犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)の症状

口腔内悪性黒色腫(こうくうないあくせいこくしょくしゅ)は、口腔内にできる悪性腫瘍で、がんの一種です。悪性黒色腫は、メラノーマとも呼ばれます。人と比較して発症率が高いといわれています。

口腔内の粘膜や舌に、黒色の腫瘍が確認できるようになります。リンパ節や肺など他の部位へ転移することもあります。

ステージ4と呼ばれる末期状態では、余命数ヶ月と診断されることもある深刻な病気です。

強い口臭が出る、口からの出血がある、よだれが多くなる、などの症状が見られます。

犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)の原因

悪性黒色腫は、色素(メラニン)を作る細胞が腫瘍化した病気ですが、発症の原因は明確には分かっていません。

犬の口腔内悪性黒色腫(メラノーマ)の治療・予防

腫瘍を除去するために、放射線や外科手術による治療が行われます。ただし腫瘍を発見したときには、他の部位に転移している可能性もあるため、完治が難しいこともあります。

末期の場合は、余命をできる限り長く過ごすために、症状を緩和する治療が行われます。

予防が難しく進行も早い病気のため、早期発見・早期治療を心がけることが必要です。定期的に口の中を見て、しこりや腫瘍がないかを確認する習慣を付けるようにしましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の口腔・歯の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。