犬のエナメル質形成不全を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のエナメル質形成不全を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬のエナメル質形成不全の症状

犬のエナメル質形成不全(えなめるしつけいせいふぜん)とは、何らかの原因によって歯の表面にあるエナメル質が十分に発達しない病気です。

歯の表面がザラザラしている、歯が茶褐色になるなどの症状が見られます。

犬のエナメル質形成不全の原因

先天的にエナメル質の形成が不十分な場合があります。

また、生後1~4ヶ月ごろに感染症にかかった、傷がついた、栄養が不十分であったなどの原因からエナメル質形成不全を発症することもあります。

犬のエナメル質形成不全の治療・予防

強い力での歯磨きや、強く物を噛むなど、歯を削る行為はなるべく避けましょう。

また、定期的に動物病院で歯石除去を行うことが重要です。

症状が重度の場合は、歯にかぶせ物をつけることがあります。

早期発見し、早期にケアを行うことが肝心です。

気づきにくい病気でもあるため、動物病院で歯の検診をしましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

特にありません。どの犬種でもかかる可能性があります。

犬の口腔・歯の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。