犬の心室中隔欠損症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の心室中隔欠損症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の心室中隔欠損症の症状

心室中隔欠損症(しんしつちゅうかくけっそんしょう)は、先天性心疾患のひとつです。心室中隔(しんしつちゅうかく)は、右心室と左心室を隔てる壁としての役割を持っています。その心室中隔の一部が欠損している病気が、心室中隔欠損症です。右心室と左心室の血液が混ざり、心臓や肺に障害を起こすようになります。

欠損している部分が小さい場合は、症状が表れずに生涯を全うできることもあります。

欠損部分が大きく症状が重度になる場合には、呼吸困難や乾いた咳などの症状が発生します。また口唇が青紫色になるチアノーゼの症状が表れることもあります。

犬の心室中隔欠損症の原因

心室中隔欠損症は先天性の疾患です。子犬が胎内にいるときに心室中隔が十分に形成されず、右心室と左心室の間の心室中隔に、穴が開いてしまいます。

犬の心室中隔欠損症の治療・予防

治療方法としては、強心剤や利尿剤などを用いた内的治療を行い、病気の進行を抑えます。

他方、症状が進行している場合には、欠損部分を閉じ、右心室と左心室に壁を作り出す外科治療を行うこともあります。

この病気は予防ができないため、早期発見・早期治療を心がけることが何よりも重要です。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の心臓の病気一覧