犬の眼瞼外反症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の眼瞼外反症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の眼瞼外反症の症状

犬の眼瞼外反症(がんけんがいはんしょう)は、主に下まぶたが外側に向かってめくれる病気です。角膜や結膜が外部に露出し、炎症や潰瘍を起こしやすくなります。

まぶたが外側に反転して結膜の赤い粘膜の一部が露出した状態になり、露出した結膜や角膜に炎症が起きると、涙や目ヤニが増えます。さらに炎症が進むと痛みや痒みが生じ、目をこする様子を見せることもあります。

犬の眼瞼外反症の原因

主に先天性であることが多いです。また、何らかの病気やケガで顔面の筋肉が弱ったり、顔面麻痺が起こったりすることで発症することがあります。

犬の眼瞼外反症の治療・予防

起こしている炎症の度合いなどにもよりますが、以下の3つが主な治療方法です。
・角膜炎や結膜炎に対する点眼薬などでの治療
・ドライアイに対する点眼薬や眼軟膏などでの治療
・重度の外反に対する外科手術

先天性であることが多く、予防方法は今のところありません。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の目の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。