犬の臍ヘルニアを解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の臍ヘルニアを徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の臍ヘルニアの症状

臍(さい)ヘルニアとは、へその下の筋肉に穴があき、その穴から腸管が皮膚の下に出てくる病気です。

へそが膨らみ、「出べそ」のような状態になります。

また、嘔吐や腹痛、食欲不振などの症状が見られることもあります。

犬の臍ヘルニアの原因

臍ヘルニアはほとんどが先天的なものとなっています。

胎児のときに発育が遅れたことが原因だと言われています。

犬の臍ヘルニアの治療・予防

臍ヘルニアが小さい場合、生後半年の間に自然治癒することがあるため、生後半年までは経過観察を行うことがあります。

治癒しなかった場合は、外科手術が必要です。手術後に再発することはありません。

避妊手術等の開腹手術の際に、同時に臍ヘルニアの治療をすることもできます。

臍ヘルニアは先天性のものがほとんどのため、予防することはできません。症状が悪化する前に、動物病院を受診しましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

参考になったらシェア!





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。