犬の尿道炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬の尿道炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬の尿道炎の症状

犬の尿道炎(にょうどうえん)とは、尿道内の粘膜が炎症を起こす病気のことです。

尿の色が濃い、尿が濁っている、尿の回数が増える、排尿中に痛がる、血尿、発熱、食欲不振、排尿の姿勢をしているのに尿が出ないなどの症状が見られます。

犬の尿道炎の原因

犬の尿道炎は、尿道口から侵入した細菌によって引き起こされることがほとんどです。

雄は、短足の犬種ほど地面に陰茎がつきやすく、細菌感染が起こりやすい傾向にあります。

雌は、排尿の際に尿道が地面につきやすいため、細菌感染が起こりやすいです。

犬の尿道炎の治療・予防

細菌が原因だった場合、抗生物質や消炎剤などの投与が行われます。

予防として、去勢することや、生活環境を清潔に保つことが重要になります。

犬の泌尿器の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。