犬のノミ刺咬性皮膚炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のノミ刺咬性皮膚炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬のノミ刺咬性皮膚炎の症状

犬のノミ刺咬性皮膚炎(のみしこうせいひふえん)とは、ノミが寄生し、刺咬されることによって皮膚が炎症を起こす病気です。

痒がってかきむしる、脱毛、発疹などの症状が見られます。

重度の場合、貧血を起こしたり、ノミを介して感染する瓜実条虫の感染が見られることがあります。

犬のノミ刺咬性皮膚炎の原因

日本においては、ネコノミの寄生が主な原因となります。

他の動物との接触、外出時に飼い主の衣服に付着したのノミが犬に寄生するなど、さまざまな感染経路があります。

犬のノミ刺咬性皮膚炎の治療・予防

治療として、ノミ駆除剤の投与を行います。

痒み止めが処方されることもあります。

ノミ刺咬性皮膚炎を予防するためにも、定期的にノミ駆除剤の投与を行いましょう。

また、日ごろから飼育環境を清潔に保つよう心がけましょう。

犬の皮膚の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。