ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

ノーフォーク・テリアに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。

ノーフォーク・テリアがなりやすい病気・ケガ

ノーフォーク・テリアがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

ノーフォーク・テリアの特徴

ノーフォーク・テリアの歴史

ノーフォーク・テリアは1900年代初頭、イギリス・ロンドン北部に位置するイーストアングリア地方において、フランク・ジョーンズという人物が各種テリアを掛け合わせて誕生させた犬種だと言われています。
ノーフォーク・テリアの名前のにあるノーフォークとはイングランド南東に位置する郡のことです。
古くイギリスでは狐狩りやネズミの駆除、アナグマ猟などが盛んで小型のテリア種は狩猟犬として重宝されてきました。
ノーフォークテリアが作出された目的は、さらに小さな巣穴に潜り、果敢に獲物を捕まえる屈強な猟犬を得るためでした。

小さな体でありながら、ネズミや狐の巣穴めがけて果敢に入り込み、執拗に追い込む姿から「原野の小悪魔」という異名をつけられています。

1930年代、この犬種がドッグショーに登場した当初は、垂れ耳タイプと立ち耳タイプの両方が混在していました。しかし、垂れ耳タイプは数が少なく、一部の繁殖者から立ち耳タイプに限定すべきだという意見が主張されました。
そして、たれ耳タイプは一時的に絶滅の危機に瀕することとなりました。

しかし第二次世界大戦後、再びドッグショーが開催され始めると、垂れ耳タイプの愛好家たちが再び繁殖を始め、それぞれを別の犬種として認定するように、イギリスケネルクラブ(KC)に対して働き掛けはじめました。
そして、垂れ耳タイプと立ち耳タイプのノーリッチ・テリア同士の交配が行われなくなり、1964年に垂れ耳のタイプがノーフォーク・テリアとして独立しました。
イギリスでは1964年から、立ち耳タイプを「ノーリッチ・テリア」、垂れ耳タイプを「ノーフォーク・テリア」として別々に扱うようになっています。

20世紀中ごろからは、アメリカを始めとした海外へも輸出されるようになり、1979年には、アメリカでも正式にノーフォーク・テリアとノーリッチ・テリアを別犬種として認定し始めました。

原産国のイギリスでは、ノーフォーク・テリアの家庭犬化を進めるのではなく、むしろテリア犬種としての猟犬としての能力の維持を行っています。

家庭犬としての改良が進んでいないことや、日本ではヨークシャーテリアに人気があることから、日本での普及はいまひとつです。

ノーフォーク・テリアの大きさ・見た目

ノーフォーク・テリアは垂れ耳で足の短い犬種です。

被毛はどんな環境でも耐えられるように、密集した下毛と真っ直ぐで硬いワイヤー状の上毛のダブルコートで体を保護しています。

小さな体の割にしっかりとした筋肉を持っています。

体重は約4.5〜6kgで、体高は約24〜26cmとなっています。

毛色はレッド、ブラックアンドタンが一般的ですが、そのほかにもウィートンやグリルスなどのバリエーションがあります。

ノーフォーク・テリアの性格

ノーフォーク・テリアはとても活発で果敢な性格です。また、負けず嫌いで自立心が強い傾向があります。

飼い主に対しては、従順で愛想よく接してくれますが、見知らぬ人には距離を置いて接します。

ノーフォーク・テリアを飼うときの注意点

ノーフォーク・テリアは小型犬ながら大変活発な犬種であるため、多くの運動量が必要です。
運動不足でストレスが溜まらないよう、十分に運動させてあげましょう。

一日の散歩は、最低でも一時間は行いましょう。
また、もともとは猟犬であるため何かを追いかけるのが好きな犬種です。
ボール拾いなどもいいでしょう。
月に何回かは思い切り走れるドッグランや広場などに連れて行ってあげましょう。

ノーフォーク・テリアは猟犬ですので、甘やかしすぎると飼い主の指示を聞かなくなる可能性があります。
子犬の頃から、信頼関係を築きあげ、しっかりしつけを行いましょう。

子どもや小動物と犬だけの留守番は避けた方がよい犬種でもあります。気をつけましょう。

ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険

今後ペット保険ラボでは、ノーフォーク・テリアにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。

人気の犬種はこちら

その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。