犬の低たんぱく血症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の低たんぱく血症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の低たんぱく血症の症状

犬の低たんぱく血症は、血液中のたんぱく質の濃度が低くなる症状のことです。

たんぱく質の濃度が低くなった結果、症状としては浮腫、貧血、食欲不振、下痢、腹水、心機能低下などがあらわれます。

犬の低たんぱく血症の原因

犬の低たんぱく血症の原因としては、さまざまあります。たとえば、腎臓、肝臓、腸などの障害、胃潰瘍、出血、やけどなどです。

犬の低たんぱく血症の治療・予防

治療方法としては、低たんぱく血症を引き起こしている原因となる疾患を特定し、それに対する治療を行います。

犬の血液の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。