チワワにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チワワにおすすめのペット保険は?病気・ケガ・性格も解説

チワワに最適なペット保険を選ぶために、かかりやすい病気やケガから、性格や体の特徴なども確認して、ペット保険選びに活かしましょう。

チワワがなりやすい病気・ケガ

チワワがかかりやすい病気はこちらです。病気の発見が遅れると、仮に治療が成功したとしても高額の治療費がかかります。病気は早期発見・早期治療を意識しましょう。

チワワの特徴

チワワの歴史

チワワは、メキシコ北部チワワ州原産の犬種で、北アメリカでは最も古い犬種といわれています。世界最小犬種としても知られています。日本では、1970年代から家庭で飼われるようになりました。

チワワの大きさ・見た目

チワワは、体高が15~23cm、体重3kg未満と、小型犬に分類され、世界最小犬種です。

その体の小ささから、日本の住宅でも広さを気にする必要がなく、ペット可のマンションなどで飼う方が多くなっています。

チワワには主に「スムースコートチワワ」と「ロングコートチワワ」の2種類おり、特に毛が長めのロングコートチワワは絶大な人気を誇っています。

大きな瞳に立ち耳が特徴的な犬種で、額は丸みを帯びているため、その形状から「アップルドーム」と呼ばれています。

チワワの性格

チワワはマイペースな性格で、素っ気ない様子を見せているかと思えば、ときには猫のように飼い主に甘えます。

また臆病で繊細な面も持ち合わせていて、少しの物音にも驚いてしまいます。そのため散歩中に他の犬とバッタリ出会うと怖さのあまり吠えてしまったり、飼い主に怒られないように常に気をつかったりしています。

飼い主の方は、チワワに頼れる存在になるように、守ってあげるようにしてください。

一方で独立心があり独りの状況でも耐えられるので、お留守番を任せても平気な犬種でもあります。むしろ独りの時間もしっかり確保して、安心してくつろげる環境を提供してあげることも重要です。

基本的には、勇敢で忠実な性格も持ち合わせており、飼い主に対して深い愛情を示してくれます。

ただしチワワは小さい体に比べて脳が発達している賢い犬種であり、誰でも構わず愛情を振りまくわけではありません。飼い主の方はしつけを通して、信頼関係を育めるように生活していきましょう。

チワワを飼うときの注意点

チワワが体が小さく骨が細いため、少しのきっかけで骨折することがあります。椅子をきちんとしまうなど、段差を極力つくらないように意識しましょう。

寒さにも弱いので、冬はエネルギーを増やすために食事量を少し増やしてカロリー摂取量を多くしたり、日当たりのいい場所にいられるようにしましょう。

ロングコートチワワの場合は、フサフサの被毛も多く生えており毛も多く抜けます。ブラッシングを定期的に行い、抜け毛を取るようにしてください。週に2~3回程度が目安です。

ブラッシングをすることで皮膚病のリスクも下がりますし、チワワとのコミュニケーションも十分に保つこともできます。

チワワにおすすめのペット保険

今後ペット保険ラボでは、チワワにおすすめのペット保険を紹介する予定です。高額の治療費が原因で十分な治療を受けさせることができなかった、ということがないようにペット保険への加入を検討してみてください。

人気の犬種はこちら

その他の人気の犬種はこちらです。犬種ごとになりやすい病気やケガ、性格や特徴を確認して、愛犬にぴったりのペット保険を見つけられるようにしましょう。





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。