犬の肥満症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の肥満症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の肥満症の症状

犬の肥満症(ひまんしょう)とは、体内に脂肪が溜まり、太りすぎた状態のことを言います。

歩き方がおかしくなったり、動きたがらなくなります。

また、心臓病や糖尿病、関節炎などを発症するリスクが高まります。

犬の肥満症の原因

犬の肥満症には、運動不足、多すぎる食事量、不妊手術によるホルモンバランスの変化、老化などさまざまな原因が存在します。

犬の肥満症の治療・予防

運動量を増やすことや食事量を減らすことが主な治療方法となります。

短期間で痩せさせようとするのではなく、様子を見ながら徐々に行いましょう。

適正体重には個体差があります。かかりつけの獣医さんに適正体重はどれほどなのか聞いてみるといいでしょう。