犬の会陰ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の会陰ヘルニアを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の会陰ヘルニアの症状

会陰ヘルニア(えいんへるにあ)は、大腸のヘルニアです。ヘルニアという病気は、体内にある臓器が、普段ある場所から脱出してしまう状況を指す病気です。会陰ヘルニアは、肛門の周囲で大腸などの臓器が脱出してしまう病気です。

便秘や排便困難、肛門周辺の膨らみといった症状が表れます。

膀胱が脱出してしまう場合もあり、そのときは尿が出にくくなるといった、より重篤な症状を引き起こすこともあります。

犬の会陰ヘルニアの原因

直腸壁を支えている筋肉が弱まることが原因で発症することがあります。一般的には体力全般が衰える、高齢の犬が発症しやすいといわれています。

吠え癖のある犬や去勢していない犬も発症率が高いといわれています。

ただし直接的な原因は不明とされています。

犬の会陰ヘルニアの治療・予防

会陰ヘルニアの治療では、飛び出してしまった臓器を元の状態に戻す治療が行われます。同時に、再び飛び出ないように、筋肉のすき間を埋める治療も行われます。

去勢手術を行うことで、発症率を下げることができます。また吠え癖がある場合は、しつけを通してあまり吠えないようにしましょう。無駄吠えが多くなると腹圧が高くなり、腸が脱出してしまう危険性が高まります。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の消化器の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。