犬の扁平上皮がんを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の扁平上皮がんを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の扁平上皮がんの症状

扁平上皮がん(へんぺいじょうひがん)は、皮膚の表面にあたる扁平上皮(へんぺいじょうひ)が、がん化した病気です。鼻の表面や爪下、口の中にも腫瘍ができることがあります。

皮膚がただれたり、潰瘍や出血が確認できることもあります。

犬の扁平上皮がんの原因

発症の原因は、明確には分かっていません。

犬の扁平上皮がんの治療・予防

治療方法としては、腫瘍を取り除くための外科治療が行われます。手術の他に、放射線治療が行われることもあります。

原因不明の病気のため、早期発見・早期治療ができるように日々注意することが必要です。

また普段から腹部などの体の表面などを見て、しこりや腫瘍がないかを確認するようにしましょう。異常が見つかれば、すぐに動物病院で診察してもらいましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の腫瘍の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。