犬の心不全(心臓病)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の心不全(心臓病)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の心不全の症状

心不全(しんふぜん)とは、何らかの原因によって心臓の機能が低下し、血液を送る役割を果たせなくなる状態を指します。心臓病(しんぞうびょう)とも呼ばれます。

心臓には、左心房、左心室、右心房、右心室という4つの部屋があります。これらのいずれかに異常が生じることで、心不全の状態が引き起こされます。

心臓は右心と左心に分かれています。右心で起こる心不全を「右心不全」、左心で起こる心不全を「左心不全」といいます。

ところで、心不全は特定の病気を指す言葉ではありません。心臓での血液が逆流する、心臓に穴が開くなど、症状ごとに個別の病名が付けられています。それらを総称して、心不全と呼びます。

症状としては、咳をする、舌が青紫色になるチアノーゼという症状が表れる、ゼーゼーとした呼吸をするなどがありますが、心不全の種類によっても症状が変わってきます。必要であれば、

犬の心不全の原因

心不全が引き起こされる代表的な病気が複数存在します。代表的な心臓病である僧帽弁閉鎖不全症(そうぼうべんへいさふぜんしょう)や拡張型心筋症(かくちょうがたしんきんしょう)などが挙げられます。

犬の心不全の治療・予防

具体的な病気ごとに治療方法が異なります。まずは動物病院で受診し、正確に診断してもらうことが必要です。その後治療を行ってもらいます。

また右心系の心不全の原因であるフィラリア症などは、予防接種をすることで高い確率で予防することが可能です。予防できそうな病気は、徹底して原因を取り除くようにしましょう。

犬の心臓の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。