犬のノミアレルギー性皮膚炎を解説!症状・原因・治療・予防を知る

犬のノミアレルギー性皮膚炎を徹底解説!犬の病気を正しく知ろう

犬のノミアレルギー性皮膚炎の症状

犬のノミアレルギー性皮膚炎(のみあれるぎーせいひふえん)とは、犬の体表上に寄生したノミの唾液や排泄物などに対して皮膚がアレルギー反応を起こす病気です。

耳の後ろやノミの寄生しやすい腰から尾の付け根あたりにかけて毛が抜けて小さな赤い発疹やじんましんができ、痒さに患部を噛んだり引っ掻くなどを繰り返して傷を作ってしまいます。

犬のノミアレルギー性皮膚炎の原因

犬の体表上に寄生したノミの唾液や排泄物などに対してアレルギー反応を起こすことで発症します。

ノミに何度も刺されることで発症のリスクは高まりますが、アトピー体質の犬や食事のアレルギーを持つ犬は特にノミアレルギー性皮膚炎を発症しやすい傾向にあります。

犬のノミアレルギー性皮膚炎の治療・予防

治療として、皮膚の痒みや炎症症状を抑えるために内服薬や外用薬、抗アレルギー剤を使用すると同時にアレルゲンであるノミの駆除を行います。

予防薬やノミの駆除薬を定期的に投与することで発症のリスクをかなり抑えることが可能となる他、ノミの駆除薬は成虫だけでなく卵や幼虫、サナギなどの状態に合わせた薬を選ぶことでより効果的に数を減らすことに繋がります。

また、犬が普段使用している毛布やタオルなどもこまめに洗濯し、清潔な飼育環境作れるようにしていきましょう。

なりやすい犬種(好発犬種)

中年齢以降で発症の可能性があります。

犬の皮膚の病気一覧





厳選比較!
ペット保険7社

ペット保険の会社は日本に15社以上あります。全てを比較するのは大変ですよね。ペット保険ラボでは、厳選7社のペット保険を徹底比較できるようにしました。