犬の包皮炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の包皮炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の包皮炎の症状

犬の包皮炎(ほうひえん)は、オスの犬に発症する病気で、病原性の細菌がペニスの包皮内で増殖し炎症が起きてしまう病気です。前者が包皮内で増殖した場合を特に包皮炎と呼びます。包皮炎の症状としては、包皮から膿が出る、頻尿、ペニスを気にするなどがあげられます。

犬の包皮炎の原因

犬の包皮炎の感染の原因は、病原性の細菌の感染です。さまざまな感染経路で細菌に感染してしまう可能性があります。

犬の包皮炎の治療・予防

包皮炎の治療方法としては、細菌を突き止め抗生物質の投与することと患部周辺を清潔に保つことです。

また、予防方法としては常日頃から清潔に保っておくことが大切だと考えられます。外出から帰ってきたときなどにはぬるま湯と犬用の薬用シャンプーで洗浄してあげると良いでしょう。

犬の生殖器の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。