犬のレプトスピラ症を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のレプトスピラ症を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬のレプトスピラ症の症状

レプトスピラ症は、レプトスピラ菌という菌に感染することで発症する病気です。

感染してから3~14日間の潜伏期間があります。レプトスピラ菌はいくつかの型があり、その型によって症状が変わってきますが、初期症状としては、発熱、嘔吐、脱水などが表れることがあります。急性の場合には、腎不全や肝不全、黄疸などの症状を引き起こすこともあり、命に関わる病気といえます。

また犬から人へ感染することもあり病気です。

ただしレプトスピラ菌に感染してもすぐに症状が表れず、そのまま自然治癒する型もあります。

犬のレプトスピラ症の原因

レプトスピラ菌に感染することで、レプトスピラ症は発症します。感染経路としては、ネズミの尿などから感染することがあります。また尿が混じった水たまりや土壌に触れたり、口を付けたりすることでも感染します。

犬のレプトスピラ症の治療・予防

主に抗生物質を投与して、レプトスピラ菌を除外します。また症状に応じて、点滴なども行います。

予防接種は、一定の予防効果が見込めます。また汚染された水からの感染を防ぐために、路上の水たまりや不潔な川などの不衛生な場所には、愛犬を近づかせないように気を付ける必要があります。ネズミが発生している場合には、ネズミを駆除することも効果的といえます。

犬の感染症の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。