犬の免疫介在性溶血性貧血を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の免疫介在性溶血性貧血を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の免疫介在性溶血性貧血の症状

犬の免疫介在性溶血性貧血(めんえきかいざいせいようけつせいひんけつ)とは、自己免疫性溶血性貧血と呼ばれることもある貧血の一種で自身の赤血球を破壊してしまう病気です。

食欲不振や元気喪失、疲れやすくなり息切れをするなどの一般的な貧血の症状が見られ、赤血球の色素が尿に溶け出す血色素尿や黄疸などの症状が起こります。

また、2~8歳の犬に多く、雌の場合は雄の3~4倍の発生率となります。

犬の免疫介在性溶血性貧血の原因

発生の原因については明確にわかっていませんが、自身の赤血球そのものに免疫反応が向けられた場合と赤血球に付着している何らかの物質(薬物など)に対して免疫反応が起こっている場合があります。

どちらも結果は同じで、赤血球の表面の抗体という免疫物質が結合することにより、脾臓や肝臓、骨髄などで破壊されたり、血液の中で破壊され、結果貧血症状を引き起こしてしまいます。

犬の免疫介在性溶血性貧血の治療・予防

治療方法としては、赤血球を破壊する機能を抑える治療を行います。一般的には免疫抑制がある副腎皮質ホルモンの投与をしますが、症状によってはその他の免疫抑制剤などの投与、すぐに症状の改善が見られない場合は複数の薬を使用や輸血を行う場合もあります。

治療には数ヵ月かかることも多く、一度完治をしても再発の可能性があるので注意が必要となります。

予防策としては、発症原因がはっきりとしていない為に予防自体が難しい病気ですが、治療が遅れると重症になるケースも多いことから、早期発見と治療が重要となってきます。

症状が見られ始めた時点でかかりつけの動物病院に相談をしましょう。

犬の血液の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。