犬の回虫症(トキソカラ症)を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の回虫症(トキソカラ症)を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の回虫症の症状

回虫症(かいちゅうしょう)は、トキソカラ症とも呼ばれます。犬回虫と呼ばれる、成虫で約10~20センチのミミズに似た寄生虫が、犬の体内の臓器に侵入する病気です。犬回虫は犬の体内を巡りながら、最終的に小腸で寄生します。

腹痛や下痢、嘔吐、お腹が膨れるなどの症状を引き起こします。

犬の回虫症の原因

感染した母犬の臓器や胎内での感染が多いといわれています。胎内での感染を胎盤感染といいます。

また外部からの感染では、すでに回虫を体内に持ったネズミなどの小動物を捕食することで、感染することもあります。

犬の回虫症の治療・予防

治療方法としては、犬回虫を駆除するために、線虫類に有効な駆虫薬を投与します。下痢などの症状も引き起こしている場合は、その治療も行います。

1回の治療ですべての犬回虫を駆除できない可能性もあるため、必要に応じて数回駆虫する必要があることもあります。

胎盤感染の場合は予防が難しいです。そのため、出生後の早い時期に駆虫することが重要です。

また糞を誤って口にしてしまうことで感染することもあるため、路上などの糞には気を付けましょう。逆に糞を放置しないように、常に回収するように心がけるようにしましょう。

犬の寄生虫の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。