犬の尿崩症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の尿崩症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の尿崩症の症状

尿崩症(にょうほうしょう)とは、腎臓の水分再吸収機能が低下している状態の病気です。

尿の量が急激に増加し、排尿の回数も増えます。また、放出した水分を補うために異常にたくさんの水を飲むようになります。

慢性化すると、体重の減少、痙攣などの症状も見られます。

犬の尿崩症の原因

尿崩症には中枢性尿崩症と腎性尿崩症といった2つの種類があり、それぞれ原因が違います。

中枢性尿崩症は、脳下垂体に炎症や腫瘍ができることによって発症します。脳下垂体からアルギニン・パソプレッシンと呼ばれる抗利尿ホルモンが正しく分泌されなくなり、尿量の調節ができなくなります。

腎性尿崩症は腎臓での抗利尿ホルモンに対する反応が低下することで発症します。抗利尿ホルモンが正しく分泌されていても、腎臓での反応が低下しているために水分再吸収がされなくなります。

犬の尿崩症の治療・予防

中枢性尿崩症の場合は、デスモプレシンの定期的な投与によって治療をしていきます。
腎性尿崩症の場合は、利尿剤の投与や低ナトリウム食での治療を行います。

また、無治療という選択肢もあります。この場合には、常に水が飲める環境を可能な限り整えておくことが重要です。

犬の内分泌の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。