犬の口蓋裂を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の口蓋裂を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の口蓋裂の症状

犬の口蓋裂(こうがいれつ)とは、上あごに亀裂があり、口腔と鼻腔がつながってしまう病気です。

鼻水、くしゃみ、咳、口臭などの症状が見られます。

また子犬の場合は、ミルクなどがうまく飲み込めずに肺に入ってしまい、呼吸困難や誤嚥性肺炎などを引き起こすことがあります。

犬の口蓋裂の原因

犬の口蓋裂の原因は先天的な形態異常のことが多いです。

先天的な発症の原因としては、胎児のころに母犬への薬物投与が行われたことや母犬にウイルス感染したことなどが挙げられます。

また、遺伝性の要因もあります。

後天的な発症の原因としては、交通事故や落下事故、感電などが挙げられます。

犬の口蓋裂の治療・予防

外科手術によって裂けている口蓋をふさぎます。

完全にふさぐためには複数回の手術が必要になることがあります。

誤嚥性肺炎を予防するためにも、早期発見が重要です。

生後は、検診をしっかり受診しましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

犬の口腔・歯の病気一覧