チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チャイニーズ・クレステッド・ドッグに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグがなりやすい病気・ケガ

チャイニーズ・クレステッド・ドッグがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの特徴

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの歴史

毛のない犬は古くから世界中に存在したと言われていますが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグもその1頭で、チワワとの類似から南米が原産ではないかと長い間信じられてきました。

しかし、近年のDNA検査でこの説は否定され、アフリカ原産のアフリカ・サンド・ドッグから生まれた犬と推定されています。

13世紀頃、交易によって世界各地に広がったアフリカ・サンド・ドッグは、輸入先の国でいろいろな犬と交雑が起きました。そのうち、中国に渡ったものがチャイニーズ・クレステッド・ドッグとなったと考えられています。

輸入された国では、当時から大変稀少な犬で、商人から貴族や宮廷へ貢物として献上されることになり、飼育されていた小型の愛玩犬との交雑が起きて、現在の姿に近い形になりました。

そして、15世紀頃になると、この容姿を珍重されて、世界に輸出されるようになったのです。

各国でも愛好家に少しずつ、安定して飼育されてきましたが、清朝崩壊から第二次大戦終了までの間に、中国原産とされる犬の多くがイギリス占領軍により処分されてしまい、一時は絶滅の危機に瀕しました。

戦後、イギリスの統治が終了すると、チャイニーズ・クレステッド・ドッグは愛好家の手によって改めて繁殖の途につきました。個体数が少ないため、海を超えての交配となったこともしばしばありました。

この犬種は1800年代になると絵画や写真の中に登場するようになり、1800年代後半には、ヘアレス犬の繁殖で有名だったアイダ・ガーレッドという人物に注目されます。その後、1950年代のアメリカで活躍した舞台芸術家ジプシー・ローズがこの犬種を大変愛好し、繁殖も手掛けていましたが、彼女の死後、この犬種の有力な繁殖犬舎であるクレスト・ヘイブン犬舎が引き取ることになり、チャイニーズ・クレステッド・ドッグはクレスト・ヘイブン犬舎の犬とジプシー・ローズの繁殖した犬の2つの系統が主流となっていた時期がありました。このため、現在のチャイニーズ・クレステッド・ドッグも、血統をたどるとこの2つのラインのどちらかにつながっていることがしばしばあるようです。

こうした愛好家たちの努力により、チャイニーズ・クレステッド・ドッグはヘアレス犬として世界で一番多く飼育されるようになり、1981年にイギリスケネルクラブ、1987年にFCI国際畜犬連盟に登録されました。アメリカンケネルクラブでは1983年に登録されたものの、一時期は新規の登録が途絶えてしまったため、1991年になって改めて登録されることとなりました。

犬名は「中国のとさかのついた犬」を意味する英語からつけられていますが、中国の男性の髪型である「辮髪(べんぱつ)」(クレストヘアとも言う)に似ていることに由来しています。また、当の中国では伝説の動物の麒麟に似ていることから、麒麟狗と呼ばれていたようです。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの大きさ・見た目

毛のないことで知られている、チャイニーズ・クレステッド・ドッグですが、全身に豊かな長毛が生えているタイプもいます。

ヘアレスタイプは細身の体に、まるでトリミングで整えたように、頭部と足先など体の末端にだけふわふわの細い毛が揺れる優美な姿をしています。

長毛タイプはパウダーパフと呼ばれ、全身をシングルコートの細い毛に覆われています。

毛色はヘアレスタイプはどのような毛色でも認められており、パウダーパフでは、白にグレーや薄いクリームなどの色がかかっていることが多いようです。

体高はオスメス共に28~33cm、体重もオスメス共に4.5~5.5㎏、平均寿命は13歳~15歳ほどです。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格

チャイニーズ・クレステッド・ドッグは感受性が強く、繊細で、基本的に明るく、家族に対して深い愛情を示します。

内向的でシャイな面がありますが、攻撃性に転じず、反撃することなく内にこもってしまいがちです。

また、飼い主やその家族への忠誠心が強く、家族が喜ぶ姿を見るのが大好きで、先住犬とも仲良くすることができる社交性のある性格をしています。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグを飼うときの注意点

チャイニーズ・クレステッド・ドッグはあまり激しい運動や運動量を必要としません。散歩は1日20分程度で十分です。

ヘアレスタイプは抜け毛の心配が無い変わりに、スキンケアが必要となってきます。

皮膚が剥き出しの状態なので、衣服が絶対的に必要になってきます。寒さにも弱い犬種なので、冬の御散歩の際には保温性のある温かい服を、夏に葉紫外線対策のできる、UVカット機能のある服を着せてあげてください。

また、日焼け止めやクリームを塗って、肌へのダメージを防ぐ必要もあります。さらにヘアレスタイプも人間のように汗をかくので、ニキビのような吹き出物が出やすい犬です。皮膚の清潔を保つためにも、1週間おきくらいの感覚でシャンプーをしてあげましょう。

パウダーパフは適度な適度なブラッシングが必要となります。ダブルコートですが、抜け毛があまりない犬種でもあり、毛が長く絡まりやすいので、ブラッシングやトリミングが必要となってきます。

しつけには個体差もありますが、基本敵にてこずることが無い犬種です。しかし、プライドが高いので、上から叱りつけるようにしつけされることを嫌います。

犬と飼い主との関係をきちんと保っていかなくてはなりませんが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格も考えたうえで、遊びを取り入れて行い、できた時には多少大袈裟に褒めてあげることで、感受性の豊かなこの犬には効果があります。

気が弱い反面、警戒心が強い点があるので、散歩中に他の犬に対して吠えてしまう場合があります。そこから攻撃的になることはありませんが、できれば他の犬を見て驚かないようにするため、子犬のうちから外へ連れ出し、ほかの犬と交流を持たせておくと効果的です。

吠えさせないようにしつけをすることも大切ですが、チャイニーズ・クレステッド・ドッグの性格上、あらかじめ社会性を養っておいた方が無駄吠え防止への近道となります。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグはヘアレスタイプと長毛のパウダーパフタイの2種が存在し、どちらも大人しい性格で初めて犬を飼う人でもしつけのやすい犬種です。

ですが、ヘアレスタイプは特にヘアケアの必要が無い分スキンケアが欠かせない犬種なので、その点を覚悟して飼育しましょう。

チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険

今後ペット保険ラボでは、チャイニーズ・クレステッド・ドッグにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。

人気の犬種はこちら

その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。