犬の乳腺炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の乳腺炎について徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の乳腺炎の症状

乳腺炎(にゅうせんえん)とは、乳汁を生成する乳腺と呼ばれる組織に、炎症が生じている病気のことです。

乳房が腫れる、しこりがある、授乳を嫌がる、食欲不振などの症状が見られます。

犬の乳腺炎の原因

子犬への授乳により乳腺が急速に発達し、乳汁の過剰分泌が起きることによって、乳腺炎を発症することがあります。

また、授乳の際に子犬から噛まれ、その噛み傷から細菌が入り込み、炎症が起きることでも乳腺炎は発症します。

妊娠や想像妊娠によって、乳腺が急速に発達することでも、乳腺炎を発症する場合があります。

犬の乳腺炎の治療・予防

症状が軽度の場合、犬の乳房を冷却し、炎症を抑えます。

抗炎症剤やホルモン剤の投与を行うこともあります。

症状が重度の場合には外科手術を行い、乳房の切除を行います。

また、子犬への授乳を行っている場合はいったん中止し、人口哺乳を行うようにしましょう。

細菌に感染するのを防ぐためにも、常に清潔な環境を整えておくことが重要です。

参考になったらシェア!





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。