犬の鉤虫症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の鉤虫症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の鉤虫症の症状

鉤虫症(こうちゅうしょう)とは、犬鉤虫(いぬこうちゅう)と呼ばれる体長1~2センチの寄生虫が腸に寄生することで発症する病気です。

下痢、血便、食欲不振などの症状が見られます。また、犬鉤虫は腸で吸血を行うため、多くの犬鉤虫に寄生された場合は貧血の症状が出ることもあります。

皮膚から入り込むことによって、人にも感染が拡大することもある病気です。

犬の鉤虫症の原因

犬鉤虫に感染する経路としては、経口感染、経皮感染、経乳感染、胎盤感染があります。

経口感染では、他の犬の糞便を食べたり、土に口をつけたりしたときに感染します。

経皮感染では、犬鉤虫が皮膚に穴を開け、そこから感染します。

経乳感染では、子犬が母犬から授乳してもらう際に、口から乳汁を通じて感染します。

胎盤感染では、母親の胎盤にいるときに子犬に感染します。

犬の鉤虫症の治療・予防

犬鉤虫が原因で発症しているので、根源となる犬鉤虫を駆除する駆虫薬を使って治療を行います。

特に散歩を通じて感染しやすい病気のため、定期的に寄生虫検査をすることによって早期発見できるようにしましょう。

また他の犬への感染を防ぐためにも、糞は放置せずに持ち帰るようにしましょう。

犬の寄生虫の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。