犬の腸炎(慢性腸炎)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の腸炎(慢性腸炎)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の腸炎(慢性腸炎)の症状

腸炎(慢性腸炎)(ちょうえん(まんせいちょうえん))とは、腸の粘膜が繰り返し炎症を起こす病気のことです。

下痢や嘔吐、血便、口臭、腹鳴、食欲低下、元気がないなどの症状が見られます。

重度になると、体重の減少や腹水などの症状も見られるようになります。

犬の腸炎(慢性腸炎)の原因

犬が腸炎(慢性腸炎)を引き起こす原因は、アレルギー、がん、感染症、寄生虫などが考えられます。

また、遺伝的な要因もあるといわれています。

犬の腸炎(慢性腸炎)の治療・予防

犬の腸炎(慢性腸炎)は、その原因によって治療方法が異なります。

アレルギーが原因の場合は低アレルギー療法食、腫瘍が原因の場合は外科手術を行います。

感染症や寄生虫が原因の場合は、抗生物質や駆虫剤を使用します。

また、粘膜の炎症を抑えるため、副腎皮質ステロイド薬を投与することもあります。

症状が重度になると命にかかわることがあります。

早期発見・早期治療ができるよう、定期的に健康診断を受けましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の消化器の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。