犬の前立腺腫瘍を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の前立腺腫瘍を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の前立腺腫瘍の症状

犬の前立腺腫瘍(ぜんりつせんしゅよう)は、前立腺に腫瘍ができてしまうことで肥大化し、さまざまな症状があらわれます。具体的には、排尿時に尿がでにくくなったり、便秘になったりします。

また、腹痛や腰痛、足を引きずるような歩行障害が出ることもあります。

犬の前立腺腫瘍の原因

前立腺腫瘍の原因は、はっきりとはわかっていませんが、性ホルモンが関係していると考えられています。

犬の前立腺腫瘍の治療・予防

治療方法としては前立腺を切除する手術を行うのが第一です。手術後は、それほど長くは生きられない傾向にありますが、それ以外に有効な治療方法はないといわれています。

また、前立腺腫瘍が発見された場合にはすでに他の場所に転移していることも少なくはありません。

予防方法については、原因が解明されていないので現在のところわかっていません。定期的に検査をし、早期発見・早期治療に努めましょう。

犬の生殖器の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。