犬の心房中隔欠損症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の心房中隔欠損症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の心房中隔欠損症の症状

心房中隔欠損症(しんぼうちゅうかくけっそんしょう)は、先天性心疾患です。心房中隔は、右心房と左心房の間にある壁の役割をしていますが、生まれつき心房中隔に卵円孔(らんえんこう)という穴が開いているのが心房中隔欠損症という病気です。穴が開くことで右心房と左心房がつながってしまい、心臓や肺に負担がかかっていきます。心不全につながることもあります。

咳をする、疲れやすくなる、などの症状が表れます。症状が悪化すると、舌などが青紫色になるチアノーゼを引き起こします。

犬の心房中隔欠損症の原因

心房中隔欠損症は、先天性の心疾患です。子犬が胎内にいる胎児期には心房中隔に穴が開いていますが、通常は生まれる前に穴は閉じます。何らかの要因で心房中隔が閉じないのが心房中隔欠損症です。

犬の心房中隔欠損症の治療・予防

穴が小さい場合には症状が表れません。穴が大きくなっている場合には、外科治療を行い穴を閉じる手術が行われることもあります。

心房中隔欠損症は先天性心疾患のため、予防ができない病気です。早期発見・早期治療を心がけることが重要です。またフィラリア症を併発すると、重篤な症状になってしまいます。フィラリア症はワクチンで予防できる病気のため、ワクチン接種を欠かさないようにしましょう。

犬の心臓の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。