犬の肛門周囲腺腫を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肛門周囲腺腫を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の肛門周囲腺腫の症状

犬の肛門周囲腺腫(こうもんしゅういせんしゅ)とは、肛門にある肛門周囲腺と呼ばれる分泌腺に腫瘍ができてしまう病気です。

肛門周りのしこり、出血、化膿などの症状が見られます。

症状が悪化すると、排便が困難になることもあります。

犬の肛門周囲腺腫の原因

犬の肛門周囲腺腫の発症には、男性ホルモンが大きく関わっているといわれています。

そのため、肛門周囲腺腫は去勢していない雄犬に多く見られます。

犬の肛門周囲腺腫の治療・予防

外科手術によって腫瘍を取り除き、虚勢手術を行うことで再発を防ぎます。

若いうちに去勢することが肛門周囲腺腫の予防につながります。

肛門付近のしこりを発見したら、すぐに動物病院を受診しましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の腫瘍の病気一覧