅な美しさが感じられます。 被毛は短毛で、毛色はシール・ブルー・チョコレート・ライラックの4色が認められています。 シャム猫の性格 一見クールに見えるシャム猫ですが、実際は社交的で甘えん坊の猫種です。信頼関係を築きあげることができれば、甘えん坊な面を見せてくれるでしょう。 一方で、警戒心が強く、わがままな性格の持ち主でもあります。飼い主さんには甘えていても、初対面の相手には警戒心をむき出しにすることがあります。また、自分がほしいタイミングで餌をくれなかった、遊んでほしいときに遊んでくれなかった、長時間の留守番が寂しかったなどの理由で拗ねてしまい、飼い主さんの言うことを聞かなくなることがあります。そんな時には、しかるのではなく愛情を持ってたくさん構ってあげてください。 いたずら好きな面もあります。壁や家具をひっかいたり、めがねを隠したりします。かわいらしいイタズラもありますが、中には困ったイタズラをするときがあるので、その際はしっかりとしつけを行いましょう。 猫の中でも特に運動が大好きな猫種です。部屋中を駆け回ったり、高いところに上ったりと非常に活発です。してはいけないことや入ってはいけないところなどはしっかり教えましょう。 シャム猫を飼うときの注意点 シャム猫の平均寿命は10~13歳と一般的な猫の寿命である15歳と比べると少し短いです。また、シャム猫は病気になりやすい猫種でもあります。元気で長生きできるよう、健康管理や体調管理には気をつけましょう。 先ほども述べた通り、イタズラ好きで運動大好きな猫種です。そのため、怪我をすることが多くなります。遊び場の家具の配置を変更するなど、配慮が必要です。 シャム猫は短毛種であるため、そこまでブラッシングに熱心にならなくても問題はありません。1日1回程度ブラッシングしてあげるだけで十分でしょう。 シャム猫は甘えん坊で可愛らしい性格ではありますが、気難しい面も持ち合わせています。そのため、初心者向けの猫種というよりは、どちらかというと中・上級者向けの猫種だと言えるでしょう。 シャム猫におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、シャム猫におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ペルシャ猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ペルシャ猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ペルシャ猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ペルシャ猫がなりやすい病気・ケガ ペルシャ猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 多発性嚢胞腎(たはつせいのうほうじん) 猫伝染性腹膜炎(ねこでんせんせいふくまくえ) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) 流涙症・短頭種気道症候群(りゅうるいしょう・たんとうしゅきどうしょうこうぐん) 皮膚糸状菌症(ひふしじょうきんしょう) 肥満(ひまん) 水頭症(すいとうしょう) 眼瞼内反(がんけんないはんしょ) α-マンノシドーシス(あるふぁまんのしどーしす) 進行性網膜萎縮症(しんこうせいもうまくいしゅくしょう) ペルシャ猫の特徴 ペルシャ猫の歴史 ペルシャは、様々な純血種の猫の中でも最も古い品種の一つとされており、はっきりとした起源は判明していません。 象形文字で書かれた古代の文書にさえ、ペルシャを想像させる長毛猫の記述があるほどで、16世紀頃にはトルコ経由でイタリアに入った長毛の猫があり、これがペルシャまたはターキッシュアンゴラであると考えられてきました。 ペルシャの祖先として文献上に登場する猫は2頭おり、1頭は1620年、ピエトロ・デラ・ヴァレという人物がペルシャからイタリアに持ち込んだ猫で、もう1頭は同じ時期にニコラス・クリード・ファブリ・ド・ペイレスクという人物がアンゴラ(現在のアンカラ)からフランスに持ち込んだとされる猫です。 前者の猫が灰色だったのに対し、後者の猫は白かったと文献には残っており、これらの猫とアフガニスタン、ビルマ、中国、ロシアなどから輸入された長毛の猫とが交配し、今のペルシャの原型が作られたと考えられています。 1871年にロンドンで開かれたキャットショーに初登場してから品種改良が重ねられ、現在では「猫の王様」という異名を持つほど人気を博しています。 18世紀頃にはヨーロッパ各地の上流家庭で飼育される人気のペットとなり、イギリスで初めて行われたキャットショーに出陳され、19世紀にはアメリカに輸出されることになりました。 19世紀以降、長い間にわたって、安定した人気を得ていたペルシャですが、20世紀以降、より鼻が短くなることを目的にした選択交配がされました。特に、犬のペキニーズを真似てレッド系の毛色を使って短頭化したものは「peke-face(ペキフェイス)」と呼ばれ、一部に愛好家がいましたが、1958年から1995年までわずかに98頭が登録されただけとなり、原因は極端な短頭で涙道が短くなり常に涙があふれる、また鼻腔狭窄により呼吸困難になるなど、健康上の問題がクリアできなかったものと考えられています。 欧米の一部では、鼻の低いエクストリームタイプがキャットショーなどで好まれていますが、家庭では健康上の問題がより少ないトラディショナルタイプのペルシャに人気があるようです。 ペルシャは他の様々な猫種の基礎となり、あるいは近親交配による弊害を避けるための異種交配の相手としても使われてきました。ペルシャが基礎となった猫種としては、シャムとペルシャの交配で生まれたヒマラヤンや、ブリティッシュショートヘアとの交配で生まれたエキゾチックショートヘア、特定の顔立ちと毛色の傾向を選択交配したチンチラなどが知られています。 ペルシャ猫の大きさ・見た目 ペルシャ猫は全身を豊かな長毛に覆われ、脚は短く、金銅色の大きくて丸い目と低い鼻、耳の間が離れているという特徴があります。 短い体長に筋肉もしっかりついている中型コビータイプの代表的な猫です。 潰れた鼻の高さによって、古くからのタイプであるトラディショナルと、より鼻がつぶれているエクストリームの2つのタイプが存在します。 毛色は単色ならばホワイト、クリーム、ブルー、レッド、各色のタビー、またはバイカラーやキャリコ、スモークなどがいます。また、ヒマラヤンを単猫種として認めていない団体では、ヒマラヤンのカラーパターンもペルシャとして認めているようです。 体重3.2~6.5㎏、平均寿命は12歳~17歳ほどです。 ペルシャ猫の性格 ペルシャは穏やかで落ち着きのある性格で、上品という表現がふさわしいほど、人との距離を取るのが上手な猫です。 甘え過ぎず、神経質でもなく、我が強いわけでもない、子ども相手に撫でられるのは許すものの、一緒に遊ぶのは拒否したりします。 足が短いこともあり、高い場所に登りたがったり、大きな声で鳴いたりすることもほとんどないので、いるかいないのかわからないほどの静かさもまた、品の良さを感じさせてくれます。 ペルシャはゆったりとくつろぐことが好きで、あまり興奮することもありません。 留守番をしていても寂しがることはありませんが、家族のことはきちんと認識している賢い猫です。 ペルシャ猫を飼うときの注意点 きつく叱らない 温厚で争いごとを好まない性格の猫なので、何か失敗をしてしまった時やイタズラをしてしまった際に、きつく怒ってしまうと、飼い主を敵とみなして怖がってしまうことがあります。強く起こりすぎないようにしましょう。 環境の管理は大切 ペルシャはつぶれた鼻が特徴的な猫ですが、犬のパグやブルドッグ同様に短頭種は呼吸がしづらい鼻の形をしているため、夏の暑さに弱く、運動後も熱が体内にこもりやすく呼吸がしづらくなりやすいです。暑くなり過ぎない環境にするため、温度管理はしっかりとしましょう。 また、ペルシャは眠るのが好きな猫で、1日16時間は眠っているといわれています。少し長い気もしますが、これは病気というわけではないのでそっと寝かせてあげましょう。眠っているペルシャがゆっくり休めるような環境を作ってあげると良いです。 どの猫にもいえますが、トイレの場所を覚えるまでいろんなところで粗相をしてしまいます。トイレに行きたいサインが見えたら、ペルシャを抱っこしてトイレまで連れていき、そこがトイレだと覚えるまで繰り返し教えましょう。また、その際に粗相をした場所を綺麗に掃除せず臭いが残ってしまうと、その場所をトイレだと勘違いしてまた粗相を繰り返してしまいかねないので、後始末はきちんとするようにしましょう。 肥満に気を付ける食事 美しい被毛を保つために栄養バランスの良い食事は重要となりますが、ペルシャは運動を好まない猫なので食事量に気を付けないとすぐに肥満になってしまいます。 餌の与えすぎをしないよう、適量を与えるようにしましょう。 運動は適度に ペルシャはあまり運動を好まないうえ、マイペースな猫なので、構いすぎもストレスに繋がってしまいます。ペルシャの方からかまってほしそうな行動をとらない限りは放っておくようにし、遊びたがった場合は相手をしてあげるような程よい感覚で遊んであげるようにしましょう。 また、通常のキャットタワーは上下運動をしてストレス解消のために用意するものですが、ペルシャは寝ることを好む猫なので運動用というよりは低めで快適に眠れるようなものを選んで設置するとペルシャも喜んで使ってくれるでしょう。 手入れはしっかりと ペルシャは毛並みだけでなく、様々な手入れが必要になります。 ペルシャの被毛は上毛と下毛のダブルコートで毛量も多く、長さもあるのでもつれやすくなっています。そのため、手入れを怠るとすぐに毛玉になってしまうので、ブラッシングとコーミングは1日1回、換毛期は1日2回はするようにし、シャンプーは月1~2回の頻度でしてあげましょう。 ぺちゃ鼻が特徴であるペルシャは鼻に関する病気になりやすいため、鼻も定期的にお手入れしてあげると良いでしょう。濡れたガーゼで鼻の穴やその周辺を優しく拭き取ってあげることで清潔に保つようにします。 ペルシャの鼻の構造上、目と鼻を繋ぐ鼻涙管という涙が通るための管が曲がってしまっているため、常に涙や目ヤニが出ている状態です。なので、こまめに目のあたりを拭いてあげないと涙やけになり、被毛が変色してしまうこともあるので、清潔に保つようにしましょう。…

ベンガル猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ベンガル猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ベンガル猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ベンガル猫がなりやすい病気・ケガ ベンガル猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう) ベンガル網膜症(べんがるもうまくしょう) 多発ニューロパチー(たはつにゅーろーばちー) 白内障(はくないしょう) 胸壁の奇形(きょうへきのきけい) ベンガル猫の特徴 ベンガル猫の歴史 ベンガルはイエネコとヤマネコの交配によって誕生した品種です。 それは、1963年にアメリカ人繁殖家ジーン・サグデン・ミルズの一つの試みから始まりました。 ミルズは一頭のヤマネコ、アジアン・レパード・キャットを手に入れ、自らの黒毛のオス猫と交雑を行いました。交配が成功して生まれた子猫(F1世代)は最初のうちはヤマネコ同様の柄があったものの、成猫になると父猫の黒毛に覆われてしまいました。ところが、黒毛のメスの子猫(F1世代)が産んだ猫たち(F2世代)は、ヤマネコのようなスポットを持っていたとされています。 しかし、事情によりミルズは、F3世代を見ることなく、繁殖を一時中止することになりました。 その後、1970年代になると同じカリフォルニアのロマ・リンダ大学のウィラード・センターウォール医師は、猫白血病に対して先天的な免疫力を持つヤマネコ(アジアン・レパード・キャット)の研究をし、ワクチンを作るために野生のヤマネコとイエネコのハイブリッド種を育成していました。この時生まれた生まれた子猫は育種を再開したミルズに渡され、このF1世代を基礎に改めて繁殖と育種の途につくことになりました。 1983年に、ミルズはTICAにベンガルの登録を申請し、予備登録が認められて、育種のために観察期間が開始されました。2年後の1985年、初めてキャットショーに出陳されたベンガルたちは、猫好きの飼い主や繁殖家たちから大絶賛を受け、野性的な美しさと個性に魅了された繁殖家が次々と交配に乗り出し、アビシニアン、アメリカンショートヘア、エジプシャンマウ、シャムや世界各地の短毛の土着ネコなどと育種を進めました。この時の交雑により、ベンガルは十分な遺伝子プールを持つことができたため、純血の猫種として確立することになりました。 21世紀の現代では、ベンガルを基礎にオシキャットやシャムなどを交配し、新しい猫種の作出も行われるようになりました。 TICAでは今日までに6万頭以上のベンガルを登録しています。イギリスの団体であるGCCFもベンガルの登録を受け付けてます。しかし、野生ネコの交雑を禁じているCFAではベンガルの登録を認めていません。 TICAでは3世代の中にアジアン・レパード・キャットがいる時は、その子猫のショーへの出陳を禁じています。F1やF2など祖先に近いほど野性味が強く、家庭で飼いやすくなるのは4世代目のF4以降と言われています。 なお、現在はアジアン・レパード・キャットの輸出や飼育は、法律の制限により難しくなっています。 ベンガルにはロングヘアが生まれることがしばしばあります。ロングヘアの種は別猫種として登録をするため、一部の血統登録団体で予備登録が行われています。また、そのロングヘアのベンガルは「カシミア(Cashmere)」と呼ばれることもあります。 ベンガル猫の大きさ・見た目 やや幅の広いくさび型の頭で幅の広い鼻筋、ややつり目のアーモンド形の目をマスカラと呼ばれるアイラインが縁取っています。 イエネコより背骨が一節多いベンガルは胴体が長く、がっちりとした筋肉質で、中型からやや大きめのロング&サブスタンシャルタイプです。 ベンガルの毛色はブラウン、シルバー、ホワイトの3色の毛色に、2つの模様の組み合わせが基本となります。模様は、ロゼットと呼ばれる特徴的なヒョウ柄以外に、タビーやマーブルような縞があり、シルバーにはスモークが出ている場合と、公認色ではありませんが、ブルーやブラックも存在しています。 体重は3.5~8㎏、平均寿命は14歳~16歳ほどです。 ベンガル猫の性格 ベンガルは野性的な見た目からは想像できないですが、温和で甘えん坊な性格です。運動量が多く、遊び好き、ハンティングも好きで、猫としては珍しく水遊びも好きな性格をしています。 視覚や聴覚、嗅覚が発達しており、敏感に反応を示しますが、神経質なわけではありません。 また、ベンガルはこちらが話しかけると応えるように鳴いたり、かまってほしい時やごはんが欲しい時に鳴くなど、会話をしているように鳴く、言葉でのコミュニケーションが取れる猫です。 ベンガル猫を飼うときの注意点 動き回る場所の確保 ベンガルはとにかくよく動く猫です。そのため、走り回るための十分なスペースが必要となり、狭い場所での飼育は運動量が多いベンガルにとってストレスになってしまいます。しかし、走り回れる広さがあってもぶつかって怪我をしてしまうようなものがあっては危険ですので、なるべく角を保護して怪我をさせないような工夫をしましょう。 また、ジャンプで上下運動ができるようにすると運動量も増えるので、高さのあるキャットタワーの設置がベンガルの飼育には必要になります。ベンガルは色んな所にジャンプしたがるので、壊れると困るものやイタズラされたくないものは出しっぱなしにせず、しまっておくようにしてください。 一緒に遊ぶ時間を作る 遊び好きのベンガルは人に遊んでもらうのも大好きです。できる限り飼い主がたくさん遊び相手になってあげることが必要になります。 遊ぶ時間が足らずに運動不足になると、ストレスが溜まってしまう上、ストレスから病気になるリスクを高まります。その予防のためにも遊び相手になってあげましょう。 また、忙しくて一緒に遊ぶ時間がとれない飼い主は、猫の多頭飼いをオススメします。ベンガルは社交的な猫なので、ひとりで留守番をするよりは複数の遊び相手がいる環境の方がストレスを感じにくいため、可能であれば検討しましょう。 しかし、家で過ごせる時間がある場合は、ベンガルと一緒に遊んでコミュニケーションを取るようにしましょう。ベンガルと遊ぶことは運動不足の解消に繋がるだけでなく、猫と飼い主の関係をより深くしますので、積極的に遊んであげるようにしましょう。 手入れはほどほどで十分 ベンガルはシングルコートの短毛種なので、抜け毛が少なく、手入れがしやすい猫です。 普段のお手入れは毎日する必要はなく、ブラッシングを週に1~2回してあげる程度で十分です。ブラッシングはベンガルとのコミュニケーションにも繋がるので、お手入れ目的だけでなく、積極的にしてあげるようにしましょう。 また、室内飼いの場合は被毛が汚れることも少ないはずなので、シャンプーの目安も年に1~2回程度で問題ありません。しかし、外に出していて泥が付いて戻ってきたり、室内での別の要因で汚れてしまった場合などはシャンプーをしてあげましょう。 ベンガル猫におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ベンガル猫におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン…

ロシアンブルーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ロシアンブルーにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ロシアンブルーに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ロシアンブルーがなりやすい病気・ケガ ロシアンブルーがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 肥満(ひまん) 腎不全(じんふぜん) ロシアンブルーの特徴 ロシアンブルーの歴史 ロシアンブルーはロシアに土着していた猫が祖先と言われ、北極圏に近いロシアのアルハンゲル(Archangel)島の原産という説もありますが、定かではありません。 彼らがイギリスに入ったころは、「アルハンゲルキャット(Archangel Cat)」と呼ばれ、英語読みの「アークエンジェルキャット」という名前で1880年代からイギリスのキャットショーに出陳されていました。ロシア皇帝やイギリスのビクトリア女王の寵愛を受けた猫とされ、高貴で美しい要旨は猫愛好家の心を捉えて繁殖が盛んになり、1912年にはフォーリンブルー(外国の青猫)という名前で独立したクラスになりました。 19世紀後半から20世紀前半、戦争の時代は世界中の食糧難であり、ペットの猫たちも個体数が少なくなっていきました。ロシアンブルーも例外ではなく、純血を維持できないほど激減してしまいます。そのため、ロシアンブルーを復活させるために、異種交配の試みが始められることになりました。 美しいブルーの毛並みを求める繁殖家はブリティッシュショートヘアなどの猫種と、小さな頭と大きな耳を持つ頭部から方へのシルエットを求める繁殖家はシャムと、それぞれ交配を行い、最終的にはこれらもひとつの血統に結合されていくことになりました。ちなみに、この時交雑に使われたシャムはブルーポイントの毛色でしたが、劣性遺伝子のため、通常ロシアンブルーの交配で生まれることはあまりありません。しかし、両親ともシャムの毛色の遺伝子を持っているロシアンブルーを交配に使うと、21世紀の現代でもあってもシャムの毛色の子猫が生まれることがあります。戦後、シャムとの交雑が行われて数世代の頃はさらに出現頻度が多かったことからロシアンブルーの人気は加熱することなく、落ち着くことになりました。 20世紀初期にはアメリカに渡りましたが、アメリカの繁殖家はイギリスで交雑が行われていたロシアンブルーと、スカンジナビアに残っていたロシアンブルーを輸入して、これらの交配により育種を行ったといわれています。 また、オーストラリアのブリーダーが白一色の「ロシアン・ホワイト」や黒一色の「ロシアン・ブラック」なる猫を作出しましたが、アメリカではいまだ品種として認定されていません。なお、「ロシアンショートヘア」という表現は、ロシアンブルーをはじめ、ロシアンピーチ、ロシアングラック、ロシアンホワイト、ロシアンカラーポイントなどを総称するときに用いられます。 ロシアンブルーの大きさ・見た目 ロシアンブルーは楔形の小さな頭にエメラルドグリーンの大きな目、先がとがった耳は離れてピンと立っています。頭をすっと持ち上げたような首の姿勢ではコブラ・ヘッドとも呼ばれ、小さな顔に切れ上がった口元は微笑んでいるように見えることから、「ロシアン・スマイル」とも呼ばれています。 被毛は短毛のダブルコートで、細かく滑らかな毛に覆われています。 尾は長く、手足は引き締まっており、細い体に無駄のない筋肉をまとった、中型のフォーリンタイプです。 体重は2.2~5㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 ロシアンブルーの性格 飼い主に忠実で、犬のような性格と評される猫ともいわれる猫種ですが、プライドが高く気まぐれで、自分が親しんだ相手が他の猫に情をかけると猛烈に嫉妬するなど、猫らしい面も十分あります。 性格的には気難しい面があり、べたべたしすぎても、優しさが足らなくてもよい関係が結べません。そんな猫なので、絶対的な信頼関係を結んだ相手を独占したがるのでしょう。 誰にでも懐くということはあまりなく、家族の中でも好む相手を選びます。 近年の繁殖家は「このような神経質な傾向の個体を繁殖に使わないようにして、性格の改良を図っているようです。 また、あまり鳴かない猫としても知られており、「ボイスレス・キャット」と呼ばれるほど静かな面を持っています。 ロシアンブルーを飼うときの注意点 ストレスを溜めないようする 人好きですが、人見知りで神経質なため、自分のテリトリーに家族以外の人間やペットが入ってくることに対して敏感な面があります。 できる限り、知らない人の出入りを少なくし、ロシアンブルーと飼い主がゆったりくつろげる穏やかな空間を作ってあげられるようにすることで、恐怖心や警戒心から起こる「噛み付く」「訴えるように鳴く」などの行動を抑えられます。 ブラッシングは子猫の時から ロシアンブルーは短毛種ですが、ダブルコートなのでブラッシングは必要になります。ですが、神経質な性格なので嫌なことは絶対にさせてくれません。小さなころからブラッシングに慣れさせれば警戒心をなくせるので、子猫の内から慣れさせていきましょう。 運動できる空間を確保する 遊び好きで、比較的運動量が多いので、キャットタワーを設置したり、上下運動ができるように段差のある家具の配置などの工夫が必要です。 また、おもちゃなどで遊んであげると喜ぶので、遊んでほしそうな時にはしっかりと遊んであげましょう。 賢いロシアンブルーは、子猫の時から丁寧にしつければ、とても飼いやすい猫になりますが、その反面、プライドも高いので、しつけの際は毅然とした態度で挑みましょう。また、猫が落ち着いてくらせるよう、できるだけ穏やかに過ごせる環境を作ってあげるようにしましょう。 ロシアンブルーにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ロシアンブルーにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ラグドールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ラグドールにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ラグドールに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ラグドールがなりやすい病気・ケガ ラグドールがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 コロナウイルス(ころなういるす) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 熱中症(ねっちゅうしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) ラグドールの特徴 ラグドールの歴史 ラグドールは、1960年当時、アメリカ・カリフォルニアに住んでいた女性ブリーダーのアン・ベイカーが「ジョセフィーヌ(Josephine)」という名の白い猫をを元にペルシャとバーマン、更にバーミーズなどを交配させて誕生しました。 彼女は、この猫の魅力に自信を持ち、新しい品種として育成することをビジネスと結びつけて計画しました。ラグドールの品種名は、登録商標でもあり、既存の猫血統登録団体には登録せず、新しいIRCAを設立、ラグドールの血統管理と個体管理をフランチャイズビジネスの本部として行おうと考えていました。 しかし、1975年になると、このような仕組みに疑問を持ったデニー・デイトンを中心としたグループがベイカーと袂を分かち、ラグドールをもっと世に知らしめるべく、独自の活動を始めます。 そして、1970年代以降、固定化したラグドールは、初期の作出者以外の繁殖者によって、有力な血統管理団体CFAやGCCF、FIFeに登録することができました。 また、1994年には、あまりに厳密なブリーディング規則に嫌気がさしたグループがIRCAから独立し、後にラグドールの血統から「ラガマフィン」という別品種を作り出します。 猫名は英語で「(布製の)ぬいぐるみ」を意味する「ragdoll(ラグドール)」からで、抱き上げるとまるでぬいぐるみのようにおとなしくして身を任せてくれるところから着想を得たようです。 ラグドールの大きさ・見た目 ラグドールは、顔や手足などに特徴的な斑の入る毛色の、ミディアムロングの被毛を持つ猫です。 体型はロング&サブスタンシャルタイプで、大きめの頭にややつり上がった青い目、丸い顔をしています。 尾と体長は同じくらいの長さで、筋肉質で重量感のある体格です。 ラグドールの毛色はシール、ブルー、レッド、クリーム、ライラックのポイント、これらのタビーポイント、バイカラー、トーティ(サビ)などがあります。 ラグドールは、毛色だけではなく斑の入り方にも特徴があり、顔や手足、尾などにアクセントが入る「ポイント」、四足に手袋や靴下を履かせたような「ミテッド」、2色混合しているのがトーティ、2色が分かれているのがバイカラーになります。 また、生まれたときはほぼ全身が白く、成長にしたがって毛色が発生していきますが、完全に発色するまで2年近くかかることもあります。 体重は4.5~9㎏、平均寿命は14歳~16歳ほどです。 ラグドールの性格 人懐っこく穏やかな性格で、抱っこされてもその名の通りぬいぐるみのようにおとなしくしている温厚な猫です。 子どもや他の動物とも物怖じせずに仲良くできるので、家庭で飼いやすい社交的な猫でしょう。 また、とても従順で物静かな性格なのでしつけがしやすく、無駄鳴きが少ないです。 帰巣本能が強く、模様替えや引っ越しなどの自分を取り巻く環境が変わるような変化が起きるとストレスを感じてしまうことがあります。 家庭内では、ほかの猫やペットより人間に関心を持ち、常にさりげなくそばにいるような猫です。 ラグドールを飼うときの注意点 室内飼いを徹底する おっとりして穏やかな性格なので、外での危険に素早く反応することができません。外飼いはラグドールの寿命を短くしていしまう可能性が高いので、完全室内飼いを徹底しましょう。しかし、室内であっても、高いところに重いものを置いて落ちてきたりしないようにするなどの注意は必要になります。 肥満に気を付ける 運動にあまり関心を持たないため、肥満になりやすい傾向があります。 しかし、ラグドールも猫なので遊ぶことは大好きですので、適度な運動をさせるために飼い主がおもちゃで遊ぶなどして肥満を予防いましょう。ラグドールは体が大きいので遊ぶときは広いスペースを確保しましょう。 キャットタワーなどもあると良いですが、あまり高すぎると登ってくれないこともあるため、少し低めのものや登りやすいものにすると良いでしょう。 安心できる場所の作る 帰巣本能が強いので、初めて来た家や新しく引っ越す家に来たばかりの時は神経質になりがちな性格をしてるため、新しい環境に慣れるまではあまり構わず、ハウスやケージなど安心して過ごせる場所を作って、猫の方から自主的に動き出すまでそっと見守りましょうう。 グルーミングは忘れずに ラグドールの分厚い被毛は、ブラッシングやコーミングを怠るとあっという間に回復不能な毛玉になります。穏やかな性格なので毎日の習慣にして慣れてしまえばブラッシングやコーミングを嫌がることもありません。日々の習慣として必ず行いましょう。 閉じ込め事故に注意 ラグドールは声が小さいので、ベランダやトイレ、クローゼットなどに入ってしまって戸が閉まっても声が聞こえないまま閉じ込められてしまうことが度々あるようです。首輪に鈴をつけてどこにいるか音でわかりやすくするなどの工夫が必要になります。 ラグドールにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ラグドールにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア…

メインクーンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

メインクーンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

メインクーンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 メインクーンがなりやすい病気・ケガ メインクーンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 ピルビン酸キナーゼ欠損症(ぴるびんさんきなーぜけっそんしょう) コロナウイルス(ころなういるす) 子宮蓄膿症(しきゅうちくのうしょう) 大腿骨頭すべり症(だいたいこっとうすべりしょう) 股関節形成不全症(こかんせつけいせいふぜんしょう) 腹膜心膜横隔膜ヘルニア(ふくまくしんまくおうかくまくへるにあ) 家族性心筋症(かぞくせいしんきんしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) メインクーンの特徴 メインクーンの歴史 メインクーンは北アメリカでもっとも古い猫の一つですが、その起源は諸説あります。 最も知られているユニークなものはメインクーンはアライグマと猫の交雑によって生まれたという説です。実際には不可能な組み合わせですが、メインクーンの身体の大きさと毛色、被毛の特徴から生まれた伝説と考えられています。 また、数ある逸話の中で最も現実的な説としては、北欧の猫がバイキングまたは交易ルートで北米に入り、土着の猫と交雑して生まれたというものです。メインクーンはノルウェージャンフォレストキャットとの類似点が多数あることからも、非常に有力な説だと考えられています。 アメリカでは早くからキャットショーに出陳された人気の猫種で、1895年にはマディソンスクエアガーデンでのキャットショーで最高賞を受賞しました。 しかし、1900年代に入ってからは、ペルシャ猫に人気を奪われてしまい、人々の関心がメインクーンから離れたことで、血統の登録は先走りになりました。そこで、メインクーンの繁殖家と愛好家たちが、1968年メインクーンの専門クラブ「MCBFA(メインクーン・ブリーダー・ファンシャーズ・アソシエイション)」を設立すると、少しずつ人気が回復していきました。 また、1980年までに、TICA、CFAほかすべての血統登録団体に猫種として登録されました。 名前の由来については、メイン州の「Maine」とアライグマを意味する「Racoon」を合わせたもので、今ではメイン州の「州猫(State Cat)」に定められており、またの名を「アメリカンロングヘアー(American Longhair)」と呼ばれて親しまれています。 メインクーンの大きさ・見た目 メインクーンはがっちりとした骨格と広い胸幅に立派な飾り毛を持ち、胴長でまるでヤマネコのように大きな体を持った猫です。 ノルウェージャンフォレストキャットと似ているとされていますが、ノルウェージャンフォレストキャットの横顔が直線的なのに対し、メインクーンの横顔の鼻筋は柔らかい曲線を描いているという違いがあります。 四角い顔立ちにとがった耳があり、耳には多くの毛が生えています。 全身は冬の寒さに耐えられるダブルコートの厚い被毛に包まれ、尻尾が長くふさふさとしており、雪の中でも滑らないように肉球の間にも毛が生えやすくなっています。 毛色はブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリーム、タビー、ブラウン、シルバーなどが知られていますが、バイカラーやキャリコ(三毛)なども存在します。 また、「世界一尾が長い猫」「世界一ひげの長い猫」などの記録がギネスブックに登録されています。 体重は4~9㎏、平均寿命は12歳~15歳ほどです。 メインクーンの性格 メインクーンの性格は明るくお茶目で、愛情深い性格です。人が好きで室内では家族に付きまとうのに、べたべたすることはあまりないうえ、犬やほかのペット、子どもとも仲良くでき、来客にも愛想よく接することができます。 メインクーンは猫の中でも知性が高く、人間のすることに興味を持ったり、投げたボールを取ってきたりなど、犬のような訓練ができます。 また、体の大きさに似合わず高く可愛らしい声で鳴き、いつまでも子猫のようなしぐさをみせたりなど愛らしい一面も魅力の一つです。 メインクーンを飼うときの注意点 運動スペースを確保する 遊ぶのも大好きなメインクーンは、運動量が足りないとストレスが溜まってしまいます。遊ぶときは他の猫と同じく走ったりジャンプをしたり、高いところも好きなので、それなりの遊ぶスペースが必要になります。また、メインクーンはその体の大きさから低めのテーブルなどには簡単に手が届くこもいるので、家具の配置などに考慮しつつ、運動不足にならないような内装を作りましょう。 餌の量に気を付けて メインクーンは体が大きいので、食べる量も他の猫よりも多いのが特徴です。当然、かかる食費も高くなりますが、なにより健康のために、餌を食べ過ぎないように食事管理をすることが大切になります。 肥満になってしまうと、糖尿病や他の病気を誘発してしまうため、与える量をしっかりと把握して、餌をあげましょう。 手入れはこまめに メインクーンは長毛種ですが、毛並みは滑らかなうえ、毛玉になりにくいと言われています。ですが、放っておけばフェルト状になってしまうため、定期的にグルーミングが必要になってきます。 日頃の手入れとして、1日1回スリッカーブラシで全身を梳いた後、仕上げにコームで毛の流れを整え、春と秋に来る換毛期にはさらに抜け毛が多くなるため、1日2回ほどはブラッシングしてあげましょう。 シャンプーは月に1~2回を目安に入れてあげましょう。シャンプーの前後にも丁寧にブラッシングをし、毛玉の原因になるので濡れた毛はしっかり乾かしてあげましょう。 長毛種は夏の暑さが苦手な猫が多いため、夏の間だけサマーカットにしてしまうのも一つの手です。毛を刈ることで抜け毛や暑さの対策にもなりますが、バリカンは音の出る道具なうえ、必要以上に他人に触れられることが苦手な猫もいるので、嫌がる素振りを見せた場合はストレスにならないよう大人しく諦めましょう。 メインクーンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、メインクーンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン…

サイベリアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

サイベリアンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

サイベリアンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 サイベリアンがなりやすい病気・ケガ サイベリアンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肥大型心筋症(ひだいせいしんきんしょう) 毛球症(もうきゅうしょう) 尿路疾患(にょうろしっかん) 多発性のう胞腎(たはつせいのうほうじん) サイベリアンの特徴 サイベリアンの歴史 サイベリアンはロシアで生まれた猫とされていますが、その起源は確かではありません。 人工的ではなく、自然発生したサイベリアンは1000年以上も前から生息しており、姿もあまり変化していないだろうといわれています。 近年行われた遺伝子解析によると、ペルシャやアンゴラを含めた全ての長毛種の祖先ではないかとも考えられています。 サイベリアンとはシベリアを指しますが、極寒のシベリアは野生ネコの存在する北限地域です。この地域で生き延びるための身体的な特徴や生活行動がサイベリアンには見られます。そのひとつに「ビヤ樽型」と呼ばれる体型があります。ビヤ樽型とはビア樽のように丸くなった体系を表しています。また「トリプルコート」と呼ばれる珍しい被毛の個体が多く存在していることも特徴です。猫の被毛はふつうシングルコートかダブルコートだとされています。しかし、サイベリアンは「トリプルコート」と呼ばれる三重構造の被毛をまとっています。「ガードヘア」と呼ばれる脂分の多い被毛が外側に生えていることで、水分をはじいたり、乾燥から身を守っています。 長毛でサイズも大きいことからノルウェージャンフォレストキャットやメインクーンとも比較的近い血縁であると考えられていますが、上記のような「ビヤ樽型」、「トリプルコート」といった特徴はサイベリアン特有のものです。 サイベリアンは、1871年にイギリスで初めて開催されたキャットショーに出陣され人気を得ることとなりました。しかし、その後ロシアではソビエト連邦が成立し、ソビエト連邦政府は他国との交流や交易を制限したため、ペットも輸出入が禁止されます。そのため、海外ではサイベリアンは入手が非常に難しい猫として知られていました。 また、当時のソビエトでは食料不安からペットの飼育が禁止され、野生での交配のみで血筋は保たれているという状況でした。 1980年代に入り、愛好家たちによってようやくサイベリアンの育種が開始されます。そして、ロシア国外に輸出されるようになったのは1987年以降のことでした。当初は、ポーランドやドイツなど政治的に近い国やスカンジナビア3国のように地理的に近い国に限られて輸出が行われていました。 ロシアとの冷戦時代であったアメリカに輸出されたのは1990年になってからのことでした。文化交流プログラムを通じて、数頭がアメリカの繁殖者に贈られました。 1992年にTICA(猫の世界最大の血統登録機関)が新猫種の予備登録を行い、1996年には正式に猫種として登録されることになりました。 ソビエト連邦崩壊後は広い地域への輸出が可能となり、サイベリアンは世界中へ広がり始めました。 現在でもサイベリアンはロシアを代表する猫として、世界中で愛されています。 サイベリアンの大きさ・見た目 平均体重は4~9kgで、オスの場合は10kgを超えることもあります。骨の量が多く、骨格はがっちりとしており、筋肉もしっかりついています。 被毛はやや硬めで長毛、色はソリッドカラー、タビー、バイカラーなどさまざまな色が存在しています。 体だけでなく、耳や尻尾の毛までふわふわしています。 サイベリアンの性格 サイベリアンは温和で従順です。また賢い面もあるため、犬のようだといわれることもあるようです。しつけもしやすいといわれています。 また、愛情深い性格でもあります。しかし、テリトリー意識が強く、仲間と認めていない相手には冷淡な一面を見せることもあります。 そのため、家族以外には冷たいといったこともあるかもしれません。 もともと寒い地域で生活していた猫であるため、忍耐強いという特徴もあります。 また、個体差はありますが、水を怖がらない性質も持っています。 サイベリアンを飼うときの注意点 極寒の荒地で暮らすこともあったサイベリアンは大型犬の中では例外的なほどの跳躍力を持っています。キャットタワーは、体重に耐えられるようなしっかりとしたものを選びましょう。 水を怖がらないという特徴があるため、風呂や洗濯機に入り込んでしまう恐れがあります。留守にする際などは、忘れずに風呂や洗濯機のふたを閉めてください。 また、鑑賞魚をかっている場合にも、サイベリアンのおもちゃとなってしまうことがあるので注意が必要です。 サイベリアンは猫アレルギーを起こしにくいといわれていますが、必ずしもアレルギーを起こさないというわけではありません。猫アレルギーの方が飼育する際は十分注意してください。 サイベリアンは3年くらいの年月をかけて、ゆっくり成長していきます。その間はバランスよく食事をとり、適度に運動させましょう。肥満にならないよう気をつけてください。 被毛は長毛であるため、こまめなお手入れが必要です。1日に1回はブラッシングやコーミングを行いましょう。できた毛玉を放置すると、皮膚疾患の原因になってしまいます。 サイベリアンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、サイベリアンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

オシキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

オシキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

オシキャットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 オシキャットがなりやすい病気・ケガ オシキャットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 膀胱炎(ぼうこうえん) 皮膚疾患(ひふしっかん) 脱毛(だつもう) 尿路疾患(にょうろしっかん) オシキャットの特徴 オシキャットの歴史 1964年、アメリカ、ミシガン州バークレーのブリーダーであるヴァージニア・ダリーがアビシニアンの毛色にシャムの模様を持つ猫を作ろうと考え、アビシニアンとシャムの交配を行いました。この交配で生まれた1代目の子猫たちは、全員がアビシニアンと同じ毛色を持っており、シャムの模様はありませんでした。その後、この1代目の子猫たちを交配させてみたところ、生まれてきた2代目の子猫たちにはダリーが求めていた模様がついていました。 その2代目の子猫たちの中に少し変わった斑点模様の子猫がいました。ベージュの地色に茶色の細かい斑点を持つこの猫はトンガと名付けられました。ダリーの娘は、トンガを新しい猫種だと考え、トンガの模様がオセロットというヤマネコに似ていることから「オシキャット」と呼ぶことにしました。これが現在のオシキャットの源流となっています。 しかし、ダリーとってこのトンガの模様は目的とは違うものであったため、トンガの去勢をしてしまいます。 その後ダリーは、有名な遺伝学者のクライド・キーラー博士が、トンガによく似た猫種を作出しようとしているということを知ります。ダリーはキーラー博士に連絡を取り、トンガの存在を話しました。トンガはすでに去勢済みであったため、トンガの両親を使って何度か交配を試みます。そしてトンガとよく似たオス猫を生み出すことに成功し、その猫はドットソンと名づけられました。 その後、別のブリーダーも加わってこの血統の改良が行われ、斑点を持つネコは、アメリカンショートヘアとの交配から、がっしりした体型になり、現在のオシキャットの姿になりました。また、アメリカンショートヘアとの交配により、シルバーの毛色も誕生しました。 こうしてオシキャットは、新しい猫種として1966年にCFAに登録を申請しましたが、この時は受理されず、予備登録されることになりました。 そして、オシキャットに魅了された他の繁殖家の努力により、1978年にCFAにようやく公認登録されることになりました。 1998年にはイギリスのGCCFにも登録されています。 斑点のある美しい被毛と、賢くて人懐っこい性格から、今では世界中で愛されている猫種となっています。 オシキャットの大きさ・見た目 体重は3.5~6kg、中型~大型のセミフォーリンタイプです。体は筋肉質でしっかりしています。 全身に斑点模様があることが大きな特徴です。被毛は短めでつやがあります。尻尾は細長いです。 毛色は、代表的なものでブラウンスポットのあるタウニー、その他にはシルバー、ブルー、チョコレート、ラベンダー、シナモンなど、全部で12種類が認められています。 目の色はグリーン、ヘーゼル、イエローなどがあります。 オシキャットの性格 オシキャットは大変人懐っこく、甘えん坊な性格です。 そのため、留守番は少し苦手な傾向があります。 一方、繊細で臆病なところもありますので、人に慣れるまでに少し時間がかかります。時間をかけてコミュニケーションをとるようにしましょう。 また、頭がいいという特徴もあります。 芸をすぐに覚えるという点から「猫の皮をかぶった犬」といわれることもあります。 名前を呼べばこちらへ来たり、ボールを投げれば取って来たり、お座りをすることができたり、ハーネスやリードを使って散歩ができることがあります。しつけは比較的しやすいです。 オシキャットを飼うときの注意点 甘えん坊な性格であるため、留守番は苦手です。 どうしても飼い主さんの留守が多くなるようでしたら、ほかのペットと一緒に飼育することも検討したほうがいいかもしれません。 しかし、弱気で依存心があるため、猫同士の戦いで負けてしまうとかなりのストレスがかかります。そのため、家で飼う際には相性のいいペットと飼育をする必要があります。 また、活発で遊ぶことが大好きな猫種でもあります。 キャットタワーを置くなど、のびのび遊べる環境を用意してあげましょう。 ストレスをためやすい性格でもあるため、環境の変化などには十分に気を使ってあげましょう。 抜け毛はそこまで多くはありませんが、季節の変わり目には抜けることがあります。毛の手入れはこまめに行うようにしましょう。 オシキャットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、オシキャットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

キンカロー(マンチカール)におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

キンカロー(マンチカール)におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

キンカローに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 キンカローがなりやすい病気・ケガ キンカローがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 毛球症(もうきゅうしょう) 糖尿病(とうにょうびょう) 皮膚病(ひふびょう) キンカローの特徴 キンカローの歴史 キンカローは20世紀末、マンチカンの短い足と、アメリカンカールの巻いた耳の両方の出現を目的に、アメリカ人テリー・ハリスにより作出されました。 キンカローという名前は日本ではあまり聞きなれないものだと思われます。 実は、日本では、キンカローではなく「マンチカール」という名前で呼ばれることが多いのです。マンチカンとアメリカンカールを略して「マンチカール」です。 一方のキンカローとは、縮んでいることを表す「kinky」と、短い足という意味の「lowlegs」をあわせてできたものです。 日本では「マンチカール」という名前が一般的ですが、海外では「キンカロー」という名前のほうが一般的です。 キンカローのように人為的に作出された短足の遺伝子には、骨格の異常を引き起こしやすくなるというリスクがあります。これは猫だけでなく犬にも当てはまることです。猫の場合には、耳の形状異常が全身の骨格異常に大きく影響を及ぼすため、アメリカンカールやスコティッシュフォールドの交配には厳しいモラルが求められています。 キンカローの場合、マンチカンの短足で小型な体格とアメリカンカールの耳の形状を引き継ぐために、無理な交配を行うことで、半身不随や死産が多くなるといわれています。 繁殖者たちはキンカローに関して、骨格異常を引き起こすリスクはダックスフンドなどの小型犬と比べると低いと主張していますが、品種としての歴史がまだ浅いことからはっきりとしたことはわかっていません。遺伝的な病気の発症確立や平均寿命などについてはこれからの統計を待つ必要があります。 歴史が浅いということもあり、猫種としての登録にはまだ検討の時間が必要であるということから、TICAにおいてキンカローは「Experimental Breed」(実験種)として認定されています。つまり、確立された猫種ではなく、実験的な猫種として扱われているのです。 これまでの研究の結果、アメリカンカールとマンチカンの交配による1代目のキンカローでは、75%の子猫で耳がカールしており、25%の子猫が短足で生まれるとされています。そのため、耳はカールしているけれど足が短くない個体や、耳もカールしておらず足も短くないといった個体が生まれる可能性があります。 キンカローが今後、どのように繁殖されるのか、将来的には健全な猫種として確立できるのかなどについて、TICAや猫登録団体、研究者や動物福祉団体などによる研究や検討が続いています。 また、今後さらに健全な猫種として確立するために、ほかの猫種との交配が試みられ、それによって現在の標準となっている外見が変化していく可能性もあります。 キンカローを飼育する際には、このような状況を把握しておく必要があるでしょう。 キンカローの大きさ・見た目 キンカローは体重3~5kgと小ぶりな猫が多い傾向にあります。マンチカンから受け継いだ短い足とアメリカンカールから受け継いだ折れた耳が特徴的です。アメリカンカールと同様に、生後直後は直立耳で、生後2週間頃からカールを始めます。 足も短いですが、体長が短いという特徴もあります。体長よりも尻尾のほうが長い子もいます。 体は小さいですが、筋肉はしっかりとついているため安定感があります。 被毛はシルキーなさわり心地が魅力的です。 色はクリーム、オレンジ、グレー、タビー、ブラックなどさまざまです。 キンカローの性格 キンカローはよく犬のような性格だと形容される猫です。 社交的で人懐っこい性格ですので、子供やほかのペットとも仲良くできます。 また、来客の際にも人見知りすることが少ないといわれています。 犬のように賢いという面もあり、しつけをすれば投げたおもちゃを取ってきたり、芸を覚えてくれることもあります。 遊びが大好きな猫でもあります。構ってほしいという気持ちが強いので、たくさん遊んであげましょう。 構ってもらえないと寂しがることが多いです。留守が多い家庭では寂しい思いをさせてしまうことがありますので、配慮が必要です。 キンカローを飼うときの注意点 活発な猫種であるため、高さのある遊び場やおもちゃをたくさん用意してあげましょう。 飼い主さんと遊ぶことも大好きなので1日に1回は思いっきり遊んであげましょう。 中毛のことが多いので、被毛は週に1回程度ブラッシングし、猫草や毛玉を吐きやすくするフードで毛球症予防をしましょう。 また、キンカローは顎の下に分泌物が溜まりやすいため、小まめに拭いて清潔にする必要があります。 キンカローは誰かと一緒にいることを好むので、留守が多くなりがちな家庭では他のペットを買うことをおすすめします。 キンカローにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、キンカローにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ブリティッシュショートヘアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ブリティッシュショートヘアがなりやすい病気・ケガ ブリティッシュショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 肥満(ひまん) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) 新生子溶血(しんせいしとけつ) 猫伝染性腹膜炎(FIP)(ねこでんせんせいふくまくえん) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) ブリティッシュショートヘアの特徴 ブリティッシュショートヘアの歴史 ブリティッシュショートヘアはイギリス原産の猫で、イギリスでは最も古い猫種のひとつされています。 それはローマ帝国のイギリス襲撃の際に連れていた猫と推測され、エジプト由来の短毛猫と考えられています。 イギリスに入ってから1世紀近くの間を、ほとんど変わらない外見のまま繁殖していたようですが、19世紀の中頃、ネズミ捕りにおいて優秀な固体を選択して繁殖させていたことから、改良が始まりました。 この当時から、ペルシャなど長毛の猫との異種交配も行われて長毛タイプも生まれており、第一次世界大戦前は長毛タイプの方が人気があったようです。その後、短毛タイプはブリティッシュショートヘアの品種改良に、長毛タイプはペルシャの改良にと分けて交配に使われるようになりました。 しかし、原産国イギリスの猫血統登録団体であるBCFFは、ペルシャとの交雑に反対していました。そのため、第一次世界大戦後はペルシャとの交配種は第3世代(孫)以降のみブリティッシュショートヘアとみとめられることとなったため、個体数が激減することとなります。 第二次世界大戦の頃には、食糧不足から各家庭でも猫の飼育が難しくなり、品種存続の危機とされるほど少なくなってしまいましたが、その結果、繁殖家のあいだでも、ロシアンブルー、土着の短毛猫、ペルシャなどと交配相手が混乱することとなりました。 戦後になると人気が上がり、1979年にはキャットショー参加資格を得ることになりましたが、ショートヘアと名付けられながら時々生まれるロングヘアのため、品種の確率には手間取ったようです。 また、長毛タイプはブリティッシュロングヘアー、またはブリタニカと呼ばれ一定の人気を得て、2009年から別の品種としてキャットショーに参加しています。 ブリティッシュショートヘアは1620年代、アメリカへの移民の際にメイフラワー号に乗っていた猫とされ、アメリカンショートヘアの基礎となったと考えられています。容姿はよく似ていますが、フレンドリーなアメリカンショートヘアに対してブリティッシュショートヘアはやや気難しい面があることから、この気質と、威厳のある立ち振る舞いにより、イギリスでは時に「猫界のウィンストン・チャーチル」と呼ばれることがあるほどです。 また、ルイス・キャロルの童話「不思議の国のアリス」に登場するチェシャ猫は、ブリティッシュショートヘアがモデルとされています。 ブリティッシュショートヘアの大きさ・見た目 ブリティッシュショートヘアは胸が厚く、脚ががっしりしていてやや短めで中ぐらいの長さの尾を持つ中型からやや大型のセミコビーです。 頭は丸く、頬も目も丸く、鼻は短めで密生した短い被毛が特徴です。 毛色は独特の灰色の「ブリティッシュブルー」が有名ですが、異種交配の過程でいろいろな毛色を取り込んだため、あらゆる色が発現します。 体重は3~6㎏、平均寿命は14歳~17歳ほどです。 ブリティッシュショートヘアの性格 ブリティッシュショートヘアは子猫から若猫の頃まで甘えん坊のようですが、基本的には自立心が高く、抱っこされたり撫でられたりすることを好まない性格です。 また、猫らしいプライドの高さと威厳があり、賢さもあります。 非常に落ち着いた性格の猫なので、人の膝の上よりもソファなどの上で過ごすことを好み、留守番なども1頭でこなすことができます。 ブリティッシュショートヘアを飼うときの注意点 運動スペースを確保する ブリティッシュショートヘアは見た目はずんぐりとして丸みを帯びた姿をしていますが、筋肉質でがっしりしています。のんびり屋で穏やかな面もあるため、あまり活発に運動しないと思われがちですが、見かけによらず身体能力がある運動好きな猫です。 動き回れるほどの広いスペースがあると良いですが、どうしてもスペースがない場合はキャットタワーを用意して1人でも遊べる空間を設けるようにしましょう。また、おもちゃなども用意してあげることで、運動不足のストレスがたまらないように配慮してあげましょう。 肥満に注意 意外と筋肉質な猫なので、食事にも注意が必要になります。高タンパク質、高カロリーの食事が筋肉質な身体を作ってくれていますが、ただ食事を与えるだけでは餌の栄養を接種するだけなので肥満になってしまいます。食事の量はしっかりと守り、太らせないように気を付けましょう。 静かな場所で過ごさせる ブリティッシュショートヘアは穏やかな性格ですが、騒々しい場所が苦手です。大通りや電車の線路が近い場所など、騒音が激しい環境での飼育はストレスに繋がるので注意が必要です。 できる限り、静かで安心していられるような環境での飼育が望ましいです。 メリハリのあるしつけ ブリティッシュショートヘアは賢いのでしつけやすいとも言われています。褒められることが好きなので、上手に遊べた時などは沢山褒めてあげましょう。 遊ぶことの楽しさを知ることで、成猫になった時に運動量が減ったとしても、遊びながら運動不足を解消することができるようになります。また、運動で肥満を予防することも重要なので、楽しさを身につけさせれば肥満や病気予防に役立てることも可能です。 他の猫に比べ、飼い主の言うことを理解して聞くので、叱ったり褒めたり、メリハリのついたしつけを行いましょう。 叱るときはしっかりと叱ることで二度としなくなります。また、褒めるときは、ブリティッシュショートヘアは抱っこされることが苦手なので、頭や体を優しくなでてあげましょう。トイレのしつけの失敗が少なく、すぐに覚えてくれるので、賢く飼いやすい猫といえます。 ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ブリティッシュショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー…

ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ノルウェージャンフォレストキャットに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットがなりやすい病気・ケガ ノルウェージャンフォレストキャットがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 糖尿病(とうにょうびょう) 毛球症(もうきゅうしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) グリコーゲン貯蔵症(ぐりこーげんちょぞうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 尿路結石症(にょうろけっせきしょう) ノルウェージャンフォレストキャットの特徴 ノルウェージャンフォレストキャットの歴史 ノルウェージャンフォレストは、その名の通り、ノルウェーの森林地帯で自然交配によって生まれた猫種です。その歴史は4000年前にも遡るといわれますが、正確にはわかっていません。 北欧神話にも登場し、雷神トールでも持ち上げることのできなかった猫や、女神フレイヤが車を牽かせるために二頭の猫を用いたという話が残っており、これらの猫のモデルがこの猫種であったとされています。 「スコグカット」と呼ばれ地元で長く愛されてきたねこですが、育種の動きが始まったのは1930年代のことで、ノルウェーの愛猫家たちが、国を代表する猫ととしてこのスコグカットを保護、育成する活動を始めました。 しかし、第二次世界大戦が始まるとその活動は中断され、一時は絶滅寸前にまで追い込まれましたが、1963年、ノルウェー国立純血猫協会が設立されると、続いて1975年にはノルウェージャンフォレストキャット専門のサークルが設立され、本格的な育種と保存が再開されることとなりました。また、1977年にはヨーロッパの猫種登録機関に品種として登録されました。 1979年には、ノルウェージャンフォレストキャットのペアが初めてアメリカに輸入され、1981年にアメリカ初のノルウェージャンフォレストキャットの子猫が生まれ、話題となっていました。 現在、ノルウェージャンフォレストキャットはTICAをはじめ、ACFAやCFAなど多数の団体で認められています。 ノルウェージャンフォレストキャットの大きさ・見た目 ノルウェージャンフォレストキャットはサブスタンシャルな大型の猫種です。胴体はがっしりとしていて腹部はかなり奥行きがあります。 ノルウェーの厳冬に対応するため、非常に豊かな被毛を持ち、とくに首から胸にかけてのラフと呼ばれる襟巻のようなふさふさの毛が特徴です。毛質は水や雪をはじきやすいよう、硬くて長いオーバーコートと、柔らかくて保温性のあるアンダーコートのダブルコートになっています。 ノルウェージャンフォレストキャットの被毛について、TICA(The International Cat Association)では、トラディショナルカテゴリーの全ディビジョン(毛色による色分け)と全カラーが認められていますが、セピア、ポインテッド、ミンクのカテゴリーは認められていません。また他の団体ではシナモン、ライラック、フォーン、チョコレートのカラーは認められていません。 体重は3.5~6㎏で大きいものは10㎏の個体も存在し、平均寿命は14歳~16歳ほどです。 ノルウェージャンフォレストキャットの性格 ノルウェージャンフォレストキャットは穏やかで我慢強く、優しくて温厚な性格で、甘えん坊ですが過剰なスキンシップを好まない面も持っています。 また、人に対しては比較的人懐っこく、ほかの猫や動物とも社交的に接することができます。 ノルウェージャンフォレストキャットを飼うときの注意点 怪我に注意 ノルウェージャンフォレストキャットは穏やかで我慢強い性格ですが、いたずらが好きな面もあります。好奇心が旺盛なので気になったものにはつい手を出してしまい、夢中になっているうちに怪我をする可能性があります。そのため、危ないもは極力ノルウェージャンフォレストキャットの移動範囲内に置かないようにしましょう。 運動環境を整えておく 運動能力も高く、特に高い場所へ登ることが好きなうえ、大型で骨太、そして筋肉質なので通常の遊びとしての運動も多く必要になります。 運動不足に陥るとストレスになってしまうので、よく運動ができる環境を作ってあげましょう。 肥満に注意 ノルウェージャンフォレストキャットは体が筋肉質のため、多くの栄養を必要としますが、与えすぎは肥満にさせてしまうので与える量には注意が必要です。 良質な栄養を与えることで、毛質や体つきの綺麗な子に育てることができるので、しっかり栄養管理をしてあげましょう。 ブラッシングは毎日 ノルウェージャンフォレストキャットは綺麗好きな猫でもあります。歯磨きをしたり目や耳が汚れていた場合はコットンなどで優しく拭き取ってあげることも必要になります。 また、この猫種は体が大きいうえに被毛が長く多いため、手入れには少々手間がかかります。 ブラッシングの頻度は1日に1回は行うのが理想といえます。換毛期は抜け毛が目立つので、1日2回を目安にブラッシングを行い、ブラッシングは被毛の管理だけでなく猫と飼い主とのコミュニケーションにも繋がるので、積極的に行いましょう。 シャンプーをすると楽に抜け毛を取り除くことができるのですが、毛の特性状水を弾いてしまうので、全身を濡らすのには苦労しますが根気よく洗い流してあげましょう。 ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、ノルウェージャンフォレストキャットにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

マンチカンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

マンチカンにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

マンチカンに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 マンチカンがなりやすい病気・ケガ マンチカンがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 椎間板ヘルニア(ついかんばんへるにあ) 毛球症(もうきゅうしょう) 外耳炎(がいじえん) 漏斗胸(ろうときょう) 慢性腎不全(まんせいじんふぜん) 変形性関節症(へんけいせいかんせつしょう) マンチカンの特徴 マンチカンの歴史 ダックスフンドのような短足の猫の存在は、1944年にイギリスのジョーンズ博士によって、初めて報告されたといわれています。 突然変異でそのような姿になったとされていますが、第二次世界大戦の頃には姿を消してしまい、暫くは存在を確認できない状態でしたが、1953年になると、ロシアからも同じように足の短い猫の報告があり、1964年にはアメリカのニューヨークで、1970年にはニューイングランドでも短足猫の存在が報告されていました。 各地で報告された短足猫の存在を確立する決定的な出来事は、1983年にアメリカのルイジアナ州で発見された、トラックの下にいた野良猫だといわれています。ブルドッグに追われてトラックの下に逃げ込んだ猫を見つけたのは当時音楽教師だったリンダという女性でした。彼女は猫を保護し「ブラックベリー(Blackberry)」と名付けます。 やがてブラックベリーは子猫を生みますが、そのうちの半数は短足で、その短足猫のうちの一匹を友人だった繁殖家であるケイ・ラ・フランスという女性に譲り、彼女は譲り受けたそのオス猫を「トゥールーズ」と名づけ、育種を始めるにあたり近親交配による将来の遺伝子疾患のリスクを減らすために異種交配が行われました。 育種されたマンチカンは、ニューヨークで開かれた1991年のキャットショーで初めて展示されることになりました。 しかし、短足で小さなマンチカンの姿は、様々な立場からの論争を引き起こすことになり、一方では遺伝疾患や免疫力の弱さを懸念する人たち、もう一方はこの猫の愛くるしい姿に魅了され、その健全性を信じようとする人たち両者の間で起こった争いでした。 この時のキャットショー以降の評判では、「結局は単なる突然変異」と結論付けて終わったものの、後にこの短足猫はアメリカのいろいろな場所で見つかり、彼らもまた育種のために使われるようになりました。こうした近親交配のリスクが低下することで、猫の国際的な血統登録団体でらうTICAは、、1995年にスタンダードを作成し、新しい猫種として認定することになりました。 マンチカンの育種については猫愛好家や遺伝学者など、様々な立場から違った倫理的見解があり、国際的な猫血統登録団体であるCFA(アメリカ)、GCCF(イギリス)、FIFe(フランス)は2014年に至っても、マンチカンを猫種として公認はしておらず、純血種としての育種が開始されえて20数年しか経ていないため、今後はさらに時間をかけて、マンチカンの健全化と固定化がまたれるところです。 マンチカンという名前は、英語で「小さい人・子ども」を意味する「munchkin(マンチキン)」からなぞらえてついた名だといわれています。 マンチカンの大きさ・見た目 マンチカンには短足だけでなく、普通の猫と同じ足の長さのタイプも多く存在し、短足のマンチカンは実は全体の2割程度ともいわれています。 短足タイプは、体長よりやや短いものの長めの尾があり、小型のセミコビーで体高は猫種の中でもっとも小さく、2014年にカナダで繁殖された体高13.6cmのマンチカンは世界一小さな体高の猫としてギネスブックに登録されています。 マンチカンは作出の歴史において様々な猫と交配されてきたため、要望や毛色が非常に多彩ですが、交配による弱体化を防ぐため、TICAは他の純血猫との交配を禁じたことから、スコティッシュフォールドのような折れ耳やアメリカンカールのような巻耳など、ほかの猫種の特徴が発現したマンチカンは公認されず、血統書が発行されることはありません。 体重は2~4㎏、平均寿命は10歳~13歳ほどです。 マンチカンの性格 マンチカンは穏やかで大人しく、利口で人によく懐く甘えん坊な面のある一方、臆病な部分もある性格をしています。 活発ではありますが、大人しさもあるので、初めて猫を飼うという方にもおすすめな猫種です。 マンチカンを飼うときの注意点 マンチカンは人によく懐き、落ち着きのある性格なので初めて猫を飼おうという人にも飼いやすく、向いている猫といえます。 トイレの場所を覚えさせる 他の猫同様に、トイレの場所はしっかりと教えてあげましょう。ご飯を食べて排泄しようとうろうろし始めたら、トイレまで連れて行ってあげるようにし、トイレの場所は静かで落ち着けるようなところに配置してマンチカンがトイレをする際に邪魔にならないようにしましょう。 大きな声で叱りつけない 始めこそ粗相やいたずらをしてしまうことが多いと思いますが、大きな声で叱ってしまうと怯えてしまい、信頼関係に悪影響を及ぼすことがあります。粗相をしてしまった場合は黙って綺麗にし、消臭をした後に根気よく正しいことを教えていきましょう。うまくトイレをすることができたときはその場でたくさん褒めてあげることでしつけが入りやすくなります。 ブラッシングは週2~3回ほど 被毛の手入れもそこまで頻繁に行わなければならないということはありません。週2~3回ほどで十分です。 また、マンチカンは室外飼育には向いていないため、室内で飼うようにしましょう。体もあまり汚れないので、気になった時以外はシャンプーの必要はありません。 マンチカンにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、マンチカンにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

アメリカンショートヘアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 アメリカンショートヘアがなりやすい病気・ケガ アメリカンショートヘアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 流涙賞(りゅうるいしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 眼瞼内反症(がんけんないはんしょう) 糖尿病(とうにょうびょう) 関節疾患(かんせつしっかん) 肥大型心筋症(ひだいがたしんきんしょう) 急性腎不全(きゅうせいじんふぜん) アメリカンショートヘアの特徴 アメリカンショートヘアの歴史 日本でも大変人気のあるアメリカンショートヘアは、イギリスのブリティッシュショートヘアが直径の祖先猫です。ブリティッシュショートヘアは大変古い歴史の猫で、ヨーロッパヤマネコがイギリスでスコットランドヤマネコとなり、変化したものと考えられています。 今からおよそ400年前、ピューリタンがイギリスからアメリカに渡るために乗ったメイフラワー号に同乗し、アメリカ大陸に共に渡った短毛の猫がアメリカンショートヘアの土台となったといわれています。 この時の彼らはペットとして入ってきたわけではなく、穀物を荒らすネズミ退治のために飼われており、ペット向きではない強い面がありますが、ハンターとしては大変優秀で、多くの農場や家庭で求められました。彼らの子孫は交雑があったにも関わらず、50ドルから100ドルで売られていたと言われています。 この時代はまだ、愛玩目的の純血種として求められていなかったため、行われていた異種猫との交雑により、アメリカンショートヘアは遺伝疾患の少ない頑健な体を得ることができたと考えられています。 アメリカの農業が大規模化し、穀物管理の手法が発展すると、ハンターとしての猫たちは引退を余儀なくされましたが、特徴的な銀灰色のクラシックタビーの美しさに魅せられた愛好家の手によって、品種確立を目指して育種されることになりました。 アメリカでは1895年のキャットショーでデビューしましたが、この時のカタログには1000ドルの値段がつき、さらに翌年の1896年のショーでは2500ドルの値が付くほど人気が上昇していったとされています。 アメリカの愛猫団体であるCFAは、1906年創設時に登録した5猫種のひとつとして採用しましたが、この時の名前は単に「ショートヘア」とされ、他の短毛猫とひとくくりにされていたようです。その後、愛好家によって性能・容姿・性格において選択交配により改良が続けられた結果、1966年にはアメリカンショートヘアへと改名されました。 日本に入ってきたのは1980年以降とされていますが、日本猫とは違うパターンのタビーや気質、丈夫な体質に熱心な愛好家が増え続けています。1966年、単猫種愛好家クラブとしてアメリカンショートヘアクラブジャパンがCFAに認可されるまでになり、今日も親しまれ続けています。 また、日本では「アメショー」と略されていますが、英語圏では「マウサー(mouser/ネズミ捕り動物)」という異名を持っています。 アメリカンショートヘアの大きさ・見た目 アメリカンショートヘアは中型のセミコビー型で、脚が大きくがっちりとした体格です。ややスクエアな顔立ちで、尾は長く、短毛ですが厚い被毛に覆われています。 一般的な毛色は銀灰色のクラシックタビーが有名ですが、黒、白、銀、クリーム、赤、茶、青など非常に多くの毛色があり、タビーでないソリッドカラーや、ホワイトとのバイカラーの個体もいます。 体重は3.5~6.5㎏、平均寿命は12歳~13歳ほどです。 アメリカンショートヘアの性格 基本的に明るく、賢い性格ですが、やや慎重で家族以外の人間には警戒心を出すことも多いようです。自立心の強い祖先猫のブリティッシュショートヘアの影響が強い個体もいますがいますが、その場合は家族からもベタベタと触れられることを嫌がる傾向にあります。 鼠狩りを行っていた過去をもつため、好奇心旺盛で特に動くものに大変興味を持ちやすいです。 また、人見知りをせず友好的な性格のため、他の動物と一緒に飼ったり多頭飼いをしても安心できる性格です。 アメリカンショートヘアを飼うときの注意点 暑がりなので温度調節を 本来寒がりな動物なのですが、アメリカンショートヘアは寒いイギリスでネズミ捕りをしていきてきたので、多少は寒さに強い傾向がありますが、その反面で暑さには弱いので、夏場は熱中症にならないよう冷房をかけて温度調節をしてあげる必要があります。 適度なブラッシング アメリカンショートヘアは、短毛種なので入念なブラッシングはそこまで必要ないですが、飼い主とのスキンシップとして定期的に行ってあげることで、毛玉予防にもなるため可能な時はしてあげましょう。 食事の量には気を付けて アメリカンショートヘアは太りやすい体質のため、食事に気を付けないと肥満になり、そこから糖尿病を患ってしまう可能性があります。アメリカンショートヘア飼う際、キャットフードのあげ過ぎには十分注意し、太りすぎていないか定期的に確認をするようにしましょう。 体を動かす環境をつくる 猟猫として働いていた猫なので、運動量が多く、活発です。ストレスを抱えないようたっぷり運動できる環境を整えましょう。 縦・横の移動はもちろん、おもちゃを使ったハンティング遊びも必要となります。 運動や遊びが足らなくなるとストレスが溜まり、いたずらが増えたり家具を傷めたりなどの問題行動が出てくるので、毎日たっぷり遊んでストレス解消してあげましょう。 可能であればキャットタワーやキャットウォークなどの導入はもちろん、自由に走り回れる広い空間や、猫が隠れられるほどの障害物があると猫はハンティング遊びが楽しくなります。 ほかのペットがいる場合は、猫が静かに休める場所を確保してあげましょう。猫は寝床を複数つくる動物なので、休める場所は数か所作ると良いでしょう。 アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、アメリカンショートヘアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

日本猫におすすめのペットに保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

日本猫におすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

日本猫に最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 日本猫がなりやすい病気・ケガ 日本猫がかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 慢性腎臓病(まんせいじんぞうびょう) 尿路結石(にょうろけっせき) 膀胱炎(ぼうこうえん) FIP(猫伝染性腹膜炎)(ねこでんせんせいふくまくえん) アトピー性皮膚炎病(あとぴーせいひふえん) 日本猫の特徴 日本猫の歴史 日本猫の歴史は古く、弥生時代の遺跡である長崎県壱岐市に所在するカラカミ遺跡からイエネコの遺骨の出土事例があったことから、紀元前から日本に猫が存在していた可能性が考えられています。 一般的には、奈良時代頃に、経典などの大事な書物をネズミから守る益獣として、中国から輸入されたことが日本猫の始まりとも言われており、本物のネコの描写が記録として現れるのは899年の宇多天皇による黒猫の飼育日記でした。 そこには「唐土渡来の黒猫」と断り書きがあり、それに加えてそれからおおよそ100年後、花山天皇が三條の皇太后に猫を贈った際、その猫を「唐猫」と詠んでいることから見ても、舶来でない在来の猫が当時の日本に既に存在していたことが伺えます。平安時代の様々な和歌や物語に登場し、人々に親しまれていましたが、その後も中国と交易するたびに猫が日本を訪れ、戦国時代にはシャム(タイ)などの東南アジアとも交易したことから、これらの猫とも関係ができたと考えられています。 現在の日本の猫の形は江戸時代に固定されたもので、日光東照宮の「眠り猫」(伝・左甚五郎作)は、日本猫の姿をよく表す好例とされています。 日本に伝来してから長きにわたり、猫は貴重な愛玩動物として扱われていましたが、鼠害防止の益獣としての使用は限定され、猫は繋いで飼育する動物であったともいわれており、絵巻物などには魔除けの猿同様に紐・綱等で繋げて逃げないように飼育されている猫の様子が多数描かれていました。そのため、鼠害対策として1602年には、洛中の猫の綱を解き放つことを命じる高札が出されたという名内容が、西洞院時慶の日記である「時慶記」に記録されています。禁制はかなりの効果があり、鼠害が激減したと言われています。 一方、日本猫は元々愛玩用ではなく鼠狩りの益獣として輸入されたため、家で飼われるより外で暮らす方が多かったという見解もあり、室町時代の幸若舞には京都で猫が自由に外を徘徊している模様が記述されていましたが、猫が広く繁殖するまでには至っておらず、江戸時代には鼠を駆除するための呪具として猫絵を描いて養蚕農家に売り歩く者もいたとされています。 日本猫の種の揺籃は1945年頃まで安静に続いてたものの、第二次世界大戦が終結した頃から進駐軍など外国人の手によって外来種が日本国内に大量に持ち込まれるようになり、特に日本国内に巻き起こったシャム猫の流行期を過ぎてからは、外来種との混血が急速に進み、20世紀も後半を迎えた頃には絶滅寸前と言われるまでの状況になりました。これに危機感を抱いたことから1971年、「日本猫の標準」の試案を作成したうえで「日本猫」の保存を平岩米吉が呼びかけていったことにより、今日の日本猫という種の存続に繋げていくことに成功しました。 日本猫の大きさ・見た目 顔の特徴として、額が広く鼻筋がしっかり通っていること、体を覆う被毛はそれほど長くなく、耳の毛は短いです。 毛は独特な配色をしていて、白、黒、ぶち、三毛猫、トラ、サビなどにわかれ、尻尾は細長いものと短いものがおり、尾が短い事は世界中他の猫と比べても大きな日本猫の特徴とされています。 体重はオス4.3㎏~5.5㎏、メス3.1~4.2㎏、平均寿命は13歳~16歳ほどです。 日本猫の性格 初対面の相手に対しては警戒心を見せますが、気を許すと愛嬌ある仕草を見せます。 毛色によっての個体差はいくらかありますが、白猫は気難しく向こうから寄ってくることはありませんが、飼い主に対する独占欲が強く、ほかの人や猫が近づくと敵意を見せて追い払おうとするいじらしさがあり、黒猫は慣れれば穏やかで飼い主思いで気持ちを察してくれる賢さがあり、茶トラは明るくフレンドリーかつ甘えん坊なのでとても飼いやすく、キジトラは活発で警戒心が強いために特定の相手にしか気を許さず、サバトラは陽気で人懐っこいか警戒心が強く神経質かの両極端なものがおり、ブチ猫は優しくて我慢強さがある反面、人懐こく陽気かと思えば孤独を好む二面性があり、サビ猫はマイペースで穏やかですが構いすぎると嫌がる短気な面があり、三毛猫はプライドが高く独立心が強いうえに気まぐれさが目立つなど、毛色によっても性格が異なるといわれています。 日本猫を飼うときの注意点 食事は一日に何度か小分けに 毎日の餌は栄養バランスなどを考え、キャットフードなどが無難だといえます。ドライフードと缶詰がありますが、ドライフードは扱いやすく猫が歯周病になりにくいという特徴がありますが、缶詰は猫が好むのでよく食べますが、水分が多いことから泌尿器科の病気になりにくい良さがあるため一長一短です。ただし、餌はあげ過ぎると太ってしまうため、注意しましょう。 しつけは叱りつけない 犬のように叱られたからといって誤った行動をやめるというわけではないので、むやみに叱るのではなく、環境を整えつつそれができないような状況を整えるのがになりま大切す。 室内で飼う場合はトイレの場所を覚えさえることが必須になりますので、その猫自体の排泄物をトイレにあらかじめ置いておくなど猫が自分の場所だと認識できるようにしておくと習慣化できます。 信頼関係は距離感を大切に できるだけ猫の目線に合わせて様子を見て、甘えたそうな時には構い、ほっといて欲しそうな時にはそっとしておくなど、猫に合わせると信頼関係が徐々に築かれていきます。 最初の内こそはもどかしいかもしれませんが、根気よく向き合っていきましょう。 運動のできるスペースを 室内飼いだと運動不足にならないような工夫が必要になります。猫は駆け回る以外にも高い場所へよじ登ろうとするので、キャットタワーやキャットウォークなどを設置してあげるとよいでしょう。 気が向いた時にいつでも高いところへ登り、歩くなどの移動ができるので運動不足になりにくいほか、おもちゃも用意してあげると飼い主も一緒に遊べるうえに猫がストレスを溜めにくい環境づくりができます。 日本猫におすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、日本猫におすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン ロシアンブルー ラグドール

スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説猫種別の保険

スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

スコティッシュフォールドに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。 スコティッシュフォールドがなりやすい病気・ケガ スコティッシュフォールドがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。 骨軟骨異形成(こつなんこついけいせい) 尿管結石(にょうかんけっせき) 下部尿路症候群(かぶにょうろしょうこうぐん) コロナウイルス(ころなういるす) レーベル先天黒内障(れーべるせんてんこくないしょう) 熱中症(ねっちゅうしょう) 眼瞼内内反症(がんけんないはんしょう) スコティッシュフォールドの特徴 スコティッシュフォールドの歴史 世界中で広く飼われているスコティッシュフォールドの歴史は、1頭の白い猫に遡ります。 イギリス・スコットランド地域の農村にいた折れ耳のメス猫で、1961年に羊飼いのウィリアム・ロスが発見しました。ロスは猫の住んでいた納屋の持ち主に猫を譲り受け、「スージー」と名付けて飼育を始めました。 しっかりした体格で真っ白な被毛、、人懐っこく賢く愛らしい気質で、不思議な形の折れ耳をしたスージーは、ロスの手により交配され子猫を生みました。その中にスージー同様の折れ耳の子猫がいたことから、ロスは折れ耳猫の繁殖を始めることにしました。 1966年、ロスはGCCF(イギリスの猫種血統登録団体)に登録し、スージーの生んだ白いメス猫を土台に、折れ耳猫の品種確立を目指して本格的に繁殖を始めました。そして、遺伝学の研究者であるパット・ターナーの助力を得て、繁殖を進めていました。 GCCFは当初、スコティッシュフォールドの品種確立に協力的でしたが、骨格と聴力の異常が続発したことから、1971年には1度、この猫種の登録と繁殖を中止する決定を下しました。 イギリスで繁殖を中止することになったスコティッシュフォールドは、アメリカで輸出されて繁殖を続けられることになりました。 スコティッシュフォールドの遺伝疾患と品種確立の研究はアメリカでも続けられ、1970年代後半までに、交配の際にブリティッシュフョートヘアもしくはアメリカンショートヘア、エキゾチックショートヘアなどとの交配を行うことで、スコティッシュフォールドの個性を維持しつつ、遺伝疾患の影響を小さくできると結論付けました。 そして1977年、CFA(アメリカ猫愛好家協会)、猫種として登録が認められることになりました。 歴史が浅く、遺伝性疾患のおこりやすいスコティッシュフォールドは、現在でも各国の猫登録団体でブリティッシュショートヘアやアメリカンショートヘアとの交配が認められているケースが多くあります。 スコティッシュフォールドの大きさ・見た目 スコティッシュフォールドはがっしりした体格で、長毛と短毛の2種がいます。 丸い目と丸い顔に折れ曲がった耳が印象的な中型のセミコビータイプです。 その尚の通り、折れ(fold)耳が特徴的ですが、スコティッシュフォールドは生まれたときはどの子猫もまっすぐな耳をしています。生後3週間から1ヵ月程度で耳が折れ始めます。遺伝的に折れ耳になるのは3割強くらいという説と、極端な差が無く誕生するという説がありますが、現在の研究でこの耳は偶然できた突然変異であるとされています。 折れ耳タイプの頭の形から「ふくろう」「テディベア」「帽子を被っている」など、ユニークな別名がつけられていますが、折れ耳にならなかった立ち耳の猫はスコティッシュストレートと呼ばれ、一般の猫より小さい、三角形の耳を持ちます。 スコティッシュフォールドは、腰を抜かしたような独特の座り方をすることがあります。スコ座りとも呼ばれる姿勢ですが、腰や股関節の形成不全のためこのような座り方ができるとされています。一般の猫がするような両手両足をたたんだ香箱座りを苦手とするスコティッシュフォールドも多くいるようです。 スコティッシュフォールドの性格 スコティッシュフォールドは家庭的な性格で、子どもや同居動物との相性も良く、環境の変化にもあまり動じません。 賢く、好奇心が強いうえ、遊び好きで家族と共にいることを好みます。 また、スコティッシュフォールドは鳴き声が小さいことも知られています。 短毛・長毛ともに被毛は密生していて弾力があり、シルキーな手触りで、毛色は多くのパターンがありますが、単色では白、黒、レッド、クリーム、ブルー、およびこれらのシェイデッドやタビー、またこれらの毛色とホワイトの組み合わせなどがあります。 体重2.5~6㎏、平均寿命は10~13年ほどです。 スコティッシュフォールドを飼うときの注意点 スコティッシュフォールドはお手入れが総じて大変な猫種ではありませんが、いくつか抑えたい点はあります。 鼻が低く鼻血を出すことも スコティッシュフォール度は鼻が低いため、くしゃみをすることが多いです。このくしゃみによって、鼻の中を圧迫し、鼻血を出してしまうことがあります。この場合は、鼻の中に血が残らないように拭き取ることが必要です。心配な場合は、すぐに動物病院で診てもらいましょう。 歯磨きは1~3日おきに 猫は3歳ほどになると歯周病が増えてきます。歯垢を取らずに放っておくと歯石になり、歯周病になってしまうことがあります。歯周病の原因については実ははっきりとわかっていませんが、歯石だけが原因でないこともあります。子猫の頃のウイルス感染などでも歯周病を患う可能性がありますので、歯磨きはなるべくこまめに行ってあげましょう。できれば、毎日食後にしてあげられればベストですが、難しい場合は歯垢が史跡になる前に、1~3日に1度は行ってあげると良いでしょう。 耳はこまめにチェックして耳掃除はやさしく 立ち耳のスコティッシュフォールドであれば、汚れていたらコットンにイヤークリーナーを含ませて軽く拭う程度で大丈夫ですが、折れ耳のスコティッシュフォールドは湿気が溜まりやすく、外耳炎などになりやすいので注意が必要となります。まめに耳の中を確認し、汚れがついていた際には耳掃除をしてあげましょう。ただし、耳の中の皮膚はデリケートなので、あくまでやさしく、こすらないように丁寧に掃除してあげましょう。 爪切りをする 爪の先端が尖ってきたらカットすることにより、スコティッシュフォールドが爪をなにかに引っ掛けて怪我をしたり、飼い主が引っ掻かれて怪我をするという事態を防ぐことができます。爪を切る際のポイントは、嫌がったらすぐに開放してあげることです。全部の爪を一気に切る必要はないので、なるべくスコティッシュフォールドに負担が無いように行いましょう。無理に押さえつけるなどして行うと、信頼関係を崩してしまう恐れがあります。一度に済ませてしまいたい気持ちを抑え、根気よくスコティッシュフォールドの気持ちに合わせて行うことが大事です。 ブラッシングは1日1~2回 短毛と長毛によりブラッシングの頻度は異なりますが、短毛種の場合は1日1回、長毛種は1日に2回ほどしてあげましょう。そこまで神経質にブラッシングをする必要はありません。スコティッシュフォールドの抜け毛を取り、毛玉になるのを防いであげれば十分ですが、コミュニケーションに繋がるので積極的に行っていきましょう。 スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険 今後ペット保険ラボでは、スコティッシュフォールドにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。 人気の猫種はこちら その他の人気の猫種はこちらです。猫種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛猫にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。 スコティッシュフォールド アメリカンショートヘア マンチカン ノルウェージャンフォレストキャット ブリティッシュショートヘア メインクーン…