犬の歯根膿瘍を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の歯根膿瘍を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の歯根膿瘍の症状

犬の歯根膿瘍(しこんのうよう)とは、歯の根元部分である歯根部に炎症が生じ、そこに膿がたまってしまう病気です。

歯に傷がついている、歯石がついている、食欲不振、口臭、顔が腫れるなどの症状が見られます。

犬の歯根膿瘍の原因

硬いものを噛んだり、布やロープを激しく引っ張ったりした際に歯にヒビが入り、そこから病原体が進入することで歯根膿瘍を発症します。

また、虫歯や、歯周病が原因となることもあります。

犬の歯根膿瘍の治療・予防

基本的には外科手術を行い、膿を除去します。その際は、抜歯することもあります。

外科手術を行わない場合、菌の感染を防ぐために抗生剤の投与を行います。

歯根膿瘍を防ぐために、硬い食べ物やおもちゃなどを与えることは避けましょう。

また、歯磨きを定期的に行うことも重要です。

口の中は常に清潔にしておきましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の口腔・歯の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。